• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

RANちゃんのブログ一覧

2021年04月13日 イイね!

素敵なんですが惜しい…DS9やっと発表

素敵なんですが惜しい…DS9やっと発表
一昨年のジュネーブショーで発表以来ずっと心待ちにしていたシトロエンDSのフラッグのDS9、やっとイギリス仕様が発表になったようです…という事は日本仕様の導入も間近でしょうか。


alt

大型セダンですが、クーペライクな流麗なスタイルですね。

alt

ウインカーがCピラーに内蔵されているところがDSらしくアヴァンギャルドです。

alt

室内はゴージャスな感じで居心地が良さそうです。リアシートも広々ですね。

alt

コクピット回りもフレンチテイストでお洒落です。


PHEVでWD(前輪駆動)モデルは、1基のモーターを搭載し、システム最高出力は225ps、4WDモデルは、前・後に1基、計2基のモーターを搭載し、システム最高出力は360psに達するのでそこそこパワフルですね。


しかし、発表当初は全幅が1850mmとされていたのですが、実際には全長4934mm×全幅1932mm×全高1460mmと、7シリーズやSクラスに匹敵するサイズです。非常に上質で箱替え候補に考えていましたが、幅の点で候補から外れてしまいました。


それはさておき、日本に上陸したら乗ってみたいですね。
Posted at 2021/04/13 12:24:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | くるま | 日記
2021年04月12日 イイね!

少し参考になりました…CG TVのアルピナ試乗

少し参考になりました…CG TVのアルピナ試乗
楽しみにしていたCG TV、途中でトカラ列島の地震のテロップなど入りましたが、結構参考になりました。



先代の社長のブルクハルト氏の最後の仕事のB7と、2代目社長のアンドレアス氏の最初の仕事であるB3の試乗でしたが、以前からのアルピナのファン?の松任谷さんにはB7の方が心に響く車だったようですね。


「このクラスになると素晴らしくスムーズなのは当たり前なのだが、他車とはベクトルが違う」という辺りを分かり易く説明してもらえば良かったのですが(爆)、CG誌でも以前から「えも言われぬ…」という表現が多用されていた事もあるので仕方ないでしょうか。


以前からの路線の延長線上のB7に対して2代目社長が若返りを図った?B3はやはりジェントル→スポーティーな方向に向いているのかもしれませんが、元々3シリーズはアルピナでは一番下のクラスで価格的にもお求めやすい?のでそうした乗り味でも
OKという事かもしれませんね。


もう少しでデビューするB8もアンドレアス氏のお仕事のようですが、8シリーズのグランクーペがベースでどれだけアルピナテイストが出て来るのでしょうか。あまりスポーティーな方向に振るとM8との違いが出にくいですね。


最近のニューモデルやLCIのアルピナはラグジュアリーモデルベースでは無くてMスポ顔になったり、ステアリングが太かったり、パドルが付いたり、と以前のオーナーには微妙に違和感を抱く部分もあるのですが、元々生産台数も少ないですしアルピナ独自の路線を走って欲しいですね。そうでないとMモデルとの差別化が出来なくなってしまうので立ち位置が難しい気がします。
Posted at 2021/04/12 17:08:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | 試乗インプレ | 日記
2021年04月06日 イイね!

どちらにするか悩ましいですね…新型GR86/BRZ発表

どちらにするか悩ましいですね…新型GR86/BRZ発表以前からスバルでは先行のティーザーなどで小出しにされてきた新型GR86/BRZですが、両車同時の正式発表でしたね。待ちに待っていた方も多いのではないでしょうか。見た目はバンパーの処理とエンブレム以外はほぼ同一のようです。



alt
気になるエンジンですが、ターボ化の噂もありましたが排気量拡大でした。ストロークはそのままでボアアップ、という(同じ水平対向エンジンの)ポルシェのようなやり方で235ps/250Nmにパワーアップさせました。大排気量化するとエンジンの回りはやや大人しくなるのが普通ですが、ストロークは現行エンジンを一緒なので軽快に回るのでしょうね。0-100Km/h加速も7.4秒から6.3秒に短縮しているので結構速い気がします。エンジンルームの眺めは両車全く一緒に見えます。


alt
車としての違いも、内装やホイールの色の差くらいしか無い感じです。GR86の方が微妙に若向きでスポーティ、BRZの方がややシック?でしょうか。それよりもスポーツカーとして一番大事な乗り味がトヨタとスバルでどのようなセッティングの違いになっているかが最大の興味、というか悩みでしょうか。サスペンションの部品そのものも両車共通でしょうから、それこそレーシングマシンのようにmm単位の違いでキャラクターを変えている気がします。こんな部分は実際に乗らなければ分からないでしょうし、試乗でもディーラーさんの回りをちょっと走ったくらいでは違いが見えなさそうです。こちらの記事では詳しく説明してありますが、意外と差があるのかもしれません。


実際に購入を検討されている方にとってはブランドの違いで選ぶか、ボディカラーか外観の好みで選ぶか、という感じかもしれませんが、スバルBRZが夏からの生産であるのに対して86は10月から?の生産開始という部分も大きいかもしれませんね。発売当初は当然大人気で半年分くらいの受注はすぐに埋まってしまいそうですから、S660のように「様子見をしていたら納車が来年になったぁ(涙)」なんて事もあるかもしれません。最近は発売前の事前予約というパターンも多いので、実車を見ずに発注しないと今年の納車は間に合わない?という状況に陥りそうです。まあ、新型もきっと良い車でしょうから信じてめくら判押しても問題ないと思いますが(爆)。

alt

ちなみに今度の86のタイヤはミシュランのPILOT SPORT4のようです。サイズは215/40-18ですが、

タイヤハイトが86mmですね(笑)。狙ったのでしょうか。


冗談はさておき、購入を検討されている方は今すぐディーラーさんに突撃した方が良いかもしれませんね。もう何ヶ月分か先行予約枠が埋まっていたりして。
Posted at 2021/04/06 12:12:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | くるま | 日記
2021年04月05日 イイね!

ちょっとは期待出来るかも…来週のCG TV

ちょっとは期待出来るかも…来週のCG TV
最近アルピナ関係の雑誌記事を読んでもあまり響くものが無いですが(爆)、今週末の CG TVはアルピナB3とB7の特集だそうです。今週の特集は以前の再放送バージョンでしたが、私の好きなB8 4.6とB12 5.7、その前のB7ターボと往年のファンには濃い内容でした。


MCの松任谷さんがアルピナ好きな感じなので辛口な評論は出てこないかもしれませんが、雑誌の2ページくらいの特集(その大半はアルピナと車両の紹介)とは違ってそれなりに濃い内容になるのでは、と思います。


新型コロナウイルス対策なのか、最近のCG TVは松任谷さんと田辺さんは同乗せずに1人ずつ運転しているので以前みんカラでも流行った?「カーグラごっこ」の対談にはならないようですが楽しみですね。


CG TVの良いところは普段はなかなか乗れないようなレアな車を特集する事もありますが、毎回同じコースを走るのでしっかり比較が出来る事でしょうか。


TVKで放映している「クルマでいこう!」でもアルピナB3は絶賛?されていましたが、CG TVではどんな評価になるか、今週末はチェックですね。
Posted at 2021/04/05 17:24:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | くるま | 日記
2021年03月31日 イイね!

気になる車は売り切れてしまいますね(爆)。

気になる車は売り切れてしまいますね(爆)。昨日記事にしたHONDAのS660の限定バージョン「S660 Modulo X Version Z」ですが2000台強の生産台数だったようですね。2020年の販売台数は2747台だったので、1年分に近い注文が来たことになりますね。もっと少ない台数かと思っていました。


限定バージョンの完売は28日で、その後30日に他のグレードも併せて予定の生産台数分が完売したという事ですが、4106台だそうです。当初は月間800台の生産予定だったようなのでここ数年は予定台数の4分の1程度の販売だった事になります。特別仕様車と標準グレード合わせてほぼ6000台でしたら、昨年の2倍以上、最大生産数の6割ならそこそこでしょうか。


個人的感想でもありますが、2シーターで荷物も積めない軽自動車が200万円以上ならば、本当に欲しい方以外に需要は無い訳ですしメーカーとしてもどんどん買って欲しいというほど肩入れしている訳でもないでしょう。それでも向こう1年の生産計画分が完売したので、ジリ貧で終了するよりは有終の美を飾れたと思います。


それにしても、こうした限定車は普段から情報をしっかり収集していないと後手に回ってしまう事が多いですね。「S660 Modulo X Version Z」も3月12日の発売ですが2週間で完売という事になります。こうした情報が雑誌に載るのは今月末発行の4月号になる事が多いでしょうから、記事を読んでディーラーさんにでかけても「申し訳ありませんが完売です」という返事になってしまいますね(涙)。


alt
限定車という訳ではないですが、この間試乗して結構感動した新型アルピナB3は日本とドイツで「パフォーマンスカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したせいか発注が増え、今頼んでも今年の生産分は完了しているそうです。元々の生産台数が少ない(100台くらい?)だけに様子見をしているとあっという間に売れてしまうのですね。

alt
以前シビックタイプRの無限RRというコンプリートカーを狙っていた事があったのですが、こちらは限定300台がネットの注文で10数分で完売してしまい涙を飲んだ事がありました。仕方が無いので?BMWの135iにしたのですが、その後しばらくして近くのディーラーさんにまさかの新車が展示してあって非常に悔しい思いをした事がありました。今回の「S660 Modulo X Version Z」に関してもディーラー発注の車が少なからずあるようなので、欲しい方は当たってみても良さそうです。


alt

こちらは買える金額の車では無いですが、ゴードン・マレーの超絶スーパーカーのT50は3億円という価格にも関わらず生産台数の100台は発表時にはほぼ完売でした。フェラーリなどの豪華限定車もそうですが、超富裕層の方にしかこういう情報は回ってこないのでしょうから、一般人が知る頃には(もちろん買えませんが)後の祭りですね。


昨今のコロナ禍では試乗もままならない事が多いですが、こうした限定車に関しては試乗はおろか実物を見ようと思っていたら完売になってしまう事も多いので、色々情報を集めて詳細が分かったら清水の舞台から飛び降りるつもりで注文しなければいけないのかもしれませんね。FIAT500なんかはちょこちょこ特別色の限定車を出しているので、しょっちゅうチェックが必要かもしれません(爆)。
Posted at 2021/03/31 17:09:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | くるま | 日記

プロフィール

「CAR GRAPHIC誌のアルピナD3Sの試乗記事、またまた全く参考になりませんでした(爆)。Web CGの記事もそうでしたが、ガソリン車よりもディーゼルを下に見ているのでしょうか。」
何シテル?   04/03 22:13
最近車を新調しました。小さくて速い車が好み でしたが、色々な事情で現在の車に乗り換え ました。速さ、楽しさ、便利さを両立させるのは なかなか難しいですが、...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/4 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

愛車一覧

BMWアルピナ D3 BMWアルピナ D3
満タンで長距離走れて、なおかつ「駆け抜ける喜び」がそこそこある車、という観点で乗り換えま ...
BMW 3シリーズカブリオレ BMW 3シリーズカブリオレ
初めて購入した外車で、もちろん中古の購入です。左ハンドルだったのでやや抵抗感はありました ...
ホンダ インサイト ホンダ インサイト
形式上はエコ車ですが、HONDAならではの「燃費アタッカー」でした。車重が820Kgと軽 ...
ホンダ オデッセイ ホンダ オデッセイ
135iの購入時に手放した車です。5年間で13万Km走りました。7人乗れて荷物も積めるの ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.