• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

柿の種swの愛車 [プジョー 407 ステーションワゴン]

整備手帳

作業日:2016年5月1日

スタビライザーリンク交換

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 修理・故障・メンテナンス
作業 DIY
難易度 ★★
作業時間 3時間以内
1
最近になり乗り心地がとても悪くなりました。荒れた路面でバタバタと落ち着きがなく、路面のザラザラがそのまま振動になってしまっている感じもあります。轍に足を取られたように横にずれる感覚があったり、歩道の段差に乗り上げる時にコツっと音がすることもあります。
とりあえず足回りを一通り点検をする事にしました。

リフトアップし各部を目視、ロアアームの真ん中のブッシュは細かいヒビが入っている状況。後ろ側(アルミのブラケット)のブッシュは位置的に確認困難、アップライトとロアアームを接続するブッシュは見た目では良否の判断できませんでした。アッパーアームのブッシュは負担が少なそうな感じなので良と判断。スタビライザーマウントブッシュは細かいヒビが見られましたが機能的には問題無いようです。

タイロッドは手でゆすった感じではガタはなし。スタビリンクもガタなし。ただ少し緩いかもという感じでした。グリスはきちんと入っているのかな?と揉んだりいろいろいじくっている内に、誤ってブーツを破いてしまいました。

ということで足回りメンテ第1回目はスタビライザーリンクの交換となりました。

以前よりパーツの下調べをしており、スタビリンクは純正がTRW製でアフター品を探していたのですが、急を要する事になってしまったので、すぐ入手できる状況だったレムフォーダ製を取り寄せました。

※品番の記録のために包装のみ
2
時間の関係で作業風景はありません。



3
取り外したリンクです。

フロントのリンクは一方がシャフトになっており、アップライトとショック下側の穴を貫通して固定する構造になっています。外した時に互いの穴がずれて面倒な事にならない様に、ところてん方式で適当なボルトで押し出し外しました。(逆に取り付けはリンクでボルトを押し出す)片側のシャフト部分が荒れているのが気になります。(ショック下側が付く部分)

フロントのボールジョイントは4か所共に緩く、手で曲げて離すとゴムブーツの弾力で戻ってしまう状態でした。
リアは1か所だけ戻り、残り3か所は離したところで止まりました。
4
レムフォーダ製はブーツの形が二段構造になっています。

交換後の印象は、ボールジョイントが固いので交換前より引き締まった乗り心地に感じました。バタバタも改善されましたが、まだ他の部分での乗り心地の悪さは残っているようです。
頻度は減少しましたがコツ音はまだしています。

スタビライザーリンク
フロント 4320円×2 (左右別品番)
リア   3240円×2 (左右共通)

イイね!0件




関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「ホイールハウス清掃 http://cvw.jp/b/2636421/38327986/
何シテル?   08/04 17:16
柿の種swです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

プジョー 407 ステーションワゴン プジョー 407 ステーションワゴン
プジョー 407 ステーションワゴンに乗っています。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.