• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Briskenのブログ一覧

2018年05月20日 イイね!

この1週間の出来事。

この1週間はいろいろなことがありましたね。


まず一昨日から、昨日にかけての集中豪雨


5月にしてはとんでもない雨量だったので、昨年7月を思い出してしまったぐらいです。
幸い、自宅は平野部で扇状地の高台にあることもあり、無事でした。


続いては、昭和のスターが相次いで亡くなられたこと
朝丘雪路さん、星由里子さん、そして西城秀樹さん。
幼い頃からずっと観てきたスターたちが次々と亡くなられるのは辛いですね。

やはり、Village Peopleの「YMCA」のカバー、西城さんの「ヤングマン」は誰もが知る名曲。


御三方のご冥福を、心よりお祈りします。

それにしても、朝の情報番組を観てると西城さんはじめ、懐かしの映像が次々と流れてくるのだけど、なんで映像の出演者の一部にモザイクなんかかけるのか、理解できないな。
今朝のシューイチでも、「夜もヒッパレ」での映像がありました。
生前の西城さんに語りかける中山秀征さんの隣りに座っていたのは、間違いなく安室奈美恵さんのはず。
安室さんは何かやりました?
TVのスターの思い出話というのは、ファンをはじめとした国民みんなの財産でもあると思う。
だからというか、芸能界のこういったところの器の小ささに呆れますね。


ここまで残念な話題が続きましたが、良い話題もあったんですよ。


おいらが4月中旬に受験した国家試験に合格しました。
→当時のブログへ

16日に合格発表があったわけですが、合格ラインのギリギリという自己採点が分かってからは思い出す度に気が気でなかったのです。
自分の受験番号が載っていたのを見るやいなや、一気に肩の荷が下りた気分ですね。

国家試験合格したから、ご褒美に何か買っても良いと言われたので・・・

Blog_20180520_001
[iPhone 8 - Rear Camera]

以前から欲しかったDysonのV8を買いました。
これがあれば家の掃除も、クルマの掃除も気軽にできますね。

けれども、国家試験に合格したからといって浮かれてる場合ではない。
今まで勉強してきたことを仕事にどう活かして、より良い方向に変えていくべきか。
これからが勝負でしょう。


おいらの1週間はこんな感じでしたが、嫁車をN-BOXに箱替えする件でも進展がありましたね。


前回のDラー訪問では諸事情でアウトバックで行ったので、ゼストスパークの査定はできませんでした。
そのため昨日の19日に査定頂くようにお願いしていました。
営業マンも、メモする仕草を見せていたので忘れていないだろうと思っていたのに、19日になっても一切連絡なし。
これで嫁さんも完全に、堪忍袋の緒が切れてDラーに電話し激怒してしまったみたいです。
以前に書いた営業マンの印象(→当時のブログへ)をすべて伝えて一度電話を切ると、後々店長からもお詫びの電話がありました。

別系列のホンダDラーに鞍替えすることはまだ捨てませんが、鞍替えした先でも材料が必要だから価格交渉は必要。
まずは次の土日に再びお邪魔させて頂いて、査定や価格交渉のみならず、先方の受け応えの態度含めてきちんと見させてもらうつもりです。
嫁さん自身も20年近くお世話になっているDラーなので下手なことはしないとは思うけれど、それでも前とぜんぜん変わっていないのなら完全に見切りつけて、別のホンダDラーに鞍替えさせます。

N-BOXについても、初回見積もりが高すぎたので仕様の見直しも並行して進めてます。
スーパースライドシート不要、ナビも自分で用意して納車前に装着となるのは確定ですね。
あとは、ホンダセンシングは本当に必要なのかというところ。
高速を使うことがないからクルコンに車線維持なんて必要ないし、中高年でもないのに運転支援システムの必要性が希薄。
(EyeSightがついたアウトバックに乗るお前が言うな!は無しで…。EyeSight無しっていう選択肢がなかったのです)
フォグランプはやはり、雪国だけに必要なアイテムです。
仮にホンダセンシングも不要でフォグランプが必要なら、Customの最下グレードも射程範囲に入ってきます。

alt

フォグランプの他にもアルミホイール、エアコンがプラズマクラスター付き、サイドエアバッグ、リアスポイラー‥等、最下といえどもCustomのほうが装備内容が良いです。

Customではない方はフォグランプの設定がなくDラーオプションになりますが、これが後付け感が半端なくてカッコ悪いと嫁さんは言っていました。
だから少々予算を超えても、俺的にはCustomを選んでほしいなって思ってます。
こちらもこれからが勝負ですね。

以上、Briskenの1週間の出来事でした。
Posted at 2018/05/20 22:10:40 | コメント(3) | トラックバック(0) | 身のまわりの出来事 | 日記
2018年05月12日 イイね!

キーワード:1978。

今週、YouTubeで見入ってしまった動画があります。

それがコレ↓





コーラス・グループのCIRCUSが唄う「ミスター・サマータイム 2018」。
今年で結成40周年を記念して、名曲である「ミスター・サマータイム」を新旧メンバー7人が集まってレコーディングされた際の模様です。
今週のある日にiPhoneのYouTubeアプリを何気に開いたら、ホーム画面に出てました。

それにしても、鳥肌が立つほど本当に素晴らしい歌声です。
キーの高さもリリース当時の原曲と同じ。

YouTube動画を観て真面目に、涙が出たのはこれが初めてかもしれません。
グループは現在も活動されていて、おいらより年下のメンバーが2人いるのも驚きました。

ミスター・サマータイムがリリースされたのは1978年。

1980年代突入直後に生まれたおいらなのでもちろんリアル世代ではありませんが、後に多くのアーティストがカバーされていますね。
おいらもいちファンであるParis Matchも数年前にカバーされているこの曲は、まさに今が旬。

この曲は不倫を懺悔する女性の哀愁を漂わせた歌詞なのに、モダンチックで素晴らしいメロディに乗せて抜群の歌声で爽快で歌い上げる、まさに魔法のような曲。

と書いてしまいましたが、この曲の良さが分かるような大人に憧れますね。



さて、この曲がリリースされた1978年。

↑の映像を見ているうちに、この年にどんなクルマが新車販売されていたのか気になりました。
そこで主に高級車、スポーツモデルを中心に少し調べてみました。

まず、クラウンは5代目。

Toyota-CrownS100rear.JPG



セリカは2代目前期。

Toyota Celica 2000 Liftback XT.jpg



「名ばかりのGT達は道をあける」がキャッチフレーズなのは後期モデルですね。

レビン、トレノは2代目後期のクーペボディ。

Toyota Corolla E50 003.JPG


Te61.jpg



セドリック・グロリアは330の後期。

Nissan-Cedric330.JPG


330Gloriasedan.jpg



フェアレディZは2代目にフルモデルチェンジしたタイミング。

S130FairladyZturbo.jpg



西部警察の大門団長が乗っていたことで知られるスーパーZのベースですね。

スカイラインはジャパンの角目(後期)。

Nissan Skyline C211 2000 GT-EL 001.jpg




シルビアは2代目。

Nissan New Silvia.jpg




アコードもシビックも初代の時代。

HondaAccord1st.jpg


CivicRS.JPG



三菱ではギャラン・ラムダが販売されていたんですね。

Mitsubishi-GalantLambda.JPG



この端正な2ドアハードトップスタイルが大好きでした。
おいらが小さかった頃は街で見かけると目が釘付けになったほど。

ランサーも初代。

1979 Mitsubishi Lancer (14125809182).jpg



ランサーセレステっていうクーペもあったんですね。

Mitsubishi-LancerCeleste.JPG



スバルはレオーネの初代末期。

Subaru-LeoneRX-A.JPG>



レオーネの存在が無かったら、後のレガシィ、インプレッサは無かったかもしれませんね。

いすゞは乗用車を作っていました。
117クーペに初代ジェミニ。

Isuzu 117Coupe 1800XG 02.jpg


Isuzu Plaza Isuzu Gemini PF50 LT.jpg



以上は1978年に販売されていたモデルですが、名のあるクルマの初代モデルも相次いで発売されたのも注目。

セリカXXとパルサー、プレリュード、ミラージュ、そしてRX-7ですね。

1979 Toyota Celica XX 2000G.jpg


1981 Datsun Pulsar (N10 S2) TL 5-door hatchback (22515476134).jpg


HondaPrelude1stGeneration.jpg


Mitsubishi-Mirage1600GT.JPG


1stRX-7.jpg



ちなみに1978年は二度のオイルショックの狭間になっていた時期。

かつてハコスカとケンメリでGT-Rでモノを言わせたスカイラインが骨抜きされておとなしくなってしまったぐらいの時代だったとはいえども、今以上にときめきを感じるクルマが溢れていたのは誰もが思うことでしょう。

クルマを持つことにロマンが感じられ、覇気があったこの時代がまた来てほしいと願うBriskenです。

※ ↑の画像はすべてWikipedia上から共有させて頂いた画像です。
Posted at 2018/05/12 22:40:50 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ:その他 | 日記
2018年05月06日 イイね!

あれから1週間のあれこれ。

嫁車の件。

ゼストスパークからN-BOXへ乗り換える件です。

alt

前にも書きましたが、CustomじゃないシリーズのNAの4WDでありながら、初回とはいえども見積総額が210万円超えたことに少しばかり、ショックを拭えなかった嫁さん。

そんな嫁さんを見かねたおいらはこう尋ねました。

”本当にこの仕様で良いのか?
もっと価格的に突き詰められるところはないのか?
このDラー、営業マンから本当に買って良いのか?”


…と。




まずは、本当にこの仕様で良いのか? ということ。

細かいところを挙げるときりがありませんが、前席シートの選択が最大のキモ。

N-BOXの前席シートはベンチシートと、助手席側が前後に大きくスライドするスーパースライドシートの2パターンから選べます。
前にも書いたように、来年中学生になる息子の送迎を考え自転車積載のしやすさからスーパースライドシートが良いと言っていましたが、ベンチシートよりも10万円程度アップします。

それにしても、10万円かけてまで頻繁に自転車を積載する機会があるのかどうか。

嫁さんの想像ではなくて、現役の方々に聞いてみて見極めてみたら?

ということで嫁さん、現役の中学生や高校生のお子さんを持つタントやスペーシア、EKスペース、そしてN-BOX乗りの職場の同僚に聞きに回ったようです。

そして同僚たちからは、こう言われました。

”自転車積載し通学されている子は学校から1km圏内の、本当の近所ぐらい。
その日の天気予報を読んで通学方法を選んでいるのだから、自転車と子供を乗せて送迎するようなことはほとんどない。
だからそこまでお金を掛けなくても良い。”


これでスーパースライドシートを選ぶ理由がなくなり、10万円浮く。
総額が210万円から200万円に下がります。




お次は、もっと価格的に突き詰められるところはないのか? ということ。

Dラーから提示された見積もりにはどこにも値引きはありませんでした。
車両値引きでも数万円が上限だとはっきり言われました。
人気車種かつ在庫が少ないせいもあるのでしょうか。

しかし、値引きというのは車両とは限らず、オプションもあり得ます。

オプション装備品には主に、下記を付けていました。

 1. スリーラスター(下回り塗装)
 2. キーレス内蔵エンジンスターター
 3. ドラレコ
 4. カーナビ
 5. フロアマット
 6. ドアバイザー

1〜2ははなからDラーに頼らざるを得なくなるので、避けようがありません。
けれども、3〜6の手配は自分でネット通販から手配しようと思えば可能。
Dラーがその辺の値引きまで渋るなら、自分で手配してしまったほうが良いわけです。
楽天などのネット通販ならDラーで買うより割安の場合があるし、買った物は納車前に全てDラーに持ち込んでつけてもらえばいいし、フロアマットは自分で敷ける。

なかでも大きいのはカーナビ。
市販品にするだけでも、純正品より半額程度に抑えられます。
ちなみに見積もりには純正品で14万円弱のGathersがついていましたが、おいらのアウトバックにも装備しているパナナビ(の後継モデル)なら6万円弱で入手可能だし、比較的機械音痴な嫁さんはパナナビにかなり親しんでいる方。
高いお金を払ってまで純正を選ぶメリットが少ないなら、パナナビを選ぶほうが得策です。
これだけでさらに7万円程度、その他のオプション品の値引き分ざっと差し引けば総額も、おそらく190万円まで下がるかもしれませんね。

尚、諸費用関係は必要最小限にしているので、納車費用や車庫証明は全てカット。




そして最後は このDラー、営業マンから本当に買って良いのか? ということ。

実は嫁さん、営業マンの対応に不満を抱いています。

今までお世話になっていた担当営業マンの方は2月に退職し、後任の方にバトンタッチ。
嫁さんにとって担当交代後初めてお会いしたのが先月28日で、まさしくN-BOXを見積もりに行った日でした。

しかしこの営業マンからは、

”初めまして”

の一言も聞かれず。

もう、この時点でおいらは無いなって思っていましたが、商談を進めていくうちに段々と、この営業マンのどこかぶっきらぼうなところが露わになってきます。

”初秋あたりに納車できるように商談を進めたい。
2〜3か月程度の長いリードタイムを考えたらせめて、6月末までに契約したい。”


このように乗り換え時期をきちんと話した上でのことなので、我々は至って真面目です。
そもそも今で5月に入ったわけだし、5月前半のDラー営業日のほとんどをGWで潰されることを考えたら決して、呑気に商談しようという気もさらさらありません。

にもかかわらず、この営業マンにはどこか積極性がない。

Dラーに入った際は自ら出迎えていながら飲み物は何にするかを中々、自ら聞いてこなかった。
しばらくして、フロントの女性が見かねた感じでやっと対応してくれました。
前述のように自転車積み込みのことを話していたにもかかわらず、(構内に自転車がありながら)試乗車を使って自転車の積み込み体験をさせようともしなかった。
下取りにするゼストスパークの査定にしても、そうですね〜っていう感じで、いつ査定しますかというアポを取らなかった(ちなみに当日は母がゼストスパークを使っていたのでやむなくアウトバックでDラーにお邪魔していた)。
一度新古車・未使用車の話もしたのだけど、無理を承知でちょっと探してみます…から入るのではなく、ありません!とはなからバッサリ。

こんな感じで、まるで冷やかしに来た客のように扱われた空気でした。

10万円高いスーパースライドシートの新車にしとけば、自転車積み込みの問題は解決できる。
少しばかり高くても、黙って座っていれば買ってくれる客とでも思われていたんでしょうか。

なんか甘く見られている気がしましたね。

そもそも本気で自分からクルマを買ってもらいたいと思っているなら、もっと積極的に話しかけてくるのがフツーでしょう。
前任者は、たとえ契約に繋がらなかったとしても積極的に提案してくれてたし、分からないことには調べて的確にサポートしてくれていました。

嫁さんもそれが分かっていて安心感を抱き信頼を寄せていたのだから、何気にバカにされた気分で怒りが収まらないのもわかります。


その他、この営業マンのダメっぷりにおいらも心当たりがありました。

このDラーには当日、最新のシビックタイプRが試乗車として用意されていましたが、気がついた時にはすでに試乗中。
戻ってきたらおいらも試乗しようと思っていましたし、営業マンに対して試乗したい旨も伝えていました。
しかし、Dラーをあとにする頃になっても一向に戻ってこない。

やがて帰る時間になって、諦めついて外に出たら・・・タイプRは既にDラーに帰還。

”お客さん、タイプRは戻ってきていました…”

あれだけわくわくさせておいて、

”はぁ?”

って思いましたよ。

お互い商談中で席を外せないのが分かっているなら、せめて別のスタッフと連携できなかったんでしょうか。

”本当に乗らなくていいですか?”

と聞かれたけど、

”欲しくなるからもういい。”

と言って逃げました。

これでおいらも、このDラーはアウトだと確信。
別のDラーでお世話になる方向で嫁さんに勧めようと思っています。

仮に、下取りにするゼストスパークの査定額が30〜40万円だとしたら、差し引き総額は150〜160万円ぐらい。
ゼストスパークの時も総額がこのぐらいだったから、理想のラインでしょうか。




こんな具合ですが、クルマは買ったからおしまい!じゃない。
買った後だって1年点検、車検‥等、やってもらいたいことはたくさんあるのだしこの先何年もお世話になっていく。
だから単にクルマのことのみならず、本当に信頼し合えるDラーと営業マンなのかをよーく見極めながら、後悔のない選択を嫁さんにしてもらいたいものです。

そんなBriskenの今日のBlogでした。

GWも今日で終わり、平常心に戻って明日からまた頑張りましょう。
Posted at 2018/05/06 21:30:33 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ:その他 | 日記
2018年04月30日 イイね!

散りはじめの桜と菜の花とアウトバックのコラボ。

地元秋田の桜も見頃を過ぎて、散り始めているところです。

今年は花見に行けるぐらい気持ちの余裕がなくて、桜の満開のタイミングを逃してしまって写真を撮れずにいました。

けれども、まだ完全に散ったのではない。

あくまで散り始め。

じゃあまだ間に合うじゃないか!

と思って今朝、早起きして近所の公園に足を運びました。

Blog_20180430_001
[Canon EOS 7D + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS]

今日も又、良い天気に恵まれましたね。

Blog_20180430_002
[Canon EOS 7D + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS]

この公園はかつて小学校のグラウンドだったこともあり、敷地の周囲にはたくさんのソメイヨシノが並んでいます。

Blog_20180430_003
[Canon EOS 7D + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS]

奥羽山脈をバックに桜並木を撮るため近くのあぜ道に入ると、道の両端には菜の花がたくさん咲いていました。

Blog_20180430_004
[Canon EOS 7D + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS]

あぜ道を少し進んだ先は、なかなかの絶景ですね。

Blog_20180430_005
[Canon EOS 7D + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS]

桜並木と菜の花のコラボが実現。

Blog_20180430_006
[Canon EOS 7D + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS]

青い空。
黄色の菜の花。
緑萌えるあぜ道の草。

豊かなコントラストに囲まれて映る…

柔らかいピンク色のソメイヨシノ。
そしてアウトバック。

なんだか心が癒されるひとときでしたね。

----------

さて、明日から5月。

GWはまだまだ続きます。

皆様も体調崩したり、事故に遭ったりしないようお気をつけながら、楽しい休みの時間をお過ごし下さい。

以上、Briskenの4月最後のBlogでした。
Posted at 2018/04/30 22:02:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | アウトドア | 旅行/地域
2018年04月28日 イイね!

そろそろ本気に。

何を本気にしなければいけないか。














それは・・・













嫁車の箱替えです。




早いもので、この春娘は小3、息子は小6になりました。

ということは、来年になると息子は中学校へ進学。
今のところバス通学ですが、小学校に比べると中学校は自宅からの距離が近いので、自転車通学になります。

朝は天候良かったのに夕方帰る頃になると雨天になっていたりすれば、息子とともに自転車を載せて帰宅できるようにしなければなりませんが、そうなると現在のゼストスパークで自転車積載というのはまず無理。

ゼストスパークも来年9年車検を迎えるから、乗り換えるなら今しかないと思っているようです。

ということで、ホンダの軽しか興味がない嫁さんが迷わず候補にしているのは・・・





alt


ニューネクストニッポンノリモノ・・・

新型N-BOXですね。

今日Dラーへ行って見てきました。

Blog_20180428_001
[iPhone 8 - Rear Camera]

以前乗ったことがあるCustomのターボ車をもう一度試乗したり、シートアレンジを見て触れて確かめました。

Blog_20180428_003
[iPhone 8 - Rear Camera]

嫁さんは下記を条件にしているようです。
1. 助手席スーパースライドシートタイプが良い。
2. NAで問題ない。
3. Customである必要はない。
4. 雪国なので、4WDは必要。

自転車通学は中学校のみならず高校も有り得る話なので、自転車の大きさはせめて26インチ程度をみておかないといけない。
助手席スーパースライドシートならダッシュボードに接触できるぐらいまでシートを前にスライドできるようで、これなら26インチ程度の大きめな自転車であっても一工夫すること無く自転車を楽に積められそうです。

最近の遠出はアウトバックがほとんどでゼストスパークは街乗り中心。
ターボの必要性はないし、外観もCustomである必要もない。

そうなると、グレードは「G-EX」の4WDで決まりです。

ナビやフロアマットなどを付けた上で初回見積もりを取ってみたのですが・・・




総額210万円超え!




これが軽なのか!と思うぐらいびっくりな値段でした。
おいら以上に嫁さんはびっくりして、いきなり車両本体からの値引きの話を切り出したほど。

営業マンの方もタジタジでしたがやはり人気車種らしく、ほぼワンプライスのようです。

ワンプライスといえば、かつておいらもアルテッツァを買う時に経験していてネッツトヨタのガードの固さに閉口した記憶が蘇りましたが、おいらは前車BP以降、少なくともこの10年以上は新車購入していないので車両本体やオプション品からどれぐらい値引きできるのか、全く分からなくなっています。

今時の値引き事情ってどうなんでしょうかね?

どのみち、どちらも値引きが厳しいのならゼストスパークの下取りで頑張ってもらうしかないかな。

Blog_20180428_002
[iPhone 8 - Rear Camera]

3ヶ月待ちの納期ということで、秋頃の乗り換えを考えると勝負は5月下旬〜6月と、目が離せなくなります。

けれども、おいらが乗るクルマでもなくて、あくまで次期嫁車の検討。
大概のことは嫁さんに決めてもらって、必要以上に首を突っ込まない構えのBriskenです。
Posted at 2018/04/28 22:48:47 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ:その他 | クルマ

プロフィール

「この1週間の出来事。 http://cvw.jp/b/807427/41506897/
何シテル?   05/20 22:10
Briskenといいます。 2016年1月にレガシィツーリングワゴン(BP)から、レガシィアウトバック(BS9)に乗り換えました。 2015/07/...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

お友達

人として、またドライバーとして最低限の常識と言動をわきまえられている方でしたらどなたでもOKですので、是非お声掛け下さい。
143 人のお友達がいます
翔子0414(ふん、どうせ嫌われ邪魔ゴミ翔子0414(ふん、どうせ嫌われ邪魔ゴミ * AOBA27-DETTAOBA27-DETT *
☆たべ☆☆たべ☆ * レガッテムレガッテム *
LEGACY&#215;KANAMELEGACY×KANAME * セキュリティーのプロテクタセキュリティーのプロテクタ *みんカラ公認

ファン

45 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィ アウトバック スバル レガシィ アウトバック
2016年1月30日納車。 5代目の相棒として、BPレガシィからバトンタッチしたのがこの ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
【4台目の愛車】 初めてのスバル車です。 4代目レガシィのE型の特別仕様車、アーバンセ ...
トヨタ アルテッツァ トヨタ アルテッツァ
【3台目の愛車】 コメントは当ブログの「くるま回顧 Vol.1」に全てまとめております ...
トヨタ アルテッツァ トヨタ アルテッツァ
【2台目の愛車】 コメントは当ブログの「くるま回顧 Vol.1」に全てまとめております ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.