• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ARA!のブログ一覧

2017年05月25日 イイね!

ロードスターと往く、ハイドラCP巡りの旅


私は現役の消防団員である。

自分が消防団員だということに誇りを持ち、

『自分たちの街は自分たちの手で守る』 という郷土愛護の精神で、

地域防災のため日夜、全力で精進を続けさせていただいている。


そして、所属する綾部市消防団では今まさに1年で最も忙しい時期を迎えている。

消防ポンプの正確・迅速な操作を披露する「消防ポンプ操法」を筆頭に、

正しい姿勢・服装の着こなしなどの規律面が問われる「姿勢・服装点検」や、

小隊・中隊訓練、実火災想定訓練等々、日頃の訓練の成果が試される、

「団長点検」なるものが綾部市消防団全12分団で開催されるからである。

もうこれから1ヶ月間は夜間も含め、2~3日に1度の割合で訓練をするという、

まさに 「消防の熱い夏」 が始まるのである。


そんな中、訓練前少しでもロードスターに乗りたい気持ちがムラムラ。

しかし訓練に間に合うよう遠出は出来ない・・・何処へいこうか・・・

そんな時の行き先決めに便利?なのがハイドラ。

地元でもまだGETしていないチェックポイントが幾つかあったぞ。

ということで、近場のCP集めに回ることに・・・早速Let's GO!




↑ まず訪れたのが・・・今から30年前、毎晩のように通った峠:舞鶴「五老ヶ岳」


↑ いや~ほんと懐かしいな~(遠い目)


↑ 山頂にそびえ立つのが「五老スカイタワー」
   コチラで五老スカイタワーのスタンプGET!


【五老スカイタワー】

舞鶴のほぼ中心に位置し標高301mの高さを誇る五老岳。
その頂上にそびえる高さ50mの展望タワー。
海抜325mの展望室からは美しく広がるリアス式海岸の舞鶴湾と舞鶴市内が一望でき、
360度パノラマビューが楽しめます。
ここからの眺めは「近畿百景第1位」に選ばれており見ごたえ充分の景色です。

公式サイト・・・http://goro-sky.jp/




↑ コチラが近畿百景第1位に選ばれた眺め


↑ JR東舞鶴駅、JR西舞鶴駅、綾部:JR山家駅のスタンプをGETし、
   やって来たのが京丹波町:JR立木駅・・・趣がありまっしゃろ~


↑ CPではないのだが、ちょっと寄り道・・・登録有形文化財「綾部大橋」と記念撮影


【綾部大橋】

綾部駅東方、由良川に架かる橋。1929年に架橋され長さ210m、幅員5.2m。

明治末~昭和初期に流行したボーストリングトラス形式鋼製7連の橋で現存するものも

少なく2005年国の登録有形文化財に指定。 現役の道路橋でもあり由良川の昭和初期の

風景を今に伝える。



ということで、訓練前の時間を使い近場をグルっと回ってまいりました。

ハイドラCP集め・・・なかなか楽しいですな~♪

消防団の一大行事終了後は何処かロングドライブもしたいな~~

そんなことを考えつつ、本日はおしまいっ!

Posted at 2017/05/25 17:39:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | ツーリング | クルマ
2017年05月17日 イイね!

12年ぶり!オアシス・ロードスター・ミーティング2017参加の巻

12年ぶり!オアシス・ロードスター・ミーティング2017参加の巻










OASIS Roadster Meeting

OASIS Roadster Meetingとは、姫路のクラブ「ESAH」と大阪のクラブ「ClubStyle」の

両クラブの発案で1999年に第1回が開催され、今年で19回目の開催になる、

西日本最大級のロードスターのオーナーズミーティング。

第1回の時は100台だった参加台数も、今や700台以上の参加を誇るBigイベント。

                                                                 
ということで、参加してまいりましたオアシスロードスターミーティング!

これまで何度か参加はしているものの、ここ数年は不参加がつづき、

今回実に12年ぶりの参加なのでございます。

ひっさびさのOASISはどんな具合だったのか、早速レポート開始!




↑ 当日早朝3時起きにて淡路島へ出発!


↑ 明石海峡大橋を渡る!


↑ ハイウェイオアシス到着で小休止・・・お~もうすでに集まってますね~


↑ 私は当日スタッフということで6時前には会場入り


↑ あと2時間もすればこの広大な駐車場がRSまみれなんでしょうね


↑ スタッフのクルマは専用の区画に駐車


↑ 私のNB号も移動


↑ 開場前のスタッフミーティングの図


↑ さぁ、いよいよスタッフとしてのお仕事スタート!


↑ この日の私の役目は参加車両を受付へ導くこと!


↑ 開場と共に・・・やって来ましたロードスター軍団!


↑ あっという間に増えていくロードスター


↑ ついに受付開始! カモーン! ロードスター! どんどん導いてやるぜ!






↑ ちなみに・・・この日1番私を笑わせてくれたのがコチラの獣


↑ 駐車場はあっという間にこの状態


↑ で、案内し続けること数時間の結果がコレ!


↑ もう見渡す限りのロードスター群


↑ どっひゃー! 凄い数だぁー!


↑ 会場には参加者は勿論、各ショップさんのブースも立ち並びます


↑ 受け付けがひと段落したので、私も少し場内を見学いたしましょう♪


↑ 記念車や・・・


↑ デモカーなんかも展示されておりましたよ






↑ しかし・・・右を向いても・・・


↑ 左を向いても・・・


↑ どこをどう見てもロードスターだらけ! (当たり前)


↑ そんな中、何とか知り合いのロードスターも見つけることに成功!
   コチラは昨年秋にお邪魔した「おはきび」で知り合ったbasu-oyazi-mm1さん


↑ ツイッターやインスタでフォローさせていただいている、たつよしさん


↑ 青いNCはこれまたツイッターやインスタでフォローさせていただいている、ROCKsolidさん


↑ 地元が同じ綾部の竹の谷さん


↑ 昨年の第15回#関西ロドクラ集まってみようで知り合った宮津のkazuさん
   実はこのRSは奥様ayakaさんのもの


↑ まだまだ知り合いは居たのだが、この台数では見つけることが出来ず・・・

                                                                     
あとは、気になったマシンを何枚か・・・


↑ さすがNAは色んなお顔やカラーのマシンがおりましたな・・・








↑ この色、エエな~


↑ NBと思いきや・・・


↑ NDも多かったですね~


↑ で、やはり私が気になるのはNB型
   コチラは私のNB1をカッコイイと褒めてくれたとても良い方がお乗りになるNB


↑ オートエグゼのFバンパーにカナードやリップを追加したオリジナル加工品


↑ リヤ周りも自作でアレやコレや追加装着されております






↑ NBはグラマーという言葉が似合いますな~


↑ では私のNB1も1枚パチリ


↑ 場内をウロウロしたあとは、本部テントで待機をしたり・・・


↑ 場内誘導係をしたりしながら、私のオアシスは慌しく過ぎていきましたとさ


↑ イベント締めの記念撮影を行ったら・・・


↑ あっという間に解散の時間




↑ 最後の仕事・・・皆さんのお見送りをするのでありました


↑ 皆さんありがとう!気をつけて~!


↑ RSだらけだった駐車場もこの通り・・・


↑ スタッフだけとなった駐車場では歴代車両を並べての撮影会に興じるのでした




↑ 会場のお片付けも全て終了し、淡路島から離脱!の図



ということで、誘導しまくりましたの2017オアシス・ロードスター・ミーティング。

全ての参加者の皆さまお疲れ様でした!

そしてありがとうございました!

いや~物凄い数の参加車両でしたよ。

結局、参加は新記録の769台、1,069名とのこと。

ロードスター各世代の内訳は・・・

NA 256台 NB 163台 NC 116台 ND 185台

・・・ということで、NA型はまだまだ健在! 

さすがND型が猛威を奮ってまいりました。

我れがNBも頑張れ! LOVE!



ロードスターの良いところは各世代が分け隔てなく一緒になって楽しめるところ。

こんなクルマは世界中見渡してもなかなかありませんぜ。

これからもロードスターある生活を楽しんでまいりましょう!

ということで、マツダスポーツカー万歳と声高らかにさけびつつ

今回はおしまいっ!

Posted at 2017/05/17 17:15:22 | コメント(3) | トラックバック(0) | ミーティング | クルマ
2017年05月12日 イイね!

オアシスロードスターミーティングに向けて


OASIS Roadster Meeting



開催日時

平成29年5月14日(日)

[開場] AM 7:30

[開会] AM10:00

開催場所

淡路島国営明石海峡公園 海側臨時駐車場(兵庫県淡路市)

http://awaji-kaikyopark.jp/

参加費

[運転手] 3,000円

[助手席] 2,000円(18歳未満無料)

※淡路島国営明石海峡公園の入場料と駐車料金を含んでいます

参加方法

事前申し込みは不要です。当日、直接会場にお越しください。

・開会時間までに間に合わない場合は入場頂けない場合があります。

・明石海峡公園の一般駐車場に駐車された場合OASIS会場には入場できません。

 必ずOASIS会場となる海側臨時駐車場に来場ください。

その他

詳細はOASIS公式サイトをご確認ください。

https://www.oasis-mt.org/



OASIS Roadster Meetingとは、姫路のクラブ「ESAH」と大阪のクラブ「ClubStyle」の

両クラブの発案で1999年に第1回が開催され、今年で19回目の開催になる、

西日本最大級のロードスターのオーナーズミーティング。

第1回の時は100台だった参加台数も、今や700台以上の参加を誇るBigイベント。



ということで、オアシス・ロードスター・ミーティングである。

運営に携わる「ClubStyle」には私も1998年から在籍しているので、

本来なら今頃は運営スタッフとして中核を担っていないといけないのだろうが、

この時期は地元:消防団の訓練が重なったり、他の趣味が忙しかったりと・・・

運営のお手伝いどころか、ミーティングそのモノにも参加出来ていない昨今。

イカーン! これではイカーーン! ということで、今年は何とか折り合いをつけ、

なんと12年ぶりに参加、そして初当日スタッフをすることにいたしました。

ご参加の皆様、私当日は駐車場への誘導係をしながら皆様のお越しを

お待ち申し上げております!



↑ スタッフ用区画に停まっているこんなNB1・・・それが私です
Posted at 2017/05/12 20:09:41 | コメント(4) | トラックバック(0) | ミーティング | クルマ
2017年05月05日 イイね!

G.Wだよ!丹後半島一周オープンツーリング!


G.W休暇、遊んでばかりの私・・・
 
先日も丹後半島一周オープンツーリングと洒落こんでまいりました。



↑ 我が地元:綾部を出発! 今回の相棒はS2000乗りのTomoyan氏
   ※Tomoyan氏のブログ「The world of Tomoyan~SEASON 3~」


↑ 一路丹後へ! 雲1つ無い快晴! まさにオープン日和♪


↑ まず着いた所は・・・網野町にあるマ・メゾンという西洋料理屋
   おじさん2人でお洒落にパスタをいただきました


【マ・メゾン MA MAISON】
住所 京都府京丹後市綱野町綱野138
TEL 0772-72-4269
営業 11:30~15:00 17:00~22:00(L.O)



↑ 喰ったらツーリング再開!


↑ 海ーーーー♪


↑ で、記念撮影(笑)


↑ 青い海とオープンカー・・・絵になりますな~!


↑ 2台でランデブー・・・いや~楽しいな~♪


↑ で、またビューポイントを見つけ記念撮影(笑)


















↑ こんな感じで撮りまくり・・・


↑ また移動して撮影!


↑ 今度は屏風岩前にて



【丹後・屛風岩】

岩の立っている様が屏風のように見えることから「屏風岩」と呼ばれます。
国道178号にある休憩施設から直ぐに見ることができます。
京都の自然200選にも選ばれています。
丹後天橋立大江山国定公園の丹後半島海岸地区の一部です。



↑ 2台で撮影しているとロータス現る・・・なんと偶然にも私の同級生でした!


↑ 必然的にオープン3台ツーリングに♪


↑ ところ変わってコチラは経ヶ岬

【経ヶ岬(所在地:京丹後市丹後町袖志地内)】

経ヶ岬(きょうがみさき)は、丹後半島の先端、近畿地方の最北端に位置します。
岬の周囲は、石に柱状に割れ目の入った柱状節理が見られ、波の浸食作用に
よって断崖絶壁となっています。柱状の割れ目が連なる様子が経巻を立てたように
見えることから経ヶ岬の名前が付いたともいわれています。
海抜140メートルの位置には経ヶ岬灯台があり「京都百景」に選ばれた景勝地です。
レンズは全国で6台しかない第1等レンズを使用しています。



↑ またまた移動・・・コチラが「道の駅 舟屋の里 伊根」 




↑ 道の駅からは舟屋一望


↑ 仲良くランデブーを続け・・・


↑ 発着点の我が地元:綾部市に帰還!



ということで、走った、走った、走りましたの丹後半島一周ツーリング。

年中オープンの私ですが、この時期のオープン走行は格別!

青い空、青い海、最高でございました。

ありがとう!S2000!

おわり。


さぁ、今度は・・・5/14(日)オアシスロードスターミーティングだ!

当日スタッフとして参加しま~す!


Posted at 2017/05/05 15:28:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | ツーリング | クルマ
2017年04月28日 イイね!

インドネシアタイヤ来たる!


我が家にインドネシア製タイヤがやって来た!


↑ Pinso Tyres PS-91


↑ タイヤサイズは235/35R19


↑ パターンはこんな感じ



【Pinso Tyres PS-91 235/35R19.Z 91W XL】

◆性能とコストパフォーマンスを両立するインドネシアのタイヤブランドPinso(ピンソ)。
  ドリフトユーザーから一般ユーザーまで幅広いユーザーを魅了する大人気タイヤブランド。

◆PS-91は、優れたグリップ力を発揮するスポーティーストリートタイヤです。
  回転方向のあるV字型のパターンデザインが装着車両にスポーティーな印象を与えます。

◆製造国:インドネシア



19インチということで、ロードスター用では御座いません。

MTBライドの遠征用マシン:RB1オデッセイ号用として準備したものであります。

とにかく安いモノ!ということでチョイス。

これまでも韓国製や、インドネシア製は履いて来ましたが、今回のタイヤは初めて。

さぁ、どんなパフォーマンスを発揮してくれるのでしょうか?

ま、普通に山へ遊びに行ければ・・・。

Posted at 2017/04/28 08:28:19 | コメント(1) | トラックバック(0) | パーツ装着 | クルマ

プロフィール

「ロードスターと往く、ハイドラCP巡りの旅 http://cvw.jp/b/2686961/39825348/
何シテル?   05/25 17:39
今を遡ること1980~1990年代・・・ 昭和55年式サバンナRX-7(SA22C型) 昭和58年式サバンナRX-7ターボ(SA22C型)とセブンを2台乗り...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

お友達

ABCDロードスター乗りの方、オープンカー乗りの方、そしてスポーツカー好きの方、そしてそして、自転車乗りの方(笑)、ヨロシクお願いいたします!
23 人のお友達がいます
ksjetksjet * ハッピークロイツハッピークロイツ *みんカラ公認
bake71102bake71102 * 竹の谷@森田竹の谷@森田 *
kam^o^kam^o^ NBよっしーNBよっしー

ファン

14 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
初代サバンナRX-7 → 初代サバンナRX-7ターボ → と来て自身3台目のスポーツカー ...
ホンダ オデッセイ ホンダ オデッセイ
トレイルライド・ダウンヒルレースやロングライド等、MTB遊び・ロードバイク遊び時の遠征母 ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
今(2016年)から約30年前の愛車:マツダ サバンナRX-7(SA22C 後期型 昭和 ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
1980年代・・・時はまさに『走り屋ブーム』真っ只中。 当時の若者は自慢のチューンドマシ ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.