• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

柴っちのブログ一覧

2012年09月29日 イイね!

【小松基地航空祭】お土産購入編

 【小松基地航空祭】お土産購入編 小松基地航空祭2012、まだちょっとだけ続きます(爆


午前の部と午後の部の間の昼休みに、
私とぽち丸さんは、ねずみだちゅうさんとマンボーさんに荷物の番をお願いして、
売店エリアに突入しました。

私はあまり航空祭に遠征してもお土産は買わないのですが、
今回はとある目的に使用するため、お土産げ物を買いに行きました。

実はとあるイベントで使う旗代わりの目印になる物が欲しくて、
ブルーインパルスのスポーツタオルを買いに行ったのです。


※自衛隊や飛行機関係のイベントではありません。
 もっとも、自衛隊関係や飛行機関係のイベントでブルーインパルスのタオルを目印にしても、
 同じタオルを持っている人が他にも居るかも知れないので目印にならないと思います。

ところがぽち丸さんと売店に向かう途中、子供が持っているとある物を見つけて、
二人してこれだ!
ということになり、予定を変更してこれを購入しました。














対象年齢6歳以上ですorz

しかも、本来は私だけが買えばよいのに、ぽち丸さんもこれを気に入って、購入することになりました。

ちなみに膨らますとこんな感じ。




後ろのTVは42インチですので、その大きさが分かると思います。


実際に人ごみで使うとこんな感じ。


目印になるかな?


問題は、現地まで膨らませて持っていけないので、イベント当日現地で膨らますことになりそうですが、オイラ一人の肺活量ではとても無理です。




誰かに周りの人に協力=間接キスをお願いしないと・・・
Posted at 2012/09/29 16:46:37 | コメント(8) | トラックバック(0) | 自衛隊 | 日記
2012年09月29日 イイね!

【小松基地航空祭】小松の奇跡は起きずorzブルーインパルス編

【小松基地航空祭】小松の奇跡は起きずorzブルーインパルス編既に一つ前のブログに書いていますが、この日は天気がイマイチデシタ。

夜半に本降りの雨が降り、明け方になっても小雨が残り、午前中の展示飛行中も降ったり止んだりで、途中で傘を刺したり、マンボーさんはカメラ撮影専用ポンチョを被ったり脱いだりを繰り返していました。

そんなお天気は、長い?お昼休みを挟んでも回復しませんでした。

また、天候が悪くなる予報の中、民間機の到着がディレイ(遅れた)ため、
ブルーインパルスの展示飛行も開始時間が1時間近く遅れることとなりました。

約1時間遅れとはなりましたが、数年前に2年続けた起きた、
「5番機だけが天候調査に上がり、結局曲技飛行は危険と判断され、そのままミッションキャンセルorz」
とはならず、何とか第3区分(途中から第4区分に変更)での飛行展示が実施されました。

このため、展示科目は前日の予行編と異なります。

また、雲が多くて暗いため、カメラのピントが合いにくく、昨日の予行はおろか、当日午前中よりも撮影条件が厳しくなり、ダメダメ写真ばかりとなってしまいました。


まずは昨日も見たダイヤモンド・テイクオフ&ダーティーターン


今回は会場内から撮影なので、着陸灯が見えます。


続いて、5番機のローアングル・キューバンテイクオフ&6番機のロールオン・テイクオフ。


ちなみに基地外から撮影した、前日予行の同じ科目。
見る場所が違うと、見え方も異なります。


ファンブレイクも会場内でみると、密集隊形で飛んでいるのが良く分かります。


こちらは前日予行でのファンブレイク。


続いて、第3区分、第4区分でしか見れない、レベル・オープナー。






現在は天気の良い第1区分、第2区分では、予行で見たサンライズを行います(以前は、レイン・フォールでした)。


サンライズとレベル・オープナーの違いが分かり難いですが、天気が良くて雲が高く垂直系の機動が可能なときは、垂直に進入から始まり、客の頭上で少し上昇するサンライズを、雲が低いときは水平に進入して水平に開くレベル・オープナーとなります。

続いて、カリプソ。

カリプソは、背面飛行で5番機が6番機の上を飛びますが、5番機と6番機の上下位置が逆になり、背面飛行の5番機が6番機の下を飛ぶときは、バック・トゥ・バックとなります。

オポジット・トライアングル。




この他、第3区分、第4区分では、スラント・キューピッドまたはオリジナル・レベル・キューピッドとサクラという2つの人気科目がありますが、今回は展示飛行中に隊長さんから、キャンセルの指示が出てしまい省略されました。

ちなみに、これがキャンセルされた、サクラ。


タッククロスⅡ

会場正面より進入した5番機、6番機が滑走路上でクロスして左右分かれ、その後滑走路上で左右から進入し、観客の前で高速ですれ違います。

この後、1番機~4番が会場左手からトレイル隊形で進入し、ローリングしながらコンバット・ピッチを行います。
これが、初代ブルーインパルスより引き継がれる伝統の技、ローリング・コンバット・ピッチ。
略して、”ロリコン”





 





ちなみに、こちらがローリングしないコンバット・ピッチ。

この後、1番機~4番機は着陸態勢に入ります。

そして5番機、6番機がコーク・スクリューで最後の演技を行います。


ところでタイトルの小松の奇跡ですが、2003年度と2006年度だったと思いますが、今回と同じように当日の未明から明け方に大雨が降ったにも関わらず、また前日の天気予報では終日雨の予報だったにも関わらず、航空祭開催と同時に雨が上がり、挙句の果てに快晴となってブルーも第1分の展示を行った事がありました。

これを我々オタどもは小松の奇跡と呼び、今回のように天気予報が悪くても、
「行かずに後悔するなら、行って後悔する!」を合言葉に小松に集結します。

いかし、ここ数年、小松には奇跡は起きず、雨に祟られ、ブルーのミッションキャンセルまで招いています。

そういう意味では、今年はブルーが第3~第4区分ではありましたが、未明の本降りと午前中の降ったり止んだりを考えると、奇跡とまではいきませんが、ラッキーでした。
なんやかんや言っても、午前中は全てのスケジュールをこなしたしね(^^)
Posted at 2012/09/29 01:27:12 | コメント(2) | トラックバック(0) | 自衛隊 | 日記
2012年09月28日 イイね!

【小松基地航空祭】航空祭本番・午前中編

【小松基地航空祭】航空祭本番・午前中編小松基地航空祭本番・午前中編です。

小松基地に限らず、ブルーインパルスの曲技飛行(展示飛行という場合もあります)がある場合、
通常、午前中は開催基地の所属機もしくは他の基地からの外来機が展示飛行を行い、
午後からブルーインパルスの展示となる場合が一般的です。

今回の小松基地航空祭もこの基本スケジューリングで構成されています。


小松基地は会場(エプロン)内に「脚立エリア」や「車椅子専用エリア」を設けるなど、他の基地の航空祭ではみられない、観覧者が見やすい環境の導入を進めています。


また、飛行展示を見るだけでなく、小さな子供連れのご家族も楽しめる開催しています。


小松基地には、航空自衛隊第6航空団隷下の戦闘機部隊である303飛行隊(部隊マークは、ドラゴン)と306飛行隊(部隊マークは、ゴールデンイーグル。「白山のイヌワシ」がモチーフ)の2つの飛行隊が属しています。

303飛行隊のドラゴン


306飛行隊のゴールデンイーグル


この説明を少し詳しく書いたのには理由があります。

最初のスケジュールを見ると分かりますが、小松基地航空祭では、午前中にF-15の機動飛行が2回あります。

最初の1回目は303飛行隊のドラゴン、2回目の機動飛行は306飛行隊が実施しました。

今回の小松基地航空祭は、みん友のぽち丸さんとねずみだちゅうさん、非みんカラのマンボーさんとの4人で参加しましたが、当日の未明からけっこう激しい雨が降り、それが明け方まで小雨で残っていました。

このため、通常なら開門前から並んでオープニングフライトを今や遅しと待つところなんですが、今回は天候不良で展示飛行が無いかも知れないと思い、ギリギリまで駐車場で待機しました。
そしてオープニングフライトが実施されたのを確認して基地に移動を開始したため、オープニングフライト、落下傘降下、1回目の303飛行隊の機動飛行を見ていません。

正確に言うと、303の機動飛行は基地への移動中に歩きながら見ました。
この時、基地外にもいたにもかかわらず、そのバーナーの轟音と、雲のため通常より高度が低いのではないかと思われる激しい機動飛行を見ました。

基地に着くと、アニソンのBGMがこれでもかと流れていました。
ここで既にオタクの血が騒ぎます。
しかしなぜ航空祭のBGMが初音ミクやけいおんなの?

エプロンに着くと、経験からここがベストと思われる場所に荷物を置いて我々のベースを築きます。

その後暫くして、U-125(アスコット)とUH-60(ヒーロー)の救難コンビによる救難展示が始まりました。

なお、天候不良のため、背景は曇天で全体的に画像が暗いのはご容赦くいださい。


まずは、アスコットの離陸。


ヒーローからメディック(救難員)がファストロープで降下します。


救難作業中もアスコットがヒーローの周りを旋回してその作業を見守ります。




ヒーローは、機首に空中給油プローブの付いた最新型です。


今年の5月に静岡県の静浜基地航空祭では、救難展示後、このヒーローが”これでもか!”、”助けて人が気絶してしまう!”というほど激しい機動飛行を見せてくれましたが、今回は機動飛行はなしでした。

救難展示の次は、百里基地所属のRF-4EファントムⅡによる展示飛行です。


通常の戦闘機型のF-4EJ改は制空迷彩と呼ばれるF-15Jと同じ空に溶け込むグレーですが、偵察機型のRF-4EJは、いわゆる迷彩色に塗られているのが特徴です。





ここにはアップしていませんが、この日は雨上がりで湿度が高いため、ファントムもかなりヴェイパーを発生していました。

※ヴェイパー(Vapour)とは、航空機で起こる現象。一例としては、戦闘機が運動するときに、機体の一部(主翼の付け根、翼端等)からこぼれた空気が急減圧されることにより、空気中に含まれる水分が凝結作用により発生する。 航空ショーなどで戦闘機が高機動飛行を行う際に発生を確認しやすい。 また、湿度が高い時はより低速でも発生しやすい


次のプログラムは、F-15による編隊飛行とT-4練習機(ブルーインパルスの機体のベース機)の機動飛行です。

まずはT-4練習機が先に上がります。

その後、編隊飛行のため、303&306のF-15×8機がバーナーを炊いて連続離陸します。




そして、F-15が洋上で編隊飛行の隊形を整える間、T-4が機動飛行で観衆の目をひきつけます。


303飛行隊のイーグル4機がダイアモンド隊形で会場に進入します。


次の編隊が進入するまで、T-4が機動飛行。


次は306飛行隊が、アロー(ヤジリ)隊形で進入。




また、T-4ががんばります。


303&306の混成部隊による傘型隊形。




T-4がんばる!


最後は、303&306の8機による大編隊!(レウさんは、大変態orz)
ビッグデルタ。




なお、過去には2004年の航空自衛隊創立50周年の時は、空に50の文字を描くため、確か10機で大編隊を行ったと思います。

迅速に連続着陸するために、(ローリングしない)コンバット・ピッチを行います。




一旦、303&306のF-15全8機が着陸します。

その後、午前中のプログラムのトリ、306飛行隊のイーグル2機がバーナーを炊いて離陸します。

なお、この306の機動飛行中のBGMは、マクロスFのオンパレードでした。
(この展示飛行中のBGMはパイロットさんが選曲するらしい)

できれば、ここからは、このイメージでご覧ください。







 

もう、ヴェィパー、でまくり(^^)






 

今回、一番お気に入りのショット!








 

かなりピンボケorz




最後は、コンバット・ピッチ!




この後、無事に2機は着陸して午前の部は終了です。


もうね、イーグルでおなかいっぱい(^^)

オイラのようなF-15J/DJイーグル大好き人間には、本当、たまらない航空祭です。

まさに、イーグルの聖地!!!




【果たしてこの曇天の中、午後からブルーインパルスは飛んだのか?】
Posted at 2012/09/28 01:09:24 | コメント(5) | トラックバック(0) | 自衛隊 | 日記
2012年09月25日 イイね!

【小松基地航空祭】ブルーインパルス・前日予行

【小松基地航空祭】ブルーインパルス・前日予行 続いて、ブルーインパルスの前日予行(地形完熟飛行)より。

ブルーの展示飛行は天候により、第1区分~第4区分、幻の第5区分(航過飛行)と分かれていて、数字が小さいほど展示内容が良い(垂直系の展示あり)ものとなります。 

この日は天気が良かったので、文句なしの第1区分でした。

なお、予行は基地外から見ていますので、ショーセンターよりズレています。
このため、一部の科目や描き物を横から撮影しているため、本来の見え方と異なるものあります。
ご了承ください。

1番機~4番機による、ダイヤモンド・テイクオフ&ダーティーターン




 
本当は、この後会場正面より脚を出したまま(これをダーティー形態といいます)脚部の着陸灯を点灯させて、会場正面より進入し後方へ飛び去ります。

5番機のローアングル・キューバンテイクオフ&6番機のロールオン・テイクオフ。
5番機は地上スレスレを滑走路端までスモークを出して飛びます。
6番機は直ぐに機種上げして上昇し、脚を出したままロールします。
写真中央の上昇中がロール前の6番機です。
地上には、地上スレスレで飛ぶ5番機のスモークが見えます。
 
滑走路端から急上昇する5番機。
 

1番機~4番機のファン・ブレーク。
一番の密集隊形で会場左後方より進入します。


 

チェンジオーバー・ターン。
縦一列のトレール隊形で進入し、
 
会場近くで隊形変換。
 
アップです。




 



 

 
最後は傘型の密集隊形です。
 

サンライズの進入。




 
最後はブレイク(分散)して、日の出(サンライズ)を表しています。
 

スロー・ロール。
ゆっくり旋回しています。
 

チェンジオーバー・ループ。
こちらも宙返り中に隊形を変えます。
写真は既に隊形変換を終えています。
 





 

ハーフ・スロー・ロール。
2機でゆっくりとロールしています。




 

オポジット・コンティニュアス・ロール。


 
会場正面から見ると、本当に衝突しそうに見えます。

4シップ・インバート。
4機が背面飛行で会場に進入します。
 
リカバリー、レディ、ナウ!の号令で、元に戻ります。
 

5番機、6番機による描き物。
 
お尻?
 

 
おお、ハートが完成 。

あれ?でも何かきた?
 



 
4番機が矢を射抜きました。
これぞ、ブルー名物のバーティカル・キューピッド。

ライアンブレスト・ロール。


 

360度&ループ。




 

オイラの好きな、
ワイド・トゥ・デルタ・ループ。




 
まるでリボンマークですね。

デルタ・ループ。


 

デルタ・ロール。




 

ボントン・ロール。






 
スモークが切れた瞬間、全機が一斉にロールします。
写真では分かりにくいですが、実際には統制が取れて凄く綺麗な動きをします。

バーティカル・キューバン8。
縦8の字。
 

上向き空中開花。
 
花が咲きました。
 
そのまま空中集合して、


 
☆を描きます。
これがブルーインパルスオリジナルの、
スター&クロス。

5番機、6番機が背面で進入してきて、


 
クロスします。
その名も、タッククロスⅠ。

タックⅠでは、左右に分かれた機体が反転してきて、
再度会場正面でクロスします。
 

本当はこの後に4機で行う最後の科目の
ローリング・コンバット・ピッチ(通称「ロリコン」)が有りましたが、
名前が名前名だけに、自主規制します(本当はうまく写真が撮れませんでした)。

5番機、6番機による
コーク・スクリュー。
 
背面飛行する5番機の周りを6番機が螺旋状に飛びます。
 
その後。ターンして、5番機、6番機も着陸態勢へ。
 

この後、1番機~6番機が全機着陸して終了。
約35分間(ブルーの公式アナウンス)に渡る曲技飛行の終了です。

写真ではピンボケがあったり、シャッターチャンスを逃した演技はアップしていませんので、実際にはもう少し科目があります。


【評判が良かったら、航空祭当日編に続く・・・?】
Posted at 2012/09/25 22:52:42 | コメント(8) | トラックバック(0) | 日記
2012年09月24日 イイね!

【小松基地航空祭】スクランブル!

【小松基地航空祭】スクランブル!9月22日、23日と2日間、石川県の小松市に遠征してきました。

フリード、フリードスパイク乗りのみん友さんの多くが関東の聖地に集結していた時、
オイラも本州のF-15J/DJイーグル戦闘機の聖地、というか
イーグルネスト(鷲の巣)である、
航空自衛隊小松基地航空祭に行ってきました。

航空祭は、23日日曜日だけですが、前日の土曜日には航空自衛隊の曲技飛行専門部隊である、
ブルーインパルスの前日予行(地形完熟飛行)があるため、
前日の22日より、いつもの飛行機仲間の”ぽち丸”さん(みん友さん)と”マンボー”さん(非みんカラ)に加え、
今回は小松基地航空祭初参戦という、みん友の”ねずみだっちゅう”さんと私の4人で行ってまいりました。

ブルーの前日予行の飛行時間は大体の予想はついていますが前倒しもあるため、
早めに空港周辺の見晴らしがよさそうな場所に陣取ってカメラを構えてひたすら待つ、
もとい、駄弁っています。

すると、突然エアバンド(航空無線)が激しく交信をはじめました。

※電波法により、交信内容を聞くのはOKですが、その内容を第三者に伝えると違法となりますので、
詳細はお伝えできません。

とにかく、今まで我々も航空祭や民間空港のエアバンドを聞いているので、
普通の交信はある程度内容が分かるのですが、
こんな激しい無線のやり取りははじめて聞きました。

暫くすると、2機のF-15がアラートハンガーより緊急発進していきました。



離陸滑走開始。


アフターバーナーで離陸!


離陸後直ぐに脚を上げています。


この日は土曜日とは言え、祝日です。
日祝は基本訓練飛行はしません(ブルーの地形完熟飛行は除く)のと、
先ほどの激しい交信(内容はさっぱり分かりませんでしたが)で、
我々はコレが直ぐに
「スクランブルだ!」
と分かりました。

1時間ほどして、スクランブルであがった2機が帰ってきましたが、
その主翼下のパイロンには、実弾(赤外線追尾式の短射程ミサイル)が付いていました。


航空祭では、展示飛行を行う機体はミサイルを付けていませんし、
地上展示の機体には、ミサイルが付いていても弾頭に炸薬の無い訓練弾しか見たことが無かったです。

小松基地をはじめ、今まで各地の航空祭に多数遠征してきましたが、
実際にこの目でスクランブルを見たのは今回が初めてでした。

その後、この日撮影した写真を整理してみると、
何と我々が朝一番にこの撮影スポットに到着した直後に着陸してきて撮影したF-15Jもスクランブル帰りの機体でした。


不謹慎な発言で申し訳ありませんが、我々の到着がもう1時間ほど早かったら、
1日に2度スクランブルの緊張感を体験できたかと思うと、
ちょっと残念です。

いやいや、それにしても貴重な体験をさせていただきました。


【ブルーインパルス予行編に続く・・・かな?】
Posted at 2012/09/24 20:39:08 | コメント(9) | トラックバック(0) | 自衛隊 | 日記

プロフィール

「@レウカンサ 今回もすれ違いということでorz 織姫と彦星みたいwww」
何シテル?   09/13 23:03
柴っちです。よろしくお願いします。お友達申請もよろしくお願いします(^^)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

テールランプを交換してみよう 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/14 11:34:39
BIKE HAND 自転車用ツールボックス YC-735A 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/08 20:10:08
セカンドシート座面外し 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/08 16:31:16

ファン

37 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フリードスパイク ホンダ フリードスパイク
2010年7月の発売前に予約注文して購入しました。 その後、直ぐに楽しい”みんカラ”ライ ...
その他 JD BIKE RB-300 その他 JD BIKE RB-300
【車名に間違いがありましたので登録し直しました。】 幻の名車? 以外によく走ります。 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.