• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

あぷれぶのブログ一覧

2021年06月06日 イイね!

断念

断念現状報告、的な話です。

脚周りリフレッシュ!なんならチューン!と決め
てから早1ヶ月。よっしゃコレで!と決め、それ
に向かっていたんですがぁ…頓挫(笑)



こういう物も仕入れて、あーだこーだしてたんです
が、まぁ振り出しに戻った訳です。

となると、あらゆる可能性を探る上で、やっぱり
今一度観察が必要ではなかろうか?という訳で、



リフトアップ。そしてホイール外し。割と気軽に
コレが出来る場所…ンまぁまぁまぁ(^^;;;

実はここまでじっくり眺めるのって初めてでして。
そして、ものの数秒で「ん?」となります。



実はコレ、ディーラーで貰ったものです。赤丸部、
ナックル?ハブナックル?が付く部分。図示は2本
のボルト留めですが、現物は1本留め。

「世の中にはキャンバーボルトってのがあるのね?」
「そっスね」
「極端に言えば、細いボルト入れてガタを作って、
 無理矢理気味にナックル寝かせてキャ…」
「そっスね」
「こ…」
「無理っスね。1本留めでしょ?」

絶賛あらゆる可能性を模索中であります(爆)
Posted at 2021/06/07 00:09:32 | コメント(4) | トラックバック(0) | 調査 | クルマ
2021年05月16日 イイね!

逆剥

逆剥観測史上2番目という異例の早さで梅雨入りした
土曜日の九州北部。そんな雨天の合間を狙って
赤いホイールを洗いました。

洗っていると、どうしても目に入る・気になる
のが、

alt

alt

alt

alt

右フロントに履いていた物ですが、センターの外側が
こんな感じでえぐれている事でして。これより程度は
軽いものの、左フロントも同傾向。因みにコレ、3月
下旬に換えたヤツです(大泣)その後サーキット3回…

やっぱりもっとネガ方向にキャンバーって事?と思い
つつ、定例のホームセンター巡回をしていた日曜、
ふと思い立ち、

alt

こんなモノを製作。長穴開けたアングルの両端に、
出具合揃えてボルトを挿し、ホイールのリムに当て、

alt

こういうアプリを起動したスマホを添えて、超簡易
キャンバー測定。

…もっと本気で降ってくれんから、こんな余計な事を
考える訳です(笑)

まぁ、測る度に違う値を示します。その程度のモノ
です。そんな中でおおよその平均値が、

左前:-1.0°  右前:-1.9°
左後:-1.5°  右後:-1.9°

となりました。只、

alt

この方向の傾きがネガティブキャンバー、「ハの字」
と呼ばれるヤツです。この時、角度表示はプラス。

alt

逆がコレ。ポジティブキャンバーですね。角度の
表示はマイナス。

つまりこの雑な計測ではキャンバーはポジ側、車両
を正面から見るとタイヤの下側が内側に入っている
内股状態。だとすれば、ブロックの外側のアタリが
強いってのは何となくイメージ出来ます。

ンがしかし我が愛車ルーテシアRS。試乗で実車と
対面した際、ウソやろ!?って思う位にハの字だった
記憶が。整備手帳で拝見するアライメント調整の
記事でも、規定値はネガという記載がチラホラ。

ネガがポジになるって…あ、脚のヘタリか?
そう言えば、

alt

alt

この画像、確か去年の10月に履き替えてタカタ、
HSRと走った後のPS4です、18インチですが。
同じ様な傾向でえぐれてます。あぁそうだ、だから
サーキット用に17インチ、って思ったんだわ(汗)

そーそーそー!ンで火が付いたのよ、妖怪サン(笑)
いやいや、こちらの事を思って、ですよ。タイヤに
負担が掛からないセッティング探る方が、トータル
で考えるとコスト掛かりませんよ、ってね。

オーバーホール費用をどう考えてンのかは知らんけど、車高調の。

でも今考えると、脚かどうかの確証は無いものの
「ん?」って思い始めた時期なんですよね、PS4を
こんな目に遭わせた時期って。

脚周りリフレッシュで改善する事を願いつつ、裏組
するのか新品購入か、迷いは続くのであります(^^;
Posted at 2021/05/17 00:49:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | 点検 | クルマ
2021年05月10日 イイね!

復路 ~唯々懺悔のGW終盤~

復路 ~唯々懺悔のGW終盤~別の画像目当てで「ショック」と検索すると、
タイトルの画像が出てくるって、やっぱスゲぇわ
"いらすとや"って(笑)

いろんな事があり過ぎて、どうにも気持ちの整理
がつかないまま後にした幸田。帰路もずーっと
ブツブツ独り言を言いながら(^^;

で、直接帰宅ではなく、また福岡泊な5月4日。
お目当ては翌日、

alt

愛車のセカンドオピニオン、ではありません。我が
カラダの定期通院。「祝日ですが開いてます!」との
事で、5月5日に予約してました。

で、実は脚もそうですが、アッパーマウントのアレも
どうにも納得出来ないままでして。割とフツーなん
ですよ、約900km走っても。ん~、我ながら往生際の
悪さに、むしろ感心。

で、病院の駐車場でボンネットオープン(笑)

alt

コレのダルダルさが脳裏に焼き付いてまして。こらぁ
漏れを抑えきれてないよねぇ。そっか、フルードが
どっかを伝って…

alt

伝う所が無い(泣)でもスグに、別の事に気付きます。

alt

画像では解りにくいですが、ココを何かが伝った様な
跡を発見。よっしゃあっ!!犯人はこの上のホース!!

…エアコンの配管じゃん、ガスじゃん(恥)

意を決して、(漏出したと思われる)液体をティッシュ
で拭き取り、触診。絶対に水じゃ無い。明らかに油分
を感じるけど、エンジンオイル的な物では無い…

ボンネット閉じて病院内へ。しっかしコロナの弊害、
じゃなくて恩恵?って言うのも違うな。とにかく、
検査が無ければ受付~支払の時間がもぉ~短い!
割と何処の病院もそうですね、今は。

その後に向かった先は、

alt

「遠征お疲れっした!!」と迎えられ、2回目のこの
並び。こちらの都合で時間と場所を指定してしまって
スンマセン。

そして色々と情報交換を。

色々と、ね。

alt

「じゃあ頂戴」の場に居合わせたホイール。予定より
も早い装着です。

alt

ツラ具合フロント。

alt

ツラ具合リア。特にソコを狙った訳ではないそうです
が、ちょっとやり過ぎたかな、との弁。

でまぁ、旅の土産話、ボンネット開けて。

「えっ?うわぁ…ホンマや、切れてる。」

えぇ、ウソは言いません。


で、やはり脚の話へと。実は私なんぞより、よっぽど
知識や経験をお持ちでして。あ、コレってセカンド
オピニオン(拍手)

症状、ってか現状や、こんな事言われた等も伝えて、
下された診断は、

「んー、距離的に早いと思うけど、死んでますね。」

指摘されたポイントなんかも概ね共通。どんどん気が
滅入っていく中で、

「だってホラ、沈んでません?ケツ。」

alt

別れた後での撮影ですが…

いやまぁその、荷物てんこ盛りですからね。そう、
行く前に下ろした荷物を再度積んでますから。その
影響も…、って誰に言い訳してんだオレ(^^;

あまりの落胆ぶりを見せたせいか、

「乗ってみます?自分の。」

とのご提案。普段ならお断りします、こういうの。
でも、でも…お借りしましたm(_)m
尚、サーキットは走られてない様ですが、まぁまぁ
ヤンチャしてそうな車両です(笑)オドは愛車の1/3
程度。

この辺回ってみたら違いが分かるかも、という案内
まで頂いて、エンジンスタート。ん~やっぱり、
同じ車種で誰かの車って、すンごい新鮮。

その結果、って言うよりも、

alt

赤線が駐車場の導線。この様に走って公道に出たん
ですが…

もうA地点で

嘘ッ!?

となり、駐車場出口のB地点の縁石越えで、

あぁ~ゴメン、
我が愛車ぁm(_)m


試乗中、もういろんな想いが駆け巡り、そこを書こう
にも纏まりません。ハッキリ解ったのは、やっぱダメ
だわ、脚、という事。

貴重な経験させて頂き、ありがとうございました。
こらぁ早急に交換だ!と決めた、そんなプチオフを
後にしたのでした。


さぁ、となると次に頭抱えるのは「何入れる?」と
いう事でして。要らん!と言いつつ、頭の隅に棲み
着いてる、車高調。

コレも幸田、ってかその前の成田から現在に至る迄、
様々な方にご意見を伺いました。そのご意見を勝手に
集約させて頂くと、

「イイのはイイけど、沼にハマるよ。」

という事ですね。

組んで仮セッティングで試走、勿論サーキット。その
上で「ココをもうチョイ」と調整して、また試走。
コレを納得いくまで繰り返す、というのが本スジな
ハズ。

脚死んだ、って事に気付かないようなヤツにとって、
そんな作業は

面倒くさ( ´⊿`)y-~~

ってなるのは目に見えてまして(^^;ある程度汎用性を
持たせたセッティングに固定、ってのもアリだと思い
ますが、多分そこから変えないと思うしなぁ。

「ってなるなら、固定でイイと思うよ」というご意見
も多数頂戴しました。

これらを踏まえて、今日、

alt

履き替えだけなのに、何故下から覗き込むのか?因み
にアッパーは前回確認"させ"済。過去最強の熱量での
攻撃でした、今日は。なので、の覗き込み。ん?

そしてエンジンマウントの件でディーラーに。その
道すがら、

alt

alt

やっぱりこういう使い方が大半なんよな、いくら
スポーツグレードとは言っても。

と思い始めると、一旦決めかけた想いがぐゎんぐゎん
してきます…

alt

なぁ、どうしよっか?
どうすりゃえぇんやろ?
勿論答えてはくれません…

なぁんかフラフラしながらディーラー着。とりあえず
点検だけのハズが、どエライ時間が費やされ。
おかげで迷う時間も増えていき。

そうそう、一応ココでも見積を。主に工賃を知る為。
但し概算。

alt

汎用性を持たせた内容ですが、思ってたよりは
安く
感じました、工賃。只そこからあーだこーだ付け
加えたら、やっぱり?程度に膨張(汗)

内容の質疑の中で、多少の驚きが。なので候補1つ、
脱落です。

ま、ハラくくりました。経過は追々整備手帳にでも
上げていきます。
Posted at 2021/05/10 00:24:43 | コメント(2) | トラックバック(0) | 徒然 | クルマ
2021年05月09日 イイね!

取引~CRR幸田(裏)~

取引~CRR幸田(裏)~先だって、当日の様子を書きました、CRR幸田。
でもそれはイベント全体というか、上っ面のみ
と言うか。

初参加の時から思った・感じた事ですが、悪い
意味では無く「裏側」があるイベントだな、と。
いやいやお待ちください、ディスりじゃありま
せんのでご安心を。

要はですね、大商談会の場なんです。そりゃあ
そうです、ショップ主催のイベントですから。
折角、店舗の名の下に集まって貰ってる訳です
から、商品ご成約にまで繋げたいと思うのが
自然です、商売人なら。

にしちゃあアパレル以外の展示等が無いけども…

各所で参加者同士が談笑しているその片隅で、
主催者捕まえて何やらゴニョゴニョ話し込んで
いる光景をよく見かけます。

あのコーナーがどうのこうの、そんな話ではなく、
「もっとこうしたい」といった話から、「ンじゃあ
ソレ、試してみよっかなぁ」へと昇華させているの
でしょう、おそらく。

今迄はそうした部分は意識的に避けてたんです
が、今回はその流れに乗らざるを得なかったので
まぁ、書いてみようかと(笑)

どういう事か?

alt

コレです。近場での取扱が無くなるみたいで。交換
する為に片道何百kmも走るなんてバカみたいな事は
出来ないので、とうとう覚悟を決めてのペール缶
購入です。

この様に、現地手渡し・現金払いという事が可能
です。但し、事前に「コレくれ」と伝える必要アリ
です。そして大型商品は無理でしょうね。ペール缶
程度が限界かと。

とまぁ、とりあえず手持ち在庫確保。交換方法?
そんなモンは後で考えりゃイイんです(爆)

alt

久しぶりに見るこの表示。適当にベルト掛けただけ
でも、何とかなるモンですね。しかし帰りの道中は、
たっぷんたっぽん煩かったぁ(笑)


で、終わるハズだったんですが…

先のブログで書いた脚問題、いよいよ無視出来ない
レベルなのが発覚。そして主催者さんもそれを知って
しまった訳です。

「何かあんでしょ?他にも症状的なのが?」
「んーっと…」

ってな話から、ストレートエンドでの挙動不安定
以外の気になる点を。

・一般道で、なぁんか常に上下に揺すられてる気が
 する。ショックでバネの動きを収束出来てない様な
 イメージ。

・後ろに、

alt

 こういうのを付けてるけど、コレの録画が完全停止
 してしまう事が増えた。ってか多い。録画再開の
 操作しろ!ってアラームがもー煩い!リアの突き
 上げがスゲぇって事なのか?

・橋の手前なんかでたまに見る、道路隆起・陥没って
 言っていい位の「うねり」。これを越したらもう
 大変。

ってな事を伝えました。

「あぁ、ならショックはダメだね。」
「そっかぁ…」
「何ならコイルも終わり始めてっかもね。」
「何やとぉ!!??」

いやその、まぁね、

alt

当然知ってる訳です、コレがあるって事は。只…
お値段どうこうじゃなく、いいハナシしか聞こえて
こないんですよねぇ。そういうモノに対しては過剰
なまでに身構えるのが、ボクという人間でして(笑)

ンで更に、

alt

コレも、だと?何か商品画像チョット違う気もする
けれど(汗)むしろこっちの方が多いかな、イイ話。

目指せ100万km!じゃなくて、10年10万km程度での
乗換えと考えた場合、コイルが消耗品的な扱いになる
事に違和感しか感じられず。

いや、そりゃね、「ばね」ですから、酷使すればバカ
になるのは理解出来、ん?酷使?…(^^;;;

上記画像のモノを採用云々以前に、交換する事へイマ
イチ思い切れてません、この時点で。現実を受け入れ
られなかったんでしょうね。

そして、参加者の方からも「(画像の物へ、とは言わ
ないけども)換えるべき」という声がチラホラと。
ショック・コイルセットで、とまでは言われません
でしたが。

だって5万…の件を繰り返すも、換え時っちゃー換え
時よ、と。今思えば、ほぼ街乗りオンリーだった過去
所有車。やっぱりそれに比べれば遥かに酷使してる、
か。

「そこまで言われた後でアレやけど。」
「ん?」
「コレさぁ…」

alt

alt

コイルが直上のマウント(バンプラバー)に当たる事を
「バンプタッチ」と言う、と初めて知りました。

「あーハイハイはいはい。」
「沈み込んだら当たるわな?コレ自体はおかし」
「いやオカシイよ。車高イジる過程なら解るけど。」
「え?」
「ショック・コイルが正常なら、当たンない。」

そりゃ当たる事もあるわな、位に思ってたので、この
時の精神状態、勢いで赤いホイール買った時以上に
グラグラだったかも(汗)

ここで一服の清涼剤。

alt

ツカヂさん撮影。ありがとうございます(^^)
後日頂いたこの写真で、ようやく気持ちが落ち着いた
感じです♪


どうやらショック・コイル共に交換することになり
そうな感じに。それも性能向上を目指すんじゃなく、
劣化したから、という理由。

となると「何に換える?」ってのが、むしろ難しい。
実はいろいろあるんですよね。それこそワンオフで
車高調って選択肢も。ん?

とりあえず、「買うわ」とは言わず、サイト見ながら
スマホの電卓叩いて、

alt

※再現画像です。

「1台分、税込で、コレけ?」
「え?んー…えーっと、ウンウン、そんなモン。」

という適当な返事。まぁ、端数までは覚えてねーか。


ってな感じのやり取りが、参加者銘銘個々に盛り上が
ってる裏で展開されてます、CRRのイベントって。

かぁなり意外だったのは、「どう?」「買ってよ?」
「ウチのはイイよぉ!」的な事は一切言われなかった
事。ゴリ推し営業は致しません!って事?まぁ相手
見て加減してンでしょうけど。

そして、適当な"あしらい"もされず。クルマ系の商売
って多い様な気がします、特に一見さんへの適当な
扱い。まぁ、一見さんではない、か(^^;こういった
所はさすが、商売人だわ、とヘンに感心。

どうするのか?を決断できず、モヤモヤした状態で
帰路に就いたのでした。セカンドオピニオン、欲しい
なぁ、と思いつつ。

で、スンマセン、とりあえずの顛末でもう1本、
書きます(^^;
Posted at 2021/05/09 07:10:13 | コメント(3) | トラックバック(0) | イベント | クルマ
2021年05月08日 イイね!

懺悔 ~CRR幸田(表)~

懺悔 ~CRR幸田(表)~「CRRの名前、SNSでドンドン出して頂いて結構
 です。でもこのご時世、参加者への配慮を
 お願いします。」

という主催者の声から始まった、CRR幸田に参加
してきました。

でも、そうは言っても、ねぇ。という事で、
いつもと変わらず自分の事をメインにして
書いてみます(笑)


朝6時にゲートオープン、7時から受付開始という
強行軍。我々前泊組よりも早く到着している当日
乗り込みの皆さん、スゲぇっす。

今更ですが、実に様々な変た、じゃなくて人が
集まります、このサーキットイベント。なので、

alt

到着するなり、リップスポイラーの補修を始める方が
居たりするのも、日常の光景だったり(笑)因みに通称
"芸人"と呼ばれてらっしゃる方です。勿論本職は違い
ますよ、と念の為フォロー。

そんな芸人さんと競ってる訳じゃないですが、今回の
ネタ要素。

alt

去年末の開催時から、こういうクラス出来ンじゃね?
的な機運は高まってました。ギリギリまで確定しな
かったのですが、見切り発車で作って正解でした。
そう、今回は世代別でのクラス分け。

因みに裏面は、

alt

はいくまモンになってまぁ~す(笑)今回は出番ナシ
でしたけど。因みに購入品です。こういうのを売って
ます、Amazon等で。


自身の愛車で走るのは合計3本。2本目と3本目の間に
カート耐久、詰め込みすぎて昼休みナシ、ってのが
大まかなスケジュール。

その1本目。終わってパドックに停車、ボンネットを
開けてチョット席を外して戻ってみると、数人の方
が代わる代わる、我が愛車のエンジンルームを覗き
こんでます。

「何スかもーっ!」位のテンションで問いかけると、

漏れてる!
漏っとる!
漏りよる!
漏んりょる!
漏んじょる!

とまぁ、いろんな地方の言葉で「漏れてる」と。
※一部盛ってます。

え!?冷却水!?と思って我がエンジンルームを確認。

alt

alt

えーっとまぁその、エンジンのアッパーマウントの
ゴムん所(語彙力)が液体封入式なんですね、初めて
知ったけど。その液体が漏れてるよ、と。

いやいやホラ、スグ傍にタンクあるでしょ?こういう
のは大抵冷却水よ、それがどっかを伝って回り込んだ
んですよ、とタンクを撫で回すも、漏れてなさそう。
そもそも、伝う経路が無いですね。

いっちばんハシャいでくれたのが、件の芸人さん。
「えーっ!?えーっ!?ルーテでそんなんなる!?聞いた事
ないで!?」と、オーナー以上に騒いだ後、ふと我に
返ってご自身のM3を確認。で、「あーっ!!」って、



アンタもやん(爆)しかも漏れ始めてから、そこそこ
経ってんでコレ。只まぁ、コレがヘンな自信になり、
直ちにどうこうは無いなと思って3本無事完走。

その3本目終了後、

alt

ウン、着実に進行してるね(滝汗)その日を通して、
ボンネットが開いてるL4RSを片っ端から観察してた
んですが、ウン、オレのだけやね…

------------------------
スンマセン、もう時系列メチャクチャですが、ココ迄
読んで頂けたなら、当日全体の話として、まぁお付き
合い下さい。
------------------------

皆(オッサン数人)でキャッキャキャッキャ言いながら
これを肴に騒いでましたが、オーナーとしては、交換
費用ナンボやろ、に意識が向いてました。

あ!!そっか!!

このイベントの主催者、北関東に在りながらもルノー
スポール取扱実績数千台(適当)を豪語する銘店やぁん
と思い出し、代表をとっ捕まえます。

「ちょちょちょちょぉ、コレコレ!」
「何?マウント?え何、切れてンじゃん!」
「ナンボ位かかる?」
「いっや解んない、やった覚え無いわ、ルーテは」
「うそぉ~~~~~ん!?」
「いやビックリだわ。メガーヌなら切れるけど。」

そんなやり取りしてる周りからも「ルーテも切れるん
だ…」といった声がチラホラ。どうやらホントにレア
ケースな様で。

更に話は広がります。いろんな方々が次々に、

「ココ"だけ"が切れるってのは考えにくいよね。」
「そうそう、だったらトルクロッドも心配だわ。」
「何にせよ、一通り要点検よね。」
「いや待って、そもそもこうなる原因って…」

せーのっ、
脚、キてない?

嗚呼、妖怪の顔が思い浮かぶ(T-T)
主催者とのサシ話に戻り、

「脚かぁ。んーまぁ、思い当たるフシは、まぁ…」
「オド、ナンボよ?」
「えーっと…(確認した上で)54,000km」
「んー、キ始めてもおかしくない、かな。」
「嘘ォ!?5万チョイで!?マウントにしろ、早くね!?」
「だけど、あちこち走り回ってんでしょ?」
「うっ…」

最初に感じたのは、去年末の岡国。ストレートエンド
の減速時に、どうもリアがバタバタして「ん?」と
なった覚えが。でも一旦収まったんで、何だったん
だろ、ってと思ってました。

しかし直近のHSR。これがもう顕著で。左右交互に
接地感が無くなる感じ。その場足踏み、或いは、

alt

コレの"たたき"のイメージ。かなり意識してステア
リングを中立に保ってブレーキングに移るとマシに
なりますが、大差はないです。

そして今回3本走行。ずーっと同じ傾向が。加える
と、割と簡単にリアがフルボトムする様な感じが。

そんな事ばっかりが気になりつつも、各種電子制御を
味方に、というテーマは継続中。で今回、割と他の
車両の「追っかけ」が出来た様な。比べてみると…

コーナー進入は、他の方々と同等レベルになった様に
思います。でもそこからの姿勢の作り方、コレはもう
好みや技量差があると思いますが、コーナーからの
脱出速度。コレがもう決定的に違い過ぎます。

進入~脱出姿勢もありますが、アクセル踏み始め時期
の違いです、よね?でも負けじと踏んでます、私も。
なのに何か、伸びが無い。ドライバーのウェイトとか
そういう話ではなく、いや要因ではあるかもですが、
踏んだ量と加速具合がリンクしていない感じ。

やっぱりその理由はESCかなぁ。

alt

こうじゃなく、

alt

こうすべきなのかなぁ、と思ってみたり。でもその
ESCが顔を出すってのは、危険な状態な訳で。ESCの
お世話になるようなヤツが、チョーシこいてレース
モードにするのも…ねぇ。

介入させない様に、を狙って走ると、只のクーリング
ラップみたいなペースになるし(汗)それはそれでまた
少し違った技術が必要になる、ってそれを目指してる
んだっけか(^^;

とまぁ考えて走る事、よりも「乗りっぱなしの代償」
への対処を迫られる現実を消化しきれないまま、

alt

alt

壊す事無く、いや壊してるけど(汗)無事終了。ココに
写るクルマ、ぜーんぶルノースポール。んーやっぱり
気持ち悪ぃ(爆)

alt

1日遊ばせて貰った場所の全景を眺めつつ、

alt

珍しくブログっぽい写真なんか撮ったりして(笑)、
後泊の宿へと向かったのでありました。そうそう、
ココで駐まらざるを得なかった理由があるんですが、
それにも脚が絡んでるっちゃー絡んでる、んかな?

参加された皆様、お疲れ様でした。当日は様々な方に
お世話になり、ありがとうございました。無事熊本に
帰り着き、こんなブログ書いてます(^^;;;



--------------------

今回、もーぉ自分を褒めてやりたい事。

足、つらなかった!!(爆)



確認出来た限り、パドックは最大25℃まで気温上昇。
ん、やっぱり大事です、水分・塩分補給って。

--------------------

あ!カート!!

去年末の初乗車よりは乗れたと思います。けどやっぱ
「無」の時間となるバックストレート。右から左から
ガンガン抜かれるのは、技量差よりも単純にトップ
スピードの差だと思われます。

マシンの個体差を訴える声も聞こえたので、やはり、

・バラストで出走重量を揃えるハンデ制。
・エンジン、ってよりもマシンの抽選制。

を導入すれば、更に盛り上がるかと。まぁ、バラスト
はぁ、無理か(笑)
Posted at 2021/05/08 04:46:53 | コメント(3) | トラックバック(0) | イベント | クルマ

プロフィール

「何となく綺麗な並びだったので盗撮風に(^^;」
何シテル?   05/09 21:59
自身4台目の愛車ルーテシアRSを連れて、福岡から 熊本に移ってきました。よろしくお願いしますm(_)m 尚、車両登録地は福岡でもない熊本でもない別地域です。...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/6 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

リンク・クリップ

トルコ製リアスポ取り付け 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/03/23 12:46:21
カップウイング取付 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/03/23 12:43:24
水温計取り付け、そして失敗! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/10/17 19:42:52

愛車一覧

ルノー ルーテシア ルノー・スポール ルノー ルーテシア ルノー・スポール
2018.3.24吉日納車、真っさらなブラン グラシエの トロフィーPhase2、自分色 ...
ルノー アヴァンタイム ルノー アヴァンタイム
初の中古車。クルマ無し生活中の禁断症状下で フラッと覗いた某中古車情報サイトで「え? ( ...
プジョー 206 (ハッチバック) プジョー 206 (ハッチバック)
正規輸入終了の声を聞き、慌てて国内在庫を抑えての 乗り換え。車格が違うとはいえ、約10年 ...
ヤマハ FJ1200 ヤマハ FJ1200
色がドンピシャで使い易そうな画像が見つからず。 今の所コレが「終のバイク」。次があると ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.