マツダ フレアカスタムスタイル

ユーザー評価: 3.7

マツダ

フレアカスタムスタイル

フレアカスタムスタイルの買取情報を調べる

クルマレビュー - フレアカスタムスタイル

  • その他
    マツダ フレアカスタムスタイル
    • moroder

    • マツダ / フレアカスタムスタイル
      HS(CVT_0.66) (2015年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2018/10/06
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      市街地の走行のみであればパワーは必要十分だと思います。
      ブレーキがカックン気味なのが最初気になりましたが、まあ慣れの問題もありますね。
      視界もそんなに悪くないです。

      乗り心地

      軽自動車の中では一般的ではないでしょうか?
      スライドドアの車両よりは車体が軽いです。アイドリングストップからの再始動の音は静かで評価出来ると思います。

      燃費

      燃費は走行環境や走り方次第でリッター24〜25キロくらいは走る様なので良いと思います。Sエネチャージだからパワーがあるとか、そういった事は正直体感出来ませんが、エンジンの始動がスムーズなので、その辺の燃料のロスは少ないのかなと思いました。
      こまめに発電とアシストを行なっているので、燃費の向上に貢献しているのでしょう。

      満足している点

      近距離の移動のみであればこれで十分なくらい運転し易いです。
      前回、フレアワゴンのカスタムスタイルに乗りましたが、やはり比較するとスライドドアで無い分こちらの方が動きが軽いです。

      Sエネチャージはエンジンの再始動が静かでスムーズなので、他の車の様な煩わしさがありません。
      減速途中で早目にアイドリングストップするのでタイミングが変と言う方もおられますが、個人的にはこちらの方がスムーズな動きなので好みでした。

      平坦な道でゆっくり走れば燃費は軽くリッター20キロ超えますね。かなり優秀だと思われます。
      平均燃費がずっと15キロ台で変化せず、給油時の計算で燃費が良かった為、平均燃費がリセットされていない事に気が付きました。給油のタイミングで毎回平均燃費もリセットする必要がある様です。

      不満な点

      NAのCVTなので、出足の遅さが気になる事があります。足として割り切る必要があります。

      自分の車の足廻りがしっかりしたせいか、郊外や高速だとロールに怖さを感じ、あまり遠出はしたくないと感じました。市街地のみであれば許容範囲です。
      →追記 空気圧が2キロの状態でした...GSで3キロに合わせたらロールが気にならなくなりました。何か毎回借りた車、少ないですね(^^;)

      高速も走りましたが、やはりワゴン系で車体が軽い車だと横風が辛かったです。この辺は背の低い車か、重量のある車じゃないと厳しいと思いました。

      ナビ、オーディオ、ETCなど全てレスなところ笑

      総評

      街乗り主体の足としてならとてもラクで良いと思います。

      長距離も乗られる方はターボの方がオススメですね。
      やはりこの車の売りはSエネチャージでしょう。アイドリングストップ時からの再始動が静か、スムーズでこのメーカーの車の見方が変わりました。アイドリングストップを嫌う方って、恐らくエンジンの再始動のキュルキュル音が嫌な方もいるのでは無いでしょうか?自分はそれに該当するので、今まで、最近の軽を買うならダイハツ一択みたいな考えがこれで覆りました。

      スライドドアじゃなくてもOKであればオススメな一台です。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    マツダ フレアカスタムスタイル
    • かおり1107

    • マツダ / フレアカスタムスタイル
      不明 (発売年月不明)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2018/08/30
      使用目的:通勤通学
    • 乗り心地

      車高落としてる、それが心地よい

      満足している点

      飾り栄えするかな

      不満な点

      中狭いよ

      総評

      まあまあ

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    マツダ フレアカスタムスタイル
    • MJ Kz

    • マツダ / フレアカスタムスタイル
      HT(CVT_0.66) (2015年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2018/07/10
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      ・たまーにモーターアシストの介入がおかしい時がある。

      乗り心地

      前車と同じ。

      燃費

      20~21km/l位。
      今までの車がカタログ燃費-5km/lだったことを考えると、もう少し頑張ってほしい。

      積載性

      助手席後ろのフックがなくなったのは不満

      故障経験

      無し

      満足している点

      ・実はハイブリッド(買った後に車検証見て気づく)
      ・モーターアシストのおかげか前車よりも速い。
      ・ヘッドライトイルミネーションがgood
      ・前車であったマイナーな設計不良の改善がみられる。
      ・基本的には前車と変わらない運転感覚。
      ・デザインは現行モデルよりこっちのが好み。

      不満な点

      ・カタログ燃費28km/lに対して20km/l。
      今までの車が5km/lマイナス位だったことを考えると期待以下。
      ・アイドリングストップからの復帰がワンテンポ遅い。
      ブレーキの踏力で調整できれば良いのに.....
      ・クルコンは.......前車追従式じゃないので...あんまり使えないかな。
      ・助手席後ろの買い物フックがなくなった(前車標準装備)
      ・右手でサンバイザーを動かす人ですが、左手で動かす天井構造になっている。
      ・室内のイルミがない。(前車標準装備)
      ・ウーハーがないので音がしょぼい。(前車標準装備)
      ・カーテンエアバッグがなくなった。(前車標準装備)
      ・税金が1万円にあがった(仕方なし)

      総評

      AZワゴンからフルモデルチェンジされて名前も変わった車買ったはずなんだけど、前車AZワゴンからの違いがあまりない(笑
      良く言えば、乗り換えても違和感全くなし。
      一番新鮮なのがオプションで付けたナビという...

      まぁなんだかんだで、こだわって探して買ったのもあって、気に入って乗ってます。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • 家族所有
    • RYO8623

    • マツダ / フレアカスタムスタイル
      XS(CVT_0.66) (2012年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:4人
    • レビュー日:2018/02/10
      使用目的:その他
    • 走行性能

      平地での部分だとターボいらないかなって思いますが確かに平地では十分走りますが、坂道、高速の合流ですと物足りなさがあります。

      スポーツ走行(ワインディング攻める等)する際、性能、限界がどこまであるのか、試しています。トールワゴンなのであまり無茶はしません。


      乗り心地

      ノーマル車高ですとフロントは硬く、リアは柔らかいです。

      フロントが硬いのはスタビライザーがついているせいなのかと。

      軽いせいなのか車体の揺れが気になります。

      快適な感じは少なく、スポーティ寄りです。

      燃費

      遠出すると20キロ前後行くかどうか

      悪くて17キロか16キロ。


      多くて標準が18キロ前後。

      積載性

      大きい荷物詰めるにはちょっと足りないかも。

      あまり積載について分からない。

      故障経験

      故障は今の所エンジンチェック等はついてない。

      あまり、エコ運転してないとなんかバッテリーのマークがつく?

      満足している点

      昔のKカーに比べますと、普通車の上級についている装備(オートエアコン、オートライト)等がついているから非常に便利。

      後、静粛性は昔に比べたら抑えられているかなと(^_^;)
      NA仕様だけど、軽快に走るレスポンスが良い。
      昔の軽四のNAに比べたら走ります。

      不満な点

      内装がチープ感あるかな。

      エアコンの効きに時間掛かる

      初期型なので安全機能TRCやESPがついてない。

      OEMだと球数が少ないため、オーナー様との触れ合う親近感がない。

      ブレーキペダルの踏み加減が深い。キビキビ感が足りない

      総評

      総評で言いますと、見かける方は元祖スズキの方が多いです。

      この型でOEMであるフレアカスタムの設定のみで次期型はフレアカスタム無くなりましたが、34型は約4年半も販売されていた車なので今はレアとなってしまった車です。

      他車種の方に言われますと、OEM選ぶなんてマニアックだなって言われますが、家庭の事情でOEMを選びます。

      OEMで34型フレアシリーズを検討している方居られた場合は僕が言うには普通にNA仕様を選ぶならば、普通のフレアをお勧めします。
      カスタムスタイル仕様を選ぶ際はターボ付をお勧めって言ってしまいます。
      むしろ、元祖スズキの方が売れていたこともあり元祖が良いでしょう。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • その他
    • まっこぴ

    • マツダ / フレアカスタムスタイル
      HT(CVT_0.66) (2015年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2017/02/08
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      CVTは嫌いなんですが、車を考えるとこれでも良いのかなと思います。
      ゆっくり加速するぶんには、アイドリング+αの回転数でも40kmぐらいまでは出てくれるので、過去に乗った事のある軽自動車の中では断トツに静かです。
      廉価版のリッターカーより静かなんじゃないかと思うほどです。
      今時の軽はこれがスタンダードなのかと思うと、時代の流れを感じます。
      しっかり踏めばそれなりに音はしますが、苦しそうに一生懸命走ってる感じはあまりしません。

      ハンドルは軽いです。
      駐車時に恩恵を感じますが、高速道路を走った時にはふらつきそうな気がします。

      インテリアは綺麗に作られています。
      ピアノブラックで高級感を出したり、メーターの色合いも綺麗なので、不満はありません。
      後部座席は不明です。
      非公式フルフラットになるらしいです。
      試してないので分かりません。

      乗り心地

      リアがばたつく感じがあります。
      この車に限った話ではありませんが、ただ柔らかいだけの足周りです。
      限界も低そうだしロールも大きい。
      大きい段差を越えれば衝撃が伝わってきます。
      限られたスペース、予算の中では、今はこれが限界なのだろうと思っておきます。

      基本的に静かな車だと思います。
      ターボモデルだとそんなにエンジンが唸る事はありません。
      高速は乗ってないので分かりません。

      ブレーキの効きが悪いです。
      Dで相談、調整してもらって、ダメならブレーキ系強化も考えた方が得策だと思います。
      急な事態の時にきちんと停まれるのか不安になります。

      燃費

      嫁予定の人所有の為不明。

      積載性

      同じような形の車なら似たり寄ったりなので、あまり期待はしていません。
      27インチの自転車は乗らない気がします。

      故障経験

      納車3ヶ月ぐらいで助手席側のウェザーストリッパーが外れました。

      満足している点

      軽自動車のスタンダード。
      静粛性や内装は満足出来るんじゃないかと思います。
      内装はプラスチック感はかなりありますが、その中でも頑張ってるように思います。

      不満な点

      ブレーキ関係。
      下り坂とか怖いです。
      回生ブレーキに頼るのではなく、本来のブレーキの方をきちんと造ってほしい。
      ちょっと踏んだらガツンと効くブレーキも不快ですが、あんなに奥まで踏まないと効かないブレーキは、不快を通り越して怖いと感じます。
      お陰で車間も広く取るしスピード出さないので、良いっちゃ良いんですが要改善点です。

      回生ブレーキの介入も自然ではなく、作動の始めと終わりがバッチリ分かります。
      アクセルからブレーキに踏みかえた直後と、回生ブレーキ介入後のブレーキに効き具合、スピードが落ちて回生ブレーキが効かなくなる時、全てのタイミングで車が揺れます。

      アクセルオフから回生ブレーキ介入後のブレーキングは何とかなるにしても、回生ブレーキが効かなくなるタイミングとブレーキの踏力を毎回バッチリ合わせる事は恐らく無理だと思われます。
      スピードが落ちるにつれて回生ブレーキの効きが良くなるので、20kmぐらいからの減速が著しい上に、直後にそれが効かなくなるので、アイドリングストップも関係して停車直前に車がしっかり揺れます。
      回生ブレーキの効きが強いので、ブレーキがしっかり踏めていないのも原因のひとつかと思います。
      しっかりブレーキを踏んで、体に減速Gを感じるぐらいにブレーキを踏めば、ある程度普通に停まれる事も分かりました。
      しかし、姿勢変化を伴うブレーキングなので、決して良いブレーキングではありません。

      メーカーさんには申し訳ないですが、はっきり言って商品化するレベルに達していない。
      燃費を気にするがあまりにかどうか知りませんが、車を止めるという事にこれほどストレスを感じるシステムなら不必要かと。
      不可能だと思いますが、回生システムを停止する事が出来るのであれば、是非とも停止して乗りたいです。

      総評

      トータルではバランスの良い車だと思います。
      飛び道具は持っていませんが、不満な所も少ない車です。

      回生ブレーキの入るひとつ前のモデルからの乗り換えですが、止まる事に関しては前モデルの方が断然良いです。
      メーカーの大きな課題ですね。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

前へ1234次へ >

 

 

みんカラを始めよう!

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース