• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

NA&MT(アイろん)のブログ一覧

2021年10月13日 イイね!

981BoxsterSpyderでApple Car Play(Alpine 7DNX2)

981BoxsterSpyderでApple Car Play(Alpine 7DNX2)全方向に優等生な981BoxsterSpyderですが二つ不満があります
・走行モードを切り替えるボタンがセンターコンソールにあるため、ブラインドで操作する必要がある。718のようなステアリングにダイヤルが付いている方がいい。
・クラリオンの純正ナビ。718のようにApple Car Playが使えればなあ。

と、思っていたところ981BoxsterSpyderのナビをAlpineのナビに交換してCar Playを利用しているという情報をTwitterでゲット。機種を尋ねると、7DNX2とのこと、早速Amazonで入手しディーラーに入庫。




当日作業完了かなと軽く考えていたら、接続部品が別途必要な可能性があり作業に1週間ぐらい時間が欲しいとの事でした。急いではいなかったので車とナビを預けてその日は帰宅。諸事情あり、実際に受け取ったのは2週間後になりました。

以下、PorcheにAlpine 7DXN2の取り付けを考えている方への注意点です。ディーラーの方の話によりますと
・Porscheのナビを純正品以外に変更するには各車種ごとに取り付けキットが必要。
・981の場合、既に取り付けキッドが製造中止になっている。
・その為、既存の部品を加工する必要があった。
加工技術がどれくらい難易度が高いのかは分かりませんが、ディーラーによっては作業を受けてもらえない可能性もあるかもしれません。


さて、実際の使用感ですが
・ETCカードの音声サービス(挿入の有無、出口で料金をお知らせ)は無くなるが個人的には気にならない。(追記1)

・走行開始30KmぐらいまではGPSの調整をしているらしく、現在地が無茶苦茶に表示されるけど、それ以降は問題なし。
・スマホとの同期設定は簡単。bluetoothのペアリング、Car playの使用はマニュアルを読まずにすぐ出来た。フルフィンガーのグローブが好みである私としては、グローブを外さずCar Playを通じて停車時にスマホ操作が出来るのはとてもありがたい。(グローブの種類によっては反応しないものもありました)

ナビ本体は機能が多すぎてまだ消化不良、全ての設定を終えるまで時間がかかりそうです。でもとりあえずCar Playが使えれば、普段運転中に世話になっているNavi time、通話機能、radikoが使えるので十分かなと。何故がナビ本体の音量を最小にしても音が大きすぎるのでこれを調整すればほぼほぼ問題無さそうです(追記2)。あとはCar Playの利用が増えることによってスマホのデータ通信量が増えると思うので契約プランを見直す必要があるかな。

ここからは余談です。
今回、Boxsterを入庫する際に代車は不要だったので、代わりに最寄りの駅まで送迎に来ていただきました。送迎車は971Panamera。我が家で乗っている970Panameraの乗り心地がおそらくタイヤが限界のため乗り心地が悪く感じていたこともあり、971は乗り心地が良いなあと思ってふとセンターコンソールを見ると、PASMが一番硬い設定になってました。この設定で乗り心地が良いならコンフォートモードならさぞかし乗り心地が良くなるのかと期待したところ、あんまり違いを感じることができませんでした。運転手さんにも意見を聞いたのですが「あんまり違いが分かりませんね(笑)」と同意見。(お客である私への忖度があったかは不明)

さらに981BoxsterSpyderを受け取って帰宅するときに、「971Panameraよりも981BoxsterSpyderの方が乗り心地いいなあと」思ってしまいました。自分でハンドル握っている方が乗り心地が良く感じるとはいえ、流石に自分の乗り心地センサーはどうかしているのかと疑いました。いや981BoxsterSpyderがそれほど優秀なんだと思います。(ポジショントーク)。

R3.10.14 追記1
このナビに連動するETC車載器に変更するとETCに関する各種サービスが対応するようです

R3.10.14 追記2
ナビのソフト設定で音量を最小設定にしましたが、それでも外部音量ボタン2以上にすると大きすぎるため、接続方法で調整できないかを取り付け店に相談中です。

Posted at 2021/10/13 06:48:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | Porsche | 日記
2021年10月09日 イイね!

Panamera エンジンオイルレベル低下

Panamera エンジンオイルレベル低下先日の1200kmあまりの長距離移動を終えたPanameraで「エンジンオイルホジュウ」という警告が出現。初めて見るものでちょっと焦りましたが、よくみると「Drive on possible」、「ソウコウケイゾクカノウ」、と書いてあるので一安心。e-hybridでモーターだけで走らせれば来月の12ヶ月点検まで平気かなとも思いましたが、色々経験しておこうと思い近所のガソリンスタンドでオイル補充をする事にしました。

ポルシェセンターにどの規格のオイルを入れるべきか確認するとMobil1 5W-30との事。あれ?、マニュアルには0W-40や5W-50などもう少し高そうな規格のオイルが指定されているので再度確認すると、今までも5W-30を入れていたとの事(文末に追記あり)。e-hybridだから違うのかな?と思いましたが、あんまりここを詳しく聞く事に気が引けて指定された5W-30オイルをガソリンスタンドで補充する事に。ガソリンスタンドのお兄さんに伝えると「ゴサンジュウですね」と返答あり。



警告では1.0ℓ入るとの事でしたが、以前ポルシェの有名なブログで警告の半分量を入れてオイル量を確認するという記事を読んだ記憶あり。そこのガソリンスタンドでは500mℓから補充可能と言われたので、まず500mℓを入れてオイルレベルを確認すると、いきなりmax表示に。危ないところでした。

500mℓで1000円ちょっと。安すぎて不安になりましたが、普段から付き合いのあるガソリンスタンドなので大丈夫でしょう。



その後「オイルレベルジョウホウフメイ」という不気味なメッセージも表示されましたが、最終的には適正量に落ち着いた模様。「オイルリョウチョウセイ」が調整しろと言っているのか調整されていると言いたいのかわからないのですが、緑色で表示されているので大丈夫でしょう。



一年前の点検からおよそ10,000km走っているのでオイル交換の時期としてはちょうど良いのですが、e-hybridのためエンジンが駆動しているのはその半分ぐらいかと思うとオイル交換サボってもいいかなと甘い考えが頭をよぎりましたが、ちゃんと交換するつもりです。

今年4月にオイル交換したV12Vantageでもメーカー指定が0W-40に対して整備工場(数多くのアストンを取り扱っている)では5W-40、今回のPanameraでもメーカー指定と正規ディーラー指定に違いがありました。

11月にはPanamraとV12Vantageのオイル交換を予定しています。メーカー指定でお願いするか、ディーラー推薦のものにするか。どうしようかな、悩みます。

R3.10.10追記
ディーラーで確認したのですが、970も971もPHEVは5W-30が指定オイルとの事でした。970のマニュアルにPHEVのエンジンオイルの記載がなく同じ3.0L V6のパナメーラと同じオイルかと思ったのですが私の勘違いだったようです。
Posted at 2021/10/09 14:21:10 | コメント(1) | トラックバック(0) | Porsche | 日記
2021年10月04日 イイね!

Panameraで腰痛!シートポジションを見直す。

Panameraで腰痛!シートポジションを見直す。先週末家族旅行に行きました。970Panamera s e-hybridを購入して3年弱、本格的な長距離移動は久しぶりです。普段は妻が運転する事が多いPanamera、私も短距離はちょくちょく運転しとても気に入っています。
しかし数ヶ月前、隣県へPanameraで小旅行をした際に腰に疲労感を感じました。以前はそんな事なかったはずなのですが…今回は片道500〜600kmの道のり、念のためバクドライブクッションをトランクに積んで出発。すると悪い予感は的中し、100Kmほど走行したあたりで腰から尻にかけて重たい感覚が。

そこから色々シートポジションを調整しましたが、一度疲労を感じたらなかなか改善しません。妻と運転を交代、しばし休憩したのち、準備していたハグドライブクッションを使用して残りの運転はだいぶ楽になりました。




V12Vantageの硬い固定ダンパーの乗り心地に慣れたと思ったら、可変ダンパーPASM擁するPanameraで苦しむとは面白い。座り心地≠乗り心地、シートポジションの重要性を改めて認識しました。

旅行中、短距離運転には支障なし。さて、帰り道。

私は初めてのPorscheであった981Boxster GTSを購入後まもなく腰痛発生、あまりの酷さに手放す事も考えた経験がありました。原因はシートがペダルから遠すぎたことと背もたれが寝過ぎていた事。ですのでこの2点に関してはかなり気を使っているため問題ないはず。今回の腰痛原因の心あたりは座面が少し後傾していたかなという事。座面の膝裏部分は一番低い設定にして、これに合わせてヒップポイントの位置を以前より高めに調整。

バクドライブクッションの効果もありますが、往路に比べてだいぶ腰の負担はなくなりました。シートポジションのズレは短距離なら誤魔化せますが、長距離だと疲労感の違いに如実に現れますね。

今回の旅行、燃費は15km/ℓ。高速道路メインとはいえ、これだけ巨体に大人3人と子供乗せてもこの燃費は優秀です。普段一桁の燃費見慣れてるため余計そう思います。

家族車の次期候補は、現行モデルのPanameraとCayenneのPHEV、Tycan Crossturismo、今年10月発売のLexus NX450h+、来年秋日本発売予定のMercedesC300e(350e?)、気になる車は多いですが半導体不足の影響で各メーカー新車納期は不透明のようです。もともと970 Panamera s e hybridにはモーター航続距離の短さとリアの不恰好さ以外は不満はありません。しばらく970を乗り続けて各メーカーのPHEV、EVの動向を見つつ、日本の充電インフラの拡大を待っても良いかなと最近思っています。
Posted at 2021/10/04 19:16:55 | コメント(1) | トラックバック(0) | Porsche | 日記
2021年09月28日 イイね!

V12Vantage と V12VantageSの比較。

V12Vantage と V12VantageSの比較。V12VantageもしくはSの中古車をお探しの皆さん、こんにちは。
2021年9月末、MTのモデルはありませんがセミオートマのスポーツシフトを擁するV12VantageSが2台あります。私が知る範囲でここ数ヶ月で2台売れて、新たに1台中古車市場に登場しました。以前に比べてV12Vantageの流動性が増えていることはオーナーとして嬉しく思います。

今でこそV12Vantageの硬めの乗り心地に慣れてむしろ愛着さえ感じていますが、以前はSのみに装着されている可変ダンパーを羨ましく思いノーマルのV12VantageとSの比較情報を調べていました。主に情報源はYouTube。英語はさっぱりですが最近知ったDeepL翻訳のおかげで結構意味を理解することができました。Google翻訳よりもDeepLの方が自然な日本語に訳してくれるので重宝しています。ちなみに、このDeepLを使っていたら娘に「パパもこれ使ってるの?私の学校では使用禁止になってるの」とのこと。禁止されるほどDeepLが優秀なんですね。

よく見ていたのはこの3つの動画。

1)V12Vantageのレビュー


2)V12VantageSのレビュー


3)V12VantageとS、どっちを買ったら良いですか?



全て2020年ごろの動画ですが、3つ内容をざっくりまとめると
1.V12Vantageの固定ダンパーは乗り心地が硬く、発進時に難あり。Sの可変ダンパーはその欠点を見事に解決している。
(よかった、私が軟弱なわけではなかった)

2.Sの7速ドッグレッグパターンのMTは複雑で何速に入っているのか分かりにくく注意力を要する。
(しかし、動画に対するコメント欄に7速MTのオーナーからは「すぐなれるよ」とのコメントが複数あります。それに6MTの私でも1速と3速、今どっち?大丈夫?と思うことはあります。大抵は大丈夫なんですけどね。)

3.V8のスポーツシフトでネガティブな印象を持っている人がたまにいるけど、V12のスポーツシフトはツインプレートクラッチだから心配いらないよ。(ただし、V8のスポーツシフトも、パドルを適切に使えばスムーズであるということですし、ちゃんと乗れば7~8万キロはクラッチが持つとのこと。
ソースはこちらの動画



また(3)動画のコメントにもV8をレースに3シーズン使用してノートラブルだったと言っている人もいるので、耐久性も巷で言われているほど短命ではないと思います。要は使い方次第)。またフロントが軽い分、V12よりもV8の方がハンドリングは優れていると(1)(2)の動画主は言ってます。

(3)の動画主であるBAMFORD ROSEという会社のホームページを見ると、510馬力のV12VantageをSに近い570~580馬力に上げるサービスを7,500ポンドで提供していました。また固定ダンパーのV12VantageにSと同様の3段階可変ダンパーを取り付けるサービスが6,000ポンド。エンジンのパワーアップは興味がないのですが、可変ダンパーは気になります。よく読んでみるとB16 Bilsteinを取り付けるそうです。これなら日本でも作業依頼できそう。以前から注目していたKW version3は設定を変えるのにその都度ジャッキアップする必要があるようですが、B16 Bilsteinはスマホアプリで設定を変えることができるようです。

しかし僕はこのやや硬めの純正の乗り心地をしばらく楽しむつもりです。
乗り心地が徐々にソフトになっている気がするので、タイヤ空気圧が下がっているのかと疑いましたが、ちゃんと規定値の250kPaを維持していました。
Posted at 2021/09/28 17:06:54 | コメント(7) | トラックバック(0) | V12 Vantage | 日記
2021年09月19日 イイね!

FIAT500Cの塗装剥げ〜代車パンダのデュアロジック

FIAT500Cの塗装剥げ〜代車パンダのデュアロジック



FIAT500C、ルーフリアスポイラーの塗装が剥げてしまいました。購入店に問い合わせると、よくあることらしく再塗装が必要との事。紫外線や酸性雨の影響らしいです。新車購入後5年、地下駐とガレージ保管で恵まれた環境ではあったと思いますが...。ちなみに黒など濃色のスポイラーの塗装は長持ちするらしいです。

代車は前の世代のFIAT パンダ、ミッションはシングルクラッチセミオートマのデュアロジックです。


デュアロジックは5〜6年前にFIAT500を購入前に試乗して以来です。パーキングがない事や停車時にニュートラルに入れず1速のままで停車して良いことに最初違和感がありましたが、変速は思ったほどのギクシャク感はありませんでした。しかし1→2速で3000回転弱まで引っ張る制御は独特です。

デュアロジックをオートマモードからマニュアルモードに切り替えて自分で変速、そのタイミングでアクセルを抜くとよりスムーズにギアが替わり、まだ人間が優る余地があると思いました。最初はそのように全て自分で操作をしていましたが、代車生活も後半にもなると機械任せの運転になります。しいていえば1→2速の変速はショックが大きいのでそこだけは自分で行うぐらい。MTが楽しいと言いながらATとMTが選べる状況では楽(らく)を選んでしまいます。

決して賢いとはいえない10年前のデュアロジックの制御に特に不満もないので、アストンのスポーツシフトやタッチトロニックだって多分不満はないだろうと思ったりもします。MTに拘らなければ、F1マチック、ティプトロニックなど魅力的なガソリン車の選択肢が広がってしまいます。お財布のためにも今後もMT縛りでカーライフを送ろうと思います。



FIAT Pandaとの生活も1週間で終了、FIAT500Cのリアスポイラーも綺麗になって戻ってきました。めでたしめでたし。
Posted at 2021/09/19 15:20:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | Fiat500 | 日記

プロフィール

「お役所から見慣れない通知が来ると、何か悪いことしてしまったかな?焦ってしまいそうです。」
何シテル?   09/23 05:55
しばらくペーパードライバーでしたが、歳取ってから一気に車熱が上がり、金はかかりますが働くモチベーションになってます。自然吸気エンジンとMTが好きで、NAが消滅し...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/10 >>

     12
3 45678 9
101112 13141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

CC CHARGER S5 Exhaust Remote Contorol for AM 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/06/24 23:27:40
近隣対策になるかな? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/06/24 23:21:31
981・718 ボクスター室内異音対策 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/06/20 04:22:41

愛車一覧

アストンマーティン V12ヴァンテージ アストンマーティン V12ヴァンテージ
自動車の電動化が進む昨今、12気筒をMTで操りたくて探していたらこの車にたどり着きました ...
ポルシェ ボクスタースパイダー ポルシェ ボクスタースパイダー
ボクスター を981GTS(PDK)→718 2.0L (MT)と乗り継いでこの981S ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.