車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月26日 イイね!
次期型センチュリー、いよいよ、今秋に発表予定のようですね(^^)





幾度か触れていますが、V12の廃止は確定、V8HVになります、、、

国産メーカーのダウンサイジングは想像以上で、6気筒エンジンの存続すら危うい状況だと思います。

ダウンサイジングの流れは、メルセデスやBMW等のドイツ車が牽引し、Sクラスや7シリーズまでも4気筒エンジンを搭載する状況です。

この流れに倣えで、トヨタや日産も追従し、LクラスのクラウンやGSの4気筒エンジン搭載、
次期クラウンに至っては、6気筒のラインナップが消滅するとの情報もあります(^^ゞ

さらに、先日発表された新型LSも、V8が消滅、V6エンジンになりました。

V8やV12搭載のセダン・・・となると、次期型センチュリーのみ。



ここで思ったのが、メルセデスやBMWもがダウンサイジングやHV化、ディーゼル化を進めながらも、V8やV12のラインナップはきちんと残しているという事です。

Sクラスでは、V8のS550/S63AMG、V12のS600/S65AMG

7シリーズでは、V8の750i、V12の760i

という具合に、マルチシリンダーエンジンを無くさず、きちんと残しています。


それに反し、トヨタ車では、多気筒エンジンを無くす方向性を取っており、私のようなV8やV12が好きなユーザーにとっては、“選択できる余地がない”状況です。

例えば、マジェスタはV6&直4HVのみで、V8は消滅。

クラウンに至っては、直4のハイブリッドの販売割合が8割ほどで、V6を選択するユーザーは残りの2割程度…それが実情のようです(^^ゞ

メーカーにとっては、少数のニーズのために選択肢を与えることは、生産の合理化に反するというのが理由でしょうか。

上の例で述べると、悲しいですが、2割の6気筒を選択するユーザーは、切り捨てるというのがメーカーのスタンスなのでしょう。

昔は、エンジンラインナップや装備も、ユーザーが選択できる余地が多く、選ぶ楽しみがあったと思います。

最近のハイブリッドカーやダウンサイジングありきの流れは、メーカーの押し売りのような気がしてなりません(^^ゞ

大排気量のV12やV8の「滑らかさ」や「エンジン音」、国産メーカーで味わえなくなるのは極めて残念です。
Posted at 2017/03/26 23:58:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月23日 イイね!

「車の血液」ともいえる、エンジンオイル。

私は、愛車をいたわるタイプなので、「6か月もしくは5,000km」どちらか早いほうの到来で必ず交換をしています(^^)

メンテナンスノートには、メーカー指定サイクルは「1年or15,000km」となっていますが、15,000kmも無交換はちょっと気が引けます。。。

メーカーの指定サイクルなので、プロの方の検証で裏付けされた、適正な交換サイクルなのでしょうが、10万km…20万km…30万km…と酷使する使用でも本当にそのサイクルで問題ないのか?個人的には疑心暗鬼です(^^ゞ

そこで、少々気になったのが、エンジンオイルの硬さです。



センチュリーの取扱書の記載ですが、新車時充填でメーカー推奨の硬さは「0W-20」となっています。

最近の車は、燃費の向上=エンジン抵抗の低減を狙って、いわゆる“サラサラオイル”が一般的になっています。

センチュリーに搭載の、V12/5,000cc“1GZ-FE”エンジンも、御多分に漏れずとなっています。

ここで心配になったのが、凄まじい熱を放つ、この車のV12エンジンに、0W-20で持ちこたえられるのか?という素朴な疑問です(^^ゞ

高温側の“20”がちょっと心細い気がしてしまうんですよね。。。

トヨタディーラーでも、何も指定しないと「0W-20」を入れられてしまうので、毎回「5W-30」を指定しています。

個人的には、「0W-40」や「5W-40」等の高温側が“40”クラスが適切ではないかな~と思うところがあります。

ちょっと気にしすぎでしょうか(笑)
Posted at 2017/03/23 20:41:20 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月20日 イイね!

DJ KENTOさん主催「第5回フォーマルセダンサミット」に参加しました。

天候もよく、絶好のオフ会日和でした(^^)

桜の名所のため、開花前でも駐車場は込み合っていました。



センチュリー、クラウンセダン&HT、プレジデント、スカイライン、Y31、プラウディアが
一堂に会する様は圧巻でした(^^)

周りの方からの注目度も抜群で、「知事の集まり?」のような雰囲気でした(笑)







※お行儀が悪く止めているように見えますが、有料で区画を貸切にしています(^^)

今回で3回目の参加ですが、同じ趣味の方々と話が弾み、あっという間に時間が過ぎました(^^)
Posted at 2017/03/20 18:21:54 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月09日 イイね!
最新モデルのLSやSクラス、7シリーズは、ナビ画面が非常に大きく、ハイテク感満載ですよね(^^)

ちょっと前までは、VGA画質や7インチワイドのナビ画面でも満足していましたが、技術の進歩というのは凄いものですね。

LSもSクラスもインパネデザインがそっくりなんですね。







大画面を装備となると、必然的にレイアウトがこのようになってしまうのでしょうか?

そこでふと思ったのですが、昔こんなインパネの車あったよな~と思ったのが・・・





平成11年デビューのY34セドリック/グロリアです。

最新のLSとSクラスのインパネと同じ作りです。

当時、この型のセドグロを見て、ナビ画面~メーターパネルが一体的なデザインの車がなかったので、未来的だな~と思った記憶があります(^^)

ライバルのクラウンは、17系になってセダンボディーになりましたが、ハードトップボディーのY34は少々流れに乗り遅れた感がありましたが、今でも古さを感じないデザインですね。
Posted at 2017/02/09 22:38:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月06日 イイね!

「おぎやはぎの愛車遍歴」という番組が好きで見ているのですが、森山良子さんもセンチュリーにお乗りだったようで、個人的に吃驚しました(^^)

センチュリーの個人所有だけでも貴重な存在ですが(笑)、女性で自らハンドルを握るとは珍しいですね。

VGとGZG、2代とも新車で購入して、自ら運転とは・・・非常に共感を覚えました(^^)

番組中での森山さんの言葉にうんうんと頷いてしまいました・・・

「この車を買うときに、私の従姉妹がトヨタにいるんですけど、『良子ちゃん。これは運転手さんが運転するクルマだから、女性が運転する車じゃないよ』と言われたけど、でも、良いの・・・好きだから・・・って言って・・・買ったんですけど、とっても運転がしやすいんです!」

センチュリーに個人で乗っていると、「後ろに乗る車だよ」とよく言われますが、
個人的には、是非自らハンドルを握ってみてください!とつくづく思います。

しかし、9割方(ほぼ100%?)の女性には、センチュリーに乗ることは全く理解されないのが現実です(笑)

車を見て戸惑い、乗るときの反応が、こんな感じです(笑)

(゜o゜)

世の中、森山さんのような女性が多ければ良いのですが(笑)
Posted at 2017/02/07 00:22:05 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
幼少のころから車が好きで現在に至ります。 車も人間と同じく“十人十色”、それぞれ良いところがあり、個性があります。 嫌いと思っている車はありません。 ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
リンク・クリップ
打倒センチュリー? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/17 07:38:44
電磁ポンプ・・・これで、おしまい。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/23 13:30:40
ドライブ日和 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/08 07:46:06
お友達
センチュリーに興味ある方、メッセージ&コメントお気軽にください。
29 人のお友達がいます
ムラポンムラポン * とみもえ@醍醐とみもえ@醍醐 *
DJ KENTODJ KENTO * ss_crown_ヨンss_crown_ヨン *
大総統大総統 ノリチンノリチン
ファン
33 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ センチュリー トヨタ センチュリー
デビュー当時からいつか購入することを夢見ていました。昨今になって相場も下がり、程度の良い ...
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.