• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Hataのブログ一覧

2017年11月13日 イイね!

シーズン終了~

シーズン終了~ 昨日のブログでは今週末開催のNHGT特別戦にエントリーを考えている旨を書いたが、諸般の事情で断念せざるを得ないことに。
こんなことをわざわざ書くのは参戦しようとしている人たちに申し訳ないのだけれど、このまま何も意思表示せずに当日姿を見せないというのもちょっと、と思い書いた次第。

 特別戦に参戦するみなさん、ベスト更新、そして良いレースになることをお祈りしております!

 今回のレースを見送ったのは、どうしても仕事の都合がつかなくなったからだ。
元来、この11月第3周目の日曜日というのは、私にとって「1年の中で唯一都合がつなかい日」だった。
それが2年ほど前から職場の若いスタッフが「僕、大丈夫ですよ!」と言ってくれたので
それに甘えて特別戦にもエントリーできるようになった。
ところがその2年前はレース前日にクラッシュ、昨年は雪でレースそのものが中止。
なんとも私はこの特別戦に縁がないようだ。

 ただ、その職場の若いスタッフも結婚し家庭を持ち、来年には子供も生まれるという。
新居も考えているらしく、休日はその関係で打合せ等もあるようだ。
これまでと同じというわけにはいかない。
私もいつまでも甘えるわけにはいかない。


 さあ、そうなると気持ちのベクトルは来シーズンだ。
昨シーズンのオフから今年の前半は色々とクルマに手を入れた。
それは一気にベスト更新とはならなかったものの、
ジュニアでは目標タイムでベストを更新するなど、一定の結果を残すことはできた。
それでもまだまだやりたいことはある。
 
 ちょっと思い切ったリファイン、仕様変更となる見通しだ。

 ただ、その前にGTVも156Bも車検に出さないといけない。
GTVのほうは心配なことは何もないのだが、156Bは少々準備が必要になる。

まずホーンが鳴らなくなってしまった。
これは主治医に診断、治療をしてもらうしかなさそう。
ホーンボタンを押すと「クッ、クッ、」と反応しているような音はするのだが、
ちゃんとしたホーンの音には程遠い。

 そしてもうひとつ、ドアパネルを作らなければならない。
軽量化のために純正のドアパネルはまるごと撤去しているが、
このままだと車検はNGとなる。
以前は急場しのぎでフェイクレザーを強力なスプレーボンドで貼り付けていたけれど、
今度はもう少しちゃんとしたモノを作りたい。
これに関してはもう作業に入っている。
近いうちにお見せできる予定。

 
 車検が終わったら、156Bのほうは来シーズンに向けてのリファインを進めようと思っている。
リアのトラクションがポイントになりそうで、
リアウイングの導入や、156特有のウイークポイントであるリアブレーキの仕様変更など・・・
でもどうせやるなら、と色々考えているところ。
タイヤもあと1回というところなので、では次はどうするか?
このまま71Rでいくか、やはりA052?いやいやNewコンパウンドのグッドイヤーも気になる等々。。。

 そんなわけでシーズンオフ突入となったけれど、
来年を見越してこのオフも楽しんでいきたいと思っている。

Posted at 2017/11/13 19:28:37 | コメント(3) | トラックバック(0) | NHGT2017 | 日記
2017年11月12日 イイね!

さて、どうする!?

さて、どうする!? 久しくブログを更新できないでいた。
モチベーションが下がっているわけでもなく、ネタがないわけでもないが、風邪気味で少々体調が優れなかったことと、本業がやや忙しいということが原因。

 本当なら無理をしてでも「3コース一気攻め」を走りたかったけれど、ちょうどそのあたりは風邪の症状が最悪のときだった。
参加された方々のブログを見ると天気もよく、最高のコンディションだったようだ。
来年はなんとしても参加しよう。

 さて、この時期になるともう走れるチャンスは限られてくる。
あと一回、あるかないか?
来週末のNHGT特別戦に照準をあわせているが、
今のところ天気は微妙である。
確かに予報を見ると「晴れ→曇り」、降水確率も低いのだが、
この時期の予報はなかなかアテにはできない。
当日の朝に「ドンデン返し」がある。

 とはいえ、エントリーの締め切りは明日なので、
今のところはエントリーしようとは思っているが、さて、どうするか?
タイヤもあと一回で終わりそうな感じなので、これでシーズンの締めくくりにしたいが・・・。

 
 本当はもうオフに突入してもいいのだけれど、
どうしても走っておきたいというのには理由がある。
今、ドライビングに関して勉強中で、試してみたい走り方があるからだ。
思えばサーキットを走り始めてからというもの、
真面目にドライビングに関して勉強したことがなかった。

 これではいけない。

とは言っても、私が今、極めて物覚えが悪くなった頭を使って勉強している内容は
初歩的なもので、多くの人たちにとっては当たり前なこと。
それでも私のとっては目からウロコというか、
自分のドライビングが如何に間違っているかが分かった。

 しかし理屈で一応の理解をしたとしても、
実際にそれができるかどうは「やってみなければ」分からない。
長年やってきたことを変化させるのである。
頭では分かっていても、そう簡単にはできるとは思えない。
ただ、来シーズンに向けて、少しでも手掛かりみたいなものをつかんで今シーズンを終わりたい。

 クルマに関してもやりたいことは色々ある。
本当は早々に手を打って、特別戦に間に合わせようかと思ったが
私が考えるほど簡単ではなかったようで
こちらはシーズンオフの課題となる予定。
どうやら長い間悩まされていた高速時からのブレーキングで車体がブレるのも、
このオフで解決できそうな見通しである。
まあ、こちらも実際に「やってみなければ」分からないけれど。

 そんなわけで、既に気持ちは来シーズンに向かっているが、
今シーズンもまだ名残惜しいところ。
ギリギリまで天気予報と睨めっこであるが、
雨のようならキッパリ諦めようと思っている。

 NHGT特別戦、エントリー予定のみなさん、
ドライで走れるよう祈りましょう!
Posted at 2017/11/12 19:43:55 | コメント(6) | トラックバック(0) | NHGT2017 | 日記
2017年10月22日 イイね!

NEW HOKKAIDO GT 2017 Rd:4

NEW HOKKAIDO GT 2017 Rd:4 台風接近影響なのか、非常に不安定な天候の中で開催されたNHGT第4戦。
ここ最近は日帰り走行が続いたので、今回は久々の前日入り。

 しかし札幌を出たときは秋晴れの空が、十勝に近づくにつれて鉛色となり、宿泊するカントリーパークに着いたころにはすっかり雨模様。
予報も直前になって完全に「雨」となっていたので、この時点でもう諦めモード。
まあいい、自分にだけ雨が降るわけじゃない。
その後も雨は降り続け、夜中も雨の音で目が覚めるほど。

 開けて今日、外はやはり霧雨が降り続く。
天気だけは仕方がない。
それでも、朝遅めに起きてもゆっくり準備しても、前泊だと余裕があるからいい。

 今回のエントリーは37台。
直前に出走取り消しをしたドライバーもいたようで、実際に走ったのは35台ほどだった。
自分が走るAグループは17台。
今回はトップ10に入るという目標を掲げていたが、
このコンディションではそんな「欲」は封印することに。
まずは無事に帰ることは最優先だ。

 ドラミに向かう途中、ふと声をかけられた。
「アルファに乗ってる方ですよね?コレ、差し上げます。」

なんと!
155のITC仕様!
「アルファに乗ってるなら好きかな?と思いまして」
大好きなMATINIバージョンである!
感謝感激!
ランサーEvoのKさん、本当にありがとうございました!
 

【フリー走行&予選】
 小雨が一向に上がらない中で始まったフリー走行1本目。
久しぶりのウエットということもあり、まずはタイヤを温めるのに2周を費やす。
そのあとはちょっとだけアクセルを踏んで1周で切り上げる。
ここで頑張ることにあまり、いや、ほとんど意味を感じない。
当然タイムは見るべくもなく、下から2番目。

 2本目も同じように走り出すが、少しだけ踏んでみる。
しかし2周でピットに戻る。
タイムは下から3番目。

 そして予選。
しかし2本のフリー走行とは状況が変わっていた。
今回はDTCCとの併催ということもあり、多くのクルマがコースに出ている。
さらに10月のこの時期の割には気温もそこそこ高く(といっても12~13℃程度だが)
いつの間にか雨が止んでいたこともあり、
コースはかなりドライに近くなっていた。

 さすがにこうなると安全マージンを大幅に取ったフリー走行の走り方では情けない。
滑り具合を探りながらも徐々にペースを上げる。
けっこうドライに近い感覚で走ることができる。
7周ほど走ってピットに戻る。
タイムを確認するとベストの約4秒落ち。
このコンディションなら悪くない。
しかも17台中9位と、目標のトップ10入りというオマケ付き。
 
 ただ、このまま天候が回復してくれればいいが、
もし決勝直前に再び雨が降るようなら
この中団というポジションはなんとも神経をすり減らすものになる。

 ここでもう一度「無事に帰る」を自分に言い聞かせる。

【 決 勝 】

 それでもなんとか決勝で天気が再び崩れるということはなかった。
グリッドに向かうと白RSさんが誘導してくれた。
今回0541RACINGでは私1台のエントリーという、
久々の孤軍奮闘だったが、こういう気持ちはありがたい。

 スタートで後ろのクルマに抜かれることは避けたい。
そこでスタート前に考えていたのはロケットスタートは難しいとしても、
失敗はしないということだった。
さらにDTCCの決勝もあり、インターバルが長くクルマは冷え切っている。
クラッチもいつものようには使えない。

 そこでクラッチが滑らないように、いつもより1000回転ほど低めでクラッチミート。
ロケットにはならなかったが、打ち上げ失敗にもならずに済んだ。
順位をキープしたまま1コーナーへ。
後には86、S2000がピタリと付いて来る。

 私の前ではEK9とガンガル!?さんのMR-Sが熱い戦いを繰り広げている!
前の2台に食らいついていけば、後も引き離せる。
しかしこれはレース、そう簡単にはこっちの目論見通りにはならない。
後も気にしながら前も必死で追いかける。

 そうしているうちにミラーを見ると、
後方では86とS2000が抜きつ抜かれつの状態になっている様子。
さらに前方のバトルはさらに激しさを増している。
やや単独走行になりつつある私には
目論見以上の好都合だ。
前も後も接戦になっているということは、ややタイムが落ちるはず・・・。

 まず後が徐々に離れていった。
これで前に集中できる。
しかしそこはやはり実力の差。
徐々に前2台が小さくなっていく。
そうしているうちに自分も小さなミスをしたため、辛うじて視界に入る程度。
最終ラップ、後から猛追してきた知床さんにパスされ、
結果的には順位をひとつ落として10位フィニッシュ。


 まずは無事に終われてよかった。
フリー走行から予選にかけては難しいコンディションだったけれど、
まずは無事を喜びたい。
 レースも順位の変動はほとんどなかったが、
前レース同様、レース内容がエキサイティングで充実したものだった。

 実は今、自分の走り方を根本から見直している。
試行錯誤の連続ではあるけれど、これがなかなか面白い。
イメージ通りにならないこともあるし、自分の解釈が間違っていると気づくことも。
それでも今回はクルマが良くなったこともあるが、
レース中のタイムは悪くない。
今回、フリー走行からドライだったら、もう少し詰めることができたと思う。

 そんなわけで、終わってみればなかなか充実した1日だった。

 これでNHGTは終わったが、11月の特別戦、その前の3コース一気攻め・・・・
シーズンが残り少ないのは分かっているが、あと1回走ってみたい。
願わくば両方・・・

 自分の都合と天候と・・・・さてどうなるか・・・
Posted at 2017/10/22 22:07:52 | コメント(11) | トラックバック(0) | NHGT2017 | 日記
2017年10月15日 イイね!

読書の秋

読書の秋 すっかり秋である。
つい先日まで半袖一枚で過ごしていたはずなのに、
今ではときどき暖房のスイッチを入れるほど。

 そんなわけで読書の秋。
かねてから読んでみたいと思っていた本を読むことができた。

『炎上』~中部博~

 このブログをご覧いただいている方々の中で
1974年の富士スピードウェイで発生した事故をご存じの方がどれだけいるかは予想できないが、私もリアルでは知らない世代だ。
なんとなく知ってる、程度のものだった。
20代のころ、スポーツ誌のNumberがこの事故の特集をしていて、
買って読んではみたものの、今ではほとんど記憶に残っていない。

 そんなこともあり、この『炎上』の存在を知ってから、ずっと読んでみたいと思っていた。
さらにネット上にある、この本のレビューが興味深かった。
評価が真っ二つに分かれているからだ。
「素晴らしい!」「良い書です」という声もあれば、
「とんでもない本だ」「期待していたモノは何もない」という声もある。

 一体どっちなのか?

 ますます興味は膨らんだ。

 結論から言えば、私は賛否どちらの意見も頷ける。
なんだかイイ子ちゃんのようで申し訳ないが、それが偽らざる感想である。
 
 ただ、ここからが本題なのだが、賛も否も両方ある。
まず否の部分。
私もやはりあの事故のこれまで明らかになっていなかった部分、
すなわち核心に迫る部分に期待していた一人だ。
しかし残念ながら、もちろん初めて知ったことのほうが多かったが、
それはどれも核心に迫るというものではなかった。
 
 そしてもうひとつ、これは私がもっとも知りたい部分が、
残念ながら取材はされていなかったことだ。

 ひとつは、あれほどの事故だったのに、なぜ映像が存在していないのか?
テレビで放映されていたにもかかわらず。
確かに本文中には筆者が映像を観たということが書かれているが、
それはオフィシャルなものではなく、一般で言う録画映像ではない。

 次に、あの問題の第2ヒート前に行われたドライバーズミーティングに関して。
確かに詳細に書き綴れば個人の名誉等の観点から、
かなり難しい局面もあると思われるが
事故の間接的な原因や時代背景を分析する意味でも
もう少し・・・が欲しかった。
ただし、この点については抽象的な表現ながら
かなり興味深い記述があったことは間違いない。
 
 そして最後に、当時のレースというスポーツの空気である。
ワークス絶対主義とも思える、ある意味「歪んだスポーツ」だった我が国のモータースポーツ。
こちらも40年の歳月を経てたとしても、取り上げるのはデリケートな問題かもしれないが、
決して事故との因果関係がないとは思えない。
これらに関してもまったく書かれていないわけではないが、
読者の想像力にお任せするというニュアンスだ。


 以上、否の部分を書いてみたが、正直に言うと読み終わった直後の感想は
「勉強になった」の一言に尽きる。
自分がこれからもサンデーレースを続けていく上でのガイドラインも「これだな」と思えた。
本書後半部分から登場するテーマ、スポーツマンシップというものだ。
この点に関してはまったくといいほど期待していなかったというか、
予想だにしていなかっただけに、予想外の展開に思えた。
 
 しかし私はこのスポーツマンシップというテーマに触れることができただけでも、
この本を読んだ価値があると思っている。
もちろん私だって走る上ではスポーツマンシップを心がけている。
とはいえ心がけているというだけで、その確証というか、
自分の中にその土台となる確固たる考えを持てないでいた。
それがこの本から得ることができた。


 この『炎上』で取り上げられた1974年の大事故は、
恐らくもうこのようなカタチで世に出ることはないだろう。
少々回りくどい言い方になるが、そもそもレースという極めて特殊なスポーツを
一般常識に則って原因を究明しようとすることに、
どうしようもない壁を感じてしまう。

 そしてあまりに時間が経ちすぎてしまった。
それは同時に時代が変わったということも意味する。
一般常識をもって判断することでさえ疑問符がつく特殊なスポーツを、
時代背景が大きく変わってしまった現代の基準で議論することが、
私には意味のあることに思えない。
「歴史を研究する上で、今の基準で物事を考えてはいけない」と
職場の大先輩から言われたのを思い出した。

 そんなことを考えると、筆者も本当に言いたいこと、
書きたいことの半分も書けなかったのではないかと想像してしまう。
そして本書に登場した当事者たちも、実は本音を語っていないのではないか。
しかしその人たちを批判する気にはなれない。
思いのたけを露呈すれば誰かが傷つく。
だからこそ言葉を選び、慎重にならざるを得ない。
そして心の奥底に、
我々のような平凡な生活をしている人間には分からない
極めて異質な世界で生きた人だけが知る苦脳があるように思えてならない。

 モータスポーツはクルマという道具が主役になり得る稀なスポーツだ。
しかし実は人間臭く、ときに機械であるはずのクルマは人間のように繊細で
人は機械のように正確なときもある。
そして機械と人間が一体となって自然の法則と戦う。
だからこそ面白い。
だからこそ、これだけ人々を惹きつける。
 
 先日のEuro&World Cupで、十勝スピードウェイのベテランスタッフと話す機会があった。
「最近ちょっと事故が多いんだよね」とベテランスタッフ氏。
ちょっとした不注意もあれば、熱くなってぶつけてしまったようなケースもあるとのこと。
私は会話の中でついこんな言葉を口にした。
「ここで引いて無事に帰れるなら、私は引きますよ。」
「うん、それでいいんだよ」

 「笑って終わる」が、私のモータースポーツにおける最優先のテーマである。
Posted at 2017/10/15 14:59:56 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月08日 イイね!

Euro&World Cup 2017 rd5

 画像無しですみません。

 急遽参加できることになったEuro&World Cup第5戦。
第4戦は台風による影響で中止となったが、今回は見事な秋晴れの中での開催となった。

 実は以前から悩まされていた、高い速度からのフルブレーキング時のブレを解消すべく
ショック4本をOHに出していた。
全国的にシーズン真っ最中ということもあり、
恐らくこのEuro&World第5戦には間に合わないと諦めていたが、
OHLINSの対応は素晴らしく余裕で間に合ってしまった。

 再来週のNHGT最終戦までに、なんとか一回走っておきたかっただけに
予定をやりくりして走って来た。

 いつもならJrコースから始まるが、今日はCMコースから始まった。
まずはOHしたショックの感触を確かめるべく、かなり控え目に走ることに。
控え目、と言えばカッコはいいが、どちらかというとへっぴり腰という感じ。
そのせいか、OH前よりクルマがフラフラするような印象。
しかし、抜けかけていたショックよりもイイのは間違いないと自分に言い聞かせ、
徐々にペースを上げていく。

 やはり確かめたいのは1コーナーでのフルブレーキング。
これは1本目の走行でおおよそ分かった。
結論として、完全には解消されなかった。
ABSが効く一歩手前くらいまでの、強いブレーキングをすると、
やはり挙動が乱れ左右に振られる。

 ただ、当然と言えば当然だが、以前よりはずっとイイ。
挙動が乱れないようなブレーキングをすることで対処することに。
ここで1本目終了。
タイムはベストの2秒落ちと冴えないものだが、1本目はタイム云々ではない。

 2本目は頭の中をもう少し整理して挑む。
実は最近、ドライビングの初歩的な勉強をやり直してる。
アレもコレもというわけにはいかないので、頭の中でポイントを一つか二つに絞る。
もちろんそれは初めてやるような部分もあるので、いささかギクシャクしている。
でも感触は悪くない。
特に低速コーナーでは今後もこの走り方でいこうと思えた。

 戻ってタイムを見ると自己ベストに0.1秒及ばず。
しかし久々にベスト近いタイム、シーズンベストである。
あ、やっぱりあの走り方でイイんだ・・・そんなことを思った。

 午後からはJrコース。
CMでまずまずのタイムが出たのだから、Jrコースでも、といきたいところだが、
調子に乗るとロクなことがないので、まずはJrでもドライビングの試行錯誤。
自分としてマアマアの出来かな、と思ったがタイムは平凡なものだった。
そうか、Jrでの自分の考えは、どうやら不正解のようだ。

 そして2本目。
今回は48台参加(3グループに分かれる)という、
なかなかの混雑ぶりでクリアラップが取りにくかったが
この2本目は思いのほかコースが空いていた。
不正解だったS字はこれまでの走り方に戻し、
最終は最後まで???だったが、1&2コーナーはちょっと頑張って・・・・と、
最後までアレコレ考えながらひたすら走った。
しかしタイムは悪くなかった。
春に出したベストにわずかに届かず。

 結果的に非常に有意義なEuro&World Cup第5戦となった。
クルマも自分もけっこうな収穫があった。
最近はあまり自身のドライビングをあまり深く考えていなかったが、
走り方を変えたり戻したりするのは意味のあることだった。
結局クルマという道具を使うの自分であり、
道具の使い方を試行錯誤するのがスポーツの醍醐味と言えるだろう。

 その道具であるクルマも、完全とは言えないがようやく納得できる状態になった。
言い換えればけっこうな期間、ドライビングを考える以前の状態だったとも言える。
今年になって導入したウレタンブッシュのネガな面はまったく気にならなくなったし、
ショックをOHした影響か、フロントの入りはすこぶる良くなった。
エンジンも低速のトルクが増し、CMコースでは2速を使わなくてもよくなった。
やはりインジェクターの変更と、燃料ポンプを新品にした効果は出ている。
ただ、それらの良くなった点をまだまだ活かし切れていないのが現状で、
それを今シーズンどこまで自分のモノにできるかが課題。
 
 シーズンは残り少なくなったが、ようやく面白くなってきた。
 

Posted at 2017/10/08 21:42:36 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「シーズン終了~ http://cvw.jp/b/322204/40707129/
何シテル?   11/13 19:28
アルファ156 2.5V6で走ってます。 家内用にGTV3.0V6。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ファン

59 人のファンがいます

愛車一覧

アルファロメオ 145 アルファロメオ 145
アルファに、そしてサーキットにハマリました。
アルファロメオ GTV アルファロメオ GTV
家内のクルマ プジョー205GTi×2台→アルファロメオ145→アルファロメオGTV
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.