• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

いなば@DC5のブログ一覧

2018年08月07日 イイね!

「ひゅうが」に会いに新潟突撃記、ひゅうが乗艦編

前回の続き、二日目は「ひゅうが」乗艦のため新潟港東へ移動します。



宿からの距離は30kmとやや遠めだったものの

実際のところは1時間くらいで到着、東京とは違うなぁ・・・



というわけで車をすぐ近くの駐車場に置き、開場待機列へ。

炎天下の中約2時間近く並ぶという地獄です。

待ってる間も続々と増える人、結構ブームだったり?



というわけで、

ひゅうが型護衛艦 一番艦 DDH-181「ひゅうが」です。

姉妹艦は二番艦のDDH-182「いせ」。

その次のいずも型の DDH-183「いずも」同じくDDH-184「かが」まで

計4隻配備されている我が国のヘリコプター空母のファーストです。



「いずも」配備前は横須賀に、

配備後は舞鶴に配備され日夜奮闘しています。

一度舞鶴に行ったときは海外遠征に出かけてて会えなかったので

実に横須賀にいた時以来の再会です、ひさしぶり!



後のいずも型との大きな違いは武装面ですかね。

この艦には魚雷や後述のVLS等ある程度の火力は備わっているものの、

元々単艦でドンパチやるには無理のあるサイズなので僚艦と艦隊を組むのが前提、

それならそもそも武装する必要はないんじゃないかとなり、



いずも型ではいくつかの武装がオミットされ、より空母らしくなっています。

そこに至るまでの試行錯誤感なんかが感じられますね。



んでは乗艦します。



側面入り口から格納庫内に入りました、

いずもほどではないとはいえやはり広いですね。

床面にある丸い部分は、艦載機固定用のワイヤーフックの引っ掛けどころです。

こういうイベントごとのたびにいちいち全部蓋をするそうです、すげぇ。



そして艦尾側の艦載機用エレベーターに乗ります。

早くから並んだ甲斐あって第一便です!





エレベーターが上昇して上部甲板へ。

第一便だから人が少ない!サイコー!





艦尾には前述のVLS、Vertical Launching System、略してVLS。

早い話が垂直発射システムです。

これに艦対空ミサイルを装填したり、

対潜ミサイルことアスロックを積んだり色々な用途に使えます。

後継のいずも型ではオミットされてますが・・・



旭日旗とキャラクターのパネル

ゲーム「艦隊これくしょん -艦これ-」から、

この「ひゅうが」の名前の元になった帝国海軍時代の戦艦

「日向」を擬人化したキャラクターこと「艦娘」、「日向」ですね。

「ひゅうが」がゲシュタルト崩壊しそう・・

よく見ると甲板に「ひゅうが」の艦番号が書いてあったり

エンブレムも追加されてたりヘリコプターが周りを飛んでたり、

ところどころ「ひゅうが」っぽく見せてますね。









DDHの一般公開の際はおなじみの艦載機、「SH-60K」です。

語るよりパネルの説明見たほうが早いですね。

あちこちのメカディテールやコーションマークがたまんない!











こちらは航空自衛隊の「UH-60J」カラーリングが渋いですね。

ドアが開いてたのでコクピットが少し見えました。

計器だらけスイッチだらけでカッチョイイですね。



こちらははたらくくるま、クレーン車や奥にフォークリフトもいますね。

使わないときはエレベーターで下におろし、

格納庫からエレベーター挟んだ向こう側のスペースに置いてあります。





レーダーと給油設備。





CIWS、シーウスとかシーウィズとか、自分はシーウスって言ってます。

近接防御火器システム、接近戦用のバルカン砲ってかんじ。

アメリカ製です。ファランクスって言ったほうがいいのかな。

艦首と艦尾に一基ずつ装備、これはいずも型も同様です。



はたらくくるまその2。

こちらはいわば甲板上の消防車と言ったところです。



お帰りは艦首側のエレベーターで下降です。

ひゅうがは前後ともインボード式エレベーターだから

こういうイベントの時二基ともエレベーター使えるから便利ですね。

いずも型は後部がデッキサイド式だから安全上一般人を乗せられなくて

行きも帰りも前部エレベーターだから混むと詰まるんですよ。



こちらはそのエレベーターの操作パネル。

これだけでもスイッチや警告ランプがたくさんついてます。



いずも型は隠れちゃってるけど

ひゅうが型はエレベーターの可動機構がむき出しなのでメカの動きがよく見えます。

油圧シリンダーとワイヤーの関係がわかりますね。



あれは上昇しきったエレベーターを止めるためのロック部分。

一旦少し行き過ぎ目に上がって、ロック部が伸びてからそれに乗っかるような動きです。

生で見るとかっこいいですよ、こういうのの動くところ。



大満足したところで外に出ましょう。



駐車場待ちの列がなんだかすごいことに、

ほとんどが新潟ナンバー、みんなほんとは護衛艦好きなんじゃないの~?




以上

ここまで語れば多くは不要ですよね。

新潟旅行も含めて最高の二日間でした。


これでいずも型に乗る時、

ひゅうが型との違いとか、また違った視点で見ることが出来ますね。
Posted at 2018/08/07 20:46:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 突撃記 | 日記
2018年07月29日 イイね!

「ひゅうが」に会いに新潟突撃記、道中~宿編

3ヶ月ぶりですね、みなさまお久しぶりです。

さて

少し前の三連休に、

新潟港でDDH-181「ひゅうが」の一般公開があるという話を聞きまして。



いずも配備前、横須賀にいた時を知っている結構思い出深い艦。

そういえば舞鶴に移ってからは結局一度も会えずじまいだったので

久々の新潟旅行と組み合わせて、突撃してきました。

ちなみに今週末8/4は同日の横須賀サマーフェスタをスルーして

DDH-183「いずも」に乗りに清水港に行ってきます。

こっちも浜名湖に宿とってあるので楽しみです。




「ひゅうが」は土日月とも乗艦できるのと、

今回同行する相棒が朝が苦手なヤツなので、

土曜は移動と適度な観光ということで、弥彦山に行ってみます。



神社は以前行ったのと今回時間が足りないので、

途中の鳥居で記念撮影。



そして山の上、





こっちの神社には行きます。





この日は天気もよかったので景色が良いですね。





展望アトラクションなんかに乗ってぐるぐる回ったりも。

一階と二階があって、通常二階、言えば一階も開放してくれます。

その一階に乗ったらガラガラ、サイコーです。





宿に向かう途中、海沿いで一休み。

日本海は綺麗ですね、遠くにはうっすら佐渡島も見えます。







夕飯にいくら丼を食べ一通り新潟感を満喫し宿に向かいました。

そして宿は今回客室の階数が全室高めの場所にしたので夜景がすごい!

眼の前の信濃川がよく見えます。お値段そこそこだけど泊まってよかった。









3年前の、思い出をたどる。


以上、

翌日はいよいよ「ひゅうが」です。
Posted at 2018/07/29 20:38:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 突撃記 | 日記
2018年04月26日 イイね!

その他、あいほん用ケースを買い換える 、その2

iPhone用のケースにはちょっとうるさいわたくし(7ヶ月ぶり2回目)

この度またケースを替えました。



アルマニアのEDGE LINEなんてそこそこのお値段のケースを使ってるのに何故というと、

電波干渉が酷いです・・・

オールアルミケースだしある程度は仕方ないとは思ってたけど、

特にGPS関係に無視できないレベルの障害が発生しちゃって、

ハイドラや最近復帰したイングレスで自分の位置を補足できないほど。

TPUケースやTPU+アルミなんかのケース



に替えたら露骨なくらい改善したので

この度泣く泣くメインのケースを替えることにしました、もったいねー!





というわけで、

Deff 製 「CLEAVE Hybrid Bumper」

オールアルミが駄目ならこれならどうだ!

アルミ+カーボン!!!車好きならみんな大好きカーーーボーーーン!!!

値段?聞かないでくださいヨ(笑)



装着!



バンパータイプなのでがら空きの背面は、

アルマニアの時に使っていた背面パネルを加工。

具体的にはEDGE LINE用のレールガイドを切り飛ばし、

厚みを削って合わせた後に、0.2mmの車用両面テープで貼り付けてます。

前面ガラスフィルムもちょっと質感を変えて、これで全面保護状態です。

イヤホンジャック用ストラップホールもアルマニア製なので、

Deff製とアルマニア製が入り混じったミックス構造になっちゃいました。


換装して数日になりますが今のところ目立った電波障害は感じられず、

まだ様子見感はありますが、とりあえずは問題はないと判断してもよさそうなかんじです。


以上、

さて、どうなることやら?
Posted at 2018/04/26 23:33:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2018年04月22日 イイね!

サーキットの狼ミュージアム突撃記

皆さんにとってのベストな車漫画はなんでしょう。

「頭文字D」「湾岸ミッドナイト」「オーバーレブ」「彼女のカレラ」「カウンタック」

自分はどちらかと言うと「よろしくメカドック」です。

でもここ最近Kindleで「サーキットの狼」の愛蔵版を読み始めまして、

これが結構自分の中で大ブレイク。

ランチア・ストラトスは宇宙一の車だと言い張るように元々古いスーパーカーは大好きなので、

この度それらの車に会いに、茨城にある「サーキットの狼ミュージアム」に突撃してきました。



今回は首都高ルートは避けて外環・常磐・圏央を経由してみます。

利根川のあたりで一般道に降りて、

田舎の風景や、都会より美味しい空気を味わいながら走ります。



のんびり走れるのは良いけど田舎はGSが少ないのが玉にキズ、

イッツァピーンチ!(なんとかなりました)



早起きしすぎたせいで開館1時間前には到着してしまったけど、

車が何台かいたのでとりあえず行ってみようと思い行ってみると、なんと入ってもいいとのこと。

ご厚意に甘えさせていただき、入館です。





中には往年のスーパーカー等がギッシリと並んでます。

これらがズラリ勢揃いな姿を見るだけで感動モノですね。



またパネルには当館の歴史や、来館した団体御一行様の写真なんかが飾られてます。



おや、この御一行様は以前安針台でお会いした方々かな?

さて、

それでは展示車両を一気にいってみます。



主人公、風吹裕矢の愛車、ロータス・ヨーロッパ。

漫画の中でよく打ってたスタビライザーは改良済みのようです。



フェラーリ・ディノ、

公道レースで壮絶な死を遂げた沖田の愛車ですね。

後に裕矢に受け継がれ、後述のRSへと改良されます。



裕矢のライバル、早瀬佐近の愛車。ポルシェ カレラRS2.7。

割と早くにターボに乗り換えて以降レースモデルに乗ってるのが多かったので

このカレラは結構影が薄いイメージです。



ランボルギーニ カウンタックLP400S

ハマの黒ヒョウが何度もカウンタックで勝負を挑んできたり、

512BBと組んだ悪者ぼっちゃんが乗ってたりしましたね。



裕矢の姉の彼氏、ミノルにーちゃんの愛車、ランボルギーニ ミウラP400S。

登場初期はバカッ速だったけどいざレースとなると色々と問題が多かったですね。



フェラーリ 512BBi。

前述のカウンタックとコンビの悪者ぼっちゃんのイメージが強いです。



フェラーリ 308GTB。

自分の親父は「貴婦人」と比喩していました、美しいですね。

劇中ではドライバーの「フェラーリの女豹」と共に壮絶な最期を遂げた悲劇のマシンです。



トヨタ2000GT。

言わずもがなですね、日本が誇る名車です。

ただ劇中では極悪人ピーターソンの駆る愛車としてなんとも微妙なイメージです・・



ロータス・107C。

主人公が最終的にF1に移行するということか

フォーミュラマシンも展示です。




ランチア・ストラトス。

この車への愛を語り始めたら数行じゃ済みませんよ。

劇中では主人公の第三の愛車、後にシルエットフォーミュラたるストラトスターボへと改造されています。



フェラーリ・ディーノレーシングスペシャル。

前述のディーノをレース仕様に改造した、という設定の「架空の車」です。

なんとパイプフレームからワンオフ製造されているようです、すげぇ!


さて、このへんから加速して紹介します。



メルセデス・ベンツ 280SE 3.5。



ジャガー・XK120



ジャガー・Eタイプ



デ・トマソ ・ パンテーラ



もう一台ヨーロッパや



アルファロメオ・ジュリア スプリント



ポルシェ・928









隣の部屋にも盛り沢山です。





日産・R382。

V12搭載のレーシングカーです。



通路にポツンと置いてあるコレは



ランチア・ストラトスのレプリカ、ホークHFです。

イギリス製だからか右ハンドルですね。

日本製レプリカ、アタカエンジニアリング(現、AER)製「HFR2000」は以前見たことがありましたが

よりオリジナルに近いホーク製を見たのは初めてです、良いなー。













ぐるっと建物の外観を、

結局外でボーっとしたりも込みで二時間近くいました。




以上、

良いところです。

往年のスーパーカーを間近で見たい人は是非行ってみるべきです。

自動車関係の博物館的施設は少ないので、

こういう場所には頑張って頂きたいところですね。

Posted at 2018/04/22 22:10:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 突撃記 | 日記
2018年04月09日 イイね!

花見の帰りにちょっと寄り道

塚山公園からの帰り。

今日は護衛艦撮影はしないつもりでしたが、ちょっとだけ寄り道をしていきます。

あの艦をせめて一目見に



ここは長浦港。横須賀軍港巡りで言えば後半に巡る場所。



車で行ける数少ない海沿いなので、海をバックに車を撮影したい時等重宝してます。

・・・

さて。



「元」AS-405 ちよだ。



2018年3月20日付、退役。

本当に退役しちゃったんですね。

自分が生まれるより5年早く進水して35年、

総航程393,246海里、総航海時数は45,601時間、

DSRV運用回数697回、総潜航時間2,025時間、

東日本大震災への派遣を含む災害派遣3回、

国際緊急援助活動1回、航空機救難5回、

海難捜索救助2回、海外派遣3回。

(wiki調べ)

それだけじゃなく















よく長浦港にいたので

ここからや軍港めぐりに乗った時とか、

あらゆるシチュエーションで撮りまくっていた、自分にとっても結構思い入れのある艦でした。

・・・

君も、いなくなっちゃうのか、

・・



今まで、ありがとう。

AS-405

「ちよだ」

おつとめ、ご苦労様でした。

・・・

そして



その意思は新しい艦へ。

AS-405 ちよだの退役日と同日、

2018年3月20日付、就役おめでとう、

ASR-404



五代目、

「ちよだ」

Posted at 2018/04/09 21:59:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 突撃記 | 日記

プロフィール

「「ひゅうが」に会いに新潟突撃記、ひゅうが乗艦編 http://cvw.jp/b/694600/41807947/
何シテル?   08/07 20:46
2016年に9年間共にしたEK9を降り 新たにDC5に乗ることになりました。 車であちこちドライブするのが好きで、 首都圏を中心によくおひ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

お友達

どなたでも、

どうぞよろしく。
14 人のお友達がいます
Char=Wataru@VTECARChar=Wataru@VTECAR * さと☆けんさと☆けん *
chocolate.racerchocolate.racer ゴメす@のらりーまんゴメす@のらりーまん
アッキー@benijijiアッキー@benijiji ベージュ@ベージュ@

ファン

8 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
2016年11月納車。 過走行がたたって中身ボロボロになったEK9を泣く泣く手放し、新 ...
その他 アンカー RFX8 エキップ その他 アンカー RFX8 エキップ
前愛車エスケープ号は 実はフレームサイズとやらが自分に合ってなく 主に腕周りが窮屈と ...
ダイハツ ミラココア ダイハツ ミラココア
老朽化と父の定年が近づいたことにより 涙ながらに看取られていったイプーの意思を継いで。 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
2008年1月購入。 サイドとリアのうさぎステッカーがトレードマーク。 免許とって数 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.