• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Briskenのブログ一覧

2018年08月05日 イイね!

コワモテからお洒落へ 〜 Nスラ降臨。

今日までの8年5か月以上。

嫁車として頑張ってくれたゼストスパークが引退、お役御免となりました。

alt
[iPhone 8 - Rear Camera]

-----

今日の午前にDラーで納車。

10分程度の回送ドライブを経てDラーに伺うと、次期嫁車のNBOXスラッシュが待っていました。

ついに次期嫁車と初対面です。

alt
[iPhone 8 - Rear Camera]

コワモテのゼストスパークから、お洒落な顔つきのNスラになりましたw

Nスラのボディーカラーはパールホワイト。
車検証をみたら、ボディタイプが「箱型」ではなく「ステーションワゴン」になっていたのは意外でした。
これでおいらのアウトバックと一緒でホワイトのステーションワゴン同士になりますw

内外装のみならず、性能的な面においても軽自動車という概念を大きく変えるぐらいの完成度の高さは以前からブログに書いてきた通りですが、そのほかにもドアの厚みや閉めた時の音、静粛性・・・等、ゼストスパークと比較してみても、やはり10年近い差は感じられましたね。


一方、今までお世話になったゼストスパーク。

このクルマは娘が生まれて間もないタイミングで購入したもので、おいらにとっても(当時育休中でなかなか外に出られなかった)嫁さんに引っ叩かれるように代理で契約交渉させられて、散々注文つけられたのが今でも懐かしいですね。

嫁さんにとって、8年以上乗りつづけたのはこのゼストスパークが初めてなのですが、それだけに思い入れがあるのか、嫁さんはこの1週間ゼストスパークに感謝の気持ちを言い続けたそうです。

先月のようにわずかにぶつけては直したりしたものの、大きな事故に巻き込まれることなく、長い間家族を支えてくれたゼストスパークには感謝ですね。

書類関係の説明及び署名作業を経て、DラーからNスラの操作説明を一通り受けようとしたその時・・・

alt
[iPhone 8 - Rear Camera]

天候が急変して、バケツをひっくり返したような土砂降りに。

よりによってこのタイミング・・・ツイてないなって思ったりしました。
けれども、お別れするゼストスパークともう少し一緒に居ろって言われたのかな。

1時間近く雨宿りしてようやく雨も落ち着き操作説明。
車内にあった荷物をNスラに載せ替えてDラーを出発し、ついにゼストスパークとお別れしました。
みんな名残惜しい気持ちが表情に出ていたのが印象に残ります。

-----

その後、近所の神社にてお祓いしていただき、交通安全を祈願。

alt
[iPhone 8 - Rear Camera]

・・・

こんな感じで、Nスラにバトンタッチした嫁車生活が今日からスタートしました。

alt
[Canon EOS 7D + EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS]

alt
[Canon EOS 7D + EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS]

はじめから、中身の方に色々とパーツをつけていますが、概ね理解できたところから少しずつ、パーツレビューしていきます。

以上、Briskenの今日のBlogでした。
Posted at 2018/08/05 21:38:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ:家族 | 日記
2018年07月22日 イイね!

2018年夏の仙台/業務連絡。

何シテルで随時更新していましたが、先日の7月の3連休のうち、14日と15日の2日間は家族で仙台に行っていました。

アウトレットモールとIKEAが今回の目的。

Blog_20180721_001
[iPhone 8 - Rear Camera]

高速を飛ばしてまず向かったのが、三井アウトレットパーク仙台港。
10年前のオープン間もない時期に一度行ったきりでやっと2度目の訪問でしたが、当時に比べて行って見たいショップが増えていてなかなか見ごたえがありましたね。

当時乗れなかった観覧車にも、やっと乗れました。

Blog_20180721_002
[iPhone 8 - Rear Camera]

思ったよりも結構高い位置まで上がったから、高所が苦手な息子はずっと目を瞑ったままでした。

ここでは朝のジョギング用のランニングシューズが欲しくて色々見て回って、アディダスのこれをゲット。

Blog_20180721_003
[iPhone 8 - Rear Camera]

今まで使ってきたシューズもアディダスですが、非常に軽い反面ソールが薄くてクッション性がほとんどなく、足首をよく痛めていました。
これはクッション性が増える分やや重くなるものの許容範囲内だったし、フィッティングは抜群でしたね。

おいらはこれでもう目的達成でしたが、嫁さんは何か足りなかったみたい。

Blog_20180721_004
[iPhone 8 - Rear Camera]

お昼をご馳走になったところで三井アウトレットパークを後にし、仙台駅前のホテルへ移動。
チェックインとともに荷物を預けたのち、仙台駅前をぶらぶら歩いていました。

Blog_20180721_005
[iPhone 8 - Rear Camera]

子供達にとっては、東口近くにあるヨドバシカメラのおもちゃコーナーの面積がかなり広く、いろんな意味でなかなか抜け出せなかったようです・・・(汗)

嫁さんにとっても、三井アウトレットパークで見つけられなかったものをエスパルで買えたようなので安心しきりでした。

Blog_20180721_006
[iPhone 8 - Rear Camera]



翌日。

Blog_20180721_007
[iPhone 8 - Rear Camera]

娘のこんなダジャレが飛び出しながら行った先は、長町のIKEA。

近々自宅をリフォームする予定で、北欧風インテリアということで、リフォーム後の家具にIKEAの商品を取り入れたいと思っていたからです。

開店前の1時間近く前にはすでに駐車場に入っていましたが、開店時間になった頃には駐車場はほぼ満車。
やっぱりIKEAの人気はすごいですね。

2年前に行った際は2時間あっても時間が足りないほどだったので、今回は4時間ぐらい見積もって店内を歩き回りました。

まだ、リフォーム工事の契約に至っていない今から家具を買っても置く場所に困るのであくまで見学のみでしたが、リフォームを機に北欧チックなインテリアにしたいと思っていて、北欧のスウェーデンをお膝元とするIKEAの北欧チックなデザインをしっかりと見させてもらいました。

北欧と秋田は気候をはじめとした共通点があるはず。
発展国のなかでは幸福度の高い国が多い北欧に対して、秋田は何かと暗いイメージが強い。
日照時間の少なさに若者の県外流出による人口減少、がん患者率と自殺率の高さ・・・など。
そんな何かと暗いイメージが強い秋田でポジティブに暮らすための魅力というのが、北欧風インテリアに隠されているとおいらは思うのですよ。
これが、北欧風インテリアにこだわる理由です。

店内を歩き回っているうちにレストランにたどり着くのですが、11時を回って混み合いそうな時間だったし娘もお腹が空いたと言い出したので、ここでランチにしました。

Blog_20180721_009
[iPhone 8 - Rear Camera]

それにしても意外や意外。
これだけ食べても500円程度と、本当にコスパは高いですね。
IKEAだけに洋食しかありませんが、子供達にとってもここのカレーは好評でした。

Blog_20180721_008
[iPhone 8 - Rear Camera]

リフォームに関わるもの以外は、これだけ買っちゃいました。



IKEAを後にして向かった先は、仙台泉プレミアムアウトレット。

Blog_20180721_010
[iPhone 8 - Rear Camera]

ちょっと時間があったついでに寄った程度ですが、既に前日の三井アウトレットで多くを買い揃えてしまっただけに欲しいと思うようなものがなく、何も買わずに後にしました。

Blog_20180721_011
[iPhone 8 - Rear Camera]

娘にとっては、シルバニアファミリーのショップでこの1枚が撮れたのが嬉しかったみたいですね。

その後、SAB仙台泉加茂に立ち寄って、Nスラで使う小物を買い揃えたのち、帰路につきました。

IKEAもだし、秋田にはないアイテムを探しにクルマで仙台までひとっ走りすれば見つけられたりするから、今後も定期的に仙台に行きたいと思うBriskenです。


----------


さて、ここで業務連絡です。

私Briskenですが、このところ仕事のことだけでなく子供達のPTAとスポ少の役員活動、さらにこの夏は地元の祭りの年番になったりと抱えている課題が山積みになっている状況です。

少々愚痴を言わせてもらうと、地元の祭りの事務局は本当にブラック。
我々現役世代の社会事情も考慮頂けないと年番が務まらないのは地元地区会の役員の皆さんも認識されているので、そこをきちんと理解して頂き担当させてもらう作業を事務局とはきちんと約束したのですが、蓋を開けると事務局は約束を平気で破ってくるクソったれの老害どもでした。
社会事情を無視して祭りに関わる作業をごり押してくるから、年番のみんなは本当に手を焼いています。
仕事時間中にそいつから何度も電話がきて、同僚たちにどれだけ迷惑をかけたことか。

どの課題もストレスを抱えるほど疲れますが、祭りの年番はダントツでストレスの根源ですね。
事務局の老害も、地区会の間では孤立しているらしく、もうお荷物のような存在らしい。

そのため生活日記さながら、これまで週一の更新を心がけてきたこのブログも、現在思うように更新できなくなってきています。

少なくともNスラが納車される8月5日あたりはブログ更新しますが、当面の間は多くても月2回のブログ更新とさせて下さい。

ここに来て下さる方々には本当に申し訳ありませんが、ご理解のほど、宜しくお願いします。
Posted at 2018/07/22 09:59:21 | コメント(3) | トラックバック(0) | アウトドア | 旅行/地域
2018年07月08日 イイね!

ゼストスパークの修理と珍客の話。

まずは・・・

この度の大雨で犠牲になられた方々へお悔やみを申し上げます。
また、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

ーーーーー

さて、Nスラへの箱替えが来月5日と決まったので、残り1カ月を切りました。

箱替え前というタイミングで突如発生したゼストスパークの左後部の破損。
正直、痛い出来事でしたね。

破損の経緯は前回書いた通りですが、先日Dラーで修理してもらいました。

Blog_20180708_001
[iPhone 8 - Rear Camera]

フレームまで至っておらず下取り査定への影響はなかったものの、テールランプASSYとリアバンパーの交換は必要。
さらに保険も利かない部分だそうです。

作業料込みで70000円弱でしたが、Nスラへの箱替え前で下取予定だったことを鑑みてくれて、Dラーでは原価でやって頂けました。
したがって、修理総額は50000円あまり。

とは言え、どのみち箱替え前でこれは痛いですけど幾分救われた感じですね。

ーーーーー

あと余談ですが・・・

この1週間のある晩の寝る前、自宅の廊下にこんな珍客がいました。

Blog_20180708_002
[iPhone 8 - Rear Camera]

コウモリ。

ちょうどこの時にPCで資料作りをやっていたのですが、照明が一瞬暗くなった感じがしたので振り向いたらコウモリが飛び回っていたので、どえりゃーびっくりしたのですよ。

結構接近しても、ビビって動じることもなかった。
きっと人馴れでもしているのかな。
凝視していると思いの外可愛く見えた風貌でしたが、このまま家の中にいても困るので、外に逃がしてあげました。

怖いというか、不気味なイメージが強いコウモリだけど、巷では縁起が良い生き物と言われているのだとか。
みんなにとって、何かいいことがあれば良いな・・・。



まずはNスラ箱替えまでの残り1カ月弱の間はゼストスパークに何事もなく乗り続けて、Nスラに役目を引き継げられることを祈るばかりのBriskenです。


Posted at 2018/07/08 09:43:34 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月30日 イイね!

目の疲れほぐし・・・だけじゃない話。

先週末はブログ更新休んでしまいましたが、皆さんのブログにはちょくちょく足跡つけさせて頂いていたBriskenです。

ネタはあったのですが、実は眼精疲労の辛さから目や肩が凝ってしまってました。
仕事柄PCと何時間も睨めっこする毎日ですが最近は特に缶詰めが多かったし、家に帰ると今度は自宅でもPCやスマホと睨めっこ。

これじゃ目は疲れる一方なんですよね。
こういう生活がここ最近ずっと続いていました。

目薬を差すことである程度のリフレッシュは効きますが、目薬よりも目元を温めることのほうが効果があるそうです。
もっとも、スチームを発生させて温感を作り出したものを目に当てるのが良いらしい。

よく知られているのが、花王の「めぐりズム」を買うか・・・
alt
[Amazonより]

蒸しタオルを作って目元を当てること。
alt
[Photo ACより]

毎日のように目を酷使するので、目元を温めることは毎日やった方が良いに決まってます。

しかし、めぐりズムは使い捨てだしランニングコストが結構かかります。
14個入りだと約1000円だから、およそ1か月使うと約2000円、年間で見れば約24000円も飛んでしまう計算になりますね。

蒸しタオルも、面倒くさがりなおいらには作るのがいちいち面倒だし、電子レンジにタオルでは加熱直後のタオルの熱さが半端ない。

某茄子も入ることだし、日頃の自分に対するご褒美と、酷使する目への感謝の意味を込めて、コレを買いました。

Blog_20180630_001
[iPhone 8 - Rear Camera]

パナソニックの「目もとエステ」。
以前からずっと欲しいと思っていました。

今年の2月頃にモデルチェンジされたばかりのもので、これはEH-CSW66という機種。
従来に比べてスチーム発生量が2倍になったのだとか。

Blog_20180630_002
[iPhone 8 - Rear Camera]

本体は重すぎないし軽すぎない、俺的には適度な重さです。
曲線的なデザインは好みですが、使わないときの置き方に困るかな。

Blog_20180630_004
[iPhone 8 - Rear Camera]

水で濡らした給水トレイ(↑の写真の手前)を本体内部に取り付けて、内部中央の小さなファンからスチームを発生させます。

Blog_20180630_003
[iPhone 8 - Rear Camera]

さらにマッサージ器具だけに、目元をグイッグイッとマッサージしてくれる。
3つのコースに応じて、6分〜12分で運転してくれます。

これを着けながら寝ていると、本当に寝てしまうぐらい気持ちが良いです。
しかも、目覚めの時なんかは今まで感じていた目の奥の重苦しい鈍い痛みが感じられることなく気持ちよく起きれる。

目もとエステの使用に必要なのは(バッテリーが内蔵されているので)充電用の電源と水ぐらい。
16000円あまりの価格だから、めぐりズムに比べたら間違い無く1年で元が取れるほど、ランニングコストがかかりません。

蒸しタオルほど手間がかからないし、とても良い買い物をしました。

PCやスマホのみならず、クルマの運転も含めて目の疲れが出やすい方にはいいアイテムですので一度検討してみてはどうでしょう?



ちなみにこの目もとエステを買ったのは、池袋のヤマダ総本店。
実は今週、月曜日から木曜日までの間は本店出張でした。

月曜日の始発の新幹線で東京へ移動中の話。
盛岡を出発したあたりで嫁さんからいきなり電話がきました。

電話に出ると嫁さんの口調からどこか、落ち着かない様子。



話を聞くと・・・





Blog_20180630_005
[iPhone SE - Rear Camera] ※ 衝突当日に嫁さんが撮影し送ってくれたもの。

∑(゚Д゚) ナンテコッタイ!

通勤のため嫁さんがゼストスパークに乗って自宅を出る際にハンドルさばきを誤り、左後部が車庫の柱に衝突。

車庫は片側にある2本の角柱で支えられたカーポート。

角柱の角のラインがそのままテールライト部分を直撃破損して破片が飛散したり、バンパー部分にも角のラインが残ってしまってます。

嫁さんはのちに離席してDラーに診てもらったそうですが、フレームまではいっていないものの、テールライトとバンパー交換で7諭吉飛ぶのだとか。

Blog_20180630_006
[iPhone 8 - Rear Camera]

出張から戻ってきたおいらが車庫脇に目についた、レンズの破片。
Nスラへの箱替え直前といい、これを見た時にどこか傷心した気持ちを代弁されてるかに見受けられました。

そんなことはともかく・・・

どうする、嫁!?

続きは次回にて・・・



以上、Briskenの今日のブログでした。
Posted at 2018/06/30 21:50:06 | コメント(3) | トラックバック(0) | マイセルフ | 暮らし/家族
2018年06月17日 イイね!

次期嫁車の駆け引き決着記。

しばしご無沙汰の話題でしたが、今日はこの話をします。

--------------------
[前回までのあらすじ]

ホンダの軽自動車一本で、他メーカーは眼中無し。
基本新車だが、条件に近い未使用車やデモカーなどがあればそれでも良い。
予算としては、下取り無しでの総額で170万円前後が妥当なライン。
本命は新型N-BOXのCustomじゃない前席スーパースライドシート仕様。
やはり雪国なので、4WDの選択は必須。
オプション品はナビにドラレコ、フロアマット、バイザー、下回り塗装。
初回見積として、上記オプション込みの下取り無し総額で210万円超。到底ムリ。
車両もオプションも値引きなし、未使用車やデモカーを探そうともしてくれなかった。
ゼストスパークの下取査定日時を約束していたのにDラーからの連絡なし。
こうした積極姿勢が感じられないDラーの姿勢に嫁さんブチギレ。
--------------------

その後Dラーからは店長共々謝罪あって以降、前向きに対応してくれるようになりました。

でも、もしかしたらですが・・・我々にも非があったかもしれないですね。

内心箱替えに前向きであったものの、表向きの行動(態度)はそこまで感じられなかったかもしれないからDラーも、そうした接し方になってしまったのかもしれないでしょう。

実際に嫁さんも、まず聞いてみるスタンスから入ってしまった感じで契約のタイミングはあまり明確にしていなかったので、本気で買う気があるのなら短期決戦さながらに攻めるようにして進めていかないとダメだよ!って釘を刺しました。

まぁ、Dラーだって暇じゃないんですからね。

こうしてお互いに理解できてからは、他のDラーに鞍替えすること無く、1か月近くの時間をかけて積極的に交渉を進めてきました。


alt
alt
[ホンダのHPより]

さて、新型N-BOXのその後の商談。

当初はCustomじゃないほうのスーパースライドシート仕様だったのですが、ここから内容を変えて安価なベンチシート仕様に変更することと、見積もり次第ではそのCustomも選択肢に入れてみるってことで進めていました。

また、ナビはDラー純正(Gathers)ではなく、市販のパナナビに変更。
ドラレコも市販品に変更としました。

交渉を重ねていくうちにそれなりに車両本体からの値引きをしてくれるのでDラーの対応は決して悪くありませんでしたが、何度見積もって交渉を進めてみても、N-BOXだとどのみち190万円を下回るのは不可能な状況。

さらに、これに追い討ちをかけるかのように想定外のことが起きました。

嫁さんの職場には新旧問わずN-BOXに乗る主婦や若い女性が多くいるのですが、そのうちの1人がスライドドア周辺の特殊なパッキンが突然音を立てて割れて、修理に8万円も掛かった話が舞い込んできました。

これはさすがに運が悪かったとしか思えないけれど、この話が出て以降スライドドアの重要性とか、高い天井を活かした室内空間がどれだけ必要なのか考え直させられることになり、嫁さんと時間をかけて議論した結果、自転車を積んだりすることが無いのならN-BOXほどの大きな空間は必要ない、との結論に至りました。



そんな理由で・・・


N-BOXは却下



代わりの候補となったのが・・・


.



..



...




alt
[ホンダのHPより]

N-WGN。

2013年のデビューから時間がそれなりに経過しているものの、N-BOX並みに質感が高く受け入れられやすい容姿に真面目な造り、N-BOX並の充実した快適装備(プラズマクラスター付きのエアコン、シートヒーターなど)で今でも好調なセールスを誇ります。

これなら4WDのCustomでもN-BOXより断然安価。
NAのG・Lパッケージで、初回でも190万円を切る見積りになりました。

これで射程範囲内に入り決まったのも同然だったのか、嫁さんの表情は柔らかくなっていて、コレにしようかと決めて次に進み始めようとしていました。

でもおいらにはどこか、納得がいかなかったんですね。

なぜなら嫁さんは以前から、他の多くの人とかぶるのを嫌がる性格なのです。

やはりN-WGNもまたN-BOXと同様に売れているクルマだし、街中での遭遇率はプリウスやアクア並みに高い(あくまで地元秋田県南の話です)。

なので、

”本当に、N-WGNで良いのか。
買った後にあちこちで遭遇することになれば、後悔しないという自信はあるのか。”


このように嫁さんに再考させると次第に自信がなくなり悩み始めた挙げ句・・・



N-WGNも却下。



N-BOXほどの広さは必要ない。



けれどもN-WGNぐらいの広さがほしいのは間違いない。



そうなれば・・・



alt
[ホンダのHPより]


N-WGNよりも室内が一回り狭いN-ONEは自ずと、選択肢から外れます。



N-BOXでもN-WGNでもない。



かと言ってN-ONEでもない。



だとしたら、他の人とかぶりにくい、



alt



は他にあるのか。



.



..



...



....



.....



あったんです!



それは・・・








alt
[ホンダのHPより]

N-BOX スラッシュ。

見た目も名前も、先代のN-BOXがベースなのがひと目で分かります。

これに後席ドアをスライドドアからアウタードアノブのヒンジドアにしたり、屋根を10cmスラッシュして1930年代の古き良きアメ車のようなチョップドルーフにしたり、少しローダウンさせたり・・・等、まるで2ドアクーペ風に見立てたデザインはいかにも強烈な個性そのもの。

それでもN-BOX譲りのちゃんとした実用性が保たれているし、N-WGN並の室内空間と充実した装備内容になっています。

価格的にみてもN-WGNとほとんど同じラインだったし、N-BOXやN-WGNに比べると街中での遭遇率が低いのもポイント。

まさにコレが、Nシリーズの中で嫁さんの眼鏡に最も叶うクルマでした。



たまたま先日、このDラー系列の別店舗にて試乗車があったので、それを持ち込んで頂き試乗させてもらうことができました。

Blog_20180617_001
[iPhone 8 - Rear Camera]

Blog_20180617_002
[iPhone 8 - Rear Camera]

Blog_20180617_003
[iPhone 8 - Rear Camera]

まさに箱型そのものなので四隅をはじめとした車両感覚を掴みやすく、NAでも低回転域のトルクが十分余裕である…等、全てにおいて扱いやすいことから嫁さんはえらく気に入った様子で一躍本命に。



そして今日、6/17の友引。



次期嫁車がN-BOXスラッシュに決定。
ついに契約しました。



選んだのはNAの4WDで快適装備が充実した「G・L」っていうグレード。
N-BOXスラッシュの代名詞ともいえる装備である「サウンドマッピングシステム」は、今回装着しませんでした。

オプション品は冒頭に記載した物の他にもエンジンスターターと冬用ワイパーブレードを追加、ナビとドラレコは社外品の持ち込み装着なので作業料のみ発生してます。

これが値引率アップにも寄与したのか、最終的な総額は180万円にまで下がりました。

当初の予算(170万円)よりもややオーバーしたものの、あとで確実に必要になるアイテムを今のうちに揃えておけるなら、決して損はないと思います。

さらに、ゼストスパークの下取査定額は25万円でしたので差引総額が155万円という計算になりますが、検討に検討を重ねてこれで落ち着くなら十分頑張ってくれたと言ってもいいでしょう。

そういえばN-BOXスラッシュは3年ほど前にも一度試乗していて(→当時のブログ)おいらもセカンドカーとしてなら欲しいと思ったことがあるのですが、現に嫁さんが乗ることになるとは嬉しい限りです。



納車までのリードタイムは1か月半程度。

その間ゼストスパークとの僅かな時間を楽しみたいBriskenです。
Posted at 2018/06/17 22:00:57 | コメント(7) | トラックバック(0) | クルマ:家族 | クルマ

プロフィール

「@フッジィー さん、結果こそ残念だったけれども大会で一番脚光を浴びたのは間違いなく金足農業だったと思うし、暗いニュースが続いた秋田がこれだけ熱く注目されたきっかけを作ったのも金足農業の活躍があってこそだと思いますね。地元民として感謝しかないですね!」
何シテル?   08/21 21:12
Briskenといいます。 2016年1月にレガシィツーリングワゴン(BP)から、レガシィアウトバック(BS9)に乗り換えました。 2015/07/...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

お友達

人として、またドライバーとして最低限の常識と言動をわきまえられている方でしたらどなたでもOKですので、是非お声掛け下さい。
144 人のお友達がいます
徳田新之助徳田新之助 * しおりょうしおりょう *
Rocky.Rocky. * プ~ちゃんプ~ちゃん *
かじゅんかじゅん * レガッテムレガッテム *

ファン

47 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィ アウトバック スバル レガシィ アウトバック
2016年1月30日納車。 5代目の相棒として、BPレガシィからバトンタッチしたのがこの ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
【4台目の愛車】 初めてのスバル車です。 4代目レガシィのE型の特別仕様車、アーバンセ ...
ホンダ ゼストスパーク ホンダ ゼストスパーク
嫁の愛車です。 昨年(2010年)2月上旬にライフダンクから乗り換えました。 NAの4W ...
トヨタ アルテッツァ トヨタ アルテッツァ
【3台目の愛車】 コメントは当ブログの「くるま回顧 Vol.1」に全てまとめております ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.