• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

R016のブログ一覧

2017年05月19日 イイね!

安倍内閣からの天の声

2017年5月19日、松野博文部科学大臣は、「加計学園の新学部をめぐり、「総理の意向」と伝えられたとする文書の存在は確認できなかった」、と発表したが、 文部科学省が、そんな文書の存在を認めるはずが、絶対ない。

内閣官房スジと、文部科学省の上層部の両方で、極秘扱いの倉庫行きになっているはず。

安倍内閣は、森友学園絡みの、財務省の書類といい、東スーダンのPKOの日誌といい、不都合名書類は即極秘書類として倉庫送り(破棄したことに)にするようだ。

安倍内閣でなくとも、不都合ならば一般的には誰でも書類は隠すはずだ。


安倍晋三は、2006年、最初に内閣総理大臣になった時に、「『美しい国づくり』プロジェクト」を立ち上げて、内閣官房に「『美しい国づくり』推進室」を設置した。

その、『美しい国づくり』のなれの果ての生き残りの結果が、森友学園との関わりであり、加計学園の一件なのだろうと思える。

美しい国づくり、イコール、教育なのか。

そして、美しい国づくりに賛同してくれる教育経営者への配慮。

「『美しい国づくり』推進室」は、会議開催や事務所設置などで費やされた経費は4900万円であったというが、後任の福田康夫内閣総理大臣は、のちに経費について質問され「会議をやっただけでそれだけというのはちょっと高すぎる。高すぎるということは無駄だということだ」と述べている。

2007年に安倍晋三が、内閣総理大臣を辞職しなければ、このような特例的な、事象はもっと早くに起こっていたのかもしれない。


森友学園の問題が表面化した当初、安倍晋三は、2017年2月17日の国会での答弁で、

「いわば私の考え方に非常に共鳴している方、その方から小学校を作りたいので『安倍晋三小学校』にしたいという話があったが、私はそこでお断りをしているんですね」
「私が死んだ後であれば話は別だけれども、何かそういう冠をしたいというのであれば、私の郷土の大先輩である、例えば吉田松陰先生とかの名前を付けられたらどうですか、という(話をした)」

と、言っている。

さらに遡る事、2015年9月に行った、安倍昭恵夫人が、森友学園での講演で、

「こちらの教育方針は大変主人もすばらしいという風に思っていて、(学園理事長の籠池泰典)先生からは、安倍晋三記念小学校という名前にしたいという風に当初は言っていただいていたんですけれども、主人が、総理大臣というのはいつもいつもいいわけではなくて、時には、批判にさらされる時もある」
「もし名前をつけていただけるのであれば、総理大臣を辞めてからにしていただきたいということで...」

と、言っている。


どうみても、安倍晋三は、森友学園と面識はあり、安倍晋三小学校という名称そのものは、内閣総理大臣という職にあるうちは、いろいろ問題もあるので、今はその名前を使わないで欲しい・・・

でも、時期があえばその時に・・・

みたいな、やりとりを”森友学園”側としていた。ふうに読み取れる。

多分いろいろ、やりとりをしたのだろう。

いろいろやりとりしているからこそ、私人である”安倍昭恵夫人”が、名誉校長なる、職についていたはずなのである。

そして、今回の加計学園問題。

これまた、私人である”安倍昭恵夫人”が名誉園長になっているという。

火の無いところには、煙りは立たない。

学校の新設と、名誉◎長と、安倍という名前。

これは単なる偶然なのか?


世の中には、゛天の声゛という、物凄いカを持った、お告げがある。

このお告げに、逆らうといろいろ圧力が、かかってきて、とんでもない事になるので、゛天の声゛にさからう事が事実上困難だ。

最近、安倍晋三は、この゛天の声゛をいろいろ使っているのではないのか。

忖度は、゛天の声゛に応えた結果であろう。

何かしらの、゛ちから゛が動いたから、忖度しなければならない訳で・・・




Posted at 2017/05/19 21:43:02 | トラックバック(0) | 日記
2017年05月03日 イイね!

現安倍政権下での憲法改正には反対する

安倍晋三は、「第19回公開憲法フォーラムでのビデオメッセージ」や、読売新聞他で、2020年に新憲法の施行を目指すと公言した。

安倍晋三のビデオメッセージで、安倍晋三はこう述べた。

 もちろん、9条の平和主義の理念については、未来に向けて、しっかりと、堅持していかなければなりません。そこで、「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」という考え方、これは、国民的な議論に値するのだろう、と思います。

9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む・・ である。

憲法改正そのものには、賛成であるが、安倍政権は、どうも政権の都合の悪い事象の書類は、素早く”破棄”するようで、そんなご都合主義な政権下での憲法改正には、賛成しかねる。

右翼教育を積極的におこなっていた幼稚園に荷担し”忖度”なる事態を作るそんな政権に、大東亜戦争に突き進んでしまった、大日本帝国の反省を、胸に刻んで継承できるのであろうか。

私たち日本人が、先人の失敗から学ぶべき事、そして、その失敗の反省から生まれた現憲法について、理解し学ばなければならないはずである。
安倍政権には、その心があるとは私は思えない。

2020年のオリンピックを開催するためには、今国会で組織犯罪処罰法改正案を成立させなければならないというが、その中身で、277の対象犯罪には、「文化財保護法」「種苗法」「絶滅のおそれのある野生動物の主の保存に関する法律」「モーターボート競争法」「著作権法」が含まれていて、保安林でキノコを採ることもテロの資金源にはなるらしいが、サザエやアワビの密漁は、組織犯罪処罰法に含まれていないという、何ともおかしな法律を、何としてでも今国会で成立しようとしている安倍政権。

憲法も、そんな調子で改憲されてはたまったものではない。


これまで、安倍政権に対して、ネットを使って噛みつくことは控えてきたが、このままでは、2020年に、継ぎ接ぎだらけのおかしな憲法が出来そうなので、安倍政権に対して強くもの申しておきたい。




Posted at 2017/05/03 17:55:40 | JOURNAL | 日記
2017年04月25日 イイね!

天体写真に挑む 天の川 Vol1

天体写真に挑む 天の川 Vol1
ようつべを見ていたら、天体撮影をしている方の動画に出会った。

初心者でも撮影出来て、それらしい写真となると、天の川がよいようだという事がわかった。

しかし、天の川を撮影するなら、新月頃、そう今。

夜中に撮影出来そうな場所を探して、とりあえず撮影してみた。

星景写真で挑戦したいが、手軽な良い風景を探す時間はない。

とにかく、カメラの設定を知るためにも、天の川の撮影を実行!!




思ったより、天の川とわかる写真が一応撮影出来た?!かなぁ・・・

今夜も撮影にチャレンジと思ったが、天気は下り坂。

雲で、星空は見られず・・・・


やはり、光害のない、山の中へ行かないと綺麗には撮影出来ないのか。

外灯の灯りが入ると綺麗な写真にはならないようだ。
Posted at 2017/04/25 21:09:34 | photo | 日記
2017年04月18日 イイね!

2017 4月

2017年 春 さくらなど



夜さくら   構図が良くない・・・



垂れさくら





さくらを撮る!





菜の花とさくら





夜のライトアップ時に行けば、田圃にはった水面が鏡になるのだろうが、昼間では上手く鏡にならず・・・









山の斜面に自生する福寿草





自生するかたくり













山の中にひっそり咲く雪割草




Posted at 2017/04/18 18:07:09 | photo | 日記
2017年03月29日 イイね!

責任者とは?

栃木県の山岳部「講習会」の責任者の記者会見を見た。

責任者を直接避難するのは、関係者でない私が、言うべきではないのだろうが、責任者の発言としては、責任回避とも感じる発言内容のように聞き取れて、正直残念に感じる。

経験のある先生、前任の責任者だった先生と協議して、事故が起こった日の行動を決めたという。

協議して、行動を決定する事自体は問題では無いが、その最終決定したのは、この会見で話をした責任者の先生自身であるはずだ。

それでなければ、責任者を置く理由がない。

山岳部の顧問を務める先生であるならば、リーダーの役割とは何か知っているはずだ。

もしも、知らないのならば、責任者になる資格すら無いし、リーダーの役割を知らず(果たせないのに)リーダー(責任者)の位置にいたのならば、それ事態がこの登山グループの安全性を欠く一因になってしまっている。

そして、この会見で責任者が話した中で、重要な点がもう一点明らかになった。

責任者は、生徒達”訓練本隊”が講習フィールドへ出発した後に、本部となっている旅館のチェックアウトをする際に、一時無線機を車の中に置いて、手元に無かったという。


この記者会見を聞いて、なぜこの事故に至ってしまったのか、その一端がわかったような気がする。

私が知る、私が思う、真の登山のリーダー(責任者)がこの「講習会」にはいなかった・・・・

そう感じる。



そして、リーダー不在の集団は、痛ましい事故に出会う最悪の結果になってしまった・・・

それは、運悪く、目の前の雪面が、偶然雪崩れてしまったという想定外だったとしても、その想定外の事実は、真のリーダー不在という、歯車のズレが、もたらした末の結果だったのではないだろうか。



文部科学省の教育機関として、国立登山研修所があるが、そのような組織をもっと積極的に活用出来ないのだろうか。

こんな、山岳事故を起こさないためにそのような研修組織があると思うのだが・・・

事故が起きたから、高校生の冬山、春山登山の禁止という、短絡的な結論に進むのではなく、山岳事故が起きないように、学ぶ、教育する事こそ必要だと私は思う。

その学ぶのは、高校生自身はもちろん、指導者もである!!


















Posted at 2017/03/29 21:49:32 | トラックバック(0) | JOURNAL | 日記

プロフィール

 (^ ^)/~~
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

お友達

3 人のお友達がいます
オカピー156オカピー156 ddmoterddmoter
bigsnakebigsnake

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ウィッシュ トヨタ ウィッシュ
現使用車
その他 その他 その他 その他
写真の頁 CANON AE-1(右)  CANON EOS5(左)

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.