車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月04日 イイね!
10月にDIYでハイカムを入れた。ただ交換しただけなのでこのカム本来の性能は発揮できていないように思うが、プロに依頼してバルタイを調整してもらった場合、どれだけパワーアップが見込まれるのだろう?
仮にノーマルに比べて現状で7馬力アップしていて、バルタイ調整でさらに3馬力アップするのであれば、そのままでいいやと思う(馬力が全てではないのは言うまでもないが)。
しかし現状4馬力アップでプロがさらに6馬力アップしてくれるのであれば、やってもらおうかと思う(バルタイ調整だけならそんなに工賃もかからないとは思うが、きっちりやるプロは上死点を出すことからしっかり作業するため意外に金がかかるかもしれない)。

以上がバルタイ調整に関して考えているところだが、今回着手しようとしているのはどちらかというともっと過激なエンジンにしたいが今後何をどうするのかということだ。

1.今の純正書き換えコンピューターを社外のフルコンに交換する(要セッティング)
2.フルコン導入後の高回転に耐えられるようヘッドをチューニングする

現在取り組もうとしているのが後者で、具体的には強化バルブスプリングやスチール製のリテーナーの組み込み。強化バルブスプリングは高回転で生じるサージングの防止ということでいいが、鋼鉄製のリテーナーが必要な訳とは?純正部品は焼結金属のため割れるのだという。高回転回していたらエンジンブローって笑えない!

もちろん吹け上がりの良さを追求するなら
3.軽量フライホイールに交換する
というのもありだが、これはエンジンを降ろした時用に取っておく。

その代わりになぜか今回、鍛造ピストンを組み込む(ついでに強化スリーブも)。別に今のピストンでもこのハイカムでは問題ないのだが・・・。圧縮比を高くしようとしているのか?
ちゃんとした理由はあるが今は言わないでおく。

ヘッドは単に部品交換だけでいいのか?加工するのもいいが、削りすぎてそのまま廃品にしてしまうこともありうる。
そしてハイカムに合わせて4連スロットルを導入してはどうか?

これらについては果たして費用対効果の観点からどうなんだろう?
ただ今回はより高回転を狙うのであって、燃焼室に入るエアの増量が目的ではない。もちろん、エアの増量を目指すならオーバーサイズのバルブと交換してもいい。ただ、このヘッドではそうするつもりはないが・・・。


手元にあった中古のオイルポンプをばらしてみた。シールがもはや供給されないためゴミ箱行きが決定しているが、詳しくは次回。
Posted at 2016/12/04 22:14:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2016年11月30日 イイね!
冬眠









上にあるバイクのエンジンを下から見た画像から一目で分かることは、コンロッドへのアクセスが不可能なこと。ピストンを抜くには腰下を上下分割する必要がある。

しかしMG-TFに搭載されているKエンジンではオイルパンと腰下はこうなっている。



もしかするとサブフレームにエンジンが乗っている状態で作業できるかもしれない。
ここをクリアできるかがまずは気がかりだった。




オイルパンは多少エンジンを持ち上げれば(もちろんエキパイを外す必要があるが)外すことはできそうだ。オイルクーラーホースが邪魔になるかもしれないが。

ところでカネとクルマいじりの関係について、以下の4つに分類できる。
1.カネはあるしヒマもある
2.カネはあるがヒマはない
3.カネはないがヒマはある
4.カネはないしヒマもない

この4分類のうち必要なカスタムパーツを揃えられるという意味で、またクルマいじりできるだけの時間があるという意味で私は1に属していると言っていいだろう(本来の1は全てショップに依頼できるだけのカネがあり、働かなくても食っていけるという意味なのだろうが)。
ただ、今の自分に欠けているものは自信。

このエンジンのヘッドは外したことがないため、うまく作業できるか?何かしくじったらそのまま不動車になってしまうのではないか?そんな不安を抱えている。

だが、前に進もうと思えば退路を断つしかない。足廻りに比べエンジンをいじるのは難易度が高いが、しっかりと事前に下調べし、やるべきことを学習しておけばやってやれないことはないと思う。

そういうわけで12月直前で冬眠させることにした。どっちにしても冬は峠が閉鎖になっているし。サーキットも路面温度が低いし。暑い時期に比べればまだ多少寒くても作業ははかどるだろう。
Posted at 2016/11/30 23:55:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2016年11月29日 イイね!
Q1. 装着予定のお車の(車種・年式・型式)を教えて下さい
回答:メーカー…ローバー 車種…MG-TF135 年式…2004 型式…RD18K
Q2. モニター希望機種(F750orX500)
回答:X500

最近よく煽られるため、これを取り付けることで煽り抑止効果が発揮できればいいです。
なお、本日は愛車の納車日なのでよろしくお願いします!!


※この記事はカーグッズ・パーツ・モニター募集!について書いています。
Posted at 2016/11/29 20:15:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイアップ企画用
2016年11月26日 イイね!
ハイカム交換後のエンジンの振動増大への対処









ハイカムを入れた後からアイドリング時に不快な振動が発生するようになったので、何とかしようとずっと思っていた。

当初、エンジンマウントを全交換すればいいと思っていたが、英国のサイトを見ていたら、バットレス(Buttress、建築用語で控え壁)のゴムブッシュをウレタン製のブッシュにするのがよいとあったため、今回それに従った。

ところで、この冬の間、ヘッドを外す作業をするから何もわざわざバットレスを取り外さなくてもいいのではないか?

工賃を払うのであればそう思って一気に依頼するのが得策だが、DIYではできるところからやっていけばいい。そうやって経験を積んでいく。
そして、実際に作業を進めていくうちに振動が増大していた理由もなんとなく分かった。

それは・・・。
ボルトが緩んでいた。


このエンジン本体とバットレスとをつなぐアームを固定するぶっとい2本のボルトはオイルクーラーホースを取り回す時にショップがいったん緩めて共締めしている。
そこでこの2本のボルトを十分締め付けていなかったのか?いや、それはないだろう。
別な場所でもボルトの緩みがあったが、それはエンジンの振動が大きかったからということでいいのか?

何はともあれバットレスを無事取り外した。


そしてタイロッド(Tie Rod - RH Engine Mounting)を外し、ブッシュを入れ替える。


ここはこれまで交換した足回りのブッシュに比べれば、あっけないほど簡単だった。ゴムブッシュでは結構動きが大きかったが、ウレタンはさすがにしっかりしている。

そして元に戻し、シートに座って火を入れた。これまで感じていた嫌な振動はなくなっていた。またオルタのプーリーベルト周辺からキュッキュッという音がしていたが、それもなくなっていた。

そういうわけで、必ずしもブッシュ交換のおかげで問題が解決できたとは言い切れないが、しっかりボルトを締めたのでこれで様子をみたい。



ところで、途中で新たな問題が発覚。


なぜこんなところでガソリンがにじんでるんだ?
最近ハイカム本来のパフォーマンスが出ないように感じていたが、これが原因だったのか?いずれにしてもガソリンが引火したら車両火災となってしまうので原因が究明できるまであまり走りたくない。

参加表明していたオープンカー倶楽部関東 第9回定例会は中止になったが、もし中止でなかったら果たしてこの状態で動かしただろうか?
Posted at 2016/11/26 21:14:23 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ
2016年11月19日 イイね!
修理完了で何故か真田丸の街にGO!









日光の修理工場に預けていたMGの修理が完了したので取りに行った。ラジエターホースとエキパイとの接触によりクーラントが漏れていただけで、ヘッドガスケット抜けではなかった。
ゴムでは溶けてしまうためエキマニとの距離が近いところはアルミパイプとし、それで一応問題は解決したということだ。



走りだして間もなく、いつもなら油温90度で水温80度なのに水温も90度になっているのを発見。まだエアが完全に抜けていなかったんだろう。そういう状態で引き渡すか、ふつう?
せっかく山道があるのでまずは金精峠を走った。ところどころ路肩に除雪された雪が残っていた。もうすぐ冬だ。

ゲレンデにあるのは人工の雪

その後、たまたま立ち寄った道の駅ではない場所で昼食をとろうとした際にまず目に飛び込んできたのがタイトルの絵。
実は


昨今、老人による交通事故がよく報道されているが、この寿志郎さん(故人)は私と何らかの接点がある(詳細は明かさないが)。彼は1991年にバイクで走行中、交通事故に遭った。私も同じ年にヨーロッパでバイクを走行中、初めてクルマと接触事故を起こした。違いは、私はほぼ無傷だったが、彼は首から下が動かなくなった。

そんな彼が口で描いた画像。久々に感動を覚えた。







ネットで探せば何かあるだろうが、彼に関する資料を探そうと沼田市の図書館に向かった。沼田市では真田丸を宣伝しているが、それは現地について分かった。探していたのは上毛新聞の2013年12月25日の記事だった。
Posted at 2016/11/19 10:48:50 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ
プロフィール
「ハイカム導入以降その費用対効果 http://cvw.jp/b/1737905/38956552/
何シテル?   12/04 22:14
MasaGotoです。マイペースでやっています。来る者は拒まず、去る者は追わず―そんなことがまことしやかに言われていますがSNSであってもそんなに単純じゃないと...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
~ 同乗者への思いやりについて…& 秋のお彼岸 ~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/25 00:11:24
私がもし舛添東京都知事に一矢報いるとしたら 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/17 20:51:43
自分を見付ける??????。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/17 20:51:06
お友達
自分でクルマを修理したりサーキット走行していますので、同じ方向性の方、大歓迎です。
55 人のお友達がいます
Toshi80Toshi80 * KENTAROU.KENTAROU. *
チャリ屋チャリ屋 * 1B/note1B/note *
さんちゃん?さんちゃん? * 侍にゅる侍にゅる *
ファン
4 人のファンがいます
愛車一覧
MG TF MG TF
MG-TFを自分仕様に
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.