• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

種蒔☆武道のブログ一覧

2021年12月03日 イイね!

とあるヲッサヌの思い出バナシ 〜シルビア、17inchへの「返り咲き」までの道のり〜 いわば後編。

とあるヲッサヌの思い出バナシ 〜シルビア、17inchへの「返り咲き」までの道のり〜 いわば後編。その後自分は、その(16inch版)アドバンレーシングRZを、普段履き用ホイールとして数年来愛用して参りました。

しかしこの 「アドバンレーシングRZ」との因縁(❓) は、これだけでは終わらず。
ついに…その時は訪れます。

16inch版アドバンレーシングRZの時と同じく、ヤフオクでの、 17inch版アドバンレーシングRZ、
それもデビュー当時憧れていた 「GT-Rデザイン」 との邂逅‼️
しかも今度のも… 中古としてはなかなか出回らないであろうと思われる、かなりの美品‼️
カラーも16inch版と同じ、 自分自身かなり気に入っていた「ダークガンメタ」
極めつけには…(少々ムリをすれば)何とか買えない事もない、現品の価格‼️


👆その「現品」の実物画像(´・∀・`)


「これは…またとない逸品に出逢えた‼️」


初見の時点で、そう思いました。
出品元も、あろうことか、 地元さいたま市内‼️
それならば… 実物を見にも行ける‼️





…数日後、もう勢い余って、実物を見に行ってしまい😅💦














自分のシルビアに…試着してましたwww😅💦


そしてもうその場で…👆の姿を目の当たりにして、



「うわもー絶対これ欲しいなんとかして欲しいwww(´Д` )‼️」



の気持ちは天井知らずの勢いでアガり⤴️😅💦

それでもその日は… 「とりあえず検討します…(´・ω・`)ゞ💦」と答えて、買わずに店を後にしたのでしたが…
その後数日間も…その「出逢い」からうしろ髪ひかれる気持ちが頭から離れず、
仕事中も家にいる時も、ひたすら「購入の是非」について悩み迷い😫💦
そして更に数日後…



遂に 清水の舞台から飛び降りる気持ちと共に、








購入を…決断してしまったのでありました((;゚Д゚))‼️








…一応現品には、タイヤ(アドバンネオバAD08)が組まれた状態ではあったのですが…もう溝がほとんど残っておらず、
またそのタイヤごとシルビアに履かせると→問答無用でタイヤごとハミ出す有り様であったので…すぐにクルマに装着する事はせず、
後々新しいタイヤを用意した上で履かせる事にしよう(´・Д・)❗️と決めて、
受け取りの際も、タイヤとホイールを別にした状態で受け取り→シルビアに 極限状態のムチャ積載😅💦をして→家まで持ち帰り、
自室のクローゼットに何とかスペースを設けて、そこに所蔵しておく事にしたのでありました…


…それが、 およそ1年1ヶ月前のこと(´・Д・)」


それから月日は流れますが…なかなかタイヤ4本を買い揃えられる機会が訪れなくて(´・ω・`)💦→生殺しのような精神状態(´Д` )💦 の月日も、どんどん積み重なっていったのでありましたが…

一方で、元々シルビアに履かせていた、ハシり用タイヤの使い回し(←これも苦しまぎれ😅💦)でしかなかったタイヤが、いよいよ経年劣化によるひび割れがヤバい感じになり、
そのまま放置していれば…いずれバーストの危機にも直面していたので→さすがに急いで新タイヤを手配する事とし、
なし崩し的ではありながらも…ようやくホイールと新タイヤを、揃える所まで漕ぎ着けます(´・ω・`)💦

そして迎えた先日。
2021年、11月28日、日曜日。


👆シルビアさん16inch履き、最終日の画像…(´ω`)

あらかじめ電話にて、タイヤ履き替え作業の依頼をしてあった、埼玉県内の某所まで、シルビアにまた極限状態のムチャ積載😅をして、新タイヤとホイールを持ち込んで、
その某所にて…タイヤをホイールに組んで→遂にようやく、シルビアに装着させられた…というのが、先日までの経緯だったのでありました…w ε-(´∀`; )❣️







































今回、自分が実現させるに至った、
「ノーマルフェンダーのままGT-Rサイズのホイールを履く❗️」
の目標についてですが、
元々のルーツを辿れば、ウチのシルビアの16inchキャリアの始まりよりもっと以前から、自分のアタマん中に有った願望でしたので、思い始め〜現在までをトータルしたら
10年以上思い続けていた願望だった
とも言えるかと思います。
また、厳密に言えば「正真正銘のGT-Rサイズ」ではなく、限りなくそれに近い「GT-Rデザイン」と呼称しているタイプのホイールになりますので…

本当に念願成就したのか(・ω・`)❓

と問われれば、微妙な結果になっている…とも言えなくもないのかも知れませんが。
自分の気持ちとしては、いわゆる世間で「GT-Rサイズ」と呼ばれるタイプのホイール達と同様の、
標準仕様のモデルよりも更に立体的造形を採用しているという点で共通しているので、
広いくくりでの「GT-Rサイズ」に相当する物、と充分に解釈出来るものである、という風に考えている次第にございます。

今回、実現に至った「願望」について、言う人に言わせれば、

「取るに足らない、実にレベルの低い目標を果たしたに過ぎない」

と評価されても仕方ないものであるとも、言えるかとは思います。
それでも自分個人の気持ちとしては、長年の目標や願望⇒「夢」が叶った事には、違いはない訳で。
あくまで自己満足、自分個人だけの世界のハナシとしては、やはりそれは、

大きなヨロコビだと言える事に間違いはない(`・ω・´)‼️

と思う訳であります。


元々のルーツを辿れば…10年来の目標、願望であったとは書きましたが、
いよいよ目標達成、願望成就に至れる「現物」を手に入れてから→遂に達成に漕ぎつけられるまでの1年1ヶ月の月日は、また違った意味で、長くツラい期間であった(´Д` )💦
と、自分自身の気持ちとしては、そう思っています。


👆現在まで…iPhoneのロック画面の画像にしている画ですww(´・∀・`)ゞ💦






👆珍しく「画像加工」してまでして…この画像を大切に、実現への祈りを込めて…眺めていましたww(´・∀・`)ゞ💦

なかなか思うように事が運ばず、お預けを喰らっていた期間には、
何度となく👆のホイール試着時に撮っておいた画像を眺めて、


実現させられる時は、いずれきっと来る(`・ω・´)‼️


と、自分に言い聞かせていたのは、ほんの数回では効かない回数だけあった。




👆の曲中にある

「君の願いは ちゃんと叶うよ
楽しみに しておくといい」


の歌詞を頭の中で思い浮かべ→それを信じて待とう、と自分に言い聞かせたのも、決してほんの数回では効かない回数だけあった。

👆のようにして、1年以上の月日を耐えながら過ごし→ようやく実現に漕ぎ着けられたのは…
やはりどうあっても、自分個人にとっては、たまらなく嬉しい事であって。
それが他人から見て、スケールが大きい小さいとか、レベルが高いか低いか、とかいう周りの評価なんてものは、最早どうでもいい。
そんなハナシになると…言えると思います。









ここまでヴログ3回分に渡って、自分の極私的個人的なヨロコビの出来事について、くどくどと書き連ねて来ましたが…実際のところはまだ「これで完成(`・ω・´)❣️」とはなっていないのが、本当のところで。
目標として据えていた仕様のホイールを、自分のクルマに履かせられたのは事実ですが、まだそれだけでは、自分としての完成形には至れておらず。



この次には遠くないうちに、同じく現在手元で所蔵してある👆の車高調サスへの変更をしたいと思っておりますし、
とりあえず「仮」でホイールに付けてある、16inch時代からの引き継ぎのセンターキャップも、改めて新品に替えてやりたいと思っていて。
そんな訳で…上記ふたつの事項が実現させられるまでは、まだ本当の完成、とは言えないのが、自分の本音としての「思い」なのが正直なところだったりしてます。

ただそうは言っても、念願のホイールを自分のクルマに遂に履かせられたのは、やはりひとつの大きなヨロコビには違いなく。
ここ最近しばらくの間は、マンネリのような状況があった自分とシルビアとの間柄にも、久しぶりに大きな変化が起こって→自分の気持ちの中でのモチベーションが再び上がり調子⤴️なのが、
包み隠さない、現在の自分の心境であります。

これまで自分はウチのシルビアに、幾つもの「夢」を見させて貰いながら、ここまで一緒の年月を積み重ね、過ごして参りました。
でもやっぱりまだ…ハナシはここまででは終わらない(⇒終われない)し、
もっともっと先々で、引き続き「夢」を見させて欲しい。
まだまだもうしばらくの間…今のシルビアとは、一緒の歴史を刻んで征きたい。
それが今の自分の、素直な気持ちです。










ヴログ記事3回分にも渡っての、くっそ長いヲッサヌのしょーもない思い出バナシに、最後までお付き合いを賜りまして、本当にありがとうございましたm(_ _)m
とりあえずもうしばらく…かようにハナシが長くて相手するのがメンドクサイ、ただの一個人に過ぎないしょぼくれヲッサヌヤロヲの戯言に、
これからも引き続き…お付き合いを賜れれば、それが自分としての、何よりのヨロコビでございます。
今後とも、変わらないお付き合いの程、この場をお借りして、図々しくもお願い申し上げつつ、
3部作に渡ってお送りして来た、今回のヴログを、この辺で終わらせて頂こうと思います。




最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございました。
























そんじゃみんなまたぬーw (=゚ω゚)ノ
Posted at 2021/12/04 12:43:26 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2021年12月03日 イイね!

とあるヲッサヌの思い出バナシ 〜シルビア、17inchへの「返り咲き」までの道のり〜 いわば中編。

とあるヲッサヌの思い出バナシ 〜シルビア、17inchへの「返り咲き」までの道のり〜 いわば中編。前編の最後で、思いの外「悪くない」走り心地から始まったと書いた、自分とシルビアの16inchでのキャリアでしたが…
時系列としては前後するかも❓ですが、
他にも 悔しい事はありました(´Д` )‼️

それは… 「自分にはもう必要ない物なんだ…」
とヲノレに言い聞かせ、もう潔く売り払ってしまえ‼️と決意した上→それまで履いていた AVSモデル5 を含め、某中古パーツ店に、所蔵していた17inch(以上)のタイヤホイール達を売り払った時〜直後の事です。
買取査定に出した時には、

「4本じゃなく2本2本でインチが違いますから…その分査定は下がりますね〜」

とかぬかしてたくせに、
いざ店頭に売りに出したら…👇のような扱いで売られていた事‼️







👆を見た時は… だまし討ちを喰らった気持ちしかなくて… 本当にただ、悔しかった(´Д` )‼️💢






同様に、たまたま所蔵してあった、 新品未使用のGPスポーツガルフレイムも、 👆の有り様(´Д` )‼️💢
これもまた…悔しかった‼️
しかも4本(1台分)じゃないから売りにくい、とか言ってた割には、さっさと買い手がついて→早々に店頭から姿を消していた事にも…悔しさを感じずにはいられなかった😡💢
一番最後に売り払ったAVSモデル5に至っては…店頭に出ていた所すら見ていない‼️💢


👆のようにして、まんまと丸め込まれたような感情を覚えながら…自分と所蔵していた17inchタイヤホイール達との今生の❓別れは、実に呆気なく過ぎ去って行ったのでありました…(´-ω-`)


タイヤホイールを16inchに替えた後には、それまで組まれていた車高調サスを、純正形状サスに戻す事にしました。
ただ今だから思う事ですが…
この時にもちょっと… 腑に落ちない事がありにけり(´・ω・`)

自分に 「おまえに車高調は必要ない‼️」 と断言した「その人」が言うには、

・もうショックも抜けていて使い物にならない
・ピロアッパーにもピロガタが出ていて→交換する必要がある


👆のような状態だと言われ、装着してからまだ一年半位❓しか経っていなかった新品スタートの車高調でしたが、
いざ買い取りに持っていった中古パーツ店のスタッフからは、

「まだショック、抜けてはいませんよ❓」

と言われた事。

「あれ…もう使い物にならないって言われたのに…(´・ω・`)❓」

にわかにそう思いながらも…「その人」に言われた言葉の方を信じていたので、
買った時よりは遥かにやっすぃ金額で、売り払ってしまった車高調でしたが…
今思えばあの時「その人」から自分は、本当のところはウソ言われて、踊らされていたんじゃないか⁉️という疑惑。
もう何年も前の事で、売り払った車高調もとっくに無くなっているので、今更確かめようも無いですが…そこは「疑念」が残るところ。
本当は…「その人」の手の内で踊らされていただけなんじゃないか⁉️という疑惑は、今思えばこそ拭えない部分は…無くはないのが本音ですが。


話はまた変わりますが…前後GT-Rサイズ履きの野望を脆くも打ち砕かれた後…
しばらくの間の自分はすっかり意気消沈⤵️していて、ともすれば持病の鬱を軽くぶり返していたかも…という気持ちも、今にして思えば有ります。
一応「その人」に言われた通り、 タイヤホイールを16inchに サスペンションを車高調→純正形状に変更させた 後も、いっ時はなんだかクルマに対する「意欲」みたいなものがすっかり消え去ってしまい→いろんな部分に対し、

「なんかもう…別にどーでもいーや」

👆のような感情に…すっかり支配されていたように思います。

その感情に流されるような部分もあってか、段々と自分のシルビアの 「改造箇所」がどんどん鬱陶しく感じるようになり、
その後も…クルマの「ノーマル戻し」があちこちに及ぶようになり、その後も、

・サイレント仕様を謳ってたくせに、実際には車検に不適合な、インチキ仕様のマフラー
・大気解放仕様のこれまた車検には不適合で、ムダにうるさいだけに感じるようになっていったブローオフバルブ
・盛大な吸気音がむしろ恥ずかしく思えてきていた、ムキ出しタイプのエアクリーナー


👆に記した箇所についても…中古部品がたまたま上手いこと見つかっていったのもあり、どんどんノーマル戻しが進んで行って、
気がつけば…機関系に関しては、全くの 「ノーマル車」 に戻ってしまった、という何とも言えない顛末に至った…というお笑いなオチが待っていたりもしました。
オーディオについても、一度はそれなりにお高いハイグレードモデル


👆を奢って自己満足に浸っていたのが→なんかもうどうでも良くなり、


👆の¥10,000以下で買えちゃう型落ちの廉価機にまでグレードが下がる… という所まで落ち込んだりもしました。

ただまぁ…ノーマル車に戻ってしまっても、基本は街乗りしかしなかった自分にとっては、 これといって何も不満が無かった し、一方で、
つまらない故障に悩まされたり翻弄されたりもせずに、クルマとの歴史を重ねて行けた、 という点を考慮するなら、
ムダで意味のない改造がされたままのクルマ→ヘンな不都合が生じないで済む、ノーマル車に戻して行ったのは むしろ好都合だったのかも知れない と、今になっては思う部分もあります。


一方で、クルマのローン返済が終わっていた事も手伝って、徐々にではありますが、
クルマのあちこちの部分について、自分なりの「こうしたい」を少しずつ実現出来ていたりしていたのも、始まってはいました。
始めのうちは安価で済む、細かな部分からでしたが…

自分なりの 「ここはこうしたい」

が実現出来た箇所は少しずつ増えていき、
気がついた頃には…一番最初に思っていた、

「他人の褌で相撲取ってるだけ」

とは違う仕様に、自分のクルマを仕立てて来られていた、という実情も、間違いなく有りました。




自分の願望を脆くも打ち砕かれた所から始まった、自分とシルビアの16inchでのキャリアでしたが、
或いはマイナスからのスタートだったかも知れないそれは、いつのまにか 「自分仕様」への改変の期間 とも、言えるものだったかも知れません。
途中、ほんのいっ時だけのハナシではありましたが、もうひとつの念願だった モータースポーツ(的)活動に身を投じる事も叶った のもあり、
気がついた頃には、一番最初の頃の意気消沈状態からも脱せていて→またかつてのように、シルビアと一緒に「走る」のを、素直に楽しむことが出来ている状態にも、立ち直れていたものと言えるかと思います。

そのようにして、一応とりあえずは、シルビアで走るのを素直に楽しんでいて、
一緒の歴史を重ねて行けてた自分でしたが。
そんな自分とシルビアの16inchのキャリアに、ちょっとした転機が訪れます。




それが本当にたまたま、ヤフオクを見ていたら偶然行き当たる事となった、👆の画像のホイールとの出逢い。
それまで自分のシルビアに履いていた、 R32スカイラインGT-Rの純正ホイールと同サイズ(オフセット以外)の、アドバンレーシングRZ のホイール。
何となく…気持ちの上で引っかかる部分があり、詳しく見ていくと、程度もかなり良さそうだし、値段も決して買えない程、高価でもない。
そして出品者の方の居処も、何とか直接出向いて行けるだけの場所。
トドメには…軽い気持ちで入札してみたら、誰とも競る事もなく、落札出来てしまった事。
👆に挙げた数々の事項が、もうこの時点で運命的なものを感じさせるものでしたが、
もうひとつの「運命的要素」としては、元々そのホイールが、自分と同じ S15シルビア(オーテックバージョン)で履かれていた❗️、という点。
取引メッセージのやり取りの時点でその事実が明らかとなり→まだ顔も合わせられていない出品者の方と、にわかに意気投合してしまう事になり。
そして後日…自分から出品者様の元に出向いて→ホイール現品を直接受け取るに至った、という経緯があったのでありました…




その後、少しの間の温存期間を経て→ようやくそのホイールを新タイヤと共に、クルマに装着する運びとなり。
16inch履きは継続しつつも、 自分が元々欲しかったホイール に図らずも履き替えられた事により、
クルマへの思い入れの深さがより深まったのが、この時の正直な気持ちでした…
同時に、他所では(サイズ的に)ほとんど履かれていないと思われる稀少モデルを装着出来た事により→ 自分なりのオリジナリティの大きな部分が得られた という気持ちが、この時強く感じられました。
とりあえず…タイヤホイール16inchを堅持するにあたっては、
これ以上ない程のオリジナリティが手に入った と、この時はとても嬉しく感じられたものでした…




























ここまでで「中編」としての内容は終わりです。
次はいよいよ…「後編」へと、ハナシが展開して行きます(`・ω・´)‼️
Posted at 2021/12/03 21:21:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2021年12月03日 イイね!

とあるヲッサヌの思い出バナシ 〜シルビア、17inchへの「返り咲き」までの道のり〜 いわば前編。

とあるヲッサヌの思い出バナシ 〜シルビア、17inchへの「返り咲き」までの道のり〜 いわば前編。今月の27日で、現在所有のS15シルビアでのキャリアが 満14年→15年目 を迎えます。
それに合わせて…とかいう事も別に無いんですが、つい先日、
自分が今のシルビア乗るようになって、早い段階から「いつか実現したい❗️」と目標に据えていた、ひとつの事項がおかげさまで実現に至ったので、お伝えしたいと思います。

注:こっから終わりまでは、昔を振り返りながらの本文展開になりますので…すっごく長いですσ(^_^;)
ご無理のない範囲で…休み休みにお付き合い頂けたなら、幸いに存じますm(_ _)m



















今のシルビアに乗り始めて最初の頃は、👆の画像の通り、元々がルックス的にひと通り出来上がっていた仕様のクルマでしたので、自分で追加で手を加えるような事も特にせず、得意になって乗っておりました。
※同時に、大きな追加投資が出来なかったのは、クルマのローン返済があったから、という実情もありはしましたがσ(^_^;)※

ただそれでも、次第に最初の浮かれ気分が落ち着いて来るのと、ほぼ時を同じくして

「考えてみたら…これって他人の褌で相撲取ってるようなもんだよなぁ…」

そのような感情が湧き起こるようになり、
自分が「こうしたい」と思う通りに今のシルビアをカスタマイズして→最終的にそれを完成させたい。
という気持ちが、頭をもたげて来るようになったのです。

その内容としては、実のところを話せば、自分が年齢を重ねていくに従って、少しずつ変容していった部分も有った、のが正直なところでしたが、
目標というか念願のうち、その根幹にだいぶ近いところのひとつの願望として、

「今のシルビアで、前後フェンダーはノーマルのまま、GT-Rサイズのホイールを履かせたい‼️」

というのがあったんです。



※👆所謂「GT-Rサイズ」ホイールのイメージ画像…※


その後年月を経て、現在ではそれを実行してる人は全然珍しくなくなりましたが…
かつては👆を実行するとなれば、リアはともかく、フロントはワイドフェンダーにするのが大前提、というのが通説でした。
だからこそ、その頃の時点では知ってる限りでは誰もやってる人がいない(と勝手に思っていた)上記の目標を何とか実現させて、
自分のクルマの「人とは違うアピールポイントにしたい❗️」みたいな欲求が、あったのだと思います。
そして今よりは活発に、パソコンでのインターネット閲覧をしていた自分は、何処かにそれについての実例の記事は無いか❓と、躍起になってしつこく探し回ってもいたものでした。

そんな中で。
かつてはまだ世間一般にはワイドフェンダー装着が前提、だった前後GT-Rサイズをノーマルフェンダーのまま履く、のを既に実践していた方の記事に、ようやく行き着きます。
そしてしばしの年月を経た後、いよいよその人にコンタクトを取って→数年来の目標、願望だった ノーマルフェンダー車にGT-Rサイズのホイールを前後に履かせる‼️ のを実現させて貰おうと、その人の元を訪ねるのでした。

そこまでの時点で、前もってその 「前後GT-Rサイズ」 を実現して貰う為のタイヤホイールは、あらかじめ用意はしていたんです。

ワークエモーションCR-Kaiのワークメタルブライトカラー(WMB) ディープテーパー仕様

フロント用17inch 9J オフセット28
リア用18inch 9.5J オフセット38←スペーサーorワイトレ使用前提



※参考画像(17inch❓)※


※参考画像(17inch❓)


※参考画像(17inch❓)※


※参考画像(18inch❓)※


※参考画像(18inch❓)※


※参考画像(18inch❓)※


👆に書いたホイールに合わせて、引っ張り組みにされたタイヤ付きの品をクルマに搭載して、その人の元を訪ねたのです。

しかし…ようやく念願の仕様に、自分のクルマを仕立てて貰える、と意気込んでいた自分でしたが、事態は思わぬ方向に転びます…

「その人」とようやく直に会う事が出来、色々と話を進めていくうちに…
(当時の)自分には、持ち込んだタイヤホイールを装着したクルマは適さない‼️ と断じられ、更には、

「おまえには車高調は必要ない❗️ノーマルに戻せ‼️
タイヤホイールも16inchから勉強し直せ‼️」


との言葉をぶつけられ、当然、持ち込んだタイヤホイールも突き返される事となるのです…

正直、愕然としました。
自分が夢見て、待ち望んでいた仕様と、 真逆の仕様にグレードダウン ⤵️する事を言い渡されたのですから…
しかしその時の自分は「その人」から説き伏せられ、そうする事が正しい事なんだ、と自分を納得させます。
そうして、すごすごと持ち込んだタイヤホイールをクルマにまた積載して、失意の中、家路へと向かうのでありました…

ちなみに余談ですが「その人」の元を訪ねたのは3月の終わり頃の話でしたが、それ以前、
前年の12月の時点で、ウチのシルビアの車検は、一度切れているんです。
そうした理由は…単純に車検に必要なだけの費用が出せなかったから、という恥ずかしいばかりの理由だったのでしたが、
翌年の3月に、ようやく車検に必要なだけのお金を用意して→車検の再取得をお願いしに行った、という理由も「その人」の元を訪ねた理由でした。
なので一度持ち込んだタイヤホイールをまた自分のクルマに積み直し→家路に向かう事になるのは、実際のところは2度目の訪問の時になります。
「おまえに車高調は必要ない‼️」 の言葉を言い渡されたのも…2度目の車検が終わったクルマを引き取りに行った際の事、だったかも知れません。


その…車検上がりの自分のクルマを引き取りに行った時も…自分の中での「愕然」は続きました。
迎えに行った自分のシルビアは…元々のよりも随分「不格好」とまで言えそうな位まで車高が上げられていたので。
そこで気持ちが、余計にトーンダウン⤵️したのは、言うまでもありません。

しかし車検上がり→またシルビアを引き取り後から、自分は「その人」の言葉どおりに、

自分のシルビアの「ノーマル戻し」

の為の行動を、始めるのであります…

最初の段階での、自分が念頭に置いた「ノーマル戻し」の内容は

・それまで履いていた17inchタイヤホイールの、16inchへの変更
・その時点で組まれていた、車高調サスの純正形状サスへの変更


👆の2点でした。

シルビアが手元に戻って来た直後から、自分はインターネットで、手頃な R32スカイラインGT-R用の純正アルミホイール と、まだ問題なく使えそうな、 純正オプション品だったスポーツローダウンサスペンションキットの中古品 を、探し始めます。
で、上記の2点は、幸運にも割とすぐ見つかりました。
値段的にも何とか出せる金額だったので、それほど苦労せず、時間も要さずに、手に入れる事が出来たのでした。
で、先ずはクルマの納車時からずっと履き続けていて、摩耗が進んでいて厚みも少なくなっていたタイヤを、ホイールごと交換する所から始めるのであります。

その日付が…記録に依れば、 2013年の4月23日。
場所は、埼玉県春日部市(旧庄和町)に在る、カザマオートサービスにて。
👆の日が、 ウチのシルビアが(不本意ながらも)17inchタイヤホイールから(一旦)別れを告げた日 となったのでありました…


👆いよいよ17inchタイヤホイールを外す事になる、本当に「寸前」の段階で急いで撮った、シルビアの有り様…

この時に、自分は思いました。

「この悔しさは…絶対忘れない‼️
そしていつかきっと…また17inchに、返り咲いてやる‼️」


そう決意したと、記憶しています。


ただまぁ、タイヤホイールのインチダウン⤵️をする事に依って、見た目的にもカッコ良さがダウン⤵️するんだろうなぁ…という事にしか、最初は意識が行ってなかった自分でしたが、
いよいよタイヤホイールの交換が済んで、作業をして貰ったショップを後にし→家路へと向かう事になる、本当に走り始めの段階で、

心なしか…17inchを履いていた頃よりも、走り心地(⇒フットワーク)が軽くなっている気がする‼️

👆のフィーリングを不意に感じた気になり、

「あれっ…この感覚、悪くない…
いやむしろなんか良いぞ❗️この感じ‼️」


全くの予想外だったと言える、そんな第一印象から、
自分の16inchでのシルビアキャリアは、スタートしたのであります。
そしてそこから、実に 8年7ヶ月 にも及ぶ事になる、
自分とシルビアの16inchでの歴史 が、スタートしたのでありました…






































「前編」としての内容はここまで。
ハナシは更に…「中編」へと続きます…(´・Д・)」
Posted at 2021/12/03 21:21:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2021年11月19日 イイね!

TS-Z172PRSのその後…嗚呼カン違い(´Д` )💦 な失敗談😅

TS-Z172PRSのその後…嗚呼カン違い(´Д` )💦 な失敗談😅こないだのヴログにて、イキヲイ余ってウチのシルビアに実装してシマタのを白状した、Pioneerカロッツェリアのハイエンドスピーカー🔈TS-Z172PRSですが、その後半月ちょっとの間、
ようやく夢見ていたハイエンドなオーディオ環境の「素地」としてのヘッドユニットとスピーカーとの組み合わせが叶った事で、あくまで自己満足の範囲ではありながら、得意になって、そのシステム構成から発せられる「音」に自己陶酔しながら、シルビアで走るのを楽しんでおりましたw(´ω`)

けれどもその一方で、ようやく叶ったはずのハイエンドな音に対して…妙な違和感、を感じていたのもまた、正直な話で(´・Д・)」

なんか…心なしか音が迫力に欠けるなぁ…(´・ω・`)

そんな気持ちを持っていたんですよね(´・ω・`)


具体的に言うと…ツイーターからは威勢よく音が出ているのが自分ごときでも分かるんだけど、その一方で、
ウーファーから出てくるはずの中低音が…どうにも弱い気がする(´・ω・`)

そのように思っていたんです(´・Д・)」


それを少しでも解消すべく…ヘッドユニット側の調整機能を自分でイジって、シロートなりに少しでもマシな音が出せるよう、試行錯誤したりしてみた。
…けれども、根本的な解決には至らず(・ω・`)

ツイーターから出る音は確かに威勢が良くて、そこだけ聞いてりゃ、
あーさすがハイエンドスピーカー🔈だなぁ(´ω`)
という感じはする。

だがそれにしても…中低音の迫力が弱い(´・ω・`)

天下のカロッツェリアの誇るハイエンドモデルのスピーカーのサウンドが…本当にこんなもんなのか(・ω・`)❓
全体的な音のレベルで言ったら…むしろ前に付けてたSRT1733に負けてるぞ(´Д` )⁉️
そんな程にまで…思ったりもしてました(´・ω・`)


そんな風にまで思いながらも…疑念の解決の糸口は見えなかったんですが、
ひょんな事から、ヲノレの中に湧いた疑念は確信に変わり、
やっぱり…これは何かヘンだぞ(´・Д・)⁉️
と思い始める、きっかけとなる出来事が起こります…(゚ω゚)❗️



そのきっかけ、というのが…



先日、わざわざ遠方からお越し頂いた、びああーるさんとお会いした際。
びああーるさん號シルビアのオーディオの音を、試しに聞かせて頂いた事に、端を発します…( ゚д゚)💡




びああーるさん號のオーディオ環境は、ヘッドユニットとなるナビ本体から始まり〜スピーカー🔈に至るまで全部をKENWOOD製品で統一した、システム環境でありました。
それにプラスして、車室内の主要な箇所にデッドニングを施し、より快適なヲンガク環境が作り上げられていたのですが…

もう…最初の出始めの音からして思ったんですよ。

うっわすごく音、(´Д` )イイ‼️

そして更に…

ウチのシルビアの音環境、明らかに負けテル‼️(´Д` )💦

そうまで思ったんデスよ( ̄◇ ̄;)💦


2曲めに流れてきた、斉藤和義の「やさしくなりたい」

それを聞いた時の…すごく心地よく、自然なつながり感を持ちながらドラマチックに広がってゆく、ウーファーからの中低音、
そして一方で、しっかりと耳まで届いてくる、ボーカルを始めとした、ツイーターから発せられる高音域…

感想として、⬆︎に記したような特徴を持ちながら鳴り響く、とても聞き心地の良いサウンドを耳にして…


ダメだ(´Д` )‼️
ハイエンドモデル奢ってるくせに圧倒的に負けてるウチのシルビアのオーディオの音なんて…
恥ずかしくて到底、聞かせられない‼️(´Д` )💦



…そう思うしか、ありませんでした…(´Д` )orz



ウチのシルビアの、言わば「素組み」状態のオーディオ環境よりも、びああーるさん號の方がデッドニング等々手間ひまかけて「いい音」鳴らす為の環境を整えてあるから、それも至極当たり前、とも言えたかも知れないけど…
それにしても、落差がありすぎる‼️(´Д` )orz

とりあえずその場では…その現実にガックリ落胆するしか無かったんですが(´Д` )
その一方で、また別の気持ちも、同時に芽生えて来て。

それにしてもやっぱり…ウチのシルビアのオーディオ、なんかおかしい(´Д` )⁉️

だんだんと…そんな疑念が湧いて来まして。

これは…一回ちょっと、改めてイジり直してみようか(´・Д・)⁉️

そのように思うようになったんデスよ。


「イジり直す」と言っても、じゃあまたヘッドユニット側で音の出方を調整してみる、とかじゃなく、
一回改めて、スピーカーケーブルの繋ぎ方を変えてみよう(`・ω・´)‼️
そのように思ったのデス(´・Д・)」

びああーるさんとお会いしたのが、16日の火曜日。
それから中一日空けて→18日木曜日。
用あって職安に出向いた後→前にTS-Z172PRSの実装作業をしに行った、さいたま市のとなり市の某所まで行って、
改めて…スピーカーケーブルの繋ぎ方を変えてみる、工作に挑んでみる事にしたのでした(`・ω・´)❗️

一番最初に疑ったのは…ヘッドユニット側から出て→クロスオーバーネットワークへと繋いでいる線の、プラス側とマイナス側が、実は逆に繋がっているんじゃなイカ🦑❓という疑惑。

昔なんかの書物で、スピーカーケーブルのアンプ側⇔スピーカー側との接続が間違っていると、正しく音が出ない(´・ω・`) というのを読んだのを思い出し…先ずはそこに手を入れる事にしてみた(´・ω・)

…で、先ずは運転席側のケーブル接続を、問題の箇所について、プラス側とマイナス側との接続を逆にして→試しに音を出してみる🔊

ドアが開いた状態から→一旦ドア閉めたりしてみて、とりあえず運転席側スピーカー🔈の音について、出方を検証してみるけど…

イマイチよく判らない(´・ω・`)❓

それにドア内張が無い状態で音出してみたって、現実的状況での音の出方とも違うんだろーし、あまりアテにはならなそうだ…(´・Д・)」

⬆︎のように思い、とりあえず一度、運転席側のドア内張を付け直してみて→その上で改めて音出ししてみよう、という事になる(´・ω・)


続いて助手席側。
運転席側でやったのと同じことを施し、まぁ一応音出ししてみたりする。

でもやっぱり、明確な違いが判らない(´Д` )❓

んでやっぱり内張あっての事だと思い、一度外したドア内張を付け直す…(´・ω・)


…で、運転席に戻り、仮付けながらもドア内張が両側ともまた付けられた状態で、改めて音出しをしてみる事にすた(´・Д・)」


🔊🔊🔊🔊🔊


…うん、なんとなくだけど、前とは違う気がする(´・ω・)❗️

いろんな曲を取っ替え引っ替え聞いてみて、中低音の鳴りっぷりを、確かめてみた(´・Д・)」

本当になんとなくだけど…
前より、音に迫力が出てきたように思える…かな(´・Д・)❓


まぁ…そのように思えた。




クロスオーバーネットワーク→スピーカー🔈本体への接続は、さんざんプラスマイナスを確かめながら繋いだので…恐らくは間違ってはいない…はず(´・ω・)❗️

そして次第に…以前はやけにツイーターばかり威勢が良くって⇔反面ウーファー部からの音が弱い…(´・ω・`) 印象だった音の出具合も、
聞いていて、ヘンな違和感のない、あくまで自然な聞き心地の音に変化した(`・∀・´)💡のを感じられるようになって。

結局のところ…スピーカーケーブルの繋ぎ方が間違ってたんだ‼️σ(^_^;)

妙に感じていた、音への違和感の正体、はそこだったんだ(´・Д・)❗️というところに、落ち着いた訳なのでありました…笑( ̄▽ ̄;)ゞ💦

…ぃやここまで書いてきて、そんな事にも気づかないでいたの⁉️っていう意味で、
自ら大恥晒してゐるwww😅💦
って自覚は…イタい程に感じてをりますwww(´・ω・`)ゞ💦


言い訳をしますと、最初はスピーカーケーブルの繋ぎ方間違えたら→さっぱり音なんか出やしないんだ、って勝手に思い込んでいたんですよw😅
それがとりあえず「音」は出たから…じゃあこれで🆗なんだなw って具合に、早合点しちゃってた、ってハナシだったんですね、ええww(´・∀・`)ゞ💦
全く以って…お恥ずかしいハナシですがwww( ̄▽ ̄;)💦



まぁとりあえず…そんなこんなありましたが(´・ω・`)ゞ💦
初め、間違ったスピーカーケーブル接続で、間違った「音」を聴いていて悦に入ってゐたけれども→少し後からようやく、正しいケーブル接続にやり直して→ちゃんとした「正しい音」で念願のハイエンドなサウンドを聞けるようになったっていう…

実際のところはヲンガクシロートの…恥晒しな失敗体験のヴログでしたwww(´・∀・`)ゞ💦








それでも現実的には…やはり先日聞いた、びああーるさん號シルビアのステキに心地よい、快適ヲンガク空間には、到底及んではいなかろうwww( ̄▽ ̄;)💦 というのが、実情かとは思いますが😅💦

とりあえず…以前感じていた「ヘンな違和感(・ω・`)」は払拭された、
「自然な聞き心地」の音を聞けるようになったヲンガク環境で、
あくまで自己満足レベルながらも…心地よい気分と共に、好きなヲンガク楽しみながら、
ウチのシルビアに乗るのを…引き続き楽しんでいますw(´・∀・`)♫







…といったところで、今回のヴログは、この辺にておしまいとします。



最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございましたw(´・∀・`)ゞ






 









そんじゃみんなまたぬーwww(  ̄Д ̄)ノ
Posted at 2021/11/19 19:32:35 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2021年11月06日 イイね!

懐かしい…(*´ー`*)

懐かしい…(*´ー`*)土曜日って事で、いつも通り夜に週末買い物へ
ε=ε=ε=ε=ε=ε=(´・ω・)


行った先では、いつも到着後少し間を空けてから→自分も店の中へ行くのが常なのですが、
今日もそうやって店ん中入り→買い物してた母親と合流したら…
TOP画に貼った物を、珍しく買っておりました。


ギンビスのたべっこどうぶつ

(´・Д・)💡


ひと目見て、真っ先には、

懐かしい〜(*´ー`*)

そんな感情を持った次第…(´ω`)

なんかたまたま「安かったから」買い物カゴに入れるに至ったみたいでしたけど…

自分が子供の頃(幼稚園入る前〜幼稚園通ってる頃)には、よく食べてたんですよこれw(*´ω`*)

だもんで…真っ先にはそんな事を思ったw


自分が生まれるちょっと前くらいの頃からあって〜現在まで変わらず売られていると考えても…ざっと40年は販売され続けてる訳で。

ロングセラーなんだなー(´ω`) と、思わずそんな気持ちを持った。


ただまぁ…さすがに40余年ほどの年月の間には、原材料費の値上がりとか様々な「オトナの事情」があったんでしょう、

商品の箱📦が…だいぶ小さくなってた


それを見るにつけては…一抹の寂しさみたいなものを感じた(´・ω・`)


コドモの眼から見た印象とか、思い出補正とかは多少はあっただろうけど…
昔、自分が子供の頃には、もっと箱📦大きかったはずだったよなぁ〜と、それは間違いないものと確信できた(´・Д・)💡


これもまぁ…時代の流れか…(´・ω・`)






子供の頃の自分は、まぁ記憶があるより以前からクルマが好きだったのは一番にあったけど、
その他には…ムシが好きだったり、
あとなにげに動物も好きだったみたいで。
現在よりは自分が子供の頃って、野生の動物モノのテレビ📺番組が多かったような記憶があるけど、
そういう番組…好んで観てたんですよね、自分w(´・∀・`)
動物園も好きで…埼玉県にはでっかい遊園地より動物園の方が充実してた⁉️せいもあってか、自分はどっちかと言うと後者の方連れてってもらってた回数の方が多かったかも知れないし、
自分自身も…どっちかと言うと動物園の方がより好きだったかも⁉️っていう指向が、あったようにも思えた(´・Д・)」




その後いつの頃からか…気がついたらテレビ📺で昆虫や動物を観るより、ファミコンする方がよっぽど好きになって行っちゃいましたけどw σ(^_^;)

上に書いたような…ともすれば純真無垢な子供時代が、自分にもあったんだっけなぁ…(*´ー`*)





不意に、そんな事を思ったりもした、そんな土曜日でした…(*´ω`*)



ちなみにこぼれ話。



パッケージ📦裏面は、いろんな動物の英語での呼び方を記載してあったけど、
自分は…今や子供も英語を学ぶ時代だからなぁ〜(´ω`) とか思っていたんだけど、母親が言うには

いや昔からこうだったよ(´・Д・)❗️との事でした😅


さすがにそこまでは…コドモの脳で記憶しきれてなかったようでww(´・ω・`)ゞ💦









クルマとは何の関係もない…ちょっとしたヲッサヌの日常バナシでしたw(´・∀・`)ゞ💦
Posted at 2021/11/06 22:46:37 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@ミーにゃん0623 さん ㊗️‼️

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

おめでとうございます‼️☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆」
何シテル?   12/06 18:25
元々最初は種なし干しブドゥと名乗っていた者ですヽ(´・∀・`) 色々思うところあって…2019年よりHNを 「タネまき干しブドゥ」と改名致しましたm(_ _...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/12 >>

   12 34
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

おくたま!! を飛び出してシルビア3台で往く長野県ビーナスライン~諏訪湖周辺ツーリングの記録。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/17 01:15:16
2015/10/7 Moty's ドライビングフェスタ 岡山国際サーキット その1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/08 04:08:26
HIROやんさんの日産 スカイライン GT-R BNR32 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/09/13 15:33:05

愛車一覧

日産 シルビア シルビアさん (日産 シルビア)
日産 シルビア(S15)に乗っています。 早いもので、一緒の歴史を刻みだしてから、既に1 ...
トヨタ カローラ カローラ號 (トヨタ カローラ)
自分の人生初グルマが、このカローラセダンでした。 平成5年式AE100型 1500 SE ...
ルノー その他 ルノー号もしくはフレンチぶるぅ号 (ルノー その他)
ルノーブランドのクロスバイクです。 それまで乗っていたチャリを走行不能にしてしまい、この ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.