• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

警部補のブログ一覧

2018年04月05日 イイね!

「URBAN SQUARE2018」

「URBAN SQUARE2018」はい、気がついたら4月です。花粉なのか黄砂なのか分かりませんが車が汚いです。


さてさて、最近は特に車に関係した話があまりないもんで毎度お馴染み車と全く関係ない話でも。
今年は知る人ぞ知る懐かしの「グリッドマン」が新作でしかもアニメで、アニメと言えば来年にはなんと「シティーハンター」が新作劇場版で出るとか。

そんな中、忘れちゃいけないあのアニメも新作となって登場!
「アーバンスクウェア~琥珀の追撃・2018~」

さぁさぁ、アニメイトに行きましょう。













実家のビデオデッキ、まだ動くかなぁ。







4月1日はとっくに過ぎたとゆーに。




(笑)








グリッドマンとシティーハンターの話は本当です(笑)。
他に、とあるアニメが20周年(2年前当時)とかの主題歌カバーとか見つけて、ふと10年位前に見つけたアニメを思い出して、久々に見まして。それがこの「アーバンスクウェア」

です。(この広告画像はどこから拝借したか忘れましたが、なんと貴重な・・・)



当時、埼玉は某所のDVD屋によく暇潰しで行ってたもので、中古のビデオコーナーを覗いていた時にふと目に入った、厚みのあるプラスチックケースの中にひっそりと混じった、懐かしの厚紙ケースのビデオ。古そーだなー、昔よく借りた「さよなら銀河鉄道999」も厚紙ケースだったっけ?なんて思いながら背表紙に書かれた題名を見てみたら。
「アーバンスクウェア~琥珀の追撃~」


・URBAN(都会的)
・(T-)SQUARE
・琥珀(=ウイスキー、酒。当時は漫画BARレモンハートにはまりかつ行きだした)

なんてすんばらしい、当時も今も大好きな物の内容を彷彿させるアニメに、思わず買ってしまいました(笑)。スタッフもキャストも、どこかで見たことのある名前が多く。音楽は知ってる人は知ってるチキンシャック。リボルバーを持ったオジサンが出る作品に間違いはない!(?)


でスタート。しょっぱなからいい感じのJAZZで始まります。

1986年のOVAとのことですが、私が購入したのは保存状態があまり良くなく、さっそく一部画面が歪んでましたが(笑)。
主役・松本 良。職業は小説家(?)。

声は井上和彦。アクションのワンシーンですが、コミカルさを出すために鍋を被ってるってのが80年代らしさを感じます(笑)。



ヒロイン・田村由紀。城南大学に勤める奈良本教授の助手。

声は山田栄子。作風だからでしょうけど、今時の女性声優じゃ中々いない落ち着いたセクシーな声・・・。しかし改めてみると、髪型とかカチューシャとか、当時位の私めのお袋さんの写真、こんな感じですな(笑)。


ストーリーの始まりは、神戸のとある夜。中々自分の作品を認めて貰えない良は、バーでちびちびと酒をやっていると、店を出ようとした客の一人の美女(由紀)に目を奪われます。慌てて札をカウンターに叩きつけ彼女を追いかけるも、一足遅く見失ってしまいます(実は早とちりで、彼女は店内の電話ボックスで電話中)。そして外は雨。傘もなく店の軒先に雨宿りをすれば、車に水を跳ねられる始末。更に突然走ってきた見も知らずの男にぶつかられる悲惨な夜。
しかし、その男はなんと目の前で蜂の巣にされてしまいます。更に犯人からは目撃者ということで命を狙われ、なんとか逃げ延び警察に訴えますが、死体は見つからず警察は取り合ってくれません。もうしょっぱなから80年代ハードボイルド全開(笑)。
さてそんな中、街中で偶然にバーで見た美女・由紀を見つけ、軟派する良(笑)。さっそくカフェテラスに誘い、由紀は良の話を聞きながら、テラスの上に置かれた良の原稿を取るとその間から封筒が落ちます。それは「城南大学 奈良本教授宛」と書かれており、由紀は実はその教授の助手を勤めているとかで。良は心当たりのない封筒に自分の物でないと訴えつつ、くさい台詞で由紀を食事に誘う・・・。
ここから仲良くなってく二人なんですが、その教授宛の封筒は、実は殺された男が、良とぶつかった時に、良が持っていた原稿が入った封筒に忍ばせた物です。これは一体どういうことなのか・・・。


ってな感じで。

このアニメは当時のアクション洋画要素と和製ハードボイルドをこれでもかと入れ込んだ内容で、好きな人にとっちゃもうたまりまへん(笑)。
特に好きなシーンは、良が事件の関係性に気がつき「由紀が狙われる!」と、旅行に出た彼女の居場所を探し、そこへ駆けつけ出会うシーン。
一人、ホテルのプールで一泳ぎを終えた由妃。

濡れた体を拭いていると、ふと足音がしてその方に目を向けると、甘いBGMと共に良がいます。

当然驚いた彼女は何故ここにと訪ねるが、良は問いに答えず(彼女の無事な姿に安堵と感激で聞こえてない?)いきなり抱き締めます。

普通だったら「ぎゃー」ですけど。ワンピとはいえ水着だし(笑)。そのシーンはスローモーションで、由紀の驚き見開かれた目元をアップ。

懐かしき演出です(笑)。由紀は「何・・・?」と聞いても、良はただ「よかった」とだけ言って、彼女を抱き締めます。

そしてこの後ですよこの後。驚いてた由紀も穏やか表情になると、


「濡れちゃうよ・・・?」

と呟き、そっと良の肩を抱き身を委ねます。





ぬがーーーーーーー!!!うひいいいいいいいいい!!(゚∀゚)もうこれですよこれこれ!!「ちょっとちょっと」で焦るとか「ただただ困った顔をする」とかじゃなくて自分からも身を寄せてんのに「(体拭いてないから)濡れちゃうよ?」ですよ!!!??これぞ懐かしきハードボイルド!!!!!!!!


(笑)






まあ、長いこと私のブログを読んで頂いてる方ならご存知、このアニメに出会った頃かその前か、一応、一人の女から「私にとってリアル冴羽さん」と呼ばれてました不肖・警部補、謀らずも似たような場面がありまして。某所の部屋で二人きり、たぶん時間前で部屋を出る前、ただただ黙って抱き合い(笑)。ふと彼女が「あんまりくっついてると(上着にファンデーションが)着いちゃいますよ?」なんて、ねぇ。うひょーーーーーーー(゚∀゚)!!







なんて思い出も、もう10年は経って懐かしく・・・。お互いそれぞれの人生で・・・。





さて今回はその話がメイン

じゃーありませんよ。
ところで忘れちゃいけないもう一人の主人公とも言えるこの人、和製バート・レイノルズ望月刑事。

この風貌で声が田中信夫なんですからどーしたってそうとしか思えまへん(笑)。
初登場のシーンは、警察署の中で良とすれ違うだけ。台詞もありません。

ハンティングジャケットが渋いです。次に出てくるのは良が某アニメのモヒカンの親戚みたいな声の刺客に襲われて、ピンチのシーン。いきなりリボルバーをぶっぱなして刺客を射殺。九死に一生の良が「暗いのに、よくあいつが分かりましたね」との問いに「勘だ」の一言。いやー、なんてハードボイルド。

コルトトルーパー?ハンマーだけシルバーなところが、作画に当時のモデルガンを参考にしたのがよく分かります。シティーハンターとかも同じですね。

リボルバーだから正面からシリンダーの中の弾丸が見えますが、撃ち終わった弾丸が無くなってるのが偉い。・・・しかまぁ、マニアックな話(今更)になりますが、シリンダーの回転する方向が左なのでコルトじゃなくて、S&Wのリボルバーですかねぇ。


署内の刑事部屋。

机の配置が懐かしいですねぇ~。七曲署も山手中央署もこんな配置で。高校時代、漫画サークルで漫画擬き(刑事物)書いた時に、自然にこの配置で書いてました。

パトカーにPOLICEの文字。さりげなくR30。

今じゃ実際に採用されているから珍しくないですが、この作風を考えるとぴったりですな(笑)。また、画像左のスーツ姿は望月刑事の上司(係長?課長?署長?)ですが、声が増岡弘ってのが渋いです。
しかし、最近のアニメ事情はよく分かりませんが、OVAといえば普通に放送されるアニメとは一味違う「作画が売り」の面もあるわけで、このアニメでもそうであるように、車なら一部しか出ない・一瞬しか出ないよーなもよでも、知っていればそれがなんの車種であるか分かります。ビバセル画。





約一時間のあっという間の作品で、今現在のアニメや映画しか知らない人が見ると荒唐無稽に感じるかもしれませんが、80年代が好きな人は見て頂いて損はないかとおもいます。「あぶない刑事」とか好きな人ならきっと分かって頂けるでしょう(笑)。





ってもDVDなんて出てませんからねぇ・・・。


Y○○T○○eで見れますよ(笑)。



あ、トップ画像ですけど、アーバンをバックにスクウェアな車で丁度いいかと(笑)。自前のは、最近いい写真ないもんで(笑)。
Posted at 2018/04/05 13:09:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | アニメ・漫画 | その他
2018年03月10日 イイね!

開いた口が塞がらない。

ついさっきなんですけどね。

私がいま住んでる近所に、信号があるT字路があります。こんな時間はまったく混むこともなく、赤信号で停止した時、青になるまで数えたことはありませんが15~20秒で変わって、イライラなんて感じたこともありません。


でもね。

さっきですね。私の前に車が2台いる状態で止まったわけですよ。

私の目の前、つまり2台目の車は某社のエコカー。信号で止まった途端ですよ。

びゅーん。と。


開いた口が塞がらない。

そのエコカーがその行動をし終わった直後くらいに信号は青に。何処のナンバーかは忘れましたが、・・・地元だろうとなんだろうと、アホかと。そう思った夜でした。
Posted at 2018/03/10 23:26:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 交通安全 | その他
2018年03月02日 イイね!

「Article 39」

「Article 39」





とある夜勤。
先輩「8と4どっちが好きなの?( -ω-)」
俺「運転してりゃどっちも大好きですよ(°∀°)」
先輩「じゃあ長い方で行くかぁ( -ω-)」




なんのこっちゃ。





ってわけで、

ブレイブアップ!(?)









じゃきーん。









嗚呼、ほぼ愛車のミニカーになった・・・( ̄▽ ̄)



しかし、宮沢模型の方は、前輪の回転が悪くまるでブレーキ固着の様な個人的にタイムリーな出来映え(笑)。更に4輪ともホイールの固定位置がばらんばらんな素敵仕様(笑)。
内装は、ターボモデル特有の3連メーターはそのままだけれど、シフトノブは一応オートマ風になってましたな。


赤灯がセンター置きじゃなかったらそのままでも良かったんですけどね。「さらば」っぽくも見えますし。




おまけ

GT―V?
以上!
Posted at 2018/03/02 20:15:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | ミニカー | その他
2018年02月13日 イイね!

②「BAYSIDE BLUE」第X話「REBIRTH」

②「BAYSIDE BLUE」第X話「REBIRTH」





東京、ベイエリア。人口25万。自動車台数1万6千台。1日の犯罪、240件。私は刑事として色々な犯罪を見てきたけれど、まさか私がストーカーに遭って、更には拉致までされるとは思ってもみなかった。

「婦警さん、そろそろ食べてよ…。お腹空いてるハズだよ……。」
青年が私の口にサンドイッチを突きつける。私は顔をそむける。何度目だろうか。決して私が自ら口を開くことはないことを、この青年は理解できないのか?大体、今は婦警という呼び方はしない。
「ほら…。ほらあ!!」
私の顔を細い手で掴み、私の口にサンドイッチをねじ込もうとする。私は抵抗する。口に入った分を吐き出し、青年の顔に吹き飛ばす。
「またそういうことするんだ………」
青年がスイッチを握る。私は身構えた。私の首には首輪がつけられている。しかも、それは電撃が走る物だ。目が覚めてから何度か味わった。そしてそのスイッチは、今青年が握っているものだ。青年がスイッチを押した。
「ぐっ、ううっ」
電撃が走る。私は身を捩らせ、負けるものかと堪える。しかし今回はだいぶ青年の気に障ったのか、今までで一番長くスイッチを押されている。
「婦警さんが悪いんだ……。なんで、あの時みたいに優しくしてくれないんだよ………」
青年が泣きそうな顔をする。泣きたいのはこちらだ。大体優しくした覚えもないし、面識もない。
私は電撃に耐える。だが、悔しいが今度ばかりは限界の様だ。
「ああああ!」
口が開く。叫ぶ。体が跳ねる。気が遠くなった。

一週間程前か、気のせいか誰かに見られている気配は感じていた。そして、とある日の夜、一人で車で帰宅していた時、目の前に人が倒れているのを見つけた。注意深く近寄ると、後ろから襲われた。一人、二人と倒した直後、後頭部にかなりの衝撃を受けた。恐らくバットかなにかで殴られたのだろう。よく死ななかったものだ。そして今。窓も時計もないので、昼なのか夜なのかも分からない。恐らく、二日は経っているだろう。私は身ぐるみ剥がされ、しかし素っ裸にひんむかれた状態ではなく、代わりに拘束具の様な服と、首に電撃を加える首輪状の装置をつけられていた。とても良い趣味とは言えない。そして時折姿を現すこの青年。細くてとても犯罪者には見えないが。しかし、この部屋一面には、私の写真がところ狭しと貼られていた。どうも私の隠れファンらしい。優しくされたとかいうのは、きっと写真やらなにやらを見てる内に、自分の世界でその気になったのだろう。私を拐った目的を聞いても、ただ私と居たいだけらしい。これは厄介だ。



昼夜、俺はスカイラインを走らせた。型は古いとはいえ、直列6気筒のエンジンは滑らかに回り、車内は意外と静かだ。その静かな車内に無線のコールが鳴る度に聞き入るが、関係のない情報や事件ばかりだ。
17分署の刑事である高城玲子が行方不明になって二日。しかしまだ公開捜査にはならない。アイツの車が放置されていた場所からは手がかりは何も出なかった。その代わりに、俺の好物のスコーンと、血痕があった。
「あのぉ、野沢係長」
「なんだ?」
「そろそろ、昼飯にでもしませんか?」
助手席の木村が遠慮がちに声をかけてくる。そうか、もうそんな時間か。腹が減っては戦はできぬ。俺は直ぐに目に入ったファーストフード店に車を入れた。

玲子が、「気のせいか誰かに見られている気がする」と言ってきた時、俺は本気にしなかった。まさかこんなことになるとは。何年デカで飯を食っているのだろうか。この職業、恨まれることは山ほどある。

犯人め。タダで済むと思うな。



青年が、私の銃を弄くっている。間違って引き金を引かれてはたまらない。私は声をかけた。
「言っとくけど、それ、弾入ってるのよ。間違ったら大ケガするわよ」
青年は言った。
「知ってるよ。シグザウエルP230、32口径。婦警さんにはぴったりのピストルだね」
そう言って、安全装置を外しスライドを引くと、銃口をこちらに向けてくる。知識はあるようだ。指は引き金にかかってはいないが、非常に悪い気分だ。
「そろそろ帰してくれないかしら?あまり無断欠勤すると、ボーナスに響くわ」
「それは大丈夫だよ。だって、婦警さんはここで僕とずっと暮らすんだし、面倒は僕が見る。婦警さんはここに居てくれればいいんだ」
爽やかな笑顔だが言ってることはとんでもない。どうにかしなければ。
「僕は一目見た時から、婦警さんが好きになっちゃったんだ。ぶっちゃったのは悪かったけど、婦警さん強いからああでもしないと」
青年が近づいてきた。手はこの拘束服のおかげで動かせないが、足ならなんとかなるので蹴りでも入れてやりたいが、その後がどうにもならない。
「あの女の子にしてたみたいに、僕も頭を撫でて欲しいなあ…」
あの女の子…?そういえば、小学生の女の子が落とし物を分署に届けに来て、たまたま私が預かって…。それも見ていたのか。そんな近くにいたと思うとゾッとする。
「ねえ……、撫でてくれる?」
青年が自分の顔を、私の顔に近づける。手には電撃首輪のスイッチ。
「少なくとも、この状態じゃ無理ね」
「婦警さんが暴れないって約束するなら、腕を動かせる様にしてあげる」
「するわ」
「いや、嘘だね」
そう言って離れる青年。無茶苦茶だ。
「でも、いつか婦警さんは絶対僕の頭を撫でてくれるよ」
そう言って青年は笑った。



俺は机で、捜査資料を整理していた。信田が側までやってきた。俺は顔をあげた。
「係長、ちょっと私のパソコン見て貰えますか?」
妙に声を落としてそう言った。俺は信田と一緒に彼女の割り当ての席まで行く。青野がこちらを伺っている。渡辺と木村は捜査に出ている。本庁捜査一課の捜査班と近隣の署からの応援も含め、極秘に捜査本部が設置されていた。指揮を執るのは、捜査一課から派遣された班の管理官だ。
「なんだ?」
信田は、業務に使っているノートパソコンを一瞥してから俺に言った。
「あるネットの掲示板の書き込みなんですけど……」
「俺はそういうのは分からん。何か見つけたのか?」
「名前は出てないんですが、恐らく玲子さんのことが書かれていると思われます」
「何だって…?」
俺は大声を出しそうになるのを堪えた。有力だが、まだ確実な情報ではないのだろう。それで信田は声を落としていたのだろう。彼女は椅子に座ると、パソコンを操作した。聞き耳を立てていた青野も寄ってきた。
「書かれている内容なんですけど「知り合いから高額のバイトをしないかと声をかけられ、手伝った。女を襲った。それは刑事だった」、と書かれています」
「野沢、こいつは……」
青野が息を飲む。書き込まれた内容の続きを読んで行くと、犯行時の行動が書かれていた。当然場所等は書かれていなかったが、俺たちが推測していたのとほぼ同じだった。
「他に、画像がアップロードされていました。玲子さんの写真じゃないんですが…」
信田が開いた画像は、警察手帳と拳銃だった。手帳はバッジのみを写していた。銃はシグの様だった。玲子もこれと同じ物を持っている。
「…信田、俺と一緒に管理官に報告してくれ。そしてこれを書いた奴がどこのどいつか、調べるんだ」
「はい」



「…婦警さん」
声をかけられ、ハッとした。眠っていた様だ。さすがに飲まず食わずで電撃をくらっては体力の消耗も激しい。そして人間、どんなに気を張っていても眠い時は眠い。
「だいぶ疲れてるみたいだね」
「そうね、誰かのせいでね」
「だって、婦警さん何も食べてくれないんだもの」
確かにそれもそうだ。これ以上体力を消耗しては、抵抗する気力も起きなくなる。悔しいが、食事は受け入れることにした。薬でも盛られないことを祈ろう。しかし一切外からの音は聞こえない。防音がしっかりしているのだろうか。今何時で、ここは一体どこなのだろう……。



三日目の夕方。そして、もうじき夜が来る。
今日は青野と組んで捜査している。インターネットの掲示板に書き込んだ奴の身元が割れ、朝早くからしょっぴいて聴取している。今は渡辺と信田が締め上げてる。余程の意識がないと、人は不思議と秘密を喋りたがる。今回はそれに助けられた。
「分署から分署17」
無線で呼び出される。助手席の青野が無線に答えた。
「分署17、分署どうぞ」
「渡辺だ。高城の居場所が分かったぞ」
「本当か?」
その場所は、ある廃工場で分署からそう遠くない場所だった。舐められた物だ。
「至急パトを向かわせ、包囲する。それまで待機してくれ」
それを聞いた俺は、無線を握る青野の腕ごと掴んで引き寄せると、無線に怒鳴った。
「そんなのんびりしていられるか!」
「落ち着けよ。準備するまで待つんだ。管理官がそう言ってる!」
「なんにしろ俺たちが一番乗りだ!」
青野が「へ?」と小さな嘆きの声をあげた。渡辺が言った。
「野沢さんよ、あんたの気持ちはよく分かる。だが落ち着いてくれ。青野さん、何とか言ってやってくれ」
俺に腕を掴まれたままの青野は、やや無線に体を近づけて言った。
「あー、無理無理。もうこいつは誰の言うことも聞かないって」
「そうだ。俺は、今なら警視総監の言うことだって聞かないってことだ!」
俺はそう言うと、青野の腕を離した。青野は無線を切ると、
「まったくもー、しょーがねーなー」
と言い、回転灯をルーフに放りサイレンのスイッチを押した。俺は騒音ばりのサイレン音に負けない様に
「すまんな、相棒」
と大声で言った。青野も同じ様に、
「そりゃどういたしまして」
と返した。俺は床を踏み抜くぐらいにアクセルを全開にし、スカイラインの直6エンジンを唸らせた。




今回の食事に、やはり何か混ぜられていたらしい。どうも頭がぼやける。それに体がだるく、力が入らない。今までの言動から体を狙ってはいないと思っていたが、やはり腐っても男。目の前に女がいれば、手を出したくなるか。
「婦警さん、どお?頭の中、気持ちよくない?」
「知らないの…?今は……婦警って言わないのよ……」
言い返してみるが、どうも呂律が回らない。青年は息をやや荒くして、私の体をなで回す。覚えてなさいよ。
その時だった。何かを壊す大きな音が聞こえた。今まで何も聞こえなかったこの部屋に初めて外部からの音が聞こえた。気のせいか、サイレンの音も聞こえる。
「な、なんだ!?」
青年は慌てて部屋を出た。音の原因を確かめに行ったのだろう。



我ながら派手な登場の仕方だった。懐かしの刑事ドラマ宜しく、盛大にサイレンを響かせ廃工場のシャッターをぶち破り、内部に踊りこんだ。玲子が危険に晒されるとか車が傷つくといった思考は働かなかった。工場内部の土埃が舞い上がり、それをヘッドライトと赤灯が照らす。車から降りると同時に銃を抜いた。リボルバーでスミスの3.5インチ、44マグナムだ。玲子はそろそろ軽いオートマチックに変えたらと言うが、このズシリとした重さと大きさが命を守ってくれると実感できるのだ。青野も、ベレッタを抜き周囲を警戒している。俺は青野に言った。
「俺は右に行く」
「じゃあ俺は左」
そうして左右に別れた。玲子は、この内部に作られた部屋に囚われているとのことだ。パソコンの掲示板に書き込んだ男の供述によると、主犯が、バイト代をたんまりやるから手伝えと言ってきた。ある女を襲った。そしてここまで運んできた。所持品から刑事と分かった。主犯には隠れて銃とバッジの写真を撮り、つい面白半分でインターネットに投稿したのだという。しかし、情報はその男の供述だけで、俺と青野は、この工場内部の見取りなど一切分からない。しかも、その男は工場前までしか来ていないという。内部のどこに玲子を監禁している部屋があるのかは知らないとのことだ。完全に勘だけが頼りだ。灯りもない。工場の窓や劣化により空いた穴や隙間から入る街の光だけだ。今さら、渡辺の言うとおり応援を待った方が良いような気がしてきた。しかし神様は勘を助けてくれたようだ。背中の方で扉を閉めるような音が聞こえた。ふと振り返ると、鉄骨階段の先にそこそこ大きなプレハブが見えた。外側はオイルのような液体や埃で汚れ窓ガラスは割れている。ドアは開いている。だが俺は確信した。きっとそこだ。なるべく音を立てないように階段を上り、プレハブに近づいた。そして中に入る。ボロボロになったデスクやソファーがあった。事務所として使われていたのだろうか。奥にまたドアがあった。それは新品のドアだった。俺は慎重に近づくと、思い切り足でノックした。
「警察だ!」
怒鳴る。部屋があった。しかしそこは無人であり、そして部屋一面には玲子の写真が貼られていた。



「来てよ!来るんだよ!」
襟元を掴み、私を引きずりあげようとする青年。しかしあまり筋力がないのか、かなり苦労している。まったく力を入れない大人は重い。片手には私の銃を持っていた。青年がようやく私を起こす。青年はいつも現れる方向とは別の方向に進んだ。隠し扉があった。そこから出る。通路の様だ。また扉を開ける。風を感じる。今度は外に出た様だ。暗く涼しい。そして暗闇の中で所々灯りが見える。どうやら夜の様だ。
「動くな!」
突然、どこからか声が聞こえた。それは同僚の青野さんの声に聞こえた。青年は意味のない叫び声をあげると、その方向に何発か銃撃した。弾丸が金属に当たり跳ね返る音がする。青年は更に何発か撃ち、また私を引っ張る。目の前に階段が見えた。そこを下る。足がもつれ、転びそうになる。口の中に鉄と砂っぽい味が広がる。遠くから、サイレンの音がいくつも重なって聞こえる。聞き飽きたやかましい音だけれど、今はとても頼もしく思える。
「くそっ、くそっ!くそっ!くそっ!くそっ!!」
青年が声を裏返す。銃を振り回し、しきりに周囲を警戒している。かなり動揺している。銃に弾が何発残っているか分からない。けれど、助けが来た。チャンスと感じた。青野さんがいるなら、きっと彼もいる。あの二人は長い付き合いだから、こんな時は必ず一緒にいるはずだ。ご都合楽観主義の勘を原動力に、私は力を振り絞り青年の手から逃れると、
「だああっ!!」
喉が壊れるかと思うような声を勢いに、ジャッキー・チェンもびっくりな渾身の回し蹴りを青年の顔面に食らわせた。青年共々地面に倒れる。受け身が取れず、かなりの衝撃を食らった。なんとか立ち上がろうとする。しかし、威力が不十分だったのか、青年の方が早く立ち上がった。土と鼻血でグロテスクになった顔は、怒りと悲しみが入り交じった様な顔だった。私の髪の毛を掴み、そして私の額に銃口を押し付ける。息がかなり荒い。汗と血が私の顔に落ちる。手が震え、銃も震えている。殺される。覚悟した。
その時、リボルバー独特の撃鉄を上げる音が聞こえた。それは離れた場所から小さく、けれどはっきりと聞こえた。そして、低く抑えた男の人の声が聞こえた。ダンディー、それでいてセクシーな声だ。
「女を離せ」

私にとってサイレンよりも頼もしく、そして心地良い声だ。青年はその声の主を睨み、何故か笑いを含みながら叫んだ。
「アンタか!なんでアンタ、ここにいるんだよ!?アンタさえいなけりゃ婦警さんはさあ!!」
私の髪を掴んでいた手が離され、私はまた地面に倒れた。痛い。また男の人の声が聞こえた。
「銃を捨てろ。捨てれば、助けてやる」
青年は叫んだ。
「うるさい!あの世に行けええ!!」
銃声がした。私は思わず目を瞑った。
人が倒れる音が聞こえた。

「先に行ってろ」

銃声は44マグナムの重々しい音が一度だけ。目を開ける。そこには、倒れた青年がいた。青年は、私に顔を向けた状態で倒れていた。身動き一つ、瞬き一つしない。そしてその顔は、とても頭を撫でたいとは思わない表情で固まっていた。しかし、監禁されなぶられそうになり、そして殺されかけたと言うのに、哀れみを感じた。改めて見れば、まだ子供の顔だ。
「玲子」
私は名前を呼ばれ、現実に引き戻された。私を呼んだ男の人の声は、夜のベイエリアの灯りに照らされた、彼だった。私の上司でもあり、最も――――。
「大丈夫か」
声の主に抱き起こされる。拘束服の腕の拘束箇所が外され、やっと腕が自由になった。
「……そい」
「…なにぃ?」
「おそぉい…!」
私は力なく、彼の胸を叩いた。まるで酔っぱらいだ。呂律が回らないから仕方ない。彼、ハードボイルド気取り警部補様の野沢大輔は苦笑した。
「ああ、すまん。遅くなった」
「本当に、遅いわよぉ………!」
顔が歪む。痛みのせいじゃない。目が霞む。薬のせいじゃない。喉が震える。土埃のせいじゃない。悔しいけど、涙が出てきた。私は今出せる精一杯の力で彼に抱きついた。



キャリアウーマン巡査部長の高城玲子が泣いた。並大抵じゃない気の強さの女だが、今回はとても辛い思いをさせたのだろう。人の気配がした。俺が撃ち倒した男ではない。気配に視線を向けると、少し息を弾ませ、スーツを汚した青野が見えた。撃たれたようだが、無事なようだ。青野は俺と玲子の姿を見ると、安堵と落胆と呆れが入り交じったような顔を浮かべ、スカイラインの方へ向かった。無線を送りに行くのだろう。いつも貧乏くじを引かせてしまう、長年の頼りになる相棒だ。俺は心の中で青野に詫びた。そして、玲子を抱き締め、言った。
「遅くなって、悪かった」

俺は彼女を強く抱き締めた。幾多のサイレンが夜を包んだ。





End
Posted at 2018/02/13 18:06:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 「BAYSIDE BLUE」 | その他
2018年02月13日 イイね!

①「BAYSIDE BLUE」第X話「REBIRTH」

①「BAYSIDE BLUE」第X話「REBIRTH」※今回の記事は、恐れ多くも、私のブログをよくご覧頂いてる淀川長治知ってますよみたいなマニアックな方々向けの内容です。車一切関係ありません(笑)。みんカラ要素一切ありません(笑)。どうかご容赦ください。
m(_ _)m



さて隠れファンの多い(?)「17th PCT」「BAYSIDE BLUE」の新作書いてる(打ってる)!なんて言いましたが、実際はまーなかなか難しいもんで……。でも言ったからには、ねぇ(笑)。

そこでふと思ったのが、それなりに?真面目なストーリー作っても登場人物の名前がちょっと今一で。もともと、おふざけで書き出したので、みんカラ友人やリアル友人を登場させる為にハンドルネームやあだ名を使ってたんですが、それだとどーも緊張感がおかしくなるので、むかーしむかし、私が高校時代に漫画サークル的なので描いた漫画に使ってたり考えた登場人物(誰も知らねぇ!)を参考に、「BAYSIDE BLUE」の人物に名前をつけてみました。そしてそして、過去に書いた「17th PCT」「BAYSIDE BLUE」の話をリメイクといーますか加筆してみましたですハイ。


ってわけで、ここで登場人物を紹介してみます。生暖かい目で見てやってください(笑)。当時同窓でもありサークル仲間でもあった現役漫画家友人曰く「どれだけ自分の世界を書けるか!!」

人物の名前の後のかっこ書きは、今まで文書で使っていた名前となります。



野沢大輔(警部補)…警視庁17分署刑事課強行犯係・係長(警部補)。警視庁一の検挙率と始末書枚数のベテラン刑事。
青野譲二(ゆうたろう)…同係・捜査員(巡査部長)。野沢の相棒で、長い付き合い。恐妻家。
高城玲子(女)…同係・捜査員(巡査部長)。元内務調査。野沢とは公私のパートナー。
木村峻一(er34)…同係・捜査員(巡査)。元墨東署交通課。野沢にスカウトされ17分署に異動となった。
渡辺利樹(だらしな権兵衛)…同係・捜査員(巡査部長)。古株で、野沢とは青野に次ぐ付き合い。
信田麻里絵(シノダ)…同係・捜査員(巡査長)。元新宿署。木村より先輩だが刑事歴は一番若い。とあるアイドルに似ていると評判。



名前の由来や設定の多くは、好きな海外ドラマの役名・設定・出演声優、外見がとある有名人や俳優に似てるからとかです。




と、いうわけで?記念すべき??第一段(続くのか?)は、「17th PCT」第X話「Addicted」を改めた物になります。
Posted at 2018/02/13 18:05:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 「BAYSIDE BLUE」 | その他

プロフィール

「気のせいじゃなければ、長野市内でラングレーが走ってた…(笑)。」
何シテル?   03/09 18:43
警部補です。 ある時は、墨東署の警部補。 またある時は、ベイエリア分署の警部補。 またまたある時は、17分署の警部補。 しかし、その実体は! ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

お友達

「友達」になる以上は少なからずやりとりしたいと思いますので、あまりに漠然とした動機や友人登録が莫大な数の方は、ご考慮くださる様お願い致します。
18 人のお友達がいます
五右衛門@HighwayStar五右衛門@HighwayStar * みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認
麻宮騎亜麻宮騎亜 ミノスケ@KV36ミノスケ@KV36
LATIO@オタナス!LATIO@オタナス! @Akio-V36@Akio-V36

ファン

21 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイライン 日産 スカイライン
色々考えましたが、二台目もスカイラインになりました(笑)。 ・数少ない後期型! ・セク ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
マニアックなR34スカイラインGT中期型に乗っています。 今現在としては、余程の事情や、 ...
日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
ぬいぐるま(笑)。 er34君のお手製です車(RV)ダッシュ(走り出すさま)
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.