• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

アスロックのブログ一覧

2018年01月14日 イイね!

プラモデルを作ってみた(F-4J/Mig-25)

いきてますよ~(^^;
いやぁ、どうも年末から体調を崩してしまって、よろしくないです。
前回T-400の飛行展示をアップしましたが、その直後に高熱が出て2日間寝込みましたしね。
そのほかにも年末までにさらに風邪を引いて寝込んでますし、しかもクリスマスの前日にエン痔ェル様が悪化して動けないほど痛くなってしまいました。
仕事納めまでは何とか持たせましたが、年末年始の冬休みはず~っとエン痔エル様が痛すぎて寝込んでました。
冬休み明け前日に初めて初詣にいったぐらいですからね・・・


さて、年末年始、布団で寝ていても仕方がないので動ける範囲で動いてました。
まぁやることといったら・・・
プラモ作りなんですけどね(笑)


F-4JファントムⅡ艦上戦闘機です。
キットはレベルの1/72のもので、写真のようにVF-84の機体を再現できます。


このキット、非常にディテールがしっかりしているのですが、モールドが凸の上に、あちこちヒケまくっているしバリも結構ありました。
ただ非常に組みやすかったのでラッカーパテのお世話になりながら紙やすりでコシコシやると非常にかっこよく組みあがります。
・・・・まぁキャノピの塗装トチりましたが(^^;



実はファントムって空自機はともかくそれほど意識したことがなかったのですが、こうしてプラモを作るとかわりますね。
超かっこいいです。
主翼を覆うかのように自己主張が強すぎる国籍マークなど、一つ一つはある意味「ダサい」のですが、これが一つ一つあわさるとめちゃめちゃかっこよく感じます。
いかにも60年代、70年代って感じですね。



ところで今回、モデルを作るにあたって「世界の傑作機 F-4J、SファントムII 」を参考にしました。
恥ずかしながらF-4BとJとSの違い、わってなかったので今回勉強になりました。
海兵隊のF-4Bやカウンターシェイド塗装になったF-4Sも作ってみたいですね。



さて、F-4Jが完成したのは年明けすぐなのですが、せっかくなのでもう一つ、こんどはパパッっと作れる簡単なキットを作りたくなってきました。
そこで手に取ったのが・・・・


Mig-25フォックスバット。
キットはハセガワの1/72のもの。
ICMやズベズダのものじゃないのよ。
このキット、函館に強行着陸して亡命したあの事件の直後(4ヵ月後)に発売して、大ヒットしたあのモデルです。
さすがにモデルが古いですので今見ると形状も結構違います。
そこで今回初の試みとしてモールドを全て彫りなおしました。


どうせ形が違うのですから、雰囲気重視でテキトーにモールドを彫って、塗装も組み立て説明書を全無視しています。
説明書では機体全体をダークシーグレー+白の混色に、レドームと垂直尾翼の縁をニュートラルグレー+つや消し黒の混色ですが、写真を見ると機体全体はかなり白っぽく、レドームは濃い色に見えました。
そこで機体全体をH308の明灰色+つや消し白、レドームはH301濃灰色としました。
ハセガワの作例ともずいぶん彩度が違いますがわたしはこっちのほうが好きなので。
脚はエアクラフトグレー+白としました。

そうそう、この機体ですが、Mig-25Pを意識して作りました。
Mig-25は戦闘機型、偵察/爆撃型、練習型、防空施設制圧(SEAD)型があるのですが、戦闘機型は機首が太くて大出力のレーダが搭載されています。
戦闘機型はMig-25PとPDの2種類が知られています。
函館に亡命してきたのはMig-25Pで、ここで徹底的に調べられたため、ソ連当局がMig-25の上ポンシステムを書き換える必要がでてきました。
これがMig-25PDです。

それとまだMig-25の情報がほとんどなかった時代は西側はこのフォックスバットを「Mig-23」と呼んでいたそうです。
なのでMig-23フロッガーを「Mig-25」、Mig-25フォックスバットを「Mig-23」とあべこべで呼んでいたようで、それをオマージュして今回機番をレッドの23としています。


さて、完成して感じた印象は・・・
とにかくでかい!
同スケールのMig-23と比べると変な笑いが出てきます。
F-15と比べてもでかいですよ、これ。
そんでもって表面処理と溝彫りを乱暴にやったので、結構目立ちますね(^^;
これは教訓になりました。

さて、リアルなMig-25はコンドルのキットをもってますのでいつか作るとして・・・・
Mig-25、美しさはないですが、とにかくめちゃんこカッコイイですね。
部品点数も少ないですし作ってて楽しいプラモでした。
Posted at 2018/01/15 00:15:15 | コメント(2) | トラックバック(0) | プラモデル | 日記
2017年12月03日 イイね!

浜松基地T-400型練習機展示

なんだかずいぶん久しぶりになってしまいました・・・
今年は厄年ということもあって妙に体調が悪く、本当なら11月のはじめに伊勢神宮へ参拝+明野駐屯地航空祭見学というのを考えていたのですが、見事に風邪を引いてしまってキャンセル。
その後もたびたび風を引いたり直ったりの繰り返しで、医療機関への受診が11月だけで10回を超えました(苦笑)
このうち半分は眼圧測定や胃薬などを処方してもらう通院ですが、それにしたって11月は多かった。


さて、南のほうでは新田原基地で航空祭前日となる12月3日、浜松基地ではちょっとしたイベントが開催されていました。


T-400ジェット練習機のデモフライト&地上展示です。



現在T-400を運用しているのは第3輸送航空隊隷下の第41教育飛行隊で、島根県の美保基地(米子鬼太郎空港に隣接)におかれていますが、近い将来ここ浜松基地に移動してくることがきまっています。
航空自衛隊の教育は新隊員教育や航空機整備や電子機器の取り扱い、武器取り扱い、航空機の操縦、幹部教育などをする部隊や学校は航空教育集団という組織の中にあるのですが、なぜか小牧基地の救難教育隊と美保基地の第41教育飛行隊はその組織とは別の組織にあるわけです。
この第41教育飛行隊を航空教育集団に入れることで教育の一本化を図るのが目的なのですが、浜松基地に移動になったことを考えると美保基地が手狭になってきたこともあるんでしょうな。



一緒に地上展示されたT-4練習機。
ビジネスジェットがベースのT-400と比べるといかにも「軍用機」という感じがしますね。
浜松基地にT-4が配備されたのは昭和63年ですから既に30年。
まさにT-4とともに歩んできた浜松って感じですね。
T-400の大きさは全長14.8m、全幅13.3m、自重4.6トン。
T-4は全長13m、全幅9.9m、自重3.7トンなので機体の規模としてはだいたい同じぐらいでしょうか。




地上展示を終え、飛行展示に向けて駐機場所を移動するT-400。
タグ(トーイングカー)にひっぱられています。
来場者のほうに機首を向けているとエンジンをかけたときに吸い込まれてしまう恐れもあるので危険ですものね。
胴体に窓が4つ見えますが操縦席に2人、キャビンに4人乗ることが出来ます。




エンジンをスタートさせ、飛行前の最終点検をしています。
T-400は自衛隊装備年鑑には「輸送機・救難機等基本操縦練習機T-400」というえらい長い名前がつけられています。
その名前のとおりそのまんまですが、輸送機や救難捜索機などの基本操縦の練習を行う飛行機です。
航空自衛隊の戦闘機は単座または複座ですが前席は1人が座って操縦します。
輸送機や救難機、早期警戒機は操縦士と副操縦士が並んで座って操縦します。
同じ飛行機といっても戦闘機は操縦桿、輸送機などは操縦輪ですし、戦闘機は操縦席がむき出しで周囲が全部キャノピーとよばれる窓ガラス(樹脂ですが)でおおわれていますが、輸送機などは窓ガラスは前と横のみで操縦席は機体の中にあるなど結構違うわけです。
そこで戦闘機と同じ操縦教育をやるとどうしても不都合がでてきちゃうわけです。
昔は航空自衛隊の輸送機などの基本操縦は対潜哨戒機など大型機をたくさん運用している海上自衛隊に委託してたのですが、このT-400を導入することで航空自衛隊が自前で基本操縦教育が出来るようになったわけです。
さあ点検が終わりランウエイに向かってT-400がタキシングしていきます。




離陸するT-400。
こうしてみると見た目は完全にプライベートジェット機ですが、実はそうなんです。
機体にいくつものアンテナがありますがGPSや航法システム、通信アンテナなどが設置されてはいますが基本的にプライベートジェット機そのままです。
米国のレイセオンエアクラフト社のビーチジェット400Aというプライベートジェットの機体を練習機仕様にしたもので、米空軍ではT-1ジェイホークという名前で使用されています。
最大速度は真っ赤0.78(870km/h程度)、航続距離は3000kmとなかなかのもので、推力1.3トンのターボファンエンジンを2つ搭載しています。
飛行中は本当に静かなんですよ。




こちらは第1航空団第32教育飛行隊のT-4中等練習機。
T-400に続いて離陸していきます。
T-400と比べてパワーがあるからなのかT-4はT-400よりもずいぶん手前の位置で脚が地面から離れていきます。
同じぐらいの規模の飛行機ですが離陸一つとってもずいぶん違いますね。



上空をフライパスするT-400。
高度が比較的あったとはいえ、静かそのもの。
移動してくることで騒音に苦しめられるのではないかなど不安に感じる住民もいると思いますが、実際に飛ばしてみてもらうことで理解を深めてもらうことは大切ですものね。



同じくフライパスを行うT-4。
航空祭のときのように機動飛行を行うのではなくあくまでもT-400と同じように飛んで、騒音などの不安はいかがでしょうか?という感じでした。
T-4そのものも機体が小柄で戦闘機のような大パワーなエンジンを搭載しているわけではないので上空通過しているときは結構静かだったりします。






脚を出した状態で比較的低い高度でフライパス。
この状態でもやはり静かですね。
T-400は米国のレイセオン社製と書きましたが、実は開発は日本が行っているんです。
もともとは三菱のMU-300ダイヤモンドというビジネスジェットだったわけです。
非常に優秀で性能もよく、低燃費で乗り心地も良い。
さあいよいよ売り出そうというときになって米国で連邦航空局がその前に起きた大型旅客機の事故の関係で航空審査が遅れに遅れ、しかも悪いことにその間に不況になったことで米国では航空機需要が一気に冷え込んでしまい、大赤字の三菱は・・・
続きのほうはもう疫病神でもいるんじゃないかというぐらいあまりにあんまりな不憫さなので、ぐぐって調べてみてください。
たぶん泣きます。
結局なんやかんやで三菱の手を離れてしばらくするとこの機体に米空軍が目をつけ、T-1ジェイホークの名で練習機として採用するなどして売り上げがどんどん伸び、航空自衛隊も「米国製」のホーカー400をT-400として導入することになったわけです。
MU-300の名前で、国産機として導入してもらいたかったというファンは多いはず・・・・・


こちらはT-4。
T-400が艶のある白に塗られているのに対しT-4は機体が灰色ですね。
T-4は戦闘機の基本操縦教育としても用いられるので機体は灰色、ただし垂直尾翼や主翼などの先端は視認性のよいオレンヂ色に塗られています。
機体に比べ比較的大きなエンジンを背中に背負っているT-400と比べるとT-4は胴体の後部に見える小型のノズルの大きさからそれほどパワーがないように感じますが、T-4が搭載する国産のF3エンジンは約1.7トンの推力があります。
機体の自重が3.7トンに対して、2つのエンジンで3.4トン近い推力ですから結構パワフルだったりします。



続いてタッチアンドゴーをおこない、滑走路右手側からフライパス。




飛行展示を終え着陸するT-400。
着陸もやはり静かですね。
日の丸がついていなければ自衛隊機だと気がつかない人も多いんじゃないでしょうか。
T-400が配備されたのは平成6年度で、まだ数がそろっていないときに運用の研究などを行う準備部隊の臨時第41教育飛行隊が美保基地の第3個輸送航空隊隷下に編成されました。
翌年平成7年に臨時第41教育飛行隊が廃止され、第41教育飛行隊として編成されて現在に至ります。





T-4もタッチアンドゴーをおこない、再度アプローチして着陸を行いました。
後輪が接地後、しばらくのあいだ機首をあげたまま滑走していきましたがこのパイロットは元F-15のパイロットなのかな?
こうして着陸の様子の違いなどを比較できるのも浜松ならではですね。




飛行展示を終え、地上展示のためふたたび広報館前のエプロンにもどってきたT-400です。
このデモフライトは14日にも行われるようで、騒音などに不安を感じる住民の方々に理解をしてもらえる試みとして意義のあるものだったんじゃないでしょうか。

ちなみに・・・・
この展示が行われているとき、基地の外では怪しい団体がデモやってましたよ。
すご~くさびしい人数でしたが(笑)


以上、T-400展示でした。


Posted at 2017/12/03 03:06:38 | コメント(2) | トラックバック(0) | ミリタリーイベント | 日記
2017年10月24日 イイね!

プラモデルをつくってみた。(F-15Eプロトタイプ/バッカニアS2)

いやもう台風がすごかったですね。
浸水した河川なんかもあったようで、犠牲になられた方、また被害にあわれた方、お見舞い申し上げます。
うちの近所の川もそれなりに危険だったようで、非難判断水位までいっちゃってたようです。
今朝その川の近くを通りましたが水位はすっかり下がっていて、どれだけ急に雨が降り注いだんだろうと考えさせられました。


さて、久しぶりにプラモです。
ちょこちょこつくってるんですよ。
まずはこちら。


F-15Eストライクイーグルです。
TF-15を改造して戦闘爆撃機型のデモンストレータになったプロトタイプです。
確か1980年のファンボローに出展した機体で、この緑色になる前は航空自衛隊のF-X選定のとき入間基地で開催された国際航空宇宙ショーでF-14とともにデモフライトを行った機体です。
あのデモフライトを行ったときは米国建国200周年のサンダーバーズっぽい塗装だったのに、緑色になると雰囲気かわりますね。



キットはハセガワの旧キット・・・・じゃないですよ。
現行のハセガワ 1/72 F-15Eストライクイーグルをベースに旧キットのパイロン、シート、エンジンノズル、デカールなどを流用しました。
右主翼付け根の機関砲口は埋めて、エアブレーキも試作型にあわせて小型しました。
しかしFASTパック・・・・じゃなくてコンフォーマルタンクの合いがすさまじく悪かった・・・



F-15Eストライクイーグルといえば、黒に近い濃灰色の機体ですが、緑色のマダラ模様(チャコールリザード)にMk20ロックアイをしこたまぶらさげたこの機体をイメージする人、多いんじゃないでしょうか。
それにしてもなぜあんなに盛大にクラスター爆弾ぶらさげてたんでしょう・・・・(Mk82でもよかったのに)



エンジンノズルは旧キットを流用して、底をくりぬいてエンジンのファン部を見えるようにしましたが、ノズル部分はつるんとしたままなのが残念・・・
でもアイリス板にみたてたプラ板を1枚づつはりつけたくないしなぁ(苦笑)
塗装はフリーハンドですので、結構実機とは違ってしまいました。
キャノピーを接着するときにズレて隙間が生じてしまったのがなんとも心残り。
次はがんばろう。



次はこれです。

バッカニア(カナメさんじゃないよ)。
何気にバッカニアの1/72のキットってエアフィックスとレベルしかないんですよね。
キットはレベルの1/72 バッカニアS2Bです。



バッカニアS2Bということからもわかりますが、何気にこれ、空軍機なんです。
でも個人的にペンギン塗装にしたかったので、塗装だけかえてなんちゃって海軍機のS2風ってことです。
デカールなんてもちろんもってませんので、シーハリアーのデカールを流用してます。
かなり無理がありますが細かいことはなしだ!



キットはレベルの1/72とかきましたが、実はマッチボックスの金型なんです。
マッチボックスのバッカニア・・・・是非ぐぐってください。
「あっちょんぶりけっ!」な成型色ですから(笑)
あ、このキットは面白げがない白色一色でしたよ。

マッチボックスのバッカニアが発売されたのはおそらく40年以上前。
ということで全体の形状は良くてもディテールはかなりアバウト。
しかも運河彫りだ!
たぶんビッグワ●ガムのほうがディテールは数倍上だぞ。
その上部品との合いもかなり悪いので、箱から出した時点で絶望感を感じました。
でもその分かなり気楽に作れましたけどね。
初めて全て彫りなおしました。


ディテールがアバウトなんですからコクピット内はもっとアバウト。
シートはそれっぽい形(やたらでかい)なのですが、計器版なんかありませんし、それどころか風防の中にある計器版のひさし部分

がない・・・

つまりコクピットはシートが2つあるだけ。
ちょっとなぁ・・・
そこでプラ板とパテでそれっぽくしてHUDをつけときました。
ちなみにシートはなぜかACES IIです(笑)
完成はしましたが、筋彫りのときはみだしたり曲がったりして必ずしも満足ではなかったです。
ここが今の時点での技術の限界・・・・かも。
またパテはポリパテを使ったので筋彫りをするときに割れてしまうということもありました。
次はエポキシパテだなぁ。
出来はかなりアレになってしまいましたが、いろいろ学ぶことが出来ました。
Posted at 2017/10/24 00:49:51 | コメント(1) | トラックバック(0) | プラモデル | 日記
2017年10月14日 イイね!

エアフェスタハママツ2017予行

明日10月15日はまちにまった浜松基地航空祭!
その前日となる今日14日は予行練習です。

エアフェスタハママツでは前日の予行を障害者手帳、養育手帳をもってる方々を対象に特別公開行事として飛行展示の一部(ブルーインパルス)や地上展示を事前公開しています。
とてもいいことですね。

この予行練習のフライトでは浜松基地に隣接する浜松広報館から見ることが出来ます。
航空祭会場は北側、広報館は南側なのでちょうど反対側になりますが、航空祭でみられない反対側から見ることが出来ます。


さて予行訓練スタートです。

4機の編隊を組んだ状態で離陸していきます。
その後


離陸した4機はそのまま脚を出した状態で旋回。
ダイヤモンドテイクオフ&ダーティターンです。




ブルーインパルスが飛ぶ直前になって小雨が降ってきました。
離陸してからは奇跡的にその小雨も落ち着いてきました。
もしかして・・・最後までいけるか?
そんな願いがわいてきます。
そうこういってるあいだに5番機6番機が低角度/高角度に分けて同時に離陸するローアングルテイクオフ&ロールオンテイクオフです。
離陸角度が違うとこんなに見た目も飛び方も違うんだなと面白い科目ですね。



会場側とは反対側なのでわかりづらいですが、4機の密集編隊、ファンブレイクです。
ちょうど会場を通過したときに写した1枚ですが、翼と翼の感覚が本当に狭い!




トレイル編隊で進入して、そこで編隊を大きなデルタ隊形に組みなおして、さらにそこから密集編隊になる編隊の組み換える技術を堪能できるチェンジオーバーターン。
でもなぜか最初のトレイル→デルタになるところがメインに見えてしまう科目でもあります。



小雨もときどき降ってくる中でまさかやってくれるとは思ってもいませんでした。
レインフォールです。
編隊のまま上昇し、下を向いたときにスモークON、大きく開く科目です。
小雨の中でレインフォール(雨降り)とな?(^^)
ほぼ真横から見るとこんな感じに見えるんですね。



ゆっくりと機体を回転させながら5番機が通過。
スローロールです。





チェンジオーバーループ(だっけかな?)
4機で大きな宙返り。
このとき雨が。




しばらく中断かと思いきや雨もだんだん強めになりつつあったためか、展示飛行中止に。
着陸態勢に入っていきました。
う~ん残念!

でも久居sぶりにブルーインパルスを見ることが出来て満足なのです。
Posted at 2017/10/14 23:03:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | ミリタリーイベント | 日記
2017年09月24日 イイね!

浜松広報館「基地防空用地対空誘導弾等展示」

プラモ以外では久しぶりのUP・・・かの?

ようやくあのうっとおしい暑い毎日にも限りが出てきて、気温も落ち着いてきつつあります。
熱中症の恐れがあってどこにもいけず、仕事と買い物と医者以外ほとんど半分引きこもり状態だったのですが、ここにきてようやくほそぼそと徘徊してます。

それはさておき
9月23日、24日には浜松広報館で「基地防空用地対空誘導弾等展示」がおこなわれました。
航空自衛隊は高射部隊に地対空誘導弾ペトリオットを配備して、拠点防空を行っていますが、航空自衛隊の基地やレーダー基地などの施設を守るための装備ももっています。
自衛隊の戦闘機やペトリオットをすりぬけて自衛隊施設に攻撃をしかけてくる航空機や巡航ミサイルを迎え撃つためです。



こちらはおなじみ81式短距離地対空誘導弾。
いわゆる「短SAM」とよばれるものです。
発射機2基と射撃統制装置1基、ミサイル8発で構成されたシステムで、陸上自衛隊の高射特科部隊が用いていたものとほぼ同じものです。
この車両は発射機で、大型トラックに4連装の発射機を搭載しています。
手前のものは照準装置で、このように離して使うことが出来ます。



こちらは81式短SAMの射撃統制装置。
目標を捕捉してミサイルの射撃統制をする車両で、ここに操作要員が座り、ミサイルの射撃を行います。
81式短SAMはミサイルの誘導を赤外線で行います。
飛行機や巡航ミサイルはエンジンを搭載してるのでそこから赤外線が放出されます。
これを感知して目標に命中するわけです。
81式短SAMは昭和56年に制式化され、陸上自衛隊では昭和57年から配備が始まり、航空自衛隊では基地防空用として昭和58年度から配備がはじまりました。





こちらは対空機関砲VADS-1改。
VADSはヴァルカンエアディフェンスシステムの略で「ヴァッズ」と読むようです。
その名前のとおり、バルカン砲で防空を行うもので、F-15などに搭載されてる20ミリ機関砲(いわゆるヴァルカン砲)をレーダ照準装置と連動させた対空機関砲です。
機関砲の右側に丸いものがみえますがこれはTVカメラで、追尾射撃を行うためのものです。
射撃は測距レーダとリードコンピューティングサイトを用いてコンピュータ制御で行われますが、射手の練度によって命中精度は結構違うそうです。



おいしくなーれ、萌え萌えきゅん♪
・・・・じゃなくて、こちらはVADS1改用の20ミリ砲弾です。
直径が20ミリですから1発1発がかなりの大きさだとわかります。
戦闘機用の機関砲を流用してるので、その発射速度はすさまじく、1分間に3000発というすさまじい速さで砲弾を打ち出します。
その音は「ヴぉおおおおお」と、牛のオナラのようだとも。
ちなみに射撃訓練は青森の六ヶ所村にある六ヶ所対空射撃場にもっていって行うそうです。




この写真を見て、ドラえもんのスネ夫が頭に浮かんだら、子供の頃コ●コ●コミックでスネ髪コーナーを見て笑った人に間違いない。
それはさておきこちらは基地防空用地対空誘導弾です。
81式短SAMの後継で、陸上自衛隊では11式短距離地対空誘導弾として大型トラックに搭載されたものが配備されています。
この車両は発射機で、背中に乗せられているのがミサイルの発射チューブです。
81式短SAMが赤外線誘導でしたが、この基地防空用地対空誘導弾はミサイル本体からレーダー波を出して目標を捕らえて追尾していくものです。



こちらは基地防空用地対空誘導弾の射撃統制装置で役割は81式短SAMの射撃統制装置とおなじです。
もちろん81式短SAMよりも高性能化していますが、発射機や射撃統制装置同士のデータリンクなどができるようになりました。
基地防空用地対空誘導弾は基地内に1つの指揮統制装置をおき、そこに2つの射撃統制装置を接続し、その射撃統制装置にそれぞれ2基の発射機が接続できます。
1つの指揮統制装置で4基の発射機がつながることで、より効果的な射撃が可能になりました。


以上、基地防空用地対空誘導弾等展示」でした。


毎度のことながら装備年鑑にでてきそうな写真ばかりですな(^^;


Posted at 2017/09/24 22:59:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | ミリタリーイベント | 日記

プロフィール

「@☆GE90仝 運用が気になります。さすがに4機とかではないと思いますから作戦が行える10機程度だと思いますが、機密の塊だけにどういう位置づけで教育、運用を行うのか興味深いです」
何シテル?   01/03 00:04
ミリタリー関係その他のブログはこちらへどうぞ http://minkara.carview.co.jp/userid/1224622/mylist/all...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

浜松広報館車両等展示イベント 
カテゴリ:ミリタリーイベント
2016/09/27 00:40:45
 
であごすてぃーにWW2傑作機コレクション14「九九式艦上爆撃機」 
カテゴリ:でぃあごすてぃーに
2016/09/27 00:40:01
 
であごすてぃーにWW2傑作機コレクション11「零式艦上戦闘機二一型」 
カテゴリ:でぃあごすてぃーに
2016/09/27 00:39:00
 

ファン

27 人のファンがいます

愛車一覧

スバル R2 スバル R2
スバル R2に乗っています。 後席がちょっと狭いですが良い車ですよ(^^)
スバル レヴォーグ レガシィ後継車 (スバル レヴォーグ)
先代が事故で早期引退となってしまったため、導入されたレガシィ後継車です。
スズキ アルト スズキ アルト
10年ほど乗っていた以前の車です。 660CC規格になって初めて乗った車でした。
輸入車その他 その他 輸入車その他 その他
ブログ用の画像です
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.