• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Noory-16のブログ一覧

2018年05月02日 イイね!

めっちゃテンション下がる。。。

alt

シルビアのドア傷つけられちゃった。。。
しかも、娘のお友達に。。。
自宅車庫では、いたずら防止の為に縁石寄りに止めているのですが、
その狭いところに自転車を押し込んできたらしいです。。

相手の親御さんがいらっしゃってくださって、弁償してくださるとのことです。
しかし、娘も一緒に遊んでいた訳だし、、ね。お気持ちだけで結構としておきます。
連休中に磨いて、目立たなくなったところでガマンです。
そのうちもっとしっかりした保管場所を確保出来たら、その時に丸ペン…かなぁ。

でも、、個人的に外装はオリジナルからの変更点って増やしたくないんですよね。。
ちょっと違う話ですが、この前GMTマスターをOHに出した時に
”風防に傷があるから交換をお勧めします”
って言われて、最初は替えてもいいかなぁなんて思ったのですが、、
いくら純正の風防とはいえ、オリジナルじゃなくなっちゃうのはなぁ…なんて。
悩んだ末に、交換は見送りました。
どうせ古い時計なんだから、傷もひとつの”味”だと言い聞かせて(笑)
ちなみに、、風防交換をケチった客だって思われたくなくて、
取りに行くときに、見え張って普段滅多に着けないYACHT-Mで行ったのはナイショです(笑)

でもな、車はきれいに越したことはないですよね。だからいち早く直したい気も無きにしも非ず。。
あ~ぁ、いらない悩みを増やしてくれるなぁ、まったくも~。。。
と愚痴を失礼しました。。
Posted at 2018/05/02 23:57:11 | コメント(2) | トラックバック(0) | Nooryのひとりごと | 日記
2018年04月14日 イイね!

カーライフ

カーライフ最近は”カーライフ”なんて言葉使わないですよね(笑)。
でも、みんからって”みんなのカーライフ”の略なんでしょ??

久々にブログを書くにあたり、適当な語呂が見当たらずに…って感じでございます(笑)。

まず最初に、父親が私の実家のGolf5を売却したそうです。相変わらずNoteと2台持ちだったのですが、この車を購入した頃とは家庭の事情が激変してしまい、2台維持することが億劫になってしまったことと、いずれはNoteも手放して衝突安全(自動ブレーキ)装備の車両に買い替える準備に入ったとのことです。

母親も運転することを考慮すると、全長4000㎜前後の”コンパクトカー”を選択したいところですが、国産車でこのジャンルは、、、イマイチ魅力的な車が見当たらない。

私としてはプジョー208あたりが価格的にも見た目も良いと思うのですが、ディーラーが少ない外車はちょっと面倒…だとは父親曰く。
たしかに、家事全般をこなしながら大学の研究員の手伝いもして、祖母の介護。草鞋を何足も履く故に車は手間いらずにしたいと思う父親の気持ちは理解できます。

そうなると選択肢は国産コンパクトに限られるのですが、意地悪な私が「あーでもない、こーでもない」ゴネまくり。元々車好きな父親なので、外野のヤジに何となーく心が揺れてしまい、暫くはNote一台でじっくり考えるようです。

Golf5は新車から6年で総走行距離が35000㎞。Golf買ってから数か月後に母親用にNoteを購入してしまい、意外にも出来のいいNoteばかり乗るようになってしまったため総走行距離も少なめ。

私的にGolf5は帰省時の足にしてて、運転が楽しいと思える好きな車でした。故に惜しい気持ちもありますが、父親の英断を尊重したいと思います。

次に、何となくS15シルビアの話。

つい最近、もう何回目か忘れるくらい通した車検を通しました。前回の車検からの走行距離は1000㎞ちょっと。全然乗らないのに(出来るときは)毎週洗車してはバッテリーやワイパー、タイヤなどを定期的に交換しながら維持しているのですが、油脂関係はさすがに車検毎でいいやって感じになっちゃってます。

この車、私が今まで所有してきたどんな車よりも長く付き合ってることになります(笑)。
とは言え元々は妻の車だったので、そんなに強い思い入れがある訳でもないのが正直なところ。
これと入れ替えで私の好きな舶来車を…との不埒な思いを持っていたこともありましたが、毎度洗車しながら年式の割には綺麗な車体を撫でていると、不思議と手放すことが惜しくなりまして。。。
気が付けば10年経過しました(笑)。

先に「特別な思い入れは無い」とは書きましたが、運転している時は本当に楽しいです。マニュアルトランスミッション+ターボ車というのは私の車好きの原型であり、そういう車に今も乗れていることはとても幸せだと思います。先日も娘を乗せて首都高速を走らせたら、合流の加速の度に大笑いしてたりして、これは車好き冥利に尽きるな…と思ったものです。

そんなこんなで、S15は行けるところまで行ってやろう的な変な意地とともにもうしばらく付き合っていきます。

しかしながら、消えぬ舶来車への思い。時代はネオ・ヒストリックブームの再来で過去に所有していたW210 E55も今なら手放した頃よりももっとカッチョ良く乗れてたかもしれないなんて思ってたするのです。
でもね、自動車税が・・。それに今は娘も手が掛からなくなってきたけど、幼児だった娘の面倒見ながら、Oldtimer×2台って訳には行かなかったのもあって純然たるファミリーカーに乗り換えたのですが、、正直なところは納得できてない部分もあったりして。。。

オデッセイはこの手の車にしてはちゃんと走る車だと思います。でも、、このジャンルの車に馴染めない気持ちは払拭できずにいます。
それはきっと、自分自身から平凡な生活感を出したくないというコンプレックスが起因しています。まっ、エイジングに対する悪あがきといったところでしょか。家族持ち=ミニバンという方程式に嵌っちゃった感じに納得できてないんでしょうね。

そんなこんなで、消えぬ舶来車への思い。ちなみに、国産車であってもかつてのアリストのような尖った車があれば、十分に選択肢になりえたのですが今はそういう車は少ないですよね。

そうなると湧き上がる”へそくりで増車計画”。でも、、今はクルマにお金が掛けられないタイミング。冗談でも車買うなんて言えなくて。
実家のGolf5も下取り価格で私が買おうなんて心では思っても口出す勇気はありませんでした。。。

以上より、私のカーライフはもうしばらくはあるものを大事にのスタンスが続きます。結局上も下も見たらキリがないご時世なので、こうやってみんからでも覗こうものなら、隣の芝生が青く見えて仕方ないのです。そんな中で浮足立たずに、、、なんてオトナの屁理屈こねてないでアグレシッブに邁進したいのですが、、今はStay。そんな感じです(笑)。

しかし、まー毎度長いブログで申し訳ない。。。普通に一語一句読んでくださる方がいたら、多謝申し上げます。

Posted at 2018/04/15 01:58:20 | コメント(2) | Nooryのひとりごと | 日記
2018年01月05日 イイね!

MAZDA CX-8 試乗と雑感

今回MAZDA CX-8を試乗する機会を頂いたので、感想をまとめたいと思います。
なお、画像はすべてMAZDAのHPより抜粋させていただいております。

  alt

■まえがき■
私は購入する予定がない場合、販売店(ディーラー)へ試乗をお願いすることはほとんどないのですが、今回は直近の購入はないことを前提に了承を得たうえで実車を見せて頂きました。
しかし、オデッセイも去年車検を更新して今年で4年。リセールを考えるとそろそろ買い替え時ではあり、生活環境として多人数の乗車もあることから、万が一買い替えるとなった場合(普通に無いですが…)は十分にCX-8もターゲットとなるからディーラーへと足を運んだ次第です。
感想はあくまでも私見であることを最初にお断り致します。

■外見■
  alt

デザインはすでに販売されているCX-5のロング版のように見えます。
この辺りは個人の感性によると思いますが、外見の雰囲気は日本車というよりはイタリア車に影響を受けているように思えました。これにはFCAとの業務提携の絡みもあるのでは?と個人的には勘ぐってしまいます。
いずれにせよ、デザインについては私の好みでいうと、”可もなく不可もなく”といったところでしょうか。ただし、3列シート車が欲しいとの観点の中では高レベルにあると思います。
ディメンジョンについては全長×全幅×全高(㎜)は4900×1840×1730とと全高以外はRC1オデッセイとほぼ同じサイズ感と言えるでしょう。
※営業の方に、「奥様はこのサイズは平気ですか?」と尋ねられました。「妻は(車体が)多少大きかろうが小さかろうが、マニュアルミッションだろうが、左ハンドルだろうが運転に問題はありません」と答えました(笑。

■インテリア■
  alt
内装の質感は国産車としては高レベルと思います。私の場合は昔所有していたMBの内装が好みだったので、それと比べてしまうと、所々プラスチッキーな箇所が気になります。しかし、車両価格を考慮すると十分なレベルかと思います。
そして、気になる3列シート。
  alt
乗車する際はセカンドシートを倒しての乗車となりますが、これが結構タイト。乗り込んだ際のヘッドスペースは身長170㎝ほどの方を想定しているとのことですが、実際はヘッドスペースはタイトであることからおしりを前に少しずらして乗るようになってしまいます。参考までにサードシート座面から天井までは865㎜とのこと。
また、セカンドシート座面下とフロア間に足の逃げ場があると違うのですが、残念ながらNBスニーカーのように爪先に高さのある靴では窮屈になってしまう程度のスペースしかありませんでした。
その反面でシートの質感は高く、ちょっとした窮屈さを我慢出来るのであれば座り心地は悪くはありませんでした。
  alt
しかし、サードシート使用状態ではラゲッジスペースが限られてしまい、これも2者一択を迫られそうであります。
つまり、サードシートの用途については限定的になってしまう可能性は否めないのですが、私のように年に数回あるかないかの多人数乗りであれば、十分用途を満たしてくれそうです。

■走行性能■
  alt
乗車してすぐにアクティブ・ドライブ・ディスプレイの説明受け、表示位置の調整をしました。上の画像では近くに見えますが、実際はフロントガラスのもっと前(遠く)に見える不思議な感覚。使い勝手のよし悪しは慣れにもよるとは思いますが、こういったギミックが好きな方も多いのでは?と思いました。
今回試乗したグレードはXD PROACTIVEと呼ばれる中間グレード。と言いつつもこれより上級車はレザーシートとなる以外は殆ど装備に遜色はなく、事実上トップグレードと言っても問題なさそうです。
駆動方式は2WD(FF)と4WDと選択できるのですが、試乗したのはFFモデル。4WDと言ってもオンデマンド方式であることから、スリップ等の条件が揃わない限り2WDにて走行となるので、市街地走行のフィーリングに差異はないと思われます。
   alt
 
   alt
気になる駆動方式による重量差は約70kg程度で成人男性約一人分程度の差であります。これは街乗りをメインにする車であれば誤差範囲と言えそうです。
エンジンはお馴染みのSKYACTIVE-D2.2l。独自の技術でディーゼルエンジン特有のノック音を最小限に抑えられているとのことで、車外で聞いていてもディーゼル車であることを意識しないで済むレベルのエンジン音だと感じました。
   alt
走り出すとすぐに力強いトルクを感じる事が出来ます。それはスロットルの早開きによる飛び出す感じではなく、トルクの立ち上がりで車両が押し出される感じ。厳密にはFFなので引っ張られると表現するべきなのですが、そうは感じないのはトルクステアがうまく抑えられているのでしょう。
ちなみに、エンジンスペックは、
最高出力(ネット):140kW〈190PS〉/4,500rpm
最大トルク(ネット):450N・m〈45.9kgf・m〉/2,000rpm
ストレスの無いようにエンジン・ATが上手く適合されており、アクセルに対するレスポンスが良いことから、市街地の運転ではディーゼル車であることを忘れてしまいそうな気分になりました。
ステアリング操舵に関しては、直進安定性を良くすること+車のキャラクターに合わせてギヤ・レシオをスローに設定しているとのことですが、操作に対する応答が良く、大きな車体がヒラヒラと軽く動くように感じられました。これは高いボディ剛性とトルクベクタリングコントロールが寄与しているかもしれません。
   alt
最小回転半径は5.8mとなっており、今時の車両にしては少し大きめ。よく道を間違えてUターンする私は5.5m位に抑えてもらえると助かるのですが、仕方ないですね。
しかし、ちょっと気になったのが足回り。車体のピッチングがやや多いように感じました。これは試乗車の個体差かショックがまだ馴染んでいないのか、はたまた19インチタイヤがオーバースペックなのか。運転している分には構わないのですが、同乗者が不快にならぬか心配になってしまいます。
ちなみに、ピッチングの指摘をしたのは私だけだそうで、他に試乗された方は気になさらなかったとのことです。
しかし、大きな車体のSUVでありながらも前途の通り軽く走るフィーリングはとても好感触。もっと運転をしていたいと思える車であることは間違いありませんでした。欲を言うなら高速道路も走ってみたかったです。出力点が4500rpmとのことから、よほどの状況でない限りは頭打ち感は少ないと思いますが、やはりその領域のフィーリングも気になります

■あとがき■
軽い気持ちで書き始めたら、随分と長くなってしまいました。乱文をここまで読んでいただけたとしたら、感謝申し上げます。
MAZDA CX-8は販売開始時点で約7300台の受注を受けており、販売は好調とのことです。価格帯は売れ筋グレードにオプション付けて450万円前後と予測されます。数字だけ見ると高いのですが、BMW X3が本体価格639万円~であることから、バリュープライスと言えなくもないと思います。(もちろん、BMWにはそれに応じた付加価値もありますので比べることはナンセンスですがあくまでも物の例えでございます。)
しかも、XD PROACTIVEを選択するとプロアクティブセーフティーと呼ばれる安全装備が標準となりさらには低速追従のできるレーダークルーズも標準装備。走行や安全性能に力を入れていることは好感が持てます。

正直、国産車で久しぶりに欲しいな…と思ったのですが、奥様が首を縦に振ってくれない模様。まだもうしばらく悩むとします(笑

Posted at 2018/01/06 01:38:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | Nooryのひとりごと | 日記
2016年09月17日 イイね!

クルマは便利じゃなくてもいい

なんて大げさなタイトルつけると、語弊があるかもしれない。

時々娘をシルビアに乗せる。
正直な話、娘も特にシルビアに関心がある訳でもないし、無理に好きにさせるつもりはない。

だったら、わざわざ乗せる必要もないでしょって思いますよね。

オデッセイで出掛ければ、娘にとっては動く応接室。リヤエンタで好きなDVDを見ながらリクライニングして、うたた寝している間に目的地へ到着。

でも、そんな時間に違和感を感じてしまう。

クルマって、A地点からB地点へ快適な輸送をしてくれる道具なんて定義があるかもしれないけど、ワタクシはあえてそこへ”FAN”を付け加えたいと思うのです。

人生は楽しいことが多いほうがいいと思う。

ワタクシが幼少期だった30年以上前は、5ナンバークラスのセダンに家族全員がぎゅぎゅうに乗り込んで出掛けました。それも3時間とか4時間とか。リクライニングなんてレベルじゃなく、リヤシートは横すらもぎゅうぎゅう。

でも、そんな風にして家族で出掛けるのは本当に楽しかった。移り変わる景色を見ながら会話したり。

だからって訳でもないのですが、たまには娘をシルビアに乗せるのです。ん?話の脈略が見えない?と思われるでしょうが、もう少々お付き合いくださいませ。

シルビアの助手席はセミバケットシート。さらにレカロのジュニアシートをねじ込んであるのでぎゅぎゅう。そこへ娘を押し込み走り出すと、マニュアル車ゆえのアクセル操作で、体は前に後ろに力が加わります。ちなみに、まったくショックのない運転もできますが、ここはあえて少し大げさにアクションします。

サンルーフを開けたりしちゃって夜風を車内に入れながら走ると、娘はワタクシが楽しんでいることを理解してくれます。そして、娘も楽しんでくれます。何気ない事を会話したりしながら走っていると、シフトレバーに手をかけ始めたりして、ちょっとだけシフトチェンジを教えたり。

別にクルマ好きにするつもりはないけど、車に乗っている時間って楽しいんだよ…と、そんなことを教えたくて娘をシルビアに乗せてます。


今の日本車に乗っているだけで楽しいクルマって少ないですよね。それは結局”求められない”からだと思います。そんな中で、ワタクシなりの価値観を伝道出来たらと思ってしまう今日この頃です。

ちなみに、今は多人数乗りの需要があってミニバンユーザーですが、次に買い替えるときは(が来たら)4座オープンを目指します。

自分自身、オープンを一度は所有したいと思っていながら叶えるタイミングなく今に至るのですが、子供と一緒に乗れたら最高じゃないか?と勝手に妄想してます。ということで、40歳になったら新しいダイヤルを買うと決めているのですが、もっと先の楽しみにしておきます。

ただ一つ問題があって、思春期を迎えるであろう娘がオヤジとオープンなんぞに乗りたがるのか!?
まっ、、そこはなすがままに。。。

ちなみに、シルビアは相変わらずなクルマとして我が家にいるでしょう。自動車税ナンボ取られるのかわからんけど(笑)。

Posted at 2016/09/17 04:19:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年08月29日 イイね!

娘と海

先週末、久々に海へ行ってまいりました。

このとき関東地方には台風9号が接近中で、道中の東名高速は視界を遮るほどの豪雨。ダラダラ流れる高速道路でテンションは下がりまくりでしたが宿を取ったこともあり強行した結果、現地では見事に晴れてくれました。


ちなみに私の場合は海とは相性がよくて、行きは土砂降りでも現地で晴れるはお約束パターンだったりします。

とはいえ、今回は娘のシュノーケリング トレーニングを目的としていた為、天候不順による海況が危ぶまれましたが、杞憂におわりました。


海況はパーフェクトではないものの、”みそ汁”は免れたので、良しとします。

ということで、早速エントリー。


風呂で練習をさせた時に上手く使えなかったマスク&シュノーケルですが、海の中を見たい気持ちが勝ったせいか、上手に使ってました。

この辺りはダイバーが多く、魚に餌付けするもんだから、、、目下にはたくさんの魚が寄ってきます。




娘は2歳くらいの頃から海で遊ばせているのですが、中を覗くは初めて。喜んでくれてよかった。

↑2歳の時(笑)


そんなこんなで喜ぶ娘に気を良くした親バカは、海から帰った足でそのまま旅行代理店へGO。来月末に沖縄に行く予約を取っちゃいました。

しかし、、、問題が一つございまして。。。

なぜなら有給休暇の申請をまだ出してなくて、、、

休日出勤するほど忙しくなる予定なのに2日も休むなんて言い辛い、、ですよね。。。

Posted at 2016/08/29 00:50:50 | コメント(2) | トラックバック(0) | Nooryのひとりごと | 日記

プロフィール

「クルマは便利じゃなくてもいい http://cvw.jp/b/346361/38553466/
何シテル?   09/17 04:19
ブログを含め、自己満足のページでございますので、時として不愉快に思われるかもしれませんが、悪意はございません。 よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

私の周りはAudi乗りが激減 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/23 06:40:13

ファン

17 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ オデッセイ ホンダ オデッセイ
オデッセイを始めました。 派手に弄るつもりはありませんが、実用重視しながらもワンポイン ...
日産 シルビア 日産 シルビア
今日の電子制御だらけ??の車とは全く逆。全てがアナログ+トラコンすら付いてないのですが、 ...
トヨタ チェイサー トヨタ チェイサー
アリストの前に所有(2.5 ツアラーV) R32GT-Rを大事故で廃車にしてしまい、そ ...
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
ブーストUP仕様。 純正タービンがブローしてしまい、R34ボールベアリング・タービンを入 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.