• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

最弱王のブログ一覧

2018年08月05日 イイね!

日産リーフ試乗

日産リーフ試乗 いつもブログの出だしは、「久しぶりに・・・」とつくようになりました。まぁ、パーツレビューや整備手帳、燃費記録なんかは、その都度更新していますが。

 さて、私生活では最近ツイてないことばかりでゲンナリしてしまいますが、偶のブログ更新なので景気よくいきましょう。

 タイトル画像にもあるとおり、日産リーフの新型です。一泊二日の試乗モニターになります。
 古いモデルでも同じように一泊二日で乗りましたが、旧モデルと変わったのは、デザインはさておき、航続可能距離(バッテリー容量)や、オートパイロット機能の搭載、eペダルの採用なんてのが特に目立つ部分でしょうか。
 今回は結構距離走りましたので、各特長を踏まえて大いに堪能させてもらいました。

 昼間近所のディーラーでリーフを借りましたが、暑すぎて走り出す気が起きませんでした。なので、昼間は自宅でエアコン効かせて夜に備え鋭気を養ってました。
 そんなこんなで午前0時。雷を伴い降り出した雨の中、リーフに乗って自宅を出発しました。
 ルートは所用で相模原。そこから16号と20号を利用して、山梨県のほったらかし温泉。140号からの雁坂トンネル抜けて秩父、299号からの自宅と、総走行距離345kmです。

 まず航続距離ですが、新型は満充電で400kmです。当然普通に走ってもそんなに距離は伸びません。しかも真夏でエアコンも使います。
 結果から言ってしまうとバッテリー残り5%まで走って約200km(ちょい超え)走行できました。
 旧モデルは航続距離がカタログ値で240km程度、100km位走行すると、充電ステーションの立ち寄りを考慮した走り方をしなければならなかったので、凄く気を使いました。
 前述のとおり、結局新型も(エアコン使いますが)200km走るとバッテリーがギリギリなので、充電ステーションに気を遣うのはこれまでと変わりません。
 前回はバッテリー残量50%の辺りから充電ステーションに気を使い始めたので、今回は折角バッテリー容量も増えたし、バッテリー残量2~30%くらいまで攻めていいかなとか考えてました。
 所用で相模原まで行った後、目的地をほったらかし温泉に切り替えナビをセットしたところ、目的地到着した辺りでの残りの航続可能距離は30km程度あるはずでした。実際概ね計算通り(バッテリー残量16%航続可能距離34km)辿り着きました。
 当然目的地(ほったらかし温泉)周辺の充電ステーションもチェックしていました。2km~30km圏内に、十分な数の充電ステーションがあることも確認していました。
 ここまで書けばお気づきかと存じますが、なかなか思うようには行かないですね。
 ほったらかし温泉到着後、最寄の充電ステーションへ向かおうとしますが、
  1.昼間帯しか利用できない充電ステーションが結構多い。
  2.急速充電に対応していない充電ステーションも結構ある。
  3.充電ステーションを利用するために、専用カードの利用や携帯の登録が必要になったりする。
という制限が付いて回りました。
 おかげで、最寄りの充電ステーション3か所は、試乗モニターの為にディーラーが教えてくれた充電用のパスワード(無料)が利用できなくて、充電ステーション巡りをしている内に、みるみるバッテリー残量が減っていきます。
 腹を括って、貰ったパスワードが確実に使えるであろう最寄の日産ディーラーへ進路を向けますが、そこまでの距離が約11km。バッテリー残量が12%(航続可能距離25km)。実際に辿り着いた時にはバッテリー残量5%(航続可能距離16km)でした。
 ディーラーに到着した時は早朝のため、特に先客もなく、直ぐに充電を開始しました。
 はじめ時間(30分)指定で充電を始めたのですが、30分では47%までしか回復せず。これだとまっすぐ自宅へ向かうのもギリギリだったため、更に次は充電量(85%)指定で充電を続けました。
 ディーラーの充電器は勿論急速充電対応でしたが、85%まで回復するのに1時間くらいかかってしまいましたね。
 はっきり言ってしまうと、現在のEV(リーフ型)最大の欠点は、充電時間だと思います。
 どうしても充電している間は、拘束されてしまうので。

 そんなこんなで無事85%まで充電が完了すると、改めて秩父に向けて出発します。
 試乗車にはETCが付いてなかったので、高速道路を利用するのはやめましたが、どうせETCが使えない雁坂トンネルを抜けていくことにしました。



 20号でも大いに堪能しましたが、本来高速道路で利用するオートパイロット機能を利用します。
 オートパイロット機能が作動すると、指定した速度を上限にひたすら進みます。前に車がいる場合でも、前車に合わせて速度を加減して進んでくれます。これはこれで楽なのですが、ステアリングはまるで信用できません。
 時々思い出したように車線を認識してステアリングが動き出しますが、弱いです。大概がカーブで外にはみ出そうとします。この辺が高速仕様なのでしょうか。
 しかも、車線が認識できなくなるとすぐにステアリングはオートパイロットから外れてしまうので気が抜けません。まぁ本来の使い方じゃないので、勿論気は抜きませんが。
 それでもフットベダルの気は抜けるので、それだけでもだいぶ楽ですね。
 マツダの運転支援機能は、一般道でもぐいぐいステアリングを持ってかれるのですが、あれはあれで信用していいのか不安になるので気が抜けませんけど。マツダはちょこっとしか乗っていないので、そもそも運転支援機能を使いこなせてない部分もあるかとは思います。

 さて、次はeペダルについてですが、これはとても良いです。特に相模原辺りでの20号のように勾配があり、道がグネグネしているところ。信号の少ない山道なんかでは本領発揮します。



 慣れれば市街地運転でも殆どブレーキペダルを使わないで運転できます。
 ワンペダルの踏む、抜くの加減だけで速度が調整できるので、シフトチェンジ、ブレーキペダルへの足の置き換えがなくなる為とても便利です。
 そして、ペダルを抜く際には回生ブレーキの如く、バッテリーへ電力を還元できますのでEV車ではとても相性のいいシステムだと思います。
 日産のe-POWER車は勿論モーター駆動なのですが、トルクも十分で心地いい加速が味わえます。
 これもeペダルとの相性が抜群に良いです。マニュアル派の私でも、この組み合わせはとても心が惹かれます。

 そんなこんなで秩父から299号に乗って埼玉県南の自宅に向かいます。299号ではオートパイロット機能を使って走行しました。信号等で停車した際、オートパイロット機能を復帰するためのボタンを押すことはありましたが、羊山公園の辺りから高麗駅入口付近まで約30.3km、一度もフットペダルを踏まずに走行しました。



 そんなこんなで、充電1回、総走行距離345km。新型リーフの試乗モニターを堪能させていただきました。
 今後自動車業界が、大容量バッテリーを積んだEV車に向かうのか、燃料電池車に進むのかは分かりませんが、リーフはEV車の先駆け的な立場かと思うので、今後も技術の日産で頑張ってもらいたいです。

 トヨタさんもミライの試乗モニターやってくれないですかね。水素ステーションはますます拠点が少ないですが。
Posted at 2018/08/06 00:21:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月25日 イイね!

埼玉県民マジパネェ

何これ、県民性なの?教習所が悪いの?
埼玉県に住み始めて、こんなに信号無視する県民初めて見た。
一晩だけでまた2回。

 
Posted at 2017/11/25 02:15:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月01日 イイね!

ホンダのエンジン搭載

ホンダのエンジン搭載 タイトル画像にしてるからタイトルのネタバレも良いところですが、念願の発電機買いました。
 前から欲しかったんですよ。
 同じカセットガス式のYAMAHAのやつが、よく行くホームセンターで安かったんで、はじめそれを買おうと思ってたんですけど、色々考えてやっぱり妥協したくないなと機を伺ってました。






 オイルを交換できるようにわざわざ


こんなのも用意したり

 ま、そんな交換する機会も多くはないと思うのですが。
 

 で、スマ用の余ってる5W-40の部分合成油を給油して、カセットガスもぼちぼちまとめ買いして、いざ初始動。

 ...うっさいわ~。本当近所迷惑じゃね。ある程度覚悟してたけど、やっぱり煩いね。
 災害時の非常用ってのも勿論あるんですけど、アウトドアが趣味の人間としては、キャンプ場でも使ってみたいってのがあって、これ夜無理だろ。

 キャンプ道具は一通り持っているんですが、地元に帰ると知り合いがもっと高級品を持っているので、わざわざ私の道具を使うまでもなくて。で、キャンプに行くのは専ら地元に帰った時だけなので、自分の道具は押し入れにしまったまま。
 ちょっと寂しいので、今度週末に自宅ベランダに無理矢理テント立てて一晩過ごす仮キャンプを計画してます。その時発電機も使おうかな。
Posted at 2017/11/12 23:29:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月12日 イイね!

2017年、今年も旅に出る

 年に一度は行ったことのないところへ旅に出たい、というコンセプトで広島から始まった旅ですが、今年でとうとう4回目ですか?
 広島→岐阜→滋賀ときて、今年は石川へ行ってきましたよ。
 え?滋賀いつ行ったって?ちゃんと去年行ってるんですが面倒くさくて未だに書いてません。
 書く気はあるけど、気分が乗るのがいつになるやら。

 お一人様で泊れる旅館って結構絞られるんですよね。ビジネスホテルとかなら余裕だけど、最近は温泉に入りたくて。
 APAとか嫌いじゃないけど風情ないし、男一人で泊れる温泉旅館を探したところ何とか1件見つけました。
 でも土日とか予約厳しくて、値段とかも考えるとやっぱり平日がお得ってことで、わざわざ有給取って一泊二日行ってきました。
 先日実家に帰省した際、今年は石川へ行くぞと親に話したところ、石川の名所「兼六園」は朝早く行くと入園料が無料と聞いたので、それに間に合うように自宅を出ました。午前0時頃かな。
 もうね~、出発から雨。結果から言ってしまうと二日間とも雨。能登は晴れてたけど。
 平日出発深夜割引期待していたのに、タイミング悪く信濃町IC~上越JCTが工事通行止めで無理矢理下ろされる始末。確かに調査不足ではありましたが。
 長野ICで降りると、ナビが示したのが糸魚川IC。午前3時頃長野ICを降りて、1時間でたどり着けるかと頑張ってみましたが到底無理でした。4時半位だったかな、糸魚川から入れたのは。
 長野県大町市、白馬を越えて、トンネルを抜けると新潟県へ入ったのですが、凄い土砂降りの上、暗いっ!とにかく暗い!ちょっと運転するのが怖かったです。

 体調自体は結構調子よく、眠くもならなかったので休憩は2回だったかな。午前6時頃、いよいよ兼六園へ到着しました。


雨です。


入ってません。

 駐車場で、園内地図付きのパンフレットを見つけて手に取りましたが、傘差しながら、写真撮って、マップ見て、ちょっと落ち着かない感じです。
 繰り返し、私の調査不足ではありましたが、途中高速を下ろされたため、到着時刻が遅れてしまい、兼六園自体あまりゆっくり眺めることが出来ず、慌ただしい遊園になってしまいました。
 なんとなく出端を挫かれたので、金沢観光をゆっくりした後、午後6時に旅館へチェックインの予定でしたが、電話してチェックインを早めてもらいました。この頃には早く温泉に入りたいという気持ちでいっぱいでした。
 次に向かったのは金沢駅。なんかお洒落らしい。


遥々きたよ金沢駅~

 お洒落です。駅前駐車場が20分無料と知り、男らしく20分勝負です。
 周りの観光客同様私も駅前を撮影後、駅内に入ります。職場へのお土産を物色し、きっちり20分以内で金沢駅を後にしました。

 ぼちぼち昼食の時間です。
 くしゃくしゃになった兼六園マップもとい、観光マップを見るとこの辺には近江町市場というのがあり海鮮丼が有名らしいので、お昼はここに決めました。


1,500円

 画像じゃ伝わらないかと思いますが、見た目よりこぢんまりしてます。(´・ω・`)
 ここでも男らしく目的を果たしたら颯爽と立ち去ります。コインパーキング200円で済みました。

 ちょっと早いですが旅館へ向かうことにしました。書くのがかったるくなってきたので、一気に画像で攻めます。

  
足湯、入りたかった。(雨)

 
白鷺の湯、入るつもりなかったのに。

 本当はもっとたくさん写真撮ってます。そろそろお気づきの方もいるかもしれませんが、今年も目的はアレです。ま、ちょこっと写真にも写っていますが。
 お祭りは訪れた先週に終わってます。調べてみたら凄い大盛況なんですね。ちょっとしたコ〇ケみたいな感じになってそうです。
 もう私にはあの人混みを制覇する気力がないので時期もずらしました。
 雨の中それなりに歩いたので、結構クタクタです。山登ったらズボンも汚れちゃったしな。
 時間も良い頃になってきたので旅館へ向かいます。


今回お世話になりました。かなや旅館です。

 クラブオフで訳アリ部屋ということで、ちょっと安く泊まれました。訳アリの理由は、部屋が宴会場に近いため、宴会客が入っている場合にぎやかになってしまうかもしれないという事情でした。
 実際、どこかの会社の慰安旅行みたいな団体客が来てましたが、騒がしいということもありませんでした。
 それよりも温泉です。もうゆっくりしたいです。
 だがここでまた問題が。どうもお湯の調整機能が調子悪く、直るのに時間がかかるそうです。
 まさか温泉旅館に来て温泉に入れなくなるとは思っていませんでした。とにかく直れば入れそうではあったのですが、結構時間がかかりそうで、旅館の方で公衆浴場のチケットを用意してくれました。
 それが上記白鷺の湯です。
 このまま温泉に入れないのも残念過ぎるので、雨の中再び外に出て公衆浴場へ行ってきました。
 入浴1回目です。
 その後、旅館に戻りのんびりしてましたが、いよいよお湯が元に戻ったと連絡がありました。
 午後10時。2回目の入浴です。
 貸し切り風呂もあるようでしたが、金もかかるし、そんな贅沢なもの男一人の為に必要ありません。
 周りのお客と一緒に普通の露天風呂を堪能します。
 やっぱり一人風呂というのも気分が良いので、夜中に頑張って起きます。午前3時。3回目の入浴です。
 今回の宿泊プランは朝食付きでした。朝飯前、4回目の入浴です。
 たっぷり温泉を堪能させていただきました。
 朝食もとても美味しかったです。ご飯一杯じゃ足りないくらいおかずが多かったので、おかわりいただきました。
 あぁ、ちなみに宿泊代はぶっちゃけると9,900円でした。その他入浴税がとられました。

 チェックアウトを済ませて、次にどうするか考えます。帰ろうかな~とも考えたのですが、石川なんてそう簡単に来られる場所でもないので、もう少し頑張ることにしました。
 西岸駅へ向かいます。
 高速代をケチってナビを一般道優先に設定しますが、能登、素晴らしい。去年から、のと里山海道なる道が無料になってました。
 日本海の眺望がとても綺麗で、とても気分よくドライブできました。
 そして到着。

 
にしぎし?

 
何かが見える?!

 西岸駅で写真を撮りまくってたら、電車が来ました。
 別に電車に興味がある訳ではないですが、折角タイミングよくめったに来ない電車がきたので写真に撮ります。
 運良く?例の電車が来ました。本当はこれ見よがしにたくさん写真を撮ったのですが、ここではそちらの趣味を控えめにしているので写真も控えめなものを選びました。
 西岸駅へ向かう際、既に通り過ぎていたのですが、一応能登中島駅にも立ち寄りました。
 ここまでくると、やり遂げた感を十分満たしたので、いよいよ帰宅することにしました。
 午後1時頃だったでしょうか。金沢森本ICから高速に乗って帰りました。

 ここでいつもの旅費計算です。
 東松山IC~長野IC 2,320円
 糸魚川IC~金沢森本IC 2,740円
 金沢森本IC~入間IC 5,350円
 ガソリン代 7,905円
 かなや旅館+入浴税 10,050円
 海鮮丼 1,500円
 コインパーキング 兼六園300円
 コインパーキング 近江町市場200円
 小計 28,865円

 あと初日の朝飯、晩飯代(コニビニ弁当)とかお土産代とか細かいのはありますが、大雑把にはこんな感じかな。
 帰ってきてから思い出したのですが、東山行き忘れてました。雨の中歩き周って早い内から温泉しか頭になくなってしまったので今更後悔です。
 悔しいですが、今後富山や福井へ行く機会があればリベンジ果たしたいですね。
Posted at 2017/10/27 22:40:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月30日 イイね!

スマート、130,000万キロ突破

スマート、130,000万キロ突破オーバーホールしたからには20万キロまでがんばるぞぃ。
足回りも交換したしね。
Posted at 2017/10/01 11:12:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「[整備] #K PCVバルブクリーナー https://minkara.carview.co.jp/userid/679151/car/1373120/4964834/note.aspx
何シテル?   09/17 21:38
試乗して一発で決めました。愛車Polo GTI(9NBJX)。 末永く乗っていきたいです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

AUTOWAY AW-279A 17x7.0 45 100x5 FMBK 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/06/04 22:30:19

お友達

ファン

12 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン ポロ フォルクスワーゲン ポロ
 3台目。今乗ってる車。  MT車ばかり乗ってます。加えてターボが大好きです。  飛ばし ...
スマート K スマート K
4台目。 買ってしまった・・・、としか言いようがない。 マニュアル、ターボ、コンパクトの ...
ホンダ モトコンポ ホンダ モトコンポ
 5年くらい前に取っておきたくて買いました。  実家に置いて、乗る機会もないのでただの飾 ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
 2台目の車です。初めて自分のお金で買いました。  小さい車が好きで、3ナンバーは嫌だっ ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.