車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月29日 イイね!
またまた福岡の友と(^_^)v みなさん、こんにちは!

 11月27~29日朝までの2日半?、11月2度目の嬉しい出張が入り、またまた福岡のボル友さんと楽しい時間を過ごしてきました。

 実は前回(11月4日)の出張時に行ったプレゼンが即採用となって、今回また行くことは福岡のボル友さんには伝えてありました。「またまた遊んでください」との厚かましいお願いに、Seventh.Heavenさんが中心となってツーリング、飲み会など企画していただきました。

 タイトル写真は、そのツーリングで集合場所となった糸島の二見ケ浦公園聖地で右から「ニノケン号」「Seventh.Heaven号」「おぺ.fuk号」「りくぱぱ号」です。

 今回の業務日は月曜で夜の懇親会までがセット。火曜は重要な仕事が入る可能性が高く、泣く泣く新幹線で業務前日の27日お昼前に博多入り!

 待ち合わせ場所に到着するとSeventh.Heavenさんが既に待っていてくれました。そのままSeven号に乗り込み糸島市のランチ会場に案内いただきました。
 地鶏焼きランチをいただきましたが、事前に伺っていたとおり美味しかったです(^_^)v

 ツーリング集合場所に向かう途中で白黒ボルボ3台体制が早くも出来上がり、二見ケ浦公園聖地に到着。ほどなくレーベルブルーのりくぱぱさんがいらして、タイトル写真にカラー色が着きました(笑)
 あいにくの天気でしたが、公園聖地から臨む二見ケ浦は十分美しかったです。抜群のロケーションの中、おぺ.fukさんとは「初めまして」、りくぱぱさんとは「お久しぶり」、ニノケンさん、Sevenさんとは「あんたも好きね」と挨拶を交わし、しばしダベリングタイム。

 次は福岡市内でお茶でも、ということになり途中のシーサイド絶景ポイントでパシャリ。
 この時に道路向こうの尾根遺産3人?が乗っていたフィットが絶好の撮影ポイントに鎮座していました。こちらの圧力?に気付いたのかと思いきや「写真撮りましょうか?」と返され、全員「大丈夫ですよ~♪」と舌打ちを包んで笑顔。うーん、やっぱりボルボ乗りは“紳士”です(笑)

 サイドショットは諦め撮影ポイントを後に、やや混雑した福岡市内へ。
 当初はスタバに入るつもりでしたが激混みで、ファミレスのドリンクバーで落ち着きました。ここでも話は尽きず、あっという間に夕刻となり第1部は名残惜しくもお開きに。
 りくぱぱさん、ニノケンさん、おぺ.fukさん、日曜午後の貴重な時間に来ていただき、有り難うございましたm(_ _)m

 この日は厚かましくもSevenさんのマンションゲストルームに泊まらせていただきました。
 部屋に荷物を置いてちょっと休憩後に、Sevenさんご近所の海鮮炉端焼に向かい、こちらにはyougoさんが駆けつけてくれました。
 第2部一次会の開演に「カンパーイ!」

 yougoさんとも初対面でしたがとても楽しいお方で、たわいない話が盛り上がります。刺身盛り合わせもとっても美味でした。

 さらに旨い炉端焼き効果で話はさらに盛り上がり、壮大なプラン?が持ち上がりました。この後二次会でギョーザを食べたらしい(私の記憶も曖昧です・・^^;)ということで、第2部もお開きとなりました。
 yougoさん、ありがとうございました。愛車の白のV70とマクラ?は次回以降に拝見させていただこうと思います。
====================

 翌28日はなんとSevenさんが休暇を取ってくれました。
 まずは朝食を摂りに北九州発祥の「資さんうどん」で名物のかしわうどんをいただきました。こちらも美味しかったです。

 腹ごなしに近くの山上にある神社を参拝。ここからの眺めも素晴らしいです。

 チェックアウト?後はSeven号で福岡市東区の巨大な砂州「海の中道」を通り、志賀島を案内していただきました。島を一周する途中でSeven号のSEXYなバックシャンです。

 そして福岡空港東側の志免町まで足を延ばし「志免鉱業所竪坑櫓(しめこうぎょうしょたてこうやぐら)」へ。戦時中、産出した石炭を昇降させる機械を設置するために造られたもので、1964年に閉山されましたが、その後は国の重要文化財になっています。
 怪しい、美しい、悲壮感、何となくこれらの要素を併せ持つ偉大な建築物と感じました。
 博多駅近辺まで送っていただき、ついにSeventh.Heavenさんともお別れ・・。お礼の言葉も見つからないくらい、お世話になりました。本当にありがとうございましたm(_ _)m

 その後の業務は順調に懇親会までこなし、ホテルに戻る途中の博多駅で見事なイルミを楽しんで、爆睡です。
====================

 29日は朝温泉に浸かって予想通り?名古屋の会社へ直行。余韻に浸る間もなく、超現実に引き戻されています(泣)
 それでも今回の福岡行きは、前回のプレゼンがあって実現したもの。だから仕事もこれまで以上に頑張って、また九州に行こうと思ってます(笑)

 福岡のみなさま、今回も大変お世話になりました。文中では“壮大なプラン”と書かせていただいた企画を、近いうちにお知らせできると思います。また遊んでくださいね!

 最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
Posted at 2016/12/01 15:09:38 | コメント(5) | トラックバック(0) | オフ会 | 日記
2016年11月23日 イイね!
滋賀の紅葉!湖東5寺巡り みなさん、こんにちは!

 11月23日(水・祝)、滋賀県の琵琶湖東部のお寺巡りに出掛けました。
 先週の紅葉狩り時に調べた場所で「鶏足寺(けいそくじ)」の存在を初めて知り、無性に行きたくなりました。どうせ行くのなら湖東三山、さらに永源寺も、と欲張りました(^^;)

 タイトル写真はその鶏足寺で、到着して最初に見た景観です。

 鶏足寺は長浜市木之本町所在と、自宅からは100km弱とそう遠くはないのでお気軽です。ただ、この時期の超人気スポットなので混雑する前にということで、7時頃に駐車場到着。営業時間?は9時からとなっていましたが、無事に駐められました。

 鶏足寺と云えば“赤い絨毯”!
 紹介写真として一番使われるアングルです。約200本のモミジを中心とした古木が色付き、舞い落ちた紅葉が境内を赤く染める光景にひたすら感動。
 ただしローアングルが撮れるかぶりつき席は、すでに占拠されていました(^^;)

 悔しいので帰り際に離れた場所からローアングルを狙って、これ以上混まないうちに早々と引き揚げました(笑)

 次は湖東三山巡りに甲良町まで50kmほど南下して最初の「西明寺(さいみょうじ)」へ。
 湖東三山は、西明寺、金剛輪寺、百済寺の三つの天台宗寺院の総称です。そういえば和歌山にも熊野三山がありましたね。 

 西明寺でまずビックリしたのは本堂に向かう途中で名神高速の上を横切ることです。途中の石段で、苔と紅葉のコラボをパチリ。

 本堂を参拝して三重塔などを巡りましたが、一番目に焼き付いたのは庭園門前で、この黄色→オレンジ→赤へのグラデーションは本当に鮮やかでした。

 続いて3kmほど離れた愛荘町「金剛輪寺(こんごうりんじ)」へ。10時近くになってだいぶクルマが増えてきましたが、何とか一番遠い駐車場にすんなり駐められました。

 だいぶ紅葉慣れ?したせいか本堂裏のグリーンが眩しく感じました(笑)

 庭園の小さな池は紅葉で埋め尽くされ、水があるか分かりません。

 三山最後の東近江市「百済寺(ひゃくさいじ)」までは、かなり山を上ります。少し駐車場待ち渋滞に遭いましたが10分弱の辛抱でした。

 こちらの庭園も池越しのオレンジが見事でした。

 かなり高い場所にあるので展望所があり、琵琶湖方面を見渡せます。この景観も素晴らしい!

 5寺巡りのトリは10kmほど離れた「永源寺(えいげんじ)」へ。こちらは紅葉の名所として一番有名かもしれません。タイミング良くお寺側の駐車場に止められました。

 落葉がだいぶ進み、紅葉はもう終わりが近付いていました。それでも28年ぶりの世継観音御開帳が拝め幸運でした。

 というわけで一番キレイと感じたのは境内から国道へかかる橋から眺めた、愛知川沿いの景観でした。

 永源寺といえば「そば」が思い浮かび、昼食はその名もズバリ「永源寺そば」で。ここで初めて本格的な渋滞?と遭遇。一時間ほど待ってやっとありつけました。私は写真の永源寺そば定食を注文。なかなか美味しかったです。

 帰りがけに永源寺ダム湖管理事務所に立ち寄り、ダムカードをゲット。ダム湖は道路工事の影響か極端に水量が少ないです。

 最後に道の駅「奥永源寺渓流の里」で休憩して、ノンビリ下道で帰宅しました。
 妻は4寺の御朱印をゲットしてご満悦。でも今回巡った湖東三山と永源寺はそれなりの拝観料が必要なので、一気に廻ると結構な出費が伴います。

 今回の走行距離は200kmほどで、やや物足りない?ですが、2度の紅葉狩りを終えてハイドラとは違った“旬のドライブ”の楽しさを感じました。

 最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
Posted at 2016/11/24 16:19:33 | コメント(7) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2016年11月18日 イイね!
紅葉を求めて岐阜-福井 みなさん、こんにちは!

 11月18日(金)、岐阜から福井へ紅葉狩りに行ってきました。 
 当初は岐阜県関市の人気急上昇スポット「モネの池」にだけ行くつもりでしたが、当日は最高の天気になるとの前日天気予報。それならば近くの紅葉名所もついでに、ということでまず「郡上八幡城」。そして最近ハイドラCPに追加された郡上市白鳥の道の駅が目に付き、そこまで行くと福井の紅葉名所「九頭竜湖」は直ぐそばとスポット追加(笑)。帰りは同じ道を通りたくないハイドラーの性?で、かなり西進しますが福井に追加された道の駅が目に付き、最終的には「永平寺」まで足を延ばしました(^^;)
 それでも平日の恩恵で渋滞や混雑に巻き込まれることなく、ジックリと快適に名所を楽しめました(^_^)v
 タイトル写真は紅葉越しの郡上八幡城です。

 久々にゆっくり?と午前6時過ぎに自宅を出発。今回はハイドラではないので時間に縛られることはなく、ノンビリと下道で70kmほど先のモネの池を目指します。関市に入り道の駅「ラステンほらど」で休憩。

 ここで今後の本番?に備えて紅葉ショットの練習です。

 10分ほど北上すると板取地区に入り第一目的地の「モネの池」に到着。根道神社参道脇にある貯水池です。

 当初は名も無い池だったそうですが、昨秋から人気が急上昇! 一躍岐阜県の観光名所となり土日は超混雑するそうですが、さすがに平日の朝ということでゆっくりと池を一周できました。

 モネの絵画「睡蓮」を想起させることから通称として名付けられた「モネの池」。半年前にも訪れましたが、紅葉と絡めた景観はまた趣があります。

 鯉が泳いでいなければ水があるか分からないと言われるほど透明度が高く、美しい池です。

 そのままR256を進み長~いタラガトンネルを抜けると郡上市に入ります。超狭いお城へ続く道を登り切って「郡上八幡城」へ到着。人気が少ないうちにV40紅ショット!で自己満足です(^^;)

 お城に入り、天守から郡上市内を一望。ちょっと期待していた雲海は叶いませんでしたが素晴らしい眺めで殿様気分に浸ります。
 しかし、郡上八幡城がなぜ100名城に選出されなかったのかが不思議でなりません。

 お城の周りを散策していると嬉しいハプニング! BS朝日で毎週木曜日に放送中の歴史ミステリー「日本の城 見聞録」の撮影に遭遇。案内人を務める俳優の大谷亮介さんが快く妻とのツーショットに応じてくれました。大谷さんといえば人気ドラマ「相棒」で、三浦刑事役を演じ良い味を出していましたね。
 12月1日(木)22時からの放送分で、郡上八幡城が取り上げられるようです(この写真のカットはもちろんカットです・・笑)。

 上機嫌の妻をヨコに市内を白鳥町まで進み新設された道の駅「清流の里しろとり」へ。これにて55箇所となった岐阜県道の駅再コンプリート?です。

 ナビに一般道優先を設定すると中部縦貫道無料区間もパスするようで(笑)、険しい美濃街道で福井県に入りました。県境付近の良い感じの場所でパチリ。

 西進して九頭竜湖の東端は直ぐですが長さは13kmあります。前回訪れたときは通過しただけだったので、今回は夢の架け橋(正式名称は箱ヶ瀬橋)を渡り、対岸側からの景色をジックリ楽しみました。
 うーん、絶景です!

 平日ならではの恩恵で夢の架け橋中央付近で、夢のショットです。

 少し西進して良い場所を見つけ、鏡面の風景を。

 管理事務所に立ち寄りダムカードをGET。事務所からの景観も美しいです。

 最後は九頭竜湖駅(道の駅も併設)で休憩、恐竜の歓迎を受けました。

 せっかく福井に来たので、50km弱離れた永平寺町に新設された道の駅「禅の里」にも立ち寄りました。15駅となった福井県道の駅も再コンプリートです(笑)

 そして最終目的地の永平寺にお昼過ぎに到着。前回訪れたときは早朝でバッジのゲットだけだったので、今回はしっかりと参拝します。

 その前に永平寺真ん前のお店で、ソースカツ丼とそばの最強セットで腹ごしらえ。これで駐車料金が無料となりました。

 敷地に入って直ぐの場所に黄金の紅葉が。ライトアップではなく太陽の透過光で輝いてます。

 境内に入りますが、ここから先は参拝券が必要です。

 広大な屋内施設を一通り廻りました。この景色が印象に残りました。

 念願の御朱印もゲットして、今回のミッションはすべて完了!
 さすがに、ここからは高速(北陸道)を使いましたが、持病の運転神経崩壊?で関ヶ原ICで降りてしまいました(^^;)。養老公園の紅葉もついでに!でしたが・・ちょっとまだ早かったようです。結局素通りして、そのまま下道で帰宅しました。

 「ちょっと近場を紅葉狩りでも」とのつもりが、終わってみれば日帰り400kmのとても充実した旅となりました(笑)
 長文最後までお付き合いいただき有り難うございましたm(_ _)m
Posted at 2016/11/19 16:52:31 | コメント(5) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2016年11月06日 イイね!
福岡のボル友さんと最高の九州TRG(^^) みなさん、こんにちは!

 11月4日から6日の3日間、福岡-佐賀-長崎と九州北西部を楽しんできました。

 今回は4日に福岡の知人と会う用事があり、その後の2日間は休みが取れました。すかさずみん友のSeventh.Heavenさんに「また遊んでください」とご相談、「それでは一緒にツーリングをしましょう」と嬉しいお返事をいただき、福岡のボル友さんと夢のツーリングが実現できる運びとなりました(^_^)v

 タイトル写真は長崎県平戸市の生月島(いきつきしま)でのワンショットで、ウワサに違わずイキツキができないほど絶景に巡り会える島です。
 それでは楽しく超充実した3日間に、よろしければお付き合いください。

<11月4日(金)>
 遠足前日のお子ちゃま気分で我慢ができず、日付が変わって直ぐに自宅を出発(^^;)
 ほどほど?にスピードを抑えてACCでクルージング。トイレ休憩を挟みながら650km先の壇ノ浦PAに到着したのは、ちょうど日の出の時間でした。朝焼けの関門橋を拝んで九州上陸です。

 待ち合わせ時間は15時過ぎなので、北九州市からハイドラCP狩りのスタート!
 「到津の森公園」→「北九州市立美術館」→「槻田あおぞら通り」と巡り田川方面に南下。かなりジグザグルートとなりますが、香春町「道の駅 香春」→糸田町「道の駅 いとだ」から田川市「田川文化エリア」へ。
 再度道の駅巡りで大任町「おおとう桜街道」→添田町「歓遊舎ひこさん」→嘉麻市「うすい」→東峰村「小石原」→うきは市「うきは」と5連チャン。付近の名水CP「清水湧水(写真)」で休憩と気合で廻りました(^^;) 

 さらに朝倉市「原鶴」から久留米市「くるめ」と進み、ここで昼食。写真は郷土料理の「だご汁セット」で、ヘルシーで美味しかったです。「だご」とは熊本弁で「団子」のことだそうです。この後は「久留米市鳥類センター」に寄り道してから、九州自動車に乗って妻を太宰府天満宮で降ろして私は天神の待ち合わせ場所へ。
 打ち合わせ後は夜の中州で控えめ?に弾けて日付が変わる前には何とかホテルへ。
 走行距離906km、活動24時間と長~い1日でした(笑)
====================

<11月5日(土)>
 いよいよツーリング日の朝を迎えました。距離感が分からないこともあり、待ち合わせ場所の糸島市のコンビニに一番乗り(笑)
 ほどなくSeventh.Heavenさん、@うえだ@さん、ニノケンさん、imoimoさんご夫妻とメンバー全員到着。たくさん場所を回るドライブに慣れている私がNAVI頼りで先導することになりました(^^;)

 そのまま西進して佐賀県唐津市に入り日本の道100選「虹の松原」CP地点を通過して、観光名所の「佐賀・虹の松原」に到着。駐められる場所を発見し、縦列に並んで記念撮影です。
 松原と言えば東海在住の私にとって新日本三景に選出されている静岡・三保の松原が思い浮かびますが、虹の松原はクルマを運転しながら長い直線区間を観賞できるので、ツーリングにはもってこいの場所でした。
 ここで参加者5台の紹介を。手前からレーベルブルーのV60T5RD「@うえだ@号」、オニキスブラックのV60T4RD「imoimo号」、アイスホワイトのV40T4SE「ニノケン号」、パールホワイトのV40T4OCR「Seventh.Heaven号」、アイスホワイトのV40D4RD「96くろ号」の隊列です。

 鎮西町まで20kmほど進んだ道の駅「桃山天下一」で休憩。地元のおじさんらしき方がマジマジとこのボルボ軍団を眺めていて、帰り際には軽トラを横付けするような仕草まで(笑)

 やや予定時間をオーバーしていたので、付近の名護屋城CPを取得した後はランチ会場の呼子町「河太郎呼子店」へ。海沿いに駐車して後ろに見えるのは呼子大橋です。

 呼子といえばイカの活き造りですね。このお店は老舗で味も人気もナンバー1だそうで、到着時には駐車場は満杯、店に入るまで1時間待ちました。
 そして店内に入ると生け簀でイカが元気よく泳ぎ回ってます。これを見ただけで期待が膨らみます。

 席は7人全員が座れるテーブルがなく、imoimoさんご夫妻と相席となりました。4人とも定番?の「いか活き造り定食」を注文して、ついに出てきました!!

 イカは白いと思っている方は間違いです。本当に透き通るような透明です。ゲソはいつまでも動いてます。そして天ぷらと塩焼きも楽しめ、、旨いを通り越した味でした(^_^)v
 ところがもう1つの席では海老フライを注文した猛者がいたとか。愛知県民の私が同じ事をしたら語り草になりそうです(笑)
 ただ予想以上に昼食で時間を使ってしまい、旅程にかなり遅れが生じました。私の読みが甘かったもので、ここからは立ち寄って直ぐに出発という繰り返しになってしまい、参加されたみなさまには申し訳なかったです。

 そんな訳で玄界灘の波戸岬はCPを取得してスルー、そのまま海沿いを走り美しい鷹島(たからじま)肥前大橋(写真)を渡り、一時の長崎県入り。橋を渡って直ぐの「道の駅 鷹ら島」で休憩し、再び佐賀に戻って長崎県志佐町「道の駅 松浦海のふるさと館」まで50kmを一気!・・と思ったら到着間際に後ろ2台のV60がトイレタイムでいなくなってました(^^;)
 ちなみにどちらの道の駅も長崎県松浦市所在、島の多い長崎の地形の複雑さを実感しました。

 さらに20kmほど西進して平戸大橋を渡って平戸市内に入りました。平戸城は側を通っただけでしたが、CPではない「聖フランシスコ・ザビエル記念聖堂」に急坂を気にしながら立ち寄りました。
 明治に入り禁教が解けて信徒が住むようになり、1931年に建てられた教会はとても美しかったです。

 そしてついに生月大橋(写真)を渡り最終目的地の生月島に上陸です。ここから最北端の大バエ灯台(大碆鼻)を目指すのですが、行き方は2通りあります。普通に最短コースを選択すると県道の東海岸ルートになるのですが・・

 西側の生月農免農道(西海岸)ルートが絶対にオススメです。私のNAVIでは「道の駅 生月大橋」を中継地点にしたら、勝手に導いてくれました。
 しばらく進みトンネルを抜けると、この絶景。交通量も少なく即クルマを停めて記念撮影です。

 海や奇岩など、どこを撮っても絵になる絶景街道を最後まで進むと県道に合流し、塩俵断崖地点には広めの駐車スペースがあるので再度撮影会。クルマを絡めた風景を撮るのには最高でした。

 ほどなく北端の大バエ灯台駐車場に到着。背後の島を絡めてSeventh.Heaven号とツーショットをパチリ。

 歩いて直ぐに灯台がお出迎え。

 灯台に登って良い塩梅で陽に反射する海をパチリ。

 東南側も素晴らしい景観です。予定時間をだいぶオーバーしてしまいましたが、ここから帰路に就きます。先導は@うえだ@さんが努めてくれることになり、私は嬉しい最後尾にチェンジしました。

 帰りは県道ルートで助手席に撮影を頼みました。まずは棚田地点です。

 うーん、県道ルートも決して悪くないですね。

 平戸大橋を渡ったあたりで日没となりました。帰りは西九州自動車道からの高速ルートを選択。「道の駅 昆虫の里たびら」を通過して入口の佐々IC手前のスーパー駐車場で一旦解散。
 Seventh.Heavenさんのご自宅と私のホテルが近いのでSevenさんとランデブーを楽しみながらホテルに到着しチェックイン。

 ここで終わらないのが今回の旅の凄いところです。福岡ドーム近辺の餃子店にSevenさん、ニノケンさん、私ども夫婦の4人が集結して二次会のスタートです。
 Sevenさんとお付き合いのきっかけとなった?ギョーザはさすがにお墨付きだけあって、とっても美味しかったです。ただしゴマサバの宿題は季節柄、残念ながら持ち越しとなりました(笑)

 さらにお店を替えて三次会に突入。次はモツ焼きのお店で、ここもSevenさん御用達で、ウワサのモツ焼きはメチャ旨でした。4人の物好きは話が尽きることはなく、気がつけば日付変更時刻が迫っていたので、ここでお開きとなりました。
 この日も403km、19時間の活動となりました。おバカさんですね~(^^;)
====================

<11月6日(日)>
 最終日は最後の福岡名所?に向かうべく、Sevenさんと福岡ヤフオクドーム近くのコンビニで待ち合わせ。写真のSeven号はオーナーのこだわりを感じる格好いい仕上がりです。

 太宰府近辺まで走り、ついに憧れのガレージうえだに入庫しました。昨日のツーリングメンバーが懲りずにまた集結です。

 といっても実際の作業はガレージへの入館許可証となるステッカーの貼り付けだけです。
 ただニノケンさんのイカネタに対抗すべく、ジャッキアップをして貼った方が良かったと後悔してます(笑)
 お昼前に名残惜しくもお開きとなり、帰路に就きます。

 最後まで悪あがきは続き宗像市の「道の駅 むなかた」→「宗像大社」と立ち寄って北九州市入り。
 「ひびき動物ワールド」「響灘緑地」とCPをゲットして「若松恵比須神社」→「飛幡八幡宮」と進み、九州自動車道めかりPAで遅めの昼食となるとんこつラーメンで九州を締めくくりました。
 さすがに名古屋までの高速走行は辛かったですが、心配された西宮山口近辺の大渋滞スポットはほぼ渋滞が解消された時間に通過できました。ここから先は順調に名古屋まで走れて午前0時前には自宅に無事到着。
 最終日は838km19時間の活動となりました。

 素晴らしい景色とお友達が詰まった九州は現在一番のマイブームです。参加されたみなさま、心から御礼申し上げます。

 2000km超のロングドライブに最後までお付き合いいただき、ありがとうございましたm(_ _)m
Posted at 2016/11/08 21:39:38 | コメント(10) | トラックバック(0) | ハイドラ | 日記
2016年10月16日 イイね!
<OPM(オプミ)2016>参戦と富士山参拝 みなさん、こんにちは!

 10月16日(日)、年に一度のみんカラの祭典「みんカラオープンミーティング2016」に参加してきました。
 昨年に続き2度目の参戦でしたが天気にも恵まれ、得意の道中寄り道に加えて新たなお友達とも出会えました(^_^)v
 開催地は山中湖交流プラザ「きらら」なので“自称ハイドラー”としては、この機会に何かネタを探さなければ、と思っていました(^^;)

 そこで今回のテーマは「富士山」。よろしければ充実した?1日にお付き合いください。

 上図は“ハイドラーのバイブル”Take@Exaさん作成「ハイドラ攻略マップ」のクローンで、私の未踏CPを残したものです。愛知県民なので、関東から関西までのCPはダム、駅、IC/SAを除いてほとんど取り尽くしていたのですが、富士山2合目に鎮座する「富士御室浅間神社」だけはさすがに中々行く気になれず残したままでした。
 そして青いPマークは12日に追加されたばかりの道の駅CP。このうち無理矢理通り道にできそうな長野の道の駅「田切の里」。この2箇所に狙いを付けてOPM当日を迎えました。

 得意の早朝に出発して中央道を使って順調に道の駅「田切の里」に夜明け前に到着。第一CPまで150km未満なので近い近い(笑)

 CPをゲットして駒ヶ根方面に向かって走っていると、夜明けとともにキレイに空が焼けてきました。思わずクルマを駐め、ご褒美ショットです(^_^)v

 中央道に戻り諏訪湖を過ぎたあたりでTake@Exaさんのアイコンを発見し、ハイタッチ! その先のPAで休んでいると、なんとTakeさんが駆けつけてくれました。先月の四国ドライブ以来の嬉しい再会、そして念願の2ショットをパチリ(^_^)v
 それぞれのマル秘ドライブプラン後のOPM会場での再会を約束し、一旦お別れして東に向かいました。

 中央道・大月ICで降りて向かったのは富士急・田野倉駅。ここから妻はローカル線の旅に出ました。

 私は高速で河口湖に向かいます。その道中でファースト富士山です。

 河口湖駅で“旅”を終えた妻と合流。駅からの富士山はだいぶ雲がかかってきましたが、なんとかテッペンは拝めます。

 いよいよ富士御室浅間神社に向かいます。R138から県道に折れてしばらく走ると美しい並木道。滋賀のメタセコとよく似ています。

 ボルボのNAVIにはない細い道を登っていくと、新屋山神社奥宮の看板発見。日本一の金運パワースポットとして知られています。

 もちろん金運をつけるために参拝しました。それにしてもやたらに人が多いです。なんとOPMと同じく年に一度の一大イベント「奥宮祭」当日でした。

 富士山2合目から望む頂は雲もなく、とても新鮮な感じがしました。

 御朱印とともに、お祭りなのでさらに富士山羊羹ともみじの菓子のお裾分けもいただきました。

 さらに先に進むとこのゲートに出くわします。林道を使った富士御室浅間神社への入口ですが、熊のコーションがとても気になります。ここからは歩きしか術はなく神社までの距離は約2km。挑戦か、それとも諦めるか・・・。 

 入口地点からふと天を見上げると、これまで見た中で一番近く富士山の頂が美しく見え、勇気をもらった気がしました。そして門をくぐり進みます。

 林道だけに思ったより平坦な道ですが、非常に神経を集中しながら歩きました。

 思いのほか電波状況は良く、登山道との交差地点付近でCPはゲットできました。そして馬返し方面への登山道をくだり、ほどなく廃墟を発見。

 廃墟の対面に富士御室浅間神社(2合目)が金網の中で佇んでいました。今までで一番気持ちを込めて参拝して引き返しました。帰りは下りなので早歩きでしたが、もちろん物音など最新の注意を払いながら進みました。
 V40に戻り、いよいよOPM会場に向かいます。新屋山神社奥宮前はクルマで溢れかえっていました。この混雑はきっと年に1回だけなのでしょう。

 昨年は大渋滞したOPM会場の山中湖交流プラザ「きらら」ですが、今年はすんなりと駐車場に入れ、誘導に従ってあっさりと駐められました。会場に向かって歩くと、まずは青い軍団が目に入りました。

 止まらないハイタッチを楽しみながら、続いてマツダの赤い軍団。しぶいです。

 お友達のhajikun-7さんが所属するCompact Audi Owners Clubのエリアへ。うーーんやっぱりAUDIもカッコイイ!
 hajikun-7さんとご挨拶して談笑後、タイトル写真のゲートをくぐりました。

 会場に入ると大盛況! 今年は天気に恵まれ、ロケーションもとてもキレイです。一きわ行列が出来ているブースは「みんカラ」でした。みなさん、駐車場代と引き替えにいただけるみんカラブース専用の1000円券で品定めです。

 私は迷ったあげく、黒のナンバー隠しを1000円追金してゲット。

 場内を散策し、今ブログ最後の山中湖越富士山をパチリ。この後富士山は雲で完全に隠れてしまいました。

 会場で個人的に一番気になったクルマです。ガルウイングはともかく、このボンネットオープンは驚くしかありません。

 そしてTake@Exaさんと再会。富士山で遭難したんじゃないかと心配されました(笑)
 同行されていた鵞鳥(ガチョウ)使いさんとご挨拶。何でも急に思い立って四国から駆けつけてきたとか。
 そして九州のHIYOさんは空を飛んで、愛知からクルマに乗り換えご到着。東海道53次の中部地区を狙っての参戦。うーーん、強者ハイドラーに囲まれタジタジです(^^;)
 Takeさんを通じてご紹介いただき、ハイドラ&ポケモン談義(少々?)で花を咲かせました。

 14時30分過ぎに、すべてのイベントCPが配布され、バッジ2つとCP7つの取得を確認。
 みなさん、その後の予定が詰まっているようで(笑)、名残惜しくもお別れとなりました。会場を出てもハイドラアプリでは、全員が固まって私と一緒に移動していたのは、私のスマホ固有の現象なのか気になりました。

 帰路は東名→新東名ルート。やっと追加された新東名・浜松いなさ-豊田間のCPをゲットしながら、渋滞もなく順調に帰宅しました。

 今年もヒヤヒヤ富士詣、OPMでは友との親交が深められ、思い出深い楽しい1日となりました。
 また来年も行きたいと思っています(^o^)

 長文最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

※この記事はみんカラオープンミーティング<OPM(オプミ)>2016 について書いています。
Posted at 2016/10/17 19:03:16 | コメント(7) | トラックバック(0) | ハイドラ | 日記
プロフィール
「博多でのミッション完了です。めっちゃイルミが綺麗でした(^o^)」
何シテル?   11/28 22:33
96くろです。よろしくお願いします。 車歴:カリーナ1.6GT(TA40)⇒ピアッツア(G200WN)⇒ジェミニ(JT600)⇒カローラレビン(AE92)...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
2016-GW 東北の旅 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/08 20:07:38
加速が良くなると言うこと・・・の検証 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/13 12:05:06
Aピラーの外し方 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/23 14:44:58
お友達
いきなりの申請はお断りさせていただきます。
直接お会いしたり、深いコメントのやり取りなどを通じてお友達とさせていただければ幸いです。

長期間絡みがない、方向性が違う、過度な発信をされると感じた方は申し訳ありませんが解除させていただきます。

趣味の世界故、ご理解をm(_ _)m
87 人のお友達がいます
ペンギン☆彡ペンギン☆彡 * sontasonta *
apple.apple. * masazumimasazumi *
mohmohmohmoh ひろっすひろっす
ファン
49 人のファンがいます
愛車一覧
ボルボ V40 D4 RD (ボルボ V40)
ボルボの新世代ディーゼルに興味を持っていましたが、200台限定でV40 D4にR-Des ...
ボルボ V40 T5 RD (ボルボ V40)
初めてのVOLVOで、みんカラに初めて登録しました。 2013年10月26日に納車され、 ...
フォルクスワーゲン ゴルフ 5 GTI フォルクスワーゲン ゴルフ 5 GTI
初めて乗った外国車。転勤が決まりデミオでは埼玉-愛知の往復がつらいだろうなぁと思い、次の ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.