スバル ジャスティカスタム

ユーザー評価: 3

スバル

ジャスティカスタム

ジャスティカスタムの買取情報を調べる

クルマレビュー - ジャスティカスタム

  • マイカー
    スバル ジャスティカスタム
    • こばくろ

    • スバル / ジャスティカスタム
      カスタム RS スマートアシスト(CVT_1.0) (2018年)
      • レビュー日:2021年5月6日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 5

    • デザイン4
    • 走行性能3
    • 乗り心地4
    • 積載性4
    • 燃費3
    • 価格3
    満足している点
    軽と比べて広くて乗り心地が良い!
    振動や質感も軽より良い。
    軽は狭いので次は買わない!
    走りは軽ターボには劣りますが直線ならそこそこ速い!
    不満な点
    燃費は一定速度で走らないとあまり良くない。
    総評
    所有してみるとこのようなコンパクトカーが売れてる訳が分かる。スバルには造れない!
    デザイン
    4
    軽の延長線上
    走行性能
    3
    求める車てはない。
    乗り心地
    4
    意外と良い!
    (LA150と比べて)
    積載性
    4
    そこそこ積める
    後部席の倒し方が面倒❗
    燃費
    3
    使う環境次第
    価格
    3
    装備を考えたら妥当
    故障経験
    今のところなし
  • 試乗
    • まろ犬好き

    • スバル / ジャスティカスタム
      カスタム RS スマートアシスト(CVT_1.0) (2018年)
      • レビュー日:2020年5月9日
      • 乗車人数:5人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 1

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    電動スライドドアが左右にあること。
    自然に効くターボ。
    不満な点
    ダッシュボードとかの縫い目に見せかけた樹脂パーツ等逆にかなり安っぽい。
    60キロくらいでもふわふわして安心感が皆無。
    だるんだるんのハンドリング。
    座面が短くもも裏を圧迫してくるシート。
    左足の置き場がない。
    総評
    アウトバックのリコール修理で代車として来ました。
    せめてインプレッサあたりかと思ったらジャスティでした。
    改めてこういうコンパクトカーは合わないし、タダでもいらないと思いました。
    これで車体210万円ってナビとかいれてコミコミ240万円?一年落ちのゴルフとか買った方がよっぽどマシだと思います。
    近所のスーパー行く以外の用途では乗りたくない感じです。
    車としては0点で、これを運転するのはかなり苦痛。
    最近718の代車でパナメーラハイブリッドやらマカンターボやらに乗ってたので余計にひどく感じました。
    走行性能
    無評価
    ターボなのでぼちぼちトルクはあるので、このサイズなら十分。
    ハンドリングはだるんだるんなので操作性は0点。
    走行テストとかしてないんじゃ?ってレベルです。
    幅は狭いので狭い駐車場にはいい。
    乗り心地
    無評価
    柔らかくて締まりのないトヨタにありがちな嫌いな感じ。
    (元はダイハツらしいですが)
    とても遠出する気にはなれない。
    積載性
    無評価
    後ろに座るとすぐリアガラスなので狭いと思われる。
    (後ろは開けてないので予想)
    燃費
    無評価
    不明
    故障経験
    試乗車なので
  • 試乗
    • かわりゅう

    • スバル / ジャスティカスタム
      カスタム RS スマートアシスト(CVT_1.0) (2016年)
      • レビュー日:2017年3月10日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:その他

    おすすめ度: 3

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    ・Fウィンドウが大きく、かつ意外と運転席
     から離れており解放感は抜群
    ・少し前のダイハツ登録車とは雲泥の差の
     内装の質感(やっと他社と肩を並べた
    レベルだが)
    不満な点
    ・ヒョコつき、落ち着きのない乗り心地
    ・節度感の希薄なステアリングフィール
    ・軽程ではないが、割高感のある価格
     (1L/NAでスタートが150万越え...)
    総評
    かつてはホンダのスパイクが切り拓いた市場だが、ソリオ/デリカD;2,フリード+(価格的にはこれも入る?)、そしてトール/タンク/ルーミー/ジャスティと激戦区となったハイトワゴンクラスの中で最後発となるクルマ。
    その中でも唯一のターボエンジン搭載車であり、豊かなトルクとエンジンを回す気持ちよさを重視するならば大いにアリな選択肢。
    まだ欠点も目立つが、今後の熟成に期待。
    走行性能
    無評価
    1L/NAの69PS仕様はソリオクラスのボディには非力過ぎるんじゃ・・・と思っていたが、今回の試乗車は最上級のターボ仕様。
    過給機があると、特にパワー的に不満が出る事はなさそう。 問題があるとすれば、ダイハツ車によくある(というかダイハツ車なので)ダルなステアリングフィール。
    節度感があまりないので、コーナーが多い道でも手ごたえがなく運転を愉しめるタイプではない。
    乗り心地
    無評価
    ここは改善の余地あり。
    決して足が硬いと言う事ではないが、
    ちょっとした段差でかなり縦方向にヒョコつく。
    ホイールベースが長めに取られているのであれば、もう少しどっしり感が欲しい。
    積載性
    無評価


    流石にハイトワゴンだけあって、低床フロアで積込がし易く、ボードを使うとフラットにもなるので積載性は文句なしのレベル。(かなりピンボケしてしまい申し訳ない...)
    価格的にインプレッサの1.6とバッティングするが、積載性を重視するならこちらを選んでも良さそう。
レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース