車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月23日 イイね!
事実は小説よりも・・・というヤツか・・・ 北海道は昨日から大雪。
雪のない地方の方々も、ニュース等でこの状況をご存じかと思う。
短時間でこんなに降ったのは実に久しぶりで、今日も朝からずっと雪は降り続いている。

 さて、F-1のストーブリーグの話。
先日、2016年のワールドチャンピオンに輝いたニコ‐ロズベルグが「電撃引退」してからというもの、F-1に関するニュースは誰がその後釜に収まるかに集中している。
個人的にはフェルナンド‐アロンソに加入してほしかったが、
アロンソサイドから早々にその可能性はないというコメントが発表されている。

 それならAMGメルセデスの第3ドライバーという位置づけの、
パスカル‐ウェーレインでこの緊急事態は収束するかと思っていた。
ある意味、もっとも無難ではあるが、一方で面白味のない展開でもある。
ただ、その割にはメルセデス側のコメントが、なんとも歯切れの悪いモノだったことも確か。
このままクリスマスが過ぎ、発表は年明けか・・・などと思っていた。

 ところが、最近になって事態は急展開となった。
あくまで、今この時点ではなんら正式な発表はないという前提で書くけれど、
どうやらウイリアムズのバルテリ‐ボッタスがAMGメルセデスのステアリングを握るという。

 当初ウイリアムズはAMGメルセデスからのオファーに難色を示したらしいが、
ボッタスを渡せばメルセデスから供給させるエンジンの「大幅割引」があるという。
しかし、ボッタスが抜ければ、フェリペ‐マッサが引退したウイリアムズは
代わりになるエース級のドライバーを探さなくてはならない。
とはいうものの、既に来シーズンの契約は決まってしまっているこの時期、
ウイリアムズのようなチームが求める「エース級」などどこにもいない。

 さらに新たな問題も発生した。
ウイリアムズに「内定」している2人のドライバーの年齢問題である。
スポンサーのMARTINIはアルコールのメーカー。
我が国で言うところの酒造メーカーである。
そうなると25歳未満の2人のドライバーは宣伝活動はできないという。
どちらか1人が25歳以上である必要があるというのだ。

 もちろん、来シーズンから大幅に変わるレギュレーションのことを考えても
ルーキードライバー2人体制というのも、ウイリアムズにしてみれば心もとないだろう。

 そこで急浮上したのが、「マッサ引退撤回」というアイデアだった。

マッサがウイリアムズのシートに収まってくれれば、
メルセデスから「大幅割引」のクーポンが手に入り、
スポンサーの顔も潰さずに済む。
まさに一挙両得のストーリーになる。

 あくまで素人のカンだがこの話、恐らく現実になるのではないか。
そうなると長いF-1の歴史の中でも、かなりのレアケースになると思う。
一度は引退して「復帰」したというのは
ラウダやシューマッハのケースがあるけれど、
引退を撤回してチームに戻るというのは記憶にない。

アイルトン‐セナが亡くなった直後、
既に引退していたリカルド‐パトレーゼにウイリアムズチームからオファーがあったというが
パトレーゼは「もうF-1は自分が戻れる場所ではなくなった」としてその話を断っている。
結局その「空席」にはナイジェル‐マンセルが収まるという
なんともドラマチックな結末となったが
今回も、派手さこそないが「ジワっとくる」ドラマという感じがする。
事実は小説よりも奇なり、といったところか。

 この「マッサ引退撤回&ボッタス移籍」という記事を見たとき、
ふと思ったのがジャッキー‐スチュワートとフランソワ‐セベールのコンビだ。

 二人は自他共に認める「師弟関係」にあった。
既に3度のチャンピオンとなっていたスチュワートは
セベールにティレルのエースドライバーの座を譲るつもりでいた。
そのことは1973年をもって引退することを意味していた。

 しかし運命は残酷だった。
スチュワートの花道を飾るはずだった73年の最終戦アメリカGP、
手塩にかけた愛弟子セベールは、凄惨な事故で帰らぬ人となった。
ティレルは2人のドライバーを失うことになる。

 このときスチュワートは引退を撤回することは考えなかったのだろうか。
ケン‐ティレルはスチュワートを引き留めなかったのだろうか。

 その答えは、結局スチュワートはそのまま引退し、
74年はジョディ‐シェクターをエースドライバーとし、
ナンバー2にはパトリック‐ドゥパイエを抜擢するというものだった。
それでもティレルはニューマシンで戦った74年も健闘し、
シェクターは最終戦までタイトルを争った。

 もしセベールが命を落とさず、スチュワートが穏やかに引退できていたら・・・
その後のF-1はどうなっていたのか。
そんなことも考えてしまった。

 今回の「ロズベルグ電撃引退騒動」から始まった、
AMGメルセデスの「椅子取りゲーム」は収束の気配を見せている。
しかしそこはあの世界。
今後一瞬にして事態は変わるかも知れない。

『普通は帽子が落ちる間に物事が変わることはないが、この世界は違う。』
                                         ニキ‐ラウダ


 正式な発表があるまでは、しばらくはF-1のニュースには楽しませてもらえそうだ。

Posted at 2016/12/23 21:23:46 | コメント(1) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2016年12月17日 イイね!
次のステップか・・・? HANS導入決定は前回のブログに書いた通り。
ところが、これまでまったく装着など考えもしなかったデバイスだけに、知らないことのなんと多いことか。フォーミュラとサルーン(いわゆるハコ車)では角度が違う、L、M、若年向けなどのサイズがあること、等々・・・。
 先日行われた十勝スピードウェイ表彰式の席でgood-eyeさんとHANSの話になったのだが、「ホントはハーネスも替えたほうがいいんですけどね」という言葉に、こっちは「???」だった。
詳しく聞くと、HANSの形状からして、good-eyeさんも私も使っている3インチのハーネスでは少々収まりが悪いというのである。
最悪の場合、ズレたりすることもあるらしい。
「だからショルダー部だけ2インチのベルトがあるんですよ」というgood-eyeさんの話に「なるほど!どうしてこんなカタチのベルトがあるのかと思ってた・・・」と私。
「知らない」とは恐ろしい。
関心のないものに対しては、こんなものである。

 TOP画像のようにプロのドライバーでも3インチを装着している例もある。
しかしこちらの画像もご覧いただきたい。

このアングルからだと分かりやすいのだが、〇の部分にご注目。
ハーネスの外側が少しめくれ上がっている。

一方こちらはショルダー部のみ2インチの仕様。

3インチに比べてスッキリと収まっているのが分かる。

 そんなわけで、早速HANS対応のハーネスを調べる毎日。

久しぶりにレーシングハーネスを調べてみたが、
その種類の多さにちょっとビックリ。
知らないメーカーもいくつかあったほど。
そんな中、価格やデザインなども考慮し候補を絞り込んでいくことに。

 まずは種類も豊富で流通量も多いSparco。

さすがはイタリアのメーカーらしく、デザインがその気にさせる。
もちろんレバー式のロータリーバックルやクイックリリースなどの装備も充実している。
私がWILLANSのハーネスを入手した10年前は
クイックリリースはWILLANSのアドバンテージみたいに言われていたが
今ではどのメーカーも装備しているようだ。

 Sparcoでいいか・・・などと思ったが、
一方でHANSがSCHROTHなのだから、ハーネスもSCHROTHのほうがスッキリするか・・・
などと思えてきたりもする。

こちらもなかなか雰囲気充分。
Sparcoのちょっと華やかな感じとは違い、機能に徹した印象だ。
装備はSparcoとまったく同じと言ってもいい。

 SparcoとSCHROTHとでは「選ばない理由」が見当たらない。
どちらもHANS対応のハーネスとしては必要にして充分である。
価格もほとんど同じ。
そうなると選ぶ理由として「HANSと同じメーカー」ということでSCHROTHか。

 と、ほぼ決めかけていたところ・・・
やっぱりWILLANSも調べてみることに。
なんといっても70~80年代F-1大好きな私としては
あの時代のメジャーだったWILLANSはやはり捨てがたい。
今使っているハーネスも、その使いやすさやデザインも申し分ない。

 調べてみるとWILLANSは元々そういうメーカーではあったけれど、
あまりバリエーションは多くはない。
しかも他メーカーに比べて、やや価格設定が高い。
流通量も少なく、予算内で買おうとするとdemon-tweeksくらいしかヒットしない。

 しかも、そのdemonでさえ、本来あるはずのブラックが表示されない。
そこでdemonにブラックの在庫はないのか?とメールで聞いてみた。
返事はすぐに返ってきて、「申し訳ないけれど、これは取り寄せになる」とのこと。
ということは、取り寄せならば入手可能ということか。

 しかし、驚いたことに、その返事が届いた翌日、
何気なく再度demonのサイトを覗いたところ、
これまではなかったブラックがちゃんと画像付きで表示されるではないか!
もちろん在庫を確保したということではないが、入手可能ですよ、という意味だろう。
対応の早さに驚きである。
スゴイよ!demon-tweeksさん!


 価格は若干高いけれど、SparcoやSCHROTHに比べて3,000円ほどしか違わない。
このくらいの差なら、選ばない理由にはならない。 
そんな経緯もあってWILLANSもやはり候補から落とせないでいる。


 もちろん、実際にHANSが手元に届き、
今のWILLANSの3インチハーネスに合わせてみてからの購入になると思う。
まだ時間は充分にある。
今回のHANS対応ハーネス探しの旅は実に楽しいものだった。
知らなかったことが分かったし、各メーカーのデザインは目の保養にもなった。
これもオフの楽しみのひとつだ。
とはいえこのオフにやらなければならないことはまだまだある。
楽しいことばかりじゃないが、好きでやってることには違いない。
さて、次はなにをやろうか・・・

Posted at 2016/12/17 19:37:24 | コメント(3) | トラックバック(0) | レーシングギア | 日記
2016年12月14日 イイね!
導入決定 「一緒にhans買いませんか?」
good-eyeさんからお誘いを受けた。

「安全装備にオーバークオリティはない」と偉そうに言っていた私だが、hansに関しては導入しようと考えたことはなかった。
確かに安全上のメリットは大きいが、正直出費のほうも大きい。
私の頭の中にあるhansの価格は10万円前後である。
自分の走っているフィールドを考えると、ちょっと・・・である。

 そんなこともあり、せっかくのお誘いにも一瞬躊躇したのだが、
good-eyeさんのお話を聞いて調べてみると、自分が思っていた価格と全然違う。
普及しているせいか、ずいぶんと価格が下がっている。

 すぐさまgood-eyeさんに電話し「か・・・買います!」ということで話がまとまった。

 ちょうどdemon tweeksにヘルメットをオーダーし、
バイザーの在庫確認などをしてもらっている最中だったので
hansやhansクリップも追加注文することができた。
hansに関して言えば、demonは他と比べてかなりお買い得である。

 good-eyeさんは当初、hansⅢを希望されていたが在庫がなく
一方私はSCHROTHを希望し、こちらは在庫があった。
hansⅢは米国からの輸入らしく、「船便で届くのですが、次の船がいつ入港になるかは未定」
とのことだったので、二人ともSCHROTHでいくことに。

 そんなわけで今回オーダーしたのはこちら。

SCHROTH Super Sport XLT hans Deviceである。

 hansは10年ほど前から普及し始めたもので、
安全装備としてはそれほど見かけるモノではない。
自分としても10年間、まったく必要性を感じたことはないわけで
注文したあとも「ホントに必要だったかな?」などと考えたりもした。

 しかし・・・
たまたま見つけたこの動画を観て、その考えは一瞬にして変わった。



 事故直後のドライバー氏の声と、ぶつかってきたのがオールドアルファというところが
なんとも切ない気持ちになってしまう。
しかし、私がもっとも考えてしまったのは、この状況だった。

これは我々が走っている十勝スピードウェイでも、十分に起こり得るものだ。
自分がイメージしたのは4コーナーから5コーナーの連続コーナー。
4コーナーはやや滑りやすく、スピンも多い。
しかも続く5コーナーへ向けて、ほとんどのクルマはアクセル全開。
5コーナー出口ではスピードも乗っている。
レースや台数の多い走行会では、この動画のような状況は充分考えられる。

 もちろん安全装備を充実させたからといって
安全マージンを減らすようなマネはしないが、
万が一を考えて装備を充実させるのは悪いことではない。

 ヘルメットも新調することだし、
ここは襟を正すという意味も含めて、
hans導入決定はいいタイミングだったのではないかと思っている。
Posted at 2016/12/14 22:01:07 | コメント(9) | トラックバック(0) | レーシングギア | 日記
2016年12月12日 イイね!
あったー!あったぞー!! 先日のブログでヘルメットを入手し損ねたことを書いた。
お目当てのヘルメットとは、70年代にF-1ドライバー達の間で大流行したBELL STARの復刻版BELL STAR CLASSIC。
 件のブログでは諦めたようなことを書いたが、やはりそう簡単には諦められないもの。
その後も世界中のサイトを探し回った。
けっこう「商品」として掲載しているところもあるのだが、そのほとんどが「在庫無し」という状況。

 そんな中、本当に諦めかけていたとき、BELL社のEUサイトに出くわした。
BELLは米国の会社なのだけれど、どうやらEUにも拠点があるようだ。
確かに今でもBELLはヘルメットメーカーとしてはシェアも大きく、
恐らく我が国のアライなどと共に世界でも有数のヘルメットメーカーだ。
そうなるとEUに支社があっても不思議じゃない。

 そのBELLのEUサイトには日本語で言う「お問い合わせはこちら」というページがあった。
ダメ元で聞いてみた。

BELL Star Classic size:M or L
Is in stock now?

 するとすぐに返事が来た。
僅かではあるが、在庫は残っているという。

「あったー!あったぞー!!」

洞窟の中でお宝を発見した気分である。
また、今後に向けて光明が射した瞬間でもある。

 ただし、ここからが「向こう」の対応らしいところ。
割と詳しく在庫状況を知らせてくれたのはいいのだが、
どうやって購入するのかは一切触れていない。
「あとはお店で買ってね~」といったところか。

 しかし在庫があると分かればオーダーもしやすいというもの。
ではどこに頼む?
ここはやっぱりあそこしかないだろう。
Demon Tweeksだ!
我らがDemon Tweeksのマリコ様こと、Mariko-Iidaさんに早速メール。

 英語でやり取りしなければならないサイトと違って
日本語で細かい注文ができるのは助かる。
ついでにスモークバイザーもお願いすることに。

 BELLのほうでバイザーを調べるのに時間がかかったらしく、
珍しく返事が来るまで何日かかかったが
Lサイズの在庫は確保できたらしい。
「バイザーはDarkしかないそうです」
いやいや、いいんです!希望はダークスモークでしたから!

 実はDemonの他にも、もう1件問い合わせをしていたサイトがあった。
英国にある、主に旧車を扱うショップで非常に丁寧な対応だった。
「BELLには在庫がありますので、必要であればお支払い手続きをお願いします」とのこと。
しかし今回は縁がなかったということで、丁重にお断りした。

 というわけで、奇跡的にBELL STAR CLASSICをオーダーすることができた。
そうなると次はどういった仕様、カラーリングにするか?である。

今回は妥協しない。
もう一生モノのヘルメットだ。
これまではDIYでカラーリングしてきたが、
今回はペイントに出そうと考えている。
もちろん仕様はこちら・・・


ニキ‐ラウダ、1979年仕様である。
ラウダがブラバム‐アルファロメオに在籍していたのは僅か2年だが
この79年仕様がラウダのヘルメットでもっとも好きだ。
サイドのネームの部分などは若干のアレンジをしようと思っているが、
他はParmalatのロゴも含め、すべてプロの手によるペイントにする予定。

 既に業者さんとは軽く打ち合わせを済ませている。
あとはヘルメットが届いてからの話になるだろう。

 このシーズンオフは色々と動くことになりそうだ。
Posted at 2016/12/12 20:33:35 | コメント(4) | トラックバック(0) | レーシングギア | 日記
2016年12月11日 イイね!
世界征服だ! なにやら大袈裟なタイトルだが、そんなたいそうな話じゃない。

 GTVをオールペイントした際に、ギリシャから個人輸入したGTVのカップキットを装着したのは、以前ブログに書いた通り。
個人輸入と言ってもeBayで購入しただけで、ヤフーオークションと同じようなものだけれど、なんとギリシャからの発送なのにもかかわらず送料無料!
レプリカとはいえ、今では世界中探しても入手困難のGTV Cup kit。
出品者のアレックス氏には感謝せずにはいられなかった。

 仕上がりも十分満足できたこともあり(ボディショップ真栄さんの腕のおかげもある)、アレックス氏にお礼をという気持ちでGTVの画像を3枚ほど送った。
eBayはメッセージだけでなく、画像も添付して送ることができるので便利だ。

 それが1か月ほど前のことなのだが、そのときはすぐさま返事が来て
「ありがと~!クールなGTVじゃないか!」と返事が来た。
遠い国とクルマを通じてコミュニケーションできたことに、小さな幸せを感じた。

 ところが2日前に突然アレックス氏からメッセージが届いた。

「あなたのGTVの画像を使わせてもらえないだろうか?
ボクのリストに入れたいんだけど・・・」というものだった。

 アレックス氏はeBayでも評価が100%であり、信頼できると判断。
「それは嬉しいですよ!どうぞお使い下さい!」と返事をしておいた。

ほどなくしてアレックス氏のeBayの出品ページにはめでたく我が家のGTVが掲載されていた。
「世界デビューだ~!」と家内も大喜び!
うん、これで我が家のGTVは世界中のユーザーに見てもらえる。
世界征服だ!(浮かれすぎである)

そのページはこちら。

 このキット、価格も品質もオススメである。
もちろんちゃんとした工場なりショップなりにお願いするという前提ではあるけれど、
今では入手困難であり、仮にあったとしても非常に高価なカップキットが
レプリカであってもこの価格と品質なら「買い」だと思う。
916系GTV&スパイダーのオーナーさんたちは是非ご覧いただきたい。



 昨日は十勝スピードウェイの表彰式があった。
その席でgood-eyeさんやどぅーさんたちと
「サーキットを走らなくなったらどんなクルマに乗るか?」という話題になった。
もちろん自分にも理想のクルマ、夢のクルマというのは存在する。
しかし「身の丈に合った」クルマという意味ではGTV以外に考えられない。
クルマは所有するだけのものじゃない。
毎日のように、好きなときにドライブできるクルマがいい。
そんなふうに乗って初めて、付き合ったと言えるものなんじゃないだろうか。
その意味でも頭に思い浮かぶ夢のクルマたちは少々現実味がない。
好きになった女性とは、やっぱり毎日一緒にいたい。
クルマも同じだ。

まだまだGTVとの付き合いは続きそうだ。

 

Posted at 2016/12/11 11:35:57 | コメント(4) | トラックバック(0) | アルファロメオGTV | 日記
プロフィール
「事実は小説よりも・・・というヤツか・・・ http://cvw.jp/b/322204/39049077/
何シテル?   12/23 21:23
アルファ156 2.5V6で走ってます。 家内用にGTV3.0V6。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
掲示板
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
ファン
59 人のファンがいます
愛車一覧
アルファロメオ 145 アルファロメオ 145
アルファに、そしてサーキットにハマリました。
アルファロメオ GTV アルファロメオ GTV
家内のクルマ プジョー205GTi×2台→アルファロメオ145→アルファロメオGTV
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.