• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

96くろのブログ一覧

2017年06月17日 イイね!

いざ新潟!懲りずに日帰り1100km(^^;)

いざ新潟!懲りずに日帰り1100km(^^;) みなさん、こんにちは!

 6月17日(土)、先週に続き日帰りで新潟県道の駅巡りに行ってきました。
 先週、岡山-広島と日帰り1200kmドライブに行ってきたばかりですが、17日の新潟地方天気予報は「晴れ」。今後本格的に梅雨入りしそうなので、運転神経がマヒ?しているうちに行っちゃえ!となりました(笑)

 新潟はハイドラ上、愛知と同じ「中部地区」に属していますが、正直馴染みが薄く日帰りが狙える県?としてはCP狩りがあまり進んでいませんでした。関東と関西は全て道の駅コンプバッジを取得しているので、やっと重い腰を上げた次第です(^^;)

 とは言ってもとっても広い新潟県・・。1日で廻りきれるはずもなく北限をタイトル写真の「彌彦神社」に設定し、以南を根こそぎ狙うという暴挙プランを練りました。
 よろしければ2週連続となる日帰り1000km超の旅にお付き合いください。

 先週に続き真夜中の出発。中央道-長野道-上信越道と進み上越高田ICで降りて目指すは上越市安塚区。新潟は“コメどころ”と呼ばれていますが、進んだR405沿いは「棚田ロード」との看板が目に付きました。
 目的地に近付くにつれ細くなる道幅。しかし切越地区近辺のヘアピンで不安を吹き飛ばすような絶景といきなり遭遇。ちなみに走っているのは国道です(笑)

 ほどなく第一目的地の「道の駅 雪のふるさとやすづか」に到着。名前の通り雪だるま?モニュメントが出迎えてくれました。ここまで380km、、近いのか遠いのか早くも分からなくなっています(^^;)

 十日町方面に進むため県道13号からR403に入り酷道修行が続きます。棚田といえば道中に「星峠の棚田」という絶景スポットがあるようですが存在を知ったのはこのブログを書いている最中でした(笑)
 旅程を考え飛ばします。十日町市松代「道の駅 まつだいふるさと会館」→柏崎市「道の駅 じょんのびの里高柳」→十日町市中仙田「道の駅 瀬替えの郷せんだ」と進み小千谷市「道の駅 ちぢみの里おぢや」で休憩。写真の温泉に入りたかったのですが先を急ぎます。

 R17からJR只見線沿いのR252を進んで34kmほど走って魚沼市「道の駅 いりひろせ」に到着。
 駐車場の奥に池があったので、少し散策してみました。何やら鏡を持った女神像、最初はこの意味が分かりませんでした。

 池の名は「鏡ヶ池」。この水面を見たときに手鏡のナゾが解けました! なんていう透明度!!水面に映っているのは雲です。かなり感動しました(^_^)v

 良い気分転換を済ませた後は修行ドライブに復帰。長岡市「杜々の森湧水」から同じ市内ながら地形の都合でぐるっと回って「悠久山公園」、そしてUターンする感じで「道の駅 R290とちお(写真)」までノンストップ55km走破。

 三条市に進み「道の駅 漢学の里しただ(写真)」は良い景観でした。ここまでは関越道より東側を廻っているイメージです。そして一転都会的な「道の駅 燕三条地場産センター」から関越道の西側に入ります。

 折り返し地点となる弥彦村「彌彦神社」に到着して参拝。正式には「いやひこ」と読むそうですが、越後の一宮として「おやひこさま」の敬称で県内外から篤い信仰を寄せられているそうです。
 とても立派な御本殿で身が引き締まり、御朱印もいただきました。

 ドライブ的には最大の楽しみだった弥彦山スカイラインを北側から登りました。残念ながら前車につっかえてやや欲求不満(^^;)のまま山頂駐車場に到着し「弥彦山パノラマタワー」CPをゲット。

 せっかくなのでクライミングカーに乗って展望レストランでランチと洒落込みました。期待を裏切らず海側を望む景観は素晴らしい!

 東側は田園の風景。こちらも良い眺めです。

 景色とランチを堪能した後は再び弥彦山スカイラインを南進して完走。下りはマイウェイ?で、とっても楽しめました(^_^)v

 ハイドラモードに復帰して燕市「道の駅 国上」→長岡市「寺泊水族博物館」→「道の駅 良寛の里わしま」→見附市「道の駅 パティオにいがた」とジグザグに進み、出雲崎町日本海沿いの「道の駅 越後出雲崎天領の里」で休憩。
 写真は「夕凪の橋」を背景にたくさんのウミネコが舞うの図です。鳥が「ニャー」と鳴きながら飛び回る違和感を楽しみました(笑)

 柏崎市に進み「道の駅 西山ふるさと公苑」へ。当初は素通りの予定でしたが所在の西山町は故田中角栄元総理の生誕地で立派な田中角栄記念館(写真)が目にとまりパチリ。

 同市内ながら高速を使って再度日本海沿いの「道の駅 風の丘米山」CPをゲットして間近の「柏崎・恋人岬」へ。伊豆にも同名の岬がありますが、恋愛パワースポットとしてこちらも有名です。景色も良かったです。

 上越市まで海沿いを進み「道の駅 よしかわ杜氏の郷」から高速移動で「道の駅 うみてらす名立」と進み、ついに今旅最終目的地の糸魚川市「道の駅 能生」に到着。カニのお店がたくさんありましたが、時期的に今回は見送りです(泣)

 今回は順調に旅程をこなしていて予定より1時間も早く最終地点。施設に入ると記憶に新しい糸魚川の大火事から復興を願う「がんばろう糸魚川」の垂れ幕。
 復興を祈りつつ私も自宅までの長距離に備えてソフトクリームを頬張りながら「がんばろうオレ」と気合を入れました。

 上図は今回の旅程です。帰路は北陸道→東海北陸道ルートで330km、目立った渋滞もなく一宮SAで夕食を摂って無事帰宅しました。
 天気が良く、新潟の素晴らしさをタップリ味わえました。総走行距離は1118kmと先週より100kmほど少なかったのでその分疲れも思ったより少なかったです。でも日帰りはオススメできません(笑)
 どうも過走行病が本格化して・・来週は西の方角に進みそうです(^^;)

 またまた日帰り長距離ドライブに最後までお付き合いいただきありがとうございました。
Posted at 2017/06/18 17:42:57 | コメント(6) | トラックバック(0) | ハイドラ | 日記
2017年06月10日 イイね!

日帰り1200km!岡山-広島道の駅巡り(^^;)

日帰り1200km!岡山-広島道の駅巡り(^^;) みなさん、こんにちは!

 6月10日(土)、日帰りで岡山から広島道の駅巡りに行ってきました。
 本当は新潟に行こうと思っていましたが、当日は日本全国で北信越地方の海沿いだけ天気が悪いとの予報を見て前日に目的地を変更しました(^^;)
 近県道の駅はほぼ取り尽くしているので、日帰りとしては岡山が限界だと思い旅程を作成していましたが、最西が広島県境だったので「ついで」がどんどん膨らみ墓穴を掘りました(笑)
 それでは“自己最長”日帰り1200kmドライブによろしければお付き合いください。

 タイトル写真は広島県三原市の道の駅「みはら神明の里」から望むしまなみ海道の島々です。

 当日は1000km超長旅のため、真夜中に出発。東名阪-新名神-中国道と進み津山ICで降りました。R53を南下して第一目的地の岡山県久米南町「道の駅 くめなん」まで320km(笑)
 ここは素通りして20kmほどさらに走り吉備中央町「道の駅 かもがわ円城(写真)」でやっと休憩です。

 真庭市「道の駅 醍醐の里」まで北上した後は再度中国道に乗って新見市「道の駅 鯉が窪」まで西進。この2箇所で80kmと北海道なみの距離です(笑)
 鯉が窪は湿原が有名らしいのですが時間がなく、施設の綺麗なお庭を観賞して我慢です。
 これにて岡山県道の駅制覇にリーチですが、ここからが本当の修行ドライブです。

 西進して広島県入り。といっても庄原市「道の駅 遊YOUさろん東城」までたったの8km。しかし同じ市内の「道の駅 リストアステーション(写真)」までは42kmとなぜか高速移動です。

 とっても広い庄原市・・。今回の最北地点「道の駅 たかの」までは49kmあります。幸いなことに松江道(無料区間)が使えたので、距離の割には時間がかからずに済みました。ここは記念撮影だけです(^^;)

 三次市に入り「道の駅 ふぉレスト君田」で休憩。早朝から温泉も利用できるようですが、先を急いで同市内の「道の駅 ゆめランド布野」と回りました。

 中国道を一区間、30kmほど西進して安芸高田市「道の駅 北の関宿安芸高田」へ。今回の旅程を決めるときにどこまで西進するか悩んだのですが、次に立ち寄った100名城「吉田郡山城」を区切りにしました。ただお城はCP地点になかなか近づけず、バッジのゲットだけです(^^;)

 東広島市「道の駅 湖畔の里福富」まで山越えの南下。この駅では警察関係のイベントが開催されていて賑わってました。でもウリは写真の通り美しい湖畔の景観だと感じました。

 さらに35kmほど南下して竹原市に入り「道の駅 たけはら」は、ほぼ瀬戸内海沿いです。ここからやっと東進、帰路?に入ります(笑)
 2号バイパスを20km以上進んでタイトル写真の三原市「道の駅 みはら神明の里」でランチ。地元の名産蛸を料理した「タコ天定食じゃー」をいただきました。味も景色も良く今回廻った中では一番気に入った道の駅でした。

 福山市に進み沼隈町の遊園地「みろくの里」「道の駅 アリストぬまくま」CPをゲット。ここから『崖の上のポニョ』で、宮崎駿監督が構想を練った地として有名になった鞆の浦(鞆町)に進むのですが、クルマの通行量の割にいやぁ道が細い(泣)。
 「沼名前神社」に向かう途中で崖の上らしき場所から美しい風景をパチリ。

 ここから府中市まで30km北上。「道の駅びんご府中」までの福山市街地は片側2車線の整備された道路なのですが追い越し車線も走行車線も同速度で信号のつながりも悪く非常に時間がかかりました。この駅は写真のように商店街のような感じでした。

 福山市に戻り「吉備津神社」で参拝し御朱印をゲット。備後の一宮で、すでに回った備中(岡山)が本山のようです。

 さらに25km北上して神石高原町「道の駅 さんわ182ステーション」まで今度はワインディングロードを快適ドライブ。ソフトクリームでラストスパート?に備え栄養補給しました。

 迷いましたがアイス効果で再度福山市街地に戻り「福山八幡宮」「備後護国神社」に立ち寄ってから意外と近い岡山県笠岡市へ。そしてついに今旅最終目的地となる「道の駅 笠岡ベイファーム」に到着し、岡山県道の駅(16箇所)コンプリートです(^_^)v

 今回の旅程ルート概略図です。現地入りしてから500kmほど走りました。

 喜びもつかの間・・。そうです、ここから自宅まで375km走らなければ(滝汗)
 幸いなことに帰路は中国道・西宮山口JCT付近で少し渋滞しただけで、名神・大津SAで夕食を摂って無事帰宅しました。
 図はこの日のハイドラ記録。帰宅後はふわふわ感と充実感が入り交じりましたが直ぐに深い眠りにzzz。まぁ良く走りました!
 次は今度こそ新潟を、と思ってますがコチラもあまり距離は変わりません(^^;)

 長旅に最後までお付き合いいただき有り難うございました。
Posted at 2017/06/11 21:07:05 | コメント(7) | トラックバック(0) | ハイドラ | 日記
2017年05月27日 イイね!

でっかいど~は白い恋人(^^;)

でっかいど~は白い恋人(^^;) みなさん、こんにちは!

 5月24~27日の4日間、念願の北海道ドライブに行ってきました。
 暦に無縁な仕事故、GWは通常の休みを無理矢理くっつけて帰省しましたが、今回は私にとって本当のGWです。
 北海道ドライブは厳密には2回目ですが、昨年は出張ついで?の道南。今旅はまとまった日数が必要な道東から道央をみっちりと回ってきました。

 タイトル写真は3日目の26日に立ち寄った美瑛の丘で「ケンとメリーの木」を絡ませたショットです。
 それでは怒濤の4日間、2000km近いドライブによろしければお付き合いください。

<5月24日(水)第一日~新千歳-襟裳岬-阿寒~>
 旅の始まりは前日23日からでした。中部国際空港最寄りのホテルで前泊して早朝のLCC便フライトに備えました。駐車場代が無料になることと、早朝出発の負担を減らす狙いからです。
 当日の搭乗待機スペースで、Cygnusさんのお父上とバッタリ。なんと同じ飛行機で北海道へ向かうとのこと。前日に職場で顔を合わせていたので超ビックリでした。
 そして早くも試練、、向かう便は札幌上空濃霧のため成田に引き返す可能性があるとのアナウンス・・。定刻通りフライトした後、上空で機長から「新千歳に着陸します」とのアナウンスを聞き、心底ホッとしました。
 新千歳空港到着後は、レンタカーの段取りが悪く予定より30分遅れてやっと出発。苫小牧市「道の駅 ウトナイ湖」を通過して、むかわ町「道の駅 むかわ四季の館」へ。写真は今回相棒の青いスイフト君です。

 次の目的地(CP)新冠町「道の駅 サラブレッドロード新冠」まで約50km東進。日高と浦河を結ぶ国道235号線には競走馬を飼育している牧場が多数存在し、サラブレッド街道と呼ばれています。
 静内で県道に入り、道ばたで可愛い子馬を発見。カメラを向けると興味津々こちらに近付いてきてくれました(^_^)v

 その先に日本の道百選「20間道路」があります。長い直線の桜並木は圧巻! 次回は満開時に訪れたい場所です。

 国道235号に戻り、事前にリサーチしていた新ひだか町東静内にある「ドライブインあさり浜」でランチ。写真の磯ラーメンをいただきましたが本当にメチャ旨でした。あさりは名前通り絶品でした(^_^)v

 新ひだか町三石「道の駅 みついし」に立ち寄り、そのまま海岸線を南東へ67km進むと、やっとやっと、えりも町「襟裳岬」に到着です。写真は灯台です。

 この日は一日中曇り空でしたが、特に海側に近付くと霧が立ちこめ真っ白。
 「えり~もの春は~♪何もない春です〜♫」との事前知識?はありましたが、何もないことさえ分からない何も見えない景観は・・。まぁとにかく岬CPが取れたので良しとします(笑)

 北東に進路を変えR336を70km進んでやっと次のCP、大樹町「道の駅 コスモール大樹」で休憩。距離の話題はまた後ほど(^^;)
 次のCPまで短く?10km進んで幕別町「道の駅 忠類」からさらに10km走り、ついに更別村「十勝スピードウェイ(写真)」に到着! “サーキットの狼”ならぬ“サーキットの神様”称号を手に入れました(^_^)v

 付近の「道の駅 さらべつ」→中札内村「道の駅 なかさつない」から帯広市に入り「帯広空港」へ。そこから先は当初音更から高速で阿寒に向かう予定でしたが、次回を考えて下道で52km東進する浦幌町「道の駅 うらほろ」へ強引に立ち寄りました。
 さらに下道で75km北東に進んで、初日の宿兼CPとなる釧路市阿寒町「道の駅 阿寒丹頂の里」に怒濤のゴール! 旅程から最大60分遅れていましたが、なぜか宿の到着時間は10分遅れでした(笑)

 この道の駅は赤いベレーという宿泊施設があり、温泉も楽しめます。名前の通りタンチョウ観察センターもあるのですが、浦幌の手前で幸運にも野生のつがいを走行中に見ることができたので、写真は撮れませんでしたが目にしっかりと焼き付けました。
 まずまずの料理を楽しんで、温泉に浸かり、直ぐに瞼が超重くなりましたzzz
 ★初日の走行距離=465km
====================

<5月25日(木)第二日~阿寒-根室-羅臼-北見~>
 直前に朝食なしに変更し早朝出発しました。理由はどうしても羅臼を回りたかったためです。
 まずは同市内「釧路市動物園」→「釧路空港」。白糠町に進み「道の駅 しらぬか恋問」から釧路市中心部の名橋「幣舞橋」と順調。47km東進して厚岸町「道の駅 厚岸グルメパーク」からさらに東へ60km!根室市の「道の駅 スワン44ねむろ」で休憩。どんどん感覚がマヒしてきます(笑)
 写真は白鳥の湖「風蓮湖」ですが、時期的に姿は見えません。

 さらに東の突端を目指して根室駅へ。この付近で「国道最東端 根釧国道」バッジをゲット!
 駅の看板には「朝日に一番近い街」とあります。

 それでは満足できず?さらに22km東進して“本土で一番朝日に近い場所”「納沙布岬」に到着! しかし襟裳に続き濃い霧でココがどこだか確かめようがありません(泣)

 そんな私を慰めてくれるように、この岬が一発テリトリー。沖縄の辺戸岬とともに凄いコレクションとなりました。あっ、決して辺戸岬の維持活動はしてませんし両方とも喜んでお譲りします(笑)

 付近の「望郷の塔 オーロラタワー」CPを取得して2kmほど離れた日本最北最東の百名城「根室半島チャシ跡群」へ。
 アイヌ民族が構築した聖地や戦闘時の砦だそうですが、正直何が史跡なのかよく分かりませんでした。

 そして今旅AtoBとしては最長となる別海町まで94km走って「道の駅 おだいとう」でランチ。正規メニューではない特別海鮮フライ定食を注文。ホタテやホッキのフライは超美味、そしてド迫力毛ガニの味噌汁と大当たりでした。じゃらん6月号で紹介されたメニューです。

 内陸方向に進み中標津町「中標津空港」から再度海方向に戻り標津町「標津サーモン科学館」さらにメロディーロード27箇所完全制覇となる「♪知床旅情」を聴いてR335を北上。
 ついに急きょ予定に組み込んだ羅臼町「道の駅 知床・らうす」へ到着。この経路休憩なしで115km走りました(^^;)

 今旅ハイライトとなる知床横断道路に突入!今ドライブ一番の峠道をスイフト君が唸りながら登っていきます(笑)
 曇り空ですがキリと雪の白さにクネクネ道のコンビネーションは素敵です。

 そして羅臼岳。頭は隠れていますが良い景観です。

 斜里町への下りでキタキツネと遭遇。止まると近付いてきました。

 斜里町ウトロ西「道の駅 うとろ・シリエトク」→斜里町本町「道の駅 しゃり」から小清水町「道の駅 はなやか(葉菜野花)小清水」へ55km移動。鉄道の駅と併設されています。

 今旅程では最北の網走市に入り「道の駅 流氷街道網走」からは西進となります。
 大空町「道の駅 メルヘンの丘めまんべつ(写真)」で休憩し「女満別空港」から北見市北見駅前の宿にチェックイン。

 ここではKVKさんと夕食をご一緒にとお約束していました。北の地で久しぶり&感激の再会を果たせました(^o^)
 北見は焼き肉が有名だそうで、KVKさんに予約していただいたお店でカンパーイ!

 旨い焼き肉とビールで話が弾みます。たらふく食べて明日の再会?を誓いホテルに戻りました。
 部屋に入ると同時に予定通り睡魔に襲われましたzzz
 ★2日目の走行距離=589km
====================

<5月26日(金)第三日~北見-旭川-札幌~>
 朝食を済ませてチェックアウトするとKVKさんが待ち構えていました(笑)
 ホテルからKVKさんの勤め先まで同方向となる5分間のランデブー後、スーパーの駐車場で最後のご挨拶。訪問先でお友達にお会いできることは本当に素晴らしいと思いました。短い時間でしたが大変お世話になりました。暑い時期での再会を誓って次の地へ向かいます。

 30km以上走って北見市留辺蘂町「道の駅 おんねゆ温泉」へ。隣接している「山の水族館」「北きつね牧場」とハイドラーにとっては有り難い配置です(笑)

 遠軽町まで60km北上して「道の駅 まるせっぷ」から旭川紋別道に乗って「道の駅 しらたき」へ。
 そしてさらに東進して当麻町「道の駅 とうま」へ到着時は青空に(^o^) この駅では自衛隊車両が続々と入ってきました。

 今回「旭山動物園」は残念ながら素通り、東川町「道の駅 ひがしかわ「道草館」から「旭川空港」に向かう途中でこの景観。

 いったん美瑛町まで下りて「道の駅 びえい「丘のくら」から丘巡りへ。写真はセブンスターの木です。

 丘から見渡す景観もグッドです。

 自分では今旅一番のベストショット!
 ここからハイドラモードに復帰して旭川市内の「上川神社」→「常磐公園」→「旭橋」から「ニコラスタワー」へ。事前の予想通りタワーに近付くことができず、今回のCP取得は断念しました・・。

 気を取り直し深川市「道の駅 ライスランドふかがわ」→滝川市「道の駅 たきかわ」→「滝川市開基百年記念塔」→砂川市「北海道子どもの国」→浦臼町「道の駅 つるぬま」とひたすらCP狩り。交通量と信号が多く、距離の割には時間がかかります。
 そして奈井江町「道の駅 ハウスヤルビ奈井江」で観光名所「直線道路日本一 中間地点」をゲット。確かに直線は長いかもしれませんが、この道を使っても時間は稼げません(笑)

 その後も三笠市「道の駅 三笠」→岩見沢市「北海道グリーンランド」から新篠津村「道の駅 しんしのつ(写真)」と札幌に向かってジグザグハイドラ修行。
 ついに札幌市内に入り「北海道博物館」→「北海道百年記念塔」→「サンピアザ水族館」→「札幌厚別公園競技場」とCP狩り。
 そして次の「札幌ドーム」で全国プロ野球本拠地完全制覇を果たし野球場神様バッジをゲット!
 「豊平橋」→「中島公園」とCP取得しながらホテルへチェックイン。

 札幌市内中心部のCP狩りはホテルから徒歩で向かいました。大通公園は写真の花「ライラック祭り」で賑わっていました。まずは「北海道庁」→「さっぽろテレビ塔」。

 そして「札幌市時計台」で北海道観光名所コンプリート!
 「大通公園」「札幌大通」ともれなく取得した後は市電を一周(^^;)

 すすきのの海鮮居酒屋で大好きなホッケをいただきました。まいう~♪

 宿泊ホテルの付近のラーメン屋が、これまた大当たり。「すすり」というお店で、あっさり系を好む方にはオススメです。
 サッポロナイトを満喫してホテルに戻り、直ぐにグッタリzzz
 ★3日目の走行距離=446km
====================

<5月27日(土)最終日~札幌-ルスツ-室蘭-伊達-千歳~>
 ついに最終日の朝を迎えましたが、予報通りしっかりした雨が早朝から降っています。
 それでも宿泊ホテルのウリは朝食海鮮バイキング。イクラはツブが大きくプリプリで感激!しっかり過ぎるほど沢山いただきました。

 天気が天気だけに、この日は景色には期待せずCP取得に専念と割り切りました。
 まずは札幌市内の「札幌市円山動物園」→「北海道神宮」→「豊平川さけ科学館」→「札幌芸術の森」→「フクロウとキタキツネの森」→「ノースサファリサッポロ」と我慢のドライブ。
 そして札幌と道南地方を結ぶ大動脈R230に入り定山渓を通過して喜茂別町「道の駅 望羊中山」へ。羊蹄山を見る絶好のビューポイントなのですが、「真っ白」です・・。

 京極町「道の駅 名水の郷きょうごく」「羊蹄のふきだし湧水」を同時に取得し、真狩村「道の駅 真狩フラワーセンター」から留寿都村に入り「ルスツリゾート」→「道の駅 230ルスツ」へ。昨年訪れた洞爺湖近辺に進み「道の駅 とうや湖」から「ビジターセンター」と晴れていれば絶景を味わえたはずが苦難のドライブが続きます。

 壮瞥町「道の駅 そうべつ情報館i(アイ)」→「昭和新山熊牧場」から伊達市「道の駅 だて歴史の杜」→室蘭市「道の駅 みたら室蘭」→「室蘭水族館」と大雨のため写真も撮れません(泣)
 そして今旅3つ目の岬「地球岬」も視界はほぼゼロの真っ白でした。電話ボックスが丸いことは確認できましたが・・(笑)

 登別温泉まで移動して「のぼりべつクマ牧場」に到着しましたが、落雷注意報でロープウェイが運休しCPが取得できず。今旅最大の誤算となりました。水族館「登別マリンパークニクス」は難なくゲット。

 伊達市大滝区まで55km北上し「ノースサファリ大滝」から「道の駅 フォーレスト276大滝」で休憩。雨の修行ドライブは厳しい~。
 支笏湖をかすめて苫小牧市へ南下して「樽前山神社」から千歳市入り。「ナイベツ川湧水」から恵庭市「道の駅 花ロードえにわ」から再度千歳市に戻り「道の駅 サーモンパーク千歳」「サケのふるさと 千歳水族館」CPを同時に取得して全旅程完了! レンタカーを返却し空港へ。

 夕食はこってり系の味噌ラーメンで締めて、21時25分札幌発の飛行機で帰路へ。日付が変わった頃に無事帰宅しました。
 
 天気にはあまり恵まれませんでしたが、北海道の雄大さを肌で感じ取った素晴らしい旅となりました。密かに狙っている北海道道の駅制覇は今回44駅を廻りトータルで56。現在全部で117あるので、まだ半分にも達していません(^^;)
 キリ、雨、ユキ、雲と白い世界の向こう側をいつかは必ず見ることを誓い、「白い恋人」とあえてタイトルを付けてみました(^^;)
 来年は道北にチャレンジしたいと思っています!

 ★最終日は422km、トータル1922kmの超長旅に最後までお付き合いいただきありがとうございました。
Posted at 2017/05/28 18:12:36 | コメント(7) | トラックバック(0) | ハイドラ | 日記
2017年05月05日 イイね!

ラーメンを求めて福島TRG(^^;)

ラーメンを求めて福島TRG(^^;) みなさん、こんにちは!

 5月5日(金)、関東と東北のみん友さん3台で福島市から会津方面にドライブしてきました。
 当初GWは通常勤務で飛び石休みだったので、じっとしている予定でしたが仕事で緊急案件が発生し急きょ4日に東京出張が決まりました。それならばと強引に休みを入れ替え何とか5、6日と連休が取れました。
 どちらか近くに行った時は遊びに行きましょうとユル~い約束を交わしていたCuarentaさんに連絡し、私の希望で喜多方までラーメンを食べに行こう(笑)となりました。
 そして福島といえば、むふひさん。四国の無念を地元で晴らしてもらおう?と連絡を入れたところ、生憎お仕事でしたが、途中までならご一緒できますと有り難いお言葉。
 かくして直前決定の福島ツーリングが実現しました(^_^)v

 タイトル写真は磐梯吾妻スカイライン浄土平で吾妻小富士を絡ませた3ショットです。

 GW期間中なので、せめて下りは渋滞に嵌まらないよう午前5時に東北道・蓮田SAでCuarentaさんと待ち合わせ。Cuarentaさんは奥様、私は母とお互いに“スピードリミッター”を積んで(笑)いざ出発!
 狙い通り福島西ICまでスイスイと快適走行です。

 ICそばのコンビニで、むふひさんと合流。ご挨拶もほどほどに第一目的地の浄土平に向け直ぐに出発。地元のむふひさんに先導していただき磐梯吾妻スカイラインへ。
 道中はこの時期ならではの素晴らしい景観。残雪を横目に名前の通り空に吸い込まれるような感覚のドライブです。道中の休憩所で一息入れました。

 今回メンバーは3人ともハイドラ愛好家。それ故CPを休憩や立ち寄りポイントとしています。
 かなりのクネクネ道の箇所も、狙い通り?“スピードリミッター”をむふひさんに気にしていただき、ゆっくりと景色を楽しみながら走れます(笑)
 写真は浄土平レストハウスで、タイトル写真とは角度を変えたショットです。近辺は湿原や吾妻小富士の火口登山道があり、早朝にもかかわらず賑わってました。

 そしてハイドラーの方のために情報です。日本の道100選CP「磐梯吾妻スカイライン」は浄土平施設近辺にセットされていますが、私たちが訪れた時点ではdocomoしか電波が入りません。またGoogle Mapでレストハウスの電話番号をナビにセットすると、此処とは違う場所に案内される可能性がありますので、ご注意ください。
 私は地元の方のご案内とdocomoのSIMをお持ちの今回お二方に助けられました。ここでも感謝ですm(_ _)m

 続いて名水CP「小野川湧水」に向け、磐梯吾妻スカイラインを下って、レークラインに入り、秋元湖と小野川湖湖畔をかすめます。道中は雪壁や湖を見下ろす景観を存分に楽しめました。素晴らしいドライブコースです。
 CPはスキー場「グランデコスノーリゾート」近辺ですが、エリアが広いようで施設到着前にゲットできましたが、そのままスキー場駐車場へ。営業していましたが広大な駐車場を3台占めできました。

 ここで むふひさんはお仕事のためとっても名残惜しかったのですがお別れとなりました。
 急なお誘いで、しかもお仕事前にもかかわらず案内していただき本当にありがとうございました。お土産までいただき、参加できず悔しがっていた妻のご機嫌取りとなりましたm(_ _)m

 次は20kmほど離れた「道の駅 裏磐梯」へ。気温がグングン上昇してきて定番?のソフトクリームをいただきました。私の組み合わせはバニラと山ぶどうです。

 ビューポイントがあり、遠目ながら美しい桧原湖と山々を楽しめます。手前は残雪です。

 4kmほど西進するとCPではありませんが「ラビスパ裏磐梯」という施設があります。ここの地名は「桜峠」。その名の通り植樹した約2000本のオオヤマザクラが峠一面に咲き誇る景観が楽しめるはずでしたが、今年は開花が遅くまだ咲き始めでした。

 現地は「さくらまつり」最終日でしたが・・それでも雪山を絡めた景観は3~5分咲きでも十分美しいです。

 さらに20kmほど西進して喜多方市に入り「道の駅 喜多の郷」に立ち寄りました。ここでnobuさんとまさかの合流・・ではなく見知らぬ方の赤いV60の隣に吸い寄せられるように駐めてしまいました(^^;)

 待ちに待った喜多方ラーメンを食するため、市役所近辺にクルマを進めると祭り?と重なったためメインストリートは通行止め。袋小路に嵌まりそうになりながら何とか駐車場を確保。
 ここからGW渋滞の始まりでした。むふひさんからオススメされた店に向かうと物凄い行列。たっぷりと2時間は並びそうでした。さすがに諦めて比較的短い行列の写真のお店に並びました。これでも30分強待ちました。待ち時間より暑さが辛かったです。

 お店の名前は「玄(げん)」。老麺会に属しているのでハズレではなさそうと思い、チャーシュー麺大盛り(写真)を注文。
 食べてみると透明なスープはやはり絶品。求めていた味がちゃんと味わえました。ラーメンは好みが分かれると思いますが、私は喜多方ラーメンが一番好きです。

 磐越道に向かいがてらに「道の駅 あいづ湯川・会津坂下」に立ち寄り、今回の行程は完了。
 いよいよ白河から断続的に30km以上の渋滞が待つ東北道で帰路へ。確かに巻き込まれましたが、思ったよりも進む感じがしました。
 Cuarentaさんとは解散場所の蓮田SAまで離れることなくノロノロランデブー、そして名残惜しくもお別れ。ラーメン目的で700kmという壮大?なドライブにお付き合いいただきありがとうございましたm(_ _)m
 むふひさんとともに、また遊びましょう!

 翌日は自宅の手前約100km地点の浜松で“途中下車”。目的は写真のさわやかハンバーグでした。
 こちらも喜多方ラーメンに負けず激混み90分待ちでしたが、感覚麻痺も手伝って何とかありつけました。こちらも大好きな味です。

 という訳でじっとしているはずが、1500km超えの超充実した帰省となりました。
 「岡」から新たに「島」が加わった“福友”さん。どちらも遠い地ですが、中間?の名古屋にもぜひ遊びに来てください(^o^)

 長文最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
Posted at 2017/05/07 14:22:52 | コメント(6) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2017年04月23日 イイね!

アフターは小豆島(^^)

アフターは小豆島(^^) みなさん、こんにちは!

 前回のブログで4月22日に開催されたしまなみ西日本オフのご報告をさせていただきましたが、アフターとしてみかりんさんご夫妻と小豆島周遊プランを組み込んでいました。

 私にとって小豆島は初めてで、「オリーブ」「二十四の瞳」ぐらいしかイメージが湧かなかったのですが、実際に訪れてみると素晴らしい島でした。
 タイトル写真は島の観光スポットとして人気急上昇中の「エンジェルロード」を見下ろせる約束の丘展望台に設置された幸せの鐘越しのサンライズです。

 それでは二十四の写真を添えた“第二章”によろしければお付き合いください。

 まずは言い訳からスミマセン。幹事でありながら脱兎のごとくオフ会会場を後にしたのは新岡山港を16時発のフェリーに間に合うかもという期待からでした。
 距離は116kmほどですが、山陽道倉敷ICを降りて25kmほど岡山市街地を走らなければなりません。少し渋滞に巻き込まれましたが15時45分に港に到着し、フェリーに乗り込めました。
(写真はみかりんさんご主人撮影)

 新岡山から小豆島土庄港の便はほぼ1時間に1本あるのですが、乗船時間が70分あるので夕食時間が後ズレすると翌日が厳しくなるので間に合ってラッキーでした。
 久しぶりにハイドラで海中遊泳画面を楽しみました(笑)

 小豆島に到着!土庄港からホテルまでは80mしかありません。
 チェックイン後は直ぐに温泉へ。写真垂れ幕の「塩の湯」にみかりんさんのご主人と浸かったのですが、日焼けした体には真に「傷口に塩を送り込む」ような感覚でした(笑)

 温泉後の夕食はこんな感じです。結構昼と被っていたので肉がとても美味しかったです。

 食後はホテル近くのコンビニまで飲み物とアイスの買い出し。ライトアップされたフェリーは綺麗でした。まだお子様タイムでしたが部屋に戻ると疲れがどっと出て即寝でした。
 初日583kmの旅は終了です。
====================

<4月23日(日)>
 たっぷり睡眠してもAM4:00前に目が覚めました(^^;)
 この事態を想定して“朝練”メニューを作っていて、ハイドラ名水CPに向かって妻と出発!
 道中で突然みかりんさんご主人から電話が。冒頭のエンジェルロードは「干潮時刻から渡れないね」と前日話していたのですが、今ならまだ渡れると嬉しい現地からのご報告でした。直ぐにUターンして現地に到着し余島まで渡ることができました(^_^)v

 実はみかりんさんご主人は私たちより早く出発していました(笑)。ご連絡本当にありがとうございました。
 合流して約束の丘展望台に登り、美しいエンジェルロードの全景をパチリ。貴重なお宝を手に入れた気分です。エンジェルロードは「大切な人と手をつないで渡ると、願いが叶う」というロマンチックな場所ですが私たち夫婦が取った行動は内緒です(^^;)

 そしてそのまま みかりんさんご主人とハイドラ名水CP「湯船の水」に向かいました。標高400mの湯船山山腹にある小豆島霊場44番札所にあるのですが、道が細くクルマでは入れない場所にあるので駐車場含めて朝練にして良かったです。

 急峻な地形特有の千枚田にもこの名水が注がれ、美味しいお米が獲れるそうです。この景観も素晴らしい!

 朝練を終えた2台がホテルに戻ると朝陽を浴びて良い感じです♪
 朝温泉に浸かり、バイキングの朝食を済ませて2日目の旅に出発しました。

 最初に向かった先はホテルから8kmほど東進した場所にある「道の駅 小豆島ふるさと村」。ここではトイレ休憩のみでした。

 次の目的地「オリーブ公園」に向かう途中の県道251号で海沿いの“撮影してくださいポイント”を発見しクルマを止めました。素晴らしいロケーションにウットリ。ただしここから先は狭いクネクネ道に豹変します。

 R436に合流するとすぐに「道の駅 小豆島オリーブ公園」に到着。サイクリストや団体さんが多く、立ち寄った場所の中で一番賑わってました。ここで定番のオリーブオイルを購入しました。

 西進して南東に回り込んで「二十四の瞳映画村」に到着。駐車場のロケーションも良かったです。

 迷いましたが菜の花に惹かれて入園しました。ご存じ?映画「二十四の瞳」のロケに使ったオープンセットが残されていて、昭和初期の雰囲気を味わえます。

 上写真の橋の袂になぜかコブダイが泳いでいて、観光客に「エサをくれ」と猛アピールしていました(笑)

 岬の分教場でしっかりお勉強もしました(^^;)

 続いて日本の道100選CP「内海ブルーライン」を取得して、そのままクネクネ道のブルーラインを登って「寒霞渓」山頂に到着。
 日本三大渓谷美のひとつと称され、紅葉が素晴らしいと聞いていましたが紅葉がなくても十分楽しめます。向かいの山にはうっすらと山桜が見えました。

 続いて山頂から5分ほど登った鷹取展望台から海を望むショットです。渓谷と海のコラボはとても新鮮でした。

 一通り景色を満喫して小豆島スカイライン方向に進んでいると、美しの原高原という字面に惹かれて立ち寄ってみました。立派な四方指展望台があるようですが、渓谷に一番近い場所から望みました。最初のショットでうっすらと見えた桜を間近に望む、この日一番感動したショットです(^_^)v

 走り出したら2度とアクセルを踏む必要がない小豆島スカイラインを快適に下りきって、北岸を進み「道の駅 大坂城残石記念公園」に立ち寄りました。これにて道の駅香川県(18箇所)もコンプリートとなりました(^_^)v
 大坂城を修築する際に切り出され 使われることなく放置された約40個の大きい残石と、立派な資料館があります。

 これにて小豆島周遊ドライブは終了!島内を約半周70km満喫しました。2日間絶好の天気にも恵まれV60みかりん号とのランデブーはいつも楽しい旅となります♪ 今回もご一緒いただきありがとうございました。

 帰りのフェリーは帰路が一番楽な大部-日生ルートを選択(写真はみかりんさんご主人撮影)。
 赤穂ICから山陽道→名神と進み、今回は渋滞を考慮して草津JCでみかりんさんご夫妻とはお別れとなりました。

 2日目の走行距離は436km、トータル1010kmとチョット少なめ?ですが、オフ会プラスαの超充実した2日間となりました! でも・・愛媛-香川のイベントだったにも関わらず四国本土に上陸していないことは内緒です(笑)

 最後までお付き合いいただきありがとうございました。
Posted at 2017/04/26 07:42:09 | コメント(6) | トラックバック(0) | VOLVO22 | 日記

プロフィール

「龍馬の土佐から日本の夜明け(^^;) 残念な曇り空ですが今日も走ります!」
何シテル?   06/24 05:41
96くろです。よろしくお願いします。 車歴:カリーナ1.6GT(TA40)⇒ピアッツア(G200WN)⇒ジェミニ(JT600)⇒カローラレビン(AE92)...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

ハイドラ獲得バッジ一覧表 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/11 06:18:46
2016-GW 東北の旅 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/08 20:07:38
加速が良くなると言うこと・・・の検証 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/13 12:05:06

お友達

いきなりの申請はお断りさせていただきます。
直接お会いしたり、深いコメントのやり取りなどを通じてお友達とさせていただければ幸いです。

長期間絡みがない、方向性が違う、過度な発信をされると感じた方は申し訳ありませんが解除させていただきます。

趣味の世界故、ご理解をm(_ _)m
83 人のお友達がいます
シークーシークー * コック40コック40 *
sontasonta * HIRO!!HIRO!! *
@うえだ@@うえだ@ * ブリッジブリッジ *

ファン

53 人のファンがいます

愛車一覧

ボルボ V40 D4 RD (ボルボ V40)
ボルボの新世代ディーゼルに興味を持っていましたが、200台限定でV40 D4にR-Des ...
ボルボ V40 T5 RD (ボルボ V40)
初めてのVOLVOで、みんカラに初めて登録しました。 2013年10月26日に納車され、 ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
初めて乗った外国車。転勤が決まりデミオでは埼玉-愛知の往復がつらいだろうなぁと思い、次の ...

過去のブログ

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.