• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ぢたのブログ一覧

2018年10月31日 イイね!

JAFカップジムカーナ

JAFカップジムカーナ決勝コースにフリーターンがある時点で、とにかくギリギリのミラクルターン狙いと決めていたわけですが、
朝の慣熟歩行では、ミラクル左を狙うか?安牌右にするか?二択を決めきれずに、1本目の走行。
慣熟歩行終了間際に降りだした雨により、ウェット走行となりましたが、

前半区間そこそこグリップするし、
最初のターンがフリーターン、
ハンドル切るのが下手な自分、
の条件により、安牌右に急遽変更。

平凡なタイムながら、
6人の選手がタイムを残せなかった為、
暫定7位。

このままでは、13位なので、
1本目のビデオを観ながら、改善ポイントを探ります。
前半区間で、何ヵ所かヌルい箇所を、改善するイメージを作り、
フリーターンはミラクル右を狙います。

雨も上がり、一発勝負となった2本目、
前半、奥から手前の島に向かうブレーキングで挙動を乱して失速、2速の予定が1速に落としてリカバリーします。
外周の最高速の出るあたりで減速し過ぎて、かなりロス。
ここはリスクがあるので、ダブル前走の義務として、後走のオーナーさんにナイスパスを渡す為にも、抑え気味狙いですが、落とし過ぎ。
そしてスラロームのブレーキングも落とし過ぎ。
ここは、フリーターンに集中する為ですが、それにしても...

そしてフリーターン、
ミラクル右に向けて、姿勢を作るも、やや早めにリアが滑り出す。
一旦スライドを止めたら、奥で大回りするしかなくなるし、
スライドに合わせてサイド、アクセルターンで飛距離を稼ぎ、何とか判定ラインに運ぼうとしましたが、
右フロントタイヤが判定ライン上くらいのターンに...

そのまま残りのセクションを走行するも、270°ターンは、フリーターン不通過を確信したのか、ミス。

あくちゅアナが、フリーターン不通過の説明をしていたので、不通過の選手が初なのかな?と思いつつ、2本目の動画を確認したら、
何と不通過は、ふぢた1人のみ。
ある意味、日本一フリーターンの下手な選手の称号ゲットですかね?(笑)
Posted at 2018/10/31 15:09:46 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年09月11日 イイね!

Z3といふタイヤ

スポーツラジアルタイヤにおいて、長らく安定の人気を誇っているのが、トーヨーR1Rですね。
デビューしてから、かなり経ち、価格も手頃ですが、
低温・ウェットでは、まだまだ最高のパフォーマンスを発揮します。

しかし最近、特に夏場では、素晴らしいパフォーマンスを発揮しているのが、ダンロップZ3です。

ただ、R1RとZ3は、特性にかなりの違いがあるので、それを理解して使わないと、本来の性能とは違った評価になって、色々もったいない状態になる可能性もあります。

R1Rは、タイヤの断面が四角い?トレッド面が平らな形をしています。
タイヤ幅=トレッド幅な形ですね。
タイヤの溝も深くて、ブロックが細かく別れています。
タイヤの色も黒く、ウェットや低温でのグリップを発揮しやすいタイヤです。

対するZ3は、ラウンドプロファイルと言うのでせうか?トレッド面が丸く、
タイヤ幅よりも、トレッド幅は少なく見えます。
最近のタイヤは、こんな形が流行りですかね?
タイヤの溝も、ブロックを大きく取ったデザインで、
ドライグリップが高そうなタイヤです。


で、実際にスポーツ走行をする時に、重要なのが空気圧の管理です。
R1Rは、低速コーナーでのトラクションを生かす為に、1.6~2.2くらいが目安になると思います。
対するZ3の場合、キャンバー効果と縦グリップのバランスの為に、2.8~3.5くらいになると思います。

※数値は参考例です。
「高め」とか「低め」とか書いても、読む人がイメージする数値とは、誤差が出ると思うので、
敢えて具体的な数値を書いていますが、
実際には、この数値あたりを基準に、車種・車重・駆動方式・アライメントなどに応じて、臨機応変に調整しています。

そもそも、空気圧の判断は、どのやうに決定していますか?
運転席のドアを開けた所に書いてある、メーカー基準値に合わせている?
メーカー基準値は、メーカーの都合で設定された数値です。
メーカーの都合と書いちゃいましたが、
フル積載・フル乗車でも安全に走れる数値。
最近は、燃費の為に、かなり高い数値が書かれている車種もあります。
基本1名乗車で、荷物を降ろして走るスポーツ走行では、また違った基準が必要かもしれません。
燃費よりも、タイムやグリップ、コントロール性等が、基準になりそうです。

現場では、走行直後のタイヤ表面温度を、内側・真ん中・外側の3箇所・4本点検し、
真ん中が高ければ、空気圧高過ぎ。低めに調整します。
内外が高ければ、空気圧低すぎ。高めに調整します。
内側が高ければ、キャンバーをポジティブ方向に調整。
外側が高ければ、キャンバーをネガティブ方向に調整します。

これは、タイヤの磨耗でも、同じやうな判断が出来ます。
中央が減るなら、空気圧下げる。
内外が減るなら、空気圧上げる。
内側が減るなら、キャンバーをポジティブに。
外側が減るなら、キャンバーをネガティブに。

当然、タイヤの温度プラス、運転したフィーリングとタイム、車の動きを加味して、空気圧やその他を調整していくわけです。


※たまたま最近、立て続けに、Z3の空気圧の話をさせていただいた時に、
多くの人が、2.0~2.4くらいで走っているので、
とりあえず3.0~3.5入れて走ってもらったところ、
半信半疑どころか1信9疑(笑)でスタートするも、
1コーナーで好感触→2コーナーから車の動きが見違える→ゴール後「めっちゃイイっす!」
の流れに安定するので(笑っちゃうくらい)
ダンロップ(グッドイヤー等を含む)のラジアルタイヤは、このあたりの空気圧が使えるといふ情報を、参考にしていただけたらと思います。
Posted at 2018/09/11 13:37:06 | コメント(1) | トラックバック(0)
2018年09月10日 イイね!

プレイズといふタイヤ

モータースポーツユーザーは、ハイグリップタイヤ以外あまり興味がないかもしれないですが、
プレイズって、街乗りでサイコーの性能を発揮する、不思議なタイヤなのです。
本番で使えなくなったスポーツタイヤを、街乗りに使っている人は、
一度、街乗り専用タイヤとして、プレイズ使ってみるのもオススメです。
往復の運転が楽になって、本番のパフォーマンスが上がるかも?

出た当初から、ホント不思議なタイヤで、最初は理解できなかったのですが、
一度、高速道路を走ったら、疲れ方が全然違うのを体験し、
それから、ぢたの街乗りフロントタイヤは、ずっとプレイズです♪

※たまたま行きの高速を、スポーツラジアルで走って、
そのままジムカーナ。
帰りは、プレイズに履き替えて、高速を走ったら、
疲れている筈なのに、かなり楽チンだったのです!
※ぢたの場合、街乗りのフロントタイヤは常にプレイズ、リアタイヤは減りが早いのでテキトーなタイヤです。

https://tire.bridgestone.co.jp/playz/concept/

やはり「楽ドラ」ってコンセプトは、伝わりにくいので補足。

高速道路の轍などで、ハンドルを取られたりする事は、多くの人が経験されていると思いますが、
プレイズは、ハンドルが取られにくくなるのです。
イメージとしては、ラウンドトレッドの方が、ハンドル取られにくいと思うので、その延長線上で、
更に、サイドウォール剛性を、
IN側高めて、安定性や内減り対策
OUT側で、乗り心地やワンダリング性能をバランスさせているのでせうか?

普段の運転では無意識に、ハンドル取られないやうに、力が入ってしまうところを、
ハンドル取られにくいプレイズは、ムダな力を軽減させてくれるので、
結果、疲れにくく、運転が楽になるわけです。
やはり高速道路で実感しやすいけど、街乗りでも効果は出ているのかな~

街乗りだと、乗り味が硬く感ぢる人もいるかもしれないですが、
そんな人には、レグノもプレイズの楽ドラ技術を取り入れているので、乗り心地と静かさ+楽ドラは高級車にもお薦めです。
また、乗用車に敢えてミニバン用タイヤを履かせるのも、ライフ面ではアリだと思います(乗り味が硬くなるので、トレードオフですが)
Posted at 2018/09/10 13:05:50 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年07月26日 イイね!

セッティングとドライビング

某所でタイムリーなネタといふ事で、セッティングとドライビングの考え方について、最近考えている事を...

きっかけは、6月の地区戦イオックスアローザ。
土曜日の練習走行にて、
1本目は、二人ともスタンダードな減衰で走り、
2本目は、ふぢたが1本目から締める方向、オーナーさんが1本目から緩める方向、で走りました。
後で動画を観ると、
それぞれが、やりたかった結果といふよりは、
相手の結果には、なりたくないからの、セッティングの方向性、と感ぢるものでした。

翌日の決勝は、結局中間くらいの減衰で走ったわけですが、
地区戦第6戦で優勝したオーナーさんのセッティングが、やはり6月土曜日2本目に近いものだと考えると、
人それぞれのスタイルって大切だと思います。

で、それぞれ何を考えているのか?

減衰強め派は、とにかくアクセル踏みたい!
立ち上がりで、少しでもアクセル踏む為に、どっしりとした動きを出したい。
その為に、進入が難しくなるのは、腕で何とかする!
って感ぢだと思います。

減衰弱め派は、進入で思い通りに向きを変えたい!
進入が決まれば、自ずと立ち上がりは上手くいく。
ただし、一発で決めないと、リカバリーが難しいので、
失敗はロスが大きくなるリスクはある。
って感ぢですかね?

もちろん、コースに合わせて、
回り込むコーナーが多ければ、減衰強めで、奥のコントロール性を重視。
狭いスラローム等、切り返し重視なら、減衰弱め。
と対応するわけです。

話は変わって、女性ドライバーさんに質問です。

こういった外録りビデオを観て、他人との違いを、客観的にイメージする事は、
男性には、当たり前な事ですが、

女性は、俯瞰の視点がイメージしづらい。
例えば、地図が読めないとか云われるやうな事は、実際に思うのでせうか?

その場合、例えば、
外録りではなく、車載ビデオだったらイメージしやすいのか?
そもそも、感情的な補正が入って、他人と自分を同じ俯瞰で見れないのでせうか?

普段から、男性脳・女性脳を別モノと考えて、説明の仕方を変えたら、伝わりやすくなるなら、工夫したいのです。
Posted at 2018/07/26 21:07:05 | コメント(2) | トラックバック(0)
2018年06月19日 イイね!

モータースポーツ満載

 先週末は、あちこちでモータースポーツイベントが開催されていましたね♪
ルマンや門前は、ふぢたが語るものでもないと思うので置いといて…

 北海道では全日本ジムカーナ。
スナガワとしてはオーソドックスはコース設定だったみたいで、各クラス順当な順位だったり、一部違ったり?(笑)
毎年、梅雨の無い北海道で開催するのに、何故か降水確率高いイメージだったのが、今回はその心配がないのがトピックス(笑)

 対する中部地区戦は、鈴鹿南コースを使ったパイロンコース?
意外なイヤらしい配置で、走りたかったなぁ~
(あ、ismr選手、今期初優勝おめでとうございます♪)

 そして富士では、ワンメイク祭り。
たまたま空き時間にネット動画で、プロクラス決勝を少しライブ観戦できたのですが、
これ、面白そうです!
プロクラスは、日本トップクラスのドライバーが、ワンメイクのマシンでレースするから、スタートからゴールまでずっとバトルが続きます!
ジェントルマンクラスは、その同じマシンでレース?
って事は、間違いなく上達しまくりですよね?
 上のカテゴリーのレースって、車対車なイメージでしたが、
これなら、車好きだけでなく、スポーツ観戦として面白く観れると思いました。
タイミングの合う機会に観てみたいと思います。

 土曜日は奥伊吹でバトルジムカーナ?も開催されていたみたいで、
以前から、全日本ジムカーナのギャラリーを呼ぶには、ツイントライアル形式で行うのが一番と思っているので、気になるイベントです。
 全日本ジムカーナを、土曜日に普通のジムカーナ方式の予選とし、
各クラス、ベスト8とかを日曜日、ツイントライアルで決勝とすれば、素人が観ても楽しめるイベントになるのでは?
D1が、単走予選、追走トーナメントで行っているのと似たイメージで、日曜日はWRCのスーパーSSのやうなツイントライアル形式にするのです。
もちろん土曜日に予選落ちして、日曜日の決勝を走れない選手も出てきてしまいますが、
例えば日曜日に、予選落ち選手で、同乗走行や解説などのファンサービスをするなど、色々楽しめる方法はあると思います。
 むしろ、予選落ちするくらいならと、地区戦からJAFカップに焦点を定める選手とに分かれたら、各地区戦が活性化されるかもしれません。

 何だか話が脱線して長くなってきたので、続きは後半で(笑)
Posted at 2018/06/19 21:54:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「週末は http://cvw.jp/b/605515/39777534/
何シテル?   05/15 19:19
暇人(笑)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

シビックタイプR 超辛口評価3 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/23 05:18:20

お友達

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

日産 シルビア 日産 シルビア
30万km越えてますが、まだまだ乗ります(笑)
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.