• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

うめお@テストドライブのブログ一覧

2018年03月30日 イイね!

初のオフロードアクティビティ

初のオフロードアクティビティせっかくLand Cruiser PRADOを買ったのだから、その実力を少しでも知りたいなぁ、というわけで、「さなげ アドベンチャーフィールド」に行ってきた。






この施設は、トヨタ自動車とトヨタ車体が管理する、体験型オフロードアクティビティ。様々なプランがあり、初心者、しかも一人での突入の私でも十分に楽しめた。

・自分の愛車で走る、「車両持ち込み」(インストラクター同乗無し)
・ランクル、その他が用意された「車両レンタル」(インストラクター同乗)
・インストラクターの運転するクルマに同乗する「遊覧」

コースも、3種類用意されている。

ワンダフルコース(青ライン)
 全長750m、高低差32mでミニバンでも楽しめる初心者向けのコース
→1周だけ走ったが、ミニバンでは辛いんじゃないかなぁ・・・


林間コース(黄ライン)
 全長1,150m、高低差32mで大自然を踏破する雰囲気を味わえる
 ちょっと中級者なコース


トライアルコース(赤ライン)
 全長650m、高低差27mであらゆる自然の地形を再現したダイナミックな
 チャレンジコース(上級)


オフロードについてはズブの素人な私。愛車プラドくんを傷つけたくないので、初めはレンタルのプラドくんで、インストラクターに同乗してもらってドライブ。(遊覧ではプラドを買ってここに来た意味がないしね)コースは林間コース。プラドなのに、ミニバンでも走れるコースでは、あまりにも寂しいし。インストラクターによると、年間60台くらい横転している、でも、そのほとんどはジムニー。プラドならおそらく大丈夫。しかし、運転の仕方によっては、保証はできないなどと脅されながらコースイン。

↓本日、1周だけお世話になったレンタル車両 Land Cruiser PRADO TZ-G(2.8ディーゼル)



インストラクターの方の説明を受けながら林間コースを1周し、次はマイカーのプラドくんで走行!コースはもちろん、林間コース!「お客様、マイカーにディーゼル仕様を選んだのは大正解ですよ!ディーゼル仕様にはあって、ガソリン仕様にはない重要装備があるんですが、ここのような悪路だと、それが生きてくるんです!」と。もちろん知ってはいたが、それを体感できるなんてと、ちょっと嬉しくなる。


さ、行きますか!



これ、左ちょっと下側に見える地面のところに降りていくが、体を前のめりにしないと道が全く見えないw



やっと道が見えた。写真よりもずっと勾配はきつく見え、ちょっと怖い。



マルチインフォメーションディスプレイでは、こんな感じ。オレンジの部分が出て来たら、やばいです、ってインストラクターが言ってたっけ!



腹見えてますけど・・・この状態で停止していても、ずるずると落ちていくことはない。さらに付け加えると、DAC(Downhill Assist Control)を使うと、ブレーキペダルすら必要なく、ステアリング操作だけでコントロールしてくれるが、挙動がどうも好きになれず、一度使ったきり、OFFにしていた。アクティブトラクションコントロールで結構いける!サーキットや峠道と違い、アクセルではなく、ブレーキとステアリングコントロールが楽しい。
(DACとアクティブトラクションコントロールはディーゼル仕様のみの装備)


お次は登り。


これも、マルチインフォメーションディスプレイではこんな感じ。

ルーフが見えとるがな。こんな登りの途中で停止しても、HAC(Hill start Assist Control)と、450N・mのトルクでグイグイ登る。
いやぁ、すげー。
っていうか、こんな砂利道の急な登りでも、ノーマルのタイヤ(純正オールシーズン)で結構いけるってことに感動。


途中、こんな標識が。





さすがトヨタ系の施設。でも実際、平坦な悪路ではないから、車高的に厳しいかも。これらの車では。ちょっと楽しくなってしまい、この後何周したかわからないくらい走ってしまった。ホイールを変えているだけで、タイヤ(純正オールシーズン)を含めた足回り、エンジン共にフルノーマルな私のプラドくんでも、林間コースまでなら十分に走ることができたし、無傷で帰ることができた。もちろん、泥汚れはついたわけだが。



とはいえ、上級者コースは・・・あまりにも林間コースまでとはレベルの差があるように見えた。下の見えない崖があって、そこに向かって矢印があるんだものw それ、ダウンヒルというより、「落下」じゃないの!?とか、大きな岩場を登ったり。ここまでくると、リフトアップして、ブロックタイヤでも履かないと厳しいんじゃないかなぁ。

ともあれ、もう一度行ってみたいとは思うものの、林間コースで十分に楽しいので、いい経験になった。帰りにオイル交換しに量販店に行って、自宅で少し洗車して、完了ー。というわけで、明日の早朝、せせらぎたかった(※)が、家庭内の体裁的に厳しくなり・・・残念!


※・・・岐阜県の山中にある、せせらぎ街道という、ツーリングスポットへのドライブのこと。


関連情報URL : http://www.lc-saf.co.jp
Posted at 2018/03/30 23:23:52 | コメント(6) | 自由研究 | 日記
2018年03月27日 イイね!

じどうしゃ学64〜過渡期はいつまで続くの?〜

じどうしゃ学64〜過渡期はいつまで続くの?〜久しぶりにVWディーラーへ。








理由は、少しばかり気になるクルマがあったし、このディーラーとの関係を続けたかったから。クルマは、メーカーから直接買うことはできない。どうしてもディーラー(販社)を通して買うものだ。そして、今後、私が購入検討するそのメーカーのクルマは、このディーラーから買いたいと思っている。

もちろん、もう半ばに差し掛かった人生のうち、あと数回は買うであろうクルマだから、他にもトヨタ、レクサス、スバル、ポルシェなどのディーラーも、今後検討する余地はある。レクサスは「このディーラーがいい」というのはあるが、他はまだ決まっていない。もっとも世話になっているメーカー、トヨタですらここなら次も買いたい!と思うには至っていない。そんな中、初めての輸入車で、次もここで買いたい!と思うディーラーに巡り会えたことは、大切な財産だ。クルマが好きなら、ディーラー巡りですら、その楽しみの一つのはずだから、それなりに重要だと思う。


とはいうものの。


クルマ購入後、特に壊れたりしない限り、ディーラーなんぞに行く用事はないので(オイル交換は量販店で行うと仮定すれば)、いいもの(壊れないもの)をメーカーが作ってくれれば、特にこだわることでもない。究極を言えば、お客様(我々)に不満を与えないものづくりができれば、ネット販売でも全く問題はない、と言える。けれども、そこはクルマ好き。特に用事がなくても、新しいクルマが出れば、見に行ってしまう。そういう拠り所的な意味合いでも、ディーラーは必要か。


そうそう、今日はGOLFの時にお世話になったディーラーへ行ったんだった。今日伺うことは、実は昨日連絡しておいてあった。


担当営業マン(現在は店長)「うめおさんのキャラじゃないですよ〜、ランクルなんて!」から始まり、POLOとe-GOLF(電気自動車)に試乗させて頂いた。「一見さんではないので、お貸ししますのでご自由にどうぞ」というわけで、一人でドライブ。



まずはPOLO。(ハイライン)


ん〜まるでGOLFみたい。1,000cc+ターボのエンジンは、その自虐的前提条件「たかがリッターエンジン」を除外しても、十分なパワー(感)に加え、安定感のある走り。比べてはいけないかもしれないが、アクア、ヴィッツのG'zでもここまでのどっしり感、手の内に収まる操作性はない。アクア、ヴィッツなどの標準グレードでは到底味わえない質感の高さだ。でもこのPOLOは標準グレード(GTIではないという意味で)。擁護するわけではないが、トヨタをバカにしている諸兄、G'zに試乗してみてください。別格ですから。それなりに欧州車との比較対象にはなりますよ。と言いたい。

さてPOLO。今回から巨大化してしまったが、私にとっては大き過ぎるGOLFと、ちょっと小さいなぁの旧POLOの間を行くジャストサイズ!(全長 4,060 × 全幅 1,750 × 全高 1,450 mm)
GTIが楽しみだぁ!

コーナーも楽しい(自然だ)。感覚的で伝わりにくいかもしれないが、左コーナーは「この辺に左フロントタイヤがあるだろう」の辺りを軸にして回る感じ。右コーナーもしかり。右コーナーの場合は、実際に右フロントタイヤのある位置は、アクセルペダルを踏む右足の数十センチ斜め前だろうから、その辺りを軸にして回る感じ。よく、コーナリング特性を褒める言葉で、「オン ザ レール感覚」とか、「意のままに」 とか言うが、そうではなく、「メシを食う時に、左手に茶碗を持って、右手で箸を持って食べる感じ」でコーナリングする。「意図せずして」なのだ。もしくは、自転車に乗って通勤・通学している感じ。

前者は、いちいちどのくらいステアリングするか、減速するか、加速するかを考えなくても、自然の動きでそれができる、と言う意味。後者も同じ。自転車で通勤・通学する時、交差点を曲がる時に、コーナリング特性を意識するか?しない。それと同じ。
つまり、そのくらい自然の動きとしてコーナリングできるクルマ、それが新しいフォルクスワーゲン POLO。いやー、すげー。
ハンドリングだけで言えば、前に乗っていたGOLF7GTIより好き。


次に、e-GOLF。



初めての電気自動車。予想通り、「プリウスのエンジンフォローがないバージョンでしょ」て言うところ。走り出しはそんな感じ。モーターなので、いきなり最大トルクを発揮して加速する。それなりに速いし、トランスミッションがない?ので変速ショックなど皆無。プリウスは一応エンジンとのハイブリッドで、ミッションもある。なのに、シームレスな加速をするので、「技術ってすげー!」と思っていたが、技術は慣れてしまうもの。なので今回の試乗でも、「ふーん」くらいだった。ただ、シフト操作で、回生ブレーキの程度を4段階に調整できるので、日産LEAFのような1ペダル走行もできる。そこは新鮮だった。これから先、電気自動車が普及して行くのだろうが、特に違和感なく乗れるんだろうなぁ、というところ。楽しいか?と聞かれれば、自動車としての新技術満載、それを味わえる、という意味では楽しい。移動手段としては、航続距離200キロ程度(カタログでは300キロ)なのは、実用的ではないという感じか。

ただ、ハンドリングは、相変わらず曲がり過ぎる味付けなので、私の好みではない。これだけは言える。このハンドリングは苦手。これは前述、所有していたGOLF7GTIの時にも軽く感じていたが、それを上回るくらい曲がりすぎる。所有すれば慣れるんだろうけど、この不自然なコーナリング特性は、嫌い。私にとっては、ものすごくオーバーステアなクルマ。ただ、ゆるく長く続くコーナーでは、その重量配分からして安定している。そこはいいかも。

コントロール(管理)っていうのは何でもそうで、できちゃうことは、コントロールしにくい。できないからこそコントロールしようとできる。できる部下は、コントロールしにくいが、できない部下は、(扱い方によっては)コントロールできる、またはできなくても楽しい。

今回の試乗で軍配が上がったのは、ぶっちぎりでNEW POLO!!
電気だから、ガスだから、水道だから(ぇ とかそういうのではなく、あくまでも走りが。


閑話休題


昨今、いろんな媒体(新聞、雑誌など)では、今後の自動車の動向について、単純化、電気化を交えて極端な論調で伝えるものが多い。2040年にガソリン・ディーゼルの販売禁止とか(フランス)、それに追随して他国も。それにひきかえ日本は、水素か!?ハイブリッドか!?など、日本は欧州に比べ、電気シフトが遅れているんじゃね!?など。これは、素人の私が見ても笑える。あまりにも過渡期具合が大きいものだから、素人の記者が書くのだろうが、普段自動車について書くことのないジャーナリストが、たった1年や2年、いや5年くらいかじったくらいで自動車業界の何が分かるのか、と言いたくなる。水素燃料のクルマを量産までこぎつけ、しかも発売当初は納期3年だったのに、1年ちょっとの期間で、それが2〜3ヶ月まで短縮できたメーカーの技術力をなんだと思っているのか。相応の信頼性を築くために時間がかかってはいるが、技術自体はそれなりに確立していることなんて、これまでクルマに精通したジャーナリストなら常識だ。付け焼き刃の知識でニュースを書くなと言いたい。読者、視聴者が振り回される。

電気化は止まることはない世界の流れ。その電気を作るには、原子力発電でも使わない限り、相変わらず莫大なCo2を輩出し続けること、実はエコでもなんでもなく、単なる技術競争の方向性が変わっただけであること、その車ですら、自動化され、自動車趣味人のみがエンジンカーを所有することになるだろうこと。これが事実。


自動化といえば・・・


ある識者の話によると、今後10年の間に、自動車の自動化により、120万人の職業ドライバー(いわゆる輸送関連)が失業するという。ハイブリッドの普及や、電気自動車の浸透でもそうだと私は思うが、こういう先端技術はまず、ある程度行き先の決まっているものから浸透させるべきだと思う。行き先が決まっているのだから、自動化はしやすいだろうから。


自動運転、いわゆるAIによる応用展開なわけだが、私の学生時代には、「これからは肉体労働のような単純作業しかできないようではダメ、特別なスキル、クリエイティブな発想を持つ人が生き残る」、なんて言われてきたが、最近では、「弁護士、医者、トレーダーなどがAIに取って代わると言われている。」のだそうだ。


もう・・・仕事自体、無くなるんじゃない?なんて思えてしまう。カウンセラーとか、心と心をつなぐくらいしか・・・いやいや、人類はそんなアホではない。さらに新しい業界ができてくるに違いない。

ハイブリッドから始まった(それまでもトヨタは30年以上前にも、ガスタービンエンジンなどにも挑戦してきたが)この環境依存の自動車業界の過渡期。一体いつまで続くのか。すぐに決着がつかない理由は山ほどあるのだろうが、その最たる理由。それは・・・


実は電気自動車がエコではない事実がバレたら、誰が責任取るんだよ!?
Co2排出が、個々のクルマではなく発電所に変わるだけ。中東にでかい顔させるのが嫌なだけでしょ!?


ということではないだろうか カッコ笑い。
本当のエコってなんだろ、そこから考えた方が、本当はいいような気がする。




Posted at 2018/03/28 00:45:31 | コメント(5) | じどうしゃ学 | 日記
2018年03月26日 イイね!

誰の真似!?

誰の真似!?ちょっと気になった、些細なこと。








よーっく見てみると、デザインには各社のアイデンティティがあるようで、真似じゃね!?っていうのもよくある。例えば今回は、Cピラー。サイドから樹脂パーツを使ったり、ガラスなのだけれども、ルーフとピラーを、一体的なラインではなくあくまでも分割させているイメージのもの。今回は、ほんの一部の例え。探してみると、他にもいろんな共通点が。輸入車、国産車その垣根を超えて。






















Posted at 2018/03/26 00:40:23 | コメント(5) | 自由研究 | 日記
2018年03月19日 イイね!

1週間の流れ

1週間の流れ多くの方々と同じように、いろいろなことが起こる毎日。
梅の花を見に行ったら、散りゆく様にも力強さを感じた。
←クリックすると画像が拡大します。





人生の紆余曲折を乗り越えるときには、そばには音楽が。うまく表現できないが、極端なことを言えば、1週間の流れが以下のような感じ。


日曜日の夜〜月曜日
↓こんな感じで、たまに黄昏て・・・


火曜日〜水曜日
↓ちょっと持ち直して・・・


木曜日〜金曜日の朝
↓そして立ち上がる。(よくレースの朝に聞いてたなぁ。)


金曜日の帰り
↓そして勝つ!(滅多になかったけど、勝てたレースの帰りにはよく聞いていたなぁ)



最近のお気に入り、Sam Ock



単純だなぁ、自分。
Posted at 2018/03/19 00:43:21 | コメント(0) | 日常 | 日記
2018年03月14日 イイね!

ドライブのしおり〜ディズニーランド編〜

ドライブのしおり〜ディズニーランド編〜「夢の国」とはよく言ったもので、子供の好きなキャラクターの実物に会える、ということから、そう呼ばれているのだと思っていた。
写真は、朝6時前のディズニーランドオフィシャルホテル前






ところがそれだけではないかもしれない、というのが今回の感想。入場者の約70%が女子、しかもそのうちの多くが中高生、および大学生。そんないわゆる「キャーキャーピーピー言う、若い子たち」と一緒にアトラクションに並んでいると、私らのような40代に突入した夫婦にとっても、なんだか昔を彷彿とさせ、若返ったような気になってしまうのだ。うーん、これは夢の国だw。ただ、実年齢はイッているので、そんな一日が終わると体力的にキツく、ぐったりしてしまうのが難点。夜通し運転してきたので仕方ないか。


以下、約30年ぶりのディズニーランド。
※画像をクリックすると拡大します。



ショーを見て・・・




昼間のパレードを見て・・・






テキトーになんか乗って・・・
エレクトリカルパレード!
















ドナルドら・・・



真打ち登場!





往復700kmちょっと。ほとんど高速道路だが、新東名高速は、緩やかだが長〜い登り坂だったり、車速が速いことから、あま好燃費は期待できないと思っていたが、そうでもなかった。ディーゼル車は、ガソリン車よりも低い速度域の方が好燃費が期待できるから。これだけ走っても、まだ軽油の残量は半分弱。道路状況や気温よっては、満タンで1,000kmくらい走れるだろう。走りも、実はこれまで所有してきたクルマの中で、最も疲れにくいクルマだった、レクサスIS、フォルクスワーゲン GOLF7 GTIを遥かに凌駕する疲れにくさ!まるで「操縦できる新幹線」のようなドシッとした、かと言って思い通りのハンドリングを兼ね備えた安定した走り。プラド乗りの方々が、次もプラドにする気持ちがわかる気がする。ワインディングの面白さはGOLFに軍配があがるのは当然として、高速道路や一般道路などのクルージングでは、プラドの素晴らしさが際立った。



ただ、うちの姫にとっては、アンパンマンの方が好みのようで、アトラクション待ちの間も、「あ!あ!アンパンマーン、やっさしい君は〜♪」なんて大声で歌いだす始末(泣。

Posted at 2018/03/14 21:53:12 | コメント(3) | 日記

プロフィール

「今日で納車から300日かぁ。納車からの平均燃費10km/Lなら、まぁ満足!?」
何シテル?   04/20 23:01
四十路にどっぷりつかる、フツーのサラリーマンです。 幼い頃から車が好きで15歳からカートを始め、 10代後半までは、真剣にF-1ドライバーを目指してました。...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

あなたの雪対策は!【タイヤ】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/16 21:50:12
じどうしゃ学〜リンクしただけ8〜 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/29 22:47:13
じどうしゃ学40~スポーツカーの復権2~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/08 12:10:27

お友達

長距離ドライブと洗車をこよなく愛するクルマ好きです。
ブログをご覧になり、共感して頂けた方、
お気軽にどうぞ。
167 人のお友達がいます
さんちゃん?さんちゃん? * Alan SmitheeAlan Smithee *
トヨタ~トヨタ~ * GTa郎GTa郎 *
pokuponpokupon * オレスターオレスター *

ファン

57 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ランドクルーザープラド トヨタ ランドクルーザープラド
これまでのオンロード系モータースポーツ経験から、それに準じたクルマに乗ってきましたが、こ ...
トヨタ ポルテ トヨタ ポルテ
妻の愛車。2013年6月23日納車。 メーカーオプションは、ほぼフル装備。
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
輸入車初挑戦。 タイヤはDCC選択時に純正装着される、 BS POTENZA S001  ...
レクサス IS レクサス IS
一身上の都合により、2010年4月6日契約。 2010年6月12日納車。デフォルトのタイ ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.