車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月28日 イイね!
ここ最近、ジャンク品漁りにハマってます。

中古ショップ(ハード〇フとか)のジャンクコーナーで、懐かしいモノ、変なモノ、応用できそうなモノを漁ってみたり。

ジャンクゆえに動作保証はありませんが、本当に不具合を抱えているのか、単に古くて捨て値扱いされてるのかを考えて買えば、そうそうハズレを引く事は少ないです。





最近購入したのは、カーオーディオのGathers CX-484
シンプルなCDデッキですが、WMAやmp3の再生にも対応していています。
そして何より、AUX入力があるのでちょっとした音出しに使い勝手が良いです。
純正ハーネスが付いて、ジャンク品コーナーで540円(税込)でした。


続いて購入したのが、Nintendo GAMECUBEの電源。
これ、出力が12V 3.25Aです。ちょっとしたカー用品を屋内で使う時に便利な容量を持ってます。
そしてこれ、なんと、まかさの54円!!



この2つを組み合わせて、カーオーディオを家で使えるようにしてみました。



純正ハーネスとGAMECUBE電源の出力を加工して接続。(あ、ヒューズ入れてないや)
ACC線だけはスイッチを追加しました。



CX-484は、AUX入力(ステレオミニピンジャック)を加工して、リアにRCA入力を用意。



100均で購入したB5サイズの引出しで簡易ケース作って、その他の細かい材料含めて1,000円くらいでホーム用の環境が整いました。





そこまでするなら、素直にホーム用のオーディオ買えば?って言われちゃいそうですが、2系統(4ch)出力だったり、4Ωスピーカー対応だったりってのは譲れない部分があったりするんです。

専用アンプほど高音質ではないにしろ、部屋で使う分には充分な機能と出力とを持つので、使い勝手は良いですよ。
Posted at 2017/01/28 08:11:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記
2017年01月24日 イイね!
ホイールナットケースHONDA純正ホイールは球面ナット、社外ホイールはテーパーナット。
この2つを使い分けるにあたり、どちらか余剰している方を収納しないといけないですよね。
袋に入れただけだとキズ付き易いし、全部揃ってるか数えるのも面倒なので、綺麗に並べて収納できるケースを探してきました。


A6(ハガキサイズ)の保管用ケース@100均


この内側に、同じく100均で買ったスポンジテープを貼り付けて、振動によるキズと音を防止。
余剰部分を埋める為にスポンジテープを貼った、とも言いますがね。



アルミナットは強度面で個人的に好みじゃないので、昔から袋タイプのスチールナットを愛用しています。
なので、ナットの全長はそれほど高くありません。

手持ちのLUG NATが高さ4cm弱だったので、このケースが丁度ピッタリでした。
(HONDA純正も同サイズ)



写真では状態が分かり易いようにホイールナットの袋側を上にしてますが、これだと一番目立つ先端部分がケースと擦れて細かな傷が付いてしまいます。
なので、本来(?)はナット穴を上、袋側を下(スポンジ側)にして収納します。

片側には12個、もう片側には4個とロックナット4個、ロックナットアダプタを収納しています。
この収納方法だと、4穴のホイールなら12+ロックナット4個、5穴のホイールなら16+ロックナット4個で使用数がハッキリ判ります。


蓋の開閉部分も、樹脂ながら蝶番の形状になってますので、何度開閉しても劣化しません。
ナイロン素材のケースにありがちな、可動部分が折って作ってあるモノだと耐久性が不安でしたので、これに出会うまで数店舗足を運び、ようやく見つけました。


これで、安心してホイールナットを管理できます。
Posted at 2017/01/25 00:30:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記
2017年01月21日 イイね!
簡易1DINケース(ホーム用)部屋で使おうと思って入手した1DINオーディオユニットですが、剥き出しのままというのは流石に使い勝手が悪いです。

本体上部と側面には放熱用の穴が複数空いてますし、何より背面には配線が出てます。

うっかり床に置こうものなら床が傷になるし、配線も固定していなければショートする可能性があります。


そこで、簡易的なケースを作ってみました。




今回は、あくまでホーム用に転用する際の話です。車に取り付ける話ではありませんので、あらかじめご了承下さい。






カーオーディオのユニット(ヘッドユニット)は、主にDIN規格のサイズで作られてます。

DIN規格は、主に1DIN、2DINが流通していて、2DINは1DINを2つ重ねたモノ。
つまり、1DINを知ってれば、2DINだろうがレアな3DINだろうが、サイズは判断できます。


1DINは、幅180 mm × 高さ50 mm。奥行きは規格化されていません。
(米国仕様は若干異なります)



という事で、正面から見て幅180 mm × 高さ50 mmの開口部を持ち、奥行きに適度(目安として200mm以上)な入れ物があれば理想。


・・・ですが、安価に入手できそうなモノで探すと、簡単に見付からないんですよね。





そこで、100均で売っているB5の引出し外枠に手を加え、1DINケースに仕上げてみました。





今回収めるのは、HONDA純正オプションのオーディオユニット。
表面パネル部分がDIN規格より全体的に大きいので、B5引出し外枠の手前を少しカットして逃がしています。


自動車メーカー純正オーディオを除けば、DIN規格より大きな表面パネルを持つユニットは殆どありませんので、加工は不要だと思います。





B5引出し外枠は横幅200mmくらいありますので、ウレタンスポンジのテープで両端の隙間を埋めています。

あとは、オーディオユニットを両面テープで貼り付けて、上段に蓋を置けば完成。
今回は上の空間を活用できるよう、同じ外枠を重ねました。
持ち運びの際にバラけると面倒なので、小さなネジで固定しておきます。
(写真だと見えませんが)





まだ製作途中ですが、オーディオユニット後方の空間にAC100V→DC12VのACアダプタ(あるいは電源ユニット)を置き、スピーカー線は背面にターミナルで出せば使い勝手が良さそうです。


写真のオーディオユニットは裏面にもAUX(RCA)入力を追加してあるので、PCのオーディオアンプにでも使おうかと思っています。
USB-DACと繋いで使うのもアリですね。

ACC線のON/OFFで電源制御できますので、PCの電源で連動させるも良し。
別途スイッチ付けておけば手動でも電源ONできるので、ホームオーディオ用のアンプより扱いは楽かもしれません。
Posted at 2017/01/22 00:40:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記
2016年12月31日 イイね!
N-ONE カスタムオーディオN-ONEさんのオーディオカスタマイズですが、相変わらずチマチマと進んでおります。



カーオーディオの世間一般では、カスタムオーディオって言うと社外スピーカー、社外アンプ、EQ、DSPを揃え、ファイバー等で造形して照明光らせて・・・という方向ですが。




斜め上を行き過ぎて斜め下から戻ってくる私の場合、手持ちのオーディオ機材そのものをカスタムする方向で遊んでたりします。



今回やらかした事。







純正スピーカーをカスタムして高音質化を目指す!




恐らく、誰もやらんでしょう。

純正スピーカーのカスタム?何それ?馬鹿?が世間の常識。

純正スピーカーはコスト削減で低性能、オーディオを楽しみたいなら交換するのが当り前。
これが従来の、というより、今も続くカーオーディオの一般認識です。




確かに、純正スピーカーはコスト最優先で作られているモノが多く、言い換えれば音質面で使い物にならないモノが大量に出回ってます。

でも、だからと言って全てがダメなわけじゃない。

なかには、磨けば光る宝石の原石のようなスピーカーも存在します。




それが、今回カスタマイズに至った経緯。

使用したのは、N-ONEに標準装備されているHONDA純正スピーカー。








これにチョイと手を加えたら、凄く良い音が出るようになりました。

何をどうしたか・・・・・・は、大人の事情で書けませんが、あまりお金を掛けず(1台あたり200円未満)、良い物が出来上がりました。




以前、純正スピーカーを集めていた時期がありましたが、そこで余剰していたモノがあればこそ、今回の結果に至りました。

譲って頂いた皆さんに感謝です。
Posted at 2016/12/31 10:46:02 | コメント(2) | トラックバック(0) | N-ONE | クルマ
2016年12月17日 イイね!
GRACE ステアリング オーディオリモコン運転しながらナビの音量調整するのって、結構危険ですよね。

一瞬とはいえ、ナビ画面の方に視界が逸れるし、その瞬間に子供の飛出しでもあろうものなら、緊急回避が遅れて大惨事を起こしてしまいます。


後悔先に立たずと言いますが、そもそも後悔するような事を起こさないようにすれば良いわけで。

ドライバーの技量も大切ですが、車の機能で賄える部分は装備しておいて損はない。



そこで、GRACEさんのステアリングにオーディオリモコンスイッチを取り付けました。




実際に使ってみると、これって結構便利ですね。




N-ONEさんには、ディスプレイオーディオ操作パネルを追加して色々と操作できるようにしましたが、ボタンが多い分、各ボタンの機能を覚えておかないと手探りで操作できません。



その点、ステアリングのリモコンはボタン数こそ限られるものの、何処を押せばどのように操作できるか簡単に判断できるのが良いですね。
必要最低限、シンプルが一番と感じた瞬間でした。
Posted at 2016/12/17 23:11:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | GRACE | クルマ
プロフィール
「自宅PCのオーディオを、カーオーディオで構築してみた。外部入力を追加改造したヘッドユニットと、音質改造した純正スピーカー、この組み合わせ最強だわ。」
何シテル?   02/19 20:52
数年ぶりに復活しました。 車も乗り換え心機一転。 でも、やってる事は相変わらずです。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
K&N Air Filter Cleaning - Japanese 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/18 20:28:15
 
ファン
59 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
プレミアムディープロッソ・パールというボディカラーに惹かれました。 今までの軽自動車に対 ...
ホンダ グレイスハイブリッド ホンダ グレイスハイブリッド
相方の車ですので、私が率先してイジるものではありませんが、ある程度は手を加えていくつもり ...
ダイハツ タント ダイハツ タント
家族用の車として購入。 基本的にはフルノーマルで維持しますが、若干手を加える予定。
その他 その他 その他 その他
俗に言う電動アシスト自転車です。 ホイールのリムには「HJC MTX DM-300」と ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.