• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

lalacatのブログ一覧

2020年10月08日 イイね!

15 脊椎管狭窄手術 最終ブログ 退院後、10/08も自宅で闘病中。

僕の脊椎間狭窄症手術の記録を日記からの転載でブログに書いてきたので、とても読みにくい内容になっていたと思います。

団塊の世代も老齢に差し掛かって腰痛、頚椎の痛みなど経年変化も含めれば、将来手術を受ける方々もいらっしゃると思うので何かの参考になればとアップしてきました。

僕の不運な手術とその後の2度めの切開手術と術後の経緯は、まれな例だと思います。

お伝えしたいこと:

通算47日間の入院中の経験では、内視鏡手術で脊椎の痛みが解消したように見えても、4ヶ月後に再手術とか昨年受けたのだが再手術とかの方が比較的多くいます。

僕の場合、まず脊椎の間に3個のスペーサーを内視鏡手術で挿入し、2日後に背中を大きく切開して(お尻のくぼみから背中の肩甲骨の辺りまで)、尾骶骨から脊椎9個をロッドでつなぎそれぞれをネジ止めする、かなりの大手術をしたのですが、
最初に可能性として執刀医が話してくれたそのままに、

1.足の甲まで続く神経の一部を切断したのか、内視鏡手術を下側の左足の甲が上に曲がらなくなり、今日に至るも足の甲のむくみが亡くならない。

2.常時の足のしびれと、直立にて100m歩くと足の裏の感覚がなくなり、それ以上の歩行は危険という状態は無くなりましたが、依然として常時の足の裏のしびれはなくなっていない。

1.は手術の後遺症です。マニュアル車の運転は難しそうです。

私の場合、長期間の入院で、頚椎の痛みが出てきた。
腰の状態が悪い人は頚椎も異常がある場合が多いです。

入院中、頚椎の手術の人がかなり多いという感じでした。

驚いたのは、中年や若い方も手術を受ける方が多く、入院しても、高血圧で手術に至る前に治療という患者さんが幾人かいらっしゃいました。

高血圧、糖尿の方などは、それも手術に関係することを心に留めてください。

手術が終わっても車椅子のままで歩行に至らない方もいらっしゃいました。

僕のように2ヶ月もベットとトイレの往復がほとんどだと、体中の筋肉はメルトダウンしたように、全くなくなってしまって見る影もありません。回復には少々時間がかかりそうです。驚くのは下腹部がパンパンに張って固くお腹が出ていることで、寝るとぺっちゃんこになって、自分でも苦笑してしまいます。

やはり、高齢になってからの手術は、自身の体が思うようにならないので、なるべく早めに受けられたほうがいいだろうという感想です。

私の病院の場合は別階のリハビリ病棟、傘下のリハビリ病院がありますので、しばらく手術後病棟にいても、リハビリが長そうな人は移転していくので、長期になった患者さんのその後の経緯が僕にはわかりません。

3.手術中、手術室内の空気感染で菌が背中に入り、再入院(血液の炎症反応18)退院時,1,2まで落ちた血液中の炎症反応が1週間後の診察のときには4.4まで増えて、熱の出る日もあり、今日に至るも完治していない状態です。

これも手術前に可能性として執刀医から説明を受けていたのですが、

最初の退院の前には血液の炎症反応の検査もなく、コルセットを装着してのリハビリ中に背中が痛いと言っても、コルセットがあっていないのだろうという思い込みで、特に背中を見るとか(切開後の癒着状態はナースや、循環器科の先生は見ていても気がついていない)ので、彼らにとっても予想外のことだったと思います。

可能性として、あり得ることで、不運にも僕が該当したということでしょうか?

1回目の退院をして、家に帰って、ワイフは切開後の傷がピンク色をしていると、素人目にも違和感があると僕の背中の写真(背中なので僕は全くわからない)を撮って見せてくれました。

入院中には毎日ナースが背中の縫い目をチェツクしています。
なにかおかしいと気づくことがなかったのが不運でした。
手術後3週間でまだピンクの手術跡が当たり前でしょうか?

あと2日長く入院していれば、38度以上の熱が出て、その後の再入院のPCR検査、再入院待ちの1週間の苦痛がなかったと思えば、まれな不運でしょう。

僕は20代の後半にスキーで右大腿骨6箇所を折る第事故を経験して、名古屋第一日赤に3ヶ月半入院していました。
その時には脊椎の手術を受けた建築業の社長が下半身不随になり、入院中に奥さんが家を出てしまい、看護婦さんに泣く泣く電話で「よりを戻してくれるよう説得してくれ。」と頼んでいる悲劇を目の当たりにしました。

それに比べれば僕はマシな方と思っています。

ただし、生涯現役と考える僕にとっては、大きなつまずきです。

次回の「脊椎間狭窄症」のブログは完治したときの報告だけになります。

Posted at 2020/10/08 15:03:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 脊椎間狭窄症手術 | 日記
2020年10月07日 イイね!

14 脊椎管狭窄手術 9/24~10/7 退院後も菌は死滅しない。

14 脊椎管狭窄手術 9/24~10/7 退院後も菌は死滅しない。9/24
血液の炎症反応が,1.2になり退院することになった。

退院して前回退院時と同じように病院からデニーズに直行した。
長期の入院のぶり返しか、食生活の変化によるものか極度の便秘に。体調が不調だ。
体重は入院前74Kgが67.4Kgにと6.4Kg軽くなってしまった。

9/25
便秘はウオッシュレットの助けを借りてなんとか解消したが、腸が働いていないような気がする。
午後、17:00 7.1度
体中の筋肉がほぼ無くなってしまったようだ。ワイフとジョナサンでお昼を食べようと、自転車に乗れるか試してみた。

左足がおばチャリの低いシャーシをまたげず、ペダルも少し上にあると踏めない。
これは最初の脇腹からしたスペーサーを3個いれるための手術の後遺症だ。

左足の神経を切ってしまったらしい。

結局おりからの雨で自転車にまたがるだけで、左で地面を蹴りながらジョナサンに向かう。
ジョナサンでは二人の女性ウエイターからお久しぶりですねと声をかけられた。考えてみればほぼ2ヶ月ぶりだ。

帰ってから疲れて1時間ほど熟睡。

21時が近くなると病院で寝なくてはいけない息苦しさが今でもはじまって来る。何とか習慣を変えないと。

ワイフが左足先の甲が腫れているという。
8/5の1回目の手術での後遺症だ。
かかとを軸としてその先がほとんど上がらない。

まずい。 このままだとマニュアルの車は運転できない

10/2 (金)
14:30~退院後1週間目の診察。
会計が終わったのは17:30 疲れる。

血液検査 炎症反応4:4 その他の数値を検査。
両足先は依然としてしびれがある。

レントゲン検査 腰の下の方にレントゲンで手術で完治していない部分を医師は発見したようだ。
そもそも、左足校が手術後上がらなくなったことも理解していなかったようだ。
あれだけ、毎日その日の担当のナースがベッドに来て、足の状態を聞きファイルにチェックしていた、1回目の入院、2回めの入院の合計は47日間だ。

退院時、1,24だったらしい炎症反応が4.4になっているのは抗生物質があっていないのではと,10分ほど調べたのちに薬を再決定。

医学の知識はないが、胃が痛いので潰瘍があったとして、炎症反応が上がっているのでなければ体内感染のせいだろう。

なんと、コルセットは来年2月までと言う。
簡単に、菌は死なないという。ショックだ。

免許更新事前審査、免許更新、GoTiTravelで予約済みの4日間の別府旅行、アウディTTでのドライブなどのスケジュールはどうなるのだろう。

何より、まともに仕事ができない。 ショックだ。

次回の診察は、10月末なので、それまでは頻繁に体温を測り、チェックして、最悪、その前に診察をお願いしようと決めた。

いつになったら、体内の菌を死滅できるのか? 今日10/7は明け方から動機が激しく、熱を測ったら、35.7度。フラフラして息苦しく、ファミレスになどでかけれる状態ではない。

写真は2回めの入院費。
1回目のリハビリ費用はなく、差額4人部屋ベッド代がある。
左側は保険負担料率3割なら0.3を掛けた支払い。右側は満額支払い。

僕の脊椎間狭窄手術の記録はこれで締めて、菌がなくなったら書きたいと思う。
Posted at 2020/10/07 14:34:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 脊椎間狭窄症手術 | 日記
2020年10月06日 イイね!

13 脊椎管狭窄手術 9/11〜9/21

9/11(金)午前中に、執刀医がベッドに来て、切って開いて洗浄しましょうと言う。
僕もこのまま一進一退では精神力も体力も尽きてしまうので、「はい。お願いします。」ということに。

9/12(土)手術のチームに空きができたとかで、手術日が早まり、背中をもう一度切開して洗浄する手術を行った。
ほぼ1ヶ月前に行った麻酔から始まる手術で、特に不安はない。
ワイフも1F の手術室ドアの前に待機しているが、前回のように5時間待ちではなく1〜2時間の手術。

9/13〜
前回のようにメタルを埋め込んだわけではないので、手術後も苦しいけど順調。
抗生物質の点滴を受けつつ日々を過ごす。
背中の2本のパイプからの排出体液が思ったほど減らない。

9/16(水) 夕刻、背中のパイプ2本のうち出血がほとんどなくなった上の1本を抜いた。
そのおりに医師に聞くと金曜日に出血が無くなっていれば抜いて、土曜日の退院も可能と言う。
血液の炎症反応は少なくなっているとのこと。
点滴も明日までで、飲み薬に変える予定とのこと。

思いもかけないことで、期待したい。
後で考えたら、来週の月、火曜日は祭日なので、土曜日退院を逃すと、来週の水曜日検診、木曜日退院が最短となる。

9/17 AM5:00 パイプからの排出血液 38ml(50、ml以下になるとほぼパイプは抜く)
金曜日に残ったパイプも抜くと思う。

硬膜外下パイプからの出血
9/11 67ml 9/12 61ml 9/13 58ml 9/14 47ml
9/15 46ml 9/16 33ml
下のパイプからの排出量は、昨夕刻にパイプを抜いたときにタンクを回収されてしまったのでわからない。 都度、合計の量を聞いたときには合計で120とか130mlとか言われていたので、そこそこの量が背中の中で出血していたのだろう。

血圧 120 75 体温36.6度
今日から抗生物質の点滴は1日2回に減らす指示があったとのこと。 土曜退院は既成コースか?

9/18(金) 36.6度 血圧 109 75 パイプからの排出血液 69ml 色は薄く体液が多く混じっているように見える。
採血をした。炎症反応はどうだろうか?

昨日は最悪の体調だった。数値は悪くないのだが、今日、土曜日に退院できるかどうかの決定が出るのが僕の感情に作用していたのだろうと思う。

楽天的な性格でも、流石に手術中の空気感染間は思い至らなかった。

どうも連休前の退院はなくなった。パイプもそのまま。

手術跡の糸をカットして抜いた。溶ける糸だと細菌の住処になるので今回はやめたとのこと。
やれやれ、こんなことでも医師側が手術室での感染を想定していなかったことがわかる。

明日はワイフの誕生日なのに残念だ。

今夜から背中に傷跡のカバーがあるとしても上向きで寝れるようになった。これで起きるまでのワンタームが2~3時間になる。横向きで別途の柵につかまって寝ているときは、せいぜい1時間半で起きていたので、すっきりした気分になる。

パーキンソンの人は夜中にも時々叫び声の連呼をするので起こされてしまうが、怒りは感じない。

9/19(土)パイプから抜いた血液52ml 。

薄いりんごジュースにピンクを混ぜたような色をしている。
パイプを抜くのだろうか? 今日はシャワーの日なので、パイプを抜けば浴びられるのだが。

今日は体を拭くだけ。シャーワーは前回の3週間の術後2回と退院して家で1回の通算3回だけ。
髪は伸び放題。

9/20 (日)パイプから抜いた血液は、前日と同じ52ml  (・・;
09:30 体温37,2度 血圧 105 65

う~ん。なかなかうまくいかない。 昨夜息苦しい症状が出たので朝食後分のカロナール3錠をのまなかったせいか?

毎度飲んで、熱を下げた状態の時に体温をはかりに来るのは、おかしいとは思うけど。

とりあえず、朝食後1.5時間ぐらいたっているのでビスケット2枚を食べて、パンシロンとともにカロナールを服用する。 とにかく、胃を温存することが大切だ。
まあ、連休なので次回の医師の検診は水曜日。よくなることを期待しよう。

ベッドの上でテレビをつけたら、NHKで震災証言記録番組、原発事故の時の東北サファリパークの番組をやっていた。2011年当時を追った番組だった。1,000頭もの動物たちを守った人たちの番組だった。"可愛そうな象"の話を知っているので思わず引き込まれてしまった。歳を取ると涙もろくなる。

運転できるようになったら、ぜは東北サファリパークを訪ねてみよう。

9/20(日)思いもかけず朝食後に1時間ほど寝てしまった。前回の入院も含めて、昼間寝ることができたのはこのときだけ。

今日は日曜日なのだからか、気がついたら部屋に音楽が流れている。
天空の星ラピュタだ。
思わず歌詞が心に浮かぶ。「父さんが残した熱い思い。母さんが残したその眼差し。」
僕の人生は、どうだったんだろうと感傷の世界に踏み込んでしまった。

先月1ヶ月間僕が入院中なので一人で生活しているワイフとは、13年前に海外に行ったときに結婚した。39才の年齢差だ。

僕が死んでから長く生きるであろう妻の視野を広げるために、乏しい資金の中で2~3年おきに海外旅行に連れて行っている。
あいだの年には里帰りの旅行。

以前に現地で購入した土地を転売して、僕の入院中に中古家付きの土地を購入・リフォームを行っている。

昨年は農地とバラックを購入して、ワイフの家族は現地で野菜、チキン、羊などを飼う健康的な生活をおくっている。これで家族は自分の家と農地で安定した生活をおくれるだろう。

大卒後に総合商社に入社して、やめたあとも貿易の仕事をしていたので、他国のことは理解していると思う。

開発途上国の女性と結婚するということは、その貧しい家族の生活も支えることになるのはもとより承知だが毎月の仕送りも考えると相当な金額になる。

人は妻が外国人で年齢差もあるので奇異の目で見るのだが、本当はとても真面目な夫婦なのだ。僕が英語を話せて、妻は経験なカトリック信者なのが幸いしてコミュニケーションも齟齬なく、不思議に大きな喧嘩もなく過ごしてきている。

ワイフには日本で長く過ごす事ができるように介護職のライセンスを取得させたので、この10年間病院の正職員として働いている。大変な仕事だが、ワイフは生きがいを持って働いている。

僕は海外は多くの国を訪れている。ハワイに初めて行ったのは1972年。1ドル360円の時代。スペインはフランコ総統が生きている頃から何度か旅行していがまだまだ僕自身が行きたい国もある。今度の手術で歩けるようになってチャレンジできるといいね。

ワイフとの旅行は、僕にとってはメモリーレーンの旅。妻にとっては驚きと発見の旅だ。

最初は香港マカオ。次はベトナム。台湾。ドイツ・オーストリア・イタリア。
特にイタリアとバチカンを訪れるのはワイフの夢だったので大層喜んだ。

去年はタイ。今年はイギリス・フランスの予定だったがコロナでだめになった。

突然の手術と入院で、体内に菌が残った状態では、今後の生活はいかなる展開を見せるのだろうか?病床で考えてしまう。

静かな日曜日の病床で精神的には穏やかで、この日記も病床で書いている。
だが、体調はいまだ良くない。

9/21(月 敬老の日) 不思議だ背中のパイプからの血液体液の排出量が減らない。

9/11 67ml 9/12 61ml 9/13 58ml
9/14 47ml 9/15 46ml 9/16 33ml
9/17 69ml 9/18 52ml 9/19 52ml
9/20 53ml

大まかに言って50mlより少なくなるとパイプを抜くようだ。9/16に16ml程度だった上の方のパイプを抜いているので、その分下のパイプまで降りてきているのだろうか?

昨夜は上向きで寝ることもできたので、そこそこ寝ることができた。
といっても、21時消灯、06時起床で部屋の電気をつけられて、体調等のチェックに来られては、じっしつよくねられて6時間半程度の睡眠時間だ。
それに、同室のパーキンソン病に人が奇声を上げるので、度々起きてしまう。 寝不足の原因です。

硬膜外とパイプの先の貯(た)めるポリタンクに書いてあるので、ナースに聞いたら、脊椎(せきも入ってくる。

今年の夏は、かき氷もアイスクリームも味あわずに過ぎていってしまった。

今夜から背中に傷跡のカバーがあるとしても上向きで寝れるようになった。これで起きるまでのワンタームが2~3時間になる。横向きで別途の柵につかまって寝ているときは、せいぜい1時間半で起きていたので、すっきりした気分になる。

パーキンソンの人は夜中にも時々叫び声の連呼をするので起こされてしまう。つい)から滲(し)み出してくる血液とか髄液(ずいえき)らしいです。
そうなら、もっと減らないとだめかもね。

今日は連休のなか日でとても静か。空気入れ替えに窓も空いているので、爽やかな風。
Posted at 2020/10/06 14:22:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 脊椎間狭窄症手術 | 日記
2020年10月05日 イイね!

12 脊椎管狭窄 8/29〜9/4 発熱と再入院

12 脊椎管狭窄 8/29〜9/4 発熱と再入院8/29(土)
やっと退院できて、家のベットで寝ることができてホッとしている。
入院中は1日1,800Kcal、減塩食で過ごしていたので、体力を相当失っている。

8/31(月)
夕刻から8.4度の熱が出てダウン。
翌日病院に連絡したところ、再入院の可能性もあるので、コロナ検査と診察で水曜日に来院してくれるようにとのこと。

9/2(水)コロナ検査に。
病院の玄関ではなく、病院の建物の外を回って、コロナ検査室に案内された。
狭い部屋で扇風機が窓に向けて風を送り、窓も空いている。
20分ほど待たされて、先生が背中を見に来て、触ってみて、これはまずいという趣旨のことをおっしゃった。
熱があるので、丸椅子の上で狭いコロナ検査室はとても苦痛だった。

検査が終わり家でベッドで横になろうと服を脱ごうとして、ワイフが「あーっ」と驚いている。脱いだシャツと半袖の服に大きなシミができている。

手術跡の2週間以上前に完全にくっついていた切開後を内側から破って体液が吹き出していた。
「これはだめだ。まさかの再入院だね。」とワイフと話し合う。 
病院に電話すると、「再入院になると思うので、コロナ陰性確認電話を待って、入院の用意をして来院してください。」とのこと。

9/4(金)再入院。
入院すれば解熱剤も処方されて熱も下がり楽になるかと思っていたら、まさかの熱の推移を見なくてはならないので、解熱剤の投与はないとのこと。
入院しても苦しさは変わらず。
とにかく、左右を向いてベットの鉄柵に捕まってしか寝られないので、睡眠も思うに任せない。

その後も熱は7.4度から8.4度の間を行ったり来たりで、とても苦しい。
Posted at 2020/10/05 00:56:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 脊椎間狭窄症手術 | 日記
2020年10月04日 イイね!

11 脊椎管狭窄手術  入院手術費用

11 脊椎管狭窄手術  入院手術費用今回の脊椎間狭窄症手術にかかった費用です。

左側の診療費金額: 822,980円 に、3割負担の場合は0.3をかけた金額になります。
入院時に支払う保証金 50,000円は退院時の支払いから差し引かれます。


右側の自費金額は健康保険がきかず、全額自費となります。

感じたのは、リハビリ費用が思ったより高額だということです。リハビリ病棟、リハビリ病院に再入院した方は、より高額のリハビリ費用を支払うことになります。

今回の入院では4人部屋を指定して入院期間を通して4人部屋だったのですが、何故か室料差額がありませんでした。

コロナゆえ退院時も家族が会計で支払ってから、病室に上がってきて一緒に帰ることになり、実は再入院になるまで気が付きませんでしたが、どうも病院側のミスではないようで、入院手続きのときに6人部屋も空いていたので、6人部屋優先で空いていなければ差額のある4人部屋と話していた関係でしょうか?

再入院の時には4人部屋の窓際を指定しましたので、その時ご担当が、「今回は差額がかかります。」と普通に話していたので。領収書を確認して初めて差額代がなかったことに気が付きました。

そのほか、入院中に作ったコルセット代金 62,434円 びっくり。
脇の下から大腿骨上までのものですので、短い方は4万円台でした。
全額コルセット製作所の人に支払い、後日自分で区役所で料率に応じた還付を受ける必要があります。

リハビリのときに購入した杖は5,600円でした。

Posted at 2020/10/04 18:15:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 脊椎間狭窄症手術 | 日記

プロフィール

「15 脊椎管狭窄手術 最終ブログ 退院後、10/08も自宅で闘病中。 http://cvw.jp/b/3234552/44459534/
何シテル?   10/08 15:03
僕の自動車遍歴 ()は同時期所有 PC日記に過去に所有した車の思い出を書こうとしていて、みんカラで情報収集やブログを始めることにしました。 ブログ記事は...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/1 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

僕とアウディTTを修理に。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/08/03 21:43:25
lalacatさんのアウディ TT ロードスター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/07/31 02:04:17

愛車一覧

アウディ TT ロードスター アウディ TT ロードスター
8nロードスターに乗っています。

過去のブログ

2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.