• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

雪影のブログ一覧

2017年10月23日 イイね!

雪降った。

冬用タイヤに替えておいて良かった…!

帰りの通勤が楽しみ♪

コンチネンタルどうかな〜。
Posted at 2017/10/23 10:10:44 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年10月16日 イイね!

アルミテープをリヤマフラーに貼ったら

貼ったのはタイコの後方です。
↓結果↓
●低回転時のこもり音が軽減されました。( ´∀`)
●2000rpm以降は、純正+くらいに静かになりました。音で回転数を読みにくくなった。
●全域で排気音が軽めになりマイルドになりました。( ´∀`)
●鼓動感が乏しくなってしまいました。(T_T)

マフラーはA'PEXのハイブリッドメガホン。
ヘルムホルツ式消音室があり、「もしかして帯電によって容積が変化するのかも!」と思いアルミテープを貼ったら変化がありました。
出口を絞っていないストレート構造なのですが、ここまで静かになるなんてちょっと不気味です。(フロントパイプは触媒なしだし)

もしかしたら、ヘルムホルツ式でない他のマフラーでも変化があるかもしれません。

詳しくは、後ほど整備手帳にアップしたいと思います。
Posted at 2017/10/16 18:39:11 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年10月15日 イイね!

永久運動機械 Perpetual motion machines, compilation of Ideas

(;・∀・)ウヒャー!



自分の頭では、もはや原理が解らないものも多数。。。

いやもう、これがフェイクでないとすれば、
ガソリンに高いお金(しかも大半が税金で二重課税)を払ったり、
いまだ「原発が必要」とかそんな論議がアホらしくなります。

海外では、市民がDIYレベルでどんどんFreeEnergyに挑戦しているんですよね。
いったい、技術大国の日本は何をしているのでしょう?


Posted at 2017/10/15 14:58:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | FreeEnergy | 日記
2017年10月14日 イイね!

スタッドレス新品を触り比べてみました。

整備手帳にアップしましたが、13年製未使用品のContinentalスタッドレスへの履き替えのため、いつものショップに行きました。

そこで、ハンコック(モデル名未確認)とダンロップ(WM01)の新品スタッドレスがあったので触らせてもらいました。

ハンコックと私のコンチネンタルは同じくらいの硬さ。
コンチネンタルは硬化が遅いという口コミが本当なら嬉しいな、と思いました。
全般的に、ヨーロピアンタイヤはシリカの配合率が高いので硬化が遅めの様です。
日本のメーカーは特許の関係でシリカ不使用であの手この手路線とか?最近はどうなんでしょう。

驚いたのは、ハンコックとダンロップを触り比べた時。

「なんじゃコリャあああ!?」

ダンロップは「超」がつくほどシットリなんですね、これが。

「すごく軟かいの?」というと、そういうのとも違う。
同じ力で爪を食い込ませた時の深さはあまり変わらない感じ。
でも、爪の周りのゴムが沈み込む範囲が、ダンロップの方がとても狭いんです。


Aが一般的なスタッドレスのコンパウンドを押したイメージ。
Bがダンロップのスタッドレスのコンパウンドを押したイメージ。

固体のゴムに"表面張力"というのがあるとすれば、AよりBの方が圧倒的に低い感じです。

これは、硬度計で測るような、硬さ・軟らかさという二元論では正確に表現できない要素だと思います。

で、Bのコンパウンドだと何が良いかと言うと、氷雪面のミクロの凹凸に対して追従性が上がるんですよね。水膜を拭う能力も、その後の氷とゴムとの接触面積を稼ぐ能力も上がる訳です。
そうなれば、必要以上にコンパウンドを軟らかくする必要も無くなって、耐久性や接地感を犠牲にしなくて済みます。

ダンロップのスタッドレスは、このコンパウンドになってから、固体状の混合物を廃止した、とのこと。
あと、「今のダンロップスタッドレスは、エコタイヤでない夏タイヤより転がり抵抗値は低くなってるよ。」と店長。

ブロックパターンを観察しましたが、ダンロップはサイプの切れ込みがブロック周囲だけ浅くされており、ブロック剛性を確保するためのきめ細かな工夫が面白かったです。
あと、ブロック間の"溝"の設計にも細部の拘りを感じました。他のメーカーによくある単純な並行幅ではなくて、雪柱効果や、離雪性、排水性などを向上させる狙いが随所に見られました。

ダンロップは、過去に酷評された時期もあったのですが、見えない所で随分進化してきた様で、今日コンパウンドを触ってみて驚いた、というお話でした。

ダンロップを買ってないにもかかわらず!
(;´∀`)アハハ〜
Posted at 2017/10/14 19:06:11 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年10月04日 イイね!

アルミテープをエアクリーナーボックス等に貼る際の注意点

エアフィルターの通過前を1次側、通過後を2次側とすると、
2次側にアルミテープを貼るのはリスクが高すぎてお勧めしません。

「もし」アルミテープが剥がれて吸い込まれた場合、私が考えただけで以下のリスクが考えられます。
●エアフロセンサーの誤作動や損傷、
●過給器のタービンなどに挟まったり(NA車を除く)、
●インタークーラーを塞いだり(NA車を除く)、
●吸気ポートの手前につっかえればインジェクションの噴霧を妨害したり(直噴を除く)、
●吸気ポートに挟まって吸気バルブが閉じなくなったり、
●燃焼室に入れば、最悪の場合エンジンブローやエンジンオーバーホールの可能性もあります。

どうぞみなさん、安全に気をつけながらアルミテープチューンをお楽しみ下さいね。
(^^)
Posted at 2017/10/04 17:50:54 | コメント(1) | トラックバック(0)

プロフィール

「雪国の旧車維持の救世主?
マフラー・ラジエーターにも使える。

"塩カル防錆剤"
http://www.shift-kk.co.jp/products/chemical/%E5%A1%A9%E3%82%AB%E3%83%AB%E9%98%B2%E9%8C%86%E5%89%A4/
何シテル?   10/28 12:27
性格は、基本的には穏やかで、ベースはアッケラカンとした上州人気質。 ★ 雪道ドライブが大好きです。舗装路ではドリフトしません、っていうか出来ませーん。(;...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

東亜システムクリエイト 接触電離型燃料触媒 ダイナミックイオナイザー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/17 11:18:12
細かな空気抵抗対策 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/16 22:10:08
NXの凄い所(空力編) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/16 21:03:25

お友達

★運転するのが好き(峠や雪道)な方や、スバル好きという方、お友達になりませんか?
★一緒に走れる方いらっしゃいましたら、ぜひリアルでも。競うより運転そのものを楽しむモードで。整備用具の貸し借りとかいいかもですね。
★グルメ系オフは、内部被曝に注意してるので参加しない事が多いです。あしからず。
10 人のお友達がいます
>Maxima<>Maxima< shira3948shira3948
Ken-5Ken-5 Mino-sanMino-san
オギサン☆腹ペコオギサン☆腹ペコ しのむーしのむー

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

スバル フォレスター フォレたん2号(SG9-E) (スバル フォレスター)
SG9-Eです。 2014年11月、前車のSF5-A MTから乗り換えました。 引き ...
スバル フォレスター フォレたん1号 (スバル フォレスター)
国産初のSUVだったと記憶しています。 重い感の否めないRVより、軽快な動力性能を謳った ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.