• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

tefutefu81のブログ一覧

2018年01月27日 イイね!

雪道

雪道この寒波で,滋賀県北部も積雪40cm超えで大雪警報が出て,いたるところ雪道となっておりました.必然的に,雪道を運転するわけですが・・・



運転していると,完全な雪道でもSAIはかなり安定して走ります.他の人も書かれているように,たしかにSAIは雪道にかなり強いように感じられます.

ひとつは駆動方式によるのでしょう.前車(JZX81)はFRでしたので,雪道,特にトラクションが必要となる上り坂では後輪が不安定になりがちでしたが,SAIはFFのためか,滑ってる感じがしたときでも,とりあえずまっすぐ走ります.FRのようにスピンする心配が少ないというのは,雪道では利点だと思います.

もちろん制御技術の進歩もあるでしょう.SAIの場合はABS,TRCに加えてS-VSC(ステアリング制御を伴う姿勢制御装置)が憑いてますから,それもかなり貢献していると思われます.

また,SAIがハイブリッド車であることも一因でしょう.雪道のような低速走行の場合は,ハイブリッド車は主にモーターの駆動力で走っています.エンジンよりもモーターの方がトルクや回転数をきめ細かに制御できますから,滑りやすい雪道ではこれもアドバンテージになります.


ここまではテクノロジーによるものですが,あと・・・



エコ走行には欠かせないコレですね.

燃費をよくするためには,アクセルの踏み込みをECO領域,特に低負荷時はECO領域の半分まで(ハイブリッドエコエリア)に抑えて,できるだけEV領域で走るようにします.またブレーキも,回生ブレーキを最大限に利用するためにCHG領域内のブレーキ操作で止まれるようにします.

よく考えると,このようにアクセル・ブレーキの操作を小さく抑える運転法というのは,そのまま雪道での運転法になっています.なので,いつももっとアクセルを踏みたい衝動に駆られながらもECOに徹した運転を心がけていると,雪が降ったときでもいつもと変わりなく運転できる,というわけです.

ただハンドル操作についてはECOと雪道は同じようにはいかなくて,ECOの場合はスピードを殺さないように曲がる方がいいのですが,雪道でそれをやると滑ります.車庫から出るときに,いつものようにハンドルを切ったら滑って曲がらなかったので,これは意識的に気をつけないとだめだな,と感じました.


ただ,いくらクルマがよくなって自分の運転技術が上がったとしても,雪道では他車が突っ込んでくることもありますから,不要な外出は控えておとなしくしているのがいちばんなんですけどね.とはいえ,田舎では都会と違って,クルマに乗らないと生活できないというのも事実ですから,できるだけ気をつけて安全運転をしておこうと思います・・・?
Posted at 2018/01/28 20:28:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | SAI | クルマ
2018年01月06日 イイね!

パフォーマンスダンパー取り付け:その後

パフォーマンスダンパー取り付け:その後最近,パフォーマンスダンパー後付けがちょっとしたブームになってるようで,仕掛け人(?)としてはうれしい限りです.それも後期ではなく前期のレポートが多くて,私としても参考になりました.その情報をもとに,私の記事も少し追記しました(ただネットで調べると,SAIよりむしろオーリスへの流用記事の方が多いような気がしましたが).


1ヶ月ほど乗ってみての感想ですが,

滑らかな道ではあまり違いは感じませんが,ギャップの乗り越え時には,たしかに衝撃が緩和されているのがわかりました.ボディ剛性が高くなると細かい振動は伝わりやすくなってボディがガタガタしがちなのですが,それが軽減されてるような感じです.荒れた路面でのガタつきが抑えられるので,クルマがコントロールしやすくなって,結果的にドライバビリティが向上するのかな,と感じました.


今月になってスタッドレスタイヤに換えたら,タイヤのゴム質もありますし,ホイールが純正に戻って重くなったのもあるでしょうが,乗り心地はやわらかくなって,むしろいい感じがします(もちろん操縦性は落ちましたが).そうなると,パフォーマンスダンパーの効果はあまり感じられません.


結局,パフォーマンスダンパーの効果はボディの振動軽減が主で,まさに「ボディダンパー」の別名の通りなのだな,という気がします.通常のタワーバーがサスペンション取り付け部を固めるのに対し,これはボディ骨格の前後端に取り付けられています.この前後端というのはボディの振動がいちばん大きくなる位置ですから,そこにダンパーをつけるのが最も効果的に振動を抑えられるということのようです.なので,大径ホイールや軽量ホイール,社外サスのように,足回りを硬くしているときには効果が実感しやすく,純正16インチの足回りではあまり効果が感じられないのでしょう.ですからこのパフォーマンスダンパーが,MOP 18インチにセットオプションで16インチには搭載されていないというのは,リーズナブルな判断だと思います.

後期の場合,車高調を入れたりする人は最初から18インチホイールにしていることが多いですから,パフォーマンスダンパーは標準搭載ですし,16インチのままの人はあまり必要性がないので,結果的に後期で後付けするというシチュエーションは少ないのかもしれません.それで,設定のない前期や他車種でむしろニーズが高いということになっているのかな,と思いました.

でも,この手のパーツってべらぼうに高いものも多い中で,これは純正品ということもあって値段もさほど高くはなく,それでいて効果はしっかりあるので,足回りをいじっている人にはお薦めのパーツです.


(写真は刈谷ハイウェイオアシス
Posted at 2018/01/06 23:46:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | SAI | クルマ
2017年11月29日 イイね!

3周年

3周年今日で納車から3年が経ちました.









これまでの走行距離は,

なかなかよく走ってます.

購入前の目算では,だいたい13年30万kmくらい乗れればいいかな,と思っていたのですが,このペースだと40万km超えてしまいそうです.前のクルマが40万km目前でお亡くなりになったので,それを超えれるかどうか.とりあえずあと10年を目標にがんばって維持していきたいと思います.
Posted at 2017/12/03 14:11:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | SAI | クルマ
2017年11月05日 イイね!

なんちゃってG"A"化

なんちゃってG"A"化mary02さんが整備手帳でアルファード用の光るクルーズコントロールレバーを紹介されていたので、自分も交換してみたいなと思っていました。ただ、このクルコンレバーはレーダークルーズ用です。





私のSAIのグレードはGなので、レーダークルーズは憑いていませんから、もともとのハンドル周りはこんな感じです。

以前からなんかここが寂しいなぁ、と感じていたこともあり、今回クルコンレバーがレーダー憑きになるなら、一緒にステアリングスイッチもレーダークルーズボタン憑きにしよう、ということになったわけです。これで、運転席の見た目はG"A"と同じになりました(もちろんスイッチがあるだけで機能はしません。あくまで”なんちゃって”です(^o^))。


手順は整備手帳のステアリングスイッチ・クルーズコントロールレバー取り外しの通りに、もともと憑いているステアリングスイッチとクルコンレバーを取り外します。

並べてみたところです。
ちなみに後期G"A"用スイッチの品番は84250-75100です。
光るクルコンレバーの品番は84632-0E030、ハーネスが84633-0E050でした。

取り付けですが、mary02さんも書かれているように、クルコンレバーの照明配線が必要です。
ステアリングスイッチの配線はこのようになっています。

右上に出ている青い線がホーンの配線で、これがコネクタの1番ピンにつながっています。ステアリングスイッチのイルミの配線は5番ピンなので、この写真では左端の白に赤線の入った配線です。(注:配線図集には配線色の記載がないので、製造時期によって配線色が違っている可能性があります。ホーン配線のピン番号からたどる方が間違いがないと思います。)

一方、クルーズコントロール用ハーネスの車体側コネクタは次のようになっています。

左が元のハーネス、右が光るクルコンレバーのハーネスです。元のハーネスは赤・黒だけで、これでクルーズコントロールの基本操作を伝えています。追加された配線のうち、白がレーダークルーズのモードスイッチの配線で、緑がイルミ配線となっています。

ですので、この緑の線を、先ほどのステアリングスイッチのイルミ配線(今回は白に赤線)につなげばよいことになります。


ごく小電流なので、エレクトロタップでつなぎました。細線用のエレクトロタップが手元になくて普通サイズでつないだので、ちょっとかさばってますが、特に支障なく取り付けできました。


だいたい、こんな感じでおさまっています。
あとホーンパッドを取り付けて完成です。


やっぱりボタンが増えると、だいぶ雰囲気が変わります。空白の部分がなくなって、バランスがとれてるように思います。

今後ですが、せっかくボタンがあるので何か機能を持たせたいなと考えています。今のところ第一候補はワイドビューフロントモニタですが(スイッチがずらっと並んでいるので、とっさに見分けがつかない)、エアコンの風向切り替えなんかもよさそうです。
Posted at 2017/12/17 18:50:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | SAI | クルマ
2017年11月04日 イイね!

初車検

初車検無事,1回目の車検が終わりました.


10万kmを超えていますが,さすがに3年では大きな問題はなくて,エアコンやエンジンのフィルター交換,ブレーキフルード交換といった定期交換作業くらいでした.



あと大事なのが

ナビの地図更新です.近所しか走らないならともかく,ハイドラで津々浦々を走り回るには,常に地図が最新でないと困ります(それでも,ときどき地図に載っていない新しい道に出くわすことがありますが・・・).これで,また次の2年間も常に最新の地図で走れることになりました.
Posted at 2017/11/12 08:28:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | SAI | クルマ

プロフィール

「冬支度・・・」
何シテル?   12/12 19:52
旧車を修理しながら乗っていましたが,時代の流れには逆らえずハイブリッドになりました.今後は,主に静音・快適化を主眼に作業していきます.

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ SAI まーる号 (トヨタ SAI)
基本ノーマル.ローダウンやインチアップはせず,静かで揺れの少ない快適仕様(別名「空飛ぶ絨 ...
日産 セレナ サイファ号 (日産 セレナ)
遠征・旅行用です.外はいじってません.内部は,半ばキャンピングカー化しています.
トヨタ マークII (旧)まーる号 (トヨタ マークII)
7年落ちで購入.車体色がパールツートンにしては珍しいグレー内装で,今では伝説的装備のサイ ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.