• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Lega-Gのブログ一覧

2018年03月28日 イイね!

Gさんぽ(巣鴨で散髪、歴史を感ずるお花見編)

Gさんぽ(巣鴨で散髪、歴史を感ずるお花見編)こんにちは~(^o^)丿
いつも見てくださる皆様、そして沢山のイイね!を戴きまして心より感謝しております。
とても嬉しいです(*^^)v

昨日は久々のプチガーデニングをして車庫と通路が華やかになったので、今日は男の身嗜みを整えるため、みん友であり埼玉スバル密会メンバーのJEFさんの理髪店に出向き散髪をしていただき、その帰り道には遠回りしてソメイヨシノの発祥の地へ立寄り、満開の桜の下を歴史を感じながら歩いてきました。
ってことで、愛車の登場はありませんm(_ _)m


自宅からは、JR京浜東北線・王子駅で東京さくらトラム(都電・荒川線)早稲田行きに乗換えますが、この王子駅西側には桜の名所で知られる飛鳥山が線路を挟んで目の前にあり、ホームからは桜と多くの提灯がぶら下がり見物客で賑わっています。

都電・王子駅前電停ではカメラを持った見物客らしき人たちで混雑し、乗った車内も賑やかで次の電停・飛鳥山からは見物客を終えた人たちがさらに乗り込み、さながら朝のラッシュみたいになりました(>_<)
まあ、下車する庚申塚は直ぐなので辛抱です。

 
 ・庚申塚電停で下車

 
 ・東京さくらトラム路線案内(黄色丸印は乗車と下車の電停)

庚申塚・電停で下車し徒歩数分で、巣鴨とげぬき地蔵商店街の一角にあるヘアーサロン・港に到着です。
私よりお歳を召した方たちが多いお年寄りの原宿なんて呼ばれる商店街ですが、桜見物に行っているのかと思えるほど人通りが少ないように感じられました。

 
 ・ヘアーサロン・港

 
 ・お店の扉を開けると・・・

 
 ・出ました、イニD!

JEFさんには楽しいクルマ談義をしながら調髪してもらいますが、調髪後もさらに談義が続きます。
今回は、みん友のにゃー5さんから戴いたコメントの質問の中で分からないことがあったので、ちょいと質問(笑)

さすがJEFさん、イニDファン(マニアか?)だけあって即答!
すぐさま取り出した愛読書のイニDには、カラフルな付箋紙が何枚も・・・Σ(・ω・ノ)ノ!

 
 ・待合室の書棚にズラッとならぶイニD(何巻あるのかな?)

 
 ・質問の答えが載っていた第22巻

 
 ・その中のVol..270に答えが・・・

 
 ・数カットあったうちの一つを紹介します(答えは、定峰峠の鬼うどんです)

にゃー5さん、ここテストに出ますよ~(大嘘)

ってことで一件落着\(^o^)/

それではタイトル通り、次に向かいましょう。

お店から東方向にR17中仙道を越え狭くうねった裏道を歩いて行くと、やがて大きな墓地が現れ満開の桜の古木がお出迎えです。

 

 

 

 

 

 

 
 
 ・染井霊園にて

この墓地は染井霊園といい、古くは染井墓地と呼ばれ水戸徳川公爵家や府中松平家の江戸期の墓や多くの著名人が静かに眠っています。
園内には、この地が発祥である100本ほどのソメイヨシノが植えられ、桜の名所として多くの見物客が訪れ写真を撮っている光景があちこちで見受けられました。
また、この付近はお寺が非常に多いです。

 
 ・染井よしの桜の里公園にて

 
 ・満開の花には若葉が出始めている

 
 ・染井稲荷神社

 
 ・同神社の水舎

 
 ・染井の植木職人たちの菩提寺・西福寺

 
 ・西福寺から駒込小学校方面は花びらの絨毯


霊園から少し歩き桜の里公園近くには染井稲荷神社、その隣には西福寺と並んでいます。
ソメイヨシノについて色々と調べたのですが、どうやらこの付近がソメイヨシノのルーツのようです。

江戸時代中期から明治時代にかけて、旧・上駒込村染井(現・豊島区駒込)は園芸の街として栄え、染井通り沿いには10を超える植木屋が軒を連ねていました。
周辺には柳沢家下屋敷(現・六義園)や藤堂家下屋敷などの大名屋敷も点在し、近郊に住む農民は大名の庭造りを担当、植木や花の生産・管理などを行って生計を立てて次第に植物の専門家として植木屋と化していったと考えられているそうです。

それぞれの屋敷が互いに競いあうように造園していた幕末から明治初期、染井の植木屋が最初に売り出したとされる桜の品種が「ソメイヨシノ」であります。
ソメイヨシノはオオシマザクラとエドヒガンの雑種ですが、その交配を誰がしたかは謎のままであり、名もない新種に“吉野”と名付けたのは桜の名所「奈良吉野山」に因んだそうだが、吉野山の桜は山桜であったので混同を避けるため、明治33年上野公園の桜の調査をしていた藤野寄命によって地名である“ 染井”が入り「ソメイヨシノ」と命名されたのだそうだ。

この他、当時西福寺の境内でソメイヨシノの苗木を売られていた話も以前ネットで読んだことがありましたが、なにぶん古い話なので真実かどうか定かではありません。

 
 ・直ぐ近くの駒込小学校

 
 ・路地を挟んで旧丹羽家住宅蔵(門と蔵のある広場)

 
 ・旧丹羽家腕木門(同広場)

さらに歴史の紐を解いていくと、色々なことが判明しディープな世界へ誘ってくれるので、今回はこのくらいで止めておきましょう(笑)
ということで、JR山手線・駒込駅から家路につくことにします。

 
 ・JR山手線・駒込駅(右手方向には六義園、左手方向へ進むと古河庭園があります)


おしまい


今回も長々とお付き合いくださいましてありがとうございました。
また、お疲れ様でした。

それでは(@^^)/~~~
Posted at 2018/03/29 01:54:49 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月27日 イイね!

プチガーデニングと花粉流しの洗車(^^♪

プチガーデニングと花粉流しの洗車(^^♪ここ数日天気も良く暖かかったので、散歩がてら近所の公園へ満開となった桜を眺めてきました。
見事に咲き誇っていた桜に満足して戻ると、昨年末プランターに植栽した葉ボタンはすっかり伸びておりガーデンシクラメンは殆ど萎んでいて早春の別れを告げていたので、商店街の花屋さんに向かいポット入りの数種類の草花を購入し、さっそく植え替えてみました。

 
 ・前回作(昨年12月) ①

 
 ・②

 
 ・③

草花は暖かさと共に成長するため、小さなプランターだと僅かな期間で飽和状態となり収集つかなくなってしまうので、今回はもう少し余裕を持たせて2株ずつ植栽してみましょう。

土替えなど途中経過は省略して・・・



で、



いきなり完成です(*^^)v
 
以下、今回の作(植栽)です。

 

 

 

 

 

 

 

最後にたっぷりと水やりし、プチガーデニングは終了です。

その後は、花粉だらけの銀虎をケルヒャーでブシャーと洗い流し、フキフキして本日の業務は全て終了となりました。


あ~っ腰痛~い(ノД`)・゜・。


おそまつ!m(_ _)m
Posted at 2018/03/28 00:09:13 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月18日 イイね!

春スキーを楽しんだ後はいつもの武州の峠へ(帰路編)

春スキーを楽しんだ後はいつもの武州の峠へ(帰路編)前日の石打丸山スキー場は、暖かなと言うより暑いくらいの春スキーとなってしまいましたが、今朝も同様に例年より気温が高い状態のようで雪解けに拍車をかけています。

スキー場からの積雪情報では連日-10cm/日の発表ですが、果たしてシーズン最後の4/8(日)まで大丈夫なのか心配です。


3月14日(水) 晴

今朝も昨日同様、暖かな一日のスタートとなりました。
連日同じ撮り鉄からのスタートって訳にはいきませんので、今朝は窓辺で一服しながらの見る鉄?だけにしましょう。
ってことで、写真はナシです(笑)

今日もバスツアーのお客さんがいるため、ダイニングへは時差出勤?でノンビリと戴きます。

 
 ・朝食バイキング(前回に引き続き朝カレーを・・・)

バイキング形式だとどうしてもガッツリと食べてしまいますねぇ、どう見ても摂取カロリーオーバーなので今日はお昼抜きだなぁ(^^ゞ

部屋に戻ってチョッと食休みをしてから荷物整理をします。
忘れ物の有無を確認後、昨日同様スキーウェアを纏ってからチェックアウトです。
銀虎のラゲッジに荷物を収めてから、暖機運転、タイヤの状態、灯火類などのチェックをしますが何れも異常なし。

では出発進行!

途中、越後湯沢駅東口の和菓子処・萬亀さんに立寄り昨日依頼した餅などを受け取った後は、昨日同様に中央口日帰り駐車場に銀虎を停め観光口のダイナミックコースを眺めると今日はポール(回転競技用)がセットしてあります。

 
 ・ポールがセットされたダイナミックコース(雪は随分と汚れているなぁ)

 
 ・そこに北越急行のHK100型2連が通り過ぎた(^^♪(やっぱ撮り鉄じゃん・汗)

観光第1リフト脇ダイナミックコースのコブ斜面には規則正しく縦状に深く刻まれた幾重ものシュプール・・・、明らかに前日とは違い選手たちが幾度となく滑りこみ掘ったものと理解できます。

しゃーない今日のところは勘弁してやる(;^ω^)

まあ、次の予定もあるし時間的にも制約アリなので、ちゃっちゃと滑り納めすることにしましょう。
昨日同様に春霞のかかった晴れ、時間もないことだし写真を撮っても変化が分からないのでパスし、ポケットの中身はハンカチ以外すべて持たず軽量化して気持ち良く滑ることに・・・。

いつもスキーパンツの両ポケットには財布、コンデジ、ジャケットにはスマホ、ハンカチ、ティッシュ、タバコを入れていますが、今日はハンカチ1枚だけ!
その昔、首にぶら下げた一眼カメラで前方転倒し肋骨骨折したトラウマがあるため、ジャケットのポケットには可能な限り固いものは入れたくないのです(大汗)

中央第1リフト乗り場へスケーティングしただけで、この軽量化の効果は明らかだった(笑)

大腿部にごろつく違和感や重さがないので、バネ下が軽いのだ!(爆)

リフトを乗り継ぎ、山頂から中央口までガラガラのゲレンデを2本滑って終了。
相変わらずザラメの重たい雪で全コース共に綺麗なバーンではありませんでしたが、今シーズンはシーズン初日の1コケだけで済み、どうやら無事にシーズンを終えることが出来ましたヽ(^o^)丿🎊

でめたし、でめたし( ^ω^)・・・

知人のお店で預けたブツを受取り、お世話になったお礼と来シーズンもまた来ま~すと別れを告げます(。・ω・)ノ゙♪

でも、来シーズンも滑れるかなぁ~(歳だしね・悲)

本日2つ目のミッションは、地元はりまや(スーパー)での買い物と、知人のいる中野屋塩沢店土産用に蕎麦を購入です。
ズズっとへぎ蕎麦を食したいところですが、朝食を食べ過ぎているので未だお腹が空いていないので今回は止めておきます。

知人に挨拶し、持ち帰りの注文を・・・
箱詰めが出来上がる間少し世間話をしていましたが、そのうち次々とお客さんが入ってきました。
商売の邪魔をしては申し訳ないので、外でシーズン最後の越後の山々を眺めながら待つことに・・・。

 
 ・美味しいへぎ蕎麦で有名な中野屋・塩沢店(越後湯沢駅東口前にも湯沢店あり)

 
 ・魚野川と越後の山々

 
 ・桜の蕾はまだまだ固そうだ(あと1か月かな)

出来上がったところで知人に挨拶をしてお別れです。
来た道(R17)を引き返し湯沢・東京方面へと向かいます。

 
 ・R17関交差点手前、邪宗門前からの石打丸山スキー場

塩沢石打ICから関越道に乗らず、雪国の余韻を楽しみながらR17で湯沢へ進んで行きましたが、湯沢IC近くの電光表示板には・・・

関越トンネル内で事故Σ( ̄□ ̄|||)

それも、通行止めではなく進入禁止と表示されていたのだ。

 
 ・トンネル進入禁止!Σ(゚д゚lll)ガーン

仕方なく料金所手前の駐車スペースに銀虎を停め、情報収集すると事故発生から既に45分程度経過しており、上り車線を普通に通行している車両も見える。
通行止めにしないってことは大きな事故ではなく、処理が終われば通行可能なのだろう。

10分ほど待つと進入禁止の表示は消えたので、トンネル手前の土樽PAや本線上で待機した車列が動き始めたってことである。
よって、料金ゲートをくぐり本線へ合流、ナビの表示だとトンネル出口の谷川岳PA手前に赤ではなく黄色の渋滞表示があったため、万一を考え土樽PAに入ります。

PAに入ると既に待機していた車両の姿はなく本線に入ったようだ。
せっかくなので此処でワンショットします。

 
 ・土樽PAにて①

 
 ・土樽PAにて②

車内に戻ると渋滞表示は消えていましたので出発!
交通量も少なく順調に進みます。

 
 ・関越トンネル上り線進行中(新潟と群馬の県境)

 
 ・寄居PAにて小休憩

群馬県に入り渋川ICから次第に交通量は増え始めるが、途中工事による車線規制はあったものの至って順調、烏川橋梁を渡れば地元埼玉県に入り寄居PAで小休止後、本日3番目のミッション突入です。

次の花園ICで関越道を降りR140を西へ向かい玉淀大橋北交差点を左折しR254へ、東武東上線・鉢形駅近くの踏切を渡ってすぐ右折、県道30、同294を経由し落合橋交差点を右折、県道11に入ればいつもの峠に向かうことができます。
道中、何か所も満開の梅にお出迎えして貰いましたが、ひとつ気になることが・・・

やたら目が痒いのです。

おそらく新潟や群馬に比べ、埼玉県の方が花粉の飛散量が多いのでしょうね(>_<)

緩やかな登りは次第に傾斜がきつくなり、狭隘な山道へと変わっていきます。
イーグルバス白石折返し場を過ぎ、3つ目のカーブで毎度おなじみ定峰峠の鬼うどん到着です。

今回はマスターの退院お祝いに寄らせていただいたのです。
そんな訳で、残念ながらまだ営業はしておりません。

 
 ・鬼うどん到着

 
 ・銀虎は花粉と埃だらけ

 
 ・お店の前に横付け

店内に入るとマスターと奥様が出迎えてくれました。
実はマスターの手術後、病院へお見舞いに伺った際はリハビリを始めたばかりでしたが、その後のメールではベットの上で個人的に筋トレを重ね医師も驚くほどの回復力により、通常では術後のリハビリで3か月はかかるのに僅か1か月ほどで退院する運びとなりました。
まさに超人です!Σ(・ω・ノ)ノ!

 
 ・3人で作ったご馳走(土産の舞茸とタラの芽は天ぷらに、鬼うどんの代り中野屋のへぎ蕎麦)

 
 ・とっても仲の良いマスターと奥さん

食後も楽しく色々な世間話などが続き、あっという間に辺りは真っ暗!
別れを惜しみつつ下山することにします。

マスター早く治ってね~、でも無理しないでね~(@^^)/~~~

帰路はいつも通り嵐山小川ICから関越道、外環道を経由し戸田西ICからは裏道ホイホイで21時超前に無事帰宅。

お疲れ様でした!


おしまい


連日、出来の悪い長文ブログにお付き合いくださった沢山の皆様、さらにイイね!やコメントまで頂戴いたしまして心より御礼申し上げます。
引き続きご贔屓に!
ありがとうございました!




本日の走行距離  244.0km
   〃  燃費    16.8km/l
3日間の総走行距離  454.4km
   〃  平均燃費   15.7km/l

 
 ・恒例の金トロ🏆ゲット(^^♪
Posted at 2018/03/19 01:07:18 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月16日 イイね!

今シーズン最後のスキー(石打丸山スキー場・ドサドサ雪で悪戦苦闘編)

今シーズン最後のスキー(石打丸山スキー場・ドサドサ雪で悪戦苦闘編)昨日の日中は4月上旬並みの暖かさとなりましたが、今日はさらに気温が上がるとの予報で最高気温が17℃予想!Σ( ̄□ ̄|||)

こりゃ重たい雪で滑るのが大変だなぁ・・・


3月13日(火) 晴

おはようございます(^o^)丿

昨晩は就寝前に空調を切っていましたが、厳寒期とは違い寒さを感ずることなくグッスリ休むことが出来ました。

カーテンの隙間から入る明るさで目が覚め、むくっとベッドから起き上がってカーテンを開けると朝焼けで淡いオレンジ色の日差しが街や新幹線の駅舎を染めていました。

 
 ・上越線上り普通一番列車水上行き1720M(E129系)薄暗くシャッタースピードが・・・

 
 ・朝日に染まるMAXたにがわ400号東京行き(一番列車)

 
 ・とき301号新潟行きが到着(下り1番列車 E2系)

その後、越後湯沢駅を通過するMAXとき300号(E4系MAX)と、とき302号(E2系)を見送りますが、如何せん高速通過ですから私の腕では決して撮れません(T_T)/~~~
朝鉄をしているうちに朝食の時間がやってきましたので、洗顔し着換えてから2階のダイニングへ出掛けることにします。

バスツアー客がいるとの事前情報があったので7時の一番は避け、8時過ぎに行ったのが功を奏しダイニングは落ち着きを取り戻しており、ゆっくりと朝食を戴くことが出来ました。

 
 ・朝食バイキング

食べているうちに団体客を乗せた5台のバスが次々と出発していきますが、その光景を眺めたり窓越しからの暖かな春の日差しを受けて食べているので何となく気持ちが和らぎます。

若かった頃は一番で朝食を済ませ、着換えて速攻でゲレンデへ向かったものですが、いまでは食後のデザートやコーヒーなどでノンビリと余韻を楽しむリゾートスキーヤーへと変わってしまいました。
やはり歳ですねぇ・・・(苦笑)

さて、そろそろ重い腰を上げましょう。

 
 ・越後湯沢駅東口 和菓子処・萬亀

知人のレンタルショップに差し入れするため、萬亀さんに立寄り美味しい各種どら焼きを購入し、土産用の黄金餅(切り餅)と栗蒸し羊羹を注文しておきます。
事前予約さえすれば、当日朝にはつきたての柔らかな餅が手に入りますので、ご購入の際にはこの方法がお薦めです。

ではゲレンデ(石打丸山スキー場)に向かいます。
湯沢の街中を通り楽町交差点を左折しR17で北上、先月まで左右の路肩は除雪された雪の壁が延々と続いていましたが、今では全て消え去り僅かに残雪が残る程度で改めて雪の少なさに驚きました。
同様に、冬季一方通行の民宿街の通りも殆ど雪の姿はなく、シーズン終焉を告げていますΣ(・ω・ノ)ノ!

 
 ・石打丸山スキー場中央口日帰り駐車場にて(スバルの法則発令中・笑)

歩きにくいスキーブーツは履かずに袋に入れたままレンタルショップへ向かいます。
ゲレンデ(中央第1リフト下)を見ると土は出ていないものの雪は少なく、雪入れをしている様子ですねぇ・・・
レンタルショップに入る階段もあと2段を残すのみとなっており、雪入れと硫安で固めているそうです。

 
 ・ドサドサの重たいザラメ雪

言うまでもなくザラメ雪で水分を沢山含んだ重くてドサドサの状態ですので、滑るには滑れるけどあまり気乗りがしないなぁ・・・
まあ、せっかく来たのだから怪我しない程度で滑ってみましょう。

とりあえず中央第1、第2、斜滑降コースを経由して第3から観光第1下まで足慣らししますが、やはり重たく引っ掛かる感じで滑りにくいなぁ┐(´д`)┌
しかし、整備後殆ど滑走者がいないダイナミックコースは荒れてなく思いのほか滑りやすかった。

 
 ・銀座ゲレンデ観光第2降り場付近にて

ってことで慣らし終了(笑)、次は観光第1、第2、銀座を滑って中央第2、第3経由で目指すは山頂です。
午前中であっても気温は既に10℃越え!

当然、山頂であっても雪質は望めず不整地バーンでボーダーが斜面を占領し、滑るラインが異なるため何とも滑りにくく、おまけに春霞で見通しも悪くパノラマは望めませんでした。
まあ時期的に仕方のないことですけど残念・・・(涙)

 
 ・ボーダーに占領された山頂ゲレンデ

大丸山にしても不整地でコブが出来始めているし、観光第3(大丸山)リフト下のモーグルコースは深コブでしたのでトップが刺さらない程度に遠慮がちに滑走です(^^ゞ

幾度か滑るうちに気温はさらに上昇し、ミドラーだけでも大汗をかいてしまうほどなので、ジャケットを脱いでTシャツ1枚で滑るボーダーたちが目立ちました。

しかし、肌を晒すと万一の転倒などで腕が雪面に触れると、おろし金で擦ったかの如く広範囲に擦過傷ができ血だらけになってしまうので要注意です。(経験者談)

時刻は昼過ぎ、老体に鞭打って滑ったので脚は筋肉痛でガクガクしていますので休憩するため中央口下まで一気に下ります。
中央第1脇のスポーツマンコースに辿り着く頃には殆ど制御不能で半ば暴走気味でしたが、どうにか知人のお店に着きました。

 
 ・知人のかみきやレンタルショップ

昼食を隣のKLで食べようかと考えていたところ、馴染み客のSさんから奥様お手製のチョコレートパンをお裾分け、知人からもみそ汁や漬物など出してもらいましたので、これが昼食と変わりました。

Sさん、ご馳走様でした!とっても美味しかったですよ~♪

食後は一休みして皆で世間話タイムの始まりです。
Sさんとは以前から顔見知りだし、ハッカ石のリゾーマンションを所有していて頻繁に丸山に来ているのでスキーはベテランクラス!なかなかアグレッシブに滑ります。
当然、シニアのシーズンパス利用で発行番号もGちゃんより若かく、やる気満々です(笑)

 
 ・デーハーなウェアと紫外線対策バッチリのSさんとツーショット

 
 ・全国的にも珍しい線路の上がゲレンデΣ(・ω・ノ)ノ!

 
 ・日が傾きかけてきた観光口ダイナミックコースを望む

その後山頂から1本滑って汗だくで終了、今度はホテルに戻って大浴場独占を狙いますが、既に午後4時を回っているので今日は難しいかも・・・

 
 ・運よく本日も独占した大浴場(団体客は遅くの到着らしい)ラッキー(^^♪

 
 ・露天風呂も独占だぁ~♪

 
 ・お風呂の後は新幹線?(E2系)

 
 ・流し撮りに挑戦(E129系霜取りWパンタ車)要するにクモハってこと(笑)

 
 ・そして夕食バイキング

 
 ・ホール主任からの私だけの特別サービス💛 タラの芽の天ぷら

 
 ・ホジホジしたズワイガニの身でカニめし~♪

 
 ・デザートは別腹?

今日も沢山戴き超満腹となりました。
ご馳走様でした!!

その後部屋に戻り休憩、就寝前に仕事を終えたホール主任と暫し楽しい会話をする。
今日も楽しく幸せな一日を過ごすことが出来たことに感謝!!

では、おやすみなさ~い(@^^)/~~~ZZZzzz・・・


さらにつづく


本日の走行距離  13.9km(湯沢~石打丸山往復のみ)
   〃  燃費    9.6km/l
Posted at 2018/03/16 17:34:45 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月16日 イイね!

今シーズン最後のスキー(石打丸山スキー場・往路編)

今シーズン最後のスキー(石打丸山スキー場・往路編)この冬、日本海側の各地は豪雪被害に苦しめられましたが、3月に入るとにわかに暖かくなり例年より早く桜の便りまで届くようになりました。

私が通っている新潟県湯沢町や南魚沼市の各スキー場では、今月に入ってから暖かな日が続いて雪解けが進んだことから、コース外の雪で補充したりのコース整備に余念がありません。


3月12日(月) 晴

いつものように仕事を午前中に片付けお昼に出発!
現地の天候も良く気温も高いのが少々気になりますが、とりあえず今シーズンの締めとなるため怪我や事故の無いよう安全第一で越後の国へ向かいます。

毎度お馴染みの川口西ICからACCとALKを駆使しゆっくりペースで外環道に入り、大泉JCTからは関越道で北上し湯沢ICへ。

冬を越えて痛んだ路面を補修する工事箇所が多く、当然車線規制があります。
圏央道と交差する鶴ヶ島JCT付近までは特に交通量が多く、全体的に車間も詰めがちで人の直前に我が物顔で割り込むDQNもいっぱいなので特に注意が必要である。

高坂SA付近でも交通量は多く、第1・2走行車線、追越し車線とも車間を詰め気味の団子状態、70~100km/hほどの加速減速を強いられる中を走行していると、先行する第2車線と追越し車線で5~6台前を走行している車が突然妙な挙動をし、続く後続車も同様に・・・

僅か数秒間の出来事でしたが、第2車線と追越し車線の境に大きな落下物があったのですΣ( ̄□ ̄|||)

解体現場などで見かける直径1.5mほどの強化繊維で作られたベージュの廃材袋(もちろん中身入り)でした。

この時自分は第1走行車線をアイサイト任せ(ACC・90km/h車間・最大、ALK使用)で走っていたが、運よく周囲は普通車ばかりで車間も多めにとっていたことからすぐさま落下物を確認し減速、路肩寄りに回避することが可能でした。

しかし、第2車線と追越し車線を短めな車間距離で走行するドライバーたちは、突然の出来事でさぞや肝を冷やしたことでしょう。
やはり、十分な車間を確保し余裕を持って運転することって大切ですね。

 
 ・裾野が広い赤城山

上里SAを通過し、烏川を渡れば銀虎の生れたグンマー帝国へと入国です(笑)
右手には裾野が大きく広がる赤城山がお出迎えですが、山頂付近でも殆ど雪が見えません。

3車線だった関越道は前橋ICから片側2車線となりますが、ここまで来ると交通量もぐっと少なくなりますので快適ドライブです。
渋川ICを過ぎると平野区間に別れを告げ、80km/h規制と共に赤城上りが始まり山間地へと進んで行きます。
やがて赤城の下りが始まる頃には雪に覆われた武尊山がお出迎えとなり、水上ICを過ぎると今度は谷川連峰の真っ白な頂が見えてきました。

 
 ・今日は見えた武尊山

 
 ・谷川岳PA手前で現れた谷川岳

いつものように、谷川岳PAで休憩します(^。^)y-.。o○
厳寒期と違いトンネル向こう(新潟)の天候を気にすることなく進行出来ますが、念のため工事などの車線規制など確認します。

 
 ・谷川岳PA

 
 ・関越トンネル(谷川岳PA側)

 
 ・正面は岩原スキー場(昨シーズンより雪が少ない)

関越トンネルを抜けると湯沢ICまで延々と下りが続きますので、燃費回復運転を実行!(笑)

湯沢ICから本日泊まる宿までは10分ほど、予定通り午後3時チョイ前に到着です。

 
 ・黄色で目立つスポーリア湯沢

 
 ・618号室(ツイン BT付)

 
 ・部屋からの展望

 
 ・赤枠拡大・石打丸山スキー場(ハッカ石スーパー第3リフト付近)

宿は常宿であるスポーリア湯沢、部屋は各フロア1室しかない異形ツインの〇〇18号室が定番リクエストで、今回は6階です。
先月はある目的のため低層階の〇18号室をリクエストしたら4Fでしたが、今回はその上階を希望したので6階となりました。

その目的とは?

 
 ・上越新幹線 越後湯沢駅を出発した上りE4系MAX でかっ!

答えは、この写真です。
高層階だと新幹線の車体の見え方がビミョーでしたので、現在高さ調整中なのです(大汗)

高架橋の側壁とのバランスも・・・
ホームが4面あり通常は登り専用のホームから出発するのですが、時に下り側ホームから東京方面に出発するイレギュラーありなので、本格的に撮る方でしたら時刻表を駆使して事前確認することでしょうね。
では、Gちゃんの場合は・・・?

当然、いたしません(^^ゞ


おっと、大事なことを忘れていました。
そのためにチェックインを早くしたのに・・・(;^ω^)
それは秘密です(殴)

 
 ・13Fにある展望大浴場

 
 ・屋上に露天風呂

そうです、展望浴場独り占め大作戦だったのです(笑)
他に宿泊客が入浴中だと決して撮ることが出来ないですからね。
暖かな日差しの下でノンビリと残り少なくなった雪景色を眺めながら露天風呂に浸かります。

う~ん、極楽極楽~♪

やがて陽が大きく傾くと山の影となり急に暗くなり、遠くに見えるGALAの下山コースや石打丸山スキー場のナイター照明が輝き始めます。

 
 ・部屋から

 
 ・本日の夕食バイキング 寿司食いねぇ~(笑) その他ご飯とカニ汁も・・・(;^ω^)

 
 ・デザート3種 ソフトクリームは安田牛乳特製

やはり鱈腹いただいてしまいました(大汗)
食後は岩原(いわっぱら)の知人宅へお邪魔し、魚沼特産のコシヒカリ半俵(玄米31kg)購入のミッションを実行します。
日中は暖かかったが、さすがに夜は寒いなぁ、ぶるるっ(1℃)

ホテルに戻ってからは、部屋でタブレットを使って恒例みんカラチェックが深夜まで続きます。


つづく


本日の走行距離  196.4km
 〃  燃費   15.4km/l
Posted at 2018/03/16 04:33:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@qualt さん、最後の1台枠に滑り込みセーフで良かったですね~ヽ(^o^)丿当日を楽しみにしています♪」
何シテル?   09/06 14:38
この度、歳相応に落ち着いた雰囲気を持つレガシィアウトバックに乗換えました。 前車レヴォーグではアフターパーツが豊富で、皆さんの弄りを参考にさせていただきな...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/3 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

愛車一覧

スバル レガシィ アウトバック 銀嶺 (スバル レガシィ アウトバック)
初代BFレガシィと出会ってからSUBARU車の拘りに惚れ込み、それ以来スバリストになって ...
スバル レヴォーグ 銀虎 (スバル レヴォーグ)
みんカラではマイナーなシルバーですが、STI主体の控えめな外回り、見分けのつきにくい足回 ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.