• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライトバン59のブログ一覧

2017年12月09日 イイね!

金時山登山

金時山登山


時は12月8日・・・もう今年もあと少しで終わりかぁ~
なんて能天気になっていた頃・・
気が付けば師匠から業務連絡が・・(笑)
明日ヤビツを制覇する!・・・どうかね?・・

おぉ~・・!
(オ-プニング画像・・きんやさん提供)




全開・・ちがった前回は、出発直後に地震があり、職場から緊急連絡が・・
電話連絡で事なきを得たが師匠を待たせてしまった・・

これはこれは、懲りずにお誘い頂けるなんてありがたいチャンス・・
(・・・でも寒そう・・・汗・・・前に冷が付く)



・・・で、今回は、絶対遅れないようにと気合い十分で・・

16号の橋本129号への分岐・・今日も予定通り?間違えた・・笑




早速16号横浜方面から129号厚木方面へ軌道修正・・
いつもの129号もここ(写真の場所)までくれば一段落・・・

昨日は雨・・路面凍結が心配だけど幹線道路なら大丈夫・・
宮ケ瀬からヤビツ北斜面は無理だろう・・)




 246号伊勢原あたり時刻は8時頃
   静岡県側の富士山が綺麗・・・




そこから数キロ程の名古木交差点(ヤビツ入り口)のイレブンで待ち合わせた

今回はお待たせできないので、45分ほど早く到着・・


・・・で

ここまではすべて予定通りだったけど・・・



・・・おぉ~・・・
これから行くヤビツ・・・三の塔・・二の塔・・一の塔?・・がぁ~・・・

またまた霧の中かなぁ・・・

しかし小田原、箱根方面は雲がなさそう・・
(今の時間ネ・・)




とりあえず
箱根方面へ・・時間短縮で東名に秦野中井から一区間だけ乗りました・・




大井松田ICで降りたけど
どこ行くんだっけ?・・・・




ここらへんはきんやさんのお庭なのでお任せしちゃおう




ちょっぴり未練の丹沢方面は相変わらず・・・






大井松田IC方面



 矢倉岳
ここまで来たら見覚えが・・・



足柄峠方面ですね・・・







さすがにお庭なので余裕のひょうきんなきんやさんです・・
(ひらがなが乱立してます)




矢倉岳の反対側・・こちらが正面かな?




もう10時回っているけど昨日の雪?溶けていませんけど・・

やってきたのは金時山でした。

この看板からちょっと行った先を左折です・・・





登山道もこんな感じです・・




途中の休憩所?から・・




ここからの700mが結構厳しい・・笑




空気が温まれば水蒸気になり雲が発生するのは当たり前かぁ・・



頂上に到着・・・
さすがに登りやすく関東から近い知名度のある山・・
この寒さでも結構賑わっていました。
(カップラ-メン、おにぎり、水、バ-ナ-、クッカ-なべで昼食したが、
          写真撮っていない・・ブフォフォ)



芦ノ湖?



雪?



 金太郎おじさん?





下山時は北?西?斜面の雪が凍結していてスリリングでしたが
無事15時下山終了できました。


帰りは大井松田から厚木まで東名利用・・

あとは129号~16号でした。





.
Posted at 2017/12/10 20:15:26 | コメント(4) | トラックバック(0) | | 日記
2017年11月18日 イイね!

福島尚さんア-ト作品・・

福島尚さんア-ト作品・・鉄道博物館って・・・
万世橋のとこにあった時(当時は交通博物館?)
に行ったきりでした。

 ふと新聞見ていたら

  次の記事が・・・



これは一体・・・
是非とも見てみたい・・・
・・・・で行ってみました



快感ちがった開館40分前到着・・



もうすでに何十人か並んでおります
天気も日光の手前・・イマイチですからね・・笑

(今市市民の皆様ごめんなさいジョ-クですよぉ・・
 立派な名産たまり漬けがあるじゃないですかぁ・・ってフォロ-になってる?)

そういえばこの場所(鉄道博物館)・・大成駅・・
お風呂カフェの近くなんですね・・



 10時開館と同時にダダ-っと雪崩れ込み・・
 みなさんシュミレ-タ-とかのほうに散っていったみたいですが
 自分は真っ先にこちらへきました
 上の、この公告・・写真ではないんですよ・・

 作品の写真を撮りたかったのですが
 撮影禁止でした。



 これはそのパンフレットです



  拡大してみました・・・
  なんと手描きなんですねぇ・・





 会場内では以前テレビ取材があった時のビデオが上映されていました
  以下はただその感想を述べただです。笑
 
 鉄道が好きだそうで
 ペーパ-クラフトも・・・
 ふつうのお菓子などの空き箱とか厚紙にフリ-ハンドで部品を書いて
 切り抜き組み立てます。

 車と違って機関車なのでスケ-ルがわかりませんが
 だいたい機関車部で全長20CMくらいだったでしょうか・・
 絵と同じく、つるはしや、操縦席まで精密に作ってありました。

 高価な鉄道模型よりこだわりがあります笑

 絵のほうは、遠近法をうまく使っていて
 レールに当たる光の反射具合とか周囲の木々や砂利などもリアルです

クルマの絵も写真と見間違うばかりのものがありますが
鉄道関係だと車両だけではなく線路や周辺の風景まで描写しているのは凄いです。

なかでも
感動したのは手に持つ信号灯・・が書かれた一枚の大きな絵・・
その手信号が画面の一番手前で大きく描かれています
当然精密に描写されていて
ガラスの凹凸を通して抜けていく白熱電球の光・・
また手信号のボディ-がアップで描写されていますので
製造年や小糸製作所などの製造元のネ-ムプレ-トも忠実に描かれています
その文字がフリ-ハンドとは思えないほど緻密で
刻印されている字体そのものです

車両ではなくそういうところをクロ-ズアップする・・
鉄道に関するすべての物が好きなんでしょうね・・

それから吹雪の中を駆ける機関車がすごい・・・
一見黒い塊にしか描けないだろうと思うのですが
こんなにも多様の色彩で描かれているのかとびっくりです
配管類とかメカニズム系もすごくこだわっています。

これらの情報(題材)は写真を見ることなく
自分の記憶の中から取り出して再現していくそうです。

また何もない線路の上に、好きな電車を乗せて書くこともできるそう・・

いやぁ・・これは「サヴァン症候群」なのっでしょうけど
人間の脳の不思議を見る事ができました

しかしこれらの作品は趣味で描いているもので
仕事といえば自立支援センタ-のようなところで
簡単な仕事をしているみたいですね
ご両親も、彼の将来を心配されていました。

このような芸術家にもっと光が当たることを願いました。


  以上感想文おわりっ!・・・ブフォフォ




・・・で・・・
ついでなので、電車の展示も見ましょうね・・



本物もすぐ近くっていうか高架下に博物館がありますからね笑





いといろな電車が通ります・・・



室内のほうは・・・



古めかしい電気機関車が中央に配置されていて
お立ち台さながらに回転します・・



昔の御料列車でしょうか
怪しいホテル顔負けです笑





 学生の頃に見慣れた中央線電車見るとホッとしたり・・





































一番左の電車見ると
787Bレナウンカラ-思い出すんですけど・・笑

以下独り言です・・
自動車博物館も建ててほしいですねぇ
公共な乗り物ではないから無理かなぁ・・
すくなくとも国立は無理か・・笑
(中には雑木林みたいな国立公園もありますがね・・)

旧車の美術品がスクラップになるのは悲しいですねぇ・・
草ヒロにならないうちに救出保存したいのがたくさんありますねぇ・・

メ-カ-も売り上げ見込むのはわかりますが
定期的にモデルチェンジって・・
(デザインって時代に流される物なんでしょうか・・
 ワゴンRも3世代目が一番よかった・・
 レビンだってTE27が・・・スカイラインも・・あぁ・・)
例にあげなかった
他車オ-ナ-の方ごめんなさい、
(もちろん、魅力的ですよ・・・ウフッ♪)
超個人的な趣味独り言です
    ご容赦を・・・

自動車産業も日本経済に多大な貢献していると思うのですがねぇ・・ブフォッ


.
Posted at 2017/11/19 13:38:31 | コメント(2) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2017年11月12日 イイね!

午前中ちょろっと巾着田・・

午前中ちょろっと巾着田・・11月12日・・
今日は北風ピュ-ピュ-である・・
自転車にとって風は天敵かもね・・

・・・で飯能のム-ミンの家の反対側・・
あず公園駐車場から・・・



巾着田にきました







巾着田もこの時期はなにもありませんね・・




そのまま高麗神社まで来ました

七五三だかで大変賑わっていました・・











怪しいおじさんです・・・










パノラマです・・








 また巾着田に戻ってきて向かい側の担担麺屋さんで昼食・・










紅葉が綺麗でした・・・
Posted at 2017/11/14 20:23:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | 自転車 | 日記
2017年11月11日 イイね!

三頭山

三頭山11月11日・・
1が並んでなんだか気持ちいい・・
ついでに天気も気持ちよく・・
近場で五日市の紅葉もちょうど一年前だったんだよね・・

奥多摩の紅葉もだいぶ進んでいるんだろうな・・




・・・で都民の森からおと-さん・・ちがった三頭山へ行ってみた・・




・・・今日は意外と暖かいので
五日市方面から
バイクで出かけてみたよ・・



この辺は、スカブ-乗っていた頃、ヨシムラの排気音も心地よく
ルンルンで走っていて
検挙された思い出の場所の近く・・ブフォフォフォ・・
(車検対応のヨシムラはノ-マルよりも静かなくらい・・)
(・・・で・・こんな峠でスピ-ドだったのね・・・
あなた何キロでていたの?・・・
カ-ブで危なくてメ-タ-なんか見ていません・・・ブフォフォフォ)
自慢にもならないが
県外で検挙されると行政手続き時間かかるのね・・
(略式起訴・判決・講習など)
(ヨシムラもう一本買ってお釣りがくるほど国庫に貯金しました)
 
  まぁ、お縄にならない走りを心かけましょうね・・



 紅葉が綺麗です(紅葉はコ-よっ!なんて言わないですから・・)



  イチョウの調子はいいね・・・ブフォフォ・・



上野原と奥多摩(旧有料道路)の交差点ですね





都民の森到着・・・

駐車場で
こういう地図配布しています

さてさてブナの路コ-スで行ってみよう・・




チップと落ち葉で気持ちいい・・





上の場所からの景色です・・







  森林浴?・・・森の中へワ-プだぁ・・





おぉ~・・

程なくして吊り橋が・・・



文字通り滝を見るためだけの立派な吊橋



渡った先は行き止まりでした・・笑

(東京都の潤沢な資金・・・
    埼玉にも恵んで・・・笑)



写真では迫力に欠けますが・・
なかなかいい雰囲気です







滝の後はいよいよ本格的登山道に・・



もうすでに体力消耗していますが・・・



綺麗な清流・・・




多摩川の源流とも言えるのか・・




こんな沢沿いを右岸左岸に渡りながら歩いて行きます・・





標高1200mくらい?・・
もう冬を迎える準備が整って
紅葉は過ぎていますね・・





ついにオト-サン・・ちがった
三頭山山頂(1525m)(東峰1531m)です。
ここまで3時間かかってしまいました。



暑くてかなりへたばっています・・・





方向がはっきりしませんが
たぶん南方向でしょうか
日本の象徴?が・・・


午後13時ころですので
ぎっくり・・ちがったクッキリするよう編集しました







富士山の手前(麓)でキラキラしているのは吉田市街でしょうか
それとも河口湖か山中湖?・・・




午後は西側斜面は明るいのですが
帰りのブナの路は東斜面?・・・
15時前というのに
ずうっと日陰でうす暗かったです。





まだ清流が気持ちよさそうに思える気候ですが
そのうち凍える季節がやってくるのでしょうね・・



西日に浮かび上がった山々が綺麗です



はるか下のほうをバスが走っていました・・・

(ピンボケですみません)
Posted at 2017/11/12 21:59:22 | コメント(3) | トラックバック(0) | | 日記
2017年11月05日 イイね!

瑞牆山登山

瑞牆山登山思いがけない好天気・・
当初雨も予想されていたが
毎年入間基地航空祭の文化の日は
さすがに晴れの得意日・・
宇宙が覗けるような青空でした。
連休中日は仕事でしたが
秋晴れは続く予報・・・
・・・で・・・最後の日曜日・・



勝沼・・・塩山(大菩薩・柳沢峠)方面

銀河さんのコチラのブログ・・

・・・そうでしたかぁ・・・笑

・・・・で、連休最終日・・こんどこそは・・笑



  (勝沼から南アルプス?八ヶ岳?を望む・・)


いつもの全く無計画な自分・・
能天気に6時頃自宅出発・・
(あなた登山舐めたらあかんで・・と言われそう・・)
(普通はこの時間に登り始めないと・・)

16号で素直に中央道八王子から乗ればいいものの
圏央道西八王子ICから・・
こんな場所ナビが無いと来れないよ・・

・・・・っていうか、市街地でもないし幹線道路にも連結していない
国土交通省?道路公団?はよほど地主との誘致に手を焼いたのか・・
などと余計な詮索をしてしまう笑

(そんなことどうでもいいから早割で最初から最後まで高速でしょ?)



増富ラジウムラインから



塩川ダムを左折して瑞牆山荘へ向かう・・







これから登る瑞牆山です・・
(・・勝沼から下道走ってただ今8時40分・・もう9時ですよ・・)



ここから瑞牆山荘まで30分くらいかかるだろう・・
果たして日没までにあそこまで登って降りてこれるのか?・・



9時半到着・・

なんだか先回と運びが同じでないのぉ~
(普通今、下山して到着でもおかしくない・・)

瑞牆山荘前駐車場は当然満車・・
駐車場アクセス道路だからまぁいいか・・



霜柱も残る登山道を歩きましょう・・





頂上は隣町ですかぁ・・笑




やっとこさ富士見平小屋へ到着・・

まだテント畳んでいない人多いいなぁ・・

ここをベ-スに金峰山と瑞牆山などを登るひともいるみたい・・



トイレの脇の登山道・・(これが悲劇の始まりなのであった・・)



こんな東斜面通っただろうか・・

・・・最初出合った人に山頂はこの道ですか?と尋ねたら

「そうですよっ」・・と言っていたが・・



 しかしどうもおかしい・・

 またしばらく歩き 次の人に
 
  今度は「みずかき山はこちらですか?」と聞いてみた・・

 そうすると、しばし考え込む・・・



・・・で、地図を取り出してくれて確認・・

あぁ・・ここ(瑞牆山)へいくのですね・・こちらは金峰山ですよっ・・

「えっ!えぇ~・・・」と、驚く・・
と言うか、この時間に登ってきて、ここで間違えるとは・・
いっそのこと金峰山へ行こうか・・




しかし、まだ大日小屋までは歩いていない
金峰山はまだまだ先・・

やはりUタ-ンして富士見平小屋まで戻ろう・・・
結局ここで1時間タイムロスであった・・


たしかに頂上には違いないが、山の名まで告げないと
健脚の人は当たり前のように二山くらい歩くでしょうからね・・笑

(実際金峰山へ行って来たという人が多かった・・時間も時間ですから・・)




ようやく富士見平小屋から河原へ着きました
ここからは、山頂まで一気登りです・・
(この川、増水していたら渡れないよな・・)

もうほとんどの人が下りてきている・・





北斜面?の凍った岩(鎖場)を抜けると梯子が・・
(だったら凍った岩に付けておくれ・・・笑)



・・・・で
その先には
富士山が・・見えました・・



ついに悲願の山頂です。





最後の一団が下りた後はだれもいませんよ・・・
(果たして自分は生還できるのだろうか・・)



   なんか寂しい・・・
もう14時半である・・
駐車場から富士見平小屋へ30分?
富士見平小屋から山頂3時間
金峰山への間違えでタイムロス1時間
ざっくりト-タル4時間30分かかってしまった笑
(健脚の人は1時間30分から2時間30分で登ってしまうと思う)








たぶん金峰山方面だと思う・・


だれもいなかったはずの頂上に・・
この写真は自分だけではなかった能天気なおじさんたち二人(失礼)に撮っていただいた。







 頂上の景色もうすこし堪能していたいけど
 その1分1分が命取り・・・
 タイムロス差し引いても登り(休み休みで)3時間30分・・
 ・・あぁ・・神様ぁ~・・



二子山も恐怖だったけど、ここも恐ろしい
頂上は見上げるだけでも満足なのだけれど
先回山頂目前で失敗しているし・・
今回も?・・一瞬、3度目の正直のブログ書くのかとも思いました・・

体力が全く無いのに登山する自分に呆れるが・・
正直は2度にしたかった。
ギリギリの賭けにでてしまいましたが、目的達成・・
あとは、どうにでも・・・いや、どうかなってはいけない・・



なので下山開始です。
おじさんたち二人も駐車場へ戻るといっていたけど
後ろを歩く声もしない・・


どこかで寄り道してたのであろう
あとからやってきた別の健脚登山家は自分を追い越し
あっと言う間に消えた・・
(時間間に合いますよ、と言っていたけど、慣れた足取り・・そりゃそうだよね)

自分はその2倍時間かかるよ・・
だが帰りの登山道は
西側斜面なので幸い西日が射しこんでいる・・

しかし秋はつるべ落としのごとくあっという間に日没が・・
自己責任で遭難を避けるために
筋肉痛で重くなった足を持ち上げるように
ようやく富士見平小屋目前まで戻ってきました。

恐らく完全日没タイムリミットは17時・・・
現在16時30分である・・・


一組のカップルらしき登山者が休憩していた。
辺りは後数分で暗闇の世界・・
一緒に歩いて先導してもらおうかとも考えたが、
まだ薄灯りで、目を凝らせば、落ち葉を踏みしめた跡が見えた・・

富士見平小屋から駐車場までは、似たような斜面で
登山道の区別がはっきりしない・・

かろうじて、どうでもいいところに目印のリボンがあったりする・・

足は限界を超えて、マメも出来ている・・
でも生還したければ、先を急がねば・・

地図も、灯りも持たずに、呆れた登山だったけど
最後に瑞牆山荘の灯りが見えたときは涙が出そうになった。

荷物をバイクに突っ込み、両足フラフラでバイクに跨り
漆黒の闇と化した峠道をハイビ-ムで疾走・・笑
ナビを頼りに北杜市へショ-トカット・・

幹線道路20号へ出た帰りは勝沼から高速でしたがこれまた大渋滞
上の原で下りたが
因みにこちらの20号は高速のそれよりひどい
相模湖からまた乗り、西八王子で下りたら411号が工事で通行止め
泣きっ面に蜂ではれあっがて、外気6度も輪をかけた。

この日の夜は両足が攣ってまた泣きそうになった。

でも頂上制覇の目標達成感にはすばらしいものがあった。
Posted at 2017/11/06 18:50:37 | コメント(4) | トラックバック(0) | | 日記

プロフィール

「じょし・・・

てっきり女子かと思っていた・・
女史ネ・・・

・・・・
史と吏・・・
「し」 と 「り」
ジョリジョリ・・・?
アレッ?
似て非なるものだった・・
ブフォフォフォ」
何シテル?   12/12 18:43
一応ライトバンの由来ってか? 今は死語となりつつある単語かな 今風にはステ-ションワゴン? 4ナンバ-の自動車税の安さにあこがれて乗っていた セ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

Y'sGARAGE日報vol.13 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/10 14:19:31
2017-6-2.3 雲取山登山記(第14座) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/02 21:19:53
山形銀蠅さんのミラジーノ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/23 21:52:12

ファン

103 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ シルバーウィングGT400 ABS ホンダ シルバーウィングGT400 ABS
国産400ccスク-タ-では唯一2気筒 エンジンとマフリャ-が車体に固定 スイングア-ム ...
その他 自転車 その他 自転車
2011年10月購入 ロ-ドバイクってどうなのよ? ・・・・乗って見て・・・ 学生のマ ...
スズキ スカイウェイブ400 スズキ スカイウェイブ400
気が向いたら出動です2004年式CK43Aスカイウェーブ400 .・・・2004年から ...
いすゞ ジェミニ いすゞ ジェミニ
1500ccのタ-ボディ-ゼル 納車時からイルムシャのレカロシ-トと ハンドリングbyロ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる