• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

6Genのブログ一覧

2018年10月07日 イイね!

ベストアングルを探して

それぞれ一番気にいった愛車の角度ってあるんじゃないかな。

私の場合、もともとはコレ↓。
alt
バイクらしい丸型ヘッドライトと、塊感ある125ccに見えないボディ。
小さめのミラーがさりげないカスタム感を醸し出してるのと、周りの緑から浮かび上がっていいカンジ。


ところが今回、ミラーをバーエンドに変えたら、微妙に気に入らない。
多分、ハンドルとメーターの位置が揃ってスパッと切れた感じなっちゃって、アクセントになるモノのバランスが崩れたんだと思う。
正直失敗したかぁとも思って元に戻すことも考えたけど、せっかくなので、お気に入りのアングルを探すことにした。


こんな時は普段のルートから外れて走るのもいい。
こんな場所を見つけたり、
alt


いい光に出会ったり、
alt


でも結局、一番のお気に入りはコレかなぁ↓
alt

最初のとなにが違うねん! て感じやけどね。
やっぱりハンドルから上が揃いすぎているので、ハンドルの角度を下げるか、ビキニカウルとかシャープで小ぶりなスクリーン付けると、さらにいいカンジになりそう
Posted at 2018/10/07 19:05:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | CB125R | 日記
2018年09月24日 イイね!

娘とタンデムして美術館へ

娘とタンデムして美術館へ朝からタンデムステップを装着して、アルヴァ・アアルト展を見に葉山美術館へ。


alt

alt

見終わったらバイク屋に寄ってお昼ご飯食べてる間にオイル交換をお願いしようと計画していたのだけれど、美術館を出たのが11時前。
お昼まで時間潰すより家に戻りたいとのことで一旦帰宅し、一人でバイク屋へ。

お昼は昨日に引き続き蕎麦屋。
お店が違えば味も変わるので、続いても気にならない。

小一時間経って、バイク屋に戻ってお支払い。
しかしうちのバイク屋、ついでにチェーン張りもお願いしたら、ガチガチに張ってくれる…

帰宅後、タンデムステップ外したり、ついでにアクセルやクラッチの遊びを調整したら、やること無くなってしまい…


alt

結局、半島半周コースに(^^;;。


alt


なるべく渋滞にハマらないようなコースで。
約65kmってとこかな。
オイルとチェーンの張りも馴染んでいい感じ。さぁ、仕事頑張ろうっと。
Posted at 2018/09/24 17:21:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | CB125R | ビジネス/学習
2018年09月23日 イイね!

初!! 奥多摩周遊

2週連続の3連休。
今回は、なか日の日曜日が一番天気がいいとのこと。
残念なことに、下の子のサッカーの試合が入っている。
いつもは試合写真撮るのだが、今日は上の学年のメンバーが足りないので、人数合わせの助っ人。
先週は自分たちの学年の試合で撮影したし、今日は撮影をブッチして、新たなルートを走りに行くことにした。
ただ、秋の交通安全週間が始まっているので、調子に乗らないようにしないとね。


今日のルートは、宮ヶ瀬>相模湖>上野原>R522>R33>R206>檜原都民の森>奥多摩周遊道路>R139>R18>R33>上野原にもどる、檜原街道から長作に回るルートの開拓。



上野原から南秋川へ向かうルートの途中で。
道志道や中央道沿いのR20は車やバイクも多いけど、このルートはほとんどすれ違わない。
広い道じゃあないけれど、それなりに整備されてて自分のペースで走りやすい。
景観はあまりよくないかな。

檜原街道に入ると突然バイクの数が増える。
それでもそこそこのペースで流れているので、ストレス溜まるほどじゃあないけど、もう少し空いているということないね。


都民の森駐車場は満杯。
トイレだけ済ませて、お待ちかねの奥多摩周遊道路へ。

なるほどなぁ。
道は悪くないしそこそこアップダウンあるけどそんなにきついわけじゃない。
これは聖地になるわけだ。
初見なので、流しながら下っていくが、ここは気持ちいいね。
楽しいので、止まらず写真もなし。

車がいるとペースが違うので、タイミングかなぁ。
なんども折り返して走る人の気持ちもわかる。

お腹が空いたので、折り返すことなく探索を続けることに。




奥多摩湖のしっぽから小菅のほうに向かうR139に入り、すぐ県道へ。
原始村なる場所の蕎麦屋でお昼。
ツナギの少ない硬めの手打ち蕎麦を美味しくいただく。大盛りでもよかったかな。
食後は上野原へ向かう。




R18からR33へ入るつもりが間違って旧道へ。
前半かなり道が荒れていて「失敗したなぁ、引き返そうかなぁ」と思いつつ、最初の集落辺りから俄然道がよくなる。
車やバイクはR33かR522を走るためか、ほとんど通らない。
かなり快適に流せる。
と思ってたら、急に開けて上野原へでた。
そこから秋川温泉、裏どうし、宮ヶ瀬へ戻って1周。




今日の大体のルート、約250km。8:30-16:00 所要時間7:30。
やはり中央高速から北は狙い目か。
かなり満足できるショートツーリングでした。
Posted at 2018/09/23 19:16:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | CB125R | 旅行/地域
2018年09月17日 イイね!

大野山と丹沢、そして三国峠

大野山と丹沢、そして三国峠三連休突入前に天気予報とにらめっこして狙ってた最終日。
午前中は晴れ、午後から曇り、夕方には雨の予報。
家族の許可ももらい、前回のリベンジも兼ねて日帰りツーリング。

ルートはR134>R246>大野山>丹沢湖>三国峠>道志道>宮ヶ瀬ダム>R412
ざっと200kmちょい。
今回の狙いは大野山と丹沢湖、そして三国峠。

途中までは、CBオーナーズミーティングで走ったルート。
海沿い抜けたらそこそこ空いてる。

大野山のルートは細く、道も濡れて荒れていて、気持ちよく流せるルートではないので、トコトコ2速でのんびり登る。

山頂途中でいい撮影スポット発見。タイトル画像に使って見た。

alt

下をのぞくと東名があんなに下に…


駐車場に止めて山頂辺りまでは歩き。
すでにススキの穂が出始めていて、もう秋がそこまで。


alt

山頂の尾根から反対を望むと、丹沢湖が見える。
今日は放水してないみたいだけど、行ったことないので、一旦降りて寄ってみよう。


alt

ここは走りやすいね。
工事車両も多いし、車も多いけど、それなりのペースで流れてるので気持ちよく走れる。
途中で気づいたけど、ユーシン渓谷へも行けるんだ。
当然歩きになるけど、途中崩落との情報も掲示してあって、今日は取りやめ。
そのまま周遊道路に入って流す。
一通ルートがあるので、対向車を気にせず気持ちよく流せるけど、水が流れてたり、濡れていたりするコーナーもあるので、むやみに突っ込むと痛い目を見るかも。

もう一度R246に戻り、富士スピードウェイの側からR147で三国峠へ。
ここ、125ccではきついなぁ。
登りがきつめで高速コーナーなので3速だとレッド、4速だと失速。
車には追いつくけど、抜くほどのパワーがないのがきつい。
少しずつ雲行きも怪しくなる中、峠を越えて…

alt


コレコレ!
これが見たかったんだよね。
残念ながら全体にガスっぽいんだけど、富士山と山中湖が一望できるポイント。
スカッとした天気はもう少し寒くないとダメかな。
でもバイクも車もなぜか少なくて、気持ちいい景色を楽しめました。

そのあと道志道に入ったけど、ダメだね車多すぎ。
都留へ抜けようかなとも思ったけど、天気とガソリンが気になったので、最後まで走りきって見ることにしたけど、
自分的にはあまり面白くない道の印象。時間帯が変わればまた違うのかな。

alt


今日のルート
トリップでは212km。

Posted at 2018/09/17 17:37:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | CB125R | 旅行/地域
2018年09月08日 イイね!

撃沈

撃沈今日はなんとしても御殿場に行かなくてなならなかったんです。
昨日から天気予報見て、箱根から西は雨、東は晴れ。
御殿場は曇り時々雨。雨も小雨程度。
うまくいけば、通行量も少なくて、晴れ間がでれば気持ちよく走れるかなと邪な狙いもあったりして。

Gパンにスニーカー(選択ミス#1)、この間箱根行ったときは寒かったから、コットンの長袖シャツ(選択ミス#2)を着て行こう。
あとはカメラと望遠レンズ、水筒のセットに加え、山用のカッパの下と、カッパがわりにメッシュジャケットの下に着るウィンドブレーカー(選択ミス#3)をシートバッグに入れてスタート。


ルートはR134>足柄峠>御殿場>三国峠>山中湖>道志道>都留>秋山村>宮ヶ瀬>R134。
今回は三国峠が初ルートで楽しみ!
海沿いは快晴。交通量もさほど多くなくて気持ちいい。



ところが山が見えてくると上の方は真っ白。
わかってますよ、雨降ってんでしょ…
シールドにもポツポツきたので、カッパズボンとウィンドブレーカーを着込む。


alt

登り始めたら早速降り始めた。
まぁ、でも晴れ間もあって、路面もさほど濡れてない。
予報通り時々小雨にやられるくらいかなと思って進む。


alt

峠道に入るやいなや完全に雨。
いつもは富士山が見えるコーナーは真っ黒い雲。
それでも日が射したりするので、まぁ、なんとかなんとかなるっしょと思って降りる。
一応雨装備してるし、まだまだ快適。


alt

ところが山を降りたらどこが小雨やねん! ていうくらいの豪雨…
当然メッシュジャケットはずぶ濡れ、しばらく耐えていたウィンドブレーカーも縫い目から水が染み込んできたらしく、長袖シャツもベタベタに。靴も中で水がグチュグチュ音立ててる…
子供の頃から濡れた感じが苦手。せめて靴を山用の防水のにして、カッパも上下にすればよかった…
小雨予報を信じた自分が馬鹿だった…
唯一の救いはGパンだけは無事。


時刻はお昼頃だけど、こんな濡れ鼠で入るのもお店に迷惑だろうし…
西松屋の軒先でしばし雨宿りして、小降りになったので、まずは第一の目的地まで行くべしと再スタート。

あちゃ〜。この時の座り方が悪かったのか、パンツにも浸水してきた…
みなさんわかると思いますが、バイク乗って雨降られると体で受けた水が前の方に溜まってくるんですよね。
山用のカッパズボン、前ジッパーをカバーする布が開かないようにホックがついているんですが、どうも溜まった水がこの隙間から入ってしまったよう。

小降りになった雨もまた激しさを増し、走るのが辛い。
目的地まであと数キロのところで、再度雨宿り。
スマホでレーダー確認するともう少しで雨雲切れそう。でもしばらくしたらまた雨降るな。行き先の空が暗い。
Gパン確認すると、お漏らししたように濡れてる!

う〜ん、あと数キロ頑張って走っても、この雨の中じゃあ、満足に写真撮れないなぁ。
そもそも外で合宿練習してるかもわからないし…
そう、ムスコ小のサッカー合宿が御殿場あたりであり、子供達の写真を撮ってやろうと(第一目的はツーリングとは絶対言えない)、ここまで来たけれど気持ちが萎えてしまった。
ちょうど雨雲が切れて、今ならなんとか走れそう。残念だが子供達には会わずに帰ることに。


御殿場の後に行こうと思ってたところも、天気を確認する気も失せ、とにかく早く箱根を越えることに専念。
途中公衆トイレに寄ったとき、びしょ濡れジャケットを脱いで、少し水切り。
再び着ようとしたら、ジッパーが壊れて締まらない…
金属製のジッパーなので、雨の中油分が抜けたか動きが悪いなぁと思っていたけど、無理に動かしていてジッパーの口が広がってしまったよう。さすが値段なりの中国製…
仕方ない。腰辺りで止まるとこまで上げて、あとはそのまま。

本来のルートでない、R138で箱根湯本あたりに来たときにはピーカン…
そうね、天気予報通りこっち側は1日晴れだもんね。
カッパとウィンドブレーカー脱いだついでに車載工具のミニモンキーでジッパーの口を叩いて絞ったけど、やっぱり締まらず…
ま、いいや。こっから先は雨降ることもないので、開けたまま走ろう!
R134は江ノ島手前までは気持ちよく走れたのでヨシ。いつの間にかジャケットも乾いちゃったし…

インナーフェンダーあたりには葉っぱがいっぱい。足柄峠は荒れていて、水溜りも多くかなり巻き上げちゃうみたい。
帰って速攻洗車。しかし今日は消化不良の1日だった。


alt

これは本来のルート。
楽しみにしてた三国峠はまた今度。


今回のアタリは、後付けフェンダー。
見た目はカッコ悪いけど、ナンバープレートの下にフェンダーがあるのはまだ許せるので、自分的にはよし。
今日は降ること分かっていたので、あらかじめつけて走った。

タイヤとのクリアランスはほとんど無さそうに見えるけど、ヒットはゼロ。
肝心の水ハネは、タイヤセンター部しか覆ってないけど、ナンバーやシートバックに泥水がかかることはなさそう。当然首筋に冷たい水が飛んでくるのもないので、これは採用!


今回、初めて本降りの雨の中山道走ったけど、CB125Rはタイトコーナーだと倒し込みの初期段階で一瞬軽くスベる。ドキドキしっぱなしだった。
Posted at 2018/09/08 22:41:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | CB125R | 旅行/地域

プロフィール

6Genです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

お友達

1 人のお友達がいます
Kaku3313Kaku3313

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ オデッセイ ホンダ オデッセイ
ホンダ オデッセイに乗っています。
ホンダ CB125R ホンダ CB125R
17年間乗った台湾ヤマハBW’s100Rから乗り換えました。 125ccの全てを使い切 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.