• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

tmoriのブログ一覧

2012年10月21日 イイね!

WEC レポーター その3 ピット訪問編

WEC レポーター その3 ピット訪問編LOVE CARS x MichelinのWECレポーター企画のブログその3です。今回はワクワクドキドキが最高潮に達したピット訪問についてです。

今回訪問したのは、LMP1クラスのNo21 StrakkaRacing、LMGTEProクラスのNo97 AstomMartinRacing、そしてハイライトはLMP1、カーナンバー1のAudiでした!Audiは全員の中からじゃんけんで選ばれた2名だけが訪問できたのですが、幸運にも私と息子の2名で参加させていただきました。(権利を譲って頂いた方、どうもありがとうございました。感謝いたします) 


StrakkaRacing
  
ちょうど見学のタイミングでピットイン&タイヤ交換が行われました。少し遠くから見ていましたが、緊張感がこちらにもビンビン伝わってきました。右の写真はちょうどタイヤ交換が終わってピットアウトする寸前というところですね。


AstomMartinRacing
  
アストンのピットは、順調に走行していたタイミングなので、皆さんリラックスムードでした。右の写真はコース上の状況がわかるモニターとテレメトリーです。あまりじっくりと見ることはできませんでしたが、マシンの状態は常に分かるようになっているのですね。


Audi Sport Team Joest
 さて、Audiのピットです。ここは直接ピット訪問に行くのではなく、まずピットビルの2Fにある、AudiのVIPラウンジに赴き、そこで他のお客様(たぶんAudiのロイヤルカスタマー)と合流して専門の説明スタッフと同行する という手順でした。
 実は、息子(小6)は当初見学NGと言われたのですが、今回特別ということでOKを出して頂きました。おそらくミシュラン様のご尽力によるものと思います。全く感謝しかございません。<m(__)m>。
 ただ、カメラをクビからぶら下げたおっさんとあまりビューティフルで無いリュックを背負った小学生がVIPラウンジの受付付近でしばらく立って待っているという図はちょっとだけ罰ゲーム的雰囲気で。。。苦笑いでしたw

 Audiの説明スタッフはイタリア人の陽気なお兄さんでした。説明は英語でしたが、通訳スタッフも同行して頂きました。日本は初めてだけど、すげ-気に入ったぜーって言ってましたw

 
さて、前置きが長くなりましたが、ここからようやくピットの様子のレポートです(笑)。
ピット内は写真撮影が禁止されていましたので、記憶をもとに起した精密な図面で説明します。(笑) ピットは2つ分を使用しているので面積は広いです。スタンド側から見えるいわゆるピットエリアは下の図では『聖なるピット』と書かれているところです。それ以外の裏側のほうがはるかに大きく、ここは大変機能的に出来ていました。

作業エリアと書いてあるところはちょっとした加工作業などをするスペースのようで、作業机とか工具のようなものが置いてありました。ピットの真裏にあるパーツ棚①はフロントカウルとかリアウイングのような大物外装品が2セットくらいありました。ちょうど見学中に、DUNLOPコーナーで1号車とアストンマーチンが接触するというトラブルが発生し、フロントカウル破損で緊急ピットインとなりました。ピット作業の様子は直接見ることは出来なかったのですが、交換したカウルがすぐにパーツ棚付近に運ばれてきて、メカニックが詳細を調査している様子を見ることが出来ました。これを今見ているのは世界中で自分たちだけだぞと思うと、ちょっと興奮しましたね。


作業エリアの後ろのほうにはタイヤが何セットか置いてあり、さらにその後ろにはFRアクスルが1セットとなぜかウインドシールドが1つ置いてありました。FRアクスルは写真の赤丸の部品(もしかしたらハブって言ったほうがいいのか?)、ウインドシールドは青い丸の部品です。 FRアクスルはル・マンでクラッシュのときに交換していて死んでもすぐ生き返るAudiなんて呼ばれましたよね。 ウィンドシールドはすごく小さくて、一瞬何の部品か分かりませんでした。
  

実は、ピットエリアはここだけではなく、後ろのパドックスイートにもその機能の一部があるのです!ここの2階にはテレメトリー専用のスペースとなっており、ここで色々な解析が行われているとか。そのエリアは見ることは出来ませんでしたが、なんとも凄い体制です。1階はメカニックとチームドクターの控え室になっており、ドライバーはここでマッサージなどを受けるようです。 あ、ちなみにパドックスイートの中は通常はこんな感じみたいですよ。シャワーとかもあるようです。


で、聖なるピットエリアは2号車ピットインのときに入れましたが、なんだかそこに居るだけですごい緊張しました。

ピットエリアは全域にゲスト見学コースが決められており、見学者は赤い線の中だけを歩くように言われます。工場見学などにいくとたまにありますよね、あれと同じシステムです。それだけきちんと管理されているとともに、ピットツアーがおもてなしの一つとしてレース活動に組み込まれている証拠ですね。これは他のピットと少し雰囲気が違うところでした。Audiともなれば、たぶん相当なVIPもピットを訪れるのでしょう。

ピット訪問レポートは以上ですが、今思い出してもワクワクします。こんな素晴しい機会を与えて頂いた日本ミシュラン様とLOVE CARS!に大感謝です。今後もこういうイベントが続いて、多くの人が体験できるようになるといいと思います。


次回は、最終回、レースの模様 を書く、、、、予定。。。あくまでも予定。w
  
Posted at 2012/10/21 07:03:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | LOVECARS | 日記
2012年10月20日 イイね!

WEC レポーター その2 WECのパドック編

ご招待いただいた、ミシュランレポーター企画 その2ではWECのパドックの様子をレポートします。自分にとってはレース=SuperGTで、公式テストなども含め年間相当数見に行くので、パドックってどんな様子か良く知っているつもりでした、が、、、、自分の知っているのはあくまでも『SuperGTのパドック』だということが今回よくわかりました。
 
 今回、このレポートが出来るのもミシュラン様よりパドックパスを支給して頂いたお陰です。どうもありがとうございました。<m(__)m>


 
■一言で言うと。。。
SuperGTのパドックは華やか、WECは男の仕事場!そういう感じですね。SuperGT=お客さんのため、WEC=チーム&ドライバーのため とも言えるかもしれません。あ、決してWECがお客を軽視していると言う意味ではありません、念のため。

SuperGTではあまり見ることの無い風景をいくつか。
 
これはFRPを修復していると思われる様子です。溶剤のようなものを秤で計っていました。こんな風景はSuperGTでは見たこと無いですね。いやー、そこまでやるんだという感じでした。


 また、至る所にパーツがごろごろしています。外装関係のパーツが多いですが、なかにはこんなものも。耐久レースだからスペアパーツの種類も数も多くなるんでしょうか。ちなみにこれはピットガレージの中ではなく、パドックに建てられたテントの中です。たしか、LMP1クラス22号車のJRMだったと思います。
 

 
タイヤを洗っているのはよく見ましたね。これはWTCCでも同じような感じだったと思います。タイヤを綺麗に洗うことで、たとえばホイールにクラックが入っているなどのトラブルを早期に発見できる効果もあるようです。これはレースの基本だということでした。ローラーが付いていて、タイヤをぐるぐる回すことが出来る台に乗せて洗います。右の写真は洗ったあとに干している様子です。
 
 
 
 SuperGTのパドックのイメージといえば、こんな感じですねぇ。改めて見てみるとえらい違いが。。。w 個人的にはこの方向性は嫌いではない、いや、むしろ積極的に好きなのですが、WECみたいなのが本来のレースでしょうかw SuperGTは日本独自カテゴリーということで、この風景も日本独自、秋葉的とも言えるのではと。。。。。


 
■タイヤにまつわる風景 
今回はミシュラン様のご招待とあって、やはりタイヤに興味が尽きませんでした。


 これは、タイヤ表面を削っている様子。ヒートガンで暖めながら、表面を削っていました。写真はありませんが、削ったあとは硬度計で表面の硬さをチェックしていました。削っているのはいわゆるタイヤカスだそうです。結構な厚みで着くんですね。
  
 

 SuperGTでも予選で使用したタイヤを決勝で使ったりしますから同じような作業はしているはずですが、見かけたことはありませんね。きっと見えない所で作業しているんでしょう。これは、夢の世界の裏側は見せないというディズニーランドの精神にも通じる、SuperGT独自のおもてなし精神なのでしょうか??w その精神のおかげで夢の世界(おねいさん)をパドックで見られるならそれはそれでたいへん良いことかと。。w


次はタイヤウォーマー。これもSuperGTでは使用できませんからあまり馴染みの無い風景でした。タイヤウォーマーと言えば、左の写真のように巻きつけるタイプかと思っていたら、今は右のような温風で暖めるタイプがメインのようです。灯油ヒーターのようなものなんでしょう。ここに、タイヤを入れておき、ピットイン直前に運び出します。写真では一本だけ運んでいますが、台に乗せたまま4本いっぺんに運ぶ場合が多いようです。(このチームはクルーの数が豊富だった??w)
  

 

パドックの様子もなかなか興味深いものばかりでした。
次はピットガレージ訪問の様子をお届けする、、、、つもり、、、です。(笑) 
Posted at 2012/10/20 17:36:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | LOVECARS | 日記
2012年10月20日 イイね!

WEC レポーター その1 ミシュラン タイヤワークショップ見学編

 WEC レポーター その1 ミシュラン タイヤワークショップ見学編鈴鹿の第1弾に続き、WECでもミシュラン様、河口様にご招待いただきました。もう、私はどっちを向いて眠ればいいか、分かりません。。。。(笑)

まずはミシュランタイヤワークショップ見学からレポートします。
鈴鹿でも見たから、大体知ってるよ、、、と思いきや、そこにはGTとは全く違う風景が展開されていました。GTではミシュランのサポートは2台、WECでは、えーーーっと、何台あるんだろう?とにかく台数が違いすぎますから、タイヤワークショップの規模も桁違いでした。



■レースとのかかわり
 まず最初に、日本ミシュランのデルマス社長からのご挨拶がありました。ミシュランではレースは技術開発の最前線と位置づけられており、レースのテクノロジーは随時ミシュラン製品にフィードバックされるとの事です。そういうお話を聞くと、ミシュラン製品への信頼性がますます上がりますね!
 

 
■規模
  
パドックにそびえるミシュランブリッジの向こうに建つ白亜のミシュランワークショップ。文字通りWECを足元から支えている秘密基地です。パドックの中でも一番大きな施設でした。
  

 今回、ミシュランは3000本のタイヤを持ち込んでWECを支えています。白亜のワークショップの中はまさにタイヤ倉庫!その規模には驚くばかりですが、ル・マンではこの数倍の規模になるということですので、もはや想像を絶する大きさです。  3000本のタイヤはこのテントの中だけで収まるはずもなく、隣の巨大なコンテナにもストックされていました。パドックの中にまるでミシュランパークがあるようでした。いや、大げさでなく。
  

 
■テントの中では。。。
 ワークショップ内部では、常に使い終わったタイヤが運び込まれてその場で古いタイヤの取り外し&ニュータイヤへの交換がひっきりなしに行われていました。そこは戦場のような忙しさですが、混沌とした状況ではなくきっちりとマネージメントされ、清々と仕事が流れているような雰囲気が印象的でした。
 マネージメントの代表例をひとつ。レースの現場ではあらゆる作業のスピードアップが要求されます。しかし、それは間違いを起しやすいということと背中合わせですが、もちろんそんなことはあってはなりません。このタイヤはどのチームのどのマシンに供給するタイヤなのかというのは統一したルールで表記されています。それが写真にあるものですが、この例ではサイドウォールに左から『AUDI、1、110、FL』と書かれています。Audiの1号車用タイヤ、セット番号110、前輪左という意味で、これはミシュランが供給する全てのタイヤに共通して書かれるルールになっています。こうやって、誰が見ても間違いが起こらない仕組みで安全なレース運営がされているわけです。
 
    

使い終わったタイヤはリサイクルに回されるそうです。その場で解析などはしないのですかと質問したところ、このレースは6時間なので解析してもフィードバックが間に合わないのでそういうことはやっていないという回答でした。ただし、長丁場のレースであるル・マンでは解析が行われその結果をタイヤの選択に活かすことが行われているそうです。こういう話を聞くと是非一度ル・マンを見てみたくなりますね!

  

■グローバルチーム
 
 今回、解説頂いたのはパスカルさん。流暢な日本語での解説です!ミシュランでは現地の言語でビジネスをするというのが基本だそうです。なんとすばらしい!
 中で働いている人も日本人だけでなく、世界各地からこのレースのためにメンバーが集められているそうで、まさにグローバルチームでした。
  


■レースとエコ
エコとレースというのは一見相反するように思いますが、決してそうでは無いというお話。。。
 
 レースで勝つタイヤとはどういうものでしょうか。今回のような耐久レースではタイヤのライフのいうのがかなり重要なポイントになります。タイヤ交換をするかしないかというのはピットでのタイムに大きな影響がありますからね。グリップが良いのは当たり前で、その上でライフをいかに長くするかというのが一つのポイントになります。レースで強いタイヤ=ライフの長いタイヤ といっても過言では無いでしょう。
ライフが長くなるとレースに持ち込むタイヤの本数は少なくてすみます。ということは、使う原料も少なくなるし、輸送にかかるエネルギーも減らすことが出来るということになり、エコという視点での波及効果は大変大きなものになります。

 つまり、レースに強いタイヤ=トータルでエコなタイヤということになるわけで、ミシュランはここまで考えているのだそうです。(以上は日本ミシュランの橋本さんの解説でした)

 
■この後も続きます。。。 
 この、タイヤワークショップツアーだけでもかなーり内容の濃い、素晴しい体験でしたが実はこれはまだまだこのツアーの序の口で、これからもっと^2濃い世界が展開されていくのでした。そのときはまだそうとは知らず。。。(笑)

 
続編に、乞うご期待! (と言って、自らハードルを上げる。。w) 
 
Posted at 2012/10/20 11:31:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | LOVECARS | 日記

プロフィール

「ミシュラン・スーパーGTツアー by LOVECARS! http://cvw.jp/b/357036/33976892/
何シテル?   09/09 06:42
「走り続けよう!」 2010年12月26日に旗に書いた言葉です。我々はどこに行くのか、何を目指すのか。 LOVECARS!-No.521          ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2012/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

マーチ12SR生誕10年を記念してみんなで集まろう! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/22 16:56:36
今日の大黒ミュージアム 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/02/05 14:53:25

ファン

9 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
2012年2月4日納車です。2004年式の325iです。
日産 マーチ 日産 マーチ
K11から乗り換えました。実に楽しい! Fun to drive!
ルノー トゥインゴ ルノー トゥインゴ
Twingo GTカルメンレッドです。 マーチ12SRとホットハッチ2台体制になりました ...

過去のブログ

2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.