• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ponto64の愛車 [スズキ ワゴンR]

整備手帳

作業日:2024年3月31日

タペットカバーオイル漏れ修理後の点検

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 修理・故障・メンテナンス
作業 DIY
難易度

初級

作業時間 1時間以内
1
DIYでタペットカバーパッキンを交換して1ヵ月が経ったので、パッキンの取り付けが上手く出来ているか点検します。
2
念のためバッテリーのマイナス端子を外しておきます。
3
プラグホールのオイル漏れを確認するため、レゾネーターをサクサクっと外します。
4
1番シリンダーのイグニッションコイルを点検します。前回はイグニッションコイル交換後1週間でオイルがうっすらと付着していましたが、オイルは全く見られません。
5
イグニッションコイルのプラグ接点側も大丈夫です。
6
今度は2番シリンダーのイグニッションコイルを点検します。こちらもオイルは全く見られません。
7
プラグ接点側も問題ありません。
8
最後にパッキン交換前はオイル塗れだった3番シリンダーのイグニッションコイルもオイルの付着はまったく見られません。
9
プラグ接点側もまったく問題なし。
10
プラグホールにもオイル漏れは見当たりませんでした。
どうやら修理は上手くいったようです。
11
プラグホールだけではなく、タペットカバーの外周りも点検します。
点検鏡を使ってタペットカバーの下にオイルが付着していないか確認していきます。
12
反対側も点検します。点検鏡があるとこんな時は便利です。
13
タイミングチェーンカバーとの接合部に液体パッキンを塗布した箇所も確認します。オイル漏れは見られません。
14
バルブシャフトの先にある液体パッキンを塗布した箇所もオイル漏れはありませんでした。
15
すべてを元に戻して点検作業完了♪
初めてのタペットカバーパッキンの交換でしたが、オイル漏れも見られず100点満点の出来でした。

結局のところ、最初のオイル漏れの原因は整備会社によるタペットカバー取り付けボルトの締め方に問題があった可能性が高いです。
そういえばボルトやナットを締める時にトルクレンチを使ったところを見たことがありません。証拠が無いので責任は問えませんが、長年お世話になっているだけに、困ったものです。(-_-#

関連パーツレビュー

イイね!0件




関連コンテンツ

関連整備ピックアップ

エンジンマウント交換

難易度: ★★

エンジンオイル交換(155,800km)

難易度:

ファンベルトテンション調整🙋

難易度:

エンジンからゲコゲコ②

難易度:

【MH22S】ISCV、バイメタルサーモスタット洗浄の巻

難易度:

カムカバーパッキン交換(160,700km)

難易度: ★★

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「チョー久しぶりの初代ワゴンR http://cvw.jp/b/3358419/47791852/
何シテル?   06/20 15:49
ponto64です。ワゴンR(MC21S 前期型)に20年乗っています。 古い軽自動車に乗っているせいか、同じ軽自動車や何年も乗り続けられているクルマが好きで...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

スズキ(純正) バンパーダクト 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2024/06/19 08:20:43
ponto64さんのスズキ ワゴンR 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2024/05/31 12:54:43
軽量、ハイパワーで飽きが来ない 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2024/05/17 08:27:04

愛車一覧

スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
2003年に中古で買ったスズキ ワゴンR MC21S(前期型)、乗り始めて21年になりま ...
ヘルプ利用規約サイトマップ

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
© LY Corporation