• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

利根川の天然水のブログ一覧

2017年12月14日 イイね!

「 ブリキの電車 」 ~

「 ブリキの電車 」 ~
Posted at 2017/12/14 15:15:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 趣味
2017年12月14日 イイね!

誤認される中国製品、「アジアで最高の製品は日本製」だから・・・=中国報道

誤認される中国製品、「アジアで最高の製品は日本製」だから・・・=中国報道  中国製品に対する世界の評価と言えば、今なお「安かろう、悪かろう」ではないだろうか。家電やスマホの分野においては、中国からも世界で通用する企業や製品が登場しているが、中国製品全体に対するイメージを転換できるほどには至っていないのが現状だ。

 中国メディアの百度百家はこのほど、欧米では往々にして世界に通用する中国の企業やブランドを「日本製品」と誤認するケースが相次いでいると主張、これは日本の技術やブランド力が中国を圧倒的に上回っているためだと主張した。

 記事は、中国企業がイノベーションのもとで世界で「輝ける」製品を作り上げても、欧米では「アジアで最高の製品は日本製」であるという認識があるため、中国製品が日本製品であると誤認されることがあると主張。中国企業にはまだ日本企業に負けないだけのブランドを構築する力が欠けていると論じた。

 特に、スマートフォンのようにファッション性も求められるハイテク製品においては、欧米の消費者は「アジア=日本」であると認識し、それが中国製品であるとすぐに認識できる消費者は極めて少ないと主張。こうした誤認はアパレルやジュエリーの分野でも同様だとし、「中国製品は低品質」という認識が広まっている欧米においては、故意に中国製品であることを隠して事業を展開する中国企業もあることを紹介した。

 記事は、中国製品や中国のブランドが欧米で日本製品に誤認されていると「悔しさ」を滲まさせているが、日本企業や日本製品からすれば「良い迷惑」だと言える。これまで日本企業や日本製品が築いてきた良好なブランドイメージにタダ乗りする行為であり、同時に何か問題が発生すれば日本のブランドイメージ低下につながりかねないためだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF) サーチナ        2016-09-21 07:39
Posted at 2017/12/14 15:03:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 趣味
2017年12月14日 イイね!

少なくとも3000語!? われわれが日常社会で使っている、言葉の大部分が「日本語」だった!=中国メディア

少なくとも3000語!? われわれが日常社会で使っている、言葉の大部分が「日本語」だった!=中国メディア  中国メディア・今日頭条は11日、「われわれが日常的に使っている言葉が、みんな日本語だった」とし、現代の中国語に用いられている「語彙」の大部分が、日本からやってきたものであることを説明する記事を掲載した。
 記事は「社会の各分野で出現する新語の多くは日本語から来ている。現代の日本語は外来語をそのままカタカナにして用いるケースがほとんどだが、明治維新から間もない頃の日本人は、西洋の言葉を漢字語に翻訳して用いていた。それを中国人が拝借するようになったのだ。現代の中国語ボキャブラリーのうち、少なく見積もっても3000語は、日本語から来たものなのだ」と紹介した。
 そのうえで、日本からやって来た語彙のパターンとして、「倶楽部、浪漫など、西洋の言葉の発音をそのまま漢字に当てはめたもの」、「服務、方針、解決など、もともと純粋な日本語で中国になかった熟語」、「立場、場合、取消など、日本人が西洋の言葉を漢字語に翻訳したもの」、「経済、憲法、社会など、古代中国の語彙を日本人が拝借して、西洋の言葉の訳語にあてたもの」、「権利、文法など、かつて中国で用いられたものの広まらず、その後日本で盛んに用いられるようになった逆輸入の語彙」の5つを挙げている。
 また、日本からの語彙の輸入は文学、歴史、文学、歴史、経済、哲学、科学、生物学、医学、農学など、ほぼすべての分野に及ぶと指摘。さらに「学」、「化」、「式」、「性」、「界」、「感」、「的」、「論」、「法」といった接尾辞を伴う語も、ほぼ全て日本から入ったものであるとした。
 記事は、近代に大量の日本語が中国に伝わったほか、日中間の交流が深まった1980年代以降にも多くの日本語が中国語に吸収されていったと説明。刺身やカラオケ、過労死、物語、花嫁、写真、登場などがその一例であるとし、「もし、日本語から取り入れた語彙を取り除いてしまうと、現代の中国語は成り立たなくなってしまうのである」と論じている。
 歴史問題や領土問題など政治的な対立はあるものの、中国と日本との相互交流は着実に深まっている。そして、交流の形態も時代の変化とともに多様化している。ともなれば、言語文化間の交流もますます活発になるだろう。日本語の語彙が中国に伝わるのと同様、今後は中国語の新語が日本社会にたくさん流れ、普及するようになるかもしれない。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)                            サーチナ           9 時間前
Posted at 2017/12/14 08:06:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 趣味
2017年12月14日 イイね!

日本の料理に欠かせない、あの独特な食べ物、中国から大量に輸入されていた=中国メディア

日本の料理に欠かせない、あの独特な食べ物、中国から大量に輸入されていた=中国メディア                                                 中国メディア・今日頭条は10日、「日本が毎年中国から8000トン輸入している調味料 日本料理はこれがないと始まらない」とする記事を掲載した。

 記事が紹介した「日本が毎年中国から大量に輸入している調味料」とは、ワサビだ。「おなじみではないという人もいると思うが、日常的に日本料理を食べに行く人にとっては欠かせないものである。ワサビは非常に貴重で高価な調味料であり、健康にとてもよい効果を持っている。一方で、生長の条件が特殊であるがゆえに、市場の販売価格が非常に高くなるのだ」としている。

 また「食べたことのある人にはおなじみだが、ワサビには独特の辛味がある。初めて食べた人の中にはその辛味に慣れないと感じ、以後敬遠するようになる人もいるようだ。しかし、日本ではワサビは非常に喜ばれており、毎年大量に消費される。口の中がさっぱりする味わいは素晴らしいし、抗菌、抗酸化作用もある。ヘビーな味付けを好む人の胃もきっと満足するに違いない」と伝えた。

 ワサビというと緑色の本わさびを想起するが、広く市販されているチューブ入りワサビなどには白色の西洋ワサビが含まれている事が多い。ホースラディッシュとも呼ばれる西洋わさびの大部分が、記事の指摘通り中国から輸入されているのだ。どんなにこってりとした料理であっても、立ちどころにさっぱりとした爽やかな味わいに変えてくれる。中国料理にも、ワサビを添えることで新たな味わいが生まれるものが少なくないことだろう。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)                              サーチナ                2017-12-13 08:12
 
Posted at 2017/12/14 01:20:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 趣味
2017年12月14日 イイね!

台湾の温泉地を訪れて驚き・・・「ここは日本なのか?」=中国報道

台湾の温泉地を訪れて驚き・・・「ここは日本なのか?」=中国報道                                               台湾は中華圏の1つとされる一方で、日本統治の過去を持つことによって日本の影響も色濃く残している。そのため、中国人からすると「台湾には日本の文化がたくさん残っていて、まるで日本を訪れているかのようだ」と感じるらしい。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、台湾を訪れた中国人女性の手記と写真を掲載し、台湾には建物から温泉まで、非常に多くの分野に日本の影響が残っていると伝えつつ、「まるで日本にいるかのような錯覚を覚える」と伝えている。

 この中国人女性が訪れたというのは台湾の台北市北投区だ。ここには台湾有数の温泉地があり、台湾の人気の観光スポットの1つとされているが、北投温泉には「日本の影響」が今も色濃く残っていることがはっきりと分かったという。

 記事は、中国人女性の見解として「北投温泉は東京のような賑やかさはないが、京都のような趣のある場所」だと伝える一方、北投温泉にはなんと「京都」という名前のホテルまで存在すると指摘。掲載されているホテル「京都」の写真を見てみると、屋根は瓦作りで、入り口の壁上部には障子を模ったデザインが施されていることから、確かに日本風の建築物と言える。

 また、建物内部もガラス障子と廊下があり、確かに日本の旅館のようで、この中国人が「まるで日本に来たようだ」と感想を漏らすのも無理はない。また、北投温泉にある寺院も日本風だったと伝えている。寺院は中国にももちろんあるのだが、中国の寺院は赤や黄色など鮮やかな色調が多用されるケースが多い。日本の寺院は派手な色は使用されず、質朴なイメージだが、北投温泉にある寺院は建築様式から色彩まで「日本風」だったと伝えた。

 この中国人女性は温泉に浸かろうと台湾を訪れたようだが、中国と台湾の「日常風景」や「文化」は決して同じではないことを認識させられたと伝えている。(編集担当:村山健二)(写真は台北の北投温泉の様子、提供:(C)Tuomas Lehtinen/123RF)    サーチナ    2017-09-15 08:12
Posted at 2017/12/14 01:15:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 趣味

プロフィール

「「 ブリキの電車 」 ~ http://cvw.jp/b/1528111/40849432/
何シテル?   12/14 15:15
「利根川の天然水」です。よろしくお願いします。                                          座右の名、 『鈍刀を磨く』 ・...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

【出張でテツ旅 ①】 在来線で上越国境越え、群馬のクローバーな会社へ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/14 09:00:24
TGRF VOL.1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/12 09:33:17
トラ・トラ・トラの日 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/08 08:07:39

お友達

『セリカ』・『ハチロク』・『アクア』・『デリボーイ』の、大好きな車好きの仲間、情報交換しましょう!
1407 人のお友達がいます
ksjetksjet * ハチタービーハチタービー *
美~豚美~豚 * 髭爺ちゃん髭爺ちゃん *
きゃのん@2008きゃのん@2008 * コウ.ウラキ少尉コウ.ウラキ少尉 *

ファン

176 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ セリカ トヨタ セリカ
3代目、 セリカ 1600  GT - R  クーペAA63 ・4A-GE (ブラック ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
レトロな、テール ! 「鬼目」と、呼ばれていました~♪
トヨタ セリカ ブラックマスク (トヨタ セリカ)
(S59) 4AーG・AA63 「セリカ1600GT-R」ツインカム・16バルブ・EFI ...
トヨタ セリカ 赤ちゃんこ (トヨタ セリカ)
ずっと  ノーマル  ~  セリカ  GT-FOUR               ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる