• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
とっき~の愛車 [ホンダ マグナ50]
マグナ50 エンジンオーバーホール その4
1
その3の続きです。<br />
<br />
腰上もほぼ組み上がりました。(相変わらずの端折り)画像はタペットクリアランス調整中です。<br />
ヘッドがうまく入らない場合はロッカーアームのピンがズレていることが多いのでヘッドを軽く手で叩いて元の位置に戻してあげましょう。<br />
ヘッドカバーのナットは左下が銅ワッシャーです。<br />
<br />
バルブタイミング調整の後にタペットクリアランス調整をします。<br />
バルブタイミングですが、必ず圧縮上死点で合わせます。<br />
クランクシャフトが2回転するとカムシャフトが1回転しますが、クランクシャフトの1回転は圧縮上死点(バルブが閉じられカム山がクランクシャフト側を向いている状態。重いのが開放される直前)<br />
もう1回転はオーバーラップ(排気上死点)ですので間違えないようにしましょう。フライホイールを回せば明らかに抵抗が違うのでわかるはずです。<br />
エンジンを床に置いたとき水平面とクランクシャフトを垂直に結ぶ線上にTの線が来るようにし、なおかつ圧縮の後(反時計回りに回して一番重い後)という条件に一致するようにします。<br />
圧縮上死点が出たらカムシャフトのカム山を下に向けた状態でヘッドに入れ、ヘッドの切り欠き、カムスプロケットの○印、カムスプロケットの穴3つ、クランクシャフトの順で一直線になるようにカムスプロケットを固定します。<br />
マグナ50はクランクケースに上死点を合わせるマークがないので(見落としてるだけ?)組む前にどの辺で上死点に来るか確認しておきましょう。
その3の続きです。

腰上もほぼ組み上がりました。(相変わらずの端折り)画像はタペットクリアランス調整中です。
ヘッドがうまく入らない場合はロッカーアームのピンがズレていることが多いのでヘッドを軽く手で叩いて元の位置に戻してあげましょう。
ヘッドカバーのナットは左下が銅ワッシャーです。

バルブタイミング調整の後にタペットクリアランス調整をします。
バルブタイミングですが、必ず圧縮上死点で合わせます。
クランクシャフトが2回転するとカムシャフトが1回転しますが、クランクシャフトの1回転は圧縮上死点(バルブが閉じられカム山がクランクシャフト側を向いている状態。重いのが開放される直前)
もう1回転はオーバーラップ(排気上死点)ですので間違えないようにしましょう。フライホイールを回せば明らかに抵抗が違うのでわかるはずです。
エンジンを床に置いたとき水平面とクランクシャフトを垂直に結ぶ線上にTの線が来るようにし、なおかつ圧縮の後(反時計回りに回して一番重い後)という条件に一致するようにします。
圧縮上死点が出たらカムシャフトのカム山を下に向けた状態でヘッドに入れ、ヘッドの切り欠き、カムスプロケットの○印、カムスプロケットの穴3つ、クランクシャフトの順で一直線になるようにカムスプロケットを固定します。
マグナ50はクランクケースに上死点を合わせるマークがないので(見落としてるだけ?)組む前にどの辺で上死点に来るか確認しておきましょう。
カテゴリ : エンジン廻り > エンジン > オーバーホール
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度★★
作業時間12時間以上
作業日 : 2016年12月30日

プロフィール

「[整備] #マグナ50 強化クラッチスプリング取り付け http://minkara.carview.co.jp/userid/2686310/car/2259565/4361246/note.aspx
何シテル?   07/30 18:51
学生してます。 バイトれーしんぐ! ツイッタやってました(@4LCe_)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

スズキ DR-Z400SM スズキ DR-Z400SM
はやい。
ホンダ マグナ50 ホンダ マグナ50
ボロッボロのマグナ50(88ccボアアップ) 先輩から友達に渡りそれが私のところに来まし ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.