• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ねこまる3のブログ一覧

2015年01月18日 イイね!

エアバッグ交換完了。

エアバッグ交換完了。エアバッグのリコールですが、昨年9月に申し込んで、待つこと4ヶ月。ようやく交換してもらえました。途中、ジャパンからお詫びの手紙が来たりしていたんですけど、安全に関わることなので、もっと迅速に対処して欲しいですよね。アメリカでは「散弾銃を突きつけられている状態」なんて表現されてましたが、まさにそんな気分でした。それから、ちょっとした大物リフレッシュも行いました。リアのハブベリング。交換前後で体感はありませんが、メカによるとちょうど交換時期だったとか。そういわれてみるとホイールの回り方が以前よりスムーズな気分がしてきました。たぶん。(笑) フロントはまだ大丈夫らしいので、もう少しこのまま乗ります。

ウインカーの具合も変なのでチェックしてもらいました。しかし、はっきりした原因はつかめず。一応、怪しいところを交換して様子見となりました。ねこまる号を預けている間、代車で116をお借りしていたんですが、昨日はその代車で天体観測に出かけました。オヤジ天文部のNakagawaさんは今回不参加。寒くて暗くて寂しい山の中にひとりぼっちで撮影してきました。

前回は真っ白な高輝度LEDで回りの方に迷惑をお掛けしたので、今回はちゃんと赤いカバーをして目の刺激にならないようにしました。

1月17日のラブジョイ彗星。彗星の核を基準に6枚の画像を合成してます。恒星の流れは、約10分間の彗星の移動量に相当します。

オマケ画像は、とも座の散開星団、M46(左)とM47(右)。シリウスのすぐ近くなので探しやすいです。双眼鏡でも見えますよ。

今日はディーラーに仕上がったねこまる号を引き取りに行きました。帰りにガソリンを入れたら、リッター135円まで値下げになっていて、ちょっと嬉しい気分です。一時170円超えまで上がりましたから大助かりですね。
Posted at 2015/01/18 16:59:27 | コメント(7) | トラックバック(0) | M3 | クルマ
2015年01月11日 イイね!

ラブジョイ彗星接近中!

ラブジョイ彗星接近中!今年最初のブログですが、接近中のライブジョイ彗星というなんとも素敵な名前の彗星を観察してきました。この名前、オーストラリアのアマチュア天文家テリー・ラブジョイさんが発見して命名されたそうなんです。さて、今回の参加メンバーは2年前の天文部活動で大惨敗を喫したNakagawa幹事長と私の二人。そのリベンジを果たすべく、再び房総へ向かいました。昨日は3連休の初日で渋滞があるかなぁと思ってましたが、意外と道がガラガラ。待ち合わせ場所の君津PAには予定より30分近く早くついてしまいました。とりあえず、早めの夕食をとることにします。

君津PAにて。チタンシルバー2台で、プチシルバー会となりました。

夕食はつい先日魅惑のピザを堪能したばかりの「カンパーニャ」。幹事長は初めてなので、その味に期待しているご様子。お味はいかがでしたでしょうか?^^;


落ち着いた店内には薪ストーブがたかれていて、遠赤外効果?で温かいです。


注文したのは、塩味が効いたスモークベーコンのビアンカハーブ。それとミニサイズのミックスピザ。二人なので控えめにしました。腹ごしらえも完了したところで、いよいよ天体観測へ向かいます。

撮影機材は高橋製作所FS-60CBという60mm蛍石レンズの天体望遠鏡にユニテック社SWAT-300ポータブル赤道儀。この組み合わせで自動で星を追尾してくれます。この大口径蛍石レンズは国内で唯一キヤノンオプトロンでしかでしか生産できない高性能レンズで、色収差を完璧に補正できて非常にシャープな像を結びます。さらに短焦点化レデューサーレンズを追加して、焦点距離255mm F4.2というスペックに、この日のために購入したフルサイズ一眼キヤノンEOS 6Dボディで撮影に挑みました。そして撮影中にサプライズ!なんと、どS号のKENさんがパンパンいわせて登場しました。右のマスクマンがKENさんです。差し入れ、ありがとうございました。

昨晩のラブジョイ彗星。感度ISO1600で2分露出したものを4枚コンポジットしてます。コンポジットは高感度撮影した際のバックのノイズを大幅に減らす効果があり、階調も滑らかになります。大彗星のような立派な尾ではありませんが、何本もの細い尾が延びています。彗星の尾は進行方向の後ろにたなびいているように感じますが、太陽に向かって反対側に延びます。ですから、太陽に近づいているときには後方に延びているんですが、遠ざかるときは尾の方を前にして移動します。彗星独特のエメラルドグリーンの美しい姿をなんとか撮影できました。

ついでに撮影したオリオン座の大星雲M42。Mはメシエの略です。赤い星雲はガスが自ら光を放っていて、赤いHαという波長を多く含みます。通常のカメラではこの領域はフィルターでカットされてしまうため、あまり綺麗に写せませんが、それでも上の画像くらいには楽しめます。キヤノンから天体用に発売されていたEOS 60Daならもっとよく写ります。リンクしたページの下の方にバラ星雲の参考写真がありますが、かなり違いますね。ほすぃ~。(笑)

これはプレアデス星団M45。日本では「すばる」と呼ばれている星団です。スバルのマークもこの星の配列からデザインされてますよね。青白い星が青い星雲に包まれています。この星雲は星の光を反射して光っているものです。

今年は天文部活動も頑張っていきたいと思います。また撮影できたらご紹介します。幹事長も撮影に勤しんでおられました。何が写せたか楽しみですね。
Posted at 2015/01/11 13:39:40 | コメント(5) | トラックバック(0) | 天文 | クルマ

プロフィール

BMWの直列6気筒に魅せられて、E30時代から30年近くBMW一筋です。今はE46M3にのめり込んでます。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/1 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

お友達

ファン

20 人のファンがいます

愛車一覧

BMW M3 クーペ BMW M3 クーペ
現在の愛車は2001年式E46M3。6MTで素晴らしいフィーリングの直6エンジンを味わっ ...
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
1999年式の330iスポーツパッケージです。レアな5MT仕様で、BMWのシルキーシック ...
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
1989年式320iスポーツパッケージです。2ドア、5MTで結構お気に入りでした。最初の ...
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
1984年式325i、最初のBMWです。このクルマでBMWの魅力に取り憑かれました。32 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.