• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

RX-Rspec03のブログ一覧

2018年05月20日 イイね!

みんな待ってた。







オイラの周辺で話題になってたヤツがついにデビューした!







ってんでオサムちゃん会社の販売店に行ってきました。






そう、みんなが待ちかねた話題のマシン。















スーパーキャリイ











あ、


画像間違えた。



いや、スーパーきゃりーBOOOOOO(byナイツ)って検索したら↑が一番最初に出てくるんだよ。














コレよ、コレ。







って、新型ジムニーはぁ?




ソレ待ってる人だって3万人くらいは居ると思うぞ。














んで、某ジャンボより広いね。


体感してってことは、


寝ろってか!

まあ細身の人だったら足畳んで横になれる?













この頭でっかちは乗り心地もソフトになってて普段乗りにも十分使えるセッティングでした。

たぶんリアが4枚リーフなんじゃないかってオイラの担当セールスが言うてたよん。



値段もライバルと似たようなもん。

でも内容から言ったら割安かな。
クラス初の暴走防止システムが標準装備だし。

ATだと3速ミッションだけど、AGSだったら5速だし。

ま、5速MT選ぶけど。


ちなみに試乗車は3速AT。








さ、どする?





スパーダ積むのは至難の業なんだよなー。



Posted at 2018/05/20 22:22:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車徒然話 | 日記
2018年05月04日 イイね!

今こそ話そう。




えー、



かな~りご無沙汰してました。



前回のブログ以降なんやかんや色々ありすぎまして、気が狂ってました。

恐らく以前から私を知ってる人だとあまりにもキャラが変わりすぎて同一人物に思えないかも知れません。

あ、旧車イベントでお会いしてる方々は大丈夫。
昭和のクルマ&バイクと接してる時は常にぶっ飛んでる変態ですから(爆)




ま、何があったかは話せないことも多々あるので一部しか公開できませんが、それでも結構ヘビィな内容になると思うので嘔吐用の洗面器を準備してご覧ください。

もしかしたら自分の倫理観と相反するような事も出てくると思いますんで、その場合は速やかに共感できる方のサイトにお移り願います。

場合によってはお友達登録解消&ブラックリストに入れても差し支えありません。
どうぞご自由に。




とは言っても最初から最後まで重い話題だと自分もブッ潰れるので和むのも挿みつつ進めます。








まず、何度か「例の事情・・・」なるワードを入れながらブログを書いてましたが、




リアルに接している方々だとご存知だと思いますが、唯一の肉親だった母が今から六年ほど前に胆管ガンと診断され、一旦は重危篤状態に陥り生死の境をさまよいました。


それでも幸いなことに窮地を脱し再び日常生活に戻るまで回復したのです。


ですがガンは徐々に母の体を蝕み、結果的に昨年大きく体調を崩してしまい、九月の末に亡くなりました。



発病してから五年半の間、いつも「その日」が訪れるのにビクつきながら過ごしていたわけですが、それも過去の事としてひとまずは通過しました。


ええ、乗り越えてなんかいません。

通過しただけです。



それ以降、なにか吹っ切れてしまったのか、今まで色々な事を隠しながら人と接していたのが一気にカミングアウト指向に切り替わり、とにかく会う人会う人に吐き出しまくってます。


いや、それでも話せないことはありますょ?


でも、ただでさえ黙っていなければならないことが多いのに不必要なシークレットを抱えてたら気が変になる、

いや、もう変になってるので隠すのなんざ百害あって一利なし!



ってなわけで、一部の方は「あれ?RXさんってお姉さん居るよね?なんで母親が唯一の肉親なの?」
と、もしかしたら疑問に思われるかも知れません。









実は私、養子だったんです。





正確にはステップファミリー

連れ子がいる同志の再婚。

二人の姉は養父の娘で、私は母の実子というわけです。



ちなみに父親に会ったことは一度もありません。

生まれて間もなく引導を渡されたそうです。


写真が無いので顔も知らなければ名前も忘れました。

生死も不明です。

恨みも無ければ恩義もありません。

会いたいという気持ちも全くないです。

初めて戸籍謄本を見た時も「ん、これ誰だっけ?あー、そうか」なくらいしか認識がありませんでした。



だから西部警察の第60話"男の子守歌"で二宮係長が「血は水よりも濃いと言うからな」との無神経が言葉にトクじいさんが「この唐変木!実の親ってのはそんなに偉いのか!アニキは一人ぼっち、大作もひとりぼっち。肩寄合って生きてきたんだ!大作はアニキの生き甲斐だ!それを・・・」というセリフが幼心に共感したものです。



リアルな世界で考えが薄っぺらなオッサン&オバハンが「一番大事なのは血だよ血」なんて冠婚葬祭の場とかで言ってるのを聞いて、

はあ、何の人生経験もなく人様に感情移入できないでお坊ちゃん&お嬢ちゃんのまま年齢が進んじゃったのねん。


なんて冷めた目で見てました。







ま、西部警察フィクションの世界ですから100%オイラと同じってわけではありませんで、


実際はもっとドロドロしてますねん。



姉とは血縁ではない=女性と一つ屋根の下で暮らすってのは、そりゃもうDangerousなワールドなわけでして・・・。

二人いる姉のうち、上の姉は怖かったのと母の再婚後それほど経たないうちに家を出て寮生活に入ったため一緒に居る時間は少なかったのですが、下の姉はとても優しく、母に親として敬意を払ってくれてましたし、私の事も弟として可愛がってくれました。



ただ、一緒に暮らすと事故ることもありましてな。




ほんの短い間でしたが普通に恋心を抱いてしまった時期もありました。





他にも昔のアルバムを整理してたらオイラの身の周りって女の子ばかりで、唯一同年代の同性が一緒に写ってるのは大阪に住んでた従弟が夏休みで遊びに来た時の写真くらいという有様。

だから小学生になってもクラスの連中とどう接してよいか全く分からなかったのです。



そんなわけでオイラの女性に対する見方はかなり歪んでました。

友達として普通に接しようとしても馴れ馴れしいと思われて突き放されるから「オイラは嫌われ者なんだ」と自分の方からも突き放すようになってたり・・・。


いつも一緒に居た従妹とも、ある日突然「一緒にお風呂入ったらダメ」と通達され仲間外れにされたと思い一人イジけてたり・・・。


あとは女の子の目を気にするって感覚も全くなかったから、小学生から中学生の初めまで身だしなみもロクにしないだらしない野郎だったっス。


その上、養父が結構刑事ドラマサスペンス物が好きで、公務員舎宅暮らしのため自分の部屋が無かったから居間で太陽にほえろ特捜最前線大都会シリーズなんかを一緒に観てた、


ならまだしも、



ザ・サスペンス木曜ゴールデンドラマ火曜サスペンス土曜ワイド劇場など当時規制がユルユルで今だったら18禁なシーンがタレ流しというのも一緒に御観覧・・・。



こんなんで煩悩抱えたまま学校に行ったら、そりゃ女の子から気味悪がられますわ。


そんなある日、中学校一年の時に姉貴にヤラカシちまって(さすがに何かはネットで公開できん)、頭の中で一生懸命何か他の物に変換しようともがいてたら夢の中にそれほど意識してなかったクラスメイトの女の子が出てきて・・・(どんな夢かはネットで以下同文)。


そりゃ意識するようになりますわ。


結果的にそのコがオイラの初恋相手になりました。


その時代は80年代バリバリのヤンキー世代でオイラの通ってた中学も他校との抗争でローカル新聞の一面飾るような有様だったから毎年のようにクラス替えがあり原型をとどめないほどシャッフルされたんだけど、三年間唯一同じクラスだったのが、なんとそのコ一人だけだったんでさ。

そのコのおかげで身だしなみとか気を付けるようになって、結果的に三年生になったある日、そのコが、


「RXくん明るくなったね」って言ってくれた時は嬉しかったなぁ。

しかも二度も言われたんだぜ♪




そのコの写真はコチラ











これもネットじゃそのまま公開できません。

万が一にも本人が気が付いたらシャレにならんから。

バレー部だったんだょ♪

青春時代の理想的な初恋相手じゃね?


ま、隣のバイク屋さんが実は抗争相手の中学卒で、そのコともちょっとした接点があったと知りビックらこいたというエピソードもあったんだけど・・・。


でも三年間一緒だったとはいえ頭の悪かった、いや馬鹿だったオイラは秀才だったこのコと同じ高校に行けるはずもなく、卒業式でお別れしてそのままとなりました。




好きだよと言えずに~初恋は~♪

村下孝蔵さんも既に過去の人なんだよなー。







ほんで迎えた高校時代。

ますますヤンキー天下な世の中になってたもんで荒れまくってた学園生活だったわけですが、





またしても姉貴と事故りまして、




いや、恋心を持つなって方が無理です。


でも、短い間で処理しました。

自分の中でね。






そんな状況を察してくれたのか、板金屋の社長(その当時は別会社の工場長)や友達とか知人が避難場所として家に招いてくれて、週の半分くらいはいつもどこかしらの家にお邪魔してました。

それこそ夜中の12時や1時まで居座るなんてザラ。

そこで同年代の野郎と過ごすのがすげぇ楽しいというのを知って宝物のような時間を持てました。


ダベってる時に板金修理工場の就職が決まったり、オイラの人生初購入車ホンダZの売買交渉がまとまったりとか。


悲しい事もありました。

友人の一人が自ら命を絶ったって知らせが来たのもダベってた時だった・・・。





こうして過去を振り返ってみると、オイラって結構な危ない橋渡りをしてたんだな~。




日産ラングレーを絶版車に追い込むキッカケの事件を起こした某容疑者。

ありゃオイラのもう一つの姿になってたかも知れません。



あ、隠れて犯罪なんかやらかしてませんょ!

神様の前で全部さらけ出されても懲役食らうマネなんざしてません。
執行猶予付きも無いです!



やっぱさ、現実の世界でちゃんとした恋をしないとアカンよ。


そうでなしにアイドルばっか追いかけてたり二次元の世界でだけとかAVで間違った性欲発散したりとかさ。

全員が全員そうなわけじゃないけど、それだと女性だけに限らず接する人すべてにまともな対応ができなくなってしまう。


片想いでもイイんだ。

それで傷ついたって通過しちまえばそれまでよ。


それがパワーの源になったりもするんだから。








原曲はさだまさしだけど、いい曲だよね。

最後4t車になってるってとこが(爆)

でも女の子がコレ歌ってるって、なんだかすげぇ違和感あるんやけど・・・。




じゃ、オマエはどうなんだ?

って、言う方も多々おられると思いますが、



写真整理してたら出てきましたわ、


女の子との2shot写真がw

しかも数枚!


中には本人が見たら激怒するだろうなぁ、ってのも(怖)

いったい誰が撮ったんだ?

そして、なぜオイラが写真を持ってんだ?


まあ殆どは片想いのままフィニッシュ。

ほんま何様のつもりだって身分不相応に振ったなんて事もあったっけ。






そんな中、唯一の相思相愛があったんですわ。


と言ってもひと夏の思い出?

いや、一年間くらいだった。











コレはさるイベントの時に撮影したからお互い小奇麗なカッコしてるけど、左の野郎は気持ち悪い満面の笑顔。

彼女の方は割とクールに写ってます。

プライベートの時はカジュアルなファッションで髪も降ろしてるからもっとカワイイです♡


出会ったのはオイラが避難場所にしてた友達のお姉さんとこに仲良しになったって二人姉妹が遊びに来て、その友人姉が妹の方にオイラを指さして「どう?」って聞いたらそのコが、


「〇〇〇」って。


オイラがよく聞き取れなかったんで「ん?なに?」って顔したら友人姉が「サンキューって言ったら?」ってんで指示通り発音良く「テンキュー」って答えたらそのコが笑ったんス。



なんて言ったかってぇと、



ファニーフェイス(※ストレート翻訳・面白い顔)


ちなみに友人姉はオイラが中学生だった時に飲んでたオレンジジュースへロワール(当時販売されてた洋風日本酒)を一服盛るような人です。


なんかそれがキッカケで懐いてくれて友人のトコへ遊びに来るたびに会ってました。

冬にはスケートへみんなで行った時に手を握ってきてくれて一緒に手を繋いで滑走もしたっけ。



そして季節は夏。


某イベントに行ったら友人姉から「彼女が来てるよ。RX君のこと探してた」って教えてくれて、そのあと無事に遭遇。


久しぶりだったからお互い再会を喜んで。






すると彼女が、







「実は帰国することになったの」






と。



あ、彼女はアメリカ人です。



正確には韓国系アメリカ人





彼女の父親は三沢基地に赴任してたアメリカ空軍の方だったんです。



たいがい日本への任期って三年くらいじゃなかったかな?



「そーかー、寂しくなるな~。元気でね」って言ってお別れしました。





それっきりです。



こんなエピソードを友人♀の一人に話したら、



「どうして追いかけなかったの!」




だって、彼女は英語しか話せない。



オイラは日本語の標準語しか話せないバイリンガル能力ゼロ人間。

会話は全て友人姉に通訳してもらってたから・・・。



それに空軍の父親も結局会わず仕舞いだったけど、爆竜大佐みたいなのだったらどうします?

いや、それとて愛があれば!ってなるだろうけど、



決定的なのは、




この当時、オイラ23歳くらい。



彼女は14歳だったんだもんよ。

あ、お別れした時は15歳になってたか。




まあ、それから随分長い時が過ぎ去ってオイラも彼女もイイお歳になってるけど、



きっと素敵な旦那さんと結婚して子供が生まれて良い妻、良い母親として頑張ってるんだろうね。



オイラには宝物のような想い出だけが残りましたとさ。




こういう恋愛過去があったからかオイラ人種差別する人間が大嫌いなんです。


やれ半島の人間がどうとか中国がどうやらロシアがなんとか。



もしそういう類の事を私の前で言うのなら、それは彼女に対する侮辱と受け取ります。








そんな感じで現在のオイラは、これまた身分不相応に一軒家で一人暮らししております。






近況としては母が亡くなって以降、半年足らずの間に身近な方々が七人も亡くなってしまったり、


仕事を一個クビになったり、









悲しい出来事を経て当ガレージに十数年ぶりで人力二輪がやってきたり、










VFRが隣のバイク屋さんヤードで長い休眠に入り、










大宮サンバーさんからホンダVT250スパーダを頂いて赤い馬が2頭になってたり、









2018シーズン旧車イベント開幕の六戸春のミーティングに出場してたり、








久しぶりにみんカラ復帰した16輪生活さんとお会いしてクルマと人間と仕事のトラブルを報告しあったり、







その16輪生活さんから高速有鉛にオイラが載ったって聞かされ編集部の方にバックナンバーを打診したり(ダッツンサニーさん、あとでメールします)、




そんな感じで何とか頑張ってます。


お友達登録解消やブラックリスト登録する方以外は今後ともよろしくお願いします。





Posted at 2018/05/04 11:44:14 | コメント(1) | トラックバック(0) | 無所属話 | 日記
2018年04月08日 イイね!

みんカラ:週末モニタープレゼント!【プレストン・SPプレミアム】

Q1. モニターで使用するお車の年式と走行距離を教えてください
回答:ホンダZ 昭和48年式 92000km

Q2. 添加剤に一番望む効果は? 1.エンジン内部洗浄 2.燃費改善 3.パワー改善
回答:1.エンジン内部洗浄

この記事は みんカラ:週末モニタープレゼント!【プレストン・SPプレミアム】 について書いています。


※質問項目を変更、削除した場合、応募無効となる可能性があります。
Posted at 2018/04/08 21:00:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイアップ企画用
2018年04月08日 イイね!

初体験

初体験今までトラックやダンプばかり乗ってたので何もかも新鮮だった。
でも貨物の方が気が楽だね。
なんたって人を乗せるのは気を遣うから。
Posted at 2018/04/08 20:58:08 | コメント(0) | 車徒然話 | クルマレビュー
2018年01月24日 イイね!

あれから。






またまた更新がしばらくぶりになりました。





色々ありましてねー。



立て続けに身の回りで不幸があったりして・・・。




まさか!



って方も去って行ってしまいました。





それなりに凹んでますが、今は↓のコンセプトで突っ走って行きます。










とか言いつつ、ちょっとだけ振り返ってみますと、



東日本縦断紀行の後半戦。



今までの旅で一番感慨深く印象に残る旅でした。



観光は殆どしないで友人たちと語り明かしてばっかりだったなぁ。


十年ぶりで横浜に住んでた友人夫婦と再会したりしてね。

一緒に横浜観光しようかって言ってたのに、ずーっと空白の10年間や例の事情と後の三ヶ月間について吐き出してたり。




それでも、やることはやりましたょ?






伊豆半島へ行ったら、









見た目も中身もカオスな博物館を見つけて、











そこでこんな方と出会ったもんだから、









オイラ完全に自分を見失って↑こんなんなっちゃったり、









勢いでスタッフさんたちと記念撮影したけど、実はこの4人の中で女性は一人だけだったり、










三年ぶりくらいで西部署スポットに行ってみたら、










なんかイメチェンしてて、

「なんだ?三十年以上前に爆破されて今ごろになって焦げたのか?」

と思ったり、









二年ぶりに子浦へ行ったら海鮮料理で舌鼓を打ってた食堂が倒産してたり、







大宮サンバーさんにアルトターボRSを運転してもらってオイラ助手席のリクライニングシートを倒そうとしたらレバーがいきなり折れちゃったり、








大宮サンバーさんのVT250スパーダを借りて両国へ行ったら、







目指した東京・江戸博物館が三月まで改装のため休館中だったり、






横浜のクルマ好き聖地である大黒ふ頭へ行ったら、







B310サニーがあったり、







AE86のテールランプがイッパイ並んでたり、







大宮サンバーさんのプレスカブを借りて所沢の航空博物館へ行って、







二年ぶりにダッヂ・ラム・バンへ再会し、








ホットドックチーズドックミートドックに涙したり、











VT250スパーダを貰うことになったり、





ホント、楽しい楽しい旅でした。



実は来月の連休も旅に行くことになったんだー。



今は地元に居ても辛い事ばっかりだから逃亡したくもなるわい。





白悪魔、大っ嫌い!!!!!!


関東の方々も昨日は大変でしたね。

降下兵の奇襲は武士道にもとる卑怯な戦法だ!

雪には極刑を望みます!



そんな心が荒んでるからか、あるいはヤケクソになってるのか、


愛車紹介をご覧になると分かる通り、




リトルCBXとはお別れしました。


短かったとはいえ思い出があるけど、なんだかソレが重くなってしまったっス。





んで、VFRも嫁ぎ先が決まりました。




これでずいぶん身軽に・・・、






と思いきや、






新入りで~す。










ホンダCD90。



狂気の沙汰の6V車。


しかもスパイクタイヤ履いてるんだよねぇ。



オイラ、無事に春を迎えられるんだろうか・・・?



Posted at 2018/01/24 01:18:30 | コメント(2) | トラックバック(0) | 紀行話 | 日記

プロフィール

「あーあ、昨日まではピーカンだったのに(T^T)
でも涼しいから心地いいよ🎵
いつもの面々も来たし。
とりあえず屋根下を確保できて良かった~。」
何シテル?   07/16 09:31
長い事ヴィヴィオRX-Rに乗ってましたが、この度19年間に渡る蜜月を終了いたしました。 これからは昭和48年式ホンダZ、昭和62年式ホンダVFR400R、そし...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

ろくのへ桜祭り・クラシックカーミーティング♪ ~その2~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/05/14 00:50:24
初物。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/22 20:31:25
RX-Rモータリング 
カテゴリ:ヴィヴィオ関連
2006/09/03 19:32:38
 

お友達

コメントのやり取りを全くした事がなかったり、当方のジャンルと全く接点が無いのに突然の登録願いはご勘弁願います。
特に数稼ぎの方はお断り。
46 人のお友達がいます
QKQK ナベエナベエ
アスロックアスロック どくりんごどくりんご
かのぷーかのぷー life4atlife4at

ファン

46 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ Z360 ホンダ Z360
まだ二十歳前だった頃、憧れだけで手に入れ持て余し一年足らずで手放してしまったZ。 二十年 ...
スズキ アルト ターボRS スズキ アルト ターボRS
軽自動車で全高は1500mm以下、車重は800kg以下、高速長距離が多いからターボかスー ...
ホンダ CD90 ホンダ CD90
実用2輪の筆頭はスーパーカブだけど、このCDシリーズはクラッチレバーのあるカブってとこか ...
ホンダ VT250 SPADA (スパーダ) ホンダ VT250 SPADA (スパーダ)
埼玉の親友、大宮サンバーさんから頂きました。 オイルや冷却水を交換してフロントフォークも ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.