• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

SunPayItのブログ一覧

2018年07月26日 イイね!

燃費は悪くないF11 528ツーリング

燃費は悪くないF11 528ツーリング近場はゴルフGTEをほぼEVとして使うので、長距離専用となった528だが、そういう使用環境だと意外と燃費が良い。


トップの写真は日立の海。




北茨城方面で高速道路を出て、一般道をちんたら走っていた時は、走行距離と走行可能距離の合計が978kmとなった。


瀬戸内海を一周して帰ってきた時は、山あり、急ぎの高速移動ありでも、2,000km近く走って12.3km/Lだった。

小豆島のオリーブの木々の前で。528では初フェリー。


宇多津で満タンにしたときは走行可能距離986kmの表示だった。
もう少し丁寧に走れば無給油で1,000kmも達成可能な感じだった。


塩尻の山から望む雲海とその向こうの北アルプスの峰々。
登りでガソリン消費しても下りで挽回して、それほど燃費は悪化しない。


新車としては絶滅した直列6気筒自然吸気エンジンだし、まだ38,000kmしか走っていないので、あと3年、計10年くらいは味わって乗りたいと思う。

いや、むしろ10年乗るならもっと使い倒したいというのが本音だ。近頃、「使い倒す喜び」に目覚めたので。


最近、あのメーカーから、M256というターボとISG付き(モデルによっては電動SCも)の直6エンジンが出て、いずれワゴンモデルにも搭載されるだろうというのは非常に気になるし、こちらのメーカーの640グランツーリスモなんて超絶マイナーモデルが宿命付けられたようなクルマも案外いいんじゃないかと思ったり、青山の会社からはようやく114kmのEV走行が可能なクラリティPHEVなんてのも出たかと感心したりはしてるんだが、しばらく気にしないことにする。
Posted at 2018/07/26 19:24:56 | トラックバック(0) | 528ツーリング | クルマ
2018年05月28日 イイね!

E46 330 復活して175,000km到達

E46 330 復活して175,000km到達クーラントの漏れが直らなかった330、しばらく乗れずに、もう廃車にしようかとも思っていた。

だいたい、最近はクルマにあまり乗らなくなっているのに3台維持するのはかなりの無駄だ。PHEVに乗り始めて、もう内燃機関メインの時代は終わりなのかなということは感じるし、直列6気筒にこだわることの意味が薄れていくなら、クルマにかける時間とコストも抑えるのが賢い。

しかしながら、330はこれまでの人生で最も気に入ったクルマであり、その乗り味は全く持って捨て難い。修理費が嵩まないのであれば、せめて18万キロまでは乗りたい。良い整備工場があるのであれば見積もりをしてしてもらおうと思い、探し回った末にとあるBoschカーサービスに持ち込んだ。

2年前にクーリングファン破損で水回り一式交換したのもBoschカーサービス(の別の店)だったが、その工場での修理はイマイチだった。たまたまその工場近くで白煙噴いて駆け込んだので、他に選択肢がなかったのだが、工賃もやけに高かったし、全幅の信頼を置けるという感じでもなかった。事実2年でクーラントが漏れ始めてしまった。

経験豊かで、リーズナブル、そして信頼性の高いところ、できれば匠と言えるようなメカニックがいるようなところはないか。今回、そう思って探してたどり着いたのが、比較的自宅からも近いBoschカーサービスだ。無理難題のような条件だったが、意外にその条件はクリアしていたと思う。

修理内容は、滲むようにわずかにクーラントが漏れていたウォーターポンプ、サーモスタット等のパーツ交換になったが、アドバイスもありロアコントロールアームブッシュの交換も追加した。

修理を終えて引き取りに行った翌日、175,000kmに到達した(トップの写真)。都内を東に西にと走り回ってみて思ったのは、「自分が運転したいクルマはやっぱりこれだ!」ということ。

乗り心地は良くはない。決して、中が広いわけでも、豪華なわけでもない。今や取り立てて速いわけでも、凄い走りをするわけでもない。娘の用事で表参道にも立ち寄ったが、周りは年式の新しい高級車も多く、16年も経過した330よりも古くてボロいクルマはほとんど無い。それでもドライバーたる自分は運転することに純粋に満足しているのでさして気にならない。

全てのクルマに乗ったわけではないので、自己満足なのだろうが、330の乗り味が自分には一番しっくりくる。見栄とか虚飾を排して考えれば、自分がクルマに求めるコアな要素が330には備わっている。

思い通りに加速し、曲り、停まる。重厚な6気筒のエンジン音、排気音を響かせながら、NAならではの淀みのない、直線的な吹け上がりを堪能できる。バルブトロニックなどの余分な機構のないシンプルな直列6気筒NAの滑らかな吹け上がりゆえ、アイドリング状態からレッドゾーンまでフルに使い切れる。素直な出力特性なので、一瞬一瞬に必要なパワーを思い通りに引き出せて、力不足と思うことが無い。むしろカタログ数値以上のパワーと思うほど。最近のターボ車に比べると、過剰なパワーではない分、エンジンの音や振動を味わう余裕があるし、飛ばさなくても心地よい。

なにより、自分がクルマを操り、走らせているという強い実感、大きい満足感が得られる。

もうしばらく頑張ってもらうことにしよう。
Posted at 2018/05/30 19:04:28 | トラックバック(0) | 330 | クルマ
2018年05月08日 イイね!

ゴルフGTE 2,000km乗ってみて

ゴルフGTE 2,000km乗ってみて

ゴルフGTE、1月から使い始めて4か月でおよそ2,000km走った。


今のところ、概ね狙い通りの使い方ができている。



自宅で充電できるようになってからは、自宅周辺ではほぼE-MODEでEVとして使用できるし、都心への往復も半分以上をE-MODEでカバーできるので、それなりの燃費を期待できる。

E-MODEの使用度合いが高ければ、その分ガソリンスタンドに行く必要もなくなり快適だ。

総合的に良い選択だったと言えると思う。

ちなみに、メーカーによってPHVとかPHEVという呼称があり、これまではPHVでいいんじゃないかと思っていたが、今はPHEVという呼び方の方がより正しい表現だと思うようになった。


GTEで良かった点を簡単にまとめると...

① PHVとして恐ろしく複雑な制御をしていると想像するが、エンジン、モーター、ミッションの統合制御は練られていて、予想以上に完成度は高かった。

② E-MODEでの走行が、想像より遥かにスムースで、EVの良さを体験できる。

③ Bレンジという回生ブレーキがより強力になるシフトポジションが最高。慣れればブレーキとして使えるし、燃費の改善に相当資する。ブレーキダストの軽減にもつながる。

④ 普通に走行する分にはFFのトルクステアもあまり感じず、質の高いハンドリングだと思う。首都高C1の曲率の大きいカーブを走り回ってみて感心した。

⑤ DCCでこのクラスとしてはかなり乗り心地は良い。

⑥ ハイブリッドモード、E-MODE、GTEモードを駆使し、燃費改善ゲームを楽しむことができる。飛ばさなくても楽しめるということだ。


GTEモードよりもE-MODEの方が気に入っている。これで電池容量がアップして実際の走行可能距離が延びればかなりの実用性になると思う。

自分の用途からすると、80km~100kmくらいE-MODEで走ることができれば、電欠の心配の要らない疑似EVとなり、ほぼ完璧な実用車だ。

E-MODEで走っていると、エンジンの荒々しさとは無縁でいられる。やれ、4気筒だ、6気筒だ ・・・とかを考える必要が無い。エンジン自体を楽しむような趣味のクルマに乗るのでなければ、ガソリンでもディーゼルでもハイブリッドでもなく、EVが最適解だと思うようになった。ただし、充電時間と走行可能距離の問題をクリアできるのであれば、だが。

全固体電池の実用化に期待したいところだが、早くて数年後だろうか。
だとすると、それまでは自分の使用環境ではPHEVが最も合理的な選択肢だと思う。
もちろん趣味のクルマはこの限りではない。

次回はGTEの気になる点をまとめてみようと思う。
Posted at 2018/05/08 21:08:30 | トラックバック(0) | ゴルフGTE | クルマ
2018年03月24日 イイね!

原付の通行区分違反

原付の通行区分違反原付は第一通行帯の左側を走行する義務がある。







<道路交通法>
(車両通行帯)
第二十条 車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。ただし、自動車(小型特殊自動車及び道路標識等によつて指定された自動車を除く。)は、当該道路の左側部分(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路)に三以上の車両通行帯が設けられているときは、政令で定めるところにより、その速度に応じ、その最も右側の車両通行帯以外の車両通行帯を通行することができる。


原付は、「原動機付自転車」であり、「自動車」ではないため、第一通行帯の走行が原則で、小回り右折をする以外は右側の車線を走行できない。


今日、晴海通りを走っていたら、第二走行帯や第三走行帯、しかも車線の真ん中を平気で走っている原付に遭遇した。明らかな違反だし危険。もちろん周囲のクルマは相当に迷惑している。

そういう違反をする原付は多いが、その手の原付は流れに乗るようにある程度の速度を出していて、実際上の支障はないことが多い。ところが今日見た原付は、加速は非常に緩慢で、巡航速度も一般車両の法定速度をかなり下回っている速度で、流れを相当に乱している。一般道でこれやられたら、公道としての機能を著しく損なう。

そもそも、原付は30km/hの速度制限があるから、やはり第一通行帯の左側の走行を徹底すべきだろう。あまり見たことが無いのだが、警察はちゃんと取締りの対象としているのだろうか?

あと、原付の特徴的なルールとして二段階右折があるが、守られているのはほとんど見たことが無いし、取り締まっているのも見たことが無い。

自転車もそうだが、安直な乗り物の運転者は、走り方についても安直に考えているきらいがある。軽自動車にしてもその傾向があると思う。
Posted at 2018/03/24 15:42:21 | トラックバック(0) | クルマ
2018年02月28日 イイね!

GTE充電に備えて電力会社変更

GTE充電に備えて電力会社変更200Vコンセントの設置で自宅でGTEに充電できるようになることもあり、2月に入って電気料金のことを調べてみた。

2016年4月の電力自由化開始となった頃に、カミさんに言われてミツウロコに申し込んでみようと問い合わせてみた。その頃の切り替えの混乱からか、ミツウロコからはなしのつぶてだった。またいずれ考えようと放置していたのだが、GTE導入を契機に調べてみたら、なんと相当無駄してたことに驚いた。

自宅は、24時間全館空調にしてあるので、電気の使用量がやたらと大きい。2月分の電気使用量は設定温度を下げて節約していても1,957kwhだった。そして昔のまま放置していた、東京電力エナジーパートナーの料金プランは、従量電灯Cの10kVAであり、一般家庭用としては最大となる。

この契約だと適用される単価は、下記の通り。
基本料金 1kVA 280円80銭
最初の120kWhまで(第1段階料金) 1kWh 19円52銭
120kWhをこえ300kWhまで(第2段階料金) 1kWh 26円00銭
上記超過(第3段階料金) 1kWh 30円02銭
2月燃料費調整 1kWh -3円03銭

1,957kwhだとほとんどが、第3段階料金適用で58,269円。

いろいろ調べたら、他の価格競争力のある電力会社のプランでは、1kWh当たりの単価は20円~23円程度だから、相当割高な電気料金を支払い続けてきたことになる。

東京電力は東日本大震災の時のトップの対応に全く良い印象を持っていないし、いろいろと伝え聞くところによると、安定を保証されたお公家企業のようなもの。自分としては何の義理もない。
ということで、いろいろな比較・検討の末に、自宅の料金プランとして最もコスト抑えられそうな洸陽電機のプランに切り替えることにした。

洸陽電機は関西の会社で、聞いたこともない会社だったが、意外と対応が早く、申し込みから2週間もたたない2月26日から切り替えることができた。供給される電気に違いはないので、今のところ何の支障もない。

切り替え後の適用単価は下記となった。
基本料金 1kVA 226円54銭
最初の120kWhまで(第1段階料金) 1kWh 19円42銭
120kWhをこえ300kWhまで(第2段階料金) 1kWh 20円20銭
上記超過(第3段階料金) 1kWh 22円48銭
2月燃料費調整 1kWh -2円83銭

第3段階料金の単価が30円02銭 から22円48銭まで下がるのは極めて大きい。
真冬や真夏の時の電気代はかなり下がる。今まで導入しなかったことが悔やまれる。

GTEの充電単価は当然この第3段階料金の単価になる。
まだ実績データが無いので、想定となるが、GTEがE-モード時に5km/1kWhの消費率で走るとすると、燃料費調整も入れると5km/19.65円(3.93円/km)になる。

普通のガソリン車が15km/Lで走行できるとすると、150円のハイオクガソリンを入れた場合(10円/km)となる。 E46 330だと良くて10km/Lなので15円/km。

比較すると、E-モードは一般的なガソリン車の約40%~26%のコストで走れることになる。

E-モードの使い勝手から純粋なEV車の利便性を考えると、自分では現実的な利用は無理だと思う。走行やエアコンによる電池の減り方は思ったよりも早い。どんどん電池が無くなっていくさまは、とても心臓に悪い。全固体電池のEVがそれなりの価格で販売されて、電気の供給ポイントがどこにでもあって、5分程度でフル充電に近い状態にできるようにならないと一般化は難しいと思う。

となると、自分の使用環境からすると、PHVというのはいい選択だったと思う。
Posted at 2018/02/28 21:22:28 | トラックバック(0) | ゴルフGTE | クルマ

プロフィール

「同感その2
例えて言うとM54は肉食系N52は草食系
もちろんN54の方がパワーあるしまわすといい音なんですけどなんか違う
M54の方が「バイブ」があるといって良いと思います。
M54の方が断然面白いエンジン!」
何シテル?   07/27 18:44
仕事に追われる日々です。 家に帰っても、女3人とオス1匹、メス1匹で... 唯一の息抜きが、通勤の時の運転です。 ですから、運転して面白い車が必要なの...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

ボディーを磨く 2017年 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/16 17:30:20
E46 フロントロアアームブッシュ交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/28 13:01:06
フロントからきしみ音が… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/09 19:10:46

お友達

ノーマルを基本とした、良質でバランスのとれたクルマを追い求めています。

共通のクルマや話題で話が合えば、どなたでも歓迎です。 よろしくお願いします。

最近は何かと忙しく、SNS関係は積極的には参加できない状況ですので、ご了承ください。
26 人のお友達がいます
evening_skyevening_sky yu-kachiyu-kachi
RANちゃんRANちゃん sleepykoalasleepykoala
ORANGE WOLFORANGE WOLFみんカラ公認 金子浩久金子浩久

ファン

19 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
旧モデルのE46 330 M Sportsです。 2002年に2003年モデルを購入し ...
BMW 5シリーズ ツーリング BMW 5シリーズ ツーリング
BMWのNA6気筒がなくなるというので、無駄を承知でARQから乗り換えました。 <納車 ...
フォルクスワーゲン ゴルフ GTE フォルクスワーゲン ゴルフ GTE
3気筒1Lのキビキビ系エコカーをゆえあって泣く泣く売却することになったため、どうせならと ...
フォード フィエスタ フォード フィエスタ
ひやかしのつもりで試乗したはずが、いつの間にか契約。 現在納車待ち。→2014年10月5 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.