• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

harimaoの愛車 [ケータハム スーパーセブン 1700BDR]

整備手帳

作業日:2009年5月2日

スーパーセブン > リバースランプスイッチ交換

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 修理・故障・メンテナンス
作業 DIY
難易度

初級

作業時間 30分以内
1
リバースランプスイッチ(以下SWと略す)の取替え作業を行いましたのでご報告いたします。

SWは、ミッション右側面に取り付けされています。
まずリード線を外しますが、リード線の先はいわゆる「ホック」なので、指で簡単に外すことができます。
リード線が外れたらSW本体にスパナ(19mm)を掛けて取り外します。
2
外したSWをテスタでチェックしたところ、端子部のホックとSW本体の間で導通があります(正常なら「導通なし」。プッシュスイッチを押し込んで「導通あり」となるべき)。
これにてSWの不良が確定。いきつけのショップにパーツを発注します。
3
写真上のパーツが今回取り寄せたSW(ボタンタイプは既に製造中止)。
プッシュボタンを押すと、2本の端子間が「導通あり(即ちON状態)」となります。
4
新品SWをミッションに取り付け。
SWの端子がセンタートンネルと干渉するので、結構難儀です。
5
いもむしクリップでSWの仮配線。元のリード線を片方の端子につなぎ、もう片方の端子はミッションケースにアースします。

これで点灯テストするも、「あれれ、点かない」

実はランプを外していたの忘れてました。(内心かなり焦った)
ランプ取り付けして、正常動作を確認。
6
本接続の作業に掛かります。SWの接続には一般的なギボシ端子(メス)を使用します。
なお、SW側のオス端子はギボシ端子よりひと回り大きいサイズなので、メス端子は事前にプライヤーで押し広げておきました。
また、端子は、そのままではセンタートンネルと干渉するので、約90度屈曲させました。
7
アース側のリード線をSWに接続。
ロングノーズプライヤーがあれば楽チン。
8
元のリード線もギボシ端子(メス)に付け替えて、同様に接続。
アース側のリード線はクワ形端子を取り付け、ミッションケースにボルト(M8×25mm)+ナイロンナットで固定。

以上で作業完了、この後正常点灯を確認しました。

イイね!0件




関連コンテンツ

関連整備ピックアップ

エンジンマウント交換

難易度:

TG craft製 国産オルタネーター取り付け

難易度:

スカットル取り外し手順

難易度:

『極鼻』前にオイル交換

難易度:

点火不良

難易度: ★★

ラジエター修理2回め

難易度: ★★

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「ガレージに篭ってます」
何シテル?   02/19 23:21
 ケータハム1700BDR-S(91年)に乗ってます。 4年半におよぶ単身赴任が終了しました。これから存分にイジリ(壊し)倒したいと思います。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

ケータハム スーパーセブン 1700BDR ケータハム スーパーセブン 1700BDR
購入時に赤から緑にリペイントしましたが,それ以外はほぼオリジナルのままです。
ヘルプ利用規約サイトマップ

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
© LY Corporation