• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Ken-G.のブログ一覧

2018年08月17日 イイね!

チャリンコのセキュリティー ☆

チャリンコのセキュリティー ☆ 
 ⇦ 何の箱?



 南京錠!?





 ちょっと固めな奴。




 手にしてみるとズッシリ重く、シャキシャキという作動感からも高い品質を感じる

 ⇨ 使わないでコレクションしたくなるような・・・( 爆! )。

 いやいや使ってナンボの鍵、もちろんチャリの施錠に。

 鍵やワイヤーロックは、大体同じ値段位の工具で切断できてしまう。


 自転車を店頭で納車した時、盗難防止対策は店員さんから念を押された。

 埼玉県は自転車盗難被害多発地帯らしい。

 被害例:・ママチャリ等に標準装備の鍵は簡単に壊される。

 ・柱等に括り付けてロックする、“ 地球ロック ” は不可欠。

 ・それでも切られて盗まれる。

 ・自転車ごと盗まれる。

 ・サドルやタイヤだけ盗まれる。

 ・盗まれなくても壊される。

 ・警察も自転車には複数の鍵を掛けるよう呼び掛けている。

 ならば自転車屋さんで売っている程度のアイテムでは歯が立たない。その店舗に並んでいる鍵類は、ホームセンターで買える工具で切断可能なモノばかり・・・。店員さんの防犯対策の話は本物の生々しさを感じたが、商魂としては説得力が無いな( 笑 )。

 よって導入した南京錠は自転車用途としてはオーバースペックな代物。

 チェーンやU字ロック等と併用。

 特段高級ではない自分のチャリだが、盗まれては堪らないので過剰防衛くらいでイイ。


 コストも掛かり胸くそ悪いが、長らく過ごした平和な東北の田舎暮らしからは想像を絶する程、こちらの治安は酷いらしいから。

 田舎モンはビビりなので( 笑 )。


Posted at 2018/08/17 15:21:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2018年08月15日 イイね!

マウンテンバイク ☆ GT AVALANCHE SPORTS 29 ♪

マウンテンバイク ☆ GT AVALANCHE SPORTS 29 ♪ 
 自転車も2年以上毎日使えば、そりゃあ寿命も見えて来る。

 今まで乗っていた自転車はフロントのギアチェンジャーが壊れて本来18段変速が6段固定化、ホイールの歪みでブレーキの引きずりが出て漕ぐのが辛過ぎで( 笑 )。

 で、ギアチェンジャー・ホイール・ついでにタイヤも交換したら、¥2万以上は掛かる。

 ¥3万5千の安物マウンテンバイク( 以下:“ MTB ” )に、半額以上の修理代を掛けるかなんて迷う訳が無い( 笑 )。

 以前のチャリはマウンテンバイク “ ルック ” というカテゴリー。⇨ 要はフレームを MTB の形にしてサスペンションを取り付けて、他のパーツは全てママチャリ規格のモノ。

 ホームセンター等で¥4万を切る価格で売られている MTB って大概ハマーだとかジープだとかラベリングされているでしょ( 笑 )。Ken-G. のシボレーも同様で、それらが MTB ルックという街乗りチャリ。

 非常にショボい性能だが、ショボくてもフルサスペンション( 前後にサスペンション装備 )のチャリは、街乗りでもかなり有利♪ その圧倒的な乗り心地の良さを味わってしまうと、サスペンションの無いチャリになんかは乗る気もしなくなるから( 笑 )。

 で、せっかく買い換えるなら、今度は本格的なモノがイイ。

 とは言っても何十万円もする高級品は要らない。本格的 MTB として最低限の装備を有していて、セキュリティー用品も含めて¥10万以下に抑えたいから、自転車本体は¥8万以下の見積もり。

 自転車が¥8万ってエラい高く思えるけど、スポーツ自転車の価格ってテッペン無しだから。モノによってはクルマよりも高いんだぜ( 笑 )

 なモンだから、 Ken-G. が購入する MTB は本当に最低限のグレード。

 でもその走破性はやはり自転車の中ではキングと言える MTB 。

 ⇨ そんな性能、通勤で要る?

 一般道って以外と荒れていて、舗装路とは言えむしろ “ 悪路 ” に近い。凹凸や段差、溝、側溝の蓋の四角い穴等が無数に且つ不規則に点在していて、かなりハード自動車ではなく徒歩や自転車で一般道を移動すれば分かると思う。

 それらの危険な要因に対しては、もう四十路の腕ではツラい( 笑 )。だから腕や体力をカバーしてくれる位、多少オーバースペック気味のモノでちょうどイイのだ。

 何せ2輪だよ!? コケたら大怪我以上~あの世逝きでしょ。

 ママチャリ並みの低速コントロール性、溝や段差に強い走破性、パンクとは無縁の太くて頑丈なタイヤ。通勤ってのは支障が出たら、それこそ死活問題だ。その毎日の通勤を安心して支えてもらう自転車として、MTB を選択するのは自然な事だと思ったワケだ♪





 GT AVALANCHE SPORT( GTアバランチェスポーツ )29 インチ。

 ボディーカラーは黒が在庫切れで、やむなく・・・。

 ⇨ Amazon とかならまだ黒の在庫も在るらしいが、メンテナンスやセキュリティーを考えると店頭購入して面倒見てもらいたかったから、彗星色でも仕方ない( 爆! )。





 クルマ好きなら、最近の MTB の高性能化にはきっと驚くはずだ。⇨ いや、萌えてしまうハズ( 笑 )

 ⇧ 油圧式ディスクブレーキは、大概の MTB には今や標準装備





 右側はショックアブソーバーのロックと可動の切り替え。平坦な路面でレスポンスを求めるならロックした方が走り易い( という人向け【 笑 )。左側は、AVALANCHE シリーズには減衰力の調整機構は付かないが、バネのプリロードをダイヤルで調整可能というシャコチョーも真っ青な機能( 笑 )

 高価な競技用モデルになるとエアサスもある⇨ しかもエアの注入圧を変えてバネレートが無段階に可変・・・、 MTB の世界って本当にビックリさせられる。





 GTの特徴である、“ トリプル・トライアングルフレーム構造 ” 。

 普通の自転車の構成は、シートステー( 後輪車軸からのフレーム )はサドルチューブ( サドルが刺さっているフレーム )に繋がるが、GTではサドルチューブを通り越してトップチューブ( 上部のメインフレーム )にまで延長して繋げた結果に出来た “ 3つ目の三角形 ” で剛性を稼いでいる。

 しかもサドルチューブ、トップチューブに加えて左右のシートステーもタワーバー的に溶接されている。

 ⇨ この剛性化がペダルの漕ぎの効率を良くしているのは、ハッキリ体感出来る

 フルサスからの乗り換えという差し引きを考慮しても、ペダルレスポンスがかなりダイレクトで漕ぎ易く、乗っていて積極的に最適なギアへとチェンジしたくなる♪





 でもカタログで謳われている “ 衝撃の軽減 ” は、語弊があるなぁ~( 笑 )

 サスペンションが後輪にもあるならフレームの高剛性化によりサスペンションを良く動かして衝撃吸収を良くする、ってなら分かるけど、リジッドで剛性マシたらそりゃあ路面からの入力はガツガツ来るぜ

 ⇨ って、他のチャリが如何にフレームがぽよんぽよんなのかが良く分かった♪

 つーかGTというメーカーが本格的過ぎる証だよな、コレ( 笑 )。

 何せ BMX や MTB の競技ではライダーはほとんどサドルからケツを浮かせた姿勢で飛んだり跳ねたりが当たり前だから、とにかく頑丈さが最優先。

 “ 衝撃の軽減 ” とは乗り心地という対人用の衝撃吸収性ではなくて、“ フレーム自身が壊れないための応力分散構造 ” と見て取れる。⇨ カタログの表現力が乏しいのは、アメリカ製だから仕方ないか( 笑 )。

 その辺は理解して買ったので、どサードパーティーのサドルで解決♪

 クルマ好き視線から見ると、 MTB ってのは本当に面白い( 笑 )





 リアは9段、フロントが3段で27。

 かなりローギアードだから、近所の急勾配の坂も楽チンになった( 笑 )。






 29インチと26インチの差は、さながら大人と子供程ある( 笑 )。

 アバランチェ・スポーツというグレードは27.5インチと29インチが選べるが、Ken-G. は安定性充実なのでもちろん29インチ。

 タイヤの大径化によるメリットは古くはグループAのBNR32型GT-Rから実証され、最近のF1のみならず市販車にも降りて来ている臨床に基づいた発想。

 ⇨ それがチャリなら、その恩恵はモロに乗り手が受けちゃうから( 笑 )

 ただし自転車の場合はタイヤの大径化によって地面からの車軸の高さは当然上がり、自転車単体での重心は26インチよりも29インチの方が高くなる。片足タイプのキックスタンドでは倒れ易くなってしまうというデメリットもある。

 が、面白い事にサドルの高さが同じならば、乗車状態での重心はむしろ29インチの方が下がる。単純な大小の差が生む安定感が、これほど心地良いとは予想外だった( 笑 )。






 乗り易さを追求して、さっそくカスタムパーツを導入している( 笑 )。





 ⇧ コレは “ バーエンド・バー ” と呼ばれるパーツで、要は延長補助ハンドル。

 スポーツタイプのチャリって前傾姿勢を強要される。それは表彰台目指して死ぬ気でペダルを漕ぐ選手向けで、通勤には辛い( 笑 )。

 よって歩行者や障害の無い状況では上体を起こしてリラックスして乗りたいから、Ken-G. はこのポジションにセット♪

 通常は逆に、前にバーをセットしてより前傾姿勢になって空気抵抗を減らして “ スピードの向こう側へ逝く ” セッティングにするのがセオリーらしい( 笑 )。

 が、実際にそのように取り付けて試走したら、咄嗟のブレーキが握れなくてゾッとした( 爆 )

 と同時に、数多のスポーツタイプの自転車に乗っている連中が如何にアホかが良く理解できもしたよ( 笑 )。





 リアのリジッド・ドライブ × 過剰な剛性により突き上げは、クッション性の良いサドルで快ケツ( 笑 )

 ⇨ さすがにフルサスには敵わないけど、通勤に耐え得る快適性は充分に確保出来た♪

 ホント、今ドキのチャリの世界って奥深い


 このチャリと出逢えて、通勤が本当に楽に、と言うか楽しくなった【 笑 】

 以前の自転車がボロくなってからは、1Km以下の距離でもクルマを使うという田舎モン丸出しの行動をしまくったらいたが、アバランチェに乗り換えてからは半径5Km以内ならなるべくコイツで出歩くようになった

 ちなみに5Km以上の距離は、自転車は使わない。

 周りの車に迷惑を掛けながら、一般公道を長距離走る様なクッソ☆みっともない行為なんて無理だから( 笑 )。

 チャリで5Km:25分なら、クルマで2分。⇨ コレ、ジョーシキ( 笑 )♪


 巷に溢れる道路の害虫 = ナンチャッテ☆ロードバイクなんぞメじゃない圧倒的な走破性のキャパシティー。


 マウンテンバイクの恩恵は、もはや Ken-G. にとってライフラインに匹敵しているカモ( 笑 )。




Posted at 2018/08/17 00:08:33 | コメント(1) | トラックバック(0) | レビュー | クルマ
2018年08月14日 イイね!

V37 スカイライン ☆ ブーストアップ ♪

V37 スカイライン ☆ ブーストアップ ♪ 
 V37スカイラインも納車から2年が過ぎて、走行距離も近々4万キロオーバーにまで迫った。

 このV37ターボは、同車種オーナーの皆さんのブログ等を見る限りトラブルが頻繁しているみたいだが、何故か Ken-G. に限っては、ほぼノントラブル♪

 1度だけオイル警告灯のエラー表示があったくらいで、その後は何のトラブルも起きる気配すらなく快適に乗っている( 笑 )。

 が・・・。

 2月に受けた1年点検で、リアのブレーキパッドが残り4mmとの指摘。何故にリア?⇨ やっぱ姿勢制御デバイスかも。

 対してフロントの残りは7mmだから、単純にコレは容量の差か・・・。

 いずれにせよ今年冬までもちそうに無い。が、V37ってサードパーティーのパーツが極端に少ないのな( 笑 )。

 ブレーキパッドはR33の時からエンドレスのSSMパッドを愛用していてV37にも交換するならそれにしたいが、如何せん2月の時点でエンドレスからは未だ市販されていなくて・・・。

 とりあえず市販品でV37用のパッドを出しているのはディクセルくらいだから、時間がある時にディクセル製に交換しようとは思っていても、今度はその後時間がなかなか取れない( 笑 )。

 お亡くなり寸前の純正パッドではエンジンブレーキ多用の超絶エコ運転を強いられる日々が過ぎるうちに、あっという間に6ヶ月点検の時期が迫る・・・。新品の純正パッドなんて付けられたくないから、ダメ元でエンドレスのHPを見たら・・・、




 ラインナップ追加【 笑 】!!

 コレは予想外の嬉しさって事で、近所のコクピットにて交換を依頼 ♪

 それからパッドのリフレッシュと併せて、アライメント調整も♪






 その時の画像が、前回のブログのやつで。

 これだけでも、かなり快適になった♪

 特にブレーキがしっかりと踏めるってのは、精神衛生上非常~に良ろしい。

 何せパッドの余命を今年中と宣告されてからは、エンジンブレーキ多用しまくりのヘッポコ走行だったから( 笑 )。

 ⇨ いや、むしろこの運転癖は燃費向上にかなり有効で、結果的に良かったのかも!?

 慣らし運転も、この運転スタイルで丁度良くアタリが付いた♪

 今後も街乗りではエンジンブレーキ多用で如何に燃費を稼ぐか、って事に興味を持っちゃったから、今後もヘッポコ走行で走ろうと思う( 爆! )。

 涼しくなったら、と言うか観光シーズンを外した時期にターンパイク辺りで楽しむ予定♪

 ちなみに首都高では周りの車もウジャウジャ居るからブレーキの恩恵って薄いんだよね。ブレーキ以前に周囲への配慮が、快適ドライブの秘訣だから( 爆 )

 でもキャパの有るパッドという安心感もあって、Ken-G. 宅から高島平IC~5号線~C2~湾岸~保土ヶ谷BPと寄り道しての・・・♪




 ラーメン二郎☆中山駅前店への通いも、メッチャ楽しくなった【 笑 】!!

 って事でメデタシめでたし、おやすみなさい♪



 え?

 ふざけんな、コノヤローッ

 って、何が!?


 あぁ、そーか、タイトルが “ ブーストアップ ” だったよネ( 爆 )

 ⇨ そうだよボケ早くその感想を言えよ!! って?

 まぁまぁ旦那、焦りなさんな( 笑 )。

 要するに今回、ブレーキパッドとアライメント調整というリフレッシュついでに頼んだ、ブリッツの “ PowerCon ( パワコン )” とか云うパーツのレビューね♪

 ⇨ な~んか、フル~ティ~な感じっぽい、って言うの?

 ・・・とか言ってたら、いい加減怒られそうだけど( 笑 )。

 あのさぁ、Ken-G. だって買う前に色々と調べたよ。

 でも、このみんカラのパーツレビューに載っけられている数多のレビューなんざ、 クソ過ぎるだろ

 ⇨ だから Ken-G. も“ みんなといっしょ♪ ” な パーツレビュー を載せてあげただけなんだよ( 笑 )。

 みんなのカーライフ、“ みんカラ ” を使う “ みんな ” と同じようなレビューを書いただけなんですけど~、何か( 笑 )?

 要するに、Ken-G. のV37スカイラインのブーストアップ情報も、クソ情報って事で♪

 パーツレビューは、“ パーツを使用した感想 ” だろ。

 いつ買った、幾らだった、工賃、ショップ etc・・・とか、そーゆーのはクッソ☆どーでもいいから

 役に立たないクソ情報を垂れ流すシステムを構築しちゃっている、みんカラ運営側も “ 足りない子 ” だわな( 笑 )。

 要するに、パーツレビューで必要なのは取付の難易度・作業性・パワー/トルク特性・コーナリング・乗り心地・静粛性・音質・美観等々というオーナー毎の “ 使用感 ” だ。

 ⇨ みんカラのパーツレビューは、そこから猛烈に逸脱しちゃっているから、便所の貼り紙よりも役に立たないクソユーザーによるクソ情報で溢れ返っている、というのが現状で、 Amazon の評価の方がよっぽど有用なんだよネ( 笑 )。

 中には Ken-G. 同様の不満を遥か以前から熟知していて、“ 知りたかったら、自分で買って付ければ? ” というオーナーも居て然り( 笑 )。

 ならば Ken-G. も同じスタンスで。

 “ 美味しいパーツをネットだのSNSだの如き軽~い情報源にタレ流すか、つーの。 ” ってネ♪

 ⇨ コレ⇧ が Ken-G. からの最大限の善意だと分からないバカは、みんカラやってる意味無くね( 笑 )?

 と、言い切っておこう

 その前提で、BLITZ の Power Controler 、通称 “ PowerCon ( パワコン )” とやらの Ken-G. によるクソ情報( 笑 )は・・・、





 サブコンに見えるけど、その仕組みは “ 調整機能無しのブーストコントローラー ” 。

 要はブリッツという改造パーツメーカーが決めたブースト値を車両側のブーストセンサーに割り込ませて、純正のブースト値に誤魔化すモノ。

 だから純正コンピューターの制御で、その範囲内でのブーストを上げるパーツ。目標のブースト値は車両毎に固定。

 だからそのフィーリングは当然、ノーマルをそのままひと回り向上させたモノとなる。

 V37ターボエンジンは、提携元であるメルセデスベンツがコンピューターをブラックボックス化しており容易く解析出来ない。

 よってチューニングパーツメーカーも今まで通りのROMチューンが不可能。

 ⇨ その歯がゆい現状に、少しでも “ 安全に ” 悪あがきしたいユーザーに向けたパワーアップパーツがブリッツのパワコン、という定義になろう( 笑 )。

 その使用感は、やはり皆さんと共有したいって事で、今後に同じパワコンを装着したユーザーの “ 皆さんのレビュー ” を楽しみに待つことにしよう♪


 申し訳ないが、しょせん Ken-G. もクソヤローなのでネ( 笑 )。
 


 ・・・でも、それでも。

 やはり自分の中の良心の呵責が、クルマ好きの皆さんに対する空気の読みがデタラメな解答を拒むから、本当のところを述べよう。

 この “ パワコン ” なるパーツ装着によるレビュー = 感想は・・・、







 エリック・ドルフィーがリディアンクロマティックコンセプトやフリージャズに携わる以前の頃の、クールでドープなフィーリング?


 だな【 笑 】!!





Posted at 2018/08/14 23:35:51 | コメント(2) | トラックバック(0) | チューニング | クルマ
2018年07月07日 イイね!

V37 スカイライン ☆ チューニング開始 ♪

V37 スカイライン ☆ チューニング開始 ♪ 
 自分のクルマがリフトアップされた作業風景にワクワクするのは、何年振りかな・・・( 笑 )。



 まぁ大げさではない、補修ついでのリフレッシュなんだけど

 詳細は後日♪
 


Posted at 2018/07/07 14:02:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | チューニング | クルマ
2018年05月04日 イイね!

首都高SPL ☆

首都高SPL ☆
 Ken-G. が読む数少ない漫画:“ 喧嘩稼業 ” の最新巻を買いに行った時、同じヤンマガコーナーに在った楠みちはる先生の作品。

 タイトルからして、あの “ 湾岸ミッドナイト ” と本質的には同じである事が分かる。

 ⇨ 買うでしょ、そりゃ( 笑 )

 読んでみたらカーバトルは控えめだけど( → てか未だそこまで話が進んでいない )、楠先生らしく含蓄のある車の話が詰まっている♪

 そして特に Ken-G. がこの作品に親近感を覚えたのが、作中のステージである首都高の中心とするルートが、Ken-G. も仕事・プライベートで日常茶飯事に走っている道路が多い事【 笑 】!!


 つい3月までは神奈川県に住んでいて、その頃は東名~大橋JCT~C2、渋谷3号線~C1、神奈川3号線~湾岸・アクアライン、圏央道~久喜白岡JCT~東北道を多用。

 埼玉在住の今は自宅から近所の和光北IC:外環~美女木JCT~川口JCT~東北道/常磐道、高島平ICから池袋5号線~C2~湾岸、或いは板橋JCT~竹橋JCT~C1~京葉その他多方面などなど、自分のメインコースがワンサカ出てくるからリアル感・臨場感がバツグンなのだ( 笑 )

 ここ最近は、やはり池袋5号線~C2~湾岸にシビレている( 爆! )。

 特にC2熊野町JCT過ぎの池袋辺りから地下に潜り、湾岸までワープする区間。⇨ 仕事用のショボいクルマじゃ、法定速度でもオッカナイのなんの( 爆 )


 要人送迎用のフーガでなんとかグラつかずに急ぎの要望にも応えられる、ってかイケる( 笑 )。

 ⇨ V37なら、もうクッッソ☆楽しいドライブコースで・・・、





 ラーメン二郎☆中山駅前店に行くのにわざわざ遠回りした事もあった( 爆 )

 ⇨ 行きはC2~大井JCT~湾岸~ベイブリ~本牧JCT~保土ヶ谷バイパス~R246、帰りは湾岸までは逆コース~有明JCT~レイブリ~浜崎橋JCT~C1外回り~竹橋JCT~池袋5号線。

 横浜市緑区にあるラーメン二郎中山駅前店の行き帰りとしては非常~に無駄なコースだけど( 笑 )、ドライブと景色を楽しむにはオススメのルートだ♪

 あ、ちなみに本作や湾岸ミッドナイトに出てくるC1~湾岸から羽田線に出てまたC1に戻る大井JCTのUターンはもう無いから要注意( 笑 )

 “ 首都高を自分の運転で走るなんてメントクサイ ” 、そう思うのは白物家電グルマなんかに乗っているからであって、ちょっとでも走りの良いクルマで行けば、その楽しさに気付くだろう

 ゆっくりクルージングするだけでイイ。飛ばさなくても充分楽しいし、愛車も喜ぶゾ♪

 いや、首都高は法定速度以下でも車の素性を丸裸にするから、そこは気をつけて( 笑 )。

 休憩したくなったら大黒PAや大井PA、辰巳PA或いは羽田空港で買い物したりオサレなメシを食べに行くのもオツか♪
 
 東京観光に来たなら、渋滞のC1を回れば東京のオイシイ景色の殆どを見られるし、何気に首都高は良きドライブコースなのである。

 Ken-G. もたまの気晴らしに首都高に出て、ジャズを聴きながら流している。もちろん安全運転で( 笑 )。


 そして首都高SPLという漫画は、また新しいルートの参考にもなるから次巻を今から楽しみにしている♪



Posted at 2018/05/04 13:30:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「チャリンコのセキュリティー ☆ http://cvw.jp/b/606612/41836355/
何シテル?   08/17 15:21
☆      Venus Punk の SEASIDE JET CITY、埼玉県に在住。  ハタチの頃に新車購入したR33型スカイラインに未だにトキ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

美食 ☆ ハーレム ♪ 
カテゴリ:マイブログ
2013/05/12 18:26:56
 
MAD STRAWBERRY PISTOLS. 
カテゴリ:マイブログ
2013/05/12 18:11:20
 

お友達


 画面レイアウトをスマホ( Galaxy S6 edge )用に特化しており、PCからは文字バケ等があるかと思います。又、重い画像とか見れない時もありますがご了承下さい。

 車種問わず、スポーツカーが好きです。特にFRスカイライン・パイロットの皆さん、そうソコのアナタ!仲良くしてね(笑)。
41 人のお友達がいます
スカG愛好家スカG愛好家 ∞ ゆう ∞∞ ゆう ∞
RSナベRSナベ TASK☆大佐!TASK☆大佐!
☆sachi.k☆☆sachi.k☆ happy37happy37

ファン

29 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイライン 日産 スカイライン
   “ 日産が久々に出したというターボマシン、スカイラインだと聞いた。興味深いな。私が ...
その他 GT その他 GT
   GT AVALANCHE SPORTS ’ 29 、2018モデル。  ボディー ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
   ぼちぼちネオ・クラシックな '90sヒーロー、ECR33 です。  車の簡単なS ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.