車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月21日 イイね!
A45で早春一泊ドライブ(箱根編)前回からの続きです。)

先週金曜日から一泊ドライブに行ってきました。
向かった先は小田原・箱根方面。
この時期、箱根のお山は凍結の恐れもあるので、四駆のA45で出撃です。



宿に一泊後、今日は箱根方面に向かいます。
宿から箱根に向かうルートは十国峠・湯河原パークウェイ・椿ラインの3通り。
見晴らしが良いので十国峠ルートを選択する事が多いのですが、今回は椿ラインを選択。

このルートはワインディングが楽しく、またバイク軍団が多いことで有名です。
今回は時期的なこともあり、バイクはほとんど走っていません。
路面はドライに近いハーフウエット。
濡れ落ち葉に気を付けながらマイペース走行で山道を駆け上がります。

途中の休憩ポイント、椿台でクールダウン。
眼下の湯河原の街並みと相模湾の展望が良いことから、かながわの景勝50選に選ばれています。



椿ラインの終点、大観山に到着。
その後少し走ると凍結注意との警告版。
外気温は2度との表示です。
そういえば大観山到達後、走る道の路肩には雪が残っていました。



見渡す風景はぎりぎり富士山が望めるくらい。
いい感じで気分よく走れそう。
このまま芦ノ湖スカイラインへと思いましたが、今回は中止かな。

路面状況は昨夜の小雨でハーフウエット。
芦ノ湖スカイライン場合は吹きさらしで日陰のカーブが多く、凍結の恐れもありそうです。
路面状況を気にしながら走ってもいいのですが…楽しめそうにありません。
今回がこれで最後という訳ではないのでやっぱりやめましょう。

そうと決めたらどこかでゆっくり風景を楽しみたい。
途中の天閣台駐車場でクルマを止め、あたりをゆっくり見渡しました。
こんな感じで富士山も拝めました。



今回の箱根ドライブの目的の一つは箱根彫刻の森美術館に伺うこと。
以前、メルセデスジャパンから箱根彫刻の森の無料招待券を頂きました。
去年の8月にも行ったのですが、せっかくなので再度、立ち寄ってみました。

ここの駐車場は手前の混雑している平置きを抜けた先、奥の室内がお勧め。
入り口まで少しだけ歩きますが、一台当たりのスペースが広くて安心して止められます。



今回の企画展は篠山紀信写真展
ここ箱根彫刻の森美術館に展示されている彫刻を題材に篠山紀信自身が写真を撮ったもの。
観ていると吸い込まれそうになるその迫力とそのセンスにただただ圧倒されました。



↑の大きい方の画像は構図を真似て撮ったもの。
実物はもっと広角でダイナミックに寄ってましたが…
やっぱり写真は構図ですね。

美術館を後にして夕飯のお買いもの
仙石原にローストビーフが美味しい精肉店があります。
その店の名は相原精肉店
ローストビーフは松竹梅よろしく3種類。
高いのは美味しいのですが脂身が多め。
今回は赤身主体で噛むほどに肉の旨味が出てくる一番安価な箱根山を購入。



その後、御殿場アウトレットで嫁さんへの点数稼ぎ。
駐車は土曜日なので会場横の駐車場には止められません。
東名御殿場IC近くに点在されている駐車場に止めて無料のシャトルバスで向かいます。



まずアウトレットではランチです。
朝食をしっかり取ったので遅めの軽いカフェメニュー。
サンドイッチとシフォンケーキを頂きました。
その後は嫁さんに引き回され、ショップめぐり。
気になるお目当てのモノは見つからず、残念でした。



今回のお土産です。
小田原で買った200円のみかん。
小さいけどすっごく甘かった。

Posted at 2017/02/21 08:11:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2017年02月20日 イイね!
A45で早春一泊ドライブ(小田原編)先週金曜日から一泊ドライブに行ってきました。
向かった先は小田原・箱根方面。

この時期、箱根のお山は凍結の恐れもあるので、四駆のA45で出撃です。
まず向かった場所は、神奈川県松田町の西平畑公園
現在、ここでまつだ桜まつりが行われています。


開花状況は満開!
今年は通常時期より2週間くらい早いようです。

ここの場所の名前をご存じない方が多いと思います。
この時期、東名高速の大井松田IC付近を走ったことがある方ならなんだと思うかも。
東名高速でその付近を走ると小高いお山に桜が一面に咲いている場所気づいたら・・・
まさにそこです。
私も以前から気になっていて、今回初訪問です。
この東名から見える桜は河津桜。
一般的なソメイヨシノより色が濃く、一ヶ月以上も早く咲く品種です。

7時過ぎに出発し、9時前には現地到着。
公園内には70台の駐車場がありますが、平日ですが既に半分くらいは埋まっていました。
ここが一杯になると市内の臨時駐車場に止めて、シャトルバスを使うことになります。
止められてラッキーでした。



松田山の斜面で、約360本の河津桜が濃い ピンク色の花を咲かせます。
車道とは別にその斜面を歩ける歩道が整備されています。
そこをゆっくり鑑賞しながら登ります。
まさに桜のトンネルですね!

春の訪れを満喫しました。
次の向かうとします。



10時過ぎに現地を離れ、次に向かった先は小田原市尊徳記念館
ランチまでの時間調整も兼ねての立ち寄りです。
ここは江戸時代の農村改革の指導者である二宮尊徳(二宮金次郎)生誕の地。
生家を復元し、隣接する記念館では彼の生涯や、その教えなどが展示されています。



クルマを降りると春一番の土煙で目開けているのもつらいほど。
館内見学でちょうど助かりました。。。

時間調整が済み、お目当てのランチへ。
今回、下調べした場所は国道1号沿線にあるイタリアンレストランBABBO
駐車場は店舗裏に5台確保されていました。



デザート付きのランチセットを注文、メインはピザとパスタにしてシェアします。
まずは前菜の盛り合わせ
なかなか凝った内容で、メインが楽しみになります。

さてメインです。
まずはピザでシラスのマリナーラ
ここのピザ窯は蒔で焼き上げるイタリア輸入の本格派。
縁がぷっくりと膨らみモチモチの食感と焼き目のサックリ感。
トマトソースとシラスの白のコントラストが綺麗です。
シラスが高温で炙られた香りと薪で燻された香りが食欲をそそります。
チーズがないので逆にシラスの味が引き立ち、すっごく美味しかった。



パスタは小田原産菜の花とベーコンのクリームソース
パスタの茹で加減がパーフェクトのアルデンテ。
周りはモチモチしていてしっかり芯を感じられる絶妙なタイミングです。
生クリームの味付けはどちらかと言えばあっさり。
でもコクがあるので最後まで飽きずに味わえます。

デザートは私がはシチリア風カッサータ
嫁さんはクレマカタラーナ
どちらも凝っていて、今までに食べたことがない味わいでした。
広めの駐車場も完備されているし、近くに来た時は再訪したいお店でした。



午後はランチした場所から程近い 曽我別所梅林へ。
ちょうど梅まつりの真っ最中で、ここも見頃を迎えているとの情報です。
駐車場は園内各地の空きエリアに確保されています。
係りの方もいて、きちんと誘導・監視してくれるので安心です。



こちらもまさに見頃
松田の河津桜同様、ここも通常時期より数週間早いようです。
この梅園の謳い文句は富士の景色と35,000本の白梅の香り。
生憎、富士山は見れませんでしたが、梅林の広さと漂う香りにビックリしました。

早春を充分堪能しました。
さて、宿に向かいましょう。



宿に向かう途中で青空なのに雨が降り出しました。
天気雨です。
子供の頃は狐の嫁入り、なんて言ってましたが今でも言うのかな。
途中、大好きなふんわり揚を買う為に籠清に立ち寄り。
ここでを見る事が出来ました。
いいこと、あるかなぁ。

(続く)
Posted at 2017/02/20 11:40:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2017年02月16日 イイね!
A45でサーキットデビュー?!2月26日、A45で筑波サーキットを走ってきます!

年数回、メルセデスジャパンが協力しているAMG 45 Driving Clubというサーキット走行会が開催されています。
今回、これに応募しました。


このイベントはAMG45系に乗っている方でサーキット初心者が対象。
現役のレーシングドライバーを講師に迎え、通常では味わえない性能を安全に楽しむ事が主旨。
なので自由走行はありません。
コースの要所要所を勉強後、先導車付で追い抜き禁止の隊列走行です。

今回の講師はSUPER GTで活躍する谷口信輝さんと片岡龍也さんです。
サーキット走行も楽しみですが、両名共に好きな方なのでお話しを聞くのも楽しみです。

昨日、参加証等が送られてきて、正式に参加が決まりました!
少しだけドキドキです。



通常、サーキット走行すると新車3年間の保障・メンテナンスフリーが無効になります。
今回の走行会はメルセデスジャパン認定。
それでも継続には条件があります。
それはサーキット走行前後に点検を受ける事。
そんな事が参加申込書の注意事項に目立つように書かれています。

正式参加が決まったので恐る恐るディーラーに電話してみると…
ぜんぜん問題ありません。
楽しんできて来てくださいね。
ちょうど新車半年点検時期なので足回りを重点に点検しておきます、とのこと。
な~んだ、ハードル低いじゃん。
そんな感じでA45の新車半年点検の予約も済ませました。

サーキット走行は何十年ぶり。
当時は横滑り防止など安全装備がない時代。
なので初心者そのものです。
あらためてしっかり話を聞き、亀走行(笑)してきます。

2017年02月12日 イイね!
A45に再度マッドガードを取りつけるA45のマッドガード(フロント側)を入手。
英国Carbonwurks社製のARCH GUARDSです。
何種類かある中、クルマとの相性を考えSatin Blackというノーマルタイプにしました。
ネットとポチッと注文後、8日間後にエアーメールで送られてきました。




ウキウキしながら先週取り付けを試みるもあえなく断念。。。
送られてきた製品を付けてみるとA45の取付部分の形状と合いません。。。
製品上部がフェンダーの折りの部分のみの接続。
このままだと強度が足りず、いつかはグラグラしてきます。
その日の取付は断念しました。

一週間後、厚さ3mmの粘着付ゴムシートを入手。
これを使って取付部を補強します。

フェンダーの折りから少しはみ出させ、製品部分に合う形状にゴムシートを切断。
画像ではわかりにくいですが、切ったゴムシートの粘着面をフェンダーの折りの内側に貼付けます。



取り付けた製品の上部をフェンダーの折りを挟むようにゴムシートと本体で密着接続。
フェンダーにも内部カバーにも悪影響を与えず、しっかりと取付できました。
取付後の画像はこんな感じです。



フェンダー下部のくぼんだデザイン部分にジャストフィット。
ボディーのサイドビューにほとんど影響をあたえません。
まるで純正仕様のようで満足満足



取付しているとアルミホイールの汚れが気になりだしました。
そういえば寒さにかまけて年末から洗車をサボっていました。。。
洗車しよう!
思い立ったのはよいのですが、寒さに負けて洗車機のお世話になりました。
暖かくなったら優しく手洗いするから許してね♪



ここの洗車機は高圧水洗車でブラシレス。
安心して洗車できる貴重な場所です。
洗車後、軽くボディーの水滴を拭き拭き。
クルマが綺麗になるとやっぱり嬉しいですね。

その後水滴除去の為に走行します。
いつもの300円首都高周回コースに向かったのは言うまでもありません(笑)。
2017年02月05日 イイね!
A45にマッドガードを取りつけてみる、がしかし…A45のフロントフェンダーはタイヤとツライチ。
その上、下部にくぼみがあるデザインです。
その為フロントタイヤの巻き上げでフェンダーやドアに小石などで傷が付きやすい。
しかもタイヤがコンチ5Pなので、温まるとベタベタして小石を巻き上げがちです。
防止する何かいい方法がないかと考えていました。

そんな時諸先輩方のブログを拝見し、よさそうな製品を見つけました。
英国Carbonwurks社製のARCH GUARDSです。
A45のフロント側に付けるマッドガードです。

製品は何種類かあり、カーボン調など選べます。
取り付けた時のクルマとの相性を考え、Satin Blackというノーマルタイプをチョイス。
注文から8日目、エアメール便で届きました。



送られてきた製品を見てみると…
手で簡単に曲げられるので、アルミ製ですね。
取付場所のフェンダー形状に整形できるのでフィット感が良さそうです。
表面は黒くメッキされ全体的に均一に黒くなっています。
ブラックステンコート処理ですね。
ステンコートは無電解ニッケル処理なので、熱に強く耐磨耗性にも優れています。
それなりの金額なのもうなずけます。

ではさっそく取付準備です。
まず取り付け部の樹脂製のクリップを外します。
そして現物をクルマに合わせフィッテングの確認をしてみると…



問題発生!
フェンダーの方が手前に出ているので取付説明動画にあった本体をカバーの内側にはさむ方法は無理だとわかりました。
はさんでもフェンダーが邪魔して取付できません

はさまず取付すると今度は本体上部がフェンダー内側のカバーに密着しません。
本体に付いている両面テープはフェンダーの折りの部分のみの接続になります。
これでは強度が足りず、いつかはグラグラしてきます。

後期型はフェンダーがアルミ製に変わり内部カバーの形状が変わった模様。
その為なのか、個体差なのかは不明です。
しっかりと取り付けるためには何らか工夫しないといけませんね。
その工夫のヒントを求め、オートバックスへ。



クルマの取り付け部分を再度確認してある方法を思いつきました。
その部品(補強材)を求めウロウロ。
結局店内にはなかったのでネットで注文。
手元に届くのは一週間後です。

取り付ける気まんまんだっただけにガッカリ。
気晴らしに大好きないつもの首都高周回ルートを走ります。
週末の昼間でもそれほど混んでいないので気持ちイイ。



その上このコース、何周走っても300円!
やっぱりこのコース、やめられません。
プロフィール
「A45で早春一泊ドライブ(箱根編) http://cvw.jp/b/784624/39353406/
何シテル?   02/21 08:11
オープンカーを5台ほど乗り継いできましたが、箱車2台体制なりました。 直噴ターボによるダウンサイジングエンジン全盛の世の中、エコエンジン一辺倒になるのは時...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
日本道路交通情報センター 
カテゴリ:交通情報
2011/01/25 15:17:50
 
ウェザーニュース 
カテゴリ:天気予報(オープンカー乗り必須サイト)
2011/01/19 13:28:38
 
気象庁 
カテゴリ:天気予報(オープンカー乗り必須サイト)
2011/01/19 13:27:46
 
お友達
欧州車はもちろん、動くクルマ全部が大好きです。
情報交換、よろしくお願いします♪
123 人のお友達がいます
ぱいんぱいん * あい 1030あい 1030 *
ダントツくんダントツくん * ものぷれものぷれ *
A360A360 SamSSamS
ファン
50 人のファンがいます
愛車一覧
AMG Cクラス AMG Cクラス
フェラーリでもアイドリングストップが付く時代。 いつの間にか、周りを見渡すとそんな時代に ...
AMG A45 AMG 4MATIC AMG A45 AMG 4MATIC
2016年10月初旬に納車されたA45。 思えばハッチバックの所有は学生時代以来数十年ぶ ...
BMW 3シリーズカブリオレ BMW 3シリーズカブリオレ
諸々の事情により2シーターから4シーターの車に乗り換えを決断して次候補を探していました。 ...
メルセデス・ベンツ SLK メルセデス・ベンツ SLK
初代で目指したライトウエイトスポーツを諦め、メルセデスの得意な重厚を全面に押し出した二代 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.