• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ワンオフもぇ~♪のブログ一覧

2018年05月19日 イイね!

ボテーをカチカチにすると脚はどうなる?

ボテーをカチカチにすると脚はどうなる?画像は、マッドハウス製アルミ材サイドバー(たぶんARCが製作)。










以下、個人的な経験から勝手に書いている内容ですので、真実半分くらいで読んでみてください。






ビートで6点ロールケージを付けている人は、サーキット走行等での安全性確保が目的な方がほとんどではないかと思います。

デメリットは、それなりの強度を確保している鉄(クロモリ含む)製だと、20kgを越える重量増となること。

サーキットでタイム重視で走行される方はそれを嫌って導入されない方もみえるようです。

自分は、ホームコースのダム湖周回を走行する際、ダム側に転落(横転)してもなんとか生存空間を確保するで採用しました。



6点ケージでは、フレームのフロアの前後に突っ張り的な位置決めが可能で、付随する効果として、ボデーのフロアが前後にたわむ方向の動きを制限できるため、甚大なボデー剛性の向上が得られること。


例えれば、純正オープンの状態のボデーがティッシュ箱から、菓子折りのボール紙箱になった感じ。

ダンボール箱には決してなりませんが、走行時にヒネル方向のうごきが制限される効果があります。


たわみ方向の制限は、ボデーのアライメント、特に足廻りアッパー部の取り付けポイントの位置決めが純正状態に対し、変異し辛い方向に働くため、脚の動きがシッカリと感じられるようになります。




6点ロールケージでボテーを固めてある車両でかつ、サーキットでのタイムを更に短縮する方向にセッティングしてある車両では、必然的に組み合わせのスプリングレートと減衰力を高めて、ロール量を制限し より速いコーナーリングを可能にする方向を目指す場合が多く、

ロールケージでボデーを固める≒ガヂカチでタウンユースに向かない

状態になりますが、

6点ケージ装着で峠仕様に特化した車両では、脚の取り付け部の位置決め精度と剛性が高まることにより、”しなやか”な感じを受けることになります。




6点ロールケージ装着無しでは、

脚のスプリングレートと減衰力を上げていった場合、ビートの場合、F:4kgf,R:5kgfを越えるあたりから上では、レートが高くてそれぞれの脚の突っ張りにボデーのフロアがたえられず、ボデーのフロアの前後車輪軸が、前後バラバラに動くイメージでひねられる方向で横方向へのタイヤグリップが逃げる感覚があり、ある速度より上げずらい状況になります。

これは乗り方の慣れによって、ポンポン跳ねるようなコントロールで速度は上げることは出来るようですが、接地を充分に確保できない状態なので、しっかりとした走り込み等で動きをコントロール下に置かれた状態まで慣れていないと、

ドコに飛んでいくか判らない 運転に疲れる車両になると思います。



上記のような車輛に、6点ロールケージを装着した場合、脚のスプリングレートの見直しも含めた減衰力の再調整(通常は若干柔らかくする方向)で必須となりますが、結果、装着以前の跳ねて変に疲れる状態から、しなやかな乗り心地と、ロールしながらアウト側のタイヤのグリップを感じられるため、グリップ限界も探り易くなり、コーナーリングが楽になる≒ワィンディングを楽しめる 状態にすることが可能です。



6点ロールケージのデメリットで挙げた ”重量増” は特に肩(脇の下)から上での重量アップ感が半端で無く、純正のビートの挙動が大好きな方には、それを受け入れないこともあるようで、セッティングを充分に煮詰める前に、6点ロールケージを取り外されるコトもあるみたいです。



変化を求めない・受け入れられないならば、6点ロールケージの装着はデメリットの部分の比率が大きいので失敗したパーツとなりますね。



ボルトオンで可能なボデー剛性の向上には、6点ロールケージ装着での変化が最も大きく感じたので、今回持論を紹介しました。


前後タワーバーや各種ボデー下に導入可能な突っ張りバーに、フロントフェンダー部の補強プレート、その他多くのパーツがビート用としてはリリースされており、選択の多様性(選べる種類)は大きいので、自分の思い通りのコントロール性を求め実現に近付けることは可能ですので、車輛維持に努めだけでなく、色々とそっち方面にもトライしていただきたいものです。



参考
固めて箱にする

Posted at 2018/05/19 22:57:28 | コメント(2) | トラックバック(0) | ビート | 日記
2018年05月15日 イイね!

踊り場で足踏みみたいな

16時くらいまでは、どんどん落ちていくイメージでしたが、1本メールを送信した後は、別のことに転換できたので、いったん停止の足踏みから、腰に手をあてて休憩な感じ。

明日は、別のことをやれる筈なので、三段くらいは、戻れると良いな。
Posted at 2018/05/15 22:38:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2018年05月14日 イイね!

どんどん

久しぶりに感じる

どんどん落ちていく、この感じ。

途中で止まってくれないと、また凹んでしまうじゃないか・・・。
Posted at 2018/05/14 23:01:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2018年05月09日 イイね!

FBのヒューズボックス

FBのヒューズボックスFB(フェイスブック)のビートのある生活グループにフィンランド人の方が、ビートの足元のヒューズボックスについて、教えて君の投稿があったので、久しぶりにサービスマニュアル(配線図集)をベースに資料を1時間程度かけて作成してみた。







ビートは海外販売は前提としていないため、外国語版の正式サービスマニュアルとかないので、配線D.I.Y派にとっては、なかなか翻訳とかしずらい問題みたいですね。

自己満足だけど、一日の終わりに有意義なコトした感で一杯になりました(笑)
Posted at 2018/05/09 00:55:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | ビート | 日記
2018年05月06日 イイね!

1年使わないけど

1か月前位に玄関灯の変形蛍光灯がチラチラし始め、お亡くなりになって2週間。

区画整理事業で、来年3月末までに取り壊しが決まっている自宅ですが、玄関灯はやっぱり無いと夜に帰宅した時に暗くて不便、かつ防犯上もよろしく無い。


指定の蛍光灯は、ツインパルックの平たい4管タイプの13W。

かって,量販店に買いに行っても在庫があった試しが無いレアモノ。


もちろん今回も在庫無く、個別発注も面倒なので、ソケット形状が僅かに異なる9Wタイプの2管タイプを購入。


元々は、ソケット形状が異なるのは、ワッテージ違い・タイプ違いの電球が装着できないようにする、フールプーフ(バカ避け)の意味があるが、最初に書いた1年以下の使用期間でもあることから、壁から出てる照明器具の母体側のソケットのツメ(樹脂レール)をニッパ・ラジオペンチ・カッターでザックリ除去。

ソケットにはロック機能があるので、震度7レベルの地震でも無い限りは大丈夫な感じ。

暗くなって明るさを確認したが、寿命間近で暗くなっていた13Wタイプよりも9Wの新品の明るいコト(笑)



他にも、室内照明(ダウンライト他)用のミニクリプトン球(60W)もこの場に及んで複数切れが発生。丁度予備在庫が無くなったので、こちらは100均のダイソーで大陸製短寿命品を6個調達。

こちらも翌3月末までは補充無しで運用できる見込み。



さて、明日 連休明け初日は、朝の通勤時間帯の天候が悪いみたいですが、カッパ着用のスクータ通勤で定時出社後、会社バスで、隣の県にある製作所に移動し、試作品の組み付け立ち合い予定。

2年振りくらいの立ち合いなので、少し楽しみです。



さぁ、今日も早く就寝するようにしよう。



Posted at 2018/05/06 20:37:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 | 日記

プロフィール

「明日か明後日にようやくブツが到着の見込み。連休前に発注するも、片方欠品で一度キャンセルし、より安価な別のネットショップで注文するも、やっぱり片方が欠品。 結局あるほうだけで注文確定したが、約1か月も掛かるネットショッピングは初めてだナ。」
何シテル?   05/24 23:18
メカニズム解説とか、技術的な話題が大好きです。 ホンダ ビート(若葉色メタリック)はボデーがコチンコチンで脚は柔らかめで峠寄りの街乗り仕様です。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

ダイレクトイグニッションコイルあれこれ(最終回) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/20 13:12:17
ビート オクヤマ フロントタワーバー(アルミ製) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/15 23:46:15
自作の抜き文字ステッカーを作る 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/25 22:48:23

お友達

技術的な話題が大好きです (^o^)/

突っ込んだメカニズム解説とかしても、
うっとうしく思われない方 
エキゾーストノート追求する方
ボデー補強 命!な方

ヨロシクね♪
59 人のお友達がいます
fastbeatfastbeat * mistbahnmistbahn *
sig-rsig-r * 熊本カビゴン熊本カビゴン *
toto@雨神toto@雨神 * shumikaPPshumikaPP *

ファン

96 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート 若葉メタびぃ (ホンダ ビート)
ボデー色は、ホンダ他車種設定カラーであるリーフグリーンメタリック(GY21M)です。 ...
ビモータ bb1  supermono ビービーワン (ビモータ bb1 supermono)
なぜか、2台目のビモータ BB1 BIPOST(二人乗り)です。 1台目は、納車2週 ...
ホンダ フリード ふりーど (ホンダ フリード)
家族車ですが、納車整備にて フロントロアアームバー  ・CUSCO 386 475 A ...
ホンダ モンキーR フルカウル赤婆茶猿 (ホンダ モンキーR)
壱号機の変身後 デイトナ製 バーチャル・ステア・モンキー フレームを使用し、 キタコ製 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.