• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

michiowsのブログ一覧

2014年10月15日 イイね!

JR西日本の対応から企業の果たすべき役割を問いたい!

台風直撃でJR西日本が早期に全面運休を決定した対応にはやはり違和感を感じてやみません。また、ネット上の多くの賛否の両コメントを読んでいても、賛同意見の方は安全支持一辺倒で少し論点がずれているように思えてなりません。安全が最優先と主張すれば大多数の理解が得られ易いと判断し、利用者の混乱を避けるなどのリスク回避的な点も強調して民意を上手く味方に付けた結果だと思います。

しかし、まさにそこに落とし穴があることに気付くべきではないでしょうか。安全第一であることには議論の余地はなく、私ももちろん賛同です。しかし、JR西日本の今回の対応からは、想定される事態において利用者の利便性を可能な限り損なわずサービスを提供し続ける覚悟、努力、使命感に欠けていると感じるのは私だけではないと思います。

民営化したとはいえ鉄道、不動産などの圧倒的な国家インフラを継承しており、たとえ保身の経営に走っても利用客の大半を失うこともなく、安定した不動産収入も得られ企業の経営は安泰でしょう。だからこそ、社会的責任を果たすべき役割は重大であるはずですし、リスクに直面する中で如何に事業を継続できるかが本来論じられるべきではないかと思うのです。

今回のように安全を引き合いに責任問題回避的な安易な判断が続くようであれば、やがて信用離れを招き、他の事業者や全ての企業のリスク管理の在り方や判断にも悪影響を及ぼすことは間違いありません。

そんなこんなで今後も台風が来る度に早期の全面運休を果たして決断できるのか、私の仕事のリスク管理の在り方にも通じる問題であり、社会的な反応も含め非常に興味深いです。
Posted at 2014/10/15 00:42:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2014年10月14日 イイね!

JR西日本の早期全面運休の決定と称賛の声に違和感

まずは台風19号直撃の中、JR西日本の振替輸送を担い、状況に応じて安全運行に努めつつ、乗客の利便性確保を第一に考えた関西私鉄のサービス精神には敬意を表します。
さて、JR西日本は「風雨が規制値を超えた場合、乗客が車両内に閉じ込められるのを避けるため」と全面運休の理由を説明していたようですが、それなら台風の直撃が予想される場合、今後も早々に全面運休を決めることを徹底して欲しい。
私はJR西日本が早期に全面的な運休を決定した点を論じたいのですが、何が何でも「安全第一」を理由に「JR西日本の英断」であると絶賛するような風潮、世論があることに非常に違和感を感じています。
あたかも利用客に迷惑を掛けないよう混乱を避ける為であることを強調しながら、本当のところJR西日本自身が混乱を避けたいだけであることは容易に想像できます。そんな手前都合で「公共サービスの任務、社会的責任を全面放棄してしまうことの正当化、またそれを称賛する声」は私には賛同できません。
とにかく今回強く訴えたいのは、全面的な運休は状況に応じて判断するべきであり、高速走行する特急や新快速、その他危険性の事情が明確な区間など大半の運休は止むを得ないとしても、全面運休を見据えながらの普通列車の間引き運転など、想定の範囲でサービスを提供し続ける努力をするべきではなかったかということです。
Posted at 2014/10/14 01:08:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2014年09月03日 イイね!

都市伝説 ドクターイエロー

都市伝説 ドクターイエロー先日、出張帰りの新幹線こだま号に乗って豊橋駅に到着した時、反対側のホームになんと!ドクターイエローが止まっているではありませんか!!!

興奮のあまり、早速、手元のスマホで写真を撮ってアップしちゃいましたところ、「きっとラッキーなことあるよ♪」との反応がありました。

直後、スマホの電池が切れてしまい、ラッキーどころかアンラッキーと思いつつ。。。そういえば、以前、確かにそんな噂を聞いたことがあるなぁ~と思いつつ、自宅に戻ってから調べてみたら、やっぱりありました。

産経新聞からの引用とのことらしいブログ記事からの引用ですが。。。
-----
「ドクターイエロー」の愛称で親しまれる東海道・山陽新幹線の保線点検車両「新幹線電気軌道総合試験車」が、幅広い層から人気を集めている。
ダイヤは非公開で、めったに遭遇する機会がなく、いつしか、見ると「幸せになる」「いいことが起きる」という都市伝説が生まれた。
人気の秘密は、めったに目にする機会がない“レア感”。JR東海、JR西日本には「停車する駅や時刻を教えて」という問い合わせが寄せられているが、公表はしていない。
-----

そんなこんなで、そんなラッキーって思えることって何やろう~?いいことほんまに起きるんかな~?
って半信半疑に思いつつ。。。 ドクターイエロー都市伝説の真価はいかに!?
Posted at 2014/09/03 01:11:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2012年07月17日 イイね!

【エネルギー政策】原発反対?冷静に議論して欲しい

まず、この記事を書くにあたり最初に断っておきますが、私は電力会社の社員でもOBでも回し者でもありません。一人の一般人であります。
昨晩、エネルギー政策に関する国民の意見聴取会の状況が各メディアからニュース配信され、あまりにも原発反対が是で、原発擁護は非とばかりに、偏った見方をしているのが気になって書くことにしました。

東日本大震災での原発事故以来、原発の安全性に対する不信、不安から原発反対運動が盛んになっていますが、原発にとってかわる代替エネルギー、そして、電気に頼らない生活スタイルへのシフト、電気に頼らない製品の開発、これらの議論なくして一足飛びに原発反対とは短絡すぎるのではないかと考えます。

まず、地球温暖化の原因となっているCO2排出問題も忘れてはならない重要な課題であると認識しており、発電の大半を火力発電に頼ることも決して安全とは考えていません。しかし、自然エネルギーによる発電だけで今の生活スタイルを維持するのは現在の技術、現時点では極めて困難、不可能に近いと考えます。

原発反対を叫ぶ人達の多くは、人命を脅かす欠点ばかりにこだわりすぎ、電力の安定供給や、発電時のCO2排出抑制といった原発の利点を完全に度外視しているのではないかと推察します。また、代替エネルギーの具体論を持っているのか、電気が不足する社会に対する覚悟があるのかなど、疑問も多く感じています。

このまま代替エネルギーが確立しないまま、多くの原発の停止が長引くとなれば、たとえ節電が進んだとしても電気単価は間違いなく高騰するでしょうし、オール電化の割安料金も廃止になるでしょうし、実質的な電気料金は値上がりする一方でしょう。また、突発的な停電事故の発生も余儀なくされ、日本国内での電力の安定供給神話は崩壊するでしょう。そういった現実に自分達が直面した時、またしても国や電力会社にだけ責任を転嫁し、保障を求めれば良いという話で済ませられるでしょうか。

例えば、現代社会には自動車という様々な技術が結集された便利な乗り物が存在しています。ガソリンなどを燃焼させるエンジンで動くのが主流ですが、燃焼時にCO2を排出する為、地球温暖化への影響が懸念されています。そして最近では、ハイブリッドや電気自動車など、CO2の排出抑制を意識した技術的な改良が進んでいます。また、時には交通事故を起こし多くの人命を奪っている現実もあります。そして最近では、シートベルト着用の徹底や、飲酒運転の厳罰化、多くの安全機能の搭載や新技術開発など、安全性を高める規制や技術的な改良が進んでいます。自動車の環境や安全に対する課題は完全には無くなっていませんが、だからと言って、便利な乗り物である自動車の廃止を訴える人はほとんど聞いたことがありません。

原発をより安全に稼動させる為の規制の強化、技術の開発、核廃棄物の処理問題の解決に向けての研究など、将来の技術の進歩、安全性の向上が図れるよう、長期的な視点で少し冷静になって考えてみてはどうでしょうか。
節電の徹底、省エネ機器の開発、代替エネルギーの確立など、国民全員が共通で取り組むべき課題はたくさんあるはずです。今、短絡的に反対運動に力を注ぐのではなく、そういった課題解決の為の議論に力を入れることが将来の原発廃止にとって本当に必要なことではないでしょうか。

メディアが偏った報道をする時にはいつもあきれています。少数意見を無視したり、反主流と位置付けることが根本的な誤りだと思います。双方の立場の見解を正しく伝えるべきであり、一人一人が考え判断することだと思います。
Posted at 2012/07/17 02:48:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2012年01月20日 イイね!

【節電対策】核の平和利用なんて正義はない!?

核の平和利用、地球温暖化防止(CO2排出削減)という大義名分で推進してきた原子力発電でしたが、東日本大震災の原発事故を機に、日本をはじめとする一部の国では廃止論がにわかに優勢な状況となっています。
核廃棄物の処理技術が確立できていない現時点では、人間が下手に扱ってはならないものであるということを改めて思い知らされることになりました。

しかし、過去にも内外で原発関連の大事故が発生し、多くの犠牲者が出ているにも関わらず、今のところ国際社会においても、新たな原子力発電所の建設計画が進んでいる国がまだまだたくさんあります。
先進国企業が営利目的で途上国向けの原発プラントの開発をしていることもあり、これらは事実上の核拡散活動の一助になっていると言っても過言ではないでしょう。
いくら平和利用を強調しても、その技術が軍事利用されれば兵器に成り得るものに違いありません。
実質的に不要となっている核兵器でさえまだ廃絶に至っていない現状で、現代社会の様々なインフラを支える電気を生み出す手段としての原子力発電所を廃止するのは、これから先まだまだ時間を要することになるでしょう。

世の中には原発問題に限った話ではありませんが、様々な営利活動の中であたかも正当な行動であるかのように見せかけていて、よくよく考えると不合理なことはたくさんあると思います。例えば人、企業が生き残る為に行なう生産活動なども、全てエネルギー資源の無駄遣い、自然、地球環境の破壊の一部であるとも言えます。

とにかく、これからの世の中、自然エネルギーを利用した発電だけで今の社会を維持できるようなインフラの構築、省エネ電化製品等の開発、リサイクル循環型社会の整備が急務であることだけは間違いありません。
Posted at 2012/01/20 01:11:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

こんにちは。RB1 オデッセイに乗っている平凡なサラリーマン&一児のぐうたら親父「わんたん」と申します。 純正の美しさ、完成度の高さに惚れています。 モデルチェ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

黒樹脂部コーティング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/10 22:54:53
インターナビHDD地図データ更新 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/17 15:41:10
車の激落ちくん、使ってみました。① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/13 23:31:58

お友達

オデッセイ、メンテナンス等の情報をお待ちしています。
2 人のお友達がいます
funky Fitfunky Fit 若草山若草山

愛車一覧

ホンダ オデッセイ ホンダ オデッセイ
型式:DBA-RB1 グレード:M 初度登録:2004年7月 色:グレイッシュ・モーブ・ ...
ホンダ オデッセイ ホンダ オデッセイ
マイナーチェンジ後(ビッグマイナーチェンジ前)の初代オデッセイ(E-RA1 2,200c ...
ホンダ インテグラ ホンダ インテグラ
かっこインテグラのキャッチフレーズとVTECエンジンを初めて搭載したことで有名なインテグ ...
スズキ アルトラパン スズキ アルトラパン
嫁さん所有のクルマ。それまで乗っていたセルボモードの排気系統の故障により買い替えを決断。 ...

過去のブログ

2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2005年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.