車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月30日 イイね!
数年前に流行ったNetbook(ATOM N270 1.6GHz)が未だ手元にあって、たま~に思い出しては色々なLinuxディストリビューションをインストールして遊んでます。


Windowsに比べて軽いと言われるLinuxですが、Netbookだと流石に厳しいですね。
今まで色々試してきましたが、やっぱりモッサリ感がぬぐえない。

WinXP(アンチウィルスソフト無し)だと凄く軽く動くので、NETから切り離してスタンドアローンで使おうか、なんて思う事もあるんですけど、アプリケーションをインストールしようとすると、やっぱりNETが無いと不便。。。
アンチウィルスソフト無しのXPにLANケーブル繋ぐの、凄く怖いですよね。



WinXP並みに軽く感じるLinuxは無いかな~と各種試してみたところ。。。
ubuntsu系の軽量Linuxで、Lubuntsuなるモノがある事を知る。



ubuntsuにLXDEというデスクトップ(GUI画面)を組み合わせ、機能はシンプル、動作は軽量(早い)という理想的な環境。

勿論、シンプル=機能が少なく、他のデスクトップと比較して出来ない事も多いって事なんですが・・・



Linuxで何やるって、作業場での調べものにネットサーフィンと、BGMがてらのYoutubeとか動画再生くらいにしか使わないもんでね。

メインPCで使ってるGoogle Chromeとブックマークやアドオンを共有できるChromiumが使えて、動画再生(画面描画)がスムーズなら、デスクトップの機能はそれほど求めてないんですよ。



多機能より、サクサクが一番!!





という感じで、しばらくはコレ使ってみようと思います。


16.04のLTSなら2019年までサポートされるので、たまに電源入れて使うには丁度イイ。
常に最新バージョンを追いかけるのも楽しいですが、数年単位で同じ環境を続けて使えるってのは有り難いモノです。
Posted at 2016/11/30 23:10:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記
2016年11月30日 イイね!
TanTo バッテリー交換してみたアイドリングストップ車のバッテリーは、新車から3年程度って言われてます。


TanToさんも、ほぼ3年アイドリングストップで走ってました。

走行距離が短い事もあって、バッテリーは常に放電気味。
今年の梅雨を迎える頃にはアイドリングストップしなくなり、そろそろバッテリー交換を考えないといけないな~と思ってまして。


8月にアイドリングストップキャンセラーを取り付けたわけです。
まぁ、言ってみればバッテリーの延命処置ですね。



燃費が悪化するだろうな~と思ってましたが、実際のところ、その差は極僅か。
エンジンが停止して10秒未満で再始動しちゃう環境だと、走り難いだけでエコには繋がりませんね。





という事で、キャンセラーは継続使用決定。
これにて、TanToさんはアイドリングストップ車両じゃなく、単なる充電制御車両になりました。




そして迎えた初車検
バッテリーの健全性が50%切っていて、そろそろ交換した方が良いですよって薦められました。

実際、エンジンの始動も重かったしねぇ。。。



という事で、交換用バッテリーを手配。

何かってぇとPanasonic CAOSへの交換が目立つ、みんカラ界隈ではありますが、過去に使用していたCAOSは突然死に見舞われてばかりだったので、私はもっぱらBOSCH派。

N-ONEさんに使用しているHightec Silverにしようかとも思いましたが、最新モデルかつ安価な事もあり、Hightec Premiumに決定。

勿論、アイドリングストップ車用の高価なHTP-M-42/60B20Lではなく、ホームセンターで売ってる標準バッテリーの価格と張り合う通販最安価格3,980円のHTP-60B19Lをチョイス。




アイドリングストップ車は、バッテリー交換が約3年のサイクル。

非アイドリングストップ車は、使用環境にもよりますが4~5年は使えるんじゃないかと思います。
仮に同じ3年でも、HTP-M-42/60B20Lの約半額で買えるHTP-60B19Lのメリットは大きい。


それに、リサイクル出来るとはいえバッテリーも消耗品。余計な消耗を減らせば環境保護とエコに役立つハズ。
うちのTanToさんは、こっちの方向でエコカーしますよ~。
Posted at 2016/11/30 19:15:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | TanTo | クルマ
2016年11月21日 イイね!
TanToさんの車検がやってきました。

あまり手を加えていない車ですが、灯火類のLED化が唯一の不安点。


特に、H4ヘッドライトのLED化が光軸チェックでどう判断されるかがキモでした。



結果、無事通過。
グレアも無く、カットラインが綺麗に出ていたので、光軸調整だけですんなりOKとなりました。



純正ハロゲン戻しになると夜道が暗くて見辛いですからね。

GTX テンプルナイトで無事車検合格になったのは嬉しい限りです。




フロント車幅灯は拡散仕様の1チップLED、ナンバー灯はCOBっぽい側面発光タイプ。
どっちもハロゲン球より明るく、拡散度合いも充分。

まだLED化していないのは、ウィンカーとバックランプ。
ウィンカーは視認性とLED化の手間を考えると純正のままで充分。
バックランプはそのうち・・・と思いますけど、T16タイプのLEDは明るいのが少ないので様子見。

という事で、ヘッドライトさえ通ってしまえば、不安要素は無いんです。






その他一通りOK貰えましたが、バッテリーの健全性が50%切ってるので近々交換した方がって薦められました。

その場で交換(売込み)してこない辺り、見かけ上の車検費用を安く、掛かる時間を短くするのを優先している感じがありますね。
交換するなら自分で選びたいので、これは互いにメリット有りって事で良しとしましょう。




ついでに、エアコンのエバボレーター洗浄と、キーレスの電池交換もサービスでやって貰いました。

キーレスはともかく、エアコンは臭いが出てきちゃうと厳しいですからね。早めにクリーニングしておいて損はないでしょう。





という事で、TanToさんの初回車検は無事終了。
これでまた2年戦えますね。
Posted at 2016/11/21 19:55:55 | コメント(1) | トラックバック(0) | TanTo | クルマ
2016年10月15日 イイね!
工具は改造する為にある。自作プラグソケット(一般ロングソケット加工)点火プラグ用のソケットって、使った事あります?


外見は普通のソケットと殆ど違いありませんけど、中を覗くとゴムキャップが挿入されていて、挿し込んだ点火プラグを掴めるような作りになっています。

この作りが重要で、深い穴の奥にある点火プラグを外した時に拾い上げたり、取付ける時に穴の中に落とさないよう保護する役割があります。


でも、ゴムキャップって劣化し易いんですよね。

何度か使ってると緩くなったり、付着した油分で抜け易くなったりと、使い込んでいく程、扱いが慎重になります。
まぁ、そうなったら買い替え時かなぁ、とも思うわけですが。





そこで、ゴムキャップのように劣化しないソケットを自作してみました。
作り方は簡単で、市販のロングソケットに強力マグネットを接着しただけ。

マグネットは100均で売ってた6mmのもの。
ソケットの中心に開いてる穴に嵌め込んで、瞬間接着剤で固めました。




点火プラグはそれほどトルク掛けないので、ソケット本体はノーブランドの安物でも大丈夫。
今回はホームセンターで見かけた400円の14mmソケットを使いました。
(交換する点火プラグが14mmサイズの為)

400円+100均マグネット(+接着剤)、約500円で自作できました。





点火プラグをソケットに挿し込むと、最後の方で吸い込まれるように磁石に引っ張られます。
ゴムキャップと違って、吸い込み感がとっても気持ち良い。

軽く引っ張ると、シュポン!って感じで抜けます。



ソケット外側への磁力の漏れは殆ど無く、他の工具が磁化されたり、磁気カード類に悪影響を与える事は無さそうです。




想像の遥か上をいく工具が完成しちゃいました。
Posted at 2016/10/15 09:10:16 | コメント(2) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記
2016年10月08日 イイね!
N-ONE ナビ地図アップデートN-ONEさんのナビ、MDV-Z700の地図をアップデートしました。


今回の更新で個人的に良く利用する道が登録されて、ナビの案内に反映されるようになりましたよ。
(ローカル過ぎる話ですね。)



スマホなどのオンライン地図が一般化したこの時代、最新情報当たり前に慣れてると忘れてしまいそうですが、ナビの地図が新しいと妙に嬉しかったり。




十数年前はナビの地図更新に数万円が当たり前。
そこまでお金掛かるなら更新しなくてもイイか~なんて放置してましたけど、今は無料だったり低価格だったり、データもダウンロードするだけでいつでも入手できたり。


使う側にしてみれば手軽になって嬉しいけど、情報に対する対価が相当下がってきてるんだろうなって思う事もあります。


情報化社会の時代に情報の価値が下がって良いのか?
でも、今更高くならてても困るぞ。

この状況が不景気の原因か?





いやまて、ナビの地図更新でそこまで脱線せんでも良かろうよ。
Posted at 2016/10/08 10:32:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | N-ONE | クルマ
プロフィール
「多分、おそらく、今まで誰もやっていないであろうダイソーチューン。これは間違いなくデータに出る。が、気にしない人には分からない。」
何シテル?   11/27 11:12
数年ぶりに復活しました。 車も乗り換え心機一転。 でも、やってる事は相変わらずです。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
K&N Air Filter Cleaning - Japanese 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/18 20:28:15
 
ファン
60 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
プレミアムディープロッソ・パールというボディカラーに惹かれました。 今までの軽自動車に対 ...
ホンダ グレイスハイブリッド ホンダ グレイスハイブリッド
相方の車ですので、私が率先してイジるものではありませんが、ある程度は手を加えていくつもり ...
ダイハツ タント ダイハツ タント
家族用の車として購入。 基本的にはフルノーマルで維持しますが、若干手を加える予定。
その他 その他 その他 その他
俗に言う電動アシスト自転車です。 ホイールのリムには「HJC MTX DM-300」と ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.