• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

きむ☆力ツのブログ一覧

2019年01月26日 イイね!

雪遊び♪

雪遊び♪あけまして、おめでとうございます。



って、もう新年になってから何日経っているんでしょうw
でも、1月だからまだ良いよねwww

ということで、今年もヨロシクです。



さて、新年最初の投稿は御岳スノーランドでの雪遊び。
御岳スノーランドは、長野県と岐阜県の県境付近の長野県木曽町にあり、
御岳ロープウェイ周辺の冬季閉鎖されている林道をコースとして開放してくれている施設です。



(御岳スノーランドのウェブサイトより)

全体はこんな感じでコースは数種類あるようですが、今回はBコースを走ります。
その他、御岳ロープウェイの駐車場でも簡易コースを作って、遊べるようにしてありました。




今回は、もちろん2008で行きましたよ。
チェイサーで行ったら、亀の子になる可能性大だったのでw



メインは林道コースだったので、早速このコースを走ろうとスタート地点に並んだところ、、、
ホイールスピンしてそもそもスタート地点まで行けず(滝汗)
スタート地点の登り勾配が急だったのもありますが、これは無理!と林道コースはあきらめ、
その後は広場で遊んでしましたw



林道コースは、その後一緒に来ていたGDBインプレッサの方の助手席で体験しましたが、
そこそこ勾配もあり、アイスバーンの上に新雪が乗っている状態で滑りやすく、
ああ、来なくて良かったと感じましたw
その方も、下りでは速度を出していないのに雪壁に突っ込んでいましたし(汗)
でも、雪壁もやわらかいので、ナンバー曲がったくらいでノーダメージ!


広場では、2008のグリップコントロールも試してみました。
グリップコントロールのモードのうち、ノーマルモードと雪上モードでは
サイドブレーキできっかけを作っても絶対滑りを許さない!
一方、砂の上モードと泥道モードは滑りを多少許容するような印象でした。




最終的には、全てカットで遊んでいたわけですがw



その後、もっと楽しもうと、用意していたチェーンを装着♪




滑らせて遊んでいたのですが、表面の雪が飛ばされアイスバーンになるに従って
スピンしまくることに(汗)
う〜ん、やっぱり4駆じゃないとダメかな…と思っていましたが、
ふと、、、あっ、FRの乗り方になってた(滝汗)

FRですと、リヤが滑ってからアクセルをチョンチョンと調整してコントロールしますが、
FF(4駆も?)だと、滑ったらアクセルをドーンと踏んで前に出さないとリヤの滑りが止まりません。
それを午後になって、やっと思い出しました。
駆動方式に応じて運転の仕方が適応できないなんて、これも老化か…


運転の仕方を思い出してからは楽しさも倍増♪
調子に乗って車載も撮ってしましたので、少しでも楽しさが伝わればと恥ずかしながらアップします。



最初のカーブでは横に滑って前に進まず、コースアウトしかけていますね(汗)
こんな感じで、30〜40km/hくらいでのスピードでも十分楽しめました♪


今回、初雪上アタック体験でしたが、低い速度でもクルマをコントロールする楽しみはありました。
低い速度ですから、コースアウトしても大したダメージを受けませんし、
雪の上で思いっきり振り回せて限界を知れば、雪上運転での安心感が違うと思います。
ま、そんなことより単純に楽しいのでw、ぜひ機会がありましたら体験してみてください♪



次は4駆が欲しいなぁ…w


Posted at 2019/01/26 23:41:12 | コメント(0) | モータースポーツ | 日記
2017年11月03日 イイね!

2008×オートテスト

2008×オートテスト今日はまさに秋晴れでしたね♪

ということで、行ってきましたよ。
イオンモール武蔵村山へ。

小さい子供がいると、イオンモールは重宝します。
ん?何やらJAFのイベントがやっているな!?
おっ、クルマが勢いよく走っているけど何だろう?
楽しそうなイベントだな!!



…というお客さんを取り込もうとしているのか、今日はイオンモール武蔵村山で開催された、
『オートテスト』という競技に参加してきました。
(前置きが長い。)



オートテストとは、低い速度で行われるパイロンジムカーナ的な競技とでも申しましょうか。
ヘルメットもグローブも必要ない、比較的敷居の低いモータースポーツです。
詳しくはこちら



さて、今日のコースはこんな感じ。


8の字を書いて車庫入れをして、スラロームをして360°ターンの後、ゴールというコースです。
今回、ワタシはオートテスト初参加でしたが、経験者クラスのAT部門にエントリーされました。



まずは1本目。
やはりスタート前は緊張します。

フラッグが振られてスタート!
とりあえずミスコースしないよう慎重に、でもアクセル全開で8の字に入っていきます。
その後、競技で初めてのバックギア。
いや、正確にはスピンしたとき以外初めて使うバックギアw

車庫入れのイン側のパイロンに当たりそうになりましたが、
コーナーセンサーがなってくれたおかげでパイロンタッチせず、一安心w

その後はスラローム、360°ターンをまとめてゴール!
タイムは47秒055.
この時点ではクラストップ!
だって、最初の走者だしwww
でも、1本目が終わったら、クラス9台中3位でした。



その後、イオンモールでお昼を食べた後、2本目に入っていきます。
2本目は動画でお楽しみくださいw


本名が叫ばれちゃってますがwww



そんな感じで、2本目は1本目よりタイムアップしたにもかかわらず、
パイロンタッチによる5秒ペナルティがあり、50秒156でした。
そのため、タイムの良かった1本目のタイムが採用されます。
その後、競技が続いていくと、1本目でミスコースした方がワタシより良いタイムをたたき出し、
ワタシは4位へ転落(泣)
そして、そのままクラス順位が確定しました。



最後に表彰式ですが、ワタシのクラスは3位までの表彰。。。
表彰台までは、あと一歩及びませんでした。。。



最初はお気軽なモータースポーツだと思っていたオートテストですが、
やはり走ると奥深さを感じました。
またチャンスがあったら、参加してみようと思います!
Posted at 2017/11/03 22:35:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | モータースポーツ | クルマ
2017年10月17日 イイね!

2008×サーキット

2008×サーキットどうも、ご無沙汰しています。


前回のブログが3月…。


もう半年前ですね。


ブログの女王の眞鍋かをりなら、500回くらいは更新しているんじゃないでしょうか。
あ、このネタがわからないナウなヤングの皆さまは、お父さんやお母さんに聞いてみましょうw



さて、家族団欒に役立つ情報を提供したところで、ここからが本題。
夏が過ぎて秋になり、過ごしやすい季節になりました。
そうなると、サーキット行きたい病が発病してしまい…っと、
ここまでは普段のワタシですが、ついにヤッてしまいました。





そう、プジョー2008でのサーキット走行www






さすがに2008で富士スピードウェイ等のスピードレンジの高いサーキットは走リたくなかったので、
今回は本庄サーキットへ。
本庄サーキットは全長1112mのミニサーキットで、基本的にストップ&ゴーのサーキットです。


こんな感じ。

ミニサーキットと言えども、スポーツカーとSUVでは速さが全く違い、
サーキット走行会では速いクルマのご迷惑になってしまいます。
そこで、今回はサーキットを使用したジムカーナ大会を行っていたPMC・Sさん主催の
『本庄サーキット トライアルR2』へエントリーしました。
ちなみに、PMC・Sさんは、ハコスカのレースカーに貼ってある、あのPMC・Sさんです(汗)

パドックの様子はこんな感じ。




1台だけ背の高い場違いなクルマがwww



今回は日産系のクラブだからか全般的にスカイラインが多かったですが、
他にはアルファロメオの方々も参加していました。



今回のイベントはJAF公認ジムカーナなので、競技ライセンスを所有している人クラスと
所有していない人用のクローズドクラスが用意されています。

また、競技ライセンスを所有していて、PMC・Sさんのクラブ員かそうでないかのクラスもあり、
ワタシは腐りかけの競技ライセンスを持っていますが、PMC・Sさんのクラブ員ではないので、
『BNクラス』というクラスにエントリーとなりました。

ちなみに、他のクラスは参加台数が多いので、2000ccを区切りとして、それ以下のクラス、
それ以上のクラスに分かれていました。
しかし!BNクラスは10台しかエントリー台数がいないので排気量無制限のクラスに…
これでは勝ち目が無いではないか!!!

とはいえ、ウチのは1200ccターボでJAFのターボ係数は1.7ですから、1200×1.7=2040で、
他のクラスでも2000cc以上のクラスにエントリーされてしまうので勝負にならない訳で(汗)
(つか、そもそも勝負しようとしてエントリーしていませんw)



今回の大会は、以下の流れで進んでいきます。

練習走行(45分)

競技走行(1回目)

競技走行(2回目)

時間が余ったら、走りたい人は走ってねw

今回の競技は1周のラップタイムで競われるので、その周にミスをしてしまったら、
その場でラップタイム的には終了となってしまいます。
そのため、その前の練習走行で、ベストなラインやセッティング(?)を見つけなければなりません。

そして実はワタシ、本庄サーキットを走るのは初めて。
何もデータの無いところからスタートしなければなりません。

…なーんて書いていますが、そこまで本気ではなく、2008の挙動を確認したいだけでしたので、
練習走行開始後もお昼に出されたカレーを食べつつ、皆さんの走りを見ている始末www
コース上が空き始めたスタート後15分くらいに、重い腰を上げてコースイン!
空気圧も街乗り状態のまま練習走行していきます。



最初、スタビリティコントロールをカットしてコースインしたのですが、
最初のコーナーで、メーター内にピカピカ点滅するインジケータが。

どうやら、ある一定速度以上(説明書を見たら50km/h)になってしまうと、
スタビリティコントロールは入ってしまうようですね。

あと、せっかくグリップコントロールがあるので、舗装路以外のモードも試してみましたが、
これと言った違いがわからず、結局、普通のモードで走っていましたw

また、ATもSモードを試してみましたが、Sモードでもアクセルを抜くとシフトアップしてしまうので、
これもマニュアルモードにすることに。
マニュアルモードでも6000rpmになると勝手にシフトアップしてくれるので、
加速時はこれに任せることにしました。

エンジンも、レッドゾーンまでキレイに回るドラマチックさはもちろん無く、
最近のダウンサイジングターボエンジンの特徴とも言える4000rpm以上回しても
回っているだけの印象でしたが、低速トルク重視なのでこれで良いんでしょう。
なんせエンジン・オブ・ザ・イヤー受賞ですしw

カーブへ進入する際のブレーキングでは、ハザードが高速点滅し最近のクルマであることを実感w

何周かするとクセもわかってきて、ステアリングに舵角があると
アクセルを全開してくれないっぽいので、カーブの手前で減速を終え、
なるべく直線的にカーブを抜けるラインにすると、比較的スムーズに走ってくれるようです。


練習走行でポルシェ911 GT3を従えて走るの図w



そんな感じで練習走行を終了。
いよいよ、競技走行に入っていきます。

競技走行1回目。
スタート後、速いクルマは計測開始ラインまでタイヤを暖めたり、
ブレーキのテストをしたりしています。

速いGT-Rやインプレッサ、ポルシェ911が44秒~45秒台をたたき出すのを見つつ、
自分の走行イメージを膨らませていきます。

そして、自分の順番になりコースイン!

とりあえず、タイム計測地点までは淡々と走り、最終コーナーをキレイに立ち上がって計測開始!
さっきの練習走行でつかんだコツ、つまりはスローイン・ファーストアウトという
基本に忠実な運転方法+出来るだけカーブを小回りするラインでコースを走り、
ミスったところはあれど、そこそこまとめてゴール!

タイムは54秒518でした。



そして、2本目。
1本目で、ちょっと突っ込み気味で立ち上がりが厳しくなってしまったカーブも、
意識して手前でブレーキングしましたが、ちょっと減速しすぎた感じ。
逆に最終コーナーは、1本目は立ち上がりで長い時間スタビリティコントロールが
効きまくりましたが、2本目はそれほどスタビリティコントロールが効かずにゴール!





しかし、2本目のタイムは54秒915で、1本目より悪くなってしまいました(汗)



最後に表彰式がありましたが…そりゃ、同じクラスにインプレッサやポルシェ911 GT3がいたら
10台中10位!
ダントツのビリですよ(泣)
でも、賞品はもらえたので満足ですw


賞品は台所用品が多かったので、これで家庭も円満ですwww



今回、2008で初めてのサーキット走行をしましたが、意外なほど良く走ってくれました。
ATであることとスタビリティコントロールが効いてしまうので、細かい操作は出来ませんが、
ブレーキやハンドルのコントロール性は良く、安心してサーキットを走ることが出来ました。
ここら辺はクルマの基礎体力があることの証明でしょうか。

また、タイヤも純正のオールシーズンタイヤ(!)で走りましたが、20~30周走っても
トレッドが剥がれることはなく、外から2本目のブロックが多少飛んでいる程度。



オールシーズンタイヤとしては、意外な程グリップもしてくれました。

個人的な好みは、もっとリヤが出てくれれば操作もしやすく面白いので、
リヤの空気圧を上げて走れば良かったですね。
それは次回以降の課題ってコトでw

タイヤも、86レース用のこんなのこんなのも16インチへインチダウンすれば履けますね♪
…いや、そこまでやると転けるってwww



ちなみに、参加者のご厚意で現行スカイライン・ハイブリッドと初代マツダスピード・アクセラも
運転させていただきましたが、スカイライン・ハイブリッドはスタビリティコントロールをOFFにすると、
ものスゴいじゃじゃ馬になりますね。
ウチのJZX100チェイサーより速いしパワースライドなんて簡単!
そこで、スペックを調べたら、364馬力って…そりゃ速いわけだ。

初代マツダスピード・アクセラも、264馬力のFFということでじゃじゃ馬を想像していましたが、
昔のEP82やEP91スターレットのようなどこかへ飛んでいきそうな危うさは無く、
ワタシの腕程度では限界までの性能を引き出せていないと思いますが、
安心して楽しくサーキットを走れました。



久々のサーキット走行はやっぱり楽しかった!





追伸:10/29にフレンチブルーミーティングへ参加するつもりなので、
ブロックが飛んだオールシーズンタイヤをご覧になりたい方は、ぜひお声がけくださいw
Posted at 2017/10/17 22:56:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | モータースポーツ | クルマ
2017年02月13日 イイね!

エコカーカップ2017参戦!

エコカーカップ2017参戦!2008も、やっと5000kmを超えて、
各部慣れてきましたかね?

慣れは良いのですが、後部左ドアのプレスラインの部分に、
ドアパンチらしき凹みを発見。
あー、ついに新車に傷が…と30秒くらい落ち込んだ、
きむ力ツですw
こんな時、エアバンプが欲しいw

まー、使ってりゃ仕方無いよねー。
塗装も剥がれていないし放置決定ですw



さてさて、2月11日に富士スピードウェイで開催された
エコカーカップに出場してきました。

『エコカーカップ』とは、富士スピードウェイが主催している速さと燃費との両立を目指すレース♪
予選順位と決勝順位と燃費をそれぞれポイント化して、そのポイントが最も少ないチームから
順位が決まります。

このエコカーカップですが、速く走れば良いというものではなく、予選は速く走った人から
順位が付けられますが、決勝は1周のラップタイムが規定タイム以上で走らないといけないので、
どこで加速するか、そしてコーナーでのボトムスピードをいかに上げるかという、
なかなか頭を使うレースになっています。

今回、ワタシが参加した『のぶまんモータースポーツ』では、昨年までトヨタ・アクアで
参戦していましたが、今年は新車のマツダ・デミオ ディーゼルを投入!



あ、こっちはEVの方だwww



しかも、レースは決勝が60分間と180分間の2種類がありますが、
両方のレースにエントリーしてしまうという、勝利への執念が感じられる体制で
両クラス総合優勝を目指します。


~エコカーカップ当日~

サーキットの朝は早い!
6時に富士スピードウェイ集合でしたが、何と東名高速が大井松田IC~裾野IC間で通行止め。
そのため、ワタシは中央高速経由で行きましたが、御殿場市内は積雪と言うよりも、
凍結していてガチガチの路面でした。
スタッドレスにしておいて良かったw

そして、何とかたどり着くも、もちろんコースも凍結状態。



そのため、朝イチで行われる予定だった180分レースの予選はキャンセルされ、
くじ引きによりグリッドが決定しました。
チーム代表が引いてきた番号は69番…



なんと最後尾!!

またの名を逆ポールポジション!!www


後ろに誰もいないスタートですので、追い上げるだけですw

今回、180分レースは3人のドライバーで挑みます。
ちなみに、このレースは助手席にコ・ドライバーも乗ることが義務づけられていますので、
ドライバーと助手席に1回ずつ乗ることになります。
180分レースでは5回のピットインが義務づけられていますので、
ドライバー&コ・ドライバー交代の3回に加え、2回のピットインをどこで使うかも悩ましいところです。

スタートドライバーは今回ワタシ。
69番グリッドですから、もちろんスタートシグナルなんて見えません。
ですから、スタートを回りの雰囲気で感じ取ってw、1コーナーへ飛び込んでいきます。
右前のベストカー誌のC-HRについて前に進んでいきますが、ここで全開にしたら、
後々の燃費に響いてきますから、燃費を気にしつつ、ヴィッツレースで混戦には慣れていますので、
前のクルマを次々抜いていきます。



そして、2週目からは規定タイムである1周3分15秒縛りで走りますが、
このペースのつかみ方が難しい。
なんせ練習走行もせず、デミオ・ディーゼルのMTに乗るのもこの日が初めてですので、
どのコーナーで何速を使えば良いのかもわからない手探り状態。

それでも、3周くらいで慣れてきて、あとはいかに3分15秒に近づけるかにかかりますが、
3分15秒を切ってしまうとペナルティですので、どうしても安全マージンをとって
3分20秒くらいでラップしていきます。
ストレートで調整すれば3分15秒に揃えられるかもしれませんが、
それで燃費が悪くなってしまったら本末転倒ですからね。



コースを走って慣れてくると、アクアとデミオでは燃費を稼ぐ区間が違ってきますね、
アクアですと、いかにエンジンを稼働させないかがキモになってきますが、
デミオ・ディーゼルですと、効率の良い回転数を使っていかなきゃいけない。
そのためには瞬間燃費計とにらめっこして走ります。



しかし、サーキットを走っていると、アクアと比べてデミオの走行性能の高さを実感します。
特にAコーナー進入~100Rの安心感は別物です。
60分走行しても、まだ走っていたいと思いましたが、ピットインしてドライバー交代。
ここでワタシは降りて休憩です。

休憩時間には、小山町や御殿場市、裾野市からのおもてなしがあり、
みくりやそばや磯辺餅等々が振る舞われていました。
みくりやそば、美味しかったな…。

さて、そんなこんなで、今度はワタシがコ・ドライバーとして乗る順番がやってきました。
ピットインしてきて、コ・ドライバーが運転席へ移動し、ワタシが助手席に乗ります。
オーナーがドライバーですので、効率よい回転数を使って運転しています。
なるほどな…という気づきもあり、これは次回に生かします。


208も参加していました。

そして、180分のレースがゴール!
レース順位は44位/69台でした。

実は、ここからが本当のレースだったりします。
というのも、ゴールラインを超えてから係員が燃費計で燃費を確認するまで、
せっかく稼いだ燃費を悪くするわけにはいかないからです。

プリウスやアクアでしたら、EVモードを使って燃費を向上させることも出来るんですが、
ディーゼル車のデミオにはある訳も無く…。
シビアなアクセルワークで、ゆっくりゆっくり走って係員の元まで行きます。

車載燃費計での数値は、22.1km/l。
この燃費と決勝レースの結果で、総合順位が決まります。

180分レースの次は、60分レースが開催されます。



こちらも3名でドライバーエントリーしており、3回のピットインを消化する必要があります。
60分レースはクジ引きの結果、14番グリッドです。
180分レースも、これくらい前だったら…(泣)

レッドシグナル消灯でスタート!…ですが、勢いよく加速してもラップタイム上限がありますし、
燃費も悪くなるので、みなさんゆっくりゆっくり加速していきます。
60分レースは規定タイムが1周4分45秒以上ですので、富士の長いストレートでは、
まるで止まっているように感じますw

60分レースなので、あっという間にピットインしてドライバー交代し、
そして、あっという間にゴール!
こちらは、16位でした。


そして表彰式。
表彰は大きくガソリンクラス、ディーゼルクラス、ハイブリッドクラスに分かれており、
それぞれのクラスでも排気量によって細かく分かれています。
デミオはD-1クラスです。

次々にガソリンクラスの優勝者が発表され、ガソリンクラス総合優勝はVWアップ!
そして、続いてディーゼルクラス。
まずD-1クラスの発表!

D-1クラス優勝は…のぶまんモータースポーツ!!

決勝順位44位、燃費は総合1位でトータルポイント45.0ptでした。 
前回、総合優勝のDO-ENGINEERINGのデミオを破って、デビューウィンです!!
しかも、ディーゼルクラス総合優勝のおまけ付き♪



これは180分クラス総合優勝も狙えるんじゃね?


ガソリンクラス、ディーゼルクラス、ハイブリッドクラスを総合した
180分レースの総合優勝は…ハイブリッドクラスのホンダ・初代インサイト!
残念ながら、NMSちばちゃんデミオは総合6位でした。

60分レースの方もディーゼルクラスは制しましたが、
60分レースの総合優勝は、トヨタ・アクア!
なんと44.0km/lという驚異的な燃費での優勝です。
ちなみに、こちらは総合7位でした。


今回、チーム代表は180分レースと60分レースの両方とも制して勝ち逃げし、
あとは婚活に専念する予定だったみたいですがw、総合優勝は逃してしまったので、
7月の第2戦も参戦する気持ちになったようですw
次回は、7月1日(土)ですので、応援よろしくお願いします。

しかし、180分クラスはデミオ・ディーゼルの速さと燃費のバランスがちょうど良い案配ですが、
60分クラスは車速が遅いため、ハイブリッドの方が有利な気がします。
これを両方制するのは、かなり難しい課題ですね。
やっぱり、練習する必要があるんじゃなかろうか…
Posted at 2017/02/13 22:05:57 | コメント(1) | トラックバック(0) | モータースポーツ | クルマ
2016年12月30日 イイね!

今年の走り納めw

今年の走り納めw2016年も終わろうとしていますが、
年の瀬、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今年はクルマがプジョー2008になり、
ウィンカーとワイパーを間違える1年でしたw

来年は間違えないよう気を付けマス。。。


さて、せっかく年末年始でまとまったお休みがありますので、どこかへ行かないのも勿体ない。
という訳で出掛けてきました。


サーキットへwww


結局サーキットかい!ってことなんですが、いつもと違うのはサーキットの跡地だということ。
日本初の常設サーキットである、多摩川スピードウェイの跡地へ行ってきました。
ま、家の近所なんですがwww

場所は神奈川県川崎市中原区の多摩川河川敷。
東急東横線の鉄橋や丸子橋のすぐ上流側です。




撮り鉄も出来ますw




今では野球のグランドになっていますが、なんとなくコースっぽい面影が!?




土手がグランドスタンドだったようです。



当時はこんな様子だったようです。



有志の方々が、石碑を設置されていました。



そして、日本初のサーキットで息子もサーキットデビューしてきましたw



これで、今年の走り納めも終了!w
Posted at 2016/12/30 16:39:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | モータースポーツ | クルマ

プロフィール

「[パーツ] #2008 ガラコワイパー パワー撥水輸入車用 http://minkara.carview.co.jp/userid/592812/car/2288476/8100736/parts.aspx
何シテル?   11/23 21:50
クルマ大好きなオッサンですw 2001~2005年、2009~2011年にネッツカップ・ヴィッツレースに参加していました。 2012年はドリフト練習の予...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/9 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

ホンダアクセス ハイマウントストップランプ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/02 20:24:46

愛車一覧

トヨタ チェイサー トヨタ チェイサー
ひょんな事で話がトントン拍子に進んで手に入れたJZX100チェイサー。 新車で学生時代 ...
プジョー 2008 プジョー 2008
ファミリーカーを選んでいたところ、スーパーマーケットで(嫁が)一目惚れして決定w コンパ ...
ホンダ ライフ ホンダ ライフ
環境が変わってAT車が必要となったため、スバルXVやマツダCX-3の購入を考えていました ...
トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
2台目のヴィッツを諸事情により惜渡した後、カルディナ1台の生活になっていましたが、 カル ...

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.