車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月31日 イイね!
もう年の瀬か写真はソリオ=D:2のデュアルカメラ。スズキ版はカメラの間隔が小さいとはいえ、かようにスッキリまとまるものを、スバル版は何故あれほど巨大な筐体が必要なのか。

わざわざああいう形にしてるんなら、それこそデザインの為のデザインでしかないんだが。

COTYをインプレッサが取った。それ自体悪いニュースではないが、国沢光宏氏も言うように「新型車のリリースが少ない一年だった」即ち敵が少ない中でキープコンセプトの「守りの商品」が取ってもねぇ。

RJCとCOTYが喧嘩別れして以来、さほど関心事でもなかった上、iQ事件からはもう「まだやってたのか」としか思わないし。

クレードルフレームが入れにくいから、クロスメンバー〜フロントサス下にブレースを入れましょう。これでステアリングレシオを上げられます。しかし、たかだか150psそこそこの車にそんなクイックレシオが必要だろうか?音振バランスでフロントが負け気味な点も変わらないし。
リアのフローティング構造もロール抑制のレスポンスが良くないので、スタビをボディ側に直付けしましょう。生産性は落ちるんですが←ユーザーにそんな事情を聞かせる所、妙に恩着せがましいと思ったら、1.6には付かないという。全グレード展開してから言えば?

前回はデザインのオタンコぶりを挙げたけど、トルクベクタリングもね。水野和敏さんも指摘してた件…「GT-Rの開発に貢献したのがマレリの車両総合解析システム。馬力や加速G、トルクとゲイン、それまで各部門がバラバラの指標でやってた仕事を、1つの物差しにまとめたのは大きかった」

「クルマを創るのにエンジン屋は馬力、ボディ屋は加速Gで性能解析して、どうやってその数値をつなげるのかと。トルクとゲインなんかどうつながる?最後はVDCでリリースしましょう、って出口しかなくなるんだ」

スバルがやってる「ブレーキトルクベクタリング」なるものの技術基盤はここ止まりだよ。1/1000秒単位の挙動解析にしても、日産がそれを目指すとCMで謳ったのは「イチロ・ニッサン」の頃だったはず。ACT-4もVTDもベースは30年前のもの。いくら完成度が高いにしても、そろそろ次の弾は無いのかと思うのが普通。
今やリアビスカスも組まない、減価償却済みAWDでしかないしさ。目立った変化ったら、ステップATからチェーンCVTになったくらいでしょ。

ホンダの3モーターSH-AWD辺り見てると、これにV6なんかじゃなく4発のダウンサイジングターボ組んでハナを軽くすれば、相当なモノになるなと思っちゃう。

ライフサイクル・コストを考慮すると、ハイオクを使いたくないから2.0NA、新型は直噴で燃費も良くなりました…か。だったらハナから、225/40R18なんてバカ高いタイヤ持ってくるな。

そこまでのシューズを与えたのに、GTI的な存在感を醸し出せないのは何故なのかね。

デザインに迷いが見える、後から後から思い付きで書き足したようだと散々指摘したけども、
「レガシィのお客さんの受け皿を用意しなきゃならない」
「スポーツワゴン時代のカーゴスペースも捨てられない」
「セダンの販売比率が低落傾向だけども、品揃え上は欠かす訳にもいかない」
と割り切りの効かない社内事情を一身に押し付けられたPGM氏も気の毒だ。ユーティリティやマーケティングの都合で商品企画を組み上げたところで、「際立とう2020」を体現するようなクルマは出っこない。

いっそセダンなんかバッサリ斬り捨てて、オペル・シグナムの縮小版みたいなクルマにしちゃえばいいのに。アメリカでもセダン、大して売れちゃいないらしいし。中国では出てるのかな?ああ、だからやるのね。あそこで月に2000台でも出りゃ、商売にはなるか。ドイツじゃ全く選択肢に上がらないけど、それを問題にする人間はみんなSTI他に出されちゃったみたいだからな。

もう書き飽きてきたなぁ。年もまたぐし。

こんな小言だらけのブログも閉めようかと思案中…楽器方面の話してる方が楽しいんだよね。もはや。

ではまた、いつか気が向いたら。

良いお年を。
Posted at 2016/12/31 23:37:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車諸々 | クルマ
2016年12月18日 イイね!
ポリッシャーかけたらフェンダーインナーから

バリバリバリバリバリバリバリバリ!

とすげー音がするんで、なんだと思って見たらどーやら共締めするべきアナにファスナーが留まってない。



処置後。

はぁ。何の都合でバンパー外したか知らないが、こんな仕事も満足に出来ないのかね。
Posted at 2016/12/18 14:08:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | eK | クルマ
2016年12月11日 イイね!
インプ試乗…しに来た某D、



フェアでもないのに🅿️満車。

試乗?なにそれウチの仕事?

そんな感じ…☕️
Posted at 2016/12/11 17:17:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | スバル | クルマ
2016年12月04日 イイね!
ガラス補修。クルマに乗るようになって、数多のケミカルを使って来ましたが、



自己評価の使用後。



実際の使用後。

アウグとやらの「キズ補修セット」には歴代ケミカル中、費用対効果ワースト1をつけたい。
Posted at 2016/12/04 12:53:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車諸々 | クルマ
2016年12月01日 イイね!
ほらな。今出てるベストカー📖。

水野和敏さんがインプについて書いてるけども。

まぁまぁ、あれほどスバル贔屓だった自分がいまや「どうにも食指が動かない」「こんなデザインにカネを出す気はない」理由を

「デザインの良し悪しは主観が支配する要素」だと断りながらも、仔細に渡って明快に

斬って捨ててくれているので非常にスッキリした次第。

インパネの印象なんかそのまま同意見だった。

デザインディレクターに外部から引っ張られた難波さんはどうやら、13年に退任したらしい。現ディレクターは「丸目の戦犯」、かのマイスター辰己英治氏をして、GD/GGについて「ひっでえクルマ作ったな」と言わしめた石井守氏、車両デザインの統括は先代レガシィで「ヘキサゴングリル」の導入に失敗した磯村進氏である…

正直、今や韓国メーカーと比較してもデザイン力が劣ると言われている国内メーカーにあって、両氏の「画力」「造形力」には相当の疑問符がつく。

エクシーガでは「他社のように、ランプ類がボディ面の流れから飛び出たようなデザインはやりたくない」と言いながら、現在はどうだ。特に各車の「コの字」は、スケッチ上にマッキー太字で書き足したような「取って付けた感」満載の飛び出しっぷりである。

〜WRXのリアは収まってる?あれはフェンダーを絞り込まず(絞りきれず?)に面全体の量感がバンパーまでスッコ抜けているだけだ。穴の開いたボンネットとリアスポイラーが付いてれば「お、スポーツカーだ」なんてCMで言えてしまう会社ならでは。

スポーツなり、スポーティを冠するクルマには、踏まえるべき「デザインの定石」がある。WRX/レヴォーグにそのテイストは皆無だ。せいぜい、後ろ下がりのルーフライン程度であろうか。それだけ?そう、それだけだ。

何故、ここまで責めたてるか。

かつて、パキパキガンダムチックデザインを量産した三菱でも、こんなデザインはやらなかった筈だからである。

今のスバルはアレ以下だ。
Posted at 2016/12/01 18:35:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | スバル | クルマ
プロフィール
「もう年の瀬か http://cvw.jp/b/290038/39098676/
何シテル?   12/31 23:37
タクシー乗務員です。が、仕事の車は嫌いなので、ここで触れる機会はあまり無いと思います。6年ぶりにスバル復帰したのにあっちゅー間にミニバン属へ逆戻り。あ?らら。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
GTI-R 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/01/15 06:17:23
表情 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/01/10 00:44:08
とっくに明けまして 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/01/03 15:11:38
お友達
まあ、モノローグみたいなもんですので。
13 人のお友達がいます
宮里 蓋宮里 蓋 * たいちょたいちょ
Mak@あゆパパMak@あゆパパ パパ(JZX100)パパ(JZX100)
田島虹輝田島虹輝 紅炎紅炎
ファン
5 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ ラグレイト ラグさん (ホンダ ラグレイト)
ワタクシ的初ホンダ。初V6。初SOHC。初ドラムブレーキ(後)。初コラムシフト。初レギュ ...
三菱 eKワゴン いーけー (三菱 eKワゴン)
もらい事故の代車で借りた初代eKに「クルマなんてコレでいいのかもな」と思わされる。初代譲 ...
スバル プレオ スバル プレオ
もう当分出ないと思われる、 「4輪独立懸架」 「4輪ディスク(フロントVディスク)ブレー ...
日産 キューブ 日産 キューブ
嫁3号車。 保有期間最短記録(1年10ヵ月)車ですね。写真は慣らしに御殿場まで走らせた ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.