• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Tempest-3のブログ一覧

2021年07月28日 イイね!

💪夏の風物詩巡り 2021 No.5『土用の丑の日編』💪

💪夏の風物詩巡り 2021 No.5『土用の丑の日編』💪
本シリーズ5回目は趣向を変えて夏を代表する食べ物がテーマ‼️
夏の食べ物と言えば『スイカ』『冷麦・そうめん』等がまず思い浮かぶが🍉
今回チョイスしたのは夏バテ防止に効果がある栄養満点の『鰻』


夏の風物詩のひとつに『土用の丑の日』があるが…

ネットで調べてみると江戸時代から伝わる由来であり、鰻を食べて暑い夏を乗り切る日本古来の風習は今もしっかりと引き継がれている。

今年は本日7月28日が土用の丑の日であった。


近年は稚魚のシラスウナギの不漁で価格高騰により、気軽に食べれなくなった鰻ですが……
まずは美味しそうなお店をネットで探してみます。

いつも利用しているグルメサイトは『食べログ』であるが、評価点数が3.5以上のお店を選ぶようにしている。


食べログはユーザの評価を基に点数は常に変動するが、評価基準も厳しく4点以上のお店は全国的に見ても数店舗しかない。
1位:かぶと(東京都 池袋)


2位:瞬(静岡市)


3位:活鰻の店 つぐみ庵(東京都 駒込)


それにしても上位にランキングされるお店は高級店のようで値段が可愛くない💢

そんな高価格のお店が揃う中で目に留まったのがランキング7位の『炭火焼鰻 小暮や(千葉県我孫子市)』

点数『3.97』は限りなく4点に近く価格も庶民的である。

うな重のメニューは一般的に並に上や特上と3種類で構成されるのが一般的であるが……
1種類のみとシンプルで値段も十分にリーズナブルで『蒲焼』や『白焼き』のメニューもある。


店舗はJR常磐線天王台駅そばにあり、自宅からは電車でも車でも15分程の場所で非常にアクセスが良い。


毎週水曜日は午後から都内の勤務なのでランチを頂くことにした。

天王台駅に到着したのは10時半🕥ネットの情報では11時の開店前から行列ができるようなので少し早目に来てみた。


天王台駅は近くにNECの工場があるがそれほど開けた感じの場所ではないが、線路沿いの道を少し歩くと👣


『炭火焼うなぎ』の看板があった。


マンションの1階にあり店構えはごく普通のうなぎ屋という感じだが、お店の前には一人の男性が立ち尽くしていた。


店頭に行くとシャッターは降りたままで誰もいない?


営業は11時開始のはずだが本日は休みだった。


この店は月曜日が定休日で気まぐれに火曜日も休みになることはリサーチしていたが、まさか土用の丑の日が定休日とは予想外の展開💢

さて困ったが諦めるのはまだ早い‼️
我孫子市には近くに手賀沼があるので鰻屋が多く……


その中から我孫子駅近くでバックアップのお店『お㚙川(おがわ)』をリストアップしていた。


この店は三河産のブランド鰻『三河鰻咲』を提供していて……


食べログの評価も3.6とまずまずで……


値段的にもリーズナブルであった。


我孫子駅は天王台駅のお隣なので5分程で駅の南口に到着した。


駅のロータリーからすぐの場所にあるはずだが…


雑居ビルの1階に目的のお店があった。


店頭でうなぎを捌いて……


店主が焼く姿を目の当たりにすると食欲がモリモリと湧いてきた✌︎('ω')✌︎


ちょうど11時に入店したが店内はほぼ満席であった。


カウンター席に案内されるとすぐに冷たい麦茶が運ばれてきたが……

仕事がなければキ〜ンと冷えたビールを飲みたいところ🍺

メニューを見ると2種類の鰻があり『新仔』は今年取れたもので少し値段が高い。


そして関東風と関西風の焼き方のどちらにするか尋ねられた。

うなぎを蒸してから備長炭で焼きふっくらと柔らかいのが『関東風』

鰻を蒸さずに炭火でカリッと香ばしく焼きあげるのが『関西風』

どちらも食べてみたいので、関東風と関西風の鰻が一つの重に盛られている『東西』を注文した。

オーダーを受けてから鰻を捌いて焼くので、提供されるまでには30分前後時間がかかるのは仕方がない。


サービスで鰻のバラぽん酢が運ばれてきたが……

まだまだ先は長い(_ _).。o○

目の前の盆栽を見て集中しますo(`ω´ )o


待つこと30分で鰻重が運ばれてきた( ◠‿◠ )

この蓋を開ける時が一番わくわくする瞬間♪

蓋を開けると香ばしい蒲焼の香りがフワッと広がります。


重箱一杯にぎっしりと盛られた鰻は食べ応え満点💯


手前が関東風で……


奥の少し焦げ目があるのが関西風


関西風の方から頂きま〜す( ̄O ̄)

炭火で焼いているので香ばしさもしっかりありウマ〜イ‼️

そして関東風は蒸しているのでしっとりとろとろで、箸を入れると簡単にほぐれる柔らかさです。

ふわっふわの関東風と、焼き目香ばしい関西風。
それを両方味わえて贅沢な時間を過ごすことができました。


『お㚙川さんご馳走様でした』

Posted at 2021/07/28 19:05:56 | コメント(7) | トラックバック(0)
2021年07月25日 イイね!

🌻夏の風物詩巡り 2021 No.4『風車とひまわり編』🌻

🌻夏の風物詩巡り 2021 No.4『風車とひまわり編』🌻
4連休に入り毎日暑い日が続いているが、本シリーズ4回目のテーマも『夏の花』
夏を代表する花の一つが『🌻ひまわり🌻』


春先に『風車とチューリップ🌷』というテーマに挑戦したが……
①あけぼの山農業公園


②佐倉ふるさと広場


どちらもこの季節はひまわりの花で埋め尽くされるので、同じ場所で『風車とひまわり』に挑戦してみます🌻

最初は千葉県柏市の『あけぼの山農業公園』


現地に到着すると風車の周りには夏空が広がり爽快な気分🌞


道路沿いに咲くひまわりは……🌻


顔を揃えるように……🌻🌻


綺麗に花を咲かせていた🌻🌻🌻


ひまわり畑の方に行ってみると……


……………………?


殆どのひまわりは地面に倒れていてm(_ _)m


見るも無残な姿(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)


原因は7月11日に発生した『ゲリラ豪雨』のようです🌀


この日は買い物を終えて帰宅途中ちょうど利根川を渡る時に滝のような雨に遭遇したが……

この場所は利根川の河川敷に位置するので、かなりの強風が吹き荒れたはず。

去年はコロナ感染対策のため種がまかれなかったので、あまりにも残酷な光景(◞‸◟)


そんな倒れた状態でも殆どのひまわりは花を咲かせていて……


たくましい生命力を感じることができる🌻💪


園内の端の方のひまわりは一部綺麗に花を咲かせていたので少し撮ってみます📸


⬇️


ミツバチGET🐝🐝


ひまわりはその名の通り太陽を中心に花を咲かせるので全て同じ方向を向いている。


風車と絡めて撮りたいところだが、風車は西向きでひまわりは東向きと完全に逆方向‼️


しかし中には必ず捻くれ者はいるようで……


最後を飾るのは風車とひまわりの2ショット‼️


素敵な尾根遺産を横目で見ながら(¬_¬)


次の目的地に移動します🚘


次の目的地は『佐倉ふるさと広場』


ここは人気の場所で駐車場に入るのに苦労するが


風車の近くに駐車できた🅿️


風車の裏側からアクセスすると……🚶‍♀️


足元には握り拳くらいの小さなひまわり🌻


高さ50cmにも満たないミニヒマワリです🌻





この地のシンボルであるオランダ風車は1994年にオランダ技師により建設された物で……


実際に風の力で回る本格的な風車で『リーフデ(友愛)』と名付けられている。


風車の前に広がるひまわり畑に行くと……


……………………?


殆どの花が枯れていて見頃は過ぎていた。

残念(◞‸◟)無念ʅ(◞‿◟)ʃ

まだ綺麗に咲いている花を探しながら歩いてみます👣


⬇️


ミツバチGET🐝🐝


毛虫もGET🐛🐛🐛


風車と絡めて撮ってみます📸


⬇️


一番奥にたどり着いたがやはり迫力不足


花の数が少なく物足りないので……
素敵な尾根遺産達に華を添えてもらいます。

青い服が一際目立つ尾根遺産👕


麦わら帽子が良く似合う尾根遺産👒


花摘みをする尾根遺産🌻🌻


最後はソフトクリームとひまわり🍦🌻でおしまいです。


Posted at 2021/07/25 17:30:53 | コメント(7) | トラックバック(0)
2021年07月23日 イイね!

🌞夏の風物詩巡り 2021 No.3『山百合編』🌞

🌞夏の風物詩巡り 2021 No.3『山百合編』🌞本シリーズ3回目のテーマは『夏の花 山百合』

山百合は『森の貴婦人』とも呼ばれ夏の里山を代表する豪華な花である。

あまり知られていないが神奈川県の花に指定されているようです。


霞ヶ浦の東側に古くから建つ『西蓮寺』のそばに『山百合の里』があるが、去年も訪れた地である。

約2万株の山百合が群生している里山で、関東随一の山百合の里が広がっています。

コロナの流行前は毎年山百合まつりが開催されはとバスのツアーコースにもなっていたが、今年はイベントは中止になっていた。


国道355号線を左折すると案内板があるが間も無く西蓮寺に到着する🏁


山門のすぐそばの桜の木の下に駐車できたが他に車は見あたらない。


大きく広がった屋根が特徴的な仁王門は国指定の重要文化財に指定されている。


そしてこのお寺のシンボルが樹齢1000年以上と推定される二本の大イチョウ‼️


どちらも30mを越える大木で秋の紅葉は見所満点である💯


まずは本堂で参拝して行きます👏


旧参道のそばに『山百合の里』の案内板が建てられているが……


『がーんショック🤯』何故か『通行止』の看板?


駐車場の入り口に売店があり山百合の会の方が常駐していたので花の状況を確認してみると……


『今年は2週間早く咲き始め10日程前が一番の見頃で、もう全て散ってしまっているとのこと』

去年もほぼ同じ日に来て綺麗な花を咲かせていたのであまりにも早すぎる💢


被写体が無いので撤収‼️


『ちょっと待った‼️諦めるのはまだ早い』

行方市のHPにはもう1箇所山百合が咲く里山があるのを見つけていた。


場所は同じ行方市の『手賀ふれあいの森』
市が整備した公園だがこの場所も山百合の自生地で現在地からは10分弱で行くことができる。

帰り道なのでダメ元で立ち寄ってみます🚘

途中見渡す限りの田園風景が続いたが……


公園の案内掲示板が立ててあった。


駐車場に着くと誰もいな〜い?


園内の案内掲示板を見ると池を中心に散策路があり、山百合の自生地は奥の方にあるようだ。


駐車場そばの金網のフェンス沿いに一輪の山百合が咲いていたので期待が持てる。


舗装された散策道を少し歩くと🚶‍♂️


小さな木の橋があった。


この橋を渡って少し歩くと🚶‍♂️左手に池があった。


今日は気温が高くうだるような暑さだったが、どこからともなく涼しげな風が吹き心地良い空間である。

そして緑深い森の中に入ってみます。


それほど急な斜面ではないが、こんな場所に山百合が咲いているか不安になってきた。


奥に行けば行く程大きな樹々があり……


まるでジャングルのような光景である🌲🌲


そして鬱蒼と生い茂る藪の中に可憐に咲く山百合を見つけた。


⬇️


更に薄暗い藪の中にも山百合を見つけた。


山百合の里の方はロープが張ってあるので花のそばには近くことができないが……


ここは藪の中に入れば撮り放題📸📸📸


唐辛子のような雄しべと雌しべのアップ📸


山百合は草丈は1mから1.5mで花径は大きいものは20cm近くに達するが、やはり樹々や雑草が生い茂り陽当たりの悪い場所で育つせいか少し小さい花が多い。


⬇️


このエリアは行き止まりになっているので獣道を通り、別のエリアに入ってみます。


更に藪が深くなっていたが藪の中には多くの山百合が咲いているのが見てとれる。


ローカルな場所なのでおそらく立ち入る人は少ないはずだが、この地で昔からひっそりと毎年花を咲かせているに違いない。


まだ蕾の状態の花も多くこれから大輪の花を咲かせるに違いない。


⬇️


三つ子の山百合を見つけたが……


山百合は株が古いほど多くの花が咲くようで、この花は良く見ると計5輪の花を咲かせている。


更にこの花は蕾入れると計8輪‼️


このあたりは木の高さも低く陽当たりが良いので山百合の成長に適しているのかもしれない。


更に獣道は細くなり藪も深くなっていたが先に進んでみます。

山百合の里はボランティアの方が除草しているので歩きやすいがここは手入れが全くされていない💢

藪の中には数多くの山百合が綺麗に咲いていた。


⬇️


⬇️


獣道は下りになったのでここが出口のようだ。


散策路に戻って歩いていると……🚶‍♀️


崖の上には……?


一輪の山百合が帰りを見送ってくれるように咲いていた。


山百合の里の近くの場所なのでこんなに咲いているとは思ってもいなかったので……
『嬉しい誤算( ✌︎'ω')✌︎』


短パンの軽装で歩いたのでその代償として、藪蚊に沢山刺されてしまった🦟💢

Posted at 2021/07/23 17:56:57 | コメント(4) | トラックバック(0)
2021年07月21日 イイね!

🌞⛩夏の風物詩巡り 2021 No.2『夏の海 鹿島灘編』⛩🌞

🌞⛩夏の風物詩巡り 2021 No.2『夏の海 鹿島灘編』⛩🌞
本シリーズ2回目のテーマはズバリ直球勝負の『🏝夏の海🏖』
夏の海といえば水着姿の尾根遺産を期待する方も多いかと思いますが、今年はコロナ禍で『いつもとは違った夏』が訪れようとしている。

いつもの年ならビーチに人があふれるはずだが…
今回は静粛感が漂う夏の海で『一瞬の幻想的なシーン』を追いかけてみました。


今回の場所は県内の鹿島灘(かしまなだ)


鹿島灘は茨城県東部の大洗岬から千葉県東部の犬吠埼に広がる太平洋の海域である。

若い頃からドライブやサーフィン、最近では釣りに良く訪れる場所でもある。


大洗海岸に到着したのはまだ日の出前の早朝4時🕓まだあたりは薄暗く駐車場の車も少ない。


東の空と海をみるとマジックアワーとブルーアワーの素晴らしい光景が広がっていた。


いつもダイアモンド富士の撮影をしていると日没後に必ず遭遇する光景であるが、日の出前は初めての体験である。


このシーンは刻一刻と色味と明るさが変化するので、綺麗な色がでるようにカメラの設定は無難なAUTOモードで撮ってみました。


日の出の15分前🌞少し明るくなったので撮影ポイントに移動します👣


⬇️


海岸沿いを少し歩いた所にあるのが岩礁に立つ『神磯の鳥居』

毎年初日の出の時はすごく混雑する絶景スポットである。

東日本大震災の時には大津波が襲った大洗町だが、この鳥居は全く被害を受けず健存しています。


今回早朝から狙ったシーンは『鳥居をくぐる朝日⛩🌞』


去年の冬にこの地でチャレンジしたみたが、水平線には厚い雲がかかっていて朝日が昇り切った後の画になってしまった。


今日の日の出の方向は鳥居から見るとかなり北東の方向になるので場所の選択が悩ましいところ。


思っていたより集まった人は多く、防波堤沿いには約30名👨‍👩‍👧‍👦👨‍👩‍👧👯‍♂️👮‍♀️


下の海岸には尾根遺産を含めて10名程いる👩


防波堤の端の方がベストと推測したが果たして結果はいかに?

冬の大洗海岸は季節風の影響で鳥居には大きな波が打ち寄せて迫力ある写真が撮れるが……


干潮の時間帯と重なり今日は静かな朝を迎えようとしている。


4時34分 水平線の彼方に朝日が顔を出したが…


『ダメだこりゃ』鳥居のかなり左側から日が昇り始めた🆖


ダッシュで場所を移動したが今度は少し右側🆖


ちょうど良い場所は既に人があふれて密状態‼️

この季節こんなに人が集まるのは全くの想定外

人の隙間から何とか数枚撮れたが既に鳥居をくぐった後で手遅れであった。


良く観察してみると防波堤は少し高い場所にあるので、陽が昇る角度と鳥居の位置関係に無理があった。
『やはり下の海岸に降りて撮るべきだった』


日の出から5分後🌞見る見るうちに朝日は鳥居の上に昇って行った。


⬇️


⬇️


時刻は間も無く5時🕔朝焼けが広がる海を横目で見ながら……


海岸沿いを歩いて駐車場に戻ってみます🅿️


良く見るとニ羽の鳥が写っていたが次の目的地に移動します🚘


次の目的地は大洗サンビーチ🏖


広大な砂浜と遠浅で澄んだ海とビーチが続く美しい海岸であるが、駐車場からがかなり遠い。

今年はビーチは開場されるのだろうか?

朝早いのでビーチには誰もいないが、海岸の砂浜が青く染まっているのは天空の空が映る『リフレクション効果』である。

今日は風がなく雲一つない穏やかな海‼️
その昔このあたりは海であったが埋め立てて造られた人工のビーチである🏖

そして浜辺には昇ったばかりの朝日の光が広がっていた🌞🏖


波が押し寄せてくると光の道が足元まで迫ってくるが……


干潮の時間帯は浜辺が鏡のように反射するリフレクションビーチとして有名である。


何故か最近『体験王国いばらき』のキャンペーンガール?としてデヴィ夫人が起用されているが……


県内の名所の一つであるリフレクションビーチ視察の様子がSNSで発信されている。

この効果があったのか長年指定席だった魅力度ランキング最下位を脱出した。

陽が昇って行くと少しづつ情景が変わり、浜辺一面がオレンジ色に染まり始めた。


遠くに歩いているのはもしかして……


尾根遺産でした‼️


次の目的地に移動します🚘


順番が逆になったが大洗磯前神社で参拝して行きます⛩


急な階段を登り切ったところに門がある。


門をくぐり朝日が射し込む本堂で参拝します👏


次の目的地に移動します🚘


近くの海門橋のロードパークで一服します🚬


海門橋は那珂川の河口にかかる橋で対岸は那珂湊の市場になる🐟


次の目的地に移動します🚘


次の目的地は国道51号線を南下し鉾田市の『大竹海岸』




ここが海水浴場の入り口だが……

やはりコロナ感染対策のためか開設されていなかった🆖

このあたりは白浜の海岸線が果てしなく続き、茨城のゴールドコーストと呼ばれる景色はスケールが大きい。


海岸には人の姿が見えるが正体は釣り人🎣

このあたりはシーバスやヒラメの大物が釣れるポイントである🎣

次の目的地に移動します🚘


次の目的地は隣接する鹿島灘海浜公園


ここは整備されている公園なので駐車場には意外と車が多かった🚘

展望台の周りには羊の像が沢山あるが何の意味だろうか🐑?

ここも広大なビーチが果てしなく続きスケールが大きい🏖


ここはいい波が来るようでサーファーがいた🌊


次の目的地に移動します🚘


ここからはグルメコーナーで行列ができるお店を回って行きます。

鉾田市のはずれ大竹海岸から直ぐ近くの国道51号線沿いにあるのが深作農園のバームクーヘン専門店『Farmkuchen Fukasaku』


食品の世界的な評価機関『モンドセレクション金賞』を5年連続受賞している有名店である。

店内には10種類程の商品が販売されているが……

今日は深作農園が営むパティスリー『Le FUKASAKU』で冷たいアイスクリームでも食べて帰ります🍨


開店直後だったのでまだ客はいなくて貸切状態

数あるスイーツの中からチョイスしたのは『メロンパフェ🍈🍦』

見るからに美味しそうで食べごたえ満点💯


次の目的地に移動します🚘


時刻は間も無く11時半🕦ここでランチタイム🍜
訪れたお店は手打ち蕎麦の名店『おにざわ』


この辺りに来た時は必ず立ち寄るお店であるが、名物の海老天そばを求めて他県からも訪れる方も多く行列が絶えないお店である。

営業時間が11時から15時と短く、特にお昼時は駐車場に入る車の待ち行列ができる。

既に10人以上の行列ができていたが、この店に来た時は迷わず天ざるを注文する🍤


海老天は20cmをゆうに超えてとにかくデカ〜イ🍤(^_^;)

こんな特大サイズの海老天はなかなか食べられない。

このお店は太麺の田舎蕎麦。蕎麦の実の外殻を付けたまま挽いて作るので色が少し黒く香りが強い。
甘めのそばつゆと相性が抜群に良い。


おにざわさんご馳走様でした(ᵔᴥᵔ)


この後は近くの温泉に浸かって帰宅しました♨️




Posted at 2021/07/21 18:53:46 | コメント(10) | トラックバック(0)
2021年07月17日 イイね!

🌞夏の風物詩巡り 2021 No.1『霞ヶ浦 花蓮編』🌞

🌞夏の風物詩巡り 2021 No.1『霞ヶ浦 花蓮編』🌞
関東地方も梅雨明けが発表されたので、ブログの方も新しいテーマ『夏の風物詩巡り』に今年も取り組みます。
『夏の花』『夏のイベント』『夏のグルメ』が中心になりますが……
心配なのは都心のコロナ感染者の増大🦠‼️

緊急事態宣言が解除されるまでは茨城県内の話題が中心になりますが、まず初回は霞ヶ浦湖畔に咲く『蓮の花』


湖の西端に位置する『霞ヶ浦総合公園』からスタートします。


蓮の花は午後になるととじてしまうので現地に到着したのは9時🕘


園内に入るとシンボルのオランダ風車


オランダ風車には展望エリアがあるので登ってみます。


東の方を見ると夏空の下に広がるのが霞ヶ浦


北の方向には筑波山が見えるはずだが、山頂には大きな入道雲がかかっていた☁️


園内は霞ヶ浦のそばが湿地になっていて観賞用の花蓮園がある。


種類ごとに池に植えられた約60品種の世界各国の花蓮を見ることができるが……


今年は花が咲き始めるのが早く既に見頃は過ぎていて……


咲いている花は少なめであった。


まずは水車のそばに咲く花から撮って行きます📸


蓮の前には必ず花の名と品種や種源地などを説明した立札が立てられていたので、名前を紹介して行きます。


最初は色鮮やかな『深紅の花』
『蜀紅蓮(しゃくこうれん)』


真ん中の花托が見えているが、この花托が蜂の巣に似ていることから『ハチス』➡︎『ハス』と呼ばれるようになったそうです。


『皇居和蓮』

名前の通り皇居の蓮池に自生している蓮を移植

約2000年前の世界最古の古蓮と推定され千葉県の天然記念物に指定されている『大賀蓮』


次は『八重咲き』の花蓮
『紅万万(こうまんまん)』


『玉鸞(ぎょくらん)』


芍薬の花のように見えるのは『広昌蓮(こうしょうれん)』


中国種源の『大灑錦(たいさんきん)』


少し『淡い桃色』の花蓮
『藤壺蓮(とうこれん)』


まだ蕾の藤壺蓮


『暁風涼月(ぎょうふうりょうげつ)』


夏の陽射しを浴びて気持ち良さそう🌞


続いては奥の方の『白い花蓮』


夏の青空にも良く映えている。


純白のウエデイングドレスのような綺麗な白い蓮は『清月蓮(せいげつれん)』


『無錫白(むしゃくしろ)』


『賽仏座(さいぶつざ)』


お釈迦様がそばにいると似合いそうな感じ‼️


次は『八重咲き』の白い花蓮
『双蕚疊翠(そうがくじょうすい)』


『月の兎🌝🐇(つきのうさぎ)』


『花雲端紅(かうんたんべに)』


名前の通り花の端が薄紅色


『常楽(じょうらく)』


最後は『白虹(はくこう)』


最後に葉にたまった水を撮って📸


次の目的地に移動します。


今日は午後から新型コロナのワクチン接種(>_<)


自宅近くの病院やクリニックはファイザー製のワクチンが不足しているので、どこも9月以降にならないと予約できない。

モデルナ製のワクチンを使用した県の集団接種が7月から始まり、年齢制限はなくかなり空きがあった。


医療大学の体育館の中で……


1回目の接種無事終了しました💉


Posted at 2021/07/17 15:02:35 | コメント(4) | トラックバック(0)

プロフィール

10/13に納車となりました。Golf7 Variantからの乗り換えですが、この機会にニックネームをtempest-variantからTempest-3に変更...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/8 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

富士山🗻と遊ぶ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/03/16 07:24:22
なおカルさんのフォルクスワーゲン ゴルフ R 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/03/11 16:02:30
⛲️夏の風物詩巡り No.8『都内ひんやり公園編』⛲️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/08/29 19:55:21

愛車一覧

マツダ MAZDA3 ファストバック Tempest-3 (マツダ MAZDA3 ファストバック)
10/13納車されました。Golf6/Golf7と乗り継いできて久しぶりのMAZDA車で ...
フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント Tempest-variant (フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント)
12/19に契約しました。6ヴァリアントからの乗り換えですが、重厚感のある色(ライムスト ...
マツダ ファミリア マツダ ファミリア
初めて購入した車で海に山にと青春時代の思い出が沢山つまっています。当時は赤いファミリアが ...
ホンダ インテグラ ホンダ インテグラ
当時大流行したリトラクタブルヘッドライトを搭載した車でした。初めてのホンダ車でそのスポー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.