• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

メタ♪カレーのブログ一覧

2020年03月26日 イイね!

【食べ物中心】函館での何気ない冬から春の入り口までの日々

大変ご無沙汰しております。
函館もようやく春の兆しが感じられるようになり、朝の最低気温がマイナスにならなくなってきたり、最高気温で10℃とか二桁の数字をみることができるようになりました。
とはいえとはいえ、今はコロナウィルスという見えない敵との闘いが続いていて、超ド級に神経質な愛妻と生活している中で、一般の方よりもさらに強度が高い「自粛」生活を、2月下旬から続けており、ブログネタが全くない状況ですw


とりあえず、2月下旬に書き始めたブログをそのまま記載しながら、現在の諸々までフォローしていければと思います。

以下本文www
(最初は、2月下旬のキモチになってご覧くださいwww)


先週末にかけて、真冬日が続き、ようやく本格的な寒さ到来かと思わせた函館ですが、昨日今日と暖かく、最高気温が8℃とか9℃。氷もずいぶん溶けてしまいました。(なにかがおかしい)(でもまたしばれたら、路面がツルツルになるので怖い)(今週末また雪降りそうな悪寒)

会社駐車場のワタシのクルマの駐車スペース後ろのつららも、今年はおとなしかったような気がしますが、こんな感じw



そんな先週末は、建国記念日も絡んで、ゆったりとした週末となりました。


8日には、元町の方で「はこだて光のなんとか」というイベントがあり、また函館港で2000発の花火を打ち上げるイベントがある、ということで、夜に震えながら元町公園へ。

光のなんとか、というイベント自体は、よくわからん感じでしたが、高台の公園が白熱灯的な温かい光に包まれていて、それはそれでよかったです。


そして、その高台から大花火(?)を見下ろしました。


真冬に、凍えながら見る花火も、乙なものでした。


しかし、寒い!
マイナス・・・・・・・・・・・・5℃だったっけか、6℃だったけかw


這う這うの体で、自宅近くのホリデースポーツクラブに飛び込み、クラブ自慢(?)の天然温泉で体を温めましたw



で、翌日は、愛妻が今習っているお琴の先生が出られるコンサートがある、というので、その前にランチ。

異動は、なさそうだけども、あったらラストにもなるので、今のうちに懸案のお店いくつか行ってみよう、と函館駅の方の「滋養軒」アタックしました。

函館の有名しおラーメンの中でもトップクラスの有名店。
口コミでも「やさしい塩味の透明なスープ」が好評ですが、一部では「お湯と間違うくらい薄い!」という声もあり、賛否両論。

ワタシは3回訪れていますが、初回はいまひとつの感想だったんですが、2回目、3回目は「やさしい塩味」が体に沁み込んで、まいう♪とコペルニクス的転回で、一度は愛妻に食べさせて感想を聴きたい、と思うようになっていました。

で、先日ランチ時に、激空きのタイミング(平日はそんな時がたまにあります)に潜入。
やっぱりまいう。


でも、やはり土日はすごい。マイナス5℃の中、屋外に行列が10人以上w
あえなくギブして、また家の近くに戻り、それはそれで懸案だった、「白藤コーヒー」さんのランチ。


ボリューム満点、種類満点の「ランチ」
おいしかったです。



パンが、近くの「魔法のパン」さんの食パン。
久しぶりに食べた「魔法のパン」のトースト、おいしかった。





で、11日建国記念日、朝ゆっくり起きだしてから、「魔法のパン」さんに攻め込み、食パンを仕入れようとしたのですが、さすが人気店。食パン含めて、在庫切れ状態(涙)
やむなく、夫婦で気に入っているパン屋さん「coup au coeur」さんに行きましたが、定休日のためお休み。

すっかり「パンの口」になってしまっていた夫婦は、そこから松陰町の「Une baguette」さんへいき、ようやくできたて食パンとメロンパンなどを仕入れ、ひと段落。
以前から気にはなっていたけど、なかなか行けていなかったので、それはそれでよかった。


と、パンの話をこれだけしているのに、パンの画像が無くってスミマセンwww


からの・・・・・・・


七飯にある、「はこだてワイン 葡萄館」に行ってみました。
雰囲気がある「赤松街道」をちんたら走り、いちご農園の「ハッピーすとろべりー」がやたら気になりながら素通りして、「はこだてワイン」さんへw


そこの、「しばれワイン」が家族のお気に入りです。


中では試飲と、ワインソフト(白と赤2種)がありました。
ソフトクリームは魅力的でしたが、寒くて回避(汗)


愛妻が試飲しまくり、来月(3月)愛娘のところにいくのに、お土産のワインを買い込み終了。
そこでしか買えない(?)ワインとかもあって、散財w



・・・・・・・以上が、2月16日までの、ある意味「日常」でしたw

そこから、七飯に行った直後に、七飯の町会議員さんがコロナになったやんけ!www
などいろいろあり、神経質な愛妻が、コロナの恐怖におののき、以降、自宅に閉じこもる毎日となり、ワタシもそれにほぼ付き合う状況で・・・・・・・・

みんカラ的に、簡単に申し上げると、「ネタがない」毎日を過ごす羽目になりましたw

実は、当然のことながらエビ中の活動もいくつか予定していましたが、コロナリスクを考えて自主的に欠席したり、エビ中運営として中止となったイベントもあり、すっかり「普通の中年」状態になっておりますw

まぁ、冷めた言い方をすると、人生の中心がエビ中という訳でもないので、少し距離を置きながら、今後の生活を考えて行こうかな、と冷静にさせていただいたような気もします。


で、そうこうするうちに、今回は異動「なし」につき、もう1年函館に住めることになり、頭の中は8月末か9月上旬の「夏休み」に愛妻と北海道内をドライブ旅行する行程を考え始めている状況です。


そんな中での楽しみは、「食べ物」

厳戒態勢中に出会った、主な食べ物たちを軽く、備忘録的に紹介してみます。

very very BEASTさんのビーフオムライス

「函館 大人の美食BOOK」という本で紹介されていたお店で、会社からはクルマで数分という距離。
とろとろ卵のオムライスがおいしそうだったので、たまに訪問しております。
(駐車場がないのが玉に瑕)

たっぷりのお肉とデミグラスソース、それにふわふわ卵のオムライスがフィットしてまいう。
結構癖になって、一時期は毎週通いました。






レストキャビンキャプテンさん
このお店も、上述の「美食BOOK」で知ったお店。
お得なランチセットもあるのですが、店主さん拘りのポークステーキやチキンステーキがおいしい。


実は、ランチでこの方面(宝来町近辺)に行くときの目当ては、「涼音ドリーム」さんという中華をメインにしているのですが、お休みされていたりしているときが多く、その時の流れで逝くお店が、ここか、上のvery very BEASTさんか、元祖インドカレーこいけさん、なんです。
ですが、ここも間違いない!



その流れで申し訳ないけど、インドカレーこいけ本店さん。
実は、函館にあるインドカレー「こいけ」さんは、2店あります。
ワタシが通い詰めている「元祖」と、こちら「本店」さん。
創業者である先代からののれん分けのときに、どうやら揉めたみたいで、本当に近いところにそれぞれがお店を開いています。

レトルト展開したり、市電通り沿いに立派な建物でお店を構えていらっしゃるのが「本店」さん。
ちょっと奥まった通路沿いに、昔ながらの店舗でひっそり営業されているのが「元祖」さん。

両方を味わった者として、個人的には「元祖」に軍配をあげていて、でもたまに本当にいいのか、確認のためにいただきにあがることがあります←失礼



結論は、認識は変わりませんでした。
(すみません、あくまでも個人的な見解です)

今金だんしゃくカレー

仕事で今金に行った際、トイレで立ち寄った、ホテルいまかねロビーにあるお店で見つけたもの。
実は、1人前1080円という高額商品(汗)
幻の今金黒毛和牛と今金だんしゃくの奇跡のコラボwww

(向きが変ですみません)


普通に美味しかったです。
まぁ、お店で今金黒毛和牛カレー、と言われたら、1080円出して注文しますよね、そう思ったら、そういことかな←伝われ


厚沢部の前井食堂さん


仕事で熊石方面に朝から行くとき、帰り道にちょうどお昼時になったらついつい寄ってしまう食堂。
創業90年だったかな、地域に根差す地元の食堂さん。

昔ながらの黄色いカレーが有名で、他にも焼きそば(地味に美味しい)にもハマった時期がありましたが、今は「炒飯」にハマっていますwww



素朴に美味しいんですよねwww
(2枚画像があるけど別の日です)


七飯の蕎麦小屋さん

江差方面の仕事からの帰り道で、昼時に通りかかることがあって、ついつい入ってみたお店。

名物が天ぷらそばでして、立派な天ぷらとおいしいおそばがいただけます。
(ちょい高いかな)



函館ジンギスカン五稜郭店さん

ちょい気になっていたお店でして、まだ自粛ムードが出る前にランチで逝ってみました。



ジンギスカン定食。
おいしかったし、お店は清潔だったし、よかったです。
リピートは確定です。


キッチンDUKEさん

うちの近所で、気になっていたお店。
前述の「美食BOOK」にも掲載されていたお店。

ハンバーグカレーのハンバーグにびっくりw


丁寧に作られた料理と清潔なお店でよかったです。
ここもまたリピートしたいな。


五島軒さん


コロナパニックの影響で、外食業界も大きな痛手を受けています。
そんな中、函館が誇る洋食レストランの最高峰、五島軒さんが、期間限定でテイクアウト(宅配もあり)のカレーメニューをリリース!
テイクアウトなら、カレーが500円!!!!!


速攻飛びつきました。


夫婦でイギリスカレー、それとトッピングで、一口ヒレカツ、クリームコロッケ、タンドリーチキン。
どれもまいうでした♪
(画像無くてスミマセン)


八雲「金太郎」さんのお刺身定食

八雲方面に仕事で行くときに、いつも気になっていたのが「金太郎」さん
ボリューム自慢と聞いていましたが、さすが、でした。

お刺身定食1200円。
これ、一人前ですwww


左手前にあるやつ、たぶん、ホタテの肝(?)だと思うんですが、あん肝よりもピシっとした感じで、初めての食感。感動しましたw


でぶのもとプリン

そうこうするうちに、ホワイトデーも情け容赦なくなってきました。
なかなかお店に買いに行くこともできなかったので、楽天市場で物色。
愛妻が食べたそう、というより、自分で食べたいなぁ、と魅力を感じたこちらをwww


濃厚でとろとろで、おいしかったですwww


道の駅「しかべ間歇泉公園」の「浜の母さん食堂」さんのたらこ定食

先日、偶々土曜日に仕事が入り、鹿部方面へ。
早々に仕事が終わり、ランチ時になったので行ってみました。


黒ソイの煮つけが巨大でしたwww

噴火湾を眺めながら、ボーっとしながらいただきました。
まいう。


これで1100円だったかな

でも、なんだか、もっとお金がかかったような気がするよ・・・・・・

それに・・・・・・・なんだか、いつもより、味がしょっぱかったような気がするよ・・・・・・(涙)

(閲覧注意)


たつみ食堂さん

会社近くで、地味に連続営業記録を1万日以上続けているお店。
たまにはお邪魔します。


昔ながらの定食、おいしいです。


かにクラムチャウダーパスタ

依然、寿都だったかな、で買っていたソース
愛妻が使ってくれないまま賞味期限が切れていたけど、鋼鉄の胃腸を誇るワタシには問題なし!



画像が無くて申し訳ないけど、かにたっぷりで、まいうでした♪

そうそう、これ、超おいしかったんだけど、それ以降、ファミマにいっても見当たらない(涙)



そうそう前述の「魔法のパン」さんのリベンジは果たせて、ふわふわ食パンはゲットできました。
(パンの画像が無くてごめんなさい)



とか言っているうちに、エビ中からは、いろいろと嬉しいニュースも・・・・・・



冬きたりなば、春遠からじ

Posted at 2020/03/26 11:14:19 | コメント(1) | トラックバック(0) | 何気ない日常の一場面 | グルメ/料理
2020年02月03日 イイね!

徒然なるままの函館での食生活(10)


いやぁ、久しぶりに函館も、今朝から雪が降ってまいりました。
盛り上がってまいりましたね(涙)

そんな気候を予見して(?)・・・・・・

先週、今金の事務所にチャレンジ。
地理がわかる方にしかわからない説明で申し訳ないのですが・・・・・・

雪が無い時期は、八雲から内陸に入り、峠を越えて今金に入るのですが、地元の同僚からは、雪の季節にその峠は危険、とのアドバイスを受けているので、素直にそれに従って、「国縫」というところから美利河を通って、それはそれで峠を越えるけど比較的ゆるやかで整備されている道を通って今金に入るようにしているのです。そっちの方が、遠回りだけど、安全を優先。
なんといっても、道外民のFRなんで(買い換えろ)

まぁ、美利河を通るのは、もう一つ目的がありまして・・・・・・・


クアプラザピリカ内設のレストラン、「RERA」さんの、今金黒毛和牛を食すことw
しかも、ランチはバイキングがセットになっていて、カレーがとり放題、しかもそれが美味♪

で、逝ってみましたw

下界は、雪混じりの霙でしたが、峠を上り、美利河のあたりは、「いい感じの降雪」w
今シーズンおろしたてのスタッドレスタイヤと、クルマの横滑り防止装置を過信しながら(をい)、軽快に(嘘)運転しながら、昼頃にクアプラザに到着。
スキー場併設のところなんですが、スキー場はしっかりスキーできる状態。


さすがです。


で、RERAさんに潜入。
ちょっとメニュー変わったかな?と思いながら、チーズハンバーグをオーダー。


座る時間も惜しくって、バイキングへ。

夏に訪れた時は、軽食(ウインナーとかポテチとか)もバイキングにありましたが、今回は、ライス・スープ、カレー、そしてサラダバイキング、だけでした。

まぁ、カレーがあるから余裕でOK。
サラダの「今金だんしゃくポテトサラダ」も注目www


結論「カレーと今金だんしゃくポテトサラダ」は、相変わらずのクオリティ♪


あとで今金事務所の同僚に聞いたのですが、ここのシェフが交代したらしく、交代後にメインの品質が低下している、との地元の評判らしい・・・・・・・・ことを感じました。

まぁ、4000円くらい以上するステーキを食べたら、また違うかもしれないけど、さすがにそれはwww
(前回、夏に来たときは、カルビ焼きとか2000円くらいであったので、そこら辺までは手が届いたんですけどね(汗))


とはいえ、大満足・大満腹でした。





昨日の日曜日、愛妻と知内まで足を伸ばしました。

目的は、「かき小屋 知内番屋」さん

松前方面にドライブするたびに、看板を見ては気になっていたけど、今まで一度も訪れたことが無かったお店。
地元の同僚からも、以前お勧めいただいていたので、ありえんくらい路面状況がいいうちに、と一路知内へバビュン。

それにしても、昨日も雪もアイスバーンもない路面で、助かるようやら、「これでいいの?」と不安になるような状況でした(往路では、木古内を過ぎたあたりから、ババっと雪が降りましたが、復路では止んで、積もっていませんでした)。


んで、到着。



いつも混んでいるらしいけど、ちょうどいい塩梅に2名、すんなり入れましたw

で、メニューをいろいろ見ましたが、やはり気になっていた「名物牡蠣ニラ御膳」を頂くことにしました。
知内といえば、牡蠣、そして「ニラ」なんですよね。


そして、生カキも追加♪
即まいう♪
天然の海水風味(?)で、とてもまいう♪


御膳の焼き牡蠣も、目の前の炭火で焼く運営で、目の前でパチパチ・・・・・・


焼き加減がわからん!と、ブチ切れる愛妻を尻目に、「まいう」でしたw

御膳も、牡蠣・ニラ満載でおいしかったです。
カキフライもよかったし、ニラの水餃子もおいしかった。


お店の方が、元気で感じよく、とてもよかったです。

今月末には、異動があるのかないのか、気を揉む季節になりましたが、もう1年はいたいなぁ、と思う、今日この頃です。

Posted at 2020/02/03 12:35:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | グルメ? | グルメ/料理
2020年01月27日 イイね!

【エビ中】アルバム「playlist」2s会(東京)その1


1月25日(土)、東京・すみだ産業会館で開催された、私立恵比寿中学最新アルバム「playlist」発売記念2ショット撮影会に、登校してまいりましたw


2020年エビ中初現場


今年こそ、エビ中現場も含めて、ヲタ活自然消滅を目指す、という年始の誓い(毎年やっている←この時点で説得力ゼロ)を立てつつの登校・・・・・・・


朝イチの飛行機で江戸を目指すため、社宅の水抜き(北海道民にしかわからないやつかな)して、北海道を脱出。

函館空港到着時、気温はマイナス5℃でしたw


で、バビュンとエアドゥ、バビュンと到着。
定刻よりも15分も早く到着。


で、とりあえず、当日投宿するホテルに荷物を預けてから、こみさんと密会w


そこから錦糸町駅へ急ぎ、北口と南口間違えたけど(苦笑)、無事に会場到着。


今回は、第4部~第6部に参加、その後3S会も設定されていたのですが、残念ながら落選したため、不参加。


2S会と、サラっと書きましたが、あらためてご説明します。


抽選販売されるCDを申し込み、所定のCDが当選した「幸運な方が」、指定のメンバーと指定の日時・会場で、2ショットのオサシンが撮影できる、という「夢のような」イベントでして、アイドル現場的には、それなりのコストはかかるけど、ヲタクにとっては大好物の楽しいイベントです。

ポーズは、公序良俗にもとらないもので、メンバーとの接触は原則無(手でハートを作るときのみ、接点があっても可)のもの、になっております。


ヲタクは、この機会にメンバーを楽しませよう、とか、印象残して認知(メンバーがヲタクの顔と名前を覚えてくれること)を得ようとがんばったり、貴重なショットをちゃんと撮影しようと、高価なカメラを気合のストロボなどを付けてもってきたり・・・・・・・とか、普通にスマホでさらっと撮影したり、と様々な心模様が展開されます。

ワタシはというと、ずいぶん前から持っている一眼レフで挑戦しました。
(松本在住時に買ったから、もう5~6年前のもの)


現場の待機所で、顔見知りの方々とご挨拶しつつ、気が付いたら第4部の開場・・・・・・・

今回は、姫5枚、美怜ちゃん3枚、真山さん・歌穂ちゃん・莉子ちゃん1枚ずつ、でした。

美怜ちゃんは、最初の撮影時、ワタシの顔を見るなり

「今年もよろしくお願いします」

とご挨拶してくれました。
こういうところ、チョロいヲヤジは嬉しいんですよね。
(今年こそエビ中減らそう意欲が薄れるw)

可愛いお顔のオサシンいただけました。

ほっしーな♪




ばかぁ(チョロい)






ひ「今日も朝から函館から来たの?」
め「うん、朝の気温、マイナス5℃だったw」
ひ「うわぁ(汗)」

みたいな感じで、いつも通り緊張してちゃんと話せないヲヤジwww

とりあえず、姫の5枚でハートの主要部分を作って、あとは他メンバーに睨んでもらう感じの大作(?)を狙いましたが・・・・・・・



微妙・・・・・・・www

とりあえず、向きを変えたりしたら・・・・・・


ハートに「見えなくもない!」感じwww


ともあれ、久しぶりにエビ中メンバーと遊べて、知り合いのヲタクのみなさんとご挨拶できて、楽しかったw


で、そこから、宴会に流れました。


今回は、来月チェコに仕事で赴任されるアドルさんの壮行会をしましょう、という感じで集まりました。



結局、ほぼいつも通りの飲み会。
それにしても、宴会のみ放題で、追加料金を払えば、飲み放題時間無制限になる設定が秀逸でした。

当初8名で予約しておきながら、1人増え、2人増え・・・・・・・で、結局14名にwww


そこを臨機応変に対応してくれたお店、ワロタwww


そして、アドルさんのために、オリジナルケーキを作ってきてくれた白雪さん、すばらしい!


ありがとうございました!

翌日は、まったり起きて、まったりと羽田で時間をつぶしての帰函w


羽田空港で昼食(軽食)をいただくときの定番w

次のエビ中現場は、2/16(日)・・・・・・・・・


なかなか減りませんなぁ・・・・・・・
Posted at 2020/01/27 14:25:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | 私立恵比寿中学 | 音楽/映画/テレビ
2020年01月20日 イイね!

冬の奥入瀬と青森食べたり食べたり


「大人の休日倶楽部」のおかげで、北海道・東北旅行のスペシャリストになりつつある愛妻が、先週、突然騒ぎ出しました。

曰く、「奥入瀬渓流の氷瀑を見たい!」

・・・・・・「は?(ムリムリ)」


と言ったらひどい目に遭わされるので、「ほうほう」と相づちを打っているうちに、仙台にいる愛娘が土日休日になっていることを確認し、衝動的な奥入瀬家族旅行が決定し、1/18~19に急きょ行ってまいりましたw


宿泊は、「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」で、直前に(一番安い)お部屋を確保。
愛妻の怒涛(苦笑)のプランニングで、当日八戸で家族合流~ホテル、翌日は青森まで移動して、ワタシだけが函館に帰り、愛妻は「大人の休日倶楽部」1月の休日パスでの大遠征に旅立つ(拠点は仙台にある愛娘の部屋)、ということになりました。


と、いうことで、18日朝から夫婦で新函館北斗駅へ

定点観測その1


そこからバビュンと八戸まで

で、愛娘は仙台からまったり来る予定だったので、夫婦で足を伸ばして、「八食センター」に行ってみました。(生憎画像無)

そこは、小さなお店(主に海鮮)が並ぶ、食の宝庫。
いくつかの飲食店や、「七厘屋」さんというところで、お店で買ったものを七厘で自ら炙りながら食べることができたりするところで、その日の夜に「バイキング」が待ち構えていた夫婦は、おとなしくそこの「回転ずし」さんで、身の程(?)を弁えながら軽く昼食。

寝ぼけた愛娘が、一本早い新幹線に飛び乗った、ということで、急いで八戸駅へ戻り、合流。

駅併設の施設で少し散策してから


ホテルの送迎バスに乗り込み


途中から奥入瀬川を横目に見ながら、1時間ほどバスに揺られてホテルに到着。


管内に、ほのかに漂うリンゴの香りがいい感じでした。


で、少し部屋でまったりしてから、温泉へ。
いいお湯でした。

露天風呂からは渓流が眺められ、壁面には、分厚い氷w


夕食はバイキング。


そこここに、リンゴをとりまぜたメニューで、楽しめましたし、おいしかったですwww


個人的優勝は・・・・・・・明太子の冷製パスタ←をい


特製アップルパイも、面白かったし、おいしかったですwww



で、満腹のおなかをさすりながら、厳寒の中ナイトツアーで、氷瀑ライトアップを見に行きました。


ホテル専用のツアーで、専用のLEDを搭載したクルマと並走し、氷瀑スポットでそのクルマからLEDで氷瀑に合わせた色のライトアップがなされました。

今シーズンは、暖冬の影響で、氷瀑はそんなに大きくなっていないそうでしたが、それでもそこそこ堪能できるスケールでよかったです。



翌朝

負けられない戦いが、まずは朝イチに


勝利(ある意味「負け」)

美味しかった♪
個人的優勝は、朝からほたてラーメンw



で、朝のバスツアーも搭乗。

集合場所もいい雰囲気


夜に通った道を、明るい日差しのもともう一度周ります。


前夜のライトアップされた姿とはまた別の表情を見せてくれる氷瀑。
実は、夏には滝のように水が流れているのではなく、凍っているのは崖の上から沁みだしてくる湧水だそうです。


そこから、雲井の滝


寒い中、涼しげな(苦笑)水の流れでよかったです。

で、清流を眺めてツアーは終了。



チェックアウトしてから、今度は青森駅までバスで送ってもらいました。
約2時間朦朧としているうちに、青森駅到着。

昨夏には、青森の三大ねぶたを制覇するなど、軽く青森を観光した愛妻のガイドで、まずは「ねぶたの家 ワ・ラッセ」さん


2019年夏のねぶたで入賞したねぶたの現物などが展示されていて、とても迫力がありました。


そこで売っていた、超高級リンゴジュース
これで一本650円w


超甘くておいしかったです。

で、朝食もそこそこ消化できたとふんで(?)、そこから徒歩10分ほどの「青森魚菜センター」で、「のっけ丼チャレンジ」


750円か1500円分のチケットを購入し、そのチケットとごはん(チケット1枚で普通、2枚で大盛)を握りしめて、場内のお店を巡り、気に入ったネタを丼にのっけてもらう、そんな運営。

なかなか逡巡しながら2周して、お気に入りのネタを気に入ったお店でいただきました。


で、ワタシの「作品」


まいうでした♪


そうこうするうちに、いい時間になったので、ワタシはひと足先に函館への帰途につきました。


定点観測①②w


新青森駅の雪だるまちゃん


そういえば、青森駅前の商店街でも、雪だるまちゃんが林立していましたw

愛娘は相変わらず可愛かったし、愛妻もご満悦だったし、引き続き、我が家の平和は守られましたwww

Posted at 2020/01/20 14:48:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | ぶらり旅 | 旅行/地域
2020年01月10日 イイね!

【夢アド】夢アドベスト現場の思い出

前ブログに続き、夢みるアドレセンス

2017年春からちょくちょく参加して、大小30現場を経験(含.志田友美さん単独イベント)

夢アドの現場って、メンバーが明るく楽しい、曲が楽しい、ヲタクが楽しい、の3拍子揃った現場で、先日12/20(金)の旧体制ラストライブが若干残念な客席になっちゃったけど、基本的に平和で楽しいところでした。

エビ中のライブは、多幸感にあふれたライブ後感なんですが、夢アドのライブ後は、とにかく「楽しかった!」のひと言に尽きます。


その中で印象に残ったライブは、やはり単独のライブばかりでした。
古参の方にとっては、もっと前のライブでの神ライブがあったでしょうし、多くのフリーライブなどで記憶に残るエモいライブもあったでしょうが、いかんせん場数が少なくって・・・・・・それでも、あれは楽しかった、これも楽しかった、といくつもそれぞれの光景が思い浮かびます。


2017年 小林れい復活ライブ(渋谷DUO EXCHANGE)

「オットセイが泣き叫ぶ真面目かライブ」


2016年夏(だったのかな)から、喉の調子が悪くなった小林れいちゃんが、長期休養に入っていました。
小林れいちゃん、クールビューティーで「男前」、生真面目な性格で一生懸命活動にがんばっていた子。
正直、人気面では他メンバーとは差があったことは否めず、ずっと悩んでいて、長期休養に入るときも、実はそこで「クビ」になるかと心配していたとか。
それでも、運営もメンバーもファン(ユメトモ)も「待ってる!」と声をかけ続け、ようやく無事に復帰を果たせた最初のライブでした。
(「長期休養中」に、「いるはずの」メンバーがいなくなった事件があったりはしましたけどwww)

実は、このライブが個人的に「初めての」夢アドの「ちゃんとした」「ワンマン」ライブだったのですが、とにかく楽しかった。
曲もいいし、客席のノリも平和で楽しい。
当日は、白雪兄さん(今や・・・・・・乃木坂の人w)とポンさん(今や・・・・・・・・スパガかな?どこでしょうかw)とご一緒いただき、一緒に楽しませてもらいました。

途中で、復活したれいちゃんが一人で手紙を読みながら挨拶するところは、落涙を禁じ得ないくらい心温まるシーンでしたが、最前列にいたれいちゃん推しの女の子が、んまぁ大号泣www
嗚咽が止まらず、それが「オットセイの鳴き声」みたいに場内に鳴り響いたもんだから、荻野可鈴ちゃんにあとで弄り回されていましたw

れい「あれ?一人足りない!」
他メン「それ言うなー!大変だったんだぞ!」

というやり取りに、笑わせてもらいました。



2017年 ツアーファイナルライブ(恵比寿リキッドルーム)

「夢アドの魅力が詰まった楽しさてんこ盛りライブ」


その年の夏に、夢アドとしては初めての全国ツアー(といっても大都市だけですが)を行い、その千秋楽に参加しました。

その時も、白雪兄さん()、ポンさん()、はやしさん(今や謎のにょすらー)、こみさん(今や立派なマタギwww)、へそりん(今や1年ごとに主現場を変えて、すぐにTOに上り詰めるヲタク職人www)とご一緒いただきました。

まぁ楽しかった。
本当に楽しかった。
盛り上がりました。

曲が楽しい、メンバーが楽しい、会場が楽しい。
それに尽きました。


小雨が降る中、そのハイテンションで恵比寿の居酒屋でも大騒ぎしたのが、懐かしいです。
(よく考えたら、ご一緒した方々は主現場が色々変わるDDばかりやな・・・・・www)


2017年 4人体制ラストライブ(渋谷)

「名曲EXCEEEED!!!!を心に刻んだ転機を迎えたライブ」


同年初秋から、新メンバーオーディションを展開していて、10数年の候補生から数名を新メンバーに迎える、という活動を展開。
このライブは、旧体制4名でのラストライブとなりました。

古参の方々も久しぶりに会場に顔を出していたみたいで、場内はなかなかのカオスでしたwww
それでも、楽しい現場だったことには変わりなく、「4人」でのライブを最後まで笑顔でやり通しました。

最後は、みんな名残惜しくなり、もう一曲・・・・・・となり、「EXCEEEED!!!!」をダブルアンコールで歌い、新体制へと歩みを進めました。
同日、翌年2月に豊洲PITで新体制初ライブを行うことが発表され、夢と希望にあふれたエンディングになりました。

終演後、メンバーの京佳ちゃんの友だちであるエビ中の廣田あいかちゃん(ぁぃぁぃ)が見に来ていて、彼女と軽くあいさつして、翌日のエビ中握手会で、姫に「夢アドいってたんだって?」と突っ込まれたのも、楽しく、懐かしい思い出ですwww


2018年 クリスマスイベント(門前仲町)

「マイクトラブルが思わぬエモーションを作り上げた神イベント」


函館に転居して、なかなか夢アド現場に軽く参加できない体になっていたのですが、たまたまエビ中クリスマス大学芸会の翌日昼に開催される、ということで、本当に幸運にも参加できたイベント。
ガッツリライブ、というよりも、クリスマスイベント、でした。

冒頭、3曲(だったかな)歌って、そのあと、超グダグダなクイズ大会やったんです。

その3曲、一曲目がなんかクリスマスソング。
カンペガン見しながら歌う山口はのんちゃんと水無瀬ゆきちゃんを見ながら笑ってしまいましたが、最前列にいたワタシ、カンペ隠したろうかと画策していました(嘘)

でも、その時からそうなんですが、7人いっぺんにマイクを使うことが可能なインフラじゃなかったみたいで、音響が最悪。マイクが全然使えませんw
2曲目「恋のエフェクトマジック」途中で、メンバー諦めちゃって、「みんなで歌おう!」ということになり、会場一体になって合唱。

みんなよく歌詞覚えているなぁ、と感心するくらい、ユメトモみんな大声でうたっていて、なんか感動してしまいました。

そこから「メロンソーダ」


みんなで歌い、踊り、とにかく最高でした。

やっぱり、ユメトモ最高だな、と実感したライブでした。

で、抽選が当たりまくって、全員サイン色紙やらなにやらもらえて、そういう意味でも最高のイベントでした(帰りの飛行機の時間ギリギリになって、めっさ慌てましたけど)



2019年 SEVEN STARツアー(盛岡公演)

「志田友美地元凱旋ライブで鬼の目にも涙w」


夢アド初レベルでの大規模な全国ツアーを、アルバム「SEVEN STAR」発売に合わせて挙行。
札幌にも来てくれていたのですが、残念ながら(は?)エビ中の予定が先に入っていて、東京にいた、ということもありましたが、志田友美さんの地元である、岩手県盛岡公演だけは譲れない、と思い、そこに参加してまいりました。

しゅきぴちゃんの、ゆうみんの地元凱旋公演でもあるので、個人的に簡単なフラワースタンドも贈りました。(この全国ツアーは、本人たちにとっても大切なツアーだと思ったので、全公演に志田友美さんあてに楽屋花を贈りました。そのひとつひとつに、丁寧にお礼を言ってきてくれた志田友美ちゃんは、本当にいい子だなぁと感心しました)


チアガールの衣装も可愛かったw


で、数少ない夢アド現場なんですが、最前列にいける機会も多くって、↑のクリスマスイベントも最前列、この盛岡公演も最前列で見られて、本当に良かったです。

地元なので、志田友美ちゃんをフィーチャーした構成でもあり、本人も気合が入り、キモチがこもったステージになりました。

その中で、泣き顔を見たことが無い友美ちゃんが、「メロンソーダ」の時に、感極まって泣いてしまいました。アイドルの泣き顔を見てどうの、というものではありませんが、一生懸命がんばって輝こうとしているアイドルちゃんの、普段抑えている感情の発露、たまにはいいじゃないですか。より一層、応援したい、と思ってしまいますよね(チョロい)

特典会でも久しぶりに話せて、喜んでくれて、本当にいい子だなぁと改めて感心しました。

2019年 旧体制ラストライブ(渋谷)

「最後とは思えないラストライブは笑顔満載のステージに」


昨年秋に唐突に発表された、メンバー4人の卒業、そしてラストライブ。
先日のブログの通り、めちゃくちゃ無理して参加してまいりましたが、一片の悔いも残らない、大満足のライブでした。
曲も選りすぐりのものばかり。


ご一緒させていただいたへそりんとも同じ思いだったんですが、久しぶりに聴いた「舞いジェネ!」がよかった。通っていた時には「またかよ」なんて思ったりしたけど、やっぱり名曲だし、会場がひとつになりますよね。


夢アド現場で、なにが楽しいって、やはりリーダーの荻野可鈴ちゃんが底抜けに明るくって、天性の人間力を持っているからだと思うんですよね。
トークも秀逸で、笑顔が絶えないライブを作り上げてくれている。

そんな夢アドも、見納めになりました。
でも、お別れ、という感じじゃなかったし、これからもなんらかのカタチで応援できるものだと思います。


なにより、第二思春期が始まっていますので・・・・・・




そういえば、2018年夏、お台場で開催されていたTIF(Tokyo Idol Festival)、偶々函館から行くことができて、夢アドの特典会にもいきました。
当時のブログにも上げているのですが、2Sを撮影するとき、ワタシのスマホが「高温のためカメラ機能が・・・・・・・」ということで、カメラが使えなくなるアクシデント。

焦って冷ましていたら、ゆうみんがそれを見て、自分の休憩時間なのに、「インドカレーのスマホ、冷ましてあげる」といって、タレントさん用の送風機のところで、ずっと持ってくれて、冷ましてくれました。せっかくの休憩時間なのに、申し訳ないやら恐縮するやら・・・・・・・でしたが、本当に志田友美さんは、いい子なんだよなぁ、と嬉しく、感動しました。

その後の2S
「インドカレーも冷ましてあげる♪」


そんな子です。
パッと見、派手なモデルさんっぽいけど内面は純朴で優しい子。


これからも、いろいろあると思いますが、人として大切なところはこのまま残して、すてきな人生を送ってほしいと思います。

Posted at 2020/01/10 14:34:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | 夢みるアドレセンス | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

「@Nicolas Kenji 大賛成です。行き先が全くわからず、急いでいるときに非常にストレス。即刻全削除してほしいものですよね☺️」
何シテル?   08/24 16:51
高いものほど衝動買いする性分です。 最大の買い物は、自宅マンション。 ローンは完済したのに、全然お金が貯まらないのはなぜだろう?(自問自答自爆) ひょっと...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/3 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

増沢 隆太 
カテゴリ:種々
2011/04/26 23:54:22
 
阿比留瑠比のブログ 
カテゴリ:種々
2011/04/13 19:27:35
 
北の道ナビ 
カテゴリ:種々
2010/09/23 18:27:04
 

愛車一覧

BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
大根買い伝説その3 みんカラ内で、色々な先達の皆様のブログや愛車紹介を参考に、勉強させて ...
フォルクスワーゲン ジェッタ JETTA君 (フォルクスワーゲン ジェッタ)
シャドーブルーのジェッタ。NTですが、中々がんばって走ってくれています。洗車でピカピカに ...
ホンダ インスパイア ホンダ インスパイア
1995年1月~2006年10月29日 子どもが生まれる半年前に購入。 フルモデルチェ ...
ホンダ フィット ホンダ フィット
仕事専用車のツモリで、初度登録H14年型を購入。走行26000キロ、ミントグリーンの可愛 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.