• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ジェノンのブログ一覧

2018年07月15日 イイね!

「自分だけのもの」の価値は計りえない



ラプラス「ゾロアークさーん、お届け物ですよ」
ゾロアーク「お、来た来た」
メガデンリュウ「(この感じ、確かヘッドアップディスプレイの時にも...)」



ゾロ「頼んでいたバイクのミラーが来たぜ。Kitacoのランツァミラー。黒色に赤色ライン」
メガデン「Kitakoのミラー...キタコレ」

メガデン「...ん?バイクのミラー?もしかして、転倒してミラーを折っちゃったの?」
ゾロ「違いますよい!カスタムだ!」



ゾロ「んじゃ、やりますか...。人間の姿の方がやりやすいから、イリュージョンで人間の姿に...」
メガデン「...どうせジェノンがやるんでしょ...」

取り付けについて、説明します。説明しますが、ポイントさえ押さえれば簡単に出来ます。



バイクのミラーですが、転倒時などミラーに外から力がかかった時、ミラーは緩むように出来ています。それによって衝撃を抑え、破損しづらくするんですね。
まず、GSR750にはナット部分にカバーが掛けられているので、上に持ち上げて外します。

次に、ミラーのナット部分ですが....。



根元のナットは、右ねじと左ねじの両方が切られています。
ハンドルに取り付ける方が右ねじ、つまり普通の向きのねじです。
対してナットに切られた雌ねじは、左ねじです。普通のねじと回す方向が逆です。
なのでミラーをナットから外す時には、ミラーを上から見て時計回りに回して緩めます。根元のナットの上にあるロックナットも、ミラーの左ねじに取り付いているので、ロックナットも時計回りに回して緩めます。
右手側のミラーも、左手側のミラーも同様です。
※ただしヤマハのバイクは勝手が違うようです。いずれにしても、自分のバイクの事を良く調べてから作業をしてください。



このミラーは汎用性を高める為、ミラーに各ねじに変換できるアダプターがついています。
今回はこの下側のナットにミラーを取り付けるので、使用するのはM10の左ねじです。

後は説明書に従って、取り付け、調整をして終わりです。
アームの角度も調整できます。まずはアームでミラーの位置をおよそ決めておき、微調整にアームとミラーのジョイント部で調整しましょう。

そんなこんなで取り付けました。
そしてテスト走行として、少し走りに行きました。



ミラーの他に、実は去年からやっていた、「赤いライン作り」も紹介します。



まずはミラーから。黒色に赤色ラインということで、GSR750のマットブラックにピッタリです。
ミラー自体も2007年度以降新基準に合格しているミラーですので、見易さは確保されています。個人的にはもう少しアームが長くて、外側から映し出せるようになっているとより後方が見やすいなと思いますが、必要な視界は確保されています。

この他、見てわかると思いますが、いろんなところに赤色ラインを取り付けました。
例えばポジションランプの周り。



レンズが青色ということもあって、ゾロアークの目みたいですね。



個人的に気に入っている、リヤ周りの赤色ライン。マッチョなヒップが強調されます。



ゾロ「だんだんGSR750が俺みたいになってきたゾ」



ゾロ「はぁ〜。もっと晴れて欲しい。そして色々走りたい」

以前、「突然劣等感を感じてしまうと考えが豹変してしまうかもしれない」で書きましたが、スペック等を求めるなら、新しいバイクを買えば良いんです。GSR750からGSX-S750に買い換えれば良いんです。でも「今持っているバイクを自分だけのバイクにしたい」と思うなら、自然と「ここをこうしてみたい」と思うものだと思います。まずは赤いライン、そしてミラーも交換する事としました。実際にやってみると、GSR750は黒だけでなく赤を加えても良いなと思えるようになっています。
そして、「私だけのGSR750」になろうとしています。
これらカスタムは、言ってしまえば走りの安全や性能に全く効果がありません(ミラーは安全に関わる部分ではありますが、今回の目的は安全性向上ではなく、見た目を変えたいというところでしたので)。性能に効果がなくても、スペックなど数値では計りえない「喜び」が増えるものだと思います。

マフォクシー「ゾロアーク、バイクのカスタム終わったの?私もヘッドアップディスプレイの配線をキレイにしたところよ」
ゾロ「お、車もバイクもバッチリか」
メガデン「それにしても、このキツネ達は車にバイクと、色々やりますねぇ...やれやれ」



実はもう一つ、計画していた事を実行しようとしているのですが...。それはまだ先になりそうです。
取り付けの報告ができる事を楽しみにしています。
Posted at 2018/07/15 18:34:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年07月01日 イイね!

初めに思っていたよりもずっと早くにアイツが来た!



メガデンリュウ「ねえ、夕飯の具材を買いにスーパーに行こうよ」
マフォクシー「良いよ、すぐ準備するね」



ラプラス「マフォクシーさーん。お届け物ですよー」
マフォクシー「え、何だろう...。...まさか!!!」



マフォクシー「モジ(株)のネオトーキョー最新型!OBD-X1!」
メガデンリュウ「い、いつの間に買っていたんだ...。マジか...(モジか...)」



マフォクシー「今までの外付けヘッドアップディスプレイ(HUD)と違い、自分にスクリーンがあるので、非常にスッキリクッキリ見える」
メガデンリュウ「ほほう...。それじゃあ、買い物に...」



マフォクシー「ちょっとこれ付けてから行くね」
メガデンリュウ「ええ〜!!早く〜!お腹すいた〜〜!!」

...ここまでほぼ実話です。実際にはすぐに買い物に行き、素早く買い物を終わらせてネオトーキョーを取り付けました。

この最新型のネオトーキョーは、クラウドファンディングのMakuakeにて支援をして、そのリターンという形で手元に届きました。
OBD-X1は今後量産し販売する予定とのことですが、Makuakeでの支援という形によって約30%も安い価格で手に入りました。そして一般販売する前に最も早く手に入れられます。
クラウドファンディングは初めてで、こういうの私はかなり慎重になってしまうのですが、ちょうどHUDを探している時に見つけ、自分でスクリーンを持っていて見やすいものはないかと探していて、しかも早く安く手に入れられるということで、自分もビックリするくらい非常に思い切り良く手続きをしていました。

7月中に発送すると書かれていたので、てっきり7月中旬に届くものだと思っていましたが、まさか7月1日に届くとは思いませんでした。
夕方に届いたので、配線はとりあえず繋げただけの状態で、動作確認でちょっと走りました。
そして他にブログで書きたかったことを置いといて、先にこのブログを書いています。

詳しいレビューはまた今度ですが、とりあえず設置イメージを...。





良いですね。やはり自分でスクリーンを持っている方が、綺麗に見えると思います。フロントガラスに投影するタイプと比べると、特に昼の見易さが違うようです。

使用感としては、やはり視線をあまりずらさずに速度を確認出来るのは非常に楽です。
また、速度以外にもタコメーターやバッテリー電圧、水温計などの機能も備えています。タコメーターは写真左の数字、他のメーターは切り替えることで表示できます。

なお、助手席からも、数字がハッキリ見えます。横の視野角はかなり広いようです。助手席の人も楽しめますね。
また、外から見ると、数字の光が見えます。



(写真で撮るのはこれが限界です...)
数字は左右反転して見えるので、前を走っている車も、ルームミラーで見ると数字に見えるかもしれませんね。
(文字は小さいので読めないと思いますが...。読めるということは近づきすぎということですよ...)

フィットRSが、一気に先進的になり、安全性、快適性も向上しました。
車を運転するうえで必須なものではありませんが、一度設置すると使用頻度は高いHUD。取り付けもOBD2に挿すだけと非常に簡単。こんなに手軽に取り付けられるなら、これから市場が大きくなるような気がします。

ちなみにOBD2を使用するタイプなので、対応車種は2010年9月以降に販売された車種となります。
それ以前の車で使えるよう、GPSを内蔵し、シガーソケットに挿すだけで使えるタイプも開発しているようで、同じくMakuakeにて出すようです。
Posted at 2018/07/01 23:29:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月24日 イイね!

違和感を覚えたあの形も、並べてみるとなるほどと思えたこと。

現行のマイナーチェンジした後のフィットは、
RSとSグレードとその他ではフロントがだいぶ違った顔つきをしています。
マイナーチェンジする前のフィットに乗っている私としては、RSとSグレードの方に若干違和感を覚え、それ以外の方が馴染みある顔つきです。

でもこの顔、ホンダのサイトで「カーラインアップ」を見ると、あ、そうかと思いました。
マイナーチェンジした後のフィットRS、フィットSは、シビックTYPE Rに似ている。



...かっこよく思えてきましたね?(暗示)

おまけですが...、この間ようやく、このマイナーチェンジされた後の、「オレンジ色のRS」を街中で見かけました。「おっ!!」って思うような存在感だったと思います。個人的にはリアがかなりかっこいいなと思っていて、マイナーチェンジした後のフィットの羨ましいと感じている部分です。
また、代車で体感した、ホンダセンシング、の、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)。あれは相当便利です。マイナーチェンジする前のフィットにも単純なクルーズコントロールはありましたが、前との距離を保ってくれる今のクルーズコントロールは非常に楽です。それがMTにもあるので、相変わらずさすがですね。

(追記)
上のカーラインアップの写真は、よく見るとシビック ハッチバックでしたが、TYPE Rに似ていると言った方がより良い暗示になるので、そのままにしておきますね…( )
Posted at 2018/06/24 22:22:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月24日 イイね!

KURE LOOX レインコート 施工後1ヶ月後の水弾き

詳しくはパーツレビューに書く予定ですが、速報としてブログに書いておきます。

先日施工した、KURE LOOX レインコートですが、施工後約1ヶ月後の水弾きの様子を撮影しました。
1週間に1度シャンプー洗車をしていて、撮影直前にも洗車をしています。

今回の動画は、2つの動画を繋げてテキストを入れるだけですが、初めて編集して投稿しました。ムズカシイですね...。
Posted at 2018/06/24 22:02:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月17日 イイね!

スズキ ファン RIDE フェスタに参加

今日はスズキ ファン RIDE フェスタ(大試乗会)に参加しました。
朝早くから受付、試乗をしていましたが、非常に多くの人が集まっており、列を作っていました。
様子を見ると、人気はやはり大型バイクで、他にVストローム250も人気のようでした。
そんな中私が試乗したのは、バーグマン200とGSX250Rです。
GSR750を所有している私としては、大型バイクに乗るより、250cc未満かつ乗ったことのないスクーターとセパレートハンドルのフルカウルに乗ってみたかったのです。

まず、バーグマン200に乗りました。
ところでやはりスクーターは乗りたがる人はあまりいなく、午前中に関しては「並んでいる人の中でバーグマンに乗りたい人は、こちらに来てください」と、列を無視してすぐに乗ることが出来たくらいです。
自動車学校を除いて、初めての普通自動二輪のスクーターでしたので、発進時は少し緊張しました。しかし、その緊張はすぐになくなるくらい、とても乗りやすいです。ATのスクーターなので当然といえば当然ですが、とても気楽に運転できます。
そしてバーグマン200は、125cc以上のスクーターとしてはどちらかというとコンパクトなサイズとなっており、運転時にサイズ感を掴みやすいだけでなく、とても軽快でした。ビックスクーターはどっしりゆったりなイメージがあったのですが、バーグマン200はなかなか俊敏で、街で運転するのに使いやすい印象を受けました。
加速はやはりスポーツバイクと比べると強くは感じませんが、普段使いの範囲であれば十分だと感じています。
何より楽な姿勢でアクセルをひねるだけで走れるので、通勤や街中での走行でも、ツーリングでもとても気楽に走り出せると思います。

午後にはGSX250Rに乗りました。
またところでの話ですが、受付のとき、とある人と受付の人の会話が記憶に残っています。
「◯◯に乗りたいけど...1時間も待つんですか...」
「◯◯は人気ですからねー」
「人気のないバイクはどれですか?」
「スクーター全般ですねー(笑)」
人気のないバイクって言われ方...。
さっきバーグマン200に試乗した私としては「みんな気づいていないけど良いバイクでしたよ」と言いたい気持ちを抑えていました。
で、GSX250Rに乗った感想です。
まず、またがった時にさすが250ccのバイクで、またがりやすく、スリムな形状で膝がしっくり来ます。
初めてのセパレートハンドルでしたが、乗車姿勢が思っていたよりかなりスポーティと言いますか、ハンドルの位置が結構低いんですよね。しかし比較的手前にあるので、手が届きにくとは感じませんでした。
ちなみに私のGSR750は、比較するとハンドルは高めですが、広くて遠いので、「どっしりとやや前傾になる」ような感じです。ハンドルは体格と好みですかね。
走り始めると、250ccという軽さもあって、発進、定速走行はやりやすかったです。でもエンジンが思っていたよりかなり元気で、一度回し始めると250ccですがかなり速く感じました。また、初めてのセパレートハンドルという事もあってか、コーナーをかなり楽しく走れました。何て言うんでしょうね...前輪に体重をかけて曲がっているかのような感じ。軽量なので切り返しもかなり俊敏、そしてエンジンが回る。曲がる。また回る。結構良い音。なのに低速も扱いやすい。
なんだこの良いバイク...。
印象をまとめると、コーナーが楽しく、エンジンを回せて、結構速くて、低速も楽で楽しくて...。
ダメだ、まとまらないです...。
スポーツバイクの楽しさが、街乗りでしっかり味わえる、という事ですかね。
どうりで250ccのフルカウルスポーツバイクが人気な訳だ...。こんなに気楽に、普段の道が楽しめるようになったらと思うと、走り出したくてたまらないだろうなと...。

以上、バーグマン200とGSX250Rに試乗した感想でした。
現在大型バイクに乗っているので、250cc未満のバイクが気になっていたので試乗しました。
結果としてはどちらも良いバイクだと感じています。とにかく気楽に軽快に走れる利便性の高いバーグマン200と、普段走る道が楽しくなりそうなGSX250R。250cc未満のバイクにも、魅力はたっぷりありました。
当然大型バイクには大型バイクの良いところがあります。でもこれだけ魅力的な250cc未満のバイクがあるなら、この先大丈夫ですね。色々と。

今回の試乗会で、改めてバイクの楽しさ、幅の広さを感じました。

そして...、家に帰ってきて、久しぶりにGSR750を洗車しました。
Posted at 2018/06/17 18:33:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「冬はクルマいじりが色々思いつきます。バイクに乗らなくなり、クルマに向き合う時が多くなるからです。」
何シテル?   11/18 18:19
ジェノンです。よろしくお願いします。 クルマは広いジャンルで好きですが、特に好きなクルマの種類は・・・、 ・コンパクトカー ・オープンカー ・夢のあるク...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

【動画】公道でこのスピード…バイク編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/23 23:02:29

お友達

コンパクトカー、オープンカー、スポーツカー、便利なクルマ、ワクワクするクルマ、夢のあるクルマ。色んなクルマはあるけれど、クルマが好きな皆さんとお友達になりたいです。
33 人のお友達がいます
ニョキニョキ * みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認
じゅんちゃんRSじゅんちゃんRS みんカラスマホアプリ開発チームみんカラスマホアプリ開発チーム
N-JUNKIEN-JUNKIE TぽんRSTぽんRS

ファン

10 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フィット(RS) ホンダ フィット(RS)
名義等正真正銘の「初めての私の新しいクルマ」を買いました。初めての新車は、6MTのサンセ ...
スズキ GSR750 スズキ GSR750
初めての大型バイクとして、スズキ GSR750を購入しました。これまで乗っていたホーネッ ...
スズキ アルトワークス スズキ アルトワークス
初めてクルマを買いました! 初めてのクルマは、このアルトワークス。 超過走行車です。 し ...
ホンダ ホーネット250 ホンダ ホーネット250
普通自動二輪の免許を取得して約1年。念願のバイクを購入しました。 初めてのバイクは、ホン ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.