• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ブラジル@「ATかよ!」とか言わないでのブログ一覧

2018年06月30日 イイね!

理解に20年はかかりそう・・・・


どうも、ブラジルです。



最近思うようになった事が・・・・・





alt 



120系マークX 純正16インチって、






alt


81後期 マークⅡ GTツインターボの純正ホイールのオマージュで、





alt


120系 Sパッケージ純正18インチは、






alt


90系マークⅡ ツアラー純正ホイールのオマージュだったのではないかと(;・∀・)







理解するのに時間がかかる・・・・それが、自分とトヨタ車の常。










alt




中古相場底値まっしぐらの大中古車に乗る小小小市民の元に、

「新型クラウン発表会」の案内状が届く。







マークXが消される真意は、きっとこの車にヒントがあるのだろう。



と言う訳で、最寄りD一番乗りで試乗してきました。






alt


試乗で用意されていたのは、

「2.5 G」グレード



alt


4気筒 2500CC ハイブリットの「A25A」エンジン搭載グレード。


これからのトヨタのセダンは、
この「A25A」と 4気筒2000CCターボの「8AR」が中心になる可能性が高い。



また、クラウンのGグレードも、販売の中核を担う事になるだろう。





alt


乗り味は、トヨタの高級車らしい、誰にでも扱いやすいもの・・・・


制振性、遮音性はさすがクラウン、4気筒でも静かだし、ハイブリット的なモーター音も聞こえない。
むしろ、ブロアファンの音が聞こえて来る。(ぇ



ハンドリングは、ステアリングが小径化され、
レクサス系のノウハウを投入して、レクサスより若干マイルドなクイック感。

ほぉ~・・・・なんて思って、交差点を左折した瞬間・・・・




「えっ?! あっ! これはアレだw」



そう、ちゃんと4気筒エンジンの身のこなしをしている。



まさかと思い、登りでちょっと踏み込むと・・・・



トルクの出方は4GRエンジンとそん色は差ほど感じない・・・・なのに、

エンジン音がシッカリ4気筒のエンジン音(*_*;


しかも、静かだった車内にいきなりとどろく4気筒サウンドに苦笑


トルクが出ているのは、きっとATが賢いからなのだろう。



~ん・・・・・道具として、快適で経済的なのだけど・・・・・


クラウンとして購入したとして、満足できるかと言うと・・・疑問・・・・


あと、高速走行は良さそうかも・・・・しかし、それはちょっとドライビングプレジャー的な感じ・・・


「高級な道具を往なしている」と言うクラウン特有のイメージにそぐわないと言うか・・・・






試乗を終え、クラウンから降りた瞬間あの車の事が頭を過った・・・・




alt

アルファロメオ 159

この車は、アルファのフラッグシップであった166の廃盤に伴い、

当時のアルファの中核車156をランクアップさせ、

156と166の間に当たる車として世に送り出された車。




そう、これがクラウンでは無く、

マークX、もしくはマークⅡならば、順当進化、生き残りをかけたイメージ転換としてなら納得は出来る。


つまり、

トヨタのセダン統合化とは、

クラウンとマークXを統合して、中間の車を作りつつ、
欧州的なスポーティな路線のセダンに作り替える

と言う物ではないのか、と思う。





ああぁ・・・・そう考えると、国産車の中であの車の影がチラついて頭から離れない・・・・・



alt

デビュー間もない頃の

「V35 スカイライン」

今まで、直6エンジンとスポーティセダンのイメージでブランドが構築された車を、

一気にV6エンジンのビックセダンにイメージを切り替えた車。

これが、スカイラインファンから大不評を食らい、

某峠出身のプロドライバーからは「スカイラインじゃない・・・・ローレルなら100点」

とまで言われていた。


もっとも、現在でも賛否両論物議をかもす問題児ではあるが、

現在では高級スポーツセダンとしてのニーズをつかんでいる。







alt

デザインも、レクサスLSに感化された感じの欧州スポーティ路線。


alt

う~ん・・・・クラウンで欧州なら、こういう落ち着いた路線の方がまだ合っている気もする様な・・・・



alt


一方、サイズダウンジングに対する弊害を感じたのか、

BMWが新型車向けの直列6気筒エンジンの開発に着手したと言うアナウンスもある。

alt

恐らく、時代は直6に戻ろうとしている中・・・・直4・・・・



まぁ、こんな事考えなくてもクラウンは売れるのだろう。

しかし、これをベースにワンランク下のグレードの車を作れば、間違いなく良い車に仕上がりそう・・・・







新型クラウンで期待していたのが、


alt

新開発の3500CC V6エンジンの「8GR」ユニット。

クラウンへの搭載は全車ハイブリット化。




alt

試乗車は無く、展示車のみで用意されていたのが、

旧型で「アスリート」に該当する、「RS」グレードの8GRユニット。

試乗してみたかった・・・・



しかし、ここでもがっくり・・・・




alt

クラウンではよくあるシュチュエーションである、
「後部座席に要人を乗せる」送迎シーンで
実用性とムード作りに必要な、

「シートグリップ」全車非搭載・・・・・(-_-;)


装着するには、

alt

最上級特装車「G-エグゼクティブ」を選択しなくてはならず、
しかもレザーシート一択・・・・・

もう、ニーズに合わないと割り切ったのかもしれないが・・・・・こう言った後席の人を気づかった小物こそクラウンなのだと思うのだけど・・・・






まぁ、購入する事は無いとしても、

これらを理解するには、20年は掛かりそう・・・・・(-_-;)






番外編



alt

純正オプションで

「後席専用タブレットホルダー」が設定されてる・・・・

こういうのも時代を感じる。



alt


高っ!!wwww




そんな事より、

10年後・・・・・どんな車に乗っているのだろうか

allowfullscreen width='425' height='355'>


Dからの帰りに、そんな思いでこれのお不動様を見に行った。


alt



Posted at 2018/06/30 20:17:34 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月09日 イイね!

Mission in B The 2 dey

はい、福島オフ 2日目で御座います。







alt


いや~、朝の「森の校舎カタクリ」は、とても撮れ高が高かったですっ!!

こちらは、専用フォトブログを別にUPします。






alt >






なんせ、カタクリを後にした後も、非常に撮れ高が高いポイントばかりでしたもので(;´∀`)




alt



alt



alt




撮影に集中していると・・・・


長官Y 「次のミッションへの準備は出来ているか?」

とモーニングコールが入る。



alt


昨日言い渡されたミッション、

ミッション⑤

「ガチ勢入り乱れる、JR只見線のビューポイントに行ってみる?(任意w)」



任意の意味は・・・・・登ったまでは良いが、荷物重量の重いガチ勢の下山の足を重くさせる、心臓破りの登山道・・・・

要は、ガチ勢入りみだれ、昨日見てお腹いっぱいだそうなwww









で、




alt


めっちゃ綺麗な眺めっ!!

こりゃハマりそう♪(登山道以外はw)



そして・・・・自分と(景色専門の)ガチ勢のおじさんの二人だけだったので、心置きなく楽しめた件(;・∀・)ぇ



自己採点

①景色を堪能

★★★★☆

②タイミングがラッキー

★★★★☆


③オリンパスの一眼レフとフジのフィルムは、

 趣味仕様の組み合わせと言う、昨日のM女史の見解に納得なおじさまの仕様

★★★★★








alt


その後、ユノコ長官と装備班M女史と合流して、道の駅で朝食。


エージェントBは、お土産に山菜を大人買い。

alt

ユーノスさんのツッコミポイント。

自分、マークXにドリルドディスク入れたかったので、凄く気になる・・・・







alt

高速で、バビューンと移動。


ここでもミッションが・・・・



⑥ミッション

「助手席に長官Yを乗せ、トークしながら、後方からユーノスさんで着いてくる装備班M女史をナビゲートする」



自己採点


①自分のトーク力
★★☆☆☆


②後方車へのナビゲート
★★☆☆☆
※宮城走りの癖では速い様だ・・・





alt


「道の駅 猪苗代」で休憩。




alt


磐梯山を眺めながら



alt

「マチ子のりんごチップス」を食す(笑

うん、美味しい!!
りんごの自然な甘み。



長官Y & 装備班M女史 の同一見解

①エージェントBの食べるものは、意外と女子力高い

★★★★☆

否定できない(;´∀`)オイオイ








alt


次なる場所へ移動。


ここで気づいたのが・・・・・

長官Yのドライビングは、

全体では速度出ていないけど、

メリハリがあって、コーナーの処理が自然かつ丁寧で、速く見える。

いや、実際コーナー出口までのクリア時間を計測したら早いはず。

ユルっと運転していたエージェントBは、
立ち上がり重視に切り替えた程だ(笑

立ち上がり走法って、Gのコントロールがちょっとザツくなるから、自分で自分が嫌になる(-_-;)


長官・・・・・やっぱり、普段師匠達に鍛えられ?てるから上手い。

しかも、ユーノスさんは師匠仕上げのスーパーノーマル仕様だった様な・・・・ぇ






alt

①自己反省

助手席に人を乗せても、メリハリのあるドライビングが出来る男になりたい・・・・
★★★★★



②自己反省

オフ会前、妹に「なんか、クドい運転するよね」と言われたショック度・・・・

★★★★☆










alt


着いた先は、


「裏磐梯高原ホテル」


ここ、私のが憧れる、ロータリー付きの入口だ・・・・




alt

ミッション⑦


「4つ星ホテルでのティータイムを満喫するっ!!」



自己採点


①女子力な食べ物が好きなエージェントBは満喫した(ぇ

★★★★☆


②「使える場所リスト」書き加えた

★★★★★


③トークの弾ませ方

★★☆☆☆

・・・・課題大あり(*_*;







alt

ホテル敷地内の湖


ホント綺麗なんです。



alt



リゾート地の四つ星ホテルともなると、


国立公園も有するのか・・・・・



alt




そして、ここで自主ミッション


alt

番外編 自主ミッション

①撮影モードに突入した装備班 M女史のサポート


自己採点


①邪魔にならず、いつでもサポートできる距離感を保つ

★★★★☆


②実は、こういうのに憧れていたと言う満足感

★★★★★










alt


で、ここにもハンモックの罠がwwwww

皆やる気が吸い取られる(笑





alt

次は、猪苗代湖で昼食を取る訳ですが・・・・・ここ、小学生の頃の修学旅行で来た所だわ(;・∀・)


alt

いつの間にか、装備班M女史が、吸い寄せられる様に、小さな土産物店へ・・・

そこは、昭和な空間と、激熱な当時物グッズが販売されていた!!


だけど・・・・「なんかおかしくない?」と思う様なるエージェントB・・・・


エージェントBの違和感

①当時から営業してるからと言っても、昨今の昭和ブームでこんな激熱なグッズが残ってるはずが・・・・
★★★☆☆

②ここでケータイで電話を使えば・・・・「オカケニナッタデンワハ、ゲンザイ・・・・」 繋がらない・・・・
★★★★★

③建物にも違和感・・・・
★★★☆☆

④「これ、帰る前に振り返ったら建物無くなってるんじゃ」な世にも奇妙な展開を予想し悪寒
★★★★★


しかし、帰る前に他のお客さんが入ってきて、なんかホッとした件(;´∀`)オイオイ




alt

バビューンと移動して。

※撮影 装備班M女史



alt

最終ポイント

「五色沼」に到着。

ここでも、撮れ高高かったので、フォトブログにUPします。

alt

alt


ここで、この旅一番のミッションがっ!!(ぇ








alt

ミッション⑧

「長官YとM女史 二人を乗せボートでキャッキャウフフしなさい(元言い ボート漕ぎ要因しなさいww)」



自己採点

①キャッキャウフフ出来る男の余裕
★☆☆☆☆


②しっかりボートを漕げるか
★★☆☆☆

ジグザグ・・・・・お二人に指導してもらいながらなんとか・・・


③右脳と左脳を使えているか
★★★☆☆

右腕と左腕の動きがバラバラだったから、ちゃんと機能していたはず?ww(マテコラ


④目の前のカップルのボート部彼氏(仮)に嫉妬
★☆☆☆☆

むしろ、漕ぎ方教えてくれっ!! って内心思った(-_-;)

⑤金づち男への重責感
★★★★★
ボート上でボソッと口に出すゲス野郎


⑥何故か、望遠一眼レフをいっぱい向けられる優越感
★★★★☆

どんな組み合わせで乗ってると思われたのだろうか・・・・



alt

ここで、ミッションは終了。

お二人とはお別れ。


ユノコさん、Mさん、S氏、そして、「ムーン・イヴ・リー」w(ぇ
お相手頂き有難う御座いましたっ!!
とても楽しかったです<(_ _)>





alt

ユノコさん、激熱グッズを頂き有難う御座います!!

去年より用意していたこちらを発送しましたので、お楽しみに。







alt










そして、旅にはまだ続きがありまして・・・・



五色沼からの帰り道。


ナビ通りに走っていると・・・

「あれ? このルートって道湯経由やん(*_*;」


道湯とは、

吾妻スカイラインに面している峠道で、

福島の走り勢のメッカの一つ。

ここは、ハーフウェットの路面になる事が多く、

大パワーFRでは踏めず、むしろロドの方が踏める様な高速コーナーの連続。

故に、スバルが速いのなんのwww



alt

途中、「チオビタドリンク」で一本キメるために入った休憩所。


ここに、NDロドが一台。








alt

おおぉ~、マツコネではなく、異形ラジオって事は・・・

alt

競技ベースのN-RAかぁ。

なんて、横目で見ていると、オーナーさんに声を掛けて頂きました。



自分、車になると話好きなので、ついつい長話・・・・


そしたら、みんカラ住民さんでした(笑


「hiro@ぼっちゃん」さん、宜しくお願いします。

あっちこっち、走って、ドライブして、イベント行って楽しみましょう!!

※って、最近はロドを寝かせてばかりの自分が言えないか(-_-;)オイオイ



と言う訳、

福島遠征、無事終了に御座います。

Posted at 2018/05/09 03:51:44 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月08日 イイね!

Mission in B


どうも、ブラジルです。



最近、棚田にご執心なお江戸のみん友 ユノコさん が、

福島に来ると言うので・・・・・





棚田オフしたいっ!!

台風でとん挫したB級スポットオフの雪辱、ここで晴らしたいっ!!ww(ぇ





と言う訳で、











alt 

行くぜっ! 福島っ!!






alt


とは言っても、

相棒は20年選手、30分置きの休憩を。



それが「以心伝心」かはさて置き・・・・自分、あんまり集中力無いので・・・単調なのは(;´∀`)







alt

天気は快晴。

全てが綺麗に見えます。










alt









alt


ここは、安達『タロウ』PA。

しかし、ここに居るのは何故かセヴン・・・・・


完全な人選ミスである・・・・(マテ













alt


目的地の「三島町」。

そこは、トンネルを抜けると、とても綺麗な所だった。


いや、ホント川が綺麗なんです!!






alt


ここで、ユノコさんと初対面するのであるが・・・・


この旅自体、私に課せられたミッションの様な物。



着いてそうそう、

長官Y(ユノコ)は、エージェントB(ブラジル)に

ミッションを与える



alt

※イメージ画像。 こちらは、世界で最も有名な女性長官。



ミッション①

装備班 M女史を温泉までエスコート



知らない土地の初めての道で、

初顔合わせの女子を助手席に乗せるのは、

緊張する。







自己採点

① ナビを設定し忘れるどころが、存在すら忘れ、感で行動。
   そして、初っぱなから道を間違う。

★☆☆☆☆

alt

「男気」と開き直る余地すらない、ただの凡ミス(-_-;)






自己採点②

同乗女子に不安感を与えないペースを維持するため、
後方からのバイクに、スマートに道を譲る。


★★★★☆


alt




しかし、


alt


後方から来る、200系な巨漢に道を譲るタイミングを誤る・・・・

再評価

★★★☆☆





alt

目的地の「つるの湯温泉」

とても景色が良く、露天風呂は最高・・・・で、入浴中に思い出した・・・・


「ここ、宿探しの際、予約がイッパイで取れなかったところだ・・・・」と・・・・(マテ





alt

紅白桜




alt



alt

源泉に群がる鯉。

まるで、温泉に集まってる様だ。




そして、戻る途中・・・・・







alt

自己評価④

女史が珍しいポケモンを見つけても、

的確な場所でUターン&駐車が出来るか。


★★☆☆☆

とっさと言うのは、慣れていないと出来ないね・・・








帰還後、


次なるミッションが早速待っていた。





alt

現地エージェントのS氏が駆る「HA42V」に乗り込み移動する・・・・


alt >

畑の景色が綺麗なのです・・・

ちょびっと北海道っぽい。



alt



で、ここで新たなミッションが言い渡される・・・・



ミッション②

「棚田にて、おにぎりが似合う男を演じろ」






alt


ここを走り抜け、



alt



緑が綺麗っ!!







alt


棚田綺麗ぃっ!!

alt


社会の窮屈さなんて吹っ飛ばしちゃえっ!!!



って、演技をしったったwwwwww(ぇ


デビュー当時の阿部寛もビックリな大根っぷりだwwww



自己評価

①自分の演技

★★☆☆☆


②まんざら優越感

★★★★★


③後から来るこっぱずかしさ
★★★★★






だがしかしっ!!!


私以上に美味しい所を持って行ったのが・・・・・・






alt


現地エージェントのS氏の相棒、

イヴ女史?(オイ である。





人懐こくも、おてんばな彼女は・・・・・


S氏が好き過ぎるあまり、
勢い余って走行中の三菱の車窓か落下してしまう

ハードアクション系女史であったwwww(マテコラ



alt

きっと、香港アクション女優「ムーン・リー」ビックリな道産子プロダクション式アクションww



alt

その後、道産子混血なエージェントBからの必死のブロックを受けいる「ムーン・イヴ・リー」の図(笑

※撮影 装備班 M女史


alt

そんな三菱を使ってアクションをやってのけるイヴ女史・・・・

ジャッキーのプロダクションからオファー来るかもよ?

まずは、「サモ・ハン・キンポー」式を学びましょう?(マテ




④イヴ女史とまた会いたい

★★★★★

⑤しかし、アクションはご免だ

★★★★☆











さて、次なるミッションは




ミッション③
ハンモックのダメ人間製造機っぷりを思い知れっ!!





alt


あっ、こりゃ快適だわww


自己採点

①思い知った
★★★★☆

②「あの~長官、もう夕飯の準備しないとヤバくないっすか?」と後半思ったw
★★★★★








alt


長官Yお手製鍋料理、美味しかったっ!!

馬刺しも美味いっ!!
何年ぶりだろう・・・・
ちょっと買いに福島に行くかとも思うほど。



※後日談、ユノコ式調味料の再現をしていたら、電話での料理指導がもれなく付いて来た(笑



alt

一時解散し、一路宿へ


alt

私が取ったのは、

廃校を使った宿 「森の校舎 カタクリ」

とってもイイ感じの雰囲気。

合宿感覚。


alt

用意されていたのが、VIPルームだった件。






就寝前にも長官からミッションが来たっ!!


ミッション④

VIPルームの様子を送れっ!!









alt

高校の時の体育着に着替えて、合宿気分を満喫してますが何か?(笑





こうして、一日目のミッションが終了したのである・・・・・


二日目に続く。
Posted at 2018/05/08 14:27:03 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年04月16日 イイね!

見失っていた「私の真ん中」

見失っていた「私の真ん中」


どうも、ブラジルです。




一月に書いたブログ

『 青春の00年代に憧れたスペシャリティ 』

ここで当時憧れた車に対する思いを懐かしんだ訳ですが・・・・







お恥ずかしながら、





ここ一年以上Tipoの購読を止めてしまいました。


理由は、自分が求めている情報が、自動車雑誌において得られなくなったから。


また、諸先輩方との対話で得た情報が、より実践的かつ直ぐフィードバックできる内容であったゆえ、気持ちが離れてしまったのも理由の一つかなと。



これは、Tipoに限らず、全ての自動車雑誌において言えます。

ただし、ある一部について深く掘り下げる傾向の強い「ムック」という種類の雑誌において例外。
しかし、一冊読み切りで定期購読までは至らず・・・・









そんな不届き物は、

ある日夢でうなされるのでした・・・・・

「Tipoが消えてしまう・・・・」



そんな嫌な夢を見てしまい、その日の仕事終わりに書店に向かい手に取った号が














alt


『ネオ ヤング タイマー』


そうか、00年代もヤングタイマーなんて言われるようになってしまったか(;´∀`)


しかし、久しぶりに購入したTipoが00年代特集とは、運命を感じます。



で、書店で開いて飛び込んで来たページが、






alt


Tipoの編集部員さんやライターさんが、00年代の自分を振り返るページ。

これを読んでいて、

「そうそう、そうだったww」

とか

「懐かしいっ!! 確かにそんな企画やってた」

とか

「えっ?! 裏側はそんな事になってたの?!(*_*;」

等々、まるで青春真っ只中の当時の思い出が、良い感じに色着けされていく感覚。






で、



当時の自分は・・・・・










alt


2004年6月





alt



修学旅行を悪用?して、

Tipo編集部の門を叩くのでありました(;・∀・)ワカゲノイタリ




あの時は、本当に大変お世話になりました<(_ _)>



そうだよね・・・・・



2004年から数えても、14年経ってるのですからね。





しかし、


ここで気づかされました。





『ヤングタイマー』と呼ばれる車達は、

80年代~90年代が中心。


alt




しかし、

その年代の車は、現在では『ネオクラシック』と呼ばれ、


相場価格の高騰が始まり、

維持するに辺り、クラシックカー並みに神経を使う箇所があったり、

部品調達に苦労させられたりする。



そうなると、『ネオクラシック』を維持するために、



自分のスキルアップを図る必要が出て来る、

より濃い情報や環境を求める。

と言うスパイラルに陥る。


まるで、164に乗ってた頃の様に(;´∀`)







当時憧れた車種達の現状と、

思い描いた『ヤングタイマー』的カーライフが、


大きく解離してしまっているのでした。









『ヤングタイマー』のメリットは、

クラシックカー程ではないけどオシャレに

気軽に楽しめる。

そして、部品の選択肢が多く思い思いの演出が出来る。

維持費もクラシックカー程メンテに手間はかからないので、

モディファイに手を付ける気持ちの余裕もある。












また、3月のに書いたブログ・・・・



マークXモディファイ 『遅咲きの至り感 』




alt


消耗品を一通り変え、

ノーマル状態を十分味わい。



ナビを替え、オーディオ環境が大幅に向上。


タイヤ消耗交換時期に合わせ、「理想の走り味」を目標としてインチアップを計画。

棚ボタで手に入ったホイールがたまたま、計画候補のサイズであり

タイヤも色々悩見ながら装着してみたら、

理想以上の走り味になって大満足っ!!

・・・・・・見た目以外は(;´∀`)マテコラ





alt


嫌いだけど、渋々乗ってるトヨタ車が

理想の『ヤングタイマー』なカーライフになってる事に

認めたく無い自分の葛藤が、

ここ一カ月の自分の「糸の切れた風船状態」な心理状況の正体(-_-;)






そう、

散々悩み続けた 『私の真ん中』は、


『ヤングタイマー』的カーライフであり、

それに気づかせてくれたのが、

自分を育ててくれた『Tipo』なのであった。







まぁ、通勤車マークXは車検を1回は通す予定なので、

次期ヤングタイマーな通勤車をじっくり探すとします(;´∀`)





Posted at 2018/04/16 21:59:11 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月30日 イイね!

尾を引く 冬の憂鬱

尾を引く 冬の憂鬱


どうも、ブラジルです。








alt 





気温はもう春・・・・・しかし、空気中の浮遊物のせいで、オープン解禁の出足をくじかれる。



日ごろの物に加え、溜まるフラストレーション。





alt 


今の通勤車、仕様もあいまって、繁華街への繰り出し要因に。

空気感は嫌いじゃないけど、自分みたいなのが長居出来る空気では無いな・・・・・


で、またフラストレーション。







alt 


一人でボケっと出来る場所・・・・今次期ここしか思いつかなかった。






alt 

コンデジ忘れた・・・・・







alt 



幌を閉めたまま、助手席で海を眺める。

ただそれだけ。


ロドらしい様で、最もらしくない使い方。


通勤車で覚えた堕落。

教えてくれた先輩は、現行型マイルヤンキーBOX乗り。






alt 


約10年分のコレクションの一部を収めたCDケース。

5年ほど更新されてない。

懐メロにもならないそれにフラストレーション。

新しいもの好きの飽きがダラダラ遅い自分の性格にも、若干ストレス。


聞く音楽の趣味も

無駄に広くなった・・・・















alt 

行き付けの喫茶は改装中。

春は本当に遠い。








alt 

で、偶然見つけた太平洋のイタリア。

オーシャンビュー。

足こぎベスパが泣かせる。








alt

駐車場は別にあり。

3ナンバー車は、有料駐車場お勧めします。


 





alt 

ナポリ式で、一人で食べきる(ぇ



alt 

レモンティラミス

これハマりそう。







また、明日から


ストレス社会に放り出される。



ぼじてぃぶに行こう。





alt 




・・・・・・こんな事出来ないけど、気持ちだけ上げてこう(;´∀`)オイオイ





明日への活力。







で、














グループB時代のインタビュー映像をあさっていあたら・・・・・

ミシェル・ムートンって、カッコ良すぎっ!!

ヘンリ・トイボネンやジャン・ラニョッティと戦っていたのだから、
そうなるわな(;・∀・)

Posted at 2018/03/31 01:22:14 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@Griffith@ヴェールスペシアル で、家族がほとんど食べてしまう罠www(^_^;)」
何シテル?   08/23 22:54
ブラジル@「ATかよ!」とか言わないでです。 みんカラ始めました! よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

お友達

もし、よろしければポチッ↓とm(__)m
71 人のお友達がいます
JR120XEJR120XE * 宇都宮右兵兵ノ督(仮名)宇都宮右兵兵ノ督(仮名) *
ひーのりひーのり * TATSUMI@S660BLETATSUMI@S660BLE
ma- syuma- syu 仲林工業株式会社仲林工業株式会社みんカラ公認

ファン

32 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
2台目のNA8C。 2台目のSr2のAT。 納車時走行距離3万7千㎞。 前オーナー(3 ...
トヨタ マークX トヨタ マークX
大人の事情な通勤車。 狼は走らない 男は狩りをしない https://www.yout ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
初めての愛車です。 免許取ってすぐに通学で使うため急いでたのと、NB幌に交換済みなどの状 ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
父の愛車。 飽きの来ないネオグリーンと純正メッキホイールの組み合わせ! そして、NB幌 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.