• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

旅人(ハイドラ専用)のブログ一覧

2018年11月26日 イイね!

2018TGRF

今年も休みをもらって富士スピードウェイに行って来ました。
今年はハチマルミーティングの時もそうでしたが、国道413号が台風の影響で土砂崩れの為通行止め。
なので国道20号から県道を抜けて413号の道志の手前に出るルートで向かいました。
途中、道の駅道志で去年見かけた車を発見。
今度こそはと思い、オーナ様が戻ってくるのを待って声をかけてみました。
許可をもらって撮影もさせていただきました✌





トヨタ カムリ ZX 4WS装着車 SV33です。
新車からワンオーナーで乗られているそうで、ボディーの状態もとても綺麗なお車でしたので、屋根付き保管ですかと尋ねてみたら、一度ボディーは塗り直しているとの事でした。
レンズ関係もくすみもなくとても綺麗でした。
距離も17万キロだそうです。
オーナ様はカムリが動く限りは今後も維持されるそうで、今後も道志付近で見かける事もあるかもしれません。
オーナ様、突然のお誘いにも快くお話をさせていただきありがとうございました。
そして、富士スピードウェイに到着したわけですが、ゲートを抜けた瞬間から大渋滞😅
今年は昨年よりも来場者が多い気がします。
駐車場もたらい回しにされて、ほぼ一周回ってから第2駐車場でやっと止めることが出来ました。

まずは富士山と愛車の写真を撮り、バスでメイン会場へ
ヴェルファイアは先日にカミさんの友人の結婚式に出席する為に軽井沢へ行ったので早々とスタッドレスです。
メイン会場に到着後、まずはGRシリーズのジムカーナの同乗試乗の抽選があったので、並んでみました。
運が良いことに86の試乗枠をGET!
もう一台はマークXのGR。
マークXはATだし、ジムカーナは物足りないと思っていたらなんとドライバーはあの谷口選手でした。
いやー、生で見るとイケメンですな😍
86のGRは助手席でのインプレですが、ジムカーナではコントロールしやすそうな印象で、ちょっとスピードあげてテールスライドさせながらパイロン廻りを綺麗に抜けていく感じで、モータースポーツをやるにはやはりいい車ですね。
その後、GRシリーズが展示してあり、例のセンチュリーを捕獲。
こちらは社長が自らPRで乗っているセンチュリーのGRMN。
まだ、市販予定はないらしいですが、反響次第で市販するとかしないとか。




買えないですけど、個人的にはこういうの好きです。
是非市販して欲しいものです。
そして、こちらはまもなく市販予定のA90ことスープラですね。



BMWのZ4と兄弟車になるみたいですが、80や70と比べると全幅はそこそこありますがキャビンがコンパクト。
この辺りからもBMW Z4ベースなのがうかがい知れます。
これはこれでカッコイイし、きっとリアルスポーツなんでしょうけど、やはり旅人にはスープラといえば70なんですよねー😅
今でも70スープラまた乗りたいですから。
この後、惜しげもなくこの車両がデモランもしてくれました。
そして、オーナーズクラブもあちらこちらでオフ会をやってたので、少しお邪魔してみました。
その中でも今回はこの軍団が気になり写真を撮ってきました。


コンフォートGT-Z
教習車のガソリン車をベースにスーパーチャージで武装したTRDのコンプリートマシンです。
3S-FEにスーパーチャジャーをボルトオンして、足回りも専用チューンされた正に羊の皮を被った狼。
そういえば一時期、D1車両でもコンフォートいましたね。こちらは2JZに変換されてたみたいですが。
たまには他のオフ会覗くのもおもしろいです。
そして、サブ会場でトーヨータイヤが主催するドリフトパフォーマンスと抽選で同乗出来るイベントが開催されていました。
抽選自体は外れてしまったのですが、イベントの進行司会をやっていたのが織戸 学選手で、同乗最終抽選でハズレた人に織戸選手枠で乗せてもらえる事になりハイラックスのピックアップのドリ車に同乗させてもらえました。

この見た目ですが、エンジンはやはりトヨタの強心臓2JZに変換されているそうでバケモノマシンみたいです。
ドリフトは会社の後輩がやっていて、以前にPS13の180に乗せてもらったことがあるので、それ以来でワクワク😃💕
自分ではあそこまで横に向けるドラテクはないので、あの横向きに走る感覚は異次元。
あっという間のコース一周でした。
そんなこんなで、いつの間にか時間も経過しあっという間に夕方。
イベントもほぼ終了となり愛車の元に戻り、帰路につくことに。

途中で夕日と山中湖が綺麗だったので写真撮影もして、オール一般道で帰宅しました。



そして気付けば愛車がいつの間にか4万キロ突破してました。















Posted at 2018/11/26 23:21:05 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年11月05日 イイね!

ハチマルミーティング2018

毎年奥さんにこのイベントだけは行かせて欲しいと頼み込んでる、年に一度のパパの自由時間。
ハチマルミーティングに行って来ました。
昨年はアテンザのラストランを兼ねて、いろいろな想いを乗せて会場に向かったあの日から早くも一年。

今年は純粋にワクワクしながら自宅を出発😍

なかなか登場しない現在の愛車。
この車にも思い入れがないわけではないのですが、やはり自分の趣味ではないというのが正直なところ。
根が車好きなので、それなりに大事に乗ってはいます。
いろいろな車好きの人間っているけど、私は車にはそれぞれの想いを乗せて走る乗り物だと思っています。
だから魂が宿る。
それが世間的には価値のない車かもしれなくても。
たくさんの車が集まるハチマルミーティングの中でも、私の目に止まる車はそんな車達なんです。
E80系カローラ


こちらは2型、前期の一部改良モデルのGLサルーン。
AE86は今でも町中で良く見かけるし、ドリフトベースとしても人気車種。
一方、当時はファミリーカーのベストセラーだったセダン系のE81やE82は絶滅危惧種になりつつある車だし、特別な思い入れが無ければ86のドナーとして部品取りとして消えてしまう個体が多かったり海外行きになっている個体も多い車種のひとつと言えるでしょう。
でも、この車種って当時の一番売れていたファミリーカーだから、子供時代にいろんな人の思い出が沢山つまった車種でもあると思います。
特に個人的にはこの個体は見れて本当に嬉しかった車です。



AE82カローラ5ドアセダンZX。
私の実家では前期の2型の1500ZXなのでAE81となりますが、小学校一年生の頃から我が家にいた思い出の車です。
今では現存数は極端に少なくなってしまいました。
オーナ様は現存数が少なくなってきていることもあり、何とか救ってあげたい気持ちの一心で保有されているそうで、手直しをされながら乗られていました。
良いものを見せていただきありがとうございました。
次の車は、みんカラでもちょくちょく覗かせていただいてる方のお車。
この車種には特別な思い入れがあるそうで、まさに魂が宿っている個体だと思います。
ST160系のカリーナED。
元々はオーナ様の親御様が乗られていて、免許を取得されてから、想いの詰まった同型の車種を手に入れ、当時仕様を再現されているお車。

今となっては入手困難な純正オプションの部品が、沢山装着されたこだわりのお車です。
こちらのオーナ様はお祖父様のかつての所有車であったSV32ビスタも所有されており、我が家のカローラの次の所有車であるSV33カムリと同型車でもあるので、是非機会があればビスタも拝見したいですとお話をさせて頂きました。


因みにこちらが我が家で実際に所有していたカムリ。
この車も今では個体数が激減してます。

続いてはこちらも良く気になって覗かせていただいてる方のお車です。

オーナ様は今年の大雨でこのマークⅡとカムリプロミネントを危うく水没しそうになったのを奇跡的に回避でき、やはりマークⅡとカムリプロミネントは手離してはいけないと公道復帰させた方です。
今回はJZX81マークⅡで参加されてました。
こだわりのグランデGで純正オプションも部品を調達してご自身で後付けするという情熱を注いだ一台といえるでしょう。

メーカーオプションのサイドウィンドワイパーもご自身で後付けされたそうで、力作の一台です。
カムリプロミネントも時期を見て復活させる予定があるそうで、現存数の少ないVZV32プロミネントにも期待です。

続いてはこちらもオーナ様の魂の宿っている車といえるでしょう。

SV21ビスタGT。
言わずと知れたみん友様の愛車。
こちらの車種もオーナ様のお父様が実際に乗られていたのと同型のビスタ。
維持するのに苦労されてます。
維持というより部品が出ない😢
この魂の宿ったビスタを維持するために部品取り車を保有したり、お不動産になってる同型のビスタのオーナ様と直接交渉して部品を調達したりと、本当に情熱がなければ乗っていられないお車です。

私は今でも現役のバブル期の名車達も良いですが、このようなオーナ様達の魂の宿った車が好きです。

いろんな車好きっているけど、私には車にはそれぞれの想いが詰まっているから虜になるんです。

たとえそれが大衆車でも。

国とメーカーはもっとこのような車達が生き残れるような道を考えて欲しいものです。

最後にたまには今の愛車と👍











Posted at 2018/11/05 05:11:10 | コメント(1) | トラックバック(0)
2018年09月30日 イイね!

最近見かける希少車

実車は捕獲できてませんが
最近、ウチの職場付近でよく目撃してる希少車です。

レオーネのクーペですね。

当時でも正直あまり売れたよには思えない車でしたが、それなりに見かける機会がありました。
それが今となってはほぼ絶滅危惧種ではないでしょうか?
オーナー様はかなりお好きなようで、未再生車両のようですが、綺麗に維持されています。



一度何処かでお話ししてみたいですね。

Posted at 2018/09/30 13:17:23 | コメント(1) | トラックバック(0)
2018年09月26日 イイね!

これはすごい車かも!!

実は私の勤めている会社の経営者はかなりのクラッシックカーのコレクター。
その筋の方々には少し有名人なんです。
その社長が最近手にいれたマシンがちょっとヤバイかもしれません。

私も最初は詳しくは判らない車でした。
わかるのはFRのポルシェで944かな程度。

そこで元FRポルシェ乗り(968CS)の学生時代の友人に写真を送り聞いてみました。
リヤに937GTPのデカール、そして、このレーシーな出で立ち。

内装もある程度はスパルタンな印象を持つこのマシンの正体は?


友達からの回答はこちらでした。

ポルシェ924カレラGTS
新車価格2500万円

ポルシェ924カレラGTR
新車価格5000万円
GTSが59台、GTRは僅か17台しか生産されていない車のようでした。
それだけでも希少車なのは分かりましたが、友人でもわからないのがGTPのデカールの謎。
もしかしてレプリカであえてGTPにしてるのかと疑問に思っていました。
少し時間があるときにこの車両について調べてみると





こんな記事を発見!
ル・マンに出場した車のプロトタイプが存在していたみたいで、これがGTPらしいんです。
いったい何台作られた車なんでしょうか?
ちょー希少車がどうやら入ってきたみたいです。
それでは改めて写真を















Posted at 2018/09/26 13:18:41 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年09月22日 イイね!

センチュリー

某雑誌のスクープにも掲載されてた車ですね。
反響によっては市販化の可能性も。



なかなかいいんじゃないでしょうか👍
個人的には好きですね。
Posted at 2018/09/22 20:31:29 | コメント(0) | トラックバック(0)

プロフィール

「2Lは400万円台から!? 思ったよりも安そうだ!! 新型スープラのいまわかってること
https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20190116-10376101-carview/
悪くないけど、A70のデザイン好きだったなぁ。」
何シテル?   01/17 06:02
旅人(ハイドラ専用)です。 ツーリングの時のハイドラ専用です。 車歴 クイント インテグラ 3ドアZS SW20 MR2 Ⅱ型GTS GA70H スープラ GT...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

トヨタ プリウス  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/28 23:28:36
2016ハチマルミーティング見学 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/28 14:49:24

愛車一覧

トヨタ ヴェルファイア トヨタ ヴェルファイア
トヨタ ヴェルファイアに乗っています。 24Z 7人乗り シルバーメタリック(1F7) ...
スズキ パレット スズキ パレット
自己所有5代目、その後奥さんの愛車となる。 平成20年1月登録(軽自動車だから届け出?) ...
その他 レンタカー その他 レンタカー
レンタカーまたは借りてる車(ハイドラ用)
トヨタ コロナ トヨタ コロナ
実家初代 T100系 5代目コロナ 通称安全コロナ 4ドアセダン1600GL 親父が私 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.