車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月29日 イイね!
偉業・快挙・栄誉・・・ 私が子供のころ、次に挙げるものは夢のまた夢だと思っていた。

・日本人F-1ドライバー
・日本人メジャーリーガー
・日本人の陸上短距離メダル
・サッカーW杯出場

 スポーツの世界では他にもいろいろとあるのだけれど、上記以外にも特にモータースポーツにおいてはF-1日本製エンジン、タイヤなどなど・・・・。

 しかし時は流れ、その「夢のまた夢」は次々と現実のものとなり、
今ではニュースにこそなっても、誰も驚かなくなってしまったほど。

 ただ、今朝飛び込んできたニュースには目を疑った。
夢のまた夢が現実になっていた!
これを偉業、快挙、栄誉と言わずになんと言おう!

 『佐藤琢磨インディ500で優勝!』

 日本のモータースポーツ史上、稀に見る快挙である。
 
 佐藤琢磨選手、本当におめでとうございます!!!

 この快挙に関しての、我が国のメディアは相も変わらず寂しいものだが、
そんなことはどうでもいい。
分かる者だけが分かっていればいいのである。

 私はアメリカのレースにはほとんど関心がなく、
普段も結果をチェックすることもしていない。
ただ、何年か前のインディ500で、佐藤選手がファイナルラップでトップを奪うべく
アタックをし、結果としてクラッシュしてしまったことは知っている。
そのとき「この人は運がないのかな・・・」と気の毒に思った。

 しかし、今回の快挙は、その「敗北」があったからこそ手にできたんじゃないだろうか。
その経験があったからこそ、そしてその、どちらかと言えば苦い経験でダメにならずに
その経験を糧にした・・・並大抵の精神力ではない。

『一に才能、二にひたむきさ、三に経験』
~コーリン チャップマン

 才能とひたむきさは誰もが認めるところ。
そこに経験がプラスされ、偉業を成し遂げた40歳。

 我が国が世界に誇れるレーシングドライバーである。

 
Posted at 2017/05/29 19:20:54 | コメント(6) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2017年05月26日 イイね!
 なかなか思うようにはいかないものである。
そんなことを感じたここ数日。
なんともまあ、いろんなことがあった。

 来週末に控えたEuro&World Cupに照準を合わせ、クルマの準備を進めているけれど、
当初の予定を大幅に変更せざるを得ない状況になってしまった。
 
予定としては以下のメニューを考えていた。(優先順)
1:アライメント調整
2:エンジン&ギアオイル交換
3:ウレタンブッシュ投入
4:新品イグニッションコイル投入

ここまでやると、今シーズンのアップデートのほとんどが終わりそうな気がしていたが、
そのほとんどが間に合わないことが分かった。

 まずアライメント。
これはウレタンブッシュとセットで、と思っていた。
ところが今やシーズン真っ盛り。
工場がどこも「満員御礼」状態!
なんとかアルファプロジェクトさんでサイドスリップ調整をしていただいて、
急場をしのぐことに。
ついでにエンジンオイルも交換していただいた。
ギアは在庫無とのことだったので来週お願いすることに。

 残るはイグニッションコイル。
これが実は色々あった・・・・。
順調にいけば今頃は新しいコイルが入っているはずだった。

ところが・・・・

 最近見つけたイギリスのパーツサイト。
とにかく車種を問わず膨大な量の純正パーツが掲載されている。
OEM品も豊富で、以前も書いたけれど、ひとつのパーツに対して
複数のメーカーから選択可能になっている。

コイルに関しては、結果的に純正と同じBOSCHをオーダーすることに。
カードで決済し、受理された旨のメールが届いた。
ここまでは順調だった。

 しかし、なぜかその後の連絡はなし。
ただ、海外サイトの場合、我が国のような迅速な対応というのはあまり期待できない。
一週間ほど時間をおいて「荷物の追跡番号を教えてくれ」とメール。

音沙汰なし。

 するとそれとは別に、思い出した感満載で「オーダー詳細」みたいなメールが。
しかも驚いたことに「カードの写真」と「免許証の写真」を送ってくれとのこと。
一気に怪しさ倍増である。
さらにメールを読むと「キャンセルの場合は・・・」という記述がある。
自分の中ではすでにキャンセル決定なので、キャンセルのメールを送り返す。

 するとすぐに「なぜキャンセルするの~?」みたいな返事が来る。
「メンドくせーヤツ」というのが正直なところ。

 ふと思ったのだが、ひょっとしてカード決済のシステムを持っていないので、
カードの写真を送れだのとおかしな要求をしてくるのではないか?
そこでカード会社に電話してみる。
するとしっかり請求は上がっているとのこと。
もしいくら待っても商品が送られて来ないようなら、
カード会社からその販売店に催促してくれるとのことだったが、
キャンセルに関してはこっちが頑張らなくてはいけない。

 さて、どうするか・・・

するとカード会社との電話を切った直後、
今度はなぜか別の担当者からメールが届き「返金の手続き中だからね~」とのこと。
あっさりキャンセルの要求は届いたことに。

 しかし「なぜキャンセル?」の担当者にも一応メール。
オーダーから時間がかかりすぎていることを理由として告げたところ
「それはすみませんでした。キャンセルの手続きするから待っててね」という感じだった。

 ただ、これで安心してはいけない。
本当にキャンセルされ、返金してくれるかどうかは分からない。
そこは海外通販、人を信用し過ぎてはいけない。

そこで今日、カード会社に電話してみると
25日付けで返金になっていたという。
これで一安心。

ま、何事も経験ということか。

 実は今回、このサイトを利用するにあたって
ある程度のことは想定していた。
本来なら少しでも「危険な香り」のするところは利用しない主義だし、
信頼できるかどうか判定してくれるサイトでも「危険」と出たことも分かっていた。
それでも価格と豊富なラインナップは魅力だった。
完全な騙しサイトでないということは分かっていたので、
上手くいけば・・・くらいの気持ちで利用したがやっぱりダメだったというわけだ。

 面白かったのは、向こう(EU)でも同じような経験をした人は多かったらしく、
「ここのサイトは絶対勧めない!」
「時間の無駄だった!」
「個人情報を盗む気か!」
「遅ぇよ!」
などの声が評価サイトでたくさんあった。

 致命的なのは、ショップの名前に co.uk とあるのに、
実は英国には縁も所縁もなく、本体はドイツの会社ということだろう。
これはよくあるケースで、アメリカやイタリアのサイトを装っているが
実はベースがチャイナなんていうのも・・・。

私がよく利用する「判定サイト」では、中国がベースとなっている場合は
ほぼ100%の確率で「非常に危険です!!!」という判定結果が出る。
ちなみにデーモンツイークスなんかは「100%信頼できます!」とのこと。

 そんなわけでイグニッションコイルの導入は見送りとなったけれど、
ebayでも調達可能なのだから、慌ててはいない。
BERMIなどのOEM品なら国内でも安く手に入る。

 まだシーズンは始まったばかり。
クルマ作りも楽しんでいこうと思っている。 
Posted at 2017/05/26 20:24:22 | コメント(4) | トラックバック(0) | アルファロメオ156B | 日記
2017年05月14日 イイね!
準備中 先日のNHGT開幕戦で洗い出された不具合を解消すべく、6月3日のEuro&World Cupに向けて準備中。
やることはハッキリしているので、あとは時間的な調整と部品の調達である。

 自分で頑張らなければいけないのは部品の調達。
今回も海外からの購入が主だけれど、残念ながらドルもユーロもポンドも総じて円安となっている。
もっとも注視しているポンドは、つい2~3週間前までは136円台まで下がっていたが、
日に日に円安傾向になり、ついに145円を超えてしまった。
もちろんこれでもひと昔前に比べたら大いに「円安ポンド安」と言えるものだけれど、ほんの数日で1ポンド10円ほどの差が出るのは残念。

 蛇足ながら、自分としてはドルなら110円、ユーロなら120円、そしてポンドなら140円をそれぞれ下回るようなら「買い」だと思っている。

 そんなわけで今は決して「買い」ではないが、
準備期間が2週間程度ということを考えれば、そろそろ手を打ったほうがよさそうだ。

 まずはコレ。



先日のブログにも書いたイグニッションコイル。
初めて購入するショップなので、まずは様子見を兼ねて問い合わせフォームから在庫確認。
NGKのコイルを6個、すぐに発送してもらえるかどうか尋ねてみた。
土曜日だったので、どうせ返事は週明けになると思いきや、
すぐに担当者から返事が届いた。

皮肉ではなく、イギリス人が土曜日に仕事をするとは驚きである。

しかもその内容も少々面食らうものだった。
車種はもちろん、型式やエンジンコード、出力や車台番号まで聞いてくるではないか。
ここで引くのも悔しいので、面倒だったがすぐに調べて返信。

するとリンク先が書かれたメールが届き、
「技術担当者に問い合わせたところ、こちらの部品が該当します」とのこと。
リンク先をクリックするとBOSCHのイグニッションコイルのページにジャンプした。

「あれ?尋ねたのはNGKなんだけど・・・」と思ったがまあいい。
優先すべきは新品であることだ。
純正はBOSCHだし・・・。

迅速な対応にちょっと感動しながら早速オーダー。
送料が105ポンドとちょっと高いが、それでも国内調達よりはるかに安い。
これでコイルに関しては、あとは待つだけ。

 あとはアライメントの調整と、ウレタンブッシュ投入で
今回のアップデートは一応終了となる見通し。
しかし、部品を色々探していると「そういえばアレも・・・」(燃料ポンプ等)
あるいは「この部品が新品で手に入るなら!」と思ってしまうもの。
特に後者は出物を発見してしまった。


 
 アルファV6(156、147、166、GTV&Spider)の電スロである。
国内では中古でも2~5万円ほどの価格で流通している。
その価格から判断して、恐らく新品では軽く10万円オーバーと思っていた。
ところが、ヨーロッパでは新品が、我が国の中古品程度のプライスタグで販売されている。
現在、中古のスロットルを使っているので、若干の不安がある自分としては
この電スロの新品はその価格からしても揺さぶられるものがある。

 ただ、安ければ安いほどありがたいのだけれど、
BOSCH製でないものは本当に大丈夫なのか?と心配になってしまう。
画像の電スロもOEMモノで、その他にもイタリアやスペインなどの数社が製造している。
もちろんBOSCH製も充分リーズナブルな価格で購入可能だが、
さらに安いOEM品も普通に売られている。
このあたりはチョット悩ましいところだ。

 さて、話は変わって少々ボヤキを・・・・
今回色々と買い物の下調べをするにあたって、ちょっと疑問に思うことがあった。

まず国内での「表示価格」に関して。
何年か前に、我が国では行政主導で(ちょっと自信がないが)、
価格の表示は「税込み」という流れになったのではなかったか?
それが今では表示はバラバラで、正確に数えたわけではないが
むしろ「税抜き」「税別」で表示しているところのほうが多い印象を受ける。
それがどうも腑に落ちない。

 ひょっとして税込み表示にしたら売り上げが落ちたので、
それなら「税抜き」にして消費を伸ばそうという魂胆・・・というのは邪推だろうか。

 そしてもうひとつ。
色々なパーツ(クルマ用ケミカルも含め)を見ているが
以前から気になることがあった。

以下は国内に限った話。

 商品の成り立ちや効果などは懇切丁寧に説明する割には
価格を一切表示しないメーカーが意外と多い。
オープンプライスなどという、買う側にはなんのメリットもない言葉が当たり前になってはいるが、
意地悪く言えば「散々興味関心を煽っておいて、値段は販売店に聞け」というのは
その他の説明に比べてずいぶんと横柄な感じがする。

 私は商品のスペックに価格は含まれると思っている。

スペックの一部である価格を表示しないで商品の説明をするのは、
不親切を通り越して悪意すら感じると言ったら言い過ぎか。

 とまあ、最後はボヤキになってしまったが、
ソレもコレも色々と見聞を広げているからこそ。
それはそれで面白いし興味深い。

さて、そろそろスケジュールの調整をしなくては・・・・。

Posted at 2017/05/14 22:27:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | アルファロメオ156B | 日記
2017年05月08日 イイね!
嬉しい悩みと言うべきか・・・ 先日のNHGT開幕戦、あまりパッとした結果は残せなかったけれど、マアマアの感触はあった。
さらに冷静に考えてみると、クルマの印象はそれほど悪くない。
アライメントが適正値ではなく、エンジンもわずかに高回転域で伸びがなくても、そしてギアの入りが悪くても、今後に期待できる全体的な雰囲気がある。
そしてこれらのネガな部分は、どれもそれほど深刻なものではなく、比較的短期間に修正可能だ。

 そうなると不具合を修正するついでにアップデートも、と欲が出てしまう。

 まず最優先事項はアライメント。
これは工場に持ち込み、日帰りでも調整可能である。
しかし、実は少しだけ深刻な不具合もある。
1コーナーのフルブレーキングでフロントが暴れる症状。
これはかなり前から悩まされているものだが、
原因は安物のフロントロワーアームにあると思っていた。
このアームは、見た目こそ純正と同じだが、サーキット走行を数回しただけで
ブッシュが入っているブラケットが破断してしまった。

そこで今シーズンから純正同等品のTRW製にスイッチ。
これで恐らく症状は改善される・・・と思いきや、まったく変わらなかった。

 そうなるとセットで装着した他の安物アーム類のブッシュなどが疑わしい。
そこで、どうせアライメントも調整するならいっそのことブッシュも新調することにした。
ストックしておいたウレタンブッシュを入れようと考えている。
フロント、リア共にほとんどすべてウレタンブッシュにすれば
仮に他の部分に問題があったにせよ、よりその原因を絞り込めるだろう。

 そしてもうひとつ。
できる限り純正部品も新しいモノにスイッチしていこうと考えた。
今の156Bは2000年式。
すなわち17年落ちという計算になる。
それは部品も17年間使い続けているということである。
そこで今回はイグニッションコイルに目を付けた。

 ただ、V6に限らずアルファエンジンが好んで使うダイレクトイグニッションのコイル・・・
けっこうなお値段なのだ。
普通に買えば1本15,000円前後もする。
ということは6本で10万円オーバーである。
今まで二の足を踏んでいたのはこのプライスタグだ。

 しかし、最近は国内でも価格がこなれてきて
5万円以下で販売しているところも見かける。
これはチャンス。
ただ、そこで飛びつくのではなく、もう少し調べてからでも遅くない。

 すると・・・
いささかビックリ・・・
やはり大英帝国恐るべし、純正部品がウジャウジャである。
そして興味深いのは、ひとつのパーツに対して
実に多くのメーカーが存在しているという点。



 今回購入を予定しているイグニッションコイルなどは
それこそ「一体どれを選べばいいのか!?」と思えるほど
多数のメーカーが販売している。
純正は確かマニエッティマレリかボッシュのはず。
それが他にもBERU、BREMI、Metzger、REMARKなどなど・・・・。
その中で、今回の最有力候補は日本のNGKである。

 なぜか日本で買えないNGK製のイグニッションコイルだが、
やはり信頼性を考えれば間違いないチョイスだろう。
気になるお値段は、なんと送料を入れても3万円台!
これなら思い切ることができる。

 新品のイグニッションコイルで、
果たしてエンジンのパフォーマンスがどれだけ向上するかは未知数だけれど、
精神衛生には間違いなく効果大である。

 そしてパーツを探していると、ついついGTV用も見てしまう。
今回の「出物」はこちら。



V6エンジン後期型のインジェクター。
未だにOHという手も捨てがたいけれど、
新品のインジェクターが6本で15,000円ほどで手に入るなら・・・と悩んでしまう。

 既に純正部品の入手が難しくなってきていると言われているが
探せばけっこう出てくるということが分かった。
メーカーも多種多様で、どれを選んでいいのか分からなくなるほど。
まさに嬉しい悩みといったところ。

 156Bのような15年以上も経過したクルマは
純正部品も立派なチューニングパーツである。
できる限り長く乗りたいと思っているので、こういった純正部品の入手先の確保は必須だ。
 ちなみにV6エンジンを新品で売っているところもあった。
日本円で70万円くらい出せば買えるようだ。(送料はいくらだろう???)
しかし2.5リッターも3リッターも、値段が同じというのは少し笑ってしまった。

 残念ながら13日に開催されるEuro&World Cupには間に合わないが、
6月3日の第2戦には万全の状態で走るつもりでいる。
その前に最近また上昇しているポンドが、もう少し下がってくれると嬉しいのだが・・・・。
Posted at 2017/05/08 21:05:58 | コメント(2) | トラックバック(0) | アルファロメオ156B | 日記
2017年05月04日 イイね!
NEW HOKKAIDO GT 2017 Rd:1「いかに強力なエンジンを持っていても、それはブレーキがレースが終わるまで摩耗に対して充分信頼できるものであるという条件つきであり、いかに完全なサスペンションを持っていても、空力特性が悪ければそれはパアであり、いかにすぐれた全体設計であっても、重量過大ではないという条件つきである。」 ニキ ラウダ

 シーズンが開幕した。
NEW HOKKAIDO GT SERIES 第1戦。
つい先日まで雪が降っていたはずの北海道だが、既にニュース等で報じられているように、昨日から北海道地方は全国的に見ても気温が高く、ほとんど真夏のような天候の中レースは行われた。

 今回はオフの間に色々と手を入れたこともあり、いつもと同じように臨むのではなく、
自分の中ではシェイクダウン、テスト走行という位置づけで考えていた。
クルマはもとよりHANSの導入、その他のレーシングギアも新調したとあって
ほとんどニューマシンに乗るような心境である。



 慣れない手つきでHANSを取り付けるの図。
最初はクリップの付け方が分からず難儀したが、慣れてしまえば簡単だった。
それよりスーツを「カッコイイですね」と多くの方に声をかけていただいた。
感激である。

【フリー走行&予選】
 何はともあれ、まずは感触を確かめるべく、いつも以上に慎重に走る。
エンジンは特に変わった様子はなく、レッドまで問題なく回る。
驚いたのがロールケージを入れた効果で、フロントの入りがこれまでとまったく違う。
上々の滑り出しでついついペースを上げる。
ピットに戻ってタイムを見るとベストの2.5秒落ち。
まあ最初はこんなものだろう。

 その後のフリー2本目からは手探りながらもアタックを続ける。
ただ、このあたりから最初の問題が浮き彫りになってくる。

5速に入らない。

入り難いというレベルではなく、入らないと言うべきか。
ホームストレートのコントロールライン手前で5速に入れるのだが、
あとは真っすぐシフトレバーを前に押し出すだけというところで
まるでレバーがロックされたかのように前に進まない。
当然ここで失速。
タイムは1本目よりも1秒削ったが、なんともはや・・・である。

 予選でも5速の症状は変わらなかった。
入ったり入らなかったり。
それでもなんとかベストの1秒以内に漕ぎつけることができた。
今回はベストタイムでベストの1.5秒以内になれば、と思っていただけに
まずまずの結果である。
シーズン最初、シェイクダウンということを思えば
一応今回の目標を達成したと言える。



 ところが・・・・
こういうときに限って、微妙なグリッドポジションになるもの。
Aグループ18台中、予選8位という中団に位置してしまう。
7番手は私の目標タイムをあっさり叩き出したどぅーさん、
6番手はインプレッサからBRZにスイッチしたドラゴン走法のくらちゃんという顔ぶれ。
後ろを見ても歴戦の猛者たちがゴロゴロいる。
シェイクダウンだのテスト走行だの、呑気なことは言ってられない空気。


【決 勝】

 真夏のような陽射しの中、決勝は行われた。
ある意味こっちはもう目標達成の感がある。
四の五の面倒なことは考えず、ひたすら走るのみ。
しかし・・・
やはりこういうときは微妙な展開になるもの。
スタートはいつも通り、しかし前のくらちゃんが若干出遅れた感じで
1コーナーを抜けたところで、私が前に出てしまった。

 ここからくらちゃんの情け容赦ないドラゴン走法によるプレッシャーを覚悟するが、
そこは人柄が出るというもの。
終始ジェントルなプレッシャーを受けることに。
「このままくらちゃんの前でフィニッシュできれば」と欲も出るというもの。
しかしミラーを見ると自分を先頭に数珠つなぎになっている。
なんだか自分がペースを落としているようで、あまりカッコ良くはない。
そうなるとさらに頑張るしかないわけで、必死に逃げる。

 しかしやはりホームストレートで5速が入らない症状は
早くも2周目から出始め、逃げるどころではない。
そして迎えた4周目、今度は1コーナー進入で5→4→3と入れるはずが
5→4→5と痛恨のシフトミス。
それをくらちゃんが見逃すはずもなく、あっさりとパスされる。
さらにミス連発で、2コーナー進入で目測を誤ってコースアウト。
さらにpuriさん、インテのMさんにも抜かれ10番手に後退。

 それでもコースに復帰し、最後までレースをやったという充実感はあった。
結果はAグループ9位。(クラス2位)
いつもは接近戦のどぅーさんには完敗だった。


 今回のレースを終えて、真っ先に浮かんだのは冒頭のラウダ氏の言葉だった。
もちろん世界最高峰の舞台とサンデーレースを一緒にしてはいけないが、
ほんの少しだけ通じる部分はあるだろう。

 実は今回、いろんな部分で「試験的に」使ったモノがある。
それらを判定するとすれば完全に「✖」である。
5速に入らないのも、間違いなくそれが原因だ。
さらにエンジンがレッド手前の1,000回転の伸びがなかったのも。
この辺は以前まで使っていたものに戻せばいいだけの話。

 そしてもうひとつ、大きな不具合があった。
本来なら数値にして分かるものだけれど、これはもうそれをしなくても分かる。
アライメントが適正値でなかった。
これではタイムは望むべくもない。

 つまり、冒頭のラウダ氏に倣って言うなら、
いくら吸気系をスムーズにし、燃料噴射を適正にしたとしても、
高回転まで淀みなく回るエンジンオイルが必要であり、
いくらボディ剛性を上げても、サスペンションのアライメントが狂っていては
その恩恵は半減する。

 次は来週のEURO&WORLDを考えているのだが、
予定しているメニューを消化できるかなんとも微妙なところである。
できることなら早いうちに手を打って、
2017仕様の充分な状態で走ってみたい。

さあ、ようやく今シーズンが始まった!
Posted at 2017/05/04 22:05:21 | コメント(14) | トラックバック(0) | NHGT2017 | 日記
プロフィール
「偉業・快挙・栄誉・・・ http://cvw.jp/b/322204/39853095/
何シテル?   05/29 19:20
アルファ156 2.5V6で走ってます。 家内用にGTV3.0V6。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
掲示板
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
ファン
60 人のファンがいます
愛車一覧
アルファロメオ 145 アルファロメオ 145
アルファに、そしてサーキットにハマリました。
アルファロメオ GTV アルファロメオ GTV
家内のクルマ プジョー205GTi×2台→アルファロメオ145→アルファロメオGTV
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.