• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ocyappachiのブログ一覧

2018年09月17日 イイね!

みん友さんの車を拝見する

みん友さんの車を拝見する
9月17日。
 
せっかくの3連休ということで山歩きでもしようかと思っていましたが、休み前から天気予報がよろしくないので早々に諦めており準備も一切しませんでした。
  
さて休みはどうしようかなと思っていたら、みん友の2lewさんから連絡があり岩本山まで愛車で来られるという事で私も行ってみました。 
 
 
alt
 
雲は多いけど、岩本山から見る富士山が奇麗です。 
 
やっぱり9月の空はこうでなくては。 
 
 
alt

岩本山公園の駐車場に停まっている2lewさんの愛車。 
 
今年購入したばかりのいすゞ自動車のガーラという大型バスです。 
 
もちろん自家用車なんですけど、個人で大型バスを所有するというのも非常に驚きなんですけどとても夢がありますよね。 
 
2lewさんはみん友さんとなってから既に5年以上経っており、何度かお会いしたことがあるので愛車歴は聞いておりましたが、前の愛車はコースターというもう少し小型のバスだったので、実際にガーラというバスを見ると観光バスそのものの大きさなので驚きます。 
 
 
久しぶりにお会いしたので、少し立ち話をしてから外観と内装を見せていただくことにしました。 
 
 
alt
 
車内にお邪魔して…
 
ガーラの運転席はスイッチ類が多くて素人が見てもワケが分かりませんが、随所に2lewさんのカスタマイズが見られます。 
 
一際目を引くハンドルカバーは、大型のバスやトラックではステアリング操作をするのにとても役立つパーツだそうです。
 
この話は、私の勤務先に出入りしている運送屋さん達もよく言っておられます。 
 
純正の樹脂のハンドルが滑りやすかったり握りにくいという事なのでしょうが、大型バスやトラックって最初からこういうハンドルに出来ないのかな…カバーじゃなくて最初から操作しやすい形状や素材で作ってくれるとか。 
 
同じくとても目立つ大柄なタブレットは、ナビの画面を見やすくするためだったと以前言っておられたような記憶があります。 
 
 
alt
alt

 
運転席から後ろへ移動していくと、本来の移動用バスとして面影のあった座席の数をそこそこに居住スペースになります。 
 
既にお分かりの方も多いと思いますが、2lewさんは遠方への旅行をご家族と一緒に行かれる事を趣味とされているので、車中泊の旅が出来る車を所有されているのです。 
 
車中泊と言えばキャンピングカーが真っ先に思い浮かびますが、何かと不都合も多かったという事でバスという選択になっているそうです。 
 
当然バスの中で生活をしなくてはならないのでベッドなどは既にセットされていますが、驚きなのは家庭用の冷蔵庫やエアコンも搭載されているという事。 
 
エアコンは既に搭載されているし車用の冷蔵庫も市販されてますけど、家庭用を購入されるという事はやはり不満があるからでしょうね。 
 
もちろん車用でこんな大きな冷蔵庫は見たことないですから、これだけ大型の冷蔵庫があればご家族で移動しても色々な食材や飲み物(お酒とか)を入れておけますね。 
 
奥様の希望だったというシンク(流し台)も載せたかったですが、ピンボケが酷かったので今回は載せられませんでした。 
 
 
alt
 
外に出て、バスのトランクルームを拝見。 
 
こちらは荷物置き場や運転手が交代して仮眠をとるようなスペースになると思いますが、こちらも着々と計画が進んでいるようです。 
 
将来的には250ccクラスの単車を車載したいと言っておられました。 
 
バスで遠方まで移動して、バスを基地にして周辺をバイクで散策する…これは夢のある計画ですよね。 
 
 
alt
 
トランク用のドアは複数あって、こちらは客室のガラス付近がドアになっていて開くようになっています。 
 
これは、非常口とかではなく介護用のリフトが搭載されていたためだそうで、下のトランク付近に巨大なアームが付いていて、車椅子に人を乗せたまま客室に出入りできるようになっていたそうです。
  
つまりこの車両は、観光用バスとして使われていたのではなく福祉施設で使われていた車両だったらしいです。 
 
しかも公用車だったから、お金も掛かっていたし状態も良かったとの事です。 
 
介護用のリフトは不要なので外していますが、撤去するのはかなり大変だったようで1トン位の重量があったそうです。 
 
 
alt
 
反対側のトランクルームを見ると、エアコンの室外機や発電機が見えています。 
 
発電機はもちろんエンジンなので排気を外に出すマフラーも繋がれていますが、車外に出す計画もあるので重い本体をどうやって出し入れするかが問題だと言っておられました。 
 
あと、発電機自体が熱を持つのでそれをどうするかも考え中らしいです。 
 
 
alt
 
驚きの連続ですが、便利だなと特に感心したのは給油口が左右両方にあるという事です。 
 
普通乗用車はもちろん大型車両も基本給油口は左右のどちらか片方にしかありませんが、このガーラは左右にあるのでガソリンスタンドに入る時も制約が少なくてかなり助かるとの事でした。 
 
狭いガソリンスタンドで大型車両をターンさせるのはかなり辛いでしょうからね。 
 
 
alt
 
こちらの給油口は、エアコンを回すときに使うサブエンジンの給油口だそうで、2lewさん曰く1000ccのエンジンが搭載されているそうです。 
 
最初「サブエンジン」と言われたので何の事か分からず教えてもらいましたが、予備のエンジンを使ってエアコンを回すことでメインのエンジンロスを減らせるという事なんですね、なるほど。
 
…でも、このガーラのエンジンって20000ccを超えるV8エンジンなんですよね。 
 
出力にはかなり余裕がありそうですが、それだけエアコンなどの出力損失は大きいという事なのでしょうね。 
 
面白かったのは、メインのV8エンジンはとても静かだったのに、排気量が相当少ないサブエンジンのほうが音が全然大きかったという事。 
 
まあ、排気量が少ないと回転数高くなりますからねえ。 
 
  
話ているうちに時間はどんどん進み、この後2lewさんは用事があるそうで私も別の目的地へ移動するためお別れしました。 
 
 
alt
 
ガーラの後ろ姿。 
 
同じ車好きでも車のジャンルは様々で、私はどちらかといえばスポーツ系の車が好きなタイプなんですが、最近は考え方が変わってきて良い事は色々参考にさせてもらいたいと考えています。 
 
本当驚きの連続でした。 
 
2lewさん、ありがとうございました。
Posted at 2018/09/17 21:44:38 | コメント(4) | トラックバック(0) | つぶやき | 日記
2018年08月04日 イイね!

2018年8月4日 山伏

2018年8月4日 山伏

今日は、先月に引き続き山伏(やんぶし)の山歩きをしてきた。 

 

先月既に2回行っているので、わずかな期間に3回という自身では異例な行動になっているが、理由は山頂に咲くヤナギランの開花状況が気になるため。 

 

ただ、7月8月は暑さが厳しい時期のため山歩きをするにはかなり厳しい。 

 

山伏は静岡市の奥地にある山で、登山口も既に標高が高いので涼しい地域になっているのだが、いくら平野部より涼しくても重い荷物を背負って急坂を登っていれば猛暑の中に居るのとそう変わらない感覚になる。

 

今回も暑さに耐えながらの山行となった。 

 

 

alt

 

先月と同じく西日影沢登山口にある駐車スペースに車を停める。 

 

ここへ来るまでの道は完全なオフロードで荒れている箇所もあり、最低地上高が高く出来れば四駆の車で来るのが望ましい。 

 

折れた枝とか落石の跡とか狭い道を更に狭くしている箇所もあるので、こういう時はコンパクトなこの車を購入しておいて本当良かったなと思う事が多い。 

 

間違えてもハチロクで辿り着けるような場所ではない。 

 

 

alt

 
前日の天気予報で今日も猛暑日になる所が多いと聞いていたが、山歩きの序盤に温度計を見てみると20度前後と割りと過ごしやすい気温を指していた。 

 

ただし、これは普通に過ごしていれば快適という事であって、重い荷物を背負って坂を登っていればランニングしているような状態になってくるので、当然汗はどんどん出てくるし涼しいと感じていたのが段々と暑いと感じるようになる。

 

暑さを感じるのに個人差はあるけど、山歩きをするのに20度という気温は私にとっては、普段の生活や仕事で30度超えの中に居るのとそう変わらない気温だと思っている。

 

もちろん山歩き中でも休憩をしていれば徐々に身体が冷えてくるので、20度という気温が涼しいと感じてくるようになるし、場合によっては汗冷えで寒いと感じる事もあるかもしれない。 

 

だから真夏の登山でも必ず防寒着は用意しているし、当然これは遭難した場合の対策としても用意している装備の1つである。 

 

ちなみにいつも携行している防寒着は、モンベルのシャミースとかパタゴニアのR1のような薄手のフリースと、モンベルのライトシェルジャケットというソフトシェル。 

 

オーバークオリティに思うハイカーもおられるかもしれないが、石橋を叩いて渡るタイプの人間なので持っていないと不安でならない。 

 

そういう意味では、トレイルランニングをされる方が軽装(装備の貧弱さ)で行動している事については私は反対派である。 

 

もちろんトレランそのものを否定するつもりはないが、移動速度や所要時間がハイカーと違うと言っても同じ山域で行動するというリスク自体は変わらないので、いくら速く短時間に移動出来たとしても死なないための装備が要らないという理由にはならないと思う。 

 

 

alt

 
画像で分かりにくいかもしれないが、丸太を通したハイキングコースの通路を土砂が覆ってしまっている。 

 

前回ここを通ったのは丁度2週間前だったが、その時はこんな状態ではなかったので恐らく1週間前の台風12号による影響だと思われる。

 

撮影したのは登りだったが、下っている時にここで土砂を取り除いて下さっている方がおられたので、挨拶とお礼を言って通過させてもらった。 

 

 

alt

 

登山口と山頂のほぼ中間にある蓬峠という地点。 

 

苔が岩を覆っていてとても幻想的な世界が広がっているが、この山域は沢が多い地域なので山歩きならではの渓谷美を楽しむ事が出来たりと色んな変化を味わえる。 

 

反面、植生が非常に豊かなので眺望が優れた場所が山頂を除くとあまり無いという点もある。 

 

とても雰囲気の良いコースだけど、先程書いているように暑さが半端ではなく汗で既に全身ずぶ濡れのような状態になっている。 

 

あと、アブ、ブユ、ハチなどの虫が周辺を飛んでいてうっとおしく、虫除けなど虫対策も入念に行わないといけない時期でもある。 

 

 

alt

 

山伏の山頂に着いて眺望を楽しもうかと思ったら、晴れてはいたけど雲が多く南アルプスの山々や近隣の大谷嶺や八紘嶺も雲に隠れがちだった。 

 

条件が良ければ富士山も綺麗に見える山なんだけど、時期的に難しいから富士山撮るなら秋以降だな。 

 

 

alt

 

目的のヤナギランは…まだ満開になっていない?

 

そして、残念な事に多くの花が台風12号の影響で横倒しにされてしまっていた。 

 

まだ咲いていない個体は倒れずに直立している個体が多かったから、もう少ししたら今よりも綺麗な景色を見れるのだろうか。 

 


alt

alt

 

ただ、わずか1ヶ月間に暑い中を苦労しながらやっとの思いで3回も訪れたので、さすがに短い期間に4回訪れるのは抵抗があるかな。

 

今月の連休は、泊まりの山歩きは無理そうで特に登りたい山とか決めていないから、もしかしたら4回目の山伏もあるかもしれない。

 

まあ、どこへ行くかはもう少ししてから決める事にしよう。 

 

 

…下山して家へ帰って登山靴やザックを洗っていたら、あまりの暑さで体調がちょっと悪くなってしまった。

 

幸いすぐに回復したけど、油断出来ない暑さが続いているので注意しないと。

 

Posted at 2018/08/04 22:21:38 | コメント(2) | トラックバック(0) | 山歩き | 日記
2018年07月24日 イイね!

ザックのバックルが破損した

ザックのバックルが破損した

先日の山伏(やんぶし)の山歩きの後、自宅でザックの中の荷物を整理していたら雨蓋を留めるバックルが破損していました。

 

どのメーカーのザックもそうなんですが、ベルトを留めるバックルはプラスチック製となっていて、形状が結構複雑で細い部分が多いので破損しやしないかと不安になっていたら、ついにそれが現実となってしまいました。

 

まあ、なってしまったものは仕方ないのですから、早速インターネットを利用してリペア用のバックルを探して注文しました。 

 

 

alt

 

シートゥーサミットというメーカーのリペアバックル。

 

登山用のザックって、およそ海外メーカーが多いから純正のリペア品があるかどうかハッキリ分からない事が多いです

 

あったとしても、やたら高価だったり売り切れだったり時間が掛かったりと不満も感じやすいので、こういう部品があるのは本当ありがたいです。 

 

ちなみにこのバックルは、ザックだけじゃなくてカーゴパンツのベルトのバックルなど他の物にも利用出来ます。 

 

 

alt

alt

 

ザックの雨蓋を留めるベルトは2つあるのでバックルも2セット存在しますが、破損していないほうのバックルも疲労して色が変わっている部分があったので、近い将来壊れてしまうかもしれないと思い2セット交換する事にしました。 

 

今回は3セット購入したので、残りは予備としてザックの中に入れておこう。 

 

 

alt

  

リペアバックルは、輪っか状に縫い付けてあるベルトに装着出来るようにビスを採用しています。 

 

このビスをベルトの輪っかに通してやれば厄介な問題も楽々クリアとなります。 

  

 

alt

 

バックルを2セット交換して無事解決。

 

行程中にバックルが破損してしまった場合、応急用としてカラビナを利用したりも出来ますが、やっぱり専用のバックルのほうが安心感があります。

 

バックルの破損は今回初めてのトラブルですが、今後他のザックにも起こるかもしれないので点検しておいたほうが良いかもしれないですね。

Posted at 2018/07/24 22:27:17 | コメント(1) | トラックバック(0) | つぶやき | 日記
2018年07月22日 イイね!

2018年7月21日 山伏

2018年7月21日 山伏

7月21日、この日は1週間前と同じく山伏(やんぶし)を山歩きしてきた。

 

2週連続で同じ山に登った理由は、この時期山頂付近に咲くヤナギランの花が気になったためで、1週間前に見た時は1本だけ咲き始めている個体があった。 

 

連日厳しい暑さが続いているので、暑さを出来るだけ避けるため3時起きして出発する事にした。 

 

 

alt

 

静岡市の奥地にある「シズオク」と呼ばれる地域は、赤石山脈(南アルプス)に属する山域が多く含まれるので自然が多く野生動物も多い。 

 

道を塞ぐように止まっているシカも多いので、通行時は注意しなければならない。

 

 

alt

 

1週間前と同じく西日影沢登山口にある駐車スペースに車を停める。 

 

3時起きしたお陰で朝5時前に付く事が出来て、5時を少し回った時間に出発する事が出来た。 

 

早朝のせいか周辺に車や登山者の姿はなく、1週間前と比べてやや涼しいような気がするけど、歩けばあっという間に暑くなってしまうんだろうな。

 

 

alt

 

手持ちの温度計では17~18度くらいを指していて、普段の生活では充分に涼しい陽気なんだけど、これで荷物を背負って登り坂を歩いているととても暑い陽気に早変わりする。 

 

 

alt

 

このコースは、安倍川の上流にあるのでとにかく沢が多く、見る景色はとても涼し気である(冬見れば寒さがより引き立つ)。 

 

沢のすぐ近くは空気が冷やされて快適だが、少しでも離れればすぐに暑くなるような感じ。 

 

 

alt
 

このコースは、比較的危険度が少ないとされるコースではあるが、冷たく勢いのある水が流れる沢を横切ったり、画像のような危なっかしい場所を通過するので注意を要する。 

 

コースが湿っている事が多いので、木の根っこや石の上も滑りやすく転倒に注意しなければならない。 

 

 

alt

 

2時間半ほど歩いて山頂に到着。 

 

1週間前に登った時は、腰痛からの回復後初の山歩きで山頂に着く前から既にヘロヘロだったけど、今回は山頂手前でバテてきたものの余裕を持って歩く事が出来た。

 

余裕はあっても、暑さは半端なく全身が汗でビショビショになっているような状態だった。

 

登山口から山頂まで歩いていて、出会ったハイカーは結局1名だけだった。 

 

驚いたのはそのハイカーの方、朝早い時間帯に下山して来るので何時から登ったんだろうと思ったら、違うコース上にある無人の山小屋に一泊してきたらしく、年齢的な理由もあり無理せず一泊する予定を立てていたとの事。 

 

ただ、無人の山小屋に単独で泊まるのは…怖いだろうなあ。 

 

昔、テント泊の練習で近場の山で1人でツェルトを張って泊まった事あるけど、まあとにかく夜が長くて長くて色んな音や鳴き声みたいなのが聞こえてくるから2度としたくないと思った。  

 

 

alt

 

1週間前より雲が少ないので遠くの山も良く見えたけど、残念ながら富士山は見えなかった。 

 

 

alt

 

山頂付近にある木道を歩いて行くと、シカの食害対策用に金網に囲われたヤナギランの群生が見えてくる。 

  

花は数える程度しか咲き始めておらず、1週間前に1本だけ咲き始めていたのと比べて殆ど変わっていないような気がする。 

 

通常は7月下旬から8月上旬に掛けて咲くと言われているので、これだけ厳しい暑さが続いても花期は早まらず例年通りという事なのかもしれない。 

 

1週間後に行っても大して変わらなそうなので、行くなら2週間後あたりが良さそうだが、さすがに何度も通うのは辛いものがあるので、2週間後に行こうかそれとも今年はやめておこうか考え中。  

 

 

alt

alt

 

出来れば咲き誇ったヤナギランを見てみたいが… 

  

 

alt

alt

  

下山中は、コースの後半辺りから登山者とすれ違う事が増えてきた程度で、1週間前と比べて登山者の数は若干少なかったかもしれない。 

 

戻ってきた駐車スペースも私を含めて3台と少なかったし、帰る時もすれ違う車は少なかった。 

 

気温は25度くらいと平地と比べれば全然涼しいのかもしれないけど、日差しは強く車の中もかなり暑かった。

  

靴を履き替えたり荷物を車の中に入れるためドアを開けていると虫が中に入ってしまいうっとおしかったが、あまりにも熱かったせいかダッシュボードに止まったハチがあっという間に動かなくなり死んでしまった。 

 

 

alt

 

スント アンビット2で計測した今回の山歩きのデータ。 

 

基本的に前回と同じコース取りをしているが、前回と違い寄り道をしていないので距離や標高差が少なくなっている。 

 

寄り道をしていない分もあるが、前回より体力的に余裕があったので所要時間も少なくなっている。

 

 

alt

 

山歩きからの帰り、汗が凄いので近隣の梅ヶ島温泉の手前にある黄金の湯という施設を利用する事にした。 

 

浴場も脱衣所も結構広く、1番安い利用料金は¥400とリーズナブル。 

 

ただし、1時間と短めなので足りないと思う人は1日券のほうがいいかもしれない。

 

泉質はアルカリ泉らしく、風呂に浸かっている間身体がヌルヌルするのが特徴。 

 

効能は…知らん。 

 

 

alt

 

帰りは、真富士の里という施設に寄って平野そばというメニューを食べた。 

 

1週間前にここを通った時、丁度昼飯時で結構な盛況ぶりで気になっていたので寄ってみた。 

 

ワサビ付きのが人気みたいで、同じのを注文して食べている人が多かったけど、咽る声が聞こえてきたりして面白かった。 

 

ワサビは余れば持ち帰り出来るらしいので、無理せず少量を入れて食べる事をお勧めします。  

 

ちなみに私は、2/3ほど擦って残りはそのまま食べてしまった(ワサビはそのまま食べると辛くない)。 

 

 

さて、近いうち山伏へ再び行こうか迷うところだが、せっかく山歩き向けの身体に戻りつつあるので3回目も行こうかな。

Posted at 2018/07/22 10:49:46 | コメント(2) | トラックバック(0) | 山歩き | 日記
2018年07月16日 イイね!

2018年7月16日 長者ヶ岳

2018年7月16日 長者ヶ岳

一昨日に続き今日も山歩き。

 

今日歩いたのは富士宮市にある長者ヶ岳で、前回歩いたのは今年5月の連休なのでそんなに間隔は開いていない。 

 

長者ヶ岳は歩いていて楽しくないので私はそんなに好きな山では無かったのだが、行程が短く時間が掛からないのでトレーニングやコンディション維持に向いていると考えている。 

 

約2ヶ月間腰痛のため運動が出来ず、一昨日の山伏でようやく運動および山歩きを再開したので筋肉痛があちこち出てしまい、今日は近場で時間の掛からない山のほうが良かった。

 

 

alt

 

早朝の田貫湖畔から富士山と日の出を眺める。

 

朝5時に起きて家を出発したら、空はどんよりとしていて晴れる気配が感じられなかった。

 

午前中は雨は心配なさそうだが、真夏の炎天下を歩くより曇り空のほうがまだ歩くには楽だからいいか。 

 

 

alt

alt

 

5月の連休の時と同じく、東海自然歩道沿いにある登山口に車を停めて山歩きを開始する。

 

出発したのは6時丁度だったが、車を停めていたのは私だけでコースを歩いていてもハイカーの姿は見られなかった。 

 

この辺りは標高がそこそこ高いので朝は比較的過ごしやすく感じるけど、歩けば5分も経たずに汗がドッと出てきてしまう。 

 

 

alt

 

手持ちの温度計だと23度か24度辺りを表示していて、日影が多いお陰で最初は涼しく感じていたものの、30分も経たないうちに服は汗でびしょ濡れになってしまった。 

 

汗を掻けば当然猛烈な暑さを感じるので、数分おきにハイドレーションの水を飲んでいるような感じだった。 

 

チューブで水分補給しているからいいけど、ボトルで飲んだりしたらあっという間に水が無くなってしまいそう。 

 

 

alt

alt

 

中腹にある視界の開けた場所から富士山を見ると、霞んではいるけど田貫湖畔で見た時よりも見やすくなっているかな。 

 

その田貫湖畔を見てみると…やっぱり凄いテントの数。 

 

登山しているとたまらない暑さだが、キャンプを楽しむには快適な場所なのかもしれないね。 

 

夜は肌寒いくらいだし。 

 

でも、昨今の猛暑続きの夏の暑さでは、避暑地が避暑地として機能しにくくなってきていると思う。 

 

 

alt

 

長者ヶ岳に到着。

 

結局ここまでハイカーの姿は全く見なかったが、夏山シーズンなので寒い時期よりもハイカーの行き先が分散されているのかな。 

 

真夏は、気温がそんなに上がらず湿度も低めな高山帯の山のほうが全然快適だね

 

天候が悪くなれば危険なレベルまで気温が下がるから要注意だけど。 

 

沼津アルプスみたいな1年通じて温暖で、きついアップダウンが多い低山は暑さという点で危険だと思う。 

 

沼津アルプスは温暖な伊豆半島の付け根にある低山なので、冬に関してはそんなにシビアな山ではないが、真夏は平地の気温ほぼそのままに急勾配を登り下りしなければならない。 

 

短区間と割り切って歩けばまだ良いけど、私みたいに殆どの区間を縦走したりすると危険かも。 

 

 

alt

alt

 

長者ヶ岳の山頂から富士山を見ると、おおー!いい感じに雲海越しの富士山がみえるではないか。 

 

山頂に掛かる雲が煙みたいなのが変だけど、良いものを見れて満足だった。 

 

長者ヶ岳とお隣にある天子ヶ岳は…暑さが容赦ないからやめておこう。

 

 

alt

 

長者ヶ岳からの下り。 

 

コースが湿っているので、ズルッと滑ったような先人達が残していった足跡が多い。

 

滑ると痛いし泥だらけになってしまいそうなので、滑らないよう注意しながらゆっくり歩く事にした。 

 

下ってしばらくすると、ようやく他のハイカーの姿を見るようになった。 

 

1回見掛けると不思議な事に次々とハイカーがすれ違っていく。

 

お互い示し合わせたわけではないだろうからちょっと不思議だね。

 

今の時期は時間と共に気温が上昇していくから、出来れば朝早いうちに出発して早いうちに下山してしまったほうが無難かなと思うんだけど、遠方から来る方とか朝が苦手な方とかそれぞれ事情があるだろうから、朝早いうちにというのはあくまでも私の考えという事で。

 

という事で今回の山歩きは終了。 

 

今月は再び山伏に行ってみたいと思うので、一昨日みたいにヘロヘロな状態にならないよう体力を向上させておかなくては。 

 

 

alt

alt


alt

 

スント アンビット2で計測した今回の山歩きのデータ。 

 

一昨日歩いた山伏より行程が短いぶん楽だったが、最初は涼しいと感じていたのがあっという間に容赦ない暑さに変わってしまい、長距離・長時間歩くのは危ないと感じるほどだった。 

 

アップダウンを繰り返さない、ひたすら登った後にひたすら下るという単純明快なコース。

Posted at 2018/07/16 18:32:59 | コメント(3) | トラックバック(0) | 山歩き | 日記

プロフィール

「20年以上ぶりに三嶋大社近くにある味の大連というラーメン屋に行ってみた。
懐かしいスタミナラーメン。」
何シテル?   09/23 21:21
元々インドア派だったので、あまり家に籠らないようにしています。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

嵐の前触れな土曜日 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/29 11:35:30
170613の通勤路 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/01 10:06:20
雨の日曜日はモンチッチ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/19 17:53:57

お友達

ファン

39 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
画像の撮影場所は左から 岩本山公園 身延山久遠寺せいしん駐車場 富士市中央公園 韮崎中央 ...
その他 その他 その他 その他
画像は左から ふじのくに田子の浦みなと公園 岩本山 静岡市清水区蒲原堰沢(霊光禅院近く) ...
その他 その他 その他 その他
GIANT TCR2 2011年モデル。 台湾のジャイアント・マニュファクチャリングが製 ...
スズキ Kei スズキ Kei
登山が趣味だが、今まで車高が低くエアコンレスの車に乗っていたため、狭い場所に入れて停めら ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.