• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

○なおまる○のブログ一覧

2018年04月19日 イイね!

リアスピーカー 内張トンネル編

リアスピーカー 内張トンネル編
内張トンネル編です。


写真が合計30枚もあったので、

文字より写真で語る形になると思います。



それでは早速。




昨日です。

ホームセンターで在庫処分割引品のお皿みたいなやつを左右分購入しました。

スピーカーサイズに合う大きさのもので、ガーデニングコーナーにあったものです。




カップの深さは2センチくらいですかね~?




あてがってみる。ちょうどよさそう!




適当なところに穴をあけて、そこから曲線ハサミでペチペチ切りました。


あ、言い忘れてましたが、グリルからスピーカーまでの距離はおよそ25mmくらいだったので、だいたいそんな感じになるように切り出してます。




あてがってみる。既にトンネルっぽい!


フロントとちがってこれまた適当に作業してるので、形になるのが早いです。




固定するために、エッジまわりの樹脂リングに適当に両面テープを切り貼りしていきます。




固定してみた!



が…




内張を戻して隙間の確認をしたところ、

グリルの骨組みやグリルそのものの厚みの関係で内張がまずおさまりきらない…



急遽、カップの深さ(トンネルの長さ)をさらにカットして、樹脂リングにハメ込む感じに変更。

これでだいぶ深さを稼げます。






こんな感じで、ハメ込んでます。


ハメ込みの節度がかなりシッカリしてるので、テープなどでの固定は省きました。




写真が横向きですみません。。

スキマ埋めのいわゆるスポンジテープを購入したので、使います。


リングのフチに貼ります。




こんな感じ。


お気づきかも知れませんが、リアスピーカーは世間常識と同じように、かつ適当に取り付けしてます。

適当にスピーカー取り付けて、適当にスポンジぐるりして、、、


内張トンネルと内張(グリル)が接地するように作ります。

しかもスポンジで密着するように(笑)



ということで、




一旦内張を戻して、現状スポンジが見える重なるところにテーピングで印をします。




また内張を外して、その印のとおりに、内張のほうに音が漏れないようにスポンジを貼っていきます。

これも適当です。採寸なんて一切してません。

スポンジあてがって、これくらい?でカットして貼り付け(笑)




もう少し密着性を良くしたかったので、スピーカー側のトンネルのほうにもう1段スポンジテープをぐるり。

合計2段のスポンジテープぐるりになりました。







内張トンネルのほうはおわりました。

お次はもう一手間。といっても変わらず適当に。


インナーパネルと内張の隙間(立ち上げ寸法)を目視でイメージします。



ふむふむ。インナーのクリップ取り付け部が数ミリ凸凹はしてるけど大体内張表面からクリップ取り付け柱の高さ分くらいかな。




その寸法で柱を作ります。




内張につっかえるイメージかな。

防音、防振 といったイメージ。


ほんと、世間常識通りの施工。

雑誌やショップやDIYするみんなが大好きな施工。




あっちなみに使ってる材料は、これです(笑)

ホームセンターで売ってる、発泡スチロール製のブロックみたいなやつです(笑)



さっきのは取り付けのイメージ膨らませるためにブチルのはみ出た部分にぺたっとくっつけてただけでしたので、

この取り付けイメージでOKだなと思ったので、




画像が今度はまっさかさまですみません。

柱の取り付けるところに両面テープを適当に貼り付けます。




で、柱を貼り付けました。

両面テープのはみ出た部分もそのまま(笑)

特に意味はないです(笑)

本当に適当にやってるだけ(笑)




もう1箇所、柱を立ててみました。




こんな感じでフィニッシュにしようかな。



と思いましたが、内張との密着性を向上させようと思い、




先ほどのスポンジテープを追加しました。



これにて完了。でいいかな。





内張戻して、いい感じじゃない!


スピーカーのトンネルより外には音が漏れないはず!

そしてフロントでは活用してる共振もこのリアでは抑えられているはず!



昨日はここまでの作業で日が暮れてしまいました。


今日の作業です。↓↓↓




昨日やった右ドアの作業と全く同じことを左ドアでやったので、ダイジェストでお送りしますね。




一旦内張戻して内張グリルにスポンジ貼る箇所をマーキング。




ほんっっとうに適当になんですよ。

もはや真円でもなんでもないでしょ(笑)

なんなら渦巻きになりそうな流れです。




トンネル、スポンジ、柱まで右ドアと同じように施工して、




完成 (笑)





採寸一切なし、イメージ、イマジネーション、インスピレーション、行き当たりばったり で施工





しかし、フロントと合成されて出てくる音楽は…




豊かな音場を感じさせてくれます。。。





わけわからんなりにフロントアンプのゲインやらヘッドユニットのフェーダーやら(リアは外部アンプ使ってないので)をさわってみて、

とりあえず良さげな聴こえ方をするようになりました。





ご無沙汰になるだいぶ前の作業ですが、電源関係で更新してないネタがあったのを思い出しました。


今日は3つも更新したので、そちらは後日更新しようと思います。
Posted at 2018/04/19 22:47:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | オーディオ | 日記
2018年04月19日 イイね!

リアスピーカー バッフル製作〜取付編

リアスピーカー バッフル製作〜取付編リアスピーカーのバッフルを製作する段階です っつって2、3こ下の動画を載せてる記事かな、に書いてると思うのですが、それからご無沙汰でした。


みんカラご無沙汰になる前に、なんとか作業のほうは終わってました。







参考にできるバッフルが倉庫に転がってたので転写して取り付けるスピーカーサイズのホールも転写。


今回はフロントドアスピーカー用に製作したなるだけ小さいバッフルのような考え方は特にしておりません。

適当に転写しました。模造品です。





自由錐でホールを。

雑な自分にしてはまずまずの切り口です。

すかさずジグソーに切り替えて外枠の切り出し、程よくペーパーできれいにしてすぐに塗装に入りました。

ここのスピーディー感は前回に相変わらずでして、途中の写真は御座いません。。




塗装が落ち着いて物干しのやつで乾燥させてます。




後日作業です。

1度目の塗装が完了したので、あとは時間的に余裕がでてくるので、スピーカー取り付け穴とインナー取り付け穴をあけて、また塗装の回数を重ねます。





塗装が完了しました。

使うビスを当てがってみました。





インナーパネルにバッフルを取り付けてみました。




スピーカーもとりつけていきます。


普通に付属のハーネス使ってファストン端子で取り付けました。

フロントほど神経質になってません。というかむしろ適当に何も考えずやってます。

リアにはフロントの補完の役割をさせるつもりですので。。。


どこぞのブログで見たことがあったと記憶しております。

「神経質になったら楽しい音楽が出てこない(笑)」と。(^^;)




気楽にいってみます。




んで、続き




スピーカーが取り付けできました。




リアも内張トンネルを製作する必要があるのですが、そちらはまた別の記事で。
昨日今日で作業したのですが、写真が多いので、別で内張トンネル編を更新します。



ということで、




一旦内張を戻しました。


音の広がりや中高音の補完を獲得しました。




世間では「リアスピーカー邪道」の考えが浸透してますが、音楽を楽しむ場合はその考えが邪道だと思います。


リアスピーカーを取り付けてから、音楽の楽しさが幾分も増しました。



必然的に調整箇所は増えるのでまた悩みが増えるのは増えますが(笑)


悩むのもほどほどにして、それより楽しもうと思ってます(^^)
Posted at 2018/04/19 21:56:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | オーディオ | 日記
2018年04月19日 イイね!

ご無沙汰です。溜まったネタ連続更新します。

ご無沙汰です。溜まったネタ連続更新します。ご無沙汰しております。



やっっっっっと、


落ち着いたので書きます。




3月の年度末決算。

毎日毎日日付を越すやら越さないやらまで仕事をし、帰宅して寝てすぐ仕事の繰り返しの日々。

くたくた。


当然オーディオの作業はおろか、みんカラ参上さえできず。




4月になって落ち着くかと思えば、自分が新入社員のサービス部門の育成を半月ほど任され、私生活どころではない…(笑)


半月の任期がおわり、同期のヤツにバトンタッチしたところで、やっと落ち着き、やっとまともに私生活が送れる休みが昨日今日でした。


ほどほどに休養はとりつつ、

もちろんやることはカーオーディオ(笑)



昨日今日でリアスピーカー云々の作業をしてましたが、それはのちほど更新します。


ご無沙汰になる前に作業してたけど更新できてなかった部分をこちらで更新します。

のちほどリアスピーカーの取り付け編もやりますが、こちらもご無沙汰前の作業です。



いつの作業やら覚えてないです。
写真フォルダーを見返して思い出しながらの更新です。






内張トンネル再製作、仮製作中。




仮製作その2



なんだかしっくりこない。


内張を抑えてみると変なこもり? 変な響き?がなくなる!?





クリップの噛みが甘くなってきたら新品に交換するのも大切なことだと思い知りました。


ヘッドユニットのデジタル調整部分でピコピコせず物的取付調整をするアナログオーディオ、あらゆる物の脱着や節度の調整等が必要である。

そして僕はそのアナログオーディオの駆け出しビギナー。

頻繁どころじゃないほど内張の脱着をするので(笑)、次第にクリップは甘くなってきます。



クリップが甘く内張の固定が甘いと変に共振して、


いや

共振を利用する音作りを目指してはいるんですが(°_°)



そうではなくて、

本来と異なる(弱まった)固定力の内張は、

「予定外の」共振をすることによって「予定外の」こもり音やビビリ音、不自然な響きが生まれるようです。


ということを経験しました。


内張を外す際に苦労なく内張がポンポン外せるくらいになったらクリップ新調を心掛けます。





クリップを新調して、変な感じはなくなったけど、聴き込んで、トンネルをまだ詰めれそうな感じ。



ということで






再測定








再製作。。。


今度は片側また2時間程度かけて、大きく異なる構造になりました。

純正のトンネルを活かした構造です。



これでもだいぶトンネルの長さを削った設計なのですが、


再度聴き込んで、


さらにトンネルの長さを短く(スピーカーとの距離を大きく)とりたい。

しかし、内張グリル周辺の構造上限界…





写真に写っている、エッジまわりの樹脂のリング(接着剤で固定されている)を撤去して隙間を確保(笑)


ピンボケでごめんなさい。





結果、


望んでた方向に大きくシフトしました。


撤去したリングの厚さは5mm以上あったので、今度は隙間が広がりすぎています。

ここから隙間を煮詰めていくことになります。



※現在まだ煮詰めてる途中段階で未完成です。






次に、リアスピーカーの取り付け編を更新します。
Posted at 2018/04/19 21:31:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | オーディオ | 日記
2018年03月08日 イイね!

撮ってみた。

撮ってみた。.

現状こんな感じです、という動画です。




ごたごた言える立場ではないので、動画だけペタペタ貼ります。




リアは現在バッフル製作中



なので、


フロント(16cmコアキシャル)のみ
ハイパス 100Hz -24dB/oct

です。




それでは。



お馴染み

Mariah Carey - One Sweet Day







EDMも。。。

W&W - Rave After Rave






ちらほらカーヲデ動画で見かける

Michael Jackson - Billie Jean



ここまでは全て100Hzで-24dB/octハイパスかけてます。



んで、同じく

Michael Jackson - Billie Jean

の、ハイパススルー(フルレンジ)Ver.



数えきれない内張脱着回数の蓄積で、左の内張のツメが1箇所破れてしまい、そこからビビりが発生してます。


ドアに調整に取り掛かる前に外していた内張トンネルを再度仮設したので動画を撮ってみた次第です。


.
Posted at 2018/03/08 01:54:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | オーディオ | 日記
2018年03月07日 イイね!

ドアおさわり

ドアおさわり.

レアルシルトは使いません。







電源関係の基礎施工が全て完了しましたので、先月半ばくらい?からずっとドアおさわりしてます。




あーでないこーでないとシワクチャにしたりピンとしたりを繰り返しているうちに、ついにレジェが破れました。



以前レジェはまとめ買いしてますので、まだもう一度左右インナー施工し直すくらいの量はあるのですが、今回は実験も兼ねてレジェとは別の材を使ってみることにしました。



電源に引き続き、ドアも、

基本に忠実に に重点を置き、



純正をオマージュした施工です。





100均で購入したクリアケースです。


素材は、いつもお世話になってます、PVCです。

軟質カードポケット等と同じ素材です。


純正のビニールよりしっかりしており、レジェよりは頼りない といったところです。





上で申し上げた通り、破れてしまった箇所のレジェを剥がして応急的にガムテープで塞いだところです。

すると、音が活き活きとしはじめました。


制振しすぎてたのかもしれません。






ということで、破れそうな箇所も剥がしたところです。


さらに音が活き活きしはじめました。



理屈は、わかりません。






先ほど紹介した100均の材を当てがってサービスホールの形を転写します。





クリアケースとしての役目を果たすことなく切り刻まれました。





貼ってみました。






こんな感じ。






左右差はタブーなので、

助手席側も。





こんな感じ。



何日か視聴を繰り返し、






最終的にこうなりました。


調整材料がなくなった為、バッフルの取り付けネジでの微調整に依存します。



後日、内張トンネル作ってみようと思います。





しかし、どの状態のときもどのように調整しても運転席側のほうが低音が強い。。。


少しのドアパネルや付属品の違いかなぁ。。。まっさらにしても運転席側のほうが強い。





もう少し楽しみながらカーオーディオやりたいですが、



実際のところ、



悩んで悩んでハゲそうです。





.
Posted at 2018/03/08 01:12:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | オーディオ | 日記

プロフィール

「ご無沙汰しております。怒涛の年度末、からの新年度の新人教育等がやっとひと段落し、久々に戻って参りました。本日、1ヶ月半ぶりにオーディオの作業をしました。今夜、ブログの更新および溜まったメッセのお返事をさせていただきますm(_ _)m」
何シテル?   04/18 18:50
なおまる です。よろしくです。 最近はほぼオーディオしかやってません。 アナログカーオーディオ、奥が深いです。 ないものは作っちゃえ!という、アメリカ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

エンジンオイル警告!リセット! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/22 15:57:50
お得な心得(前方定位の原理) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/28 08:28:38
エンジンからの異音 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/09 01:02:26

ファン

21 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 5シリーズ セダン BMW 5シリーズ セダン
BMW E60 525i Mスポーツ LCI(後期)です。 足廻り XYZ SS T ...
スズキ アルトワークス スズキ アルトワークス
会社から無言の代替圧力を受けながらもHA22Sアルトワークスに約3年間乗っておりましたが ...
スズキ ワゴンRスティングレー スズキ ワゴンRスティングレー
彼女のMH23SスティングレーTです。 こちらも僕がイジっております(笑) お出かけと ...
トヨタ マークII トヨタ マークII
周りで一番低いマーク2を目指してました。目指してただけで、実際低かったかどうかは不明です ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.